『フルスタックエンジニアを目指す』ためのOpenStack勉強術 - OpenStack最新情報セミナー 2014年2月

24,088 views
24,643 views

Published on

講師:日本仮想化技術 玉置
日時:2014/02/06
タイトル:『フルスタックエンジニアを目指す』ためのOpenStack勉強術
概要:
ー OpenStack習得の3つのステップ
ー ステップ1をマスターするには 「やってみる・学んでみる・教えてみる」
ー 日本HP 研修コースのご紹介
ー ステップ2に進むためには 「インプット・アウトプットを意識する」
ー フィックスポイント 運用自動化PFのご紹介
ー まとめ

Published in: Education
0 Comments
15 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
24,088
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
12
Actions
Shares
0
Downloads
170
Comments
0
Likes
15
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

『フルスタックエンジニアを目指す』ためのOpenStack勉強術 - OpenStack最新情報セミナー 2014年2月

  1. 1. 『フルスタックエンジニアを目 指す』 ためのOpenStack勉強術 日本仮想化技術株式会社 VitrualTech.jp 玉置伸行
  2. 2. 自己紹介 • 玉置 伸行(たまおき のぶゆき) – ntamaoki@virtualtech.jp – twitter.com/ntamaoki – facebook.com/ntamaoki • 日本仮想化技術株式会社 2013/8 – エンタープライズクラウド事業部 • OpenStackの価値を伝える – @ITで「たまおきのクラウドウオッチ」連載中 • エンタープライズクラスのクラウド基盤構築の検討支援 • 日本オラクル株式会社 1998/4 – 2013/7 – ミドルウェア製品のプリセールエンジニア – 知識管理・コンテンツ管理製品の製品マーケティング 2 – 知識管理製品ビジネスの社内ベンチャーでの立ち上げ
  3. 3. 本セッションの目的 • OpenStack環境構築に成功した筆者が 『フルスタックエンジニアを目指す』 ための半年間の試行錯誤を話します • 道程半ばですので、温かく見守ってい ただければ幸いです。 3
  4. 4. アジェンダ • OpenStack習得の3つのステップ • ステップ1をマスターするには 「やってみる・学んでみる・教えて みる」 – 日本HP 研修コースのご紹介 • ステップ2に進むためには 「インプット・アウトプットを意識 する」 – フィックスポイント 運用自動化PFのご紹 4 介
  5. 5. OpenStack環境構築の後に 能力 After 自分 Before 自分 時間 5
  6. 6. 実は入り口でしかなかっ た。。。 能力 To-Be 自分 After 自分 Before 自分 時間 6
  7. 7. To-Be自分とは • OpenStackの大規模Deployment環境を コンサルし、構築し、開発・修正でき る、 フルスタックエンジニアと呼ばれる 上級エンジニア 7
  8. 8. OpenStackを構成する要素 業務アプリ ケーション Webアプリ ケーション SaaSアプ リケーショ ン ミドルウェア データベース フレームワーク O/S、仮想化 サーバ インフラ ネットワー ク 8 ストレージ セキュリティ、保守運用 プロビジョニング、自動化 アプリケーション
  9. 9. フルスタックエンジニア • Full Stack Developer – – – – – – – Server, Network, and Hosting Environment Data Modeling Business Logic API layer / Action Layer / MVC User Interface User Experience Understanding what the customer and the business need. 参考URL: What is a Full Stack developer? http://www.laurencegellert.com/2012/08/what-is-a-full-stack-developer/ 9
  10. 10. フルスタックエンジニアへの 道程 能力 頑張れ 自分 After 自分 Before 自分 To-Be 自分 ステップ3 ステップ2 ステップ1 時間 10
  11. 11. OpenStack習得の3つのステッ プ ステップ 1 • OpenStack概要の理解 • OpenStack環境の構築 • デモンストレーションの実施 ステップ 2 • コンポーネント詳細の理解 • 追加機能検討 • Deployment環境の構築 ステップ 3 • 追加機能開発、バグ修正 • コンサルティングの実施 • 大規模Deployment環境の構築 11
  12. 12. OpenStack習得の3つのステッ プ ステップ 1 • OpenStack概要の理解 • OpenStack環境の構築 • デモンストレーションの実施 ステップ 2 • コンポーネント詳細の理解 • 追加機能検討 • Deployment環境の構築 ステップ 3 • 追加機能開発、バグ修正 • コンサルティングの実施 • 大規模Deployment環境の構築 12
  13. 13. ステップ1をマスターするため に ステップ 1 • OpenStack概要の理解 • OpenStack環境の構築 • デモンストレーションの実施 • コンポーネント詳細の理解 ステップ • 追加機能検討 『やってみる』&『学んでみる』&『教え 2 • Deployment環境の構築 てみる』 • 追加機能開発、バグ修正 を実践してみるのがいい! ステップ 3 • コンサルティングの実施 • 大規模Deployment環境の構築 13
  14. 14. ステップ1:「やってみる」 • OpenStack環境の構築 – DevStack • http://devstack.org – Red Hat RDO • http://openstack.redhat.com – Mirantis社 • http://software.mirantis.com/quick-start/ • OpenStack環境の利用 – TryStack • https://trystack.org 14
  15. 15. ステップ1:「学んでみる」 ① • コミュニティに参加 – 日本:日本OpenStackユーザ会 http://openstack.jp – OpenStack.org http://www.openstack.org/community/ • 一般向けメーリングリスト https://launchpad.net/~openstack • 運用者向けメーリングリスト http://lists.openstack.org/cgi-bin/mailman/listinfo/openstack-operators • 開発者向けメーリングリスト http://lists.openstack.org/cgi-bin/mailman/listinfo/openstack-dev 15
  16. 16. ステップ1:「学んでみる」 ② • 研修コースを受講 – 日本HP社 • OpenStack Foundation – OpenStackの概要を理解し、OpenStackの主要機能を ハンズオン形式で学べる – 教材は日本語に翻訳済み http://h50146.www5.hp.com/services/education/teiki/seihin/H6C 68S.html – モーフラボ社 • 初級/中級/上級のOpenStackトレーニングを実施 http://www.morphlabs.co.jp/openstacktraining/ 16
  17. 17. ステップ1:「教えてみる」 レッドハットの中井さんの作成したハンズオンマテリアルを使って社 内勉強会はいかがでしょうか。 OpenStackクラウド基盤構築ハンズオンセミナー 第1日:OpenStack機能概要 http://www.slideshare.net/enakai/open-stack-seminarday1lecture120140106 第1日:サーバ構築自動化について http://www.slideshare.net/enakai/openstackno2 第2日:主要コンポーネントの解説 http://www.slideshare.net/enakai/open-stack-seminarday2lecture120140108 第2日:Neutron編 http://www.slideshare.net/enakai/openstackno2-29994826 17
  18. 18. 日本HP社 OPENSTACKトレーニング のご紹介 18
  19. 19. OpenStack © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.
  20. 20. HP 世界40ヶ国93拠点のHP教育センター 年間10万人以上のお客様にトレーニングを提供 30年以上の歴史 HP教育サービスは、過去6年間に5回( 2008-2013) ITトレーニング企業トップ20 として TrainingIndustry.com に認定されて おります HP教育サービスは、ワールドワイドでITト レーニング企業のリーダーとして認められ ております © IDC 2010 Source: IDC MarketScape: “Worldwide IT Education and 20 Training, 2010 Vendor Analysis”, by Cushing Anderson, © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice. January 2010, IDC #221486*
  21. 21. IT分野をリードしているグローバル企業のメリットを最大限に活かし、最先端のIT技術 トレーニングを300コース以上を日本で展開 スタンダード研修 (定期研修/一社向け研修) Technical 提 供 サ ー ビ ス HP製品トレーニン グ: •HP-UX •HP ProLiant •HP Blade •HP Storage その他トレーニング: •Microsoft •Cisco •VMware •XML •Red Hat •Oracle •クラウド •Java 21 IT Management データセンター ITサービスマネジメ ント •ITIL®トレーニング •COBIT •BA カスタマイズ研修 コラボレーション サービス Learning Solutions Virtual Training Solutions 新人研修 • 開発基礎、DB基礎、ネット ワーク基礎など ソフトスキル研修 • コミュニケーション、リーダ シップ、ストレスマネージメ ント、コーチング、問題解決 技法など (ビジネス・アナリシス) •PM (プロジェクト・マネジ メント) eラーニング •E-Learning System (LMS) •E-Learning コンテンツ制 作 Web コラボレーション & 会議システム •HP Virtual Rooms 人材育成支援 スキル診断 プロジェクト運用支援 • オペレーション手順展開、プ ロセス・ポリシー展開など 集合研修 提 トレーニング オンサイト研修 インターネット経由 インターネット経由で 供 での研修 演習を提供 センター (出張研修) 形 © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice. 態 セルフペース研修 eラーニング
  22. 22. OpenStack H6C68S OpenStack Foundations 3 • • • HP • OpenStack • • 1 22 © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.
  23. 23. ステップ2に進めるために ステップ 1 • OpenStack概要の理解 • OpenStack環境の構築 • デモンストレーションの実施 ステップ 2 • コンポーネント詳細の理解 • 追加機能検討 • Deployment環境の構築 • 追加機能開発、バグ修正 ステップ • コンサルティングの実施 『インプット』『アウトプット』を意識す 3 • 大規模Deployment環境の構築 る のが近道だと思う 23
  24. 24. 『インプット』『アウトプット』を 意識する • 10の『インプット』を得て、1の『アウ トプット』を出せる人なので、『イン プット』の量と質にこだわっています – 端から見ると、情報ジャンキーにしか見え ませんが。。。 24
  25. 25. 『インプット』情報収集 RSS ① • ニュースサイト(国内) – クラウド - ZDNet Japan http://feed.japan.zdnet.com/rss/index.rdf – 日経BP ITpro http://itpro.nikkeibp.co.jp/rss/system.rdf – エンタープライズニュース | RBB TODAY http://www.rbbtoday.com/rss/enterprise.rdf – CloudZine http://cloudzine.jp/feed/ – クラウドWatch http://cloud.watch.impress.co.jp/cda/rss/cloud.rdf – EnterpriseZine:新着一覧 http://enterprisezine.jp/rss/new – クラウドニュース http://www.cloudnews.jp/feed – ASCII.jp - アスキークラウド http://www.ascii.jp/cate/246/rss.xml 25
  26. 26. 『インプット』情報収集 RSS ② • ニュースサイト(海外) – Data Centre » Cloud Infrastructure • The Register http://www.theregister.co.uk/data_centre/headlines.atom – The Enterprise Cloud Site http://www.theenterprisecloudsite.com/rss_simple.asp – Talkin' Cloud http://feeds.feedburner.com/TalkinCloud – All Things Distributed http://www.allthingsdistributed.com/atom.xml 26
  27. 27. 『インプット』情報収集 RSS ③ • OpenStack Foundation – The OpenStack Blog — Open Source Cloud Computing Software http://www.openstack.org/blog/feed/ – Planet OpenStack http://planet.openstack.org/atom.xml – Ask OpenStack: Q&A Site for OpenStack Users and Developers https://ask.openstack.org/en/feeds/rss/ 27
  28. 28. 『インプット』情報収集 RSS ④ • 個人ブログ – Agile Cat --- in the cloud http://agilecatcloud.com/feed/ – Publickey Enterprise IT / Cloud Computing / Web Technology / Blog http://www.publickey1.jp/atom.xml – めもめも http://d.hatena.ne.jp/enakai00/rss – jedipunkz http://jedipunkz.github.io/atom.xml – OSSはアルミニウムの翼で飛ぶ http://aikotobaha.blogspot.com/feeds/posts/default – Cloud Architect Musings | Musings On Cloud Computing and IT-as-a-Service http://cloudarchitectmusings.com/feed/ – Kyle Hilgendorf — A Member of The Gartner Blog Network http://blogs.gartner.com/kyle-hilgendorf/feed/ 28
  29. 29. 『インプット』情報収集 Google Alert Google Alertも活用。情報量が多いので、“1日1回“”最上 位の結果のみ“を取得。 http://www.google.com/alerts • 現在設定しているキーワー ド – クラウド – Cloud – OpenStack – OpenStack Foundation – Software Defined – SDN Network – NFV – OpenFlow – – – – – – – – 29 Chef cookbook Puppet Zabbix Red Hat VMware AWS Azure CloudStack
  30. 30. 『インプット』情報収集 • 「OpenStackうおっち」 http://cloudneta.wordpress.com 30
  31. 31. 『インプット』OpenStackを詳しく 知る ① • ブループリントを読もう – ブループリントとは • Blueprints : OpenStack wiki https://wiki.openstack.org/wiki/ – Icehouseリリースのリリースステータス • OpenStack roadmap for icehouse http://status.openstack.org/release/ – OpenStackのブループリント一覧 • Blueprints for OpenStack https://blueprints.launchpad.net/openstack 31
  32. 32. 『インプット』OpenStackを詳しく 知る ② • OpenStackのソースコードを読もう – PyDevでOpenStackのソースコードを読む ー EnterpriseCloud.jp http://enterprisecloud.jp/howtosetuppydev/ • OpenStack Summitに参加しよう – デザインサミット議事録 https://wiki.openstack.org/wiki/Summit/Icehouse/Etherpads – セミナービデオ • http://www.openstack.org/summit/openstack-summit-hongkong-2013/session-videos/ • Deep Dive into the CERN Cloud Infrastructure – http://www.openstack.org/summit/openstack-summit-hong-kong-2013/sessionvideos/presentation/deep-dive-into-the-cern-cloud-infrastructure • Openstack High Availability @ PayPal – http://www.openstack.org/summit/openstack-summit-hong-kong-2013/session32 videos/presentation/openstack-high-availability-paypal
  33. 33. 『インプット』OpenStackを詳しく 学ぶ • OpenStack上級トレーニングを受講する – OpenStack Training Marketplace http://www.openstack.org/marketplace/training/ – Mirantis社 3Day Bootcamp for OpenStack http://www.openstack.org/marketplace/training/ • OpenStack in production • Deployment 33
  34. 34. フィックスポイント社 運用自動化プラットフォーム 「Kompira」のご紹介 34
  35. 35. まとめ • OpenStack習得の3つのステップ • ステップ1をマスターするには 「やってみる・学んでみる・教えて みる」 • ステップ2に進むためには 「インプット・アウトプットを意識 する」 • 日本HP様、フィックスポイント様は会 35
  36. 36. OpenStack習得の3つのステッ プ ステップ 1 • OpenStack概要の理解 • OpenStack環境の構築 • デモンストレーションの実施 ステップ 2 • コンポーネント詳細の理解 • 追加機能検討 • Deployment環境の構築 ステップ 3 • 追加機能開発、バグ修正 • コンサルティングの実施 • 大規模Deployment環境の構築 36
  37. 37. 参考情報 新サービスのご案内 OpenStack検証支援 プログラム Baremetal OpenStack 評価プログラム • OpenStackを評価・検証 する企業の担当者 • プログラム内容 • OpenStackのインス トール手順書の提供 • 検証計画や検証作業の 支援(有償) • Baremetal OpenStackに興 味のある企業の担当者 • プログラム内容 • 動作デモの実施 • 検証計画や検証作業の 支援(有償) 37
  38. 38. 参考情報 OpenStack検証支援プログラム • OpenStackの検証環境の構築支援とエンジニア育成支 援を行います。 • 期間は半年を想定しております。 • OpenStackの検証環境の構築支援として、「OpenStack 環境構築ハンズオン」を実施します。 • エンジニア育成支援として、月に1回の「OpenStack 講習」を実施します。 • 技術検証中の技術サポートとして、「OpenStack Support Basic」を提供いたします。 38
  39. 39. 参考情報 OpenStack環境構築ハンズオン OpenStack環境構築ハンズオンとして下記の内容を実施 します。Linuxのシステム管理を理解している方を対象 としています。 • • • • 環境準備(2日) OpenStack概要説明&環境構築ハンズオン(1日) 環境構築ハンズオンフォローアップ(1日) 環境構築ハンズオン問い合わせ対応(2週間) 環境構築ハンズオン実施の1週間後に、環境構築ハンズ オンフォローアップを実施いたします。 39
  40. 40. 参考情報 OpenStackを試してみる!TryStack ① OpenStackの環境構築が以前と比べて簡単になったとは いえハードウェアの手配や環境構築の技術スキルの習 得は簡単ではありません。ここではハードウェア不要 のOpenStackのサンドボックスであるTryStackを紹介し ます。 40
  41. 41. 参考情報 OpenStackを試してみる!TryStack ② TryStackを利用するためにはFacebookのアカウントが必 要で、Facebookのグループ「TryStack」に参加申請を出 します。「TryStack」は非公開グループなので、管理者 に承認してもらう必要があります。 Facebook グループ「TryStack」 https://www.facebook.com/groups/269238013145112 TryStack環境はFacebookのアカウントでログインできま す。インスタンスは3つ、仮想CPUは6つ、メモリー は12GB、フローティングIPは50個まで、使用できます。 OpenStackの動作確認の目的であれば十分なリソースで 41 す。
  42. 42. 参考情報 OpenStackを試してみる!TryStack ③ 1. TryStack環境にログイン Facebookのアカウントを使用してログインします。ログ インすると画面の左側にメニューが並んでいるのを確 認できます。 42
  43. 43. 参考情報 OpenStackを試してみる!TryStack ④ 2. ネットワークの作成 メニューの「ネットワーク管理」の「ネットワーク」 をクリックし、「ネットワークの作成」ボタンを押し ます。下記の入力を行い、入力後に「作成」ボタンを 押します。 「ネットワーク」タブ ネットワーク名:private 「サブネット」タブ ネットワークアドレス: 192.168.37.0/24 「サブネットの詳細」タブ DNSサーバー:8.8.8.8 ネットワークの作成時に下記のエラーが発生する場合、 ネットワークアドレスの37の値を1から254までの別の 数字に置き換えて実施するとよいです。 43 Error: Failed to create ... overlaps with another subnet
  44. 44. 参考情報 OpenStackを試してみる!TryStack ⑤ 3. ルーターの作成 メニューの「ネットワーク管理」の「ルーター」をクリック し、「ルーターの作成」ボタンを押します。下記の入力を行 い、入力後に「ルーターの作成」ボタンを押します。 ルーター名:router 「ゲートウェイの設定」を選択し、下記の内容を確認し 「ゲートウェイの設定」ボタンを押します。 外部ネットワーク:externalを選択 44
  45. 45. 参考情報 OpenStackを試してみる!TryStack ⑥ ルーター”router”をクリックし、「インターフェースの 追加」ボタンを押します。下記の選択を行い、「イン ターフェースの追加」ボタンを押します。 サブネット:privateを選択 メニューの「ネットワーク管理」の「ネットワークト ポロジー」をクリックすると、作成したネットワーク とルーターを確認できます。 45
  46. 46. 参考情報 OpenStackを試してみる!TryStack ⑦ 4. SSH認証用の鍵ファイルの作成 メニューの「コンピュートの管理」の「アクセスとセ キュリティ」をクリックし、「キーペア」タグをク リックします。「キーペアの作成」ボタンを押し、下 記の入力を行い、「キーペアの作成」ボタンを押しま す。 キーペア名:mykey キーペアの作成を行うと、SSH認証用の鍵ファイル mykey.pemをダウンロードします。 46
  47. 47. 参考情報 OpenStackを試してみる!TryStack ⑧ 5. フローティングIPの確保 メニューの「コンピュートの管理」の「アクセスとセ キュリティ」をクリックし、「Floating IP」タグをク リックします。「Floating IPの確保」ボタンを押し、下 記の内容を確認し「IPの確保」ボタンを押します。 プール:external 47
  48. 48. 参考情報 OpenStackを試してみる!TryStack ⑨ 6. インスタンスの起動 メニューの「コンピュートの管理」の「インスタンス」をク リックし、「インスタンスの起動」ボタンを押します。下記 の入力を行い、「起動」ボタンを押します。 「詳細」タブ インスタンス名:インスタンス名を入力 フレーバー:m1.smallを選択 インスタンスのブートソース:イメージからの 起動 イメージ名:Ubuntu 13.10を選択 「アクセスとセキュリティ」タブ: キーペア:mykey 48 を選択
  49. 49. 参考情報 OpenStackを試してみる!TryStack ⑩ メニューの「コンピュートの管理」の「インスタン ス」にて起動したインスタンスの状態が”Active”で稼働 状が"Running"であれば正常な動作です。インスタンス 名をクリックして「概要」タブにインスタンスの詳細 情報を、「ログ」タブにてインスタンスのログを、確 認できます。 49
  50. 50. 参考情報 OpenStackを試してみる!TryStack ⑪ 7. フローティングIPの割り当て メニューの「コンピュートの管理」の「インスタン ス」にてインスタンスのアクションの選択肢を表示し 「Floating IPの割り当て」を選びます。5. フローティン グIPの確保の項で獲得したIPアドレスを指定して「割り 当て」ボタンを押します。 50
  51. 51. 参考情報 OpenStackを試してみる!TryStack ⑫ 8. コンピュートにSSHでログイン TryStack環境では行いませんが、一般的なOpenStack環 境ではSSH認証用の鍵ファイル mykey.pem を使用して ssh でログインします。 % ssh -i ~/mykey.pem ubuntu@192.168.37.2 51
  52. 52. 参考情報 OpenStackを試してみる!TryStack ⑬ 参考情報 TryStack FAQ http://openstack.redhat.com/TryStackFAQ TryStack スタートガイド http://youtu.be/EPZPzXSypl4 52

×