SlideShare a Scribd company logo
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc. 1
開発メンバーを増やすときの
秩序だったプラクティス
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc.
はじめに 自己紹介
n プログラマ向けサービス「SideCI」を	
  
開発している角(スミ) です	
  
n エンジニアとしては	
  
Ruby,	
  Obj-­‐C,	
  Android	
  Javaなどが長いです	
  
2
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc. 3
極稀にブログが炎上します。	
  
Rails好きです。
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc.
今日は周りの色々な企業のエンジニアから	
  
聞いた話をメインにお話します。
4
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc. 5
エンジニア	
  
募集中?
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc. 6
学生インターン?	
  
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc. 7
求人から中途採用?	
  
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc. 8
CEOが連れてきた凄そうな人?	
  
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc.
採用!	
  
9
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc.
採用後…	
  
コーチング(してる?)	
  
ペアプロで伝えたり(してる?)	
  
   ↓	
  
OJT	
  →	
  コードレビュー	
  
…
10
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc.
	
  なんでインデント	
  
揃えてないの?
11
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc.
tmp1,	
  tmp2,	
  v1,	
  v2…	
  
コードが読みづらいんだけど…	
  
12
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc.
@gloval1,	
  @gloval2,	
  @gloval2…	
  
なんで全部gloval変数…	
  ?
13
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc.
こんな時のプラクティス!
14
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc.
がんがん教える!	
  
がんがんプルリクにコメント!
15
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc.
コードレビュー	
  →	
  指摘	
  →	
  レビュー	
  
  ↑          ↓	
  
   指摘	
  ←	
  レビュー	
  ←	
  指摘
16
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc.
自分が書く時間がない…	
  
(´・ω・`)
17
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc.
(´・ω・`)	
  
お互いつらい
(´・ω・`)
18
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc.
コードの書き方を	
  
仕様にしよう	
  
規約にしよう
19
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc.
エンジニアは	
  
仕様に従う、規約に従う	
  
(設定より規約がトレンド	
  	
  	
  	
  	
  	
  )
20
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc.
つくろう、わたしたちの仕様を	
  
Style	
  Guide	
  
コーディング規約
21
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc.
作ったらどうする?	
  
全部を覚える?	
  
22
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc. 23
C	
  I	
  
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc.
静的コードスキャナ	
  
+	
  
CI	
  
コードレビューの規約・仕様を	
  
自動的なチェックにリプレイス	
  
24
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc. 25
継続的自動コードレビュー
プラットフォーム
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc. 26
Ruby,	
  Rails,	
  PHPのコーディング規約・Style	
  Guideの	
  
静的スキャナを提供	
  
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc. 27
GitHub	
  	
  	
  	
  	
  	
  	
  Pull	
  Requestに自動コメント	
  
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc.
宣伝LT	
  
失礼しました	
  
m(_	
  _)m
28
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc. 29
https://www.sideci.com/	
  
[Confidential] © 2013 Actcat, Inc. 30
設定の所要時間は30秒,	
  利用料無料。	
  
「SideCI」という名前をググって下さい!	
  
https://www.sideci.com/	
  

More Related Content

What's hot

コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行
コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行
コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行
gree_tech
 
Riotでサーバレスにした話
Riotでサーバレスにした話Riotでサーバレスにした話
Riotでサーバレスにした話
Hiroyuki Hara
 
KITEMATIC便利そうだよ
KITEMATIC便利そうだよKITEMATIC便利そうだよ
KITEMATIC便利そうだよ
Kentaro Takasaki
 
イケてる技術で品質を担保しつつスピード感のある開発を実現する冴えたやり方
イケてる技術で品質を担保しつつスピード感のある開発を実現する冴えたやり方イケてる技術で品質を担保しつつスピード感のある開発を実現する冴えたやり方
イケてる技術で品質を担保しつつスピード感のある開発を実現する冴えたやり方
Yuta Matsumura
 
JAWS Osaka July 2014, Opsworks + Node.js
JAWS Osaka July 2014, Opsworks + Node.js JAWS Osaka July 2014, Opsworks + Node.js
JAWS Osaka July 2014, Opsworks + Node.js
Martin Heidegger
 
Node.jsアプリの開発をモダン化するために取り組んできたこと
Node.jsアプリの開発をモダン化するために取り組んできたことNode.jsアプリの開発をモダン化するために取り組んできたこと
Node.jsアプリの開発をモダン化するために取り組んできたこと
bitbank, Inc. Tokyo, Japan
 
mruby_nginx_module〜Embedded mruby into Nginx〜
mruby_nginx_module〜Embedded mruby into Nginx〜mruby_nginx_module〜Embedded mruby into Nginx〜
mruby_nginx_module〜Embedded mruby into Nginx〜
Tatsuhiko Kubo
 
Tokyo ruby kaigi 10 (sogabe)
Tokyo ruby kaigi 10 (sogabe)Tokyo ruby kaigi 10 (sogabe)
Tokyo ruby kaigi 10 (sogabe)Takashi Sogabe
 
mruby_nginx_module at pyfes 2013.11
mruby_nginx_module at pyfes 2013.11mruby_nginx_module at pyfes 2013.11
mruby_nginx_module at pyfes 2013.11Tatsuhiko Kubo
 
mruby_nginx_module
mruby_nginx_modulemruby_nginx_module
mruby_nginx_module
Tatsuhiko Kubo
 
Swaggerを利用した新規サービス開発
Swaggerを利用した新規サービス開発Swaggerを利用した新規サービス開発
Swaggerを利用した新規サービス開発
recotech
 
The Next Generation for C# Developers
The Next Generation for C# DevelopersThe Next Generation for C# Developers
The Next Generation for C# Developers
Takayoshi Tanaka
 
The History of LINQ
The History of LINQThe History of LINQ
The History of LINQ
Yoshifumi Kawai
 
React Native 入門
React Native 入門React Native 入門
React Native 入門
Seiichi Okumiya
 
React NativeでTwitterクライアントを作ってみよう
React NativeでTwitterクライアントを作ってみようReact NativeでTwitterクライアントを作ってみよう
React NativeでTwitterクライアントを作ってみよう
dcubeio
 
LightNode - Micro RPC/REST Framework
LightNode - Micro RPC/REST FrameworkLightNode - Micro RPC/REST Framework
LightNode - Micro RPC/REST Framework
Yoshifumi Kawai
 
The History of Reactive Extensions
The History of Reactive ExtensionsThe History of Reactive Extensions
The History of Reactive Extensions
Yoshifumi Kawai
 
CircleCI vs. CodePipeline
CircleCI vs. CodePipelineCircleCI vs. CodePipeline
CircleCI vs. CodePipeline
HonMarkHunt
 
Web api開発をするなら ドキュメントは自動生成にしておこう__ph_per_kaigi2021_
Web api開発をするなら ドキュメントは自動生成にしておこう__ph_per_kaigi2021_Web api開発をするなら ドキュメントは自動生成にしておこう__ph_per_kaigi2021_
Web api開発をするなら ドキュメントは自動生成にしておこう__ph_per_kaigi2021_
Akito Tsukahara
 
Node.js version16の新機能
Node.js version16の新機能Node.js version16の新機能
Node.js version16の新機能
Masaki Suzuki
 

What's hot (20)

コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行
コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行
コードの自動修正によって実現する、機能開発を止めないフレームワーク移行
 
Riotでサーバレスにした話
Riotでサーバレスにした話Riotでサーバレスにした話
Riotでサーバレスにした話
 
KITEMATIC便利そうだよ
KITEMATIC便利そうだよKITEMATIC便利そうだよ
KITEMATIC便利そうだよ
 
イケてる技術で品質を担保しつつスピード感のある開発を実現する冴えたやり方
イケてる技術で品質を担保しつつスピード感のある開発を実現する冴えたやり方イケてる技術で品質を担保しつつスピード感のある開発を実現する冴えたやり方
イケてる技術で品質を担保しつつスピード感のある開発を実現する冴えたやり方
 
JAWS Osaka July 2014, Opsworks + Node.js
JAWS Osaka July 2014, Opsworks + Node.js JAWS Osaka July 2014, Opsworks + Node.js
JAWS Osaka July 2014, Opsworks + Node.js
 
Node.jsアプリの開発をモダン化するために取り組んできたこと
Node.jsアプリの開発をモダン化するために取り組んできたことNode.jsアプリの開発をモダン化するために取り組んできたこと
Node.jsアプリの開発をモダン化するために取り組んできたこと
 
mruby_nginx_module〜Embedded mruby into Nginx〜
mruby_nginx_module〜Embedded mruby into Nginx〜mruby_nginx_module〜Embedded mruby into Nginx〜
mruby_nginx_module〜Embedded mruby into Nginx〜
 
Tokyo ruby kaigi 10 (sogabe)
Tokyo ruby kaigi 10 (sogabe)Tokyo ruby kaigi 10 (sogabe)
Tokyo ruby kaigi 10 (sogabe)
 
mruby_nginx_module at pyfes 2013.11
mruby_nginx_module at pyfes 2013.11mruby_nginx_module at pyfes 2013.11
mruby_nginx_module at pyfes 2013.11
 
mruby_nginx_module
mruby_nginx_modulemruby_nginx_module
mruby_nginx_module
 
Swaggerを利用した新規サービス開発
Swaggerを利用した新規サービス開発Swaggerを利用した新規サービス開発
Swaggerを利用した新規サービス開発
 
The Next Generation for C# Developers
The Next Generation for C# DevelopersThe Next Generation for C# Developers
The Next Generation for C# Developers
 
The History of LINQ
The History of LINQThe History of LINQ
The History of LINQ
 
React Native 入門
React Native 入門React Native 入門
React Native 入門
 
React NativeでTwitterクライアントを作ってみよう
React NativeでTwitterクライアントを作ってみようReact NativeでTwitterクライアントを作ってみよう
React NativeでTwitterクライアントを作ってみよう
 
LightNode - Micro RPC/REST Framework
LightNode - Micro RPC/REST FrameworkLightNode - Micro RPC/REST Framework
LightNode - Micro RPC/REST Framework
 
The History of Reactive Extensions
The History of Reactive ExtensionsThe History of Reactive Extensions
The History of Reactive Extensions
 
CircleCI vs. CodePipeline
CircleCI vs. CodePipelineCircleCI vs. CodePipeline
CircleCI vs. CodePipeline
 
Web api開発をするなら ドキュメントは自動生成にしておこう__ph_per_kaigi2021_
Web api開発をするなら ドキュメントは自動生成にしておこう__ph_per_kaigi2021_Web api開発をするなら ドキュメントは自動生成にしておこう__ph_per_kaigi2021_
Web api開発をするなら ドキュメントは自動生成にしておこう__ph_per_kaigi2021_
 
Node.js version16の新機能
Node.js version16の新機能Node.js version16の新機能
Node.js version16の新機能
 

Viewers also liked

[db tech showcase Tokyo 2016] D26: 複雑化したOracleの運用を考える -DBAを育てるべきか, アウトソースすべきか...
[db tech showcase Tokyo 2016] D26: 複雑化したOracleの運用を考える -DBAを育てるべきか, アウトソースすべきか...[db tech showcase Tokyo 2016] D26: 複雑化したOracleの運用を考える -DBAを育てるべきか, アウトソースすべきか...
[db tech showcase Tokyo 2016] D26: 複雑化したOracleの運用を考える -DBAを育てるべきか, アウトソースすべきか...
Insight Technology, Inc.
 
20161004 データ処理のプラットフォームとしてのpythonとpandas 東京
20161004 データ処理のプラットフォームとしてのpythonとpandas 東京20161004 データ処理のプラットフォームとしてのpythonとpandas 東京
20161004 データ処理のプラットフォームとしてのpythonとpandas 東京
Ryuji Tamagawa
 
[db tech showcase Tokyo 2016] D15: データベース フラッシュソリューション徹底解説! 安価にデータベースを高速にする方法...
[db tech showcase Tokyo 2016] D15: データベース フラッシュソリューション徹底解説! 安価にデータベースを高速にする方法...[db tech showcase Tokyo 2016] D15: データベース フラッシュソリューション徹底解説! 安価にデータベースを高速にする方法...
[db tech showcase Tokyo 2016] D15: データベース フラッシュソリューション徹底解説! 安価にデータベースを高速にする方法...
Insight Technology, Inc.
 
[db tech showcase Tokyo 2016] B24: そのデータベース 5年後大丈夫ですか ~ 本気で標準化とサービスレベルの確保を手に入...
[db tech showcase Tokyo 2016] B24: そのデータベース 5年後大丈夫ですか ~ 本気で標準化とサービスレベルの確保を手に入...[db tech showcase Tokyo 2016] B24: そのデータベース 5年後大丈夫ですか ~ 本気で標準化とサービスレベルの確保を手に入...
[db tech showcase Tokyo 2016] B24: そのデータベース 5年後大丈夫ですか ~ 本気で標準化とサービスレベルの確保を手に入...
Insight Technology, Inc.
 
[db tech showcase Tokyo 2016] A32: Oracle脳で考えるSQL Server運用 by 株式会社インサイトテクノロジー...
[db tech showcase Tokyo 2016] A32: Oracle脳で考えるSQL Server運用 by 株式会社インサイトテクノロジー...[db tech showcase Tokyo 2016] A32: Oracle脳で考えるSQL Server運用 by 株式会社インサイトテクノロジー...
[db tech showcase Tokyo 2016] A32: Oracle脳で考えるSQL Server運用 by 株式会社インサイトテクノロジー...
Insight Technology, Inc.
 
[data analytics showcase] B12: サーバー1,000台を監視するということ by 株式会社インサイトテクノロジー 小幡 一郎
[data analytics showcase] B12: サーバー1,000台を監視するということ by 株式会社インサイトテクノロジー 小幡 一郎[data analytics showcase] B12: サーバー1,000台を監視するということ by 株式会社インサイトテクノロジー 小幡 一郎
[data analytics showcase] B12: サーバー1,000台を監視するということ by 株式会社インサイトテクノロジー 小幡 一郎
Insight Technology, Inc.
 
Oracle Database Cloud と無料の純正開発ツールで開発効率を改善しよう!(db tech showcase 2016 Oracle セッ...
Oracle Database Cloud と無料の純正開発ツールで開発効率を改善しよう!(db tech showcase 2016 Oracle セッ...Oracle Database Cloud と無料の純正開発ツールで開発効率を改善しよう!(db tech showcase 2016 Oracle セッ...
Oracle Database Cloud と無料の純正開発ツールで開発効率を改善しよう!(db tech showcase 2016 Oracle セッ...
オラクルエンジニア通信
 
추석여행 호텔벤허
추석여행 호텔벤허추석여행 호텔벤허
추석여행 호텔벤허
dehryes
 
lockheed martin 2006 Annual Report
lockheed martin 2006 Annual Reportlockheed martin 2006 Annual Report
lockheed martin 2006 Annual Reportfinance6
 
Why a yorkie is right for me
Why a yorkie is right for meWhy a yorkie is right for me
Why a yorkie is right for me
gmancino
 
2015-11-24-me bios-digitale-fabriek-naar-kennisfabriek
2015-11-24-me bios-digitale-fabriek-naar-kennisfabriek2015-11-24-me bios-digitale-fabriek-naar-kennisfabriek
2015-11-24-me bios-digitale-fabriek-naar-kennisfabriek
Sirris
 
Práctica3 propiedades mecanicas_alvarogarciacamaron
Práctica3 propiedades mecanicas_alvarogarciacamaronPráctica3 propiedades mecanicas_alvarogarciacamaron
Práctica3 propiedades mecanicas_alvarogarciacamaron
Alvarogarcy
 
La sostenibiltà
La sostenibiltàLa sostenibiltà
La sostenibiltàvoltafano
 
Planificación de Educación física sexto bloque II
Planificación de  Educación física sexto bloque IIPlanificación de  Educación física sexto bloque II
Planificación de Educación física sexto bloque II
Alfredo Banda Jr.
 
EAMES CORPORATE BROCHURE
EAMES CORPORATE BROCHUREEAMES CORPORATE BROCHURE
EAMES CORPORATE BROCHURE
Matt Cvijan
 
Fundamentos do design_de_interacao (1)
Fundamentos do design_de_interacao (1)Fundamentos do design_de_interacao (1)
Fundamentos do design_de_interacao (1)
Renan Pinheiro
 
Swtt2015 lt isanuki
Swtt2015 lt isanukiSwtt2015 lt isanuki
Swtt2015 lt isanuki
Ikou Sanuki
 

Viewers also liked (20)

[db tech showcase Tokyo 2016] D26: 複雑化したOracleの運用を考える -DBAを育てるべきか, アウトソースすべきか...
[db tech showcase Tokyo 2016] D26: 複雑化したOracleの運用を考える -DBAを育てるべきか, アウトソースすべきか...[db tech showcase Tokyo 2016] D26: 複雑化したOracleの運用を考える -DBAを育てるべきか, アウトソースすべきか...
[db tech showcase Tokyo 2016] D26: 複雑化したOracleの運用を考える -DBAを育てるべきか, アウトソースすべきか...
 
20161004 データ処理のプラットフォームとしてのpythonとpandas 東京
20161004 データ処理のプラットフォームとしてのpythonとpandas 東京20161004 データ処理のプラットフォームとしてのpythonとpandas 東京
20161004 データ処理のプラットフォームとしてのpythonとpandas 東京
 
[db tech showcase Tokyo 2016] D15: データベース フラッシュソリューション徹底解説! 安価にデータベースを高速にする方法...
[db tech showcase Tokyo 2016] D15: データベース フラッシュソリューション徹底解説! 安価にデータベースを高速にする方法...[db tech showcase Tokyo 2016] D15: データベース フラッシュソリューション徹底解説! 安価にデータベースを高速にする方法...
[db tech showcase Tokyo 2016] D15: データベース フラッシュソリューション徹底解説! 安価にデータベースを高速にする方法...
 
[db tech showcase Tokyo 2016] B24: そのデータベース 5年後大丈夫ですか ~ 本気で標準化とサービスレベルの確保を手に入...
[db tech showcase Tokyo 2016] B24: そのデータベース 5年後大丈夫ですか ~ 本気で標準化とサービスレベルの確保を手に入...[db tech showcase Tokyo 2016] B24: そのデータベース 5年後大丈夫ですか ~ 本気で標準化とサービスレベルの確保を手に入...
[db tech showcase Tokyo 2016] B24: そのデータベース 5年後大丈夫ですか ~ 本気で標準化とサービスレベルの確保を手に入...
 
[db tech showcase Tokyo 2016] A32: Oracle脳で考えるSQL Server運用 by 株式会社インサイトテクノロジー...
[db tech showcase Tokyo 2016] A32: Oracle脳で考えるSQL Server運用 by 株式会社インサイトテクノロジー...[db tech showcase Tokyo 2016] A32: Oracle脳で考えるSQL Server運用 by 株式会社インサイトテクノロジー...
[db tech showcase Tokyo 2016] A32: Oracle脳で考えるSQL Server運用 by 株式会社インサイトテクノロジー...
 
[data analytics showcase] B12: サーバー1,000台を監視するということ by 株式会社インサイトテクノロジー 小幡 一郎
[data analytics showcase] B12: サーバー1,000台を監視するということ by 株式会社インサイトテクノロジー 小幡 一郎[data analytics showcase] B12: サーバー1,000台を監視するということ by 株式会社インサイトテクノロジー 小幡 一郎
[data analytics showcase] B12: サーバー1,000台を監視するということ by 株式会社インサイトテクノロジー 小幡 一郎
 
Oracle Database Cloud と無料の純正開発ツールで開発効率を改善しよう!(db tech showcase 2016 Oracle セッ...
Oracle Database Cloud と無料の純正開発ツールで開発効率を改善しよう!(db tech showcase 2016 Oracle セッ...Oracle Database Cloud と無料の純正開発ツールで開発効率を改善しよう!(db tech showcase 2016 Oracle セッ...
Oracle Database Cloud と無料の純正開発ツールで開発効率を改善しよう!(db tech showcase 2016 Oracle セッ...
 
추석여행 호텔벤허
추석여행 호텔벤허추석여행 호텔벤허
추석여행 호텔벤허
 
lockheed martin 2006 Annual Report
lockheed martin 2006 Annual Reportlockheed martin 2006 Annual Report
lockheed martin 2006 Annual Report
 
Why a yorkie is right for me
Why a yorkie is right for meWhy a yorkie is right for me
Why a yorkie is right for me
 
BAB 4 - FONOLOGI
BAB 4 - FONOLOGIBAB 4 - FONOLOGI
BAB 4 - FONOLOGI
 
2015-11-24-me bios-digitale-fabriek-naar-kennisfabriek
2015-11-24-me bios-digitale-fabriek-naar-kennisfabriek2015-11-24-me bios-digitale-fabriek-naar-kennisfabriek
2015-11-24-me bios-digitale-fabriek-naar-kennisfabriek
 
Práctica3 propiedades mecanicas_alvarogarciacamaron
Práctica3 propiedades mecanicas_alvarogarciacamaronPráctica3 propiedades mecanicas_alvarogarciacamaron
Práctica3 propiedades mecanicas_alvarogarciacamaron
 
Edit usul fiqh 2 0506
Edit usul fiqh 2 0506Edit usul fiqh 2 0506
Edit usul fiqh 2 0506
 
La sostenibiltà
La sostenibiltàLa sostenibiltà
La sostenibiltà
 
Planificación de Educación física sexto bloque II
Planificación de  Educación física sexto bloque IIPlanificación de  Educación física sexto bloque II
Planificación de Educación física sexto bloque II
 
EAMES CORPORATE BROCHURE
EAMES CORPORATE BROCHUREEAMES CORPORATE BROCHURE
EAMES CORPORATE BROCHURE
 
Job description kelompok 3
Job description kelompok  3Job description kelompok  3
Job description kelompok 3
 
Fundamentos do design_de_interacao (1)
Fundamentos do design_de_interacao (1)Fundamentos do design_de_interacao (1)
Fundamentos do design_de_interacao (1)
 
Swtt2015 lt isanuki
Swtt2015 lt isanukiSwtt2015 lt isanuki
Swtt2015 lt isanuki
 

Similar to 開発メンバーを増やすときの 秩序だったプラクティス with SideCI

Rubyでも今すぐ始められるCI How-to & Tips - SideCI TokyuRuby会議07 LT資料 #tqrk07
Rubyでも今すぐ始められるCI How-to & Tips - SideCI TokyuRuby会議07 LT資料 #tqrk07Rubyでも今すぐ始められるCI How-to & Tips - SideCI TokyuRuby会議07 LT資料 #tqrk07
Rubyでも今すぐ始められるCI How-to & Tips - SideCI TokyuRuby会議07 LT資料 #tqrk07
Koichiro Sumi
 
Spath for enterprise
Spath for enterpriseSpath for enterprise
Spath for enterprise
Koichiro Sumi
 
About SideCI
About SideCIAbout SideCI
About SideCI
Koichiro Sumi
 
CIツールのまとめとSide CI - CIツール勉強会@福岡
CIツールのまとめとSide CI - CIツール勉強会@福岡CIツールのまとめとSide CI - CIツール勉強会@福岡
CIツールのまとめとSide CI - CIツール勉強会@福岡
Koichiro Sumi
 
おすすめインフラ! for スタートアップ
おすすめインフラ! for スタートアップおすすめインフラ! for スタートアップ
おすすめインフラ! for スタートアップ
Koichiro Sumi
 
2022_08_10 SaaS.tech #5業務システム開発でデザインとフロントエンドも妥協しない話
2022_08_10 SaaS.tech #5業務システム開発でデザインとフロントエンドも妥協しない話2022_08_10 SaaS.tech #5業務システム開発でデザインとフロントエンドも妥協しない話
2022_08_10 SaaS.tech #5業務システム開発でデザインとフロントエンドも妥協しない話
Kazuki Murahama
 
アバター着せ替えアプリ開発におけるフロントエンド技術(Vue.js活用事例) #denatechcon
アバター着せ替えアプリ開発におけるフロントエンド技術(Vue.js活用事例) #denatechconアバター着せ替えアプリ開発におけるフロントエンド技術(Vue.js活用事例) #denatechcon
アバター着せ替えアプリ開発におけるフロントエンド技術(Vue.js活用事例) #denatechcon
DeNA
 
Fuel php活用事例
Fuel php活用事例Fuel php活用事例
Fuel php活用事例
Toshiyuki Maeda
 
Androidアプリ屋だけどWebフロントエンド開発にアサインされた件について
Androidアプリ屋だけどWebフロントエンド開発にアサインされた件についてAndroidアプリ屋だけどWebフロントエンド開発にアサインされた件について
Androidアプリ屋だけどWebフロントエンド開発にアサインされた件についてTakuya Kihara
 
CircleCIのArtifactを活用してレポートを作成する
CircleCIのArtifactを活用してレポートを作成するCircleCIのArtifactを活用してレポートを作成する
CircleCIのArtifactを活用してレポートを作成する
Takeo Saga
 
2014 jaws days-最強のawsに_rtc宮崎
2014 jaws days-最強のawsに_rtc宮崎2014 jaws days-最強のawsに_rtc宮崎
2014 jaws days-最強のawsに_rtc宮崎
SachieMiyazaki
 
プロトタイプとMVPの開発上のギャップの大きさ。リンスタ関ヶ原 東軍先鋒 #devlove
プロトタイプとMVPの開発上のギャップの大きさ。リンスタ関ヶ原 東軍先鋒 #devloveプロトタイプとMVPの開発上のギャップの大きさ。リンスタ関ヶ原 東軍先鋒 #devlove
プロトタイプとMVPの開発上のギャップの大きさ。リンスタ関ヶ原 東軍先鋒 #devlove
Koichiro Sumi
 
技術選択とアーキテクトの役割 (要約版)
技術選択とアーキテクトの役割 (要約版)技術選択とアーキテクトの役割 (要約版)
技術選択とアーキテクトの役割 (要約版)
Toru Yamaguchi
 
2014-04-22 Ques #4 Automation Testing of Mobage Platform
2014-04-22 Ques #4 Automation Testing of Mobage Platform2014-04-22 Ques #4 Automation Testing of Mobage Platform
2014-04-22 Ques #4 Automation Testing of Mobage PlatformMasaki Nakagawa
 
魅せるスマホ対応!?レスポンシブWebデザインセミナー
魅せるスマホ対応!?レスポンシブWebデザインセミナー魅せるスマホ対応!?レスポンシブWebデザインセミナー
魅せるスマホ対応!?レスポンシブWebデザインセミナー
ec-campus
 
第9回しゃちほこオラクル倶楽部
第9回しゃちほこオラクル倶楽部第9回しゃちほこオラクル倶楽部
第9回しゃちほこオラクル倶楽部
オラクルエンジニア通信
 
ドリコムJenkins勉強会資料
ドリコムJenkins勉強会資料ドリコムJenkins勉強会資料
ドリコムJenkins勉強会資料
Go Sueyoshi (a.k.a sue445)
 
Automation with SoftLayer and Zabbix
Automation with SoftLayer and ZabbixAutomation with SoftLayer and Zabbix
Automation with SoftLayer and Zabbix
softlayerjp
 
ITエンジニア派遣サービスご案内資料(編集用).pdf
ITエンジニア派遣サービスご案内資料(編集用).pdfITエンジニア派遣サービスご案内資料(編集用).pdf
ITエンジニア派遣サービスご案内資料(編集用).pdf
bstylevaluetechnolog
 
Swift losf
Swift losfSwift losf
Swift losf
NorioSuda
 

Similar to 開発メンバーを増やすときの 秩序だったプラクティス with SideCI (20)

Rubyでも今すぐ始められるCI How-to & Tips - SideCI TokyuRuby会議07 LT資料 #tqrk07
Rubyでも今すぐ始められるCI How-to & Tips - SideCI TokyuRuby会議07 LT資料 #tqrk07Rubyでも今すぐ始められるCI How-to & Tips - SideCI TokyuRuby会議07 LT資料 #tqrk07
Rubyでも今すぐ始められるCI How-to & Tips - SideCI TokyuRuby会議07 LT資料 #tqrk07
 
Spath for enterprise
Spath for enterpriseSpath for enterprise
Spath for enterprise
 
About SideCI
About SideCIAbout SideCI
About SideCI
 
CIツールのまとめとSide CI - CIツール勉強会@福岡
CIツールのまとめとSide CI - CIツール勉強会@福岡CIツールのまとめとSide CI - CIツール勉強会@福岡
CIツールのまとめとSide CI - CIツール勉強会@福岡
 
おすすめインフラ! for スタートアップ
おすすめインフラ! for スタートアップおすすめインフラ! for スタートアップ
おすすめインフラ! for スタートアップ
 
2022_08_10 SaaS.tech #5業務システム開発でデザインとフロントエンドも妥協しない話
2022_08_10 SaaS.tech #5業務システム開発でデザインとフロントエンドも妥協しない話2022_08_10 SaaS.tech #5業務システム開発でデザインとフロントエンドも妥協しない話
2022_08_10 SaaS.tech #5業務システム開発でデザインとフロントエンドも妥協しない話
 
アバター着せ替えアプリ開発におけるフロントエンド技術(Vue.js活用事例) #denatechcon
アバター着せ替えアプリ開発におけるフロントエンド技術(Vue.js活用事例) #denatechconアバター着せ替えアプリ開発におけるフロントエンド技術(Vue.js活用事例) #denatechcon
アバター着せ替えアプリ開発におけるフロントエンド技術(Vue.js活用事例) #denatechcon
 
Fuel php活用事例
Fuel php活用事例Fuel php活用事例
Fuel php活用事例
 
Androidアプリ屋だけどWebフロントエンド開発にアサインされた件について
Androidアプリ屋だけどWebフロントエンド開発にアサインされた件についてAndroidアプリ屋だけどWebフロントエンド開発にアサインされた件について
Androidアプリ屋だけどWebフロントエンド開発にアサインされた件について
 
CircleCIのArtifactを活用してレポートを作成する
CircleCIのArtifactを活用してレポートを作成するCircleCIのArtifactを活用してレポートを作成する
CircleCIのArtifactを活用してレポートを作成する
 
2014 jaws days-最強のawsに_rtc宮崎
2014 jaws days-最強のawsに_rtc宮崎2014 jaws days-最強のawsに_rtc宮崎
2014 jaws days-最強のawsに_rtc宮崎
 
プロトタイプとMVPの開発上のギャップの大きさ。リンスタ関ヶ原 東軍先鋒 #devlove
プロトタイプとMVPの開発上のギャップの大きさ。リンスタ関ヶ原 東軍先鋒 #devloveプロトタイプとMVPの開発上のギャップの大きさ。リンスタ関ヶ原 東軍先鋒 #devlove
プロトタイプとMVPの開発上のギャップの大きさ。リンスタ関ヶ原 東軍先鋒 #devlove
 
技術選択とアーキテクトの役割 (要約版)
技術選択とアーキテクトの役割 (要約版)技術選択とアーキテクトの役割 (要約版)
技術選択とアーキテクトの役割 (要約版)
 
2014-04-22 Ques #4 Automation Testing of Mobage Platform
2014-04-22 Ques #4 Automation Testing of Mobage Platform2014-04-22 Ques #4 Automation Testing of Mobage Platform
2014-04-22 Ques #4 Automation Testing of Mobage Platform
 
魅せるスマホ対応!?レスポンシブWebデザインセミナー
魅せるスマホ対応!?レスポンシブWebデザインセミナー魅せるスマホ対応!?レスポンシブWebデザインセミナー
魅せるスマホ対応!?レスポンシブWebデザインセミナー
 
第9回しゃちほこオラクル倶楽部
第9回しゃちほこオラクル倶楽部第9回しゃちほこオラクル倶楽部
第9回しゃちほこオラクル倶楽部
 
ドリコムJenkins勉強会資料
ドリコムJenkins勉強会資料ドリコムJenkins勉強会資料
ドリコムJenkins勉強会資料
 
Automation with SoftLayer and Zabbix
Automation with SoftLayer and ZabbixAutomation with SoftLayer and Zabbix
Automation with SoftLayer and Zabbix
 
ITエンジニア派遣サービスご案内資料(編集用).pdf
ITエンジニア派遣サービスご案内資料(編集用).pdfITエンジニア派遣サービスご案内資料(編集用).pdf
ITエンジニア派遣サービスご案内資料(編集用).pdf
 
Swift losf
Swift losfSwift losf
Swift losf
 

More from Koichiro Sumi

Siderご紹介スライド@第2回 GitHub Enterprise ユーザ会
Siderご紹介スライド@第2回 GitHub Enterprise ユーザ会Siderご紹介スライド@第2回 GitHub Enterprise ユーザ会
Siderご紹介スライド@第2回 GitHub Enterprise ユーザ会
Koichiro Sumi
 
エンジニアが作りたいものを本気で作るための起業という選択肢。レビュー支援サービスSiderの着想から現在、未来 | Rails developers me...
エンジニアが作りたいものを本気で作るための起業という選択肢。レビュー支援サービスSiderの着想から現在、未来 | Rails developers me...エンジニアが作りたいものを本気で作るための起業という選択肢。レビュー支援サービスSiderの着想から現在、未来 | Rails developers me...
エンジニアが作りたいものを本気で作るための起業という選択肢。レビュー支援サービスSiderの着想から現在、未来 | Rails developers me...
Koichiro Sumi
 
rablについてざっくりだけ調べてみた #shinjukurb 新宿rb 41th
rablについてざっくりだけ調べてみた #shinjukurb 新宿rb 41thrablについてざっくりだけ調べてみた #shinjukurb 新宿rb 41th
rablについてざっくりだけ調べてみた #shinjukurb 新宿rb 41th
Koichiro Sumi
 
管理画面の作り方ディスカス 新宿.rb 36th #shinjukurb
管理画面の作り方ディスカス 新宿.rb 36th #shinjukurb管理画面の作り方ディスカス 新宿.rb 36th #shinjukurb
管理画面の作り方ディスカス 新宿.rb 36th #shinjukurb
Koichiro Sumi
 
ベトナムのホーチミン・ハノイ・ ダナンを1週間見て回った話
ベトナムのホーチミン・ハノイ・ダナンを1週間見て回った話ベトナムのホーチミン・ハノイ・ダナンを1週間見て回った話
ベトナムのホーチミン・ハノイ・ ダナンを1週間見て回った話
Koichiro Sumi
 
PHPMD, PHP_CodeSniffer x SideCIによる継続的コードチェック
PHPMD, PHP_CodeSniffer x SideCIによる継続的コードチェックPHPMD, PHP_CodeSniffer x SideCIによる継続的コードチェック
PHPMD, PHP_CodeSniffer x SideCIによる継続的コードチェック
Koichiro Sumi
 
API通信周りの継続的なテストの仕組み~SideCIでの実践~
API通信周りの継続的なテストの仕組み~SideCIでの実践~API通信周りの継続的なテストの仕組み~SideCIでの実践~
API通信周りの継続的なテストの仕組み~SideCIでの実践~
Koichiro Sumi
 
Git plus something / Git+何かで更にGitを使いこなす
Git plus something / Git+何かで更にGitを使いこなすGit plus something / Git+何かで更にGitを使いこなす
Git plus something / Git+何かで更にGitを使いこなす
Koichiro Sumi
 
ただのSEが初めてArduinoで遊んでみたw(今更 : 品モノラボ #9
ただのSEが初めてArduinoで遊んでみたw(今更 : 品モノラボ #9ただのSEが初めてArduinoで遊んでみたw(今更 : 品モノラボ #9
ただのSEが初めてArduinoで遊んでみたw(今更 : 品モノラボ #9
Koichiro Sumi
 
スタートアップの開発体制、流れ POPULAR PATTERN
スタートアップの開発体制、流れ POPULAR PATTERNスタートアップの開発体制、流れ POPULAR PATTERN
スタートアップの開発体制、流れ POPULAR PATTERN
Koichiro Sumi
 
どうやらテスト駆動型開発は死んだようです。これからのCI
どうやらテスト駆動型開発は死んだようです。これからのCIどうやらテスト駆動型開発は死んだようです。これからのCI
どうやらテスト駆動型開発は死んだようです。これからのCI
Koichiro Sumi
 
CIを取り入れ始めて超楽になったこと
CIを取り入れ始めて超楽になったことCIを取り入れ始めて超楽になったこと
CIを取り入れ始めて超楽になったこと
Koichiro Sumi
 
スタートアップの開発体制、流れのBASIC PATTERN
スタートアップの開発体制、流れのBASIC PATTERNスタートアップの開発体制、流れのBASIC PATTERN
スタートアップの開発体制、流れのBASIC PATTERN
Koichiro Sumi
 
Spath Workshop | 世の中をより良くするアイデアを形に出来るようになる会議 β版 20130420
Spath Workshop | 世の中をより良くするアイデアを形に出来るようになる会議 β版 20130420Spath Workshop | 世の中をより良くするアイデアを形に出来るようになる会議 β版 20130420
Spath Workshop | 世の中をより良くするアイデアを形に出来るようになる会議 β版 20130420
Koichiro Sumi
 
スタートアップ向け!1人日でできるサービスの高速化方法と成果
スタートアップ向け!1人日でできるサービスの高速化方法と成果スタートアップ向け!1人日でできるサービスの高速化方法と成果
スタートアップ向け!1人日でできるサービスの高速化方法と成果
Koichiro Sumi
 
スマートアップ スマートフォンサービス マーケティング手法 〜避けよう!弊社の失敗談編〜
スマートアップ スマートフォンサービス マーケティング手法 〜避けよう!弊社の失敗談編〜スマートアップ スマートフォンサービス マーケティング手法 〜避けよう!弊社の失敗談編〜
スマートアップ スマートフォンサービス マーケティング手法 〜避けよう!弊社の失敗談編〜
Koichiro Sumi
 
iOSアプリの広告による収益化 ~各アドネットワークの傾向、SmAddによる収益最大化~
iOSアプリの広告による収益化 ~各アドネットワークの傾向、SmAddによる収益最大化~iOSアプリの広告による収益化 ~各アドネットワークの傾向、SmAddによる収益最大化~
iOSアプリの広告による収益化 ~各アドネットワークの傾向、SmAddによる収益最大化~
Koichiro Sumi
 
Smadd概要資料
Smadd概要資料Smadd概要資料
Smadd概要資料
Koichiro Sumi
 

More from Koichiro Sumi (18)

Siderご紹介スライド@第2回 GitHub Enterprise ユーザ会
Siderご紹介スライド@第2回 GitHub Enterprise ユーザ会Siderご紹介スライド@第2回 GitHub Enterprise ユーザ会
Siderご紹介スライド@第2回 GitHub Enterprise ユーザ会
 
エンジニアが作りたいものを本気で作るための起業という選択肢。レビュー支援サービスSiderの着想から現在、未来 | Rails developers me...
エンジニアが作りたいものを本気で作るための起業という選択肢。レビュー支援サービスSiderの着想から現在、未来 | Rails developers me...エンジニアが作りたいものを本気で作るための起業という選択肢。レビュー支援サービスSiderの着想から現在、未来 | Rails developers me...
エンジニアが作りたいものを本気で作るための起業という選択肢。レビュー支援サービスSiderの着想から現在、未来 | Rails developers me...
 
rablについてざっくりだけ調べてみた #shinjukurb 新宿rb 41th
rablについてざっくりだけ調べてみた #shinjukurb 新宿rb 41thrablについてざっくりだけ調べてみた #shinjukurb 新宿rb 41th
rablについてざっくりだけ調べてみた #shinjukurb 新宿rb 41th
 
管理画面の作り方ディスカス 新宿.rb 36th #shinjukurb
管理画面の作り方ディスカス 新宿.rb 36th #shinjukurb管理画面の作り方ディスカス 新宿.rb 36th #shinjukurb
管理画面の作り方ディスカス 新宿.rb 36th #shinjukurb
 
ベトナムのホーチミン・ハノイ・ ダナンを1週間見て回った話
ベトナムのホーチミン・ハノイ・ダナンを1週間見て回った話ベトナムのホーチミン・ハノイ・ダナンを1週間見て回った話
ベトナムのホーチミン・ハノイ・ ダナンを1週間見て回った話
 
PHPMD, PHP_CodeSniffer x SideCIによる継続的コードチェック
PHPMD, PHP_CodeSniffer x SideCIによる継続的コードチェックPHPMD, PHP_CodeSniffer x SideCIによる継続的コードチェック
PHPMD, PHP_CodeSniffer x SideCIによる継続的コードチェック
 
API通信周りの継続的なテストの仕組み~SideCIでの実践~
API通信周りの継続的なテストの仕組み~SideCIでの実践~API通信周りの継続的なテストの仕組み~SideCIでの実践~
API通信周りの継続的なテストの仕組み~SideCIでの実践~
 
Git plus something / Git+何かで更にGitを使いこなす
Git plus something / Git+何かで更にGitを使いこなすGit plus something / Git+何かで更にGitを使いこなす
Git plus something / Git+何かで更にGitを使いこなす
 
ただのSEが初めてArduinoで遊んでみたw(今更 : 品モノラボ #9
ただのSEが初めてArduinoで遊んでみたw(今更 : 品モノラボ #9ただのSEが初めてArduinoで遊んでみたw(今更 : 品モノラボ #9
ただのSEが初めてArduinoで遊んでみたw(今更 : 品モノラボ #9
 
スタートアップの開発体制、流れ POPULAR PATTERN
スタートアップの開発体制、流れ POPULAR PATTERNスタートアップの開発体制、流れ POPULAR PATTERN
スタートアップの開発体制、流れ POPULAR PATTERN
 
どうやらテスト駆動型開発は死んだようです。これからのCI
どうやらテスト駆動型開発は死んだようです。これからのCIどうやらテスト駆動型開発は死んだようです。これからのCI
どうやらテスト駆動型開発は死んだようです。これからのCI
 
CIを取り入れ始めて超楽になったこと
CIを取り入れ始めて超楽になったことCIを取り入れ始めて超楽になったこと
CIを取り入れ始めて超楽になったこと
 
スタートアップの開発体制、流れのBASIC PATTERN
スタートアップの開発体制、流れのBASIC PATTERNスタートアップの開発体制、流れのBASIC PATTERN
スタートアップの開発体制、流れのBASIC PATTERN
 
Spath Workshop | 世の中をより良くするアイデアを形に出来るようになる会議 β版 20130420
Spath Workshop | 世の中をより良くするアイデアを形に出来るようになる会議 β版 20130420Spath Workshop | 世の中をより良くするアイデアを形に出来るようになる会議 β版 20130420
Spath Workshop | 世の中をより良くするアイデアを形に出来るようになる会議 β版 20130420
 
スタートアップ向け!1人日でできるサービスの高速化方法と成果
スタートアップ向け!1人日でできるサービスの高速化方法と成果スタートアップ向け!1人日でできるサービスの高速化方法と成果
スタートアップ向け!1人日でできるサービスの高速化方法と成果
 
スマートアップ スマートフォンサービス マーケティング手法 〜避けよう!弊社の失敗談編〜
スマートアップ スマートフォンサービス マーケティング手法 〜避けよう!弊社の失敗談編〜スマートアップ スマートフォンサービス マーケティング手法 〜避けよう!弊社の失敗談編〜
スマートアップ スマートフォンサービス マーケティング手法 〜避けよう!弊社の失敗談編〜
 
iOSアプリの広告による収益化 ~各アドネットワークの傾向、SmAddによる収益最大化~
iOSアプリの広告による収益化 ~各アドネットワークの傾向、SmAddによる収益最大化~iOSアプリの広告による収益化 ~各アドネットワークの傾向、SmAddによる収益最大化~
iOSアプリの広告による収益化 ~各アドネットワークの傾向、SmAddによる収益最大化~
 
Smadd概要資料
Smadd概要資料Smadd概要資料
Smadd概要資料
 

Recently uploaded

論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
Toru Tamaki
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
Yuki Miyazaki
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
sugiuralab
 
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language ModelsGenerating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
harmonylab
 
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
osamut
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
azuma satoshi
 
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
嶋 是一 (Yoshikazu SHIMA)
 
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
tazaki1
 
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
Osaka University
 

Recently uploaded (9)

論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
 
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language ModelsGenerating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
 
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
 
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
 
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
 
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
 

開発メンバーを増やすときの 秩序だったプラクティス with SideCI