• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
Tiesコミュニティの役割v2.3
 

Tiesコミュニティの役割v2.3

on

  • 192 views

2012年の古いものだけれど後で使う

2012年の古いものだけれど後で使う

Statistics

Views

Total Views
192
Views on SlideShare
192
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

CC Attribution License

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    Tiesコミュニティの役割v2.3 Tiesコミュニティの役割v2.3 Presentation Transcript

    • NPO法人CCC-TIES 理事 小野成志 2012年6月16日 TIESワークショップ
    • TIESのビジョン 教員の教育力向上 教育方法の質向上 TIESコミュニティ TIES利用者・教育機関・行政機関・民間団体 CCC−TIESの活動 コンテンツの質保証 TIESサポート TIESシステム Teaching Portfolio 大学の活動 教育の質保証
    • OCWの次に来たもの  Kahn Academy  MITx  Udacity  Coursera  edX  個人で2006年に創設、micro lecture  Kahn Academy Japanで日本語化  マイクロソフトなどの支援  2012年3月MITが提唱  今後edXと統合  2012年4月Kahn Academyの影響を受けスタンフォード大元教 授が創設  ベンチャーからの出資が計画  2012年4月スタンフォード大教授が創設  スタンフォードなど5大学の講義を公開  ベンチャーから1600万ドル調達  2012年4月MITとハーバード大のジョイントベンチャー  6千万ドル出資
    • 米国の第3の波   e-learning, OCW そして… 国家戦略としての大学・教育の位置づけ
    • 日本では     1997年 WIDE SOI 1998年 TIES 2005年 JOCW あとは…
    • MOOC  Massive open online course  2008年創設  イリイチの影響(脱学校化社会)  Information is everywhere  Engaging in the learning process  Principal  Aggregation (教材の集積)  Remixing(教材を自由に作り替える)  re-purposing(学習者の目的に合わせる)  feeding forward(グローバルな共有)
    • TIES 1999 ビジョン  インターネットへの期待   教育は高密度の情報・情報だけの世界であるインターネットの融 合 新しい教育方法の模索  象牙の塔の打破  何を学ぶかを学習者が選ぶ  技術的な挑戦  learning web  教材共有、特に教材の部品化  コンテンツ流通  コミュニティを越えた流通 中嶋航一・ 向井篤弘 「大学 情報革命」の考察 ―帝塚山大学 TIES の挑戦―」1999年12月
    • MOOC vs. TIES MOOC TIES Information is every 教育は高密度の情報 where MOOC Aggregation Remixed re-purposing feeding forward TIES 多くの教員の教材 教材の共有と加工 学習者の視点で利用 コミュニティを越えて流 通
    • MOOCの道具
    • TIESの道具(のはずだった)
    • 2008年MOOC  受講者:25名  オンライン:受講生2500名
    • 2008年TIES
    • 2008年 eカレッジの成果  視聴者:33,020名  登録受講生:2,274名 33% 67% 希望する 希望し ない
    • 2012年のMOOC  受講者:150万人  主要なオンライン教育プラットホーム (Coursera,Udacity , edX)との連携 “How Will MOOCs Make Money?” ,INSIDE HIGHER ED ,June 11 2012, Steve Kolowich,
    • 2011年のTIES 2008 W eb 2009 2010 33,020 10,594 4,129 222,861 70,132 19,283 5.39 4.93 2.97 0:02:07 0:03:05 0:03:45 9,252 5,190 9,241 14 18 31 37 11 97 2010 33 103 65 12 14 38.2% 42 382 13 38 42 119 130 2011 3,274 41,666 5.21 0:07:17 16,796 20 63.1% 48 1,729 20 109 335
    • MOOCの課題  収益構造  主要なオンラインコースのすべてに共通した課題  履修証明書での収益?  企業との人材マッチング?  MOOCは資金調達を受けていないだけの自由度 はある “How Will MOOCs Make Money?” ,INSIDE HIGHER ED ,June 11 2012, Steve Kolowich,
    • TIESの課題  独自のシステムがビジネススピードを減殺させる  ブルーオーシャンなのに泳ぎ渡りきれない  ぶれない明確なビジョンと戦略  ビジネスモデル  米国ではレッドオーシャン  スピード感を持ってブルーオーシャン戦略をとる
    • TIESコミュニティのこれから  システムを成長させる  コミュニティがシステムを決定づける  コミュニティ間の連携  認証フェデレーションのような統一基盤  コミュニティの成長  コンテンツ流通により幅広いコミュニティを形成
    • コンテンツ流通の新しい形  Open Educational Resources (OER)  2002年ユネスコで採択  2006年FLOSS(OECDの支援)と合流  Learning Resource Metadata Initiative (LRMI)  2011年6月  クリエイティブコモンズ(Creative Commons)と全米 教育出版協会(AEP)による共同プロジェクト
    • DOI  デジタルオブジェクト識別子(Digital Object Identifier)  日本ではジャパンリンクセンター(JalC)が立 ち上げ(2012年9月運用開始予定)  間もなくガイドラインが発行予定  TIESとしてe-leaningへの付与を要請中
    • LOM Learning Object Metadata IEEE 1484.12.1  e-learningへのメタデータ付与    TIESでの取り組み  識別子にDOIを付与  JaLCへの受け渡しの仕組みを協議中
    • TIESのポリシー策定 共有・公開・連携 システム コンテンツ Flexibility Price Availability Discoverbility
    • コンテンツ ポリシー 共有・公開・連携 Flexibility Price 《自 由》 《無償》  多様なポリシーのコンテンツの 受入  コンテンツの部品化(OER)  Creative Commonsでの共有 《有償》  多様な形態、ニーズに対応 《制 約》  標準化  コンテンツの部品化(OER) Availability Discoverability  多様なコンテンツ共有・流通 の促進  メタデータの付与(LOM)  標準化(SCORM)
    • コンテンツ共有・流通の発展 無料 有料 eラーニング コンテンツ 有償コンテンツ 電子書籍 SCROM コンテンツ コンテンツ コンテンツ 標準化 コンテンツ 原コンテンツ LOM LOM 著者/タイトル LOM 著者/タイトル DOI×1 著者/タイトル DOI×1 コンテンツ DOI×1 コンテンツ コンテンツ SCROM TIES サポー ト モバイルラーニン グ コンテンツ LOM 著者/タイトル/etc. LOM 著者/タイトル/etc. LOM DOI 著者/タイトル/etc. DOI コンテンツ DOI コンテンツ コンテンツ コ ン テ ン ツ 流 通 LOM 著者/タイトル/etc. LOM 著者/タイトル/etc. LOM DOI 著者/タイトル/etc. DOI コンテンツ DOI コンテンツ コンテンツ 有償 Creative Commons(共有) 無償
    • CCC-TIES ©2011 CCC-TIES 25
    • MOOCでのMoodle