Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

『経営戦略全史』を教科書に”使える”経営戦略を学ぶ 先生:三谷宏治

2,722 views

Published on

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
schoo WEB-campusは「WEBに誕生した、学校の新しいカタチ」。
WEB生放送の授業を無料で配信しています。
▼こちらから授業に参加すると、先生への質問や、ユーザーとのチャット、資料の拡大表示等が可能です。
https://schoo.jp/class/233/room
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Published in: Business
  • Be the first to comment

『経営戦略全史』を教科書に”使える”経営戦略を学ぶ 先生:三谷宏治

  1. 1. K.I.T.虎ノ門大学院 教授 三谷 宏治 © 2013 Koji Mitani All rights reserved
  2. 2. 経営戦略とは:バーナード革命1938 共通の目的 =経営戦略 外部環境に 負けぬために、 組織を システムに! 貢献意欲 コミュニ ケーション 経営に対して「戦略」という軍事用語を 用いたのは Chester Barnard が最初 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 21
  3. 3. 経営戦略論の百年戦争 B. Henderson 経験不問。 最高の頭脳求む T. Peters 日本企業の7S! US企業の エクセレンス! G. Hamel 破壊せよ! リエンジニアリング ポ あり得 ジ ない M. Porter シ 経済学PhD. ポジションが ョ G. Stalk Jr. すべてだ! ニ 時間を測れ! H. Mintzberg Time Based ン 無価値 Competition 状況次第。 手工芸品で、結局 グ すべて間違っている ケイパビリティ J. Barney ケイパビリティが すべてだ! VRIO理論 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 22
  4. 4. ポーターの『戦略とは何か』1996 ポ ジ シ ョ ニ ン グ あり得 ない 価値 無価値 あり得 ない 無価値 ケイパビリティ © 2013 Koji Mitani All rights reserved 価値 23
  5. 5. イノベーションとは何か あり得 ない 価値 無価値 価値 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 24
  6. 6. なぜイノベーションが必要か?  世界の急膨張  World GDPは70兆ドル超え。2002年からの9年で2倍以上に  BOP:次の40億人。2030年には中間層が4Bに  世界の不安定化  VIX(恐怖指数)がリーマン・ショックでは90超え  ユーロ危機など…収まらず © 2013 Koji Mitani All rights reserved 25
  7. 7. イノベーションとは? © 2013 Koji Mitani All rights reserved 26
  8. 8. イノベーションとPLC フォスターの「2重のS字曲線」 1986 真空管 成 果 イノベーションとは2重の非連続的 ・PLC/担当者 担当者の変更 投入された労力や資金 『イノベーション ~限界突破の経営戦略』 “ © 2013 Koji Mitani All rights reserved 27
  9. 9. PLCの発生原因 ロジャーズのユーザー5分類 新 規 利 用 者 数 イ ノ ベ ー タ ー ア ー リ ー ア ダ プ タ ー ア ー リ ー マ ジ ョ リ テ ィ レ イ ト マ ジ ョ リ テ ィ 1962 ラ ガ ー ド 経過時間 『イノベーションの普及( )』 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 28
  10. 10. ドイルによるPLC戦略の完成!1976 黎明期 成長期 成熟期 衰退期 売上規模 利益額 キャッシュフロー わずか 赤字 マイナス 急上昇 高水準 トントン 緩慢上昇 下降 高水準 下降 低水準か0 低水準 顧客タイプ 競合 戦略 マーケティング目標 Product Price Place Promotion イノベーター 市場拡大 認知 アーリー・アダプター~ 増加 シェア拡大 ブランド確立 マジョリティ 多数 シェア防衛 ブランド強化 ラガード 減少 生産性向上 選択的 基礎的機能 高水準 専門店 専門誌 改良 低下 量販店 マス 差別化 最低水準 量販店 マス選択的 合理化 上昇 選択的 極小 ほとんどなし “マーケティングは死んだ” 年にジョエル・ディーンが価格について提起し、 年にピーター・ドイルがまとめた。 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 29
  11. 11. イノベーションはなぜ難しいのか1 ムーアのキャズム(超えられぬ溝)1991 イ ノ ベ ー タ ー 新 規 利 用 者 数 イ ノ ベ ー タ ー ア ー リ ー ア ダ プ タ ー ア ー リ ー ア ダ プ タ ー ア ー リ ー マ ジ ョ リ テ ィ キ ャ ズ ム ア ー リ ー マ ジ ョ リ テ ィ レ イ ト マ ジ ョ リ テ ィ レ イ ト マ ジ ョ リ テ ィ ラ ガ ー ド ラ ガ ー ド 経過時間 『 』 アーリーマジョリティ攻略が難題 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 30
  12. 12. イノベーションはなぜ難しいのか2 ブランクの「顧客開拓」 新 規 利 用 者 数 イ ノ ベ ー タ ー ア ー リ ー ア ダ プ タ ー ア ー リ ー マ ジ ョ リ テ ィ レ イ ト マ ジ ョ リ テ ィ 2005 ラ ガ ー ド 経過時間 すべてをイノベーター獲得に注ぎ込め! 『 』 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 31
  13. 13. イノベーション論@経営戦略全史  イノベーションとは何か?  2重のS字、PLC、顧客の5分類  なぜ実現が難しいのか?  キャズム、顧客開拓、アントレプレナー教育  なぜ担当者の変更が起きるのか?  イノベーションのジレンマ  どうやったら担当者の変更は防げるのか?  戦略  組織・文化  人(イノベーター/起業家論) © 2013 Koji Mitani All rights reserved 32
  14. 14. 担当者の変更はなぜ起こるのか イノベーションのジレンマ1997 5' HDD 成 果 顧客志向の優良企業ほど破壊的イノベーションに敗れ去る 担当者の変更 投入された労力や資金 『イノベーションのジレンマ』 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 33
  15. 15. 担当者の変更を乗りこえるために・・・ 2005 GEのポータブル超音波診断機 1997 2012 未来の市場・顧客 を捉まえるための 小さな組織を 2003 新しい組織・企業で 自ら破壊者になろう (変身はムリ) 2011 未来の市場・顧客は今 BOPにいる40億人だ! ローカルに権限委譲せよ イノベイティブなリーダー になろう。スキル5つ 中、4つは鍛えうる © 2013 Koji Mitani All rights reserved 34
  16. 16. イノベーション論の源流 『経済発展の理論』1912 ①類型化 ・5つのタイプがあるが技術革新に依らない ②非連続性 ・イノベーションは「担当者の変更」を伴う ③金融機能の重要性 ・大きな投資が必要で景気循環に寄与 ④企業家の役割 ・起業家を含むアントレプレナーが必須 過去は繰り返さないしかし学びはある © 2013 Koji Mitani All rights reserved 35
  17. 17. 一般的戦略論とイノベーション あり得 ない 価値 無価値 価値 高速・試行錯誤経営 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 36
  18. 18. 経営とは  多様性と自由度、変化と慣性との戦い  しかも結果とプロセスは捻れる  所詮どの経営戦略論も「間違って」いる  選び、磨け!  あらゆるレベルで試行錯誤のスピードを上げよ!  MVP 突破力ある個の力が必須 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 37
  19. 19. 2限目  内容について 1. 2. 3. 4. イノベーションとは何か イノベーションとPLC 担当者の変更 経営とは  その他 © 2013 Koji Mitani All rights reserved 38
  20. 20. © 2013 Koji Mitani All rights reserved 39
  21. 21. 目的1:経営戦略論の本質を知ろう A)時代背景 B)人物 C)目的と意図 D)言葉・軸の意味 E)成果と当時の評価 F)現代・未来における価値 その目的と意図を知れ © 2013 Koji Mitani All rights reserved 40
  22. 22. 目的2:経営戦略論を俯瞰しよう  3C分析、5力分析、7S  BPR、EVA、IRR、KSF、PPM、STP、SWOT、VE  アドバンテージ・マトリクス、経験曲線、コア・コンピ タンス、コングロマリット、戦略3類型(集中など)、 事業部制、事業ポートフォリオ、シナジー、市場地 位別戦略、バリューチェーン、プロダクト・ライフ・サ イクル、ベンチマーキング、ポジショニング、マーケ ティング・ミクス、リソース・ベースト・ビュー その統合的フレームワークがB3C 出所:グロービス『MBA経営戦略』索引より © 2013 Koji Mitani All rights reserved 41
  23. 23. さて  『経営戦略全史』をちゃんと読む!  良いと思ったら拡宣する!  facebookで自慢する、twitterでつぶやく、 blogで叫ぶ  知り合い、部下、お客さんに勧める © 2013 Koji Mitani All rights reserved 42

×