Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Ims js at-jset_sangaku_renkeimar17share

124 views

Published on

2016年度JSET産学協同セミナー資料(2017年3月25日)
IMS Global Learning Consortiumと日本IMS協会について
日本IMS協会理事・運営委員長
放送大学 山田恒夫教授

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Ims js at-jset_sangaku_renkeimar17share

  1. 1. 教育ビックデータ・学習資源の 共有の実現に向けて 教育工学の立場から国際標準規 格の必要性を考える 日時:2017年3月25日(土)13:30~17:30 場所:株式会社内田洋行 新川オフィス (ユビキタス協創広場CANVAS) JSET 2016年度 産学協同セミナー
  2. 2. IMS Global Learning Consortiumと日本IMS 協会について 日本IMS協会理事・運営委員長 放送大学 教授 山田恒夫
  3. 3. IMS Global Learning Consortiumとは?
  4. 4. IMS Global Learning Consortium ✓e-Learning / ICT活用教育分野における国 際標準化団体 ✓技術標準の策定ばかりでなく、その実用を 通して、ICTによる教育改革を進める国際 コミュニティ ✓会員(Membership)による会費で維持 ✓規模拡大中 ✓20年以上の歴史、300以上の機関会員、 25の標準
  5. 5. IMS Global:理念
  6. 6. IMS Global: 会員数
  7. 7. IMS Global: Conformance test (規格適合性試験)の認定数
  8. 8. IMS Global: 採用学習プラットフォーム
  9. 9. 事業:25以上の標準 http://www.imsglobal.org/sites/default/files/imsglobal2014annualreport.pdf
  10. 10. 使用例1: 複数LMS間で学習ログ を共有する(Caliper Analytics) J国ではMOOC(大規模公開オンラインコース)プラット フォームを提供するプロバイダーが4つあり、大学や企業 など講座提供者(コースプロバイダー)は利用者の環境や 講座の内容に応じて選ぶことができる。それぞれのLMS で生成される学習ログを統合し、さらに大きなビッグデー タとして分析したい。 ⇒ 学習ログとして保存するデータの形式を標準化するこ とにより、学習ログストアに蓄積し、それを分析することが できます。(IMS Caliper Analytics)
  11. 11. 使用例2: 様々なLMSで利用でき る学習ツールを開発する(LTI) LMSでは標準的にサポートしていない先進的な学習支 援ツール群を開発した。また、既存のLMSを拡張したいが、 LMSの改修ができない。 ⇒ LMSと学習ツールのAPIを標準化しておけば、LMSを 改修しなくても “Plug & Play” (プラグインすればすぐ使え るようにすること)」が可能になります。(IMS LTI)
  12. 12. IMS Global Learning Consortiumとは? より深く理解するために
  13. 13. IMS Global:理念 (EDUCAUSEとの連携)
  14. 14. NGDLE:目標
  15. 15. カリキュラム 学習プラット フォーム/ポー タルL/LOR 学生情報/ERP システム IMS Caliper Analytics フレームワーク 教育イノベーション のための IMSアーキテクチャー 機関 アプリ カタログ パートナー 機関アプリ カタログ Peer-to-peer ネットワーク IMS アプリケーション 共有・統合 メタデータ アプリ データ 介入 (Interventions) クリック ストリーム IMS コンピテンシーサービス & 学習標準 フレームワーク IMS 教育バッジ& 成績証明書 学習目標 パスウエイ 学業成績 (Achievements) INSTITUTION 分析 SUPPLIER/ DEVELOPER 分析 IMS 標準による シームレスな事業統合 評価 (アセスメント) アプリ ツール LOR: Learning Object Repository (学習オブジェクトレポジトリ) ERP: Enterprise Resource Planning (経営資源計画)
  16. 16. コミュニティ ✓年4回の季節大会(Quarterly Meeting) ✓春季大会(Learning Impact Leadership Institute, LILI)が最大 ✓WGごとにテレビ会議(隔週) ✓地域コンソーシアム拡大中 Korea, Japan, Australia, Europe…
  17. 17. 正会員(Contributing Member)のみの権利 ✓Jointly Approved Promotions, Communications Developer Resources with IMS Global ✓Approved Use of All IMS Global Trademarks (Guidelines) ✓Annual Strategy & Technical Update Webinars or Workshops ✓Leadership of Technical Workgroups & Advisory Boards ✓Voting Rights on Standards Activities ✓Voting Rights & Eligibility for IMS Board of Directors & Subcommittees ✓Access to All Workgroup & Technical Resources ✓Participation in Invited Workgroup & Advisory Board Activities
  18. 18. IMS Global Learning Consortiumとの連携 日本IMS協会の設立
  19. 19. LILI16 @ San Antonio開会式 (2016年5月)
  20. 20. IMS調印式(2016年5月)
  21. 21. IMS調印式
  22. 22. IMS調印式
  23. 23. 日本IMS協会とIMS Globalの関係は? 日本IMS協会 IMS Global 共同事業「IMS Japan Project」 独立した法人
  24. 24. 日本IMS協会 IMS Japan Society
  25. 25. 目的と事業(仮)  目的 IMS-GLCの諸事業の日本国内での普及  事業 (1) IMS-GLCの諸技術標準の広報・普及 (2) IMS-GLCの諸技術標準に関連する研究コミュニティ の形成・育成 (3) IMS-GLCの諸技術標準の導入支援のためのワーク ショップ、セミナー、交流会など の開催 (4) 日本及び国外の関連諸団体との交流・連携 (5) 日本及びアジアにおけるeラーニング人材の育成 (6) その他、当法人の目的を達成するために必要な事業
  26. 26. 会員の種別 正会員 IMS Global Learning ConsortiumのContributing Member(正会員)は、参加意思 を表明することで、日本IMS 協会 の正会員になることができます 地域会員 日本国内限定の法人会員 連携会員 日本国内の非営利団体 個人会員 個人が対象(招待ベース)
  27. 27. 会員の権利 日本IMS 協会の主催する講演会、ワーク ショップ、研究会等に無料あるいは会員価格 で参加 日本IMS 協会の部会活動(多くは、IMS Global のワーキンググループに対応)に参加 し、IMS Global で開発中の文書(ただしその 一部、別途誓約書が必要)を閲覧することが 可能 日本IMS 協会の正会員・地域会員がIMS Global Learning ConsortiumのContributing Memberになる場合、その年会費の割引。
  28. 28. 会員 正会員(幹事会員) 地域会員 連携会員
  29. 29. 2016年度スケジュール 5月23-26日 IMS Global IMS Japan IMS 2016 Learning Impact Leadership Institute: IMS-GLC IMS-JS MOU調印式 米国サン アントニ オ 6月3日 IMS Japan 設立総会・記念講演会 (New Education Expo) 東京 6月17日 IMS Japan 記念講演会 (New Education Expo) 大阪 8月15-18日 IMS Global IMS Quarterly Meeting & Technical Congress 米国オー レム 8月22-24日 /25日 IMS Japan IMS Seminar/Bootcamp/Hackerson at SSS 2016 (++AXIES, JMOOC,JSIS) 東京・北 海道 10月26-28日 IMS Japan Japan e-Learning Award Forum IMS Japan賞授与式 東京 11月7-10日 IMS Global IMS Quarterly Meeting and Analytics Summit 米国フェ ニックス 12月16日 IMS Japan 大学ICT推進協議会(AXIES)関連 ワーキング合同部会 京都 2017年2月 27日-3月2日 IMS Global IMS Quarterly Meeting & Digital Credentials Summit 米国オー ランド 3月25日 IMS Japan 日本教育工学会・産学協同セミナー 東京
  30. 30. 今後の事業 講習会・セミナーの開催 IMS公認インストラクター制度 IMS Japan賞の拡大 各国のIMS地域団体との連携強化 その他 会員支援サービス
  31. 31. 広報 ホームページ http://imsjapan.org/ FaceBook https://www.facebook.com/IMS- Japan-Society- 1139540199402592/
  32. 32. お問合せ 日本IMS協会事務局 (株)内田洋行 E-mail(仮): 内田洋行 安原弘 contact@imsjapan.org 放送大学 山田恒夫 tsyamada@ouj.ac.jp

×