Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
アート・ドキュメンテーション学会(JADS) 
第7回秋季研究発表会 
(2014年11月22日お茶の水女子大学) 
MLA連携の国際的最前線を探る: 
国際図書館連盟(IFLA)2014年 
サテライト会議(トリノ)をベースに 
【ウェブ公開...
本日の内容 
• IFLA2014年大会およびトリノ・サテライト会議 
について 
• 会議の内容について:5つのポイント 
– (1)組織面での連携 
– (2) デジタル化と(メタ)データ 
– (3) 標準の役割 
– (4) 教育・研修...
IFLA2014年大会および 
トリノ・サテライト会議について 
3 
IFLA2014年大会会場:リヨン・コ 
ンベンションセンター 
トリノ・サテライト会議会場:トリノ現代美術 
館(GAM)
IFLA2014年大会(フランス・リヨン) 
http://conference.ifla.org/past-wlic/2014/ifla80.html 
• 8月16日(土)~22日(金)開催 
– 初日は事務会合のみ、最終日は図書館見学(古...
IFLAサテライト会議 
• 分科会ごと、あるいはテーマごとに、専門的な内 
容について発表・討議 
• 2014年は大会前後に22の会議を開催 
• トリノでの会議 
– 「文化遺産機関(図書館、文書館、博物館)における、 
技術を超えた専門...
トリノ・サテライト会議の主なセッション構成 
(1日目) 
• 招待基調講演:Lynne M. Rudasill氏(IFLA専門委 
員会委員長、イリノイ大学アーバナ=シャンペー 
ン校図書館) 
• セッション1:課題と機会 
– 発表3件:...
トリノ・サテライト会議の主なセッション構成 
(2日目) 
• 全体会:N. E. Gwinn氏(米国スミソニアン協会 
図書館) 
• ポスター紹介(8件) 
• ラウンドテーブル:アイデンティティと融合のた 
めの研修・教育 
7
本サテライト会議のウェブサイト 
(発表ペーパー、プレゼンファイルの大半が公開) 
http://satelliteturin2014.wordpress.com/programme-2/ 
8
会議の内容について 
• 古賀の視点で、以下5つに分けて紹介 
– (1) 組織面での連携 
– (2) デジタル化と(メタ)データ 
– (3) 標準の役割 
– (4) 教育・研修体制 
– (5) 理論枠組みとしての研究文献 
9
組織面での連携 
10
LAMMS(Libraries, Archives, Museums, 
Monuments & Sites) 
http://www.ifla.org/lamms 
• IFLA、国際アーカイブズ評議会(ICA)、国際博物 
館会議(ICOM...
ヨーロッパでの団体等 
• イタリア:MAB(Musei Archivi Biblioteche) 
– イタリアでのMLAの連携団体 
• ICOM Italia、ANAI (Associazione Nazionale Archivisti...
デジタル化と(メタ)データ 
13
LODLAM 
(Linked Open Data for Libraries, Archives and Museums) 
http://lodlam.net/ 
• 2011年米国で活動開始 
• 隔年で国際会議を開く 
– 2013年会...
Smithsonian Digital Volunteers: 
Transcription Center 
• クラウドソーシングによる、デジタルアーカイブ 
上のメタデータの整備やテキスト翻刻作業 
– ボランティアの参加を促す 
• 専用...
標準の役割 
16
イタリアの国家標準(UNI) 
• 専門職の適格性(コンピテンシー)、技能、知 
識にかかわる標準:以下2つは2014年に公布 
– 図書館司書UNI 11535:2014 
– アーキビストUNI 11536:2014 
• 背景としてのEu...
G. Michetti氏(ローマ・ラ・サピエンツァ 
大学)によるUNIの分析 
• MLAの3領域の専門職が共通して持つべき機 
能: 
(1) 資料の管理(2) 資料の記述 
(3) 資料の保存(4) 利用者へのサービス 
(5) 情報シス...
教育・研修体制 
19
クロアチア・ザダル大学 
• Department of Information Sciences(複数形に 
注意)という部局を2011年に新設 
– http://ozk.unizd.hr/?lang=en 
– Department of...
その他のヨーロッパの事例 
• イタリアにおけるeラーニングによるMLA専門職 
向け研修プログラム 
• ヨーロッパ委員会(EC)の助成による“Digital 
Curator Vocational Education Europe” 
– ...
メタデータ・目録・タグの付与と 
ゲーミフィケーション 
• Metadata Games http://www.metadatagames.org/ 
– 米国ダートマス・カレッジのプロジェクト 
– 大英図書館もコンテンツ提供に協力 
22
理論枠組みとしての研究文献 
23
Borgman and Schement (1990) 
• 比較的早い段階で情報関連領域の融合に基 
づく研究・教育体制のモデルを示す 
– 米国UCLA、ラトガース大学の先行事例 
– ザダル大学での新部局設置に際し特に参照され 
る 
2...
Zorich, Waibel and Erway (2008) 
• OCLCの報告書 
• 下図のような「連携連続体(接触→協力→協調 
→共同→収斂(融合))」モデルが、複数の発表 
者に参照される(田窪(2010)でも言及) 
25
Duff et al. (2013) 
• これも複数の発表者に参照される 
– 先行研究の整理が有用 
• インタビュー調査(カナダとニュージーランド) 
に基づき、MLAの専門職員にとって連携の動 
機となる要素を提示 
– 調査対象:カナ...
書誌事項(1) 
• Borgman, Christine L. and Jorge R. Schement. “Information 
science and communication research,” Information Sci...
書誌事項(2) 
• Duff, Wendy M., et al. “From coexistence to 
convergence: studying partnerships and collaboration 
among librar...
おわりに 
29
発表者なりのまとめ 
• 本会議のテーマ「技術を超えた専門職アイデ 
ンティティの融合」 
• 技術の発展とその活用(LODやクラウドソーシ 
ング)を踏まえつつ、MLAそれぞれの専門職、 
あるいはそれらを結びつけうる専門職の適格 
性(コン...
ありがとうございました 
• 本発表は下記による成果の一部です。 
– 平成25・26年度科学研究費助成事業若手研究 
(B)「オープン・ガバメント時代の政府情報アクセス 
制度・政策と図書館・文書館等の役割」(課題番 
号25730191、研...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

MLA連携の国際的最前線を探る:国際図書館連盟(IFLA)2014年サテライト会議(トリノ)をベースに(古賀崇)

1,553 views

Published on

IFLA2014年リヨン大会に先立って行われた、IFLA図書館理論・研究分科会などの主催によるサテライト会議をもとに、MLA連携に関する国際的動向を紹介した。具体的内容としては、図書館・アーカイブズでの専門職の技能にかかわるイタリアでの国家標準や、クロアチアほかヨーロッパでのMLA横断的教育・研修体制などを取り上げた。

  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Be the first to like this

MLA連携の国際的最前線を探る:国際図書館連盟(IFLA)2014年サテライト会議(トリノ)をベースに(古賀崇)

  1. 1. アート・ドキュメンテーション学会(JADS) 第7回秋季研究発表会 (2014年11月22日お茶の水女子大学) MLA連携の国際的最前線を探る: 国際図書館連盟(IFLA)2014年 サテライト会議(トリノ)をベースに 【ウェブ公開版】 Seeking the frontline of collaboration of museums, libraries and archives: Based on discussions at IFLA Satellite 2014 in Turin, Italy 天理大学(人間学部総合教育研究センター) 古賀崇 Takashi KOGA (Tenri University) Email: Web: http://researchmap.jp/T_Koga_Govinfo 1
  2. 2. 本日の内容 • IFLA2014年大会およびトリノ・サテライト会議 について • 会議の内容について:5つのポイント – (1)組織面での連携 – (2) デジタル化と(メタ)データ – (3) 標準の役割 – (4) 教育・研修体制 – (5) 理論枠組みとしての研究文献 • まとめ 2
  3. 3. IFLA2014年大会および トリノ・サテライト会議について 3 IFLA2014年大会会場:リヨン・コ ンベンションセンター トリノ・サテライト会議会場:トリノ現代美術 館(GAM)
  4. 4. IFLA2014年大会(フランス・リヨン) http://conference.ifla.org/past-wlic/2014/ifla80.html • 8月16日(土)~22日(金)開催 – 初日は事務会合のみ、最終日は図書館見学(古賀は パリ郊外の国立公文書館などへ) • 館種やサービス内容ごとの分科会が中心 • 今後の大会予定 – 2015年8月:南アフリカ・ケープタウン – 2016年8月:米国コロンバス(オハイオ州) • 古賀は「政府情報」を中心に報告済・予定 – IFLAリヨン大会報告セミナー(10月4日) • http://www.slideshare.net/takashikoga5439/ifla2014 – 『図書館雑誌』2014年12月号 4
  5. 5. IFLAサテライト会議 • 分科会ごと、あるいはテーマごとに、専門的な内 容について発表・討議 • 2014年は大会前後に22の会議を開催 • トリノでの会議 – 「文化遺産機関(図書館、文書館、博物館)における、 技術を超えた専門職アイデンティティの融合に関す る理論と研究」 – 8月13日(水)・14日(木)、トリノ現代美術館(GAM)に て開催 – 主催:IFLA図書館理論・研究分科会(Library Theory and Research Section: LTR)ほか – 参加は70名程度か • アジア圏からの出席は長塚隆教授(鶴見大)と古賀のみ 5
  6. 6. トリノ・サテライト会議の主なセッション構成 (1日目) • 招待基調講演:Lynne M. Rudasill氏(IFLA専門委 員会委員長、イリノイ大学アーバナ=シャンペー ン校図書館) • セッション1:課題と機会 – 発表3件:イタリアの事例など • セッション2:理論的基盤と教育面での融合 – 発表3件:クロアチアの大学での新部局、イタリアでの e-ラーニングの事例など • セッション3:デジタル技術とアクセス – 発表3件:イタリアでの専門職の適格性(コンピテン シー)、技能、知識にかかわる標準、オープン/ビッグ データの事例など 6
  7. 7. トリノ・サテライト会議の主なセッション構成 (2日目) • 全体会:N. E. Gwinn氏(米国スミソニアン協会 図書館) • ポスター紹介(8件) • ラウンドテーブル:アイデンティティと融合のた めの研修・教育 7
  8. 8. 本サテライト会議のウェブサイト (発表ペーパー、プレゼンファイルの大半が公開) http://satelliteturin2014.wordpress.com/programme-2/ 8
  9. 9. 会議の内容について • 古賀の視点で、以下5つに分けて紹介 – (1) 組織面での連携 – (2) デジタル化と(メタ)データ – (3) 標準の役割 – (4) 教育・研修体制 – (5) 理論枠組みとしての研究文献 9
  10. 10. 組織面での連携 10
  11. 11. LAMMS(Libraries, Archives, Museums, Monuments & Sites) http://www.ifla.org/lamms • IFLA、国際アーカイブズ評議会(ICA)、国際博物 館会議(ICOM)、国際記念物遺跡会議 (ICOMOS)、視聴覚保存機関連絡協議会 (CCAAA)の連携団体 • 会議への参加は招待制 • 最近の成果:「領域横断的デジタル化活動の原 則に関する声明」 – http://www.ifla.org/publications/statement-of-principles- on-global-cross-sectoral-digitisation-initiatives? og=1916 11
  12. 12. ヨーロッパでの団体等 • イタリア:MAB(Musei Archivi Biblioteche) – イタリアでのMLAの連携団体 • ICOM Italia、ANAI (Associazione Nazionale Archivistica Italiana)、AIB (Associazione Italiana Biblioteche) – 地域ごとの支部あり – http://www.mab-italia.org/ • ドイツ:BAM(Bibliotheken, Archiven und Museen) – MLA横断ポータル – http://www.bam-portal.de/ 12
  13. 13. デジタル化と(メタ)データ 13
  14. 14. LODLAM (Linked Open Data for Libraries, Archives and Museums) http://lodlam.net/ • 2011年米国で活動開始 • 隔年で国際会議を開く – 2013年会議で、Linked Open Dataの活用にかかわる コンテストを実施 • 参加者には動画でのプレゼンテーションを求める • 最優秀賞:Pundit(ユーザによるメタデータ付与システム) http://summit2013.lodlam.net/2013/04/03/pundit/ • 優秀賞:LinkedJazz(ジャズ関係者のデータをつなげる LOD)https://linkedjazz.org/ • 優秀賞:Mis Muneos(美術館と所蔵品のLOD) http://mismuseos.net/ 14
  15. 15. Smithsonian Digital Volunteers: Transcription Center • クラウドソーシングによる、デジタルアーカイブ 上のメタデータの整備やテキスト翻刻作業 – ボランティアの参加を促す • 専用サイトは本年8月12日に公開したばかり – https://transcription.si.edu/ • 日本でも「カレントアウェアネス・ポータル」で 紹介済 – http://current.ndl.go.jp/node/26790 15
  16. 16. 標準の役割 16
  17. 17. イタリアの国家標準(UNI) • 専門職の適格性(コンピテンシー)、技能、知 識にかかわる標準:以下2つは2014年に公布 – 図書館司書UNI 11535:2014 – アーキビストUNI 11536:2014 • 背景としてのEuropean Qualification Framework (EQF) for Lifelong Learning (2008) – 生涯学習および職業訓練の観点から、欧州域内 の資格に関する共通枠組みを示す – EU加盟国に、EQFに基づく資格制度の整備を促す – 「KSC(知識、技能、コンピテンシー)モデル」を提示 17
  18. 18. G. Michetti氏(ローマ・ラ・サピエンツァ 大学)によるUNIの分析 • MLAの3領域の専門職が共通して持つべき機 能: (1) 資料の管理(2) 資料の記述 (3) 資料の保存(4) 利用者へのサービス (5) 情報システムとアプリケーションの設計・ 選定 (6) アウトリーチ(7) 研修・教育(8) 研究 (9) MLA機関の管理・運営 18
  19. 19. 教育・研修体制 19
  20. 20. クロアチア・ザダル大学 • Department of Information Sciences(複数形に 注意)という部局を2011年に新設 – http://ozk.unizd.hr/?lang=en – Department of Library and Information Science (2003年設立)を大幅に改組 – MLAをまたがる適格性(コンピテンシー)習得を意 識した学部・大学院課程を設置 • 「文化遺産のデジタル化」含め – 図書館、文書館、電子出版の3つの「トラック」を設 定 • 博物館については教員不足のため未設定 – Ann Gilliland教授(UCLA)らを客員教授として招聘 20
  21. 21. その他のヨーロッパの事例 • イタリアにおけるeラーニングによるMLA専門職 向け研修プログラム • ヨーロッパ委員会(EC)の助成による“Digital Curator Vocational Education Europe” – http://www.digcur-education.org/ • これらにゲーミフィケーションの要素を導入 (次のスライド) 21
  22. 22. メタデータ・目録・タグの付与と ゲーミフィケーション • Metadata Games http://www.metadatagames.org/ – 米国ダートマス・カレッジのプロジェクト – 大英図書館もコンテンツ提供に協力 22
  23. 23. 理論枠組みとしての研究文献 23
  24. 24. Borgman and Schement (1990) • 比較的早い段階で情報関連領域の融合に基 づく研究・教育体制のモデルを示す – 米国UCLA、ラトガース大学の先行事例 – ザダル大学での新部局設置に際し特に参照され る 24
  25. 25. Zorich, Waibel and Erway (2008) • OCLCの報告書 • 下図のような「連携連続体(接触→協力→協調 →共同→収斂(融合))」モデルが、複数の発表 者に参照される(田窪(2010)でも言及) 25
  26. 26. Duff et al. (2013) • これも複数の発表者に参照される – 先行研究の整理が有用 • インタビュー調査(カナダとニュージーランド) に基づき、MLAの専門職員にとって連携の動 機となる要素を提示 – 調査対象:カナダ建築センター、Taylor Family Digital Library(カルガリー大)、ニュージーランド国 立博物館“Te Papa”、ニュージーランド国立図書館、 ニュージーランド国立公文書館 – 動機:利用者へのよりよいサービス、研究活動の 支援、技術革新の採用、予算・運営面の効率性、 「デジタルによる代替物」の理解、コレクションの包 括的な把握 26
  27. 27. 書誌事項(1) • Borgman, Christine L. and Jorge R. Schement. “Information science and communication research,” Information Science: the Interdisciplinary Context. J. Michael Pemberton and Ann Prentice, eds. New York, Neal-Schuman, 1990, p. 42-59. • Zorich, Diane, Günter Waibel and Ricky Erway. Beyond the Silos of the LAMs: Collaboration Among Libraries, Archives and Museums. Dublin (Ohio), OCLC Programs and Research, 2008, 59p. – http://www.oclc.org/research/publications/library/2008/2008- 05.pdf – (関連)田窪直規「博物館、図書館、文書館の連携、いわ ゆるMLA連携について」『図書館・博物館・文書館の連 携』日本図書館情報学会研究委員会編, 勉誠出版, 2010, p. 1-22, 特にp. 11-12. 27
  28. 28. 書誌事項(2) • Duff, Wendy M., et al. “From coexistence to convergence: studying partnerships and collaboration among libraries, archives and museums,” Information Research. Vol. 18, No. 3, 2013. – http://www.informationr.net/ir/18-3/paper585.html 28
  29. 29. おわりに 29
  30. 30. 発表者なりのまとめ • 本会議のテーマ「技術を超えた専門職アイデ ンティティの融合」 • 技術の発展とその活用(LODやクラウドソーシ ング)を踏まえつつ、MLAそれぞれの専門職、 あるいはそれらを結びつけうる専門職の適格 性(コンピテンシー)、技能、知識をいかに定 めていくか • そこでの標準や教育・研修の役割 30
  31. 31. ありがとうございました • 本発表は下記による成果の一部です。 – 平成25・26年度科学研究費助成事業若手研究 (B)「オープン・ガバメント時代の政府情報アクセス 制度・政策と図書館・文書館等の役割」(課題番 号25730191、研究代表者:古賀崇) 31 トリノ・マダマ宮殿=市立 古典博物館→ (本会議のエクスカーショ ン会場)

×