Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

『経営戦略全史』を教科書に”使える”経営戦略を学ぶ

2,585 views

Published on

schoo WEB-campus
http://schoo.jp/class/232

  • Be the first to comment

『経営戦略全史』を教科書に”使える”経営戦略を学ぶ

  1. 1. K.I.T.虎ノ門大学院 教授 三谷 宏治 © 2013 Koji Mitani All rights reserved
  2. 2. 経営戦略論 1900~2012 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 1 Sun Carl von Frederick Frederick Elton Jule Henri Henri Alfred Chester Herbert Peter Igor Alfred Marvin Kenneth Phillip Heinz John Milton Alvin Bruce John Alan Richard James Frederick Michael Bill Edwards Taichi Tom Tzu Clausewitz Lanchester Taylor Mayo Fayol Ford Sloan Barnard Simon Drucker Ansoff Chandler Bower Andrews Kotoler Weihrich Galbraith Friedman Toffler Henderson Clarkeson Zakon Lockridge Abegglen Gluck Porter Bain Deming Ohno Peters 社会の主な できごと 軍略の粗 戦争論 ランチェスター戦 略 科学的管理 法の父 人間関係論 の始祖 管理原則の 父 フォード創業 者 GMの中興 の祖 バーナード革 命 経済人モデル 企業マネジメン トの父 戦略経営の 創始者 最初の経営 史家 事実上の創 業者 企業戦略の 父、SWOT 分析 近代マーケティン グの父 TOWS分析 経済学の巨人 偶像破壊主義 小さな巨人 ノーベル経済学 賞 未来学者 戦略マニア 経験曲線 持続可能な 成長方程式 マトリクスの天 才 日本株式会 社 組織改革か ら戦略へ ポジショニング 学派の教祖 コミット型コンサ ルティング 品質管理の 父 トヨタ生産シス テム エクセレント・カン パニー ↓ 孫武:将軍・ 軍略思想家 軍事学者 エンジニア・軍 事学者 エンジニアから コンサルタント 叩き上げ経 営者 Ford 電話会社社 長 カーネギー工科 大学 ケロッグ・スクール サンフランシスコ 大学 シカゴ大学 BC515孫子 の原形 1832戦争 論 1903フォー ド設立 1908T型 WWⅠ 1914ランチェ スターの法 則 1911科学 的管理法 の原理 1917産業 ならびに 一般の管 好景気 1923ミュール 紡績工場 1927ホーソン 1923GM 社長 1939世界 恐慌 1937GM 会長兼 CEO 1938経営 者の役割 (Barnard 1938経営 者の役 1939経済 人の終わ り 1939マッキン ゼー設立 1939QC 統計法 WWⅡ 1945引退 1946CEO 退任 1948組織 と管理 1945経営 行動:経 営とは意 1946会社 という概念 1954現代 の経営: 目的に向 1950Mana ging Director 1950PLC (Dean) 1952アメリカ 資本主義 1950経営 者のため の品質管 1956引退 1957人間 行動のモデ ル 1957多角 化戦略論 (Ansoff 機能別組 織から事 業別組織 1958日本 の経営 好景気 1963GMと ともに 1962組織 は戦略に 従う:事業 1960 4P (McCarthy ) 1960ゆたか な社会 1962資本主 義と自由 1963BCG 設立 1964かん ばん方式 1969断絶 の時代 1965企業 戦略論:戦 略はこうつ 1966マッキン ゼー経営の 本質 1965Busi ness Policy 1967マーケ ティング・マネ ジメント 1965未来 の衝撃 1966経験 曲線:数 字と競争 1966経験 曲線:数 字と競争 1968持続 可能な成 長方程式 1969成 長・シェアマト リクス 1968何が 日本を成 長させて 1973オイル ショック 1974マネジ メント 1971経営 戦略の概 念 1973Cost Analysis 1970かん ばん事例 集 1979第2 次オイルショッ ク 1978ノーベ ル経済学 賞 1976戦略 経営論:会 社は環境 1977経営 者の時代 1976PLC 戦略 (Doyle) 1977不確実 性の時代 1978戦略 的経営の 進化:3X3 1975 5力 1978 ICA ベンチマーキン グ:プロセス 強化 1978トヨタ 生産システ ム 1978 7S 1 1980乱気 流時代の 経営 1982TOW S analysis 1980選択の 自由 1980第三 の波 1980会長 に 1981CEO 1981アドバ ンテージ・マト リクス 織畑 1980ビジネ ス・システム (VCの元) 1980競争 の戦略 (5F、3類 1981フォー ドを改革 1982エクセレ ント・カンパ ニー 1 効 1985イノ ベーションと 企業家精 1985引退 1986CEO 1987会長 1985Kaish a 1988Mana gingDirect or 1985競争 優位の戦 略(VC) 1988レイオフ 1987経営 革命:超 優良企業 1992引退 1990パワー シフト 1998会長 1997引退 1996戦略 とは何 か? 2 の 2008リーマン ショック 2007引退 2011東日 本大震災 Sun Carl von Frederick Frederick Elton Jule Henri Henri Alfred Chester Herbert Peter Igor Alfred Marvin Kenneth Phillip Heinz John Milton Alvin Bruce John Alan Richard James Frederick Michael Bill Edwards Taichi Tom Tzu Clausewitz Lanchester Taylor Mayo Fayol Ford Sloan Barnard Simon Drucker Ansoff Chandler Bower Andrews Kotoler Weihrich Galbraith Friedman Toffler Henderson Clarkeson Zakon Lockridge Abegglen Gluck Porter Bain Deming Ohno Peters 社会の主な できごと 軍略の粗 戦争論 ランチェスター戦 略 科学的管理 法の父 人間関係論 の始祖 管理原則の 父 フォード創業 者 GMの中興 の祖 バーナード革 命 経済人モデル 企業マネジメン トの父 戦略経営の 創始者 最初の経営 史家 事実上の創 業者 企業戦略の 父、SWOT 分析 近代マーケティン グの父 TOWS分析 経済学の巨人 偶像破壊主義 小さな巨人 ノーベル経済学 賞 未来学者 戦略マニア 経験曲線 持続可能な 成長方程式 マトリクスの天 才 日本株式会 社 組織改革か ら戦略へ ポジショニング 学派の教祖 コミット型コンサ ルティング 品質管理の 父 トヨタ生産シス テム エクセレント・カン パニー ↓ 孫武:将軍・ 軍略思想家 軍事学者 エンジニア・軍 事学者 エンジニアから コンサルタント 叩き上げ経 営者 Ford 電話会社社 長 カーネギー工科 大学 ケロッグ・スクール サンフランシスコ 大学 シカゴ大学 BC515孫子 の原形 1832戦争 論 1903フォー ド設立 1908T型 WWⅠ 1914ランチェ スターの法 則 1911科学 的管理法 の原理 1917産業 ならびに 一般の管 好景気 1923ミュール 紡績工場 1927ホーソン 1923GM 社長 1939世界 恐慌 1937GM 会長兼 CEO 1938経営 者の役割 (Barnard 1938経営 者の役 1939経済 人の終わ り 1939マッキン ゼー設立 1939QC 統計法 WWⅡ 1945引退 1946CEO 退任 1948組織 と管理 1945経営 行動:経 営とは意 1946会社 という概念 1954現代 の経営: 目的に向 1950Mana ging Director 1950PLC (Dean) 1952アメリカ 資本主義 1950経営 者のため の品質管 1956引退 1957人間 行動のモデ ル 1957多角 化戦略論 (Ansoff 機能別組 織から事 業別組織 1958日本 の経営 好景気 1963GMと ともに 1962組織 は戦略に 従う:事業 1960 4P (McCarthy ) 1960ゆたか な社会 1962資本主 義と自由 1963BCG 設立 1964かん ばん方式 1969断絶 の時代 1965企業 戦略論:戦 略はこうつ 1966マッキン ゼー経営の 本質 1965Busi ness Policy 1967マーケ ティング・マネ ジメント 1965未来 の衝撃 1966経験 曲線:数 字と競争 1966経験 曲線:数 字と競争 1968持続 可能な成 長方程式 1969成 長・シェアマト リクス 1968何が 日本を成 長させて 1973オイル ショック 1974マネジ メント 1971経営 戦略の概 念 1973Cost Analysis 1970かん ばん事例 集 1979第2 次オイルショッ ク 1978ノーベ ル経済学 賞 1976戦略 経営論:会 社は環境 1977経営 者の時代 1976PLC 戦略 (Doyle) 1977不確実 性の時代 1978戦略 的経営の 進化:3X3 1975 5力 1978 ICA ベンチマーキン グ:プロセス 強化 1978トヨタ 生産システ ム 1978 7S 1 1980乱気 流時代の 経営 1982TOW S analysis 1980選択の 自由 1980第三 の波 1980会長 に 1981CEO 1981アドバ ンテージ・マト リクス 織畑 1980ビジネ ス・システム (VCの元) 1980競争 の戦略 (5F、3類 1981フォー ドを改革 1982エクセレ ント・カンパ ニー 1 効 1985イノ ベーションと 企業家精 1985引退 1986CEO 1987会長 1985Kaish a 1988Mana gingDirect or 1985競争 優位の戦 略(VC) 1988レイオフ 1987経営 革命:超 優良企業 1992引退 1990パワー シフト 1998会長 1997引退 1996戦略 とは何 か? 2 の 2008リーマン ショック 2007引退 2011東日 本大震災
  3. 3. いつ・なぜ「経営戦略」は生まれたのか  6人のコンサルタント・学者・企業家たち  テイラーとメイヨー  フェイヨルとバーナード  フォードとスローン © 2013 Koji Mitani All rights reserved 2 Sun Carl von Frederick Frederick Elton Jule Henri Henri Alfred Chester Herbert Peter Igor Alfred Marvin Kenneth Phillip Heinz John Milton Alvin Bruce John Alan Richard James Frederick Michael Bill Edwards Taichi Tom Richard Robert George Michael Gary CK Philip Joseph Everett Richard Howard Peter Ikujiro Richard Jay Hneri Robert/David Jeffrey Chan/Renée Thomas Richard Leif/Takahiko Lynda Muhamma d Alvin/Lloyd Salman Tim David/Tom Tim Duncan Eric/Larry Geoffrey Clayton Vijay Steve Erick Martin James Tzu Clausewitz Lanchester Taylor Mayo Fayol Ford Sloan Barnard Simon Drucker Ansoff Chandler Bower Andrews Kotoler Weihrich Galbraith Friedman Toffler Henderson Clarkeson Zakon Lockridge Abegglen Gluck Porter Bain Deming Ohno Peters Pascale Camp Stalk Jr. Hammer Hamel Prahalad Evans Schumpeter Rogers Foster Stevenson Senge Nonaka Rumelt Barney Mintzberg Kaplan/Norton Bezos Kim/Mauborgne Friedman Florida Edvinsson/Nomura Gratton Yunus Roth/Shapley Khan Harford Kelly Brown Watts Schmidt/Page Moore Christensen Govindarajan Blank Ries Reeves Collins 社会の主な できごと 軍略の粗 戦争論 ランチェスター戦 略 科学的管理 法の父 人間関係論 の始祖 管理原則の 父 フォード創業 者 GMの中興 の祖 バーナード革 命 経済人モデル 企業マネジメン トの父 戦略経営の 創始者 最初の経営 史家 事実上の創 業者 企業戦略の 父、SWOT 分析 近代マーケティン グの父 TOWS分析 経済学の巨人 偶像破壊主義 小さな巨人 ノーベル経済学 賞 未来学者 戦略マニア 経験曲線 持続可能な 成長方程式 マトリクスの天 才 日本株式会 社 組織改革か ら戦略へ ポジショニング 学派の教祖 コミット型コンサ ルティング 品質管理の 父 トヨタ生産シス テム エクセレント・カン パニー ホンダ効果 ベスト・プラクティ スに学べ 生産オタク BPRで破壊 せよ コア・コンピタンス コア・コンピタンス BCGの大賢 者 ビジネス経済学 の粗 イノベーションの 拡散 イノベーション論 の再展開 HBSを起業 家育成機関 に 学習する組 織 SECIモデル RBVの先駆 者 RBVの展開 者 偉大なジェネラリ スト? BSCの提唱者 Amazon創業 ブルー・オーシャン ビューリッツァー 賞3度受賞 世界はギザ ギザ フューチャーセンター Hot Spots 活動 グラミン銀行 の創始者 マーケット・デザイン カーン・アカデ ミーの創始者 行動心理学 デザイン思考の 考案者 デザイン思考 の継承者 スモールワールド /世界は予 測不能 グーグル キャズム! イノベーションの探 究者 リバース・イノベー ション シリアル・アントレ プレナー リーンスタートアッ プの提唱者 次代の探究 者 企業史の探 究家/経営 者の師 ↓ 孫武:将軍・ 軍略思想家 軍事学者 エンジニア・軍 事学者 エンジニアから コンサルタント 叩き上げ経 営者 Ford 電話会社社 長 カーネギー工科 大学 ケロッグ・スクール サンフランシスコ 大学 シカゴ大学 ミシガン 経済学者 ユタ マギル ジャーナリスト チッタゴン ハーバード カーン・アカデミー Geoffrey Moore Consulting タック BC515孫子 の原形 1832戦争 論 1903フォー ド設立 1908T型 WWⅠ 1914ランチェ スターの法 則 1911科学 的管理法 の原理 1917産業 ならびに 一般の管 1912経済発 展の理論 好景気 1923ミュール 紡績工場 1927ホーソン 1923GM 社長 1939世界 恐慌 1937GM 会長兼 CEO 1938経営 者の役割 (Barnard 1938経営 者の役 1939経済 人の終わ り 1939マッキン ゼー設立 1939QC 統計法 1934経済発 展の理論 1939景気循 WWⅡ 1945引退 1946CEO 退任 1948組織 と管理 1945経営 行動:経 営とは意 1946会社 という概念 1954現代 の経営: 目的に向 1950Mana ging Director 1950PLC (Dean) 1952アメリカ 資本主義 1950経営 者のため の品質管 1956引退 1957人間 行動のモデ ル 1957多角 化戦略論 (Ansoff 機能別組 織から事 業別組織 1958日本 の経営 好景気 1963GMと ともに 1962組織 は戦略に 従う:事業 1960 4P (McCarthy ) 1960ゆたか な社会 1962資本主 義と自由 1963BCG 設立 1964かん ばん方式 男女間の安 定的マッチング 1969断絶 の時代 1965企業 戦略論:戦 略はこうつ 1966マッキン ゼー経営の 本質 1965Busi ness Policy 1967マーケ ティング・マネ ジメント 1965未来 の衝撃 1966経験 曲線:数 字と競争 1966経験 曲線:数 字と競争 1968持続 可能な成 長方程式 1969成 長・シェアマト リクス 1968何が 日本を成 長させて 1962 Diffusion of Innovations 1973オイル ショック 1974マネジ メント 1971経営 戦略の概 念 1973Cost Analysis 1970かん ばん事例 集 1974多角 化戦略と 経済効果 1973マネ ジャーの仕事 1979第2 次オイルショッ ク 1978ノーベ ル経済学 賞 1976戦略 経営論:会 社は環境 1977経営 者の時代 1976PLC 戦略 (Doyle) 1977不確実 性の時代 1978戦略 的経営の 進化:3X3 1975 5力 1978 ICA ベンチマーキン グ:プロセス 強化 1978トヨタ 生産システ ム 1978 7S 1978 7S 1975管理 者の仕事~ 伝説と実際 1980乱気 流時代の 経営 1982TOW S analysis 1980選択の 自由 1980第三 の波 1980会長 に 1981CEO 1981アドバ ンテージ・マト リクス 織畑 1980ビジネ ス・システム (VCの元) 1980競争 の戦略 (5F、3類 1981フォー ドを改革 1982エクセレ ント・カンパ ニー 1984ホンダ 効果 1984失敗 の本質 1984Towa rd a strategic 1983グラミン 銀行 1984全国研 修医マッチング 1985イノ ベーションと 企業家精 1985引退 1986CEO 1987会長 1985Kaish a 1988Mana gingDirect or 1985競争 優位の戦 略(VC) 1988レイオフ 1987経営 革命:超 優良企業 1989ベンチ マーキング 1988時間 1989ストラテ ジック・インテン ト 1986イノ ベーション~ 限界突破 1985New Business Ventures 1986Strat egic Factor 1987戦略ク ラフティング 1992引退 1990パワー シフト 1990タイム ベース競争 戦略 1990リエン ジニアリング の作業 1990 The Core Competenc 1994コアコン ピタンス経営 1990最強 組織の法 則(学習す 1990知識 創造の経 営 1991Firm resources and 1994戦略 計画~創造 的破壊の時 1992The Balanced Scorecard— 1994Cadabr a.com 1991IDEO設 立 1991IDEO 設立 1991キャズ ム Chasm 1994ビジョ ナリー・カンパ ニー 1998会長 1997引退 1996戦略 とは何 か? 1995リエン ジニアリング 革命 1999Blow n to Bits 1997優れ たビジネス プランの書 1995知識 創造型企 業 1996企業 戦略論 競 争優位の 1998戦略サ ファリ 1996The Balanced Scorecard: 1995Amazo n.com 1997 Value Innovation and Fair Process 1996Future Centre 1999Strat egic Human 1998グーグル 設立(ペイジと ブリン) 1997イノベー ションのジレンマ 2000混沌 の縁 2004徹底 力Hardball 2004価値 共創の未 来へ 2003 (5th edition) 2000創造 的破壊 断絶の時 2000 The Strategy- Focused 2004ブルーオーシャ ン戦略 2000Livin g Strategy 2002発想す る会社! 2003六次 の隔たり 2001シュミット CEO就任 2000トル ネード 2003イノベー ションへの解 2003Global Strategy and the 2001ビジョ ナリー・カンパ ニー2 2008リーマン ショック 2007引退 2007経営 の未来 2004ネクスト マーケット 2007Reso urce- Based 2006Alignme nt: Using the Balanced 2005フラット 化する世 界 2005クリエイ ティブ・クラス の世紀 2007Hot Spots 2006ノーベ ル平和賞 受賞 2006カーン・ アカデミー設 立 2008人は 意外に合 理的 2006イノベー ションの達 人! 2009デザイ ン思考が 世界を変 2005ライフサ イクルイノベー ション 2008教育× 破壊的イノ ベーション 2009Ten Rules for Strategic 2005The Four Steps to 2007Adapt ative Strategy 2005ビジョ ナリー・カンパ ニー3 2011東日 本大震災 2011良い 戦略、悪 い戦略 2012フューチャーセンター をつくろう 2011ワーク・ シフト 2012ノーベル経 済学賞受賞 2011アダプ ト思考 2011偶然 の科学 2011ペイジ CEO復帰 2011エス ケープベロシ ティ 2011イノベー ターのDNA 2012リバー ス・ストラテジー 2011リーン・ スタートアップ 2011ビジョ ナリー・カンパ ニー4
  4. 4. テイラーの 「科学的管理法」1911 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 3 ショベル研究の成果 ・1人当たり作業トン数/日 ・1人当たり賃金/日 ・生産量あたりコスト/トン 道具の最適化運搬量の最適化 1回あたり運搬量 1 日 作 業 ト ン 数 21ポンド テイラーは科学と管理で 恐怖と怠業からの脱却を目指し未熟練工を戦力化した
  5. 5. ミュール紡績工場1923 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 4 世界文化社「世界歴史シリーズ」より 10分の自主休憩4回で退職率激減?
  6. 6. メイヨーのホーソン実験1927~30 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 5 経済人から社会人へ 「人間関係論」
  7. 7. 起業家フォードのT型フォード1908 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 6 ↓ 「豊かな大衆」の誕生 ↓
  8. 8. 仏エリート アンリ・フェイヨル1917 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 7 Administration テイラーは工場を管理しフェイヨルは企業を統治した 『産業及び一般の管理 Administration industrielle et générale』
  9. 9. アメリカ イギリス フランス ドイツ 日本 工業生産高(1929=100) 世界恐慌:暗黒の1930年代 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 8 外部環境の恐ろしさ
  10. 10. スローンによるGMの興隆1923 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 9 大量生産 5ブランド 毎年のモデルチェンジ 5事業部制(DuPont) 在庫管理 財務管理 フォードを倒し外部環境を克服
  11. 11. バーナード革命1938 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 10 貢献意欲 共通の目的 =経営戦略 コミュニ ケーション 外部環境に 負けぬために、 経営者が果たす べき役割は重い 共通の目的を与えてこそシステムとして動く 経営に対して「戦略」という軍事用語を 用いたのは Chester Barnard が最初
  12. 12. 経営と経営戦略の誕生  6人の学者・コンサルタント ・企業家  テイラーとメイヨー  フェイヨルとバーナード  フォードとスローン © 2013 Koji Mitani All rights reserved 11 Sun Carl von Frederick Frederick Elton Jule Henri Henri Alfred Chester Herbert Peter Igor Alfred Marvin Kenneth Phillip Heinz John Milton Alvin Bruce John Alan Richard James Frederick Michael Bill Edwards Taichi Tom Richard Robert George Michael Gary CK Philip Joseph Everett Richard Howard Peter Ikujiro Richard Jay Hneri Robert/David Jeffrey Chan/Renée Thomas Richard Leif/Takahiko Lynda Muhamma d Alvin/Lloyd Salman Tim David/Tom Tim Duncan Eric/Larry Geoffrey Clayton Vijay Steve Erick Martin James Tzu Clausewitz Lanchester Taylor Mayo Fayol Ford Sloan Barnard Simon Drucker Ansoff Chandler Bower Andrews Kotoler Weihrich Galbraith Friedman Toffler Henderson Clarkeson Zakon Lockridge Abegglen Gluck Porter Bain Deming Ohno Peters Pascale Camp Stalk Jr. Hammer Hamel Prahalad Evans Schumpeter Rogers Foster Stevenson Senge Nonaka Rumelt Barney Mintzberg Kaplan/Norton Bezos Kim/Mauborgne Friedman Florida Edvinsson/Nomura Gratton Yunus Roth/Shapley Khan Harford Kelly Brown Watts Schmidt/Page Moore Christensen Govindarajan Blank Ries Reeves Collins 社会の主な できごと 軍略の粗 戦争論 ランチェスター戦 略 科学的管理 法の父 人間関係論 の始祖 管理原則の 父 フォード創業 者 GMの中興 の祖 バーナード革 命 経済人モデル 企業マネジメン トの父 戦略経営の 創始者 最初の経営 史家 事実上の創 業者 企業戦略の 父、SWOT 分析 近代マーケティン グの父 TOWS分析 経済学の巨人 偶像破壊主義 小さな巨人 ノーベル経済学 賞 未来学者 戦略マニア 経験曲線 持続可能な 成長方程式 マトリクスの天 才 日本株式会 社 組織改革か ら戦略へ ポジショニング 学派の教祖 コミット型コンサ ルティング 品質管理の 父 トヨタ生産シス テム エクセレント・カン パニー ホンダ効果 ベスト・プラクティ スに学べ 生産オタク BPRで破壊 せよ コア・コンピタンス コア・コンピタンス BCGの大賢 者 ビジネス経済学 の粗 イノベーションの 拡散 イノベーション論 の再展開 HBSを起業 家育成機関 に 学習する組 織 SECIモデル RBVの先駆 者 RBVの展開 者 偉大なジェネラリ スト? BSCの提唱者 Amazon創業 ブルー・オーシャン ビューリッツァー 賞3度受賞 世界はギザ ギザ フューチャーセンター Hot Spots 活動 グラミン銀行 の創始者 マーケット・デザイン カーン・アカデ ミーの創始者 行動心理学 デザイン思考の 考案者 デザイン思考 の継承者 スモールワールド /世界は予 測不能 グーグル キャズム! イノベーションの探 究者 リバース・イノベー ション シリアル・アントレ プレナー リーンスタートアッ プの提唱者 次代の探究 者 企業史の探 究家/経営 者の師 ↓ 孫武:将軍・ 軍略思想家 軍事学者 エンジニア・軍 事学者 エンジニアから コンサルタント 叩き上げ経 営者 Ford 電話会社社 長 カーネギー工科 大学 ケロッグ・スクール サンフランシスコ 大学 シカゴ大学 ミシガン 経済学者 ユタ マギル ジャーナリスト チッタゴン ハーバード カーン・アカデミー Geoffrey Moore Consulting タック BC515孫子 の原形 1832戦争 論 1903フォー ド設立 1908T型 WWⅠ 1914ランチェ スターの法 則 1911科学 的管理法 の原理 1917産業 ならびに 一般の管 1912経済発 展の理論 好景気 1923ミュール 紡績工場 1927ホーソン 1923GM 社長 1939世界 恐慌 1937GM 会長兼 CEO 1938経営 者の役割 (Barnard 1938経営 者の役 1939経済 人の終わ り 1939マッキン ゼー設立 1939QC 統計法 1934経済発 展の理論 1939景気循 WWⅡ 1945引退 1946CEO 退任 1948組織 と管理 1945経営 行動:経 営とは意 1946会社 という概念 1954現代 の経営: 目的に向 1950Mana ging Director 1950PLC (Dean) 1952アメリカ 資本主義 1950経営 者のため の品質管 1956引退 1957人間 行動のモデ ル 1957多角 化戦略論 (Ansoff 機能別組 織から事 業別組織 1958日本 の経営 好景気 1963GMと ともに 1962組織 は戦略に 従う:事業 1960 4P (McCarthy ) 1960ゆたか な社会 1962資本主 義と自由 1963BCG 設立 1964かん ばん方式 男女間の安 定的マッチング 1969断絶 の時代 1965企業 戦略論:戦 略はこうつ 1966マッキン ゼー経営の 本質 1965Busi ness Policy 1967マーケ ティング・マネ ジメント 1965未来 の衝撃 1966経験 曲線:数 字と競争 1966経験 曲線:数 字と競争 1968持続 可能な成 長方程式 1969成 長・シェアマト リクス 1968何が 日本を成 長させて 1962 Diffusion of Innovations 1973オイル ショック 1974マネジ メント 1971経営 戦略の概 念 1973Cost Analysis 1970かん ばん事例 集 1974多角 化戦略と 経済効果 1973マネ ジャーの仕事 1979第2 次オイルショッ ク 1978ノーベ ル経済学 賞 1976戦略 経営論:会 社は環境 1977経営 者の時代 1976PLC 戦略 (Doyle) 1977不確実 性の時代 1978戦略 的経営の 進化:3X3 1975 5力 1978 ICA ベンチマーキン グ:プロセス 強化 1978トヨタ 生産システ ム 1978 7S 1978 7S 1975管理 者の仕事~ 伝説と実際 1980乱気 流時代の 経営 1982TOW S analysis 1980選択の 自由 1980第三 の波 1980会長 に 1981CEO 1981アドバ ンテージ・マト リクス 織畑 1980ビジネ ス・システム (VCの元) 1980競争 の戦略 (5F、3類 1981フォー ドを改革 1982エクセレ ント・カンパ ニー 1984ホンダ 効果 1984失敗 の本質 1984Towa rd a strategic 1983グラミン 銀行 1984全国研 修医マッチング 1985イノ ベーションと 企業家精 1985引退 1986CEO 1987会長 1985Kaish a 1988Mana gingDirect or 1985競争 優位の戦 略(VC) 1988レイオフ 1987経営 革命:超 優良企業 1989ベンチ マーキング 1988時間 1989ストラテ ジック・インテン ト 1986イノ ベーション~ 限界突破 1985New Business Ventures 1986Strat egic Factor 1987戦略ク ラフティング 1992引退 1990パワー シフト 1990タイム ベース競争 戦略 1990リエン ジニアリング の作業 1990 The Core Competenc 1994コアコン ピタンス経営 1990最強 組織の法 則(学習す 1990知識 創造の経 営 1991Firm resources and 1994戦略 計画~創造 的破壊の時 1992The Balanced Scorecard— 1994Cadabr a.com 1991IDEO設 立 1991IDEO 設立 1991キャズ ム Chasm 1994ビジョ ナリー・カンパ ニー 1998会長 1997引退 1996戦略 とは何 か? 1995リエン ジニアリング 革命 1999Blow n to Bits 1997優れ たビジネス プランの書 1995知識 創造型企 業 1996企業 戦略論 競 争優位の 1998戦略サ ファリ 1996The Balanced Scorecard: 1995Amazo n.com 1997 Value Innovation and Fair Process 1996Future Centre 1999Strat egic Human 1998グーグル 設立(ペイジと ブリン) 1997イノベー ションのジレンマ 2000混沌 の縁 2004徹底 力Hardball 2004価値 共創の未 来へ 2003 (5th edition) 2000創造 的破壊 断絶の時 2000 The Strategy- Focused 2004ブルーオーシャ ン戦略 2000Livin g Strategy 2002発想す る会社! 2003六次 の隔たり 2001シュミット CEO就任 2000トル ネード 2003イノベー ションへの解 2003Global Strategy and the 2001ビジョ ナリー・カンパ ニー2 2008リーマン ショック 2007引退 2007経営 の未来 2004ネクスト マーケット 2007Reso urce- Based 2006Alignme nt: Using the Balanced 2005フラット 化する世 界 2005クリエイ ティブ・クラス の世紀 2007Hot Spots 2006ノーベ ル平和賞 受賞 2006カーン・ アカデミー設 立 2008人は 意外に合 理的 2006イノベー ションの達 人! 2009デザイ ン思考が 世界を変 2005ライフサ イクルイノベー ション 2008教育× 破壊的イノ ベーション 2009Ten Rules for Strategic 2005The Four Steps to 2007Adapt ative Strategy 2005ビジョ ナリー・カンパ ニー3 2011東日 本大震災 2011良い 戦略、悪 い戦略 2012フューチャーセンター をつくろう 2011ワーク・ シフト 2012ノーベル経 済学賞受賞 2011アダプ ト思考 2011偶然 の科学 2011ペイジ CEO復帰 2011エス ケープベロシ ティ 2011イノベー ターのDNA 2012リバー ス・ストラテジー 2011リーン・ スタートアップ 2011ビジョ ナリー・カンパ ニー4  産業革命  恐怖と怠業/未熟練工  豊かな大衆  世界恐慌
  13. 13. 経営戦略論の百年戦争 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 12 無価値 あり得 ない ポ ジ シ ョ ニ ン グ ケイパビリティ
  14. 14. 経営戦略論の百年戦争 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 13 無価値 あり得 ない ポ ジ シ ョ ニ ン グ ケイパビリティ B. Henderson 経験不問。 最高の頭脳求む M. Porter 経済学PhD. ポジションが すべてだ! T. Peters 日本企業の7S! US企業の エクセレンス! G. Hamel 破壊せよ! リエンジニアリング G. Stalk Jr. 時間を測れ! Time Based Competition J. Barney ケイパビリティが すべてだ! VRIO理論 H. Mintzberg 状況次第。 手工芸品で、結局 すべて間違っている
  15. 15. ポーターの『戦略とは何か』1996 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 14 無価値 あり得 ない ポ ジ シ ョ ニ ン グ ケイパビリティ
  16. 16. 無価値 あり得 ない ポーターの『戦略とは何か』1996 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 15 ポ ジ シ ョ ニ ン グ ケイパビリティ 無価値 あり得 ない 価値 価値 あり得 ない
  17. 17. 大きな流れ(本の構成)  3つの源流  テイラー、メイヨー、フェイヨル、フォード  経営・経営戦略の確立  スローン、バーナード、アンゾフ、チャンドラー、バウアー、アンドルーズ、ドラッカー  ポジショニング派の隆盛  ヘンダーソン、グラッグ、ポーター、コトラー  ケイパビリティ派の百花繚乱  デミング、ルメルト、パスカル、ピーターズ、ストーク、ハマー、ハメル、プラハラード、フォ スター、ターマン、センゲ、野中、バーニー  コンフィギュレーションの挑戦  ミンツバーグ、キャプラン、ノートン、キム、モボルニュ  イノベーション論の台頭  シュンペーター、フォスター、クリステンセン、VG、ワッツ、ハーフォード、ブラウン、ブラ ンク、リース、リーヴス © 2013 Koji Mitani All rights reserved 16
  18. 18. 大イノベーション時代の到来  多くのコンサルタント・学者  クリステンセン、VG  多くの起業家・企業家  ベゾス、ペイジ  ブランク、リース © 2013 Koji Mitani All rights reserved 17 Sun Carl von Frederick Frederick Elton Jule Henri Henri Alfred Chester Herbert Peter Igor Alfred Marvin Kenneth Phillip Heinz John Milton Alvin Bruce John Alan Richard James Frederick Michael Bill Edwards Taichi Tom Richard Robert George Michael Gary CK Philip Joseph Everett Richard Howard Peter Ikujiro Richard Jay Hneri Robert/David Jeffrey Chan/Renée Thomas Richard Leif/Takahiko Lynda Muhamma d Alvin/Lloyd Salman Tim David/Tom Tim Duncan Eric/Larry Geoffrey Clayton Vijay Steve Erick Martin James Tzu Clausewitz Lanchester Taylor Mayo Fayol Ford Sloan Barnard Simon Drucker Ansoff Chandler Bower Andrews Kotoler Weihrich Galbraith Friedman Toffler Henderson Clarkeson Zakon Lockridge Abegglen Gluck Porter Bain Deming Ohno Peters Pascale Camp Stalk Jr. Hammer Hamel Prahalad Evans Schumpeter Rogers Foster Stevenson Senge Nonaka Rumelt Barney Mintzberg Kaplan/Norton Bezos Kim/Mauborgne Friedman Florida Edvinsson/Nomura Gratton Yunus Roth/Shapley Khan Harford Kelly Brown Watts Schmidt/Page Moore Christensen Govindarajan Blank Ries Reeves Collins 社会の主な できごと 軍略の粗 戦争論 ランチェスター戦 略 科学的管理 法の父 人間関係論 の始祖 管理原則の 父 フォード創業 者 GMの中興 の祖 バーナード革 命 経済人モデル 企業マネジメン トの父 戦略経営の 創始者 最初の経営 史家 事実上の創 業者 企業戦略の 父、SWOT 分析 近代マーケティン グの父 TOWS分析 経済学の巨人 偶像破壊主義 小さな巨人 ノーベル経済学 賞 未来学者 戦略マニア 経験曲線 持続可能な 成長方程式 マトリクスの天 才 日本株式会 社 組織改革か ら戦略へ ポジショニング 学派の教祖 コミット型コンサ ルティング 品質管理の 父 トヨタ生産シス テム エクセレント・カン パニー ホンダ効果 ベスト・プラクティ スに学べ 生産オタク BPRで破壊 せよ コア・コンピタンス コア・コンピタンス BCGの大賢 者 ビジネス経済学 の粗 イノベーションの 拡散 イノベーション論 の再展開 HBSを起業 家育成機関 に 学習する組 織 SECIモデル RBVの先駆 者 RBVの展開 者 偉大なジェネラリ スト? BSCの提唱者 Amazon創業 ブルー・オーシャン ビューリッツァー 賞3度受賞 世界はギザ ギザ フューチャーセンター Hot Spots 活動 グラミン銀行 の創始者 マーケット・デザイン カーン・アカデ ミーの創始者 行動心理学 デザイン思考の 考案者 デザイン思考 の継承者 スモールワールド /世界は予 測不能 グーグル キャズム! イノベーションの探 究者 リバース・イノベー ション シリアル・アントレ プレナー リーンスタートアッ プの提唱者 次代の探究 者 企業史の探 究家/経営 者の師 ↓ 孫武:将軍・ 軍略思想家 軍事学者 エンジニア・軍 事学者 エンジニアから コンサルタント 叩き上げ経 営者 Ford 電話会社社 長 カーネギー工科 大学 ケロッグ・スクール サンフランシスコ 大学 シカゴ大学 ミシガン 経済学者 ユタ マギル ジャーナリスト チッタゴン ハーバード カーン・アカデミー Geoffrey Moore Consulting タック BC515孫子 の原形 1832戦争 論 1903フォー ド設立 1908T型 WWⅠ 1914ランチェ スターの法 則 1911科学 的管理法 の原理 1917産業 ならびに 一般の管 1912経済発 展の理論 好景気 1923ミュール 紡績工場 1927ホーソン 1923GM 社長 1939世界 恐慌 1937GM 会長兼 CEO 1938経営 者の役割 (Barnard 1938経営 者の役 1939経済 人の終わ り 1939マッキン ゼー設立 1939QC 統計法 1934経済発 展の理論 1939景気循 WWⅡ 1945引退 1946CEO 退任 1948組織 と管理 1945経営 行動:経 営とは意 1946会社 という概念 1954現代 の経営: 目的に向 1950Mana ging Director 1950PLC (Dean) 1952アメリカ 資本主義 1950経営 者のため の品質管 1956引退 1957人間 行動のモデ ル 1957多角 化戦略論 (Ansoff 機能別組 織から事 業別組織 1958日本 の経営 好景気 1963GMと ともに 1962組織 は戦略に 従う:事業 1960 4P (McCarthy ) 1960ゆたか な社会 1962資本主 義と自由 1963BCG 設立 1964かん ばん方式 男女間の安 定的マッチング 1969断絶 の時代 1965企業 戦略論:戦 略はこうつ 1966マッキン ゼー経営の 本質 1965Busi ness Policy 1967マーケ ティング・マネ ジメント 1965未来 の衝撃 1966経験 曲線:数 字と競争 1966経験 曲線:数 字と競争 1968持続 可能な成 長方程式 1969成 長・シェアマト リクス 1968何が 日本を成 長させて 1962 Diffusion of Innovations 1973オイル ショック 1974マネジ メント 1971経営 戦略の概 念 1973Cost Analysis 1970かん ばん事例 集 1974多角 化戦略と 経済効果 1973マネ ジャーの仕事 1979第2 次オイルショッ ク 1978ノーベ ル経済学 賞 1976戦略 経営論:会 社は環境 1977経営 者の時代 1976PLC 戦略 (Doyle) 1977不確実 性の時代 1978戦略 的経営の 進化:3X3 1975 5力 1978 ICA ベンチマーキン グ:プロセス 強化 1978トヨタ 生産システ ム 1978 7S 1978 7S 1975管理 者の仕事~ 伝説と実際 1980乱気 流時代の 経営 1982TOW S analysis 1980選択の 自由 1980第三 の波 1980会長 に 1981CEO 1981アドバ ンテージ・マト リクス 織畑 1980ビジネ ス・システム (VCの元) 1980競争 の戦略 (5F、3類 1981フォー ドを改革 1982エクセレ ント・カンパ ニー 1984ホンダ 効果 1984失敗 の本質 1984Towa rd a strategic 1983グラミン 銀行 1984全国研 修医マッチング 1985イノ ベーションと 企業家精 1985引退 1986CEO 1987会長 1985Kaish a 1988Mana gingDirect or 1985競争 優位の戦 略(VC) 1988レイオフ 1987経営 革命:超 優良企業 1989ベンチ マーキング 1988時間 1989ストラテ ジック・インテン ト 1986イノ ベーション~ 限界突破 1985New Business Ventures 1986Strat egic Factor 1987戦略ク ラフティング 1992引退 1990パワー シフト 1990タイム ベース競争 戦略 1990リエン ジニアリング の作業 1990 The Core Competenc 1994コアコン ピタンス経営 1990最強 組織の法 則(学習す 1990知識 創造の経 営 1991Firm resources and 1994戦略 計画~創造 的破壊の時 1992The Balanced Scorecard— 1994Cadabr a.com 1991IDEO設 立 1991IDEO 設立 1991キャズ ム Chasm 1994ビジョ ナリー・カンパ ニー 1998会長 1997引退 1996戦略 とは何 か? 1995リエン ジニアリング 革命 1999Blow n to Bits 1997優れ たビジネス プランの書 1995知識 創造型企 業 1996企業 戦略論 競 争優位の 1998戦略サ ファリ 1996The Balanced Scorecard: 1995Amazo n.com 1997 Value Innovation and Fair Process 1996Future Centre 1999Strat egic Human 1998グーグル 設立(ペイジと ブリン) 1997イノベー ションのジレンマ 2000混沌 の縁 2004徹底 力Hardball 2004価値 共創の未 来へ 2003 (5th edition) 2000創造 的破壊 断絶の時 2000 The Strategy- Focused 2004ブルーオーシャ ン戦略 2000Livin g Strategy 2002発想す る会社! 2003六次 の隔たり 2001シュミット CEO就任 2000トル ネード 2003イノベー ションへの解 2003Global Strategy and the 2001ビジョ ナリー・カンパ ニー2 2008リーマン ショック 2007引退 2007経営 の未来 2004ネクスト マーケット 2007Reso urce- Based 2006Alignme nt: Using the Balanced 2005フラット 化する世 界 2005クリエイ ティブ・クラス の世紀 2007Hot Spots 2006ノーベ ル平和賞 受賞 2006カーン・ アカデミー設 立 2008人は 意外に合 理的 2006イノベー ションの達 人! 2009デザイ ン思考が 世界を変 2005ライフサ イクルイノベー ション 2008教育× 破壊的イノ ベーション 2009Ten Rules for Strategic 2005The Four Steps to 2007Adapt ative Strategy 2005ビジョ ナリー・カンパ ニー3 2011東日 本大震災 2011良い 戦略、悪 い戦略 2012フューチャーセンター をつくろう 2011ワーク・ シフト 2012ノーベル経 済学賞受賞 2011アダプ ト思考 2011偶然 の科学 2011ペイジ CEO復帰 2011エス ケープベロシ ティ 2011イノベー ターのDNA 2012リバー ス・ストラテジー 2011リーン・ スタートアップ 2011ビジョ ナリー・カンパ ニー4
  19. 19. 1限目  内容について 1. テイラー・メイヨー・フェイヨル・ バーナード 2. ポジショニング派 3. ケイパビリティ派 4. トレードオフ  その他 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 18
  20. 20. 宿題!  学んだコトを使ってみる!  ポジショニングかケイパビリティか  トレードオフ  次回授業までに「レポート」提出のこと  200~2000文字で  面白いものには次回コメントします  『経営戦略全史』も(改めて)読んでおく © 2013 Koji Mitani All rights reserved 19

×