Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

会計勉強会

2,289 views

Published on

account study.
pdf edition

Published in: Business
  • Be the first to comment

会計勉強会

  1. 1. 会計勉強会
  2. 2. 前提条件 • 会計ソフトはソリマチの「農業簿記9」 • 「青色申告をするために記帳する」のでは無く、 「経営状況を把握するために記帳する」、とい う心がけを忘れずに。 • ちゃんと記帳しておけば、青色申告は普通に できます。
  3. 3. 事業用の財布を用意しよう • 事業用のお財布/口座を用意すると、実際残 高の把握ができるようになります。 • 帳簿残高と実際残高の差異を確認することに よって、売上/経費の抜け・間違いが無いか確 認することができます。 • 逆に事業用の財布がないと売上/経費に抜 け・間違いがあっても分かりません。 – 入力漏れが無い自信がありますか? – 入力に間違いがない自信がありますか?
  4. 4. 勘定科目 • 勘定科目は5種類あります。★がついてる売上と経費は白 色申告でも出てきますが、その他の3つは青色申告になって から意識するものです。 – 資産勘定 • 現金、預金などの「お金」がメインです • 固定資産という「モノ」も対象です • 掛け売りをしたときに売掛金とかあります。ちょっと面倒かも。 – 負債勘定 • 要するに「借金」です。 • カード支払いや掛け払いも対象です。 – 資本勘定 • いわゆる資本金。事業主が事業に充当したお金です。 – 売上勘定 ★ – 経費勘定 ★
  5. 5. 勘定科目(資産勘定) • 主要な資産勘定を記載します。 建設中にかかった金額のメモ。建設終了したら建物勘定などに振り替える建設仮勘定 説明勘定科目 ハウス(農地に建物は建てちゃダメ)。 パソコンもここでどうぞ。 工具器具部品 農地を持っているならここに土地 生活費を立て替えたと思ってください。事業のお金でパンを買った、とか事業主貸 軽トラ、普通乗用車、等の車車両運搬具 トラクタ、管理機、等の機械機械 装置 原則として屋根と壁を有する工作物。事務所、倉庫、等建物 いわゆる「モノ」。10万円以上のモノは固定資産になります。固定資産 掛け売り(売上日と入金日が一致しない場合)に利用します売掛金 銀行口座預金 現金です。お財布や金庫に入ってます。現金 いわゆる「カネ」流動資産
  6. 6. 勘定科目(負債勘定/資本勘定) • 主要な負債勘定を記載します。 説明勘定科目 事業主が事業にお金を出したときに利用します。 事業主のお金で肥料や種を買ったときにはこの科目を利用します 事業主借 1年超の借金長期借入金 固定負債 1年以内の借金短期借入金 カードや宅配便料金などに利用します。未払金 掛け仕入れの際に利用します。買掛金 流動負債 • 主要な負債勘定/資本勘定を記載します。 説明勘定科目 年度末に自動計算されて翌年に繰り越します。入力不要 翌年元入金=元入金+事業主借ー事業主貸+利益 元入金
  7. 7. 勘定科目(売上勘定) • 主要な売上勘定を記載します。 説明勘定科目 ちょっとした小さな収入。草刈りのお手伝いして1000円もらった、とか雑収入 保険金の受取(トラクタ壊れた、ハウス壊れた、とか)受取共済金 国の補助金、等奨励金 本業以外での収入です。営業外収益 自分で食べちゃった野菜の値段家事消費 他の人の畑をトラクタで耕運したときの対価、とか。作業受託収益 普通に野菜を売った金額売上高 本業の収入です。売上高
  8. 8. 勘定科目(経費勘定) • 主要な経費勘定を記載します。 ハウス修理の部品。ビニール張り替えなど修繕費 家、建物の賃借料賃借料 畑の賃借料支払地代 説明勘定科目 鍬、スコップなどの道具。支柱など数年使い回す資材もここに入れてます。農具費 堆肥、マルチ、トンネル用ビニールなど。諸材料費 電気、水道、ガソリン代、などなど。家計と一緒になっているものが多いで すが、とりあえず記帳しておいて、年度末に案分するのが良し 動力光熱費 農薬費。フェロモントラップとかも農薬です。農薬費 肥料にかかった金額。鶏糞もここに。肥料費 種や苗にかかった金額種苗費 基本的には作物を作るのにかかったお金です。生産原価
  9. 9. 勘定科目(経費勘定)その2 • 主要な経費勘定を記載します。 作物の調整以降に使う資材のお金。 ボードン、ラベル、段ボール、宅配の運賃、などなど。結構使います。 荷造運賃手数料 説明勘定科目 人を雇った場合の費用。雇人費 固定資産の減価償却費。ちゃんと登録すればソフトが自動計算してくれま す。 減価償却費 水利費や暗渠を作ったり、とか、かな土地改良水利費 作業着。靴下やパンツも入れてます。あまりにも消耗が激しい作業用衣料費 他人に畑作業をしてもらったときに支払った金額作業委託費 前ページからの続き生産原価
  10. 10. 勘定科目(経費勘定)その3 • 主要な経費勘定を記載します。 新聞代。新聞は作物を包んだりしますよ新聞図書費 共済に入っていれば。共済掛金 説明勘定科目 電話、携帯、ネット回線、サーバレンタル費、など。通信費 イベントの景品として作物提供した場合に使ってます。広告宣伝費 ボールペンやプリンタ用紙、パソコンソフトやゴミ袋、いろいろあります。事務消耗品費 ご使用は控えめに。接待交際費 勉強会の参加費とか。研修費 高速代や電車代旅費交通費 基本的に作物を売るのにかかったお金です。販管費、とも言います。販売費一般管理費
  11. 11. 勘定科目(経費勘定)その4 • 主要な経費勘定を記載します。 自動車税、固定資産税、たぶんこんなところ。租税公課 自動車保険、火災保険に入っていれば利用しましょう。損害保険料 直売所の販売手数料。 手数料を引かれて入金されてくる場合には、使わなくても良いです。 委託販売手数料 その他どこに入れて良いかわらなない少額な経費 カード年会費とかに使ってます。 雑費 農業以外の経費ですが、おそらく使わないです。営業外費用 説明勘定科目 前ページからの続き販売費一般管理費
  12. 12. 決算書(財務諸表) • 損益計算書(P/L)と貸借対照表(B/S)の2つが必要です。 • 白色申告では「損益計算書」のみ必要ですが、青色申告で は2つとも必要になります。 損益計算書 ★貸借対照表 経費 売上 利益 資産 負債 利益 資本 売上 ー 経費 = 利益資産 = 負債 + 資本 + 利益
  13. 13. 仕訳 • 決算書を作るための元ネタが「仕訳」です。 • 帳簿をつけるというのは、「仕訳を記録する」というのと同じ意味です。 • 日付、摘要、借方勘定科目・金額、貸方勘定科目・金額があります。 • 仕訳には貸借(右と左)があり、初心者が混乱する元になっていますが、ま ずは資産勘定(現預金等)を中心に考えるのが分かりやすいと思います。 • 資産勘定については、「右手で投げて、左手で受ける」と覚えてください。 – 資産が減る時は右側に、増える時は左側に書く – 次に反対側に何が入るかを考える • 借方金額と貸方金額は一致している必要があります。 2,000現金2,000肥料費鶏糞を買う1/10 貸方 金額 貸方 勘定科目 借方 金額 借方 勘定科目 摘要日付
  14. 14. 仕訳例(売上:レストラン) • 大きく4つの方法があります。どれを選ぶかは自由ですが、②を勧めたいところですが、面倒になって記帳しなくなる方が 問題なので、③か④でも良いかと思います。 • (例) – 1/10に野菜1,000円分をレストランに納品 – 1/15に野菜1,500円分をレストランに納品 – 2/5にレストランに2,500円分の請求書を渡す – 3/5にレストランから2,500円が口座に振り込まれる 2,000売上高2,000売掛金野菜売上2/10 2,500売上高2,500売掛金野菜売上2/15 1,000売上高1,000売掛金野菜売上1/10 1,500売上高1,500売掛金野菜売上1/15 2,500売掛金2,500普通預金レストランより入金3/5 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 4,500売上高4,500売掛金野菜売上(2月分)2/28 2,500売上高2,500売掛金野菜売上(1月分)1/31 2,500売掛金2,500普通預金レストランより入金3/5 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ①最も正しいやり方。実際にモノが動いた段階で仕訳を起こして、入金時に売掛金を相殺。でも面倒。売上は1月。 ②正しいやり方。1月締めで売上を確定して、1月分を一括計上する。売上は1月に立ちます。 別途売上(出荷)台帳が必要です。売上台帳はエクセルでまとまっていた方が見やすいと思いますが、納品書 の束でも問題ありません。ちなみに納品書は証憑なので、どのパターンであっても5年保管が必要です。 納品書を渡した日が気になるかもしれませんが、これは「取引」にあたらない(作物も現金も移動しない)ので関 係ありません。
  15. 15. 仕訳例(売上:レストラン) 続き 2,500売上高2,500普通預金野菜売上3/5 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ③入金があった日に売上を立てる。一番楽なやりかたです。売上は3月に立ちます。 ただし現金主義になるので、目をつけられて突っ込まれると青色申告特別控除が10万円になります。 ④ 通常は③で処理しておいて、年度をまたぐ場合のみ、②を利用する。税務上はこれも正しい。 ただし、年度をまたぐ売上の立つ月が変わってしまうので気持ち悪いかもしれません。 3,500売上高3,500普通預金レストランより入金(10月分)12/5 9,000売上高9,000売掛金野菜売上(11月、12月分)12/31 2,500売上高2,500普通預金レストランより入金(8月分)10/5 3,000売上高3,000普通預金レストランより入金(9月分)11/5 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 4,000売掛金4,000普通預金レストランより入金(11月分)1/5 5,000売掛金5,000普通預金レストランより入金(12月分)2/5 2,500売上高2,500普通預金レストランより入金(1月分)3/5 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 (翌年度仕訳)
  16. 16. 現金主義と発生主義 • 現金主義とはお金のやりとりがあったときに記帳するやり方です。 – 1/10に野菜をレストランに売った – 3/5にレストランから代金の振り込みがあった ←この時点で記帳 • 発生主義は取引が発生した時点で記帳します。 – 1/10に野菜をレストランに売った ←この時点で売上を立てて売掛金を記帳 – 2/5に請求書をレストランに渡した。 ←この時点を売上としても問題ありません – 2/5にレストランから代金の振り込みがあった ←この時点で売掛金の相殺を記帳 • 青色申告の基本は発生主義です。 • 現金主義を採用することも出来ますが、税務署に申請が必要で、本来65万円の青色申告 特別控除も10万円に下がってしまいます。 • ちなみに、税務上は1年を区切りと考えます。ですから、上記の例だと、実は、どちらでもOK です。 • ただし、12月に売って、翌年1月に代金振り込みの場合、年をまたぐので問題になってきま す。 • 貸借対照表には、「売掛金」「買掛金」が明記されていますので、これらの金額が0だと、すぐ にばれて、突っ込みが来るような気がします。 独り言・・・ • 零細な農家に対して税務署がどこまで突っ込みを入れてくるのかは未知数です。 • 記帳が面倒になって記帳をやめてしまうよりは、できるだけ手を抜いて記帳を続ける方が ずっと良い、という気がします。
  17. 17. 仕訳例(売上:直売所) • 直売所の場合には、明細書を出してくれるところと、明細書を出してくれ ないところがあるので、分けて考えましょう 10,000売上高8,000現金野菜売上 2/5 2,000委託販売手数料販売手数料 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ①(明細書が貰える場合) 1月分の売上が10000円あり、2/5に手数料2000円が差し引かれて現金8000円を受け取った。 同時に1月の売上明細書ももらった。 下記のように2行に分けて仕訳をおこして対応しましょう(現金主義) 10,000売上高10,000売掛金野菜売上1/31 10,000売掛金8,000現金入金 2/5 2,000委託販売手数料販売手数料 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 1月の売上が分かっているので、1月に売上を立てる方法もあります。こちらを使った方が、売上の計上月が 正しくなります(発生主義)。
  18. 18. 仕訳例(売上:直売所) 続き 16,000売上高16,000普通預金野菜売上2/5 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ②(明細書が貰えない場合) 2/5に手数料を除いた売上として、16000円が振り込まれた。この直売所は明細を発行してくれず、入 金額しか分からない。 仕方が無いので全額売上にしましょう。 16,000売上高16,000売掛金野菜売上1/31 16,000売掛金16,000普通預金直売所より入金2/5 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 1月の売上であることは分かっているので、1月に売上を立てた方がより正確です。 ただし、明細がない(=1月の売上を証明するものがない)ので、売上月を合わせる以上の意味はないと思います。 (この取引で、発生主義、現金主義を突っ込まれることはないと思います)
  19. 19. 仕訳例(売上:直売会) • 直売会(マルシェ等)の仕訳はそれほど難しくありません。 2,000現金2,000委託販売手数料マルシェ出店料1/10 10,000売上高10,000現金野菜売上1/10 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ①通常は出店料と売上だけでOKかと思います。委託販売手数料の代わりに支払手数料でも構いません。 200売上高200広告宣伝費マルシェ景品(ニンジン3本)1/10 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ②景品やサンプルとして野菜の提供を求められた場合には広告宣伝費を使いましょう
  20. 20. 仕訳例(売上:宅配) • 売上に違和感はありますが、①のパターンが一番楽です。 • ②、③のパターンでは、送料のずれに対応する必要があります。 ①1/10に野菜2,000円分を宅配。元払送料1,080円。送料込みで請求して、1/15に入金された。 3/5に送料が口座から引き落とされた ②正確に記帳すると、送料分の1080円をお客さんから預かったという考えで、「預り金」勘定を使うことになります。 1,080預り金送料分 2,000売掛金3,080普通預金入金 1/15 2,000売上高2,000売掛金野菜売上1/10 1,080普通預金1,080預り金送料引き落とし3/5 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 3,080売上高3,080普通預金野菜売上1/15 1,080普通預金1,080荷造運賃手数料送料引き落とし3/5 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ③入金時に売上と送料を立てる方法もあります。 2,000売上高3,080普通預金野菜売上 1/15 1,080預り金送料分 1,080普通預金1,080預り金送料引き落とし3/5 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付
  21. 21. 仕訳例(売上:宅配) 続き ⑤実は送料が800円で口座から800円しか引き落とされなかった。差額は利益にしよう。 2,000売上高2,000売掛金野菜売上1/10 3,080売掛金3,080普通預金入金 1/15 1,080預り金送料分 800普通預金1,080預り金送料引き落とし 3/5 280雑収入送料誤差 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ④実は送料が1200円で口座から1200円引き落とされた!。差額は経費として計上するしかない 2,000売上高2,000売掛金野菜売上1/10 3,080売掛金3,080普通預金入金 1/15 1,080預り金送料分 1,200普通預金1,080預り金送料引き落とし 3/5 120荷造運賃手数料送料誤差 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 • 送料を先に記帳した場合、ずれが発生する可能性があります。
  22. 22. 仕訳例(経費) 1,200現金1,200諸材料費マルチ購入1/10 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ①現金でマルチを買う ②コメリでマルチ1000円とボードン200円をまとめて買って、1200円払った。 金額の大きい方にまとめて1行にしても通常は問題ありません。 1,200現金1,200諸材料費マルチ&ボードン1/18 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ③コメリでマルチ1000円とボードン200円をまとめて買って、消費税込みで1296円払った(外税の場合)。 1,296現金1,296諸材料費マルチ&ボードン1/18 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 200荷造運賃手数料ボードン 1,296現金1,000諸材料費マルチ 1/18 96諸材料費消費税 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 レシートの明細と同じでないと気持ち悪い、というときには、分けても良いです。また、金額が大きくてあと で集計したときに違和感があるような場合は分けた方が良いです。 ただし、消費税の勘定科目は「租税公課」ではなく、マルチかボードンの勘定科目を使ってください 消費税は自動計算されますし、売上1000万以下なら免税事業者なので気にしなくてて良いです。
  23. 23. 仕訳例(経費) 450未払金450種苗費種購入1/12 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ④カードで種を買う 12,000普通預金12,000未払金カード引き落とし2/25 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ⑤カード引き落とし 894普通預金894種苗費種購入1/10 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ⑥銀行振り込みで種を買う。種代450円、送料120円、振込手数料324円 この場合、送料・振り込み手数料込みの金額を種代としてください。仕入れについては、本体価格だけでは なく、付随した費用も含めることになっています。 通帳の明細と同じにしたい場合には2行に分けて手数料を別にしましょう。どちらでもよいです。 570普通預金894種苗費種購入 1/10 324普通預金種購入(振込手数料) 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付
  24. 24. 仕訳例(経費) 10,000普通預金10,000動力光熱費電気代支払い2/5 3,000動力光熱費3,000事業主貸家事按分(電気代)12/31 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ⑦電気代を支払う(家事按分30%)。この場合とりあえず全額事業で払っておいて、年度末に按分します。 260現金260事業主貸週刊ジャンプ購入1/20 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ⑧事業のお金で生活用品を買う 4,000現金4,000租税公課軽自動車税5/10 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ⑦軽トラの税金を支払う 50,000現金10,000租税公課自宅固定資産 6/30 40,000事業主貸家事按分(自宅固定資産) 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ⑧自宅の固定資産税を払う(家事按分80%) 5,000現金5,000接待交際費農業仲間の新年会1/22 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ⑨農業仲間の新年会に参加
  25. 25. 仕訳例(その他) 3事業主借3普通預金利子2/5 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ①銀行の口座に利子がついた。 →これは、事業主借で処理してください。 20,000普通預金20,000現金現金引き出し1/20 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ②資金移動。口座から現金を引き出した 20,000普通預金20,000現金現金引き出し 1/20 216普通預金216支払手数料時間外手数料 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ③資金移動。口座から現金を引き出したら時間外手数料を取られた 20,000普通預金20,000普通預金資金移動 1/20 216普通預金216支払手数料時間外手数料 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ④資金移動。口座から別の口座に振り込んだら振り込み手数料を取られた
  26. 26. 仕訳例(その他) 続き 10,000現金10,000建設仮勘定ビニール張り手伝いお礼で飯をおごる2/15 50,000普通預金50,000建設仮勘定ハウス部品購入2/5 100,000現金100,000建設仮勘定ハウス部品購入1/10 160,000建設仮勘定160,000工具器具部品ハウス完成3/1 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ⑤ハウスの部品を買ってきて自分で組み立てる。完成は3/1。固定資産については完成したタイミングで一括 計上するので、建設中は「建設仮勘定」を使います。 100現金100事業主貸100円落とした1/10 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ⑥100円落とした。。。使い道の分からないお金は経費にならないので、事業主貸で処理しましょう。 1,000事業主借1,000現金不明金1/10 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ⑦何故か財布に1000円多い。。。ちゃんと調べましょう。売上の見落としは結構まずい。 それでも分からない場合には事業主借で処理して、残高を一致させましょう。 12,000普通預金10,000未払金カード引き落とし2/25 2,000事業主貸事業主購入分 貸方金額貸方科目借方金額借方科目摘要日付 ⑧カードの引き落としが12000円あったが、事業分は10000円だけだった。
  27. 27. 専従者給与 • 良く分かりません。税務署で聞いてください。 • 調べた範囲で気になること。 – 「青色事業専従者給与に関する届出」を税務署に提出する必要がある。 – 専従者給与は全額経費となる。 • ただし、「過大とされる部分は必要経費とはなりません」とあるので、一般常識的な上限はあるみたい。 – 専従者になった人は、配偶者控除(38万円)が適用されなくなる。 • このため、年間の給与が38万円以下(≒3万円/月程度)なら、専従者にする方が損 – 専従者給与も「給与」なので、源泉徴収をしなければいけない。 • 月給8万8,000円未満ならば、源泉徴収の必要はない。 – 恒常的に赤字なのに専従者給与を支払うことは認められないことがあるらしい。 • とはいえ、赤字なら税金は0なので、専従者給与を使った控除は意味ないけどね。 • このサイトとか役に立つかも – 青色申告の専従者給与 – http://inqup.com/family-employees-of-blue-return-taxpayer0001
  28. 28. 会計ソフト • 仕訳の基礎の勉強は終わり! • ここから会計ソフトを使って、実際に記帳していきます。
  29. 29. 会計ソフト(主要機能の確認) 初期 帳簿 日々の記帳 (仕訳入力) 管理 減価償却 資産登録 集計 管理 減価償却費 日々の作業 決算時の作業 必要に応じて 決算 家事按分 決算書作成 申告 青色申告 決算書作成 決算書 青色申告 決算書 データ次年度更新
  30. 30. 会計ソフト(初期設定) • 勘定科目設定→補助科目の追加 – 現金 • お財布と金庫の2つの補助科目を作りましょう。 • 金庫、は実際には空き缶で良い。イベントの小銭を用意しておいたり、奥さんが立て 替え払いをしたときの精算用にあると何かと便利。 – 預金 • 銀行口座ごとに補助科目を作りましょう。 – 売上 • 取引先毎に補助科目を作る。レストラン、直売所毎にコードをまとめておくと見やすい • 「その他」を忘れずに作りましょう。 – 未払金 • カード毎に補助科目を作る • 「その他」を忘れずに作りましょう。 – 売掛金 • 本当は取引先毎に補助科目を作った方がいいけど、年度末だけ対応なら補助科目 は不要だと思います。 – 買掛金 • 掛けの仕入れ先があれば補助科目を作りましょう。 – 預り金 • 送料分、源泉徴収、その他、を作っておきましょう。
  31. 31. 会計ソフト(初期設定) • 勘定科目設定→補助科目の追加(続き) – 動力光熱費 • 軽トラ、自家用車、トラクタ、電気、その他、で補助科目を作りましょう。 • あとで家事案分を設定するときにやりやすいように細分化しておくと良いです。 (軽トラは100%、自家用車は50%、とか) – 賃借料 • もしも家賃を払っているなら、「自宅」とか補助科目を作りましょう。 – 通信費 • 夫携帯、妻携帯、固定電話を作っておきましょう。 – もしも、そのほかに家事案分しそうなものがあれば、補助科目を作っておい た方がよいです。 • 勘定科目設定→期首残高入力 – 普通預金の期首残高を入力しましょう。 – 現金と未払金(カード)の期首残高も入力する必要がありますが、分からない と思うので、1月、2月の仕訳を入力したあとで、残高が一致するように計算 することになります。 – この際、同じ金額を「事業主借」に入力することが必要になります。
  32. 32. 会計ソフト(初期設定) • 勘定科目設定→家事按分 – 下記の勘定科目に「家事関連の科目である」のチェックをつける • 動力光熱費 • 通信費 • 賃貸料 • 通信費 • その他必要そうなもの • 決算→家事関連費計算表 – 表に載っている科目の「家事仕向%」を入力する
  33. 33. 会計ソフト(仕訳の入力)① • 「帳票」メニューの「簡易振替伝票入力」を利用。 • 複数行の仕訳を入力する場合は振替伝票入力を利用。 • 預金通帳の明細を打ち込もう – 明細があるから分かりやすいはず • カードの明細を打ち込もう – もちろん、明細が来る前でも、送り状を受け取った段階で打ち込んで しまってもかまいません。 • 現金の出金(領収書)を打ち込もう • 現金の入金を打ち込もう
  34. 34. 会計ソフト(仕訳の入力)② • チェックしよう!! – 「帳票」→「元帳」で、現金・預金・未払金の残高を 確認しよう! – 「集計」→「合計残高試算表」を見よう! • マイナスになっていませんか? • あまりに金額が大きいとか小さいとかイメージとずれて ませんか? – 何かおかしければ、「帳票」→「元帳」で勘定科目 毎の明細を見てチェックしよう
  35. 35. 会計ソフト(減価償却資産) • 減価償却資産の登録 – 「管理」→「減価償却資産登録」で登録 – 過去分でも構わないので、固定資産はとにかく登録する。 – ここで登録するのは「減価償却が発生するもの」 • 10万円以上で購入した「モノ」 • トラクタ、管理機などの農機具 • 自宅、ハウス、納屋、などの建物 • 「畑」、「土地」は減価償却されないので登録不要です – 貸借対照表には載せるべきなんですが、あまり問題になることもないみたいな ので、しばらくは無視していいです。 – 減価償却資産についても、家事按分を設定できるので、設定しましょう。 – 減価償却資産に関連する仕訳は年度末に会計ソフトが作ってくれるの で、わざわざ仕訳を作る必要はありません。
  36. 36. 最後に • お疲れ様でした。今日はここまでです。 • 今後は、出来るだけこまめに入力するようにしましょう。 – 現金は毎日 – 預金は毎月 – カードも毎月 • あとは決算・確定申告のための年度末処理があります。そのときにまた勉強会を しましょう。 • 主な作業は、下記の通りです。 – 次年度データ作成 ← これだけは年が明けたらすぐ実施してください。 – 売掛金・買掛金の処理 – 家事消費 – 家事按分 – 減価償却 – 仕訳チェック – 決算書作成 – 確定申告

×