SlideShare a Scribd company logo
10分でざっくり理解する
ユーザーストーリーマッピング




              アギレルゴコンサルティング株式会社
              アジャイルコーチ 川口 恭伸
          1
かわぐち やすのぶ

       川口 恭伸
    twitter: @kawaguti




2
全面広告




       アギレルゴ
    コンサルティング
        株式会社


      アギレルゴ
3
全面広告


2012年1月10日(火)∼16日(月)

 認定スクラムプロダクトオーナー研修 (大阪)
 認定スクラムマスター研修 (東京)
 アジャイル実践者研修 : Scrum Fine Tuning (東京)

 充実の日本人コーチ陣がサポートします!
         ジム・コプリエン
 吉羽龍太郎 西村直人 Coplien
                  角谷信太郎
         James O.
  原田騎郎 和智右桂 川口恭伸
http://jp.agilergo.com/       アギレルゴ
                          4
EMZero vol.5

    アジャイルUX
       特別号



    アジャイルUX
5
EnterpriseZine

    アジャイルUX
       の潮流



    アジャイルUX
6
アジャイルUCD研究会




            agileucdja
        7
10分でざっくり理解する
ユーザーストーリーマッピング




              アギレルゴコンサルティング株式会社
              アジャイルコーチ 川口 恭伸
          8
ユーザーストーリー

                XPコミュニティで普及
  ○○として
                ワークショップ形式で
   △△をしたい       機能を洗い出す
  その結果、         インデックスカードに
                記録して並べ替える

   シナリオを詳細に記述する手間を省く
    関係者の記憶の中には詳細なストーリー
    が存在している前提。

            9
3つの観点
Card
 計画時に使用する、ストーリーの説明文書。
 記憶を助ける道具としても利用する。

Conversation
 ストーリーの詳細を具体化するための
 会話を行う。

Confirmation
 詳細を表すテスト(試験方法)。
 ストーリーの完了条件として用いる。

               10   Mike Cohn User Stories Applied
よいストーリーの条件

Independent (独立している)                        ○○として
                                           △△をしたい
                                           その結果 ....

Negotiable (交渉可能)                           ○○として       ○○として       ○○として
                                           △△をしたい      △△をしたい      △△をしたい

Valuable (価値がある)                           その結果 ....   その結果 ....   その結果 ..



 for users or customers                     ○○として
                                           △△をしたい
                                                        ○○として
                                                       △△をしたい
                                                                    ○○として
                                                                   △△をしたい
                                           その結果 ....   その結果 ....   その結果 ..

Estimatable (見積り可能)                         ○○として       ○○として       ○○として
                                           △△をしたい      △△をしたい      △△をしたい

Small (小さい)                                その結果 ....   その結果 ....   その結果 ..


                                            ○○として       ○○として

Testable (試験可能)                            △△をしたい
                                           その結果 ....
                                                       △△をしたい
                                                       その結果 ....


                                            ○○として
                                           △△をしたい
                                           その結果 ....


          Mike Cohn User Stories Applied

                          11
プロダクトバックログ
スクラムで利用する要件リスト                                             順序付け
                                                      ○○として

プロダクトに必要なものが                                         △△をしたい
                                                            2
                                                     その結果 ....

すべて順序付きで一覧に
                                         プロダクト        ○○として

なったものであり、                                バックログ
                                          アイテム
                                                     △△をしたい
                                                            3
                                                     その結果 ....

プロダクトの変更要求の                              (よくユーザー
                                         ストーリーを使う)    ○○として

唯一の情報源である。                                           △△をしたい
                                                            2
                                                     その結果 ....



1 番上の項目から開発を開始する                                      ○○として


                                                            5
                                                     △△をしたい
                                                     その結果 ....


動的であり、適切で競争力のある                                       ○○として


                                                            2
                                                     △△をしたい
有用なプロダクトに必要なもの                                       その結果 ....


を求めて、絶えず変化する。                                         ○○として


                                                            1
                                                     △△をしたい
                                                     その結果 ....

             スクラムガイド (2011)
      http://www.scrum.org/scrumguides           規模見積り
                              12
エクスペリエンス vs 構築順序

 エクスペリエンス
   ○○として       ○○として       ○○として            ○○として
  △△をしたい      △△をしたい      △△をしたい           △△をしたい
  その結果 ....   その結果 ....   その結果 ....        その結果 ....


  ユーザーとして体験する順番                                         構築
  (ワークフロー)                                                    ○○として
                                                             △△をしたい
                                                             その結果 ....




                                                  変換          ○○として
                                                             △△をしたい
                                                             その結果 ....



                                                              ○○として
                                                             △△をしたい
                                                             その結果 ....

     プロダクトオーナー                                   開発チームとして     ○○として

                                                  取りかかる順番    △△をしたい
                                                             その結果 ....
                                              (プロダクトバックログ)


                                      13
ユーザーストーリーマッピング

Jeff Patton が開発した

 製品の設計
 ユーザーワークフロー
 リリース計画
を一度に見える化する手法




                        Jeff Patton
                        http://www.agileproductdesign.com/


                   14
マップの構成


         ワークフロー     アクティビティ



                     リリース
            サブタスク
ユーザ
(ペルソナ)               タスク


              15
協調プロダクトデザイン

1. 製品が提供する
   ユーザーワークフローの見える化

2. チーム全員がメンテナンスできる

3. 詳細を書ききるのではなく、
 全体像を合意する


     要件定義 + 開発計画
              16
Passionate Product Design プロセス


   調査      探索         構築


        スプリント0        スプリント1     スプリント2




      デザインプロセス        開発プロセス
                 17
デザインプロセス
ユーザー分析



                                      製品設計
              プロダクト探索
プラグマティック ソナ
        ペル


              協調ワークショップ

                                       ユーザ ストーリーマッピング
                                          ー

  ジ ニ
   ャー ーマップ              「ゲームストーミング―会議、チーム、
                         プロジェクトを成功へと導く87のゲーム」



                   18
開発プロセス

製品設計
                 構築計画
                              作業計画
                   ○○として
                  △△をしたい
                         2
                  その結果 ....
                                          ToDo    WIP Done
                               ○○として


                                     2
                   ○○として      △△をしたい


                         3
                  △△をしたい      その結果 ....

ユーザーストーリーマッピング    その結果 ....


                   ○○として       ○○として


                         2           3
                  △△をしたい      △△をしたい
                  その結果 ....   その結果 ....


                   ○○として


                         5
                  △△をしたい
                  その結果 ....
                              スプリントバックログ(タスクボード)
                 プロダクト
                 バックログ          塹壕より Scrum と XP

                       19                   スクラムガイド
プロダクトの成功要件
使用する組織にとって
有益である                                                   有益であるためには

                                                        対価に値する
                 使用可能                                   魅力があり、
          価値がある
    BA          魅力がある
                valuable          usable & attractive
                                                        使用に耐える
                                                        ものである
                                                UX
価値があり、使用可能な上で、
                       実現可能
実現可能、かつ、                   feasible
コスト効率がよい
                                  Dev
         (C) 2009-2011 Jeff Patton, www.AgileProductDesign.com/product_owner
                                 20                       日本語訳: 川口恭伸
ご清聴ありがとうございました。




            agileucdja
           21

More Related Content

What's hot

「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回
「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回
「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回
Yoshiki Hayama
 
[#pmconf2020] 自己流から一流プロダクトマネージャーになるために学ぶべきこと
[#pmconf2020] 自己流から一流プロダクトマネージャーになるために学ぶべきこと[#pmconf2020] 自己流から一流プロダクトマネージャーになるために学ぶべきこと
[#pmconf2020] 自己流から一流プロダクトマネージャーになるために学ぶべきこと
kumiko koshiro
 
プロダクトの強い軸を作るプロダクトマネジメントフレームワーク
プロダクトの強い軸を作るプロダクトマネジメントフレームワークプロダクトの強い軸を作るプロダクトマネジメントフレームワーク
プロダクトの強い軸を作るプロダクトマネジメントフレームワーク
kumiko koshiro
 
振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)
振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)
振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)
Keisuke Tameyasu
 
新規事業が対峙する現実からエンジニアリングを俯瞰する #devsumiB #devsumi
新規事業が対峙する現実からエンジニアリングを俯瞰する #devsumiB #devsumi新規事業が対峙する現実からエンジニアリングを俯瞰する #devsumiB #devsumi
新規事業が対峙する現実からエンジニアリングを俯瞰する #devsumiB #devsumi
Itsuki Kuroda
 
拝啓、プロダクトオーナー様。
拝啓、プロダクトオーナー様。拝啓、プロダクトオーナー様。
拝啓、プロダクトオーナー様。
toshihiro ichitani
 
誰も教えてくれないペルソナのひみつ 〜ペルソナの上手な使いかた〜
誰も教えてくれないペルソナのひみつ 〜ペルソナの上手な使いかた〜誰も教えてくれないペルソナのひみつ 〜ペルソナの上手な使いかた〜
誰も教えてくれないペルソナのひみつ 〜ペルソナの上手な使いかた〜
Yoshiki Hayama
 
われわれはなぜアジャイルに向かうのか
われわれはなぜアジャイルに向かうのかわれわれはなぜアジャイルに向かうのか
われわれはなぜアジャイルに向かうのか
toshihiro ichitani
 
「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ
「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ
「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ
Yoshiki Hayama
 
大企業アジャイルの勘所(ver1.1) #アジャイルマネジメントセミナー
大企業アジャイルの勘所(ver1.1) #アジャイルマネジメントセミナー大企業アジャイルの勘所(ver1.1) #アジャイルマネジメントセミナー
大企業アジャイルの勘所(ver1.1) #アジャイルマネジメントセミナー
Itsuki Kuroda
 
UXデザインのはじめの一歩を体験しよう! 〜ユーザーインタビュー、ユーザー心理分析の基本〜
UXデザインのはじめの一歩を体験しよう! 〜ユーザーインタビュー、ユーザー心理分析の基本〜UXデザインのはじめの一歩を体験しよう! 〜ユーザーインタビュー、ユーザー心理分析の基本〜
UXデザインのはじめの一歩を体験しよう! 〜ユーザーインタビュー、ユーザー心理分析の基本〜
Yoshiki Hayama
 
UX、デザイン思考、リーンスタートアップのためのオブザベーション(観察)入門:2014年7月5日 UXD/HCD ワイワイCAFE
UX、デザイン思考、リーンスタートアップのためのオブザベーション(観察)入門:2014年7月5日 UXD/HCD ワイワイCAFEUX、デザイン思考、リーンスタートアップのためのオブザベーション(観察)入門:2014年7月5日 UXD/HCD ワイワイCAFE
UX、デザイン思考、リーンスタートアップのためのオブザベーション(観察)入門:2014年7月5日 UXD/HCD ワイワイCAFE
Yoshiki Hayama
 
Connecting The Dots - 長期のキャリアビジョンなくてもUXデザイナー20年やれた
Connecting The Dots - 長期のキャリアビジョンなくてもUXデザイナー20年やれたConnecting The Dots - 長期のキャリアビジョンなくてもUXデザイナー20年やれた
Connecting The Dots - 長期のキャリアビジョンなくてもUXデザイナー20年やれた
Yoshiki Hayama
 
“UXデザイン”のキモ『ユーザーインタビュー』の具体的テクニックを詳解!| UXデザイン基礎セミナー 第2回
“UXデザイン”のキモ『ユーザーインタビュー』の具体的テクニックを詳解!| UXデザイン基礎セミナー 第2回“UXデザイン”のキモ『ユーザーインタビュー』の具体的テクニックを詳解!| UXデザイン基礎セミナー 第2回
“UXデザイン”のキモ『ユーザーインタビュー』の具体的テクニックを詳解!| UXデザイン基礎セミナー 第2回
Yoshiki Hayama
 
あなたの手元の本よりいい方法がある! UXデザインのプロはこうやってユーザーのインサイトを確実に見つける
あなたの手元の本よりいい方法がある! UXデザインのプロはこうやってユーザーのインサイトを確実に見つけるあなたの手元の本よりいい方法がある! UXデザインのプロはこうやってユーザーのインサイトを確実に見つける
あなたの手元の本よりいい方法がある! UXデザインのプロはこうやってユーザーのインサイトを確実に見つける
Yoshiki Hayama
 
「ウチの事業部の商品をWebサイト・アプリで目立たせて!」私だけじゃなかった! 社内政治と落としどころの見つけ方
「ウチの事業部の商品をWebサイト・アプリで目立たせて!」私だけじゃなかった! 社内政治と落としどころの見つけ方「ウチの事業部の商品をWebサイト・アプリで目立たせて!」私だけじゃなかった! 社内政治と落としどころの見つけ方
「ウチの事業部の商品をWebサイト・アプリで目立たせて!」私だけじゃなかった! 社内政治と落としどころの見つけ方
Yoshiki Hayama
 
ぼくと人間中心設計の七年間戦争
ぼくと人間中心設計の七年間戦争ぼくと人間中心設計の七年間戦争
ぼくと人間中心設計の七年間戦争
Kazumichi (Mario) Sakata
 
社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について45分拡大版 #devsumi #devsumiB
社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について45分拡大版 #devsumi #devsumiB社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について45分拡大版 #devsumi #devsumiB
社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について45分拡大版 #devsumi #devsumiB
Itsuki Kuroda
 
価値探索 -仮説検証の実践-
価値探索 -仮説検証の実践-価値探索 -仮説検証の実践-
価値探索 -仮説検証の実践-
toshihiro ichitani
 
UXデザインに学ぶ、ターゲット心理の分析テクニック:2014年6月21日 リンクシェア フェア 2014
UXデザインに学ぶ、ターゲット心理の分析テクニック:2014年6月21日 リンクシェア フェア 2014UXデザインに学ぶ、ターゲット心理の分析テクニック:2014年6月21日 リンクシェア フェア 2014
UXデザインに学ぶ、ターゲット心理の分析テクニック:2014年6月21日 リンクシェア フェア 2014
Yoshiki Hayama
 

What's hot (20)

「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回
「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回
「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回
 
[#pmconf2020] 自己流から一流プロダクトマネージャーになるために学ぶべきこと
[#pmconf2020] 自己流から一流プロダクトマネージャーになるために学ぶべきこと[#pmconf2020] 自己流から一流プロダクトマネージャーになるために学ぶべきこと
[#pmconf2020] 自己流から一流プロダクトマネージャーになるために学ぶべきこと
 
プロダクトの強い軸を作るプロダクトマネジメントフレームワーク
プロダクトの強い軸を作るプロダクトマネジメントフレームワークプロダクトの強い軸を作るプロダクトマネジメントフレームワーク
プロダクトの強い軸を作るプロダクトマネジメントフレームワーク
 
振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)
振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)
振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)
 
新規事業が対峙する現実からエンジニアリングを俯瞰する #devsumiB #devsumi
新規事業が対峙する現実からエンジニアリングを俯瞰する #devsumiB #devsumi新規事業が対峙する現実からエンジニアリングを俯瞰する #devsumiB #devsumi
新規事業が対峙する現実からエンジニアリングを俯瞰する #devsumiB #devsumi
 
拝啓、プロダクトオーナー様。
拝啓、プロダクトオーナー様。拝啓、プロダクトオーナー様。
拝啓、プロダクトオーナー様。
 
誰も教えてくれないペルソナのひみつ 〜ペルソナの上手な使いかた〜
誰も教えてくれないペルソナのひみつ 〜ペルソナの上手な使いかた〜誰も教えてくれないペルソナのひみつ 〜ペルソナの上手な使いかた〜
誰も教えてくれないペルソナのひみつ 〜ペルソナの上手な使いかた〜
 
われわれはなぜアジャイルに向かうのか
われわれはなぜアジャイルに向かうのかわれわれはなぜアジャイルに向かうのか
われわれはなぜアジャイルに向かうのか
 
「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ
「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ
「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ
 
大企業アジャイルの勘所(ver1.1) #アジャイルマネジメントセミナー
大企業アジャイルの勘所(ver1.1) #アジャイルマネジメントセミナー大企業アジャイルの勘所(ver1.1) #アジャイルマネジメントセミナー
大企業アジャイルの勘所(ver1.1) #アジャイルマネジメントセミナー
 
UXデザインのはじめの一歩を体験しよう! 〜ユーザーインタビュー、ユーザー心理分析の基本〜
UXデザインのはじめの一歩を体験しよう! 〜ユーザーインタビュー、ユーザー心理分析の基本〜UXデザインのはじめの一歩を体験しよう! 〜ユーザーインタビュー、ユーザー心理分析の基本〜
UXデザインのはじめの一歩を体験しよう! 〜ユーザーインタビュー、ユーザー心理分析の基本〜
 
UX、デザイン思考、リーンスタートアップのためのオブザベーション(観察)入門:2014年7月5日 UXD/HCD ワイワイCAFE
UX、デザイン思考、リーンスタートアップのためのオブザベーション(観察)入門:2014年7月5日 UXD/HCD ワイワイCAFEUX、デザイン思考、リーンスタートアップのためのオブザベーション(観察)入門:2014年7月5日 UXD/HCD ワイワイCAFE
UX、デザイン思考、リーンスタートアップのためのオブザベーション(観察)入門:2014年7月5日 UXD/HCD ワイワイCAFE
 
Connecting The Dots - 長期のキャリアビジョンなくてもUXデザイナー20年やれた
Connecting The Dots - 長期のキャリアビジョンなくてもUXデザイナー20年やれたConnecting The Dots - 長期のキャリアビジョンなくてもUXデザイナー20年やれた
Connecting The Dots - 長期のキャリアビジョンなくてもUXデザイナー20年やれた
 
“UXデザイン”のキモ『ユーザーインタビュー』の具体的テクニックを詳解!| UXデザイン基礎セミナー 第2回
“UXデザイン”のキモ『ユーザーインタビュー』の具体的テクニックを詳解!| UXデザイン基礎セミナー 第2回“UXデザイン”のキモ『ユーザーインタビュー』の具体的テクニックを詳解!| UXデザイン基礎セミナー 第2回
“UXデザイン”のキモ『ユーザーインタビュー』の具体的テクニックを詳解!| UXデザイン基礎セミナー 第2回
 
あなたの手元の本よりいい方法がある! UXデザインのプロはこうやってユーザーのインサイトを確実に見つける
あなたの手元の本よりいい方法がある! UXデザインのプロはこうやってユーザーのインサイトを確実に見つけるあなたの手元の本よりいい方法がある! UXデザインのプロはこうやってユーザーのインサイトを確実に見つける
あなたの手元の本よりいい方法がある! UXデザインのプロはこうやってユーザーのインサイトを確実に見つける
 
「ウチの事業部の商品をWebサイト・アプリで目立たせて!」私だけじゃなかった! 社内政治と落としどころの見つけ方
「ウチの事業部の商品をWebサイト・アプリで目立たせて!」私だけじゃなかった! 社内政治と落としどころの見つけ方「ウチの事業部の商品をWebサイト・アプリで目立たせて!」私だけじゃなかった! 社内政治と落としどころの見つけ方
「ウチの事業部の商品をWebサイト・アプリで目立たせて!」私だけじゃなかった! 社内政治と落としどころの見つけ方
 
ぼくと人間中心設計の七年間戦争
ぼくと人間中心設計の七年間戦争ぼくと人間中心設計の七年間戦争
ぼくと人間中心設計の七年間戦争
 
社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について45分拡大版 #devsumi #devsumiB
社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について45分拡大版 #devsumi #devsumiB社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について45分拡大版 #devsumi #devsumiB
社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について45分拡大版 #devsumi #devsumiB
 
価値探索 -仮説検証の実践-
価値探索 -仮説検証の実践-価値探索 -仮説検証の実践-
価値探索 -仮説検証の実践-
 
UXデザインに学ぶ、ターゲット心理の分析テクニック:2014年6月21日 リンクシェア フェア 2014
UXデザインに学ぶ、ターゲット心理の分析テクニック:2014年6月21日 リンクシェア フェア 2014UXデザインに学ぶ、ターゲット心理の分析テクニック:2014年6月21日 リンクシェア フェア 2014
UXデザインに学ぶ、ターゲット心理の分析テクニック:2014年6月21日 リンクシェア フェア 2014
 

Viewers also liked

ストーリーテリングと ユーザ理解(World IA Day 2012)
ストーリーテリングと ユーザ理解(World IA Day 2012)ストーリーテリングと ユーザ理解(World IA Day 2012)
ストーリーテリングと ユーザ理解(World IA Day 2012)
UX Tokyo
 
HCD-net ワークショップ「ユーザーエクスペリエンスデザインのためのストーリーテリング」 part2 ストーリーを集める
HCD-net ワークショップ「ユーザーエクスペリエンスデザインのためのストーリーテリング」 part2 ストーリーを集めるHCD-net ワークショップ「ユーザーエクスペリエンスデザインのためのストーリーテリング」 part2 ストーリーを集める
HCD-net ワークショップ「ユーザーエクスペリエンスデザインのためのストーリーテリング」 part2 ストーリーを集める
ux_tokyo
 
20120725 SukuSuku Scrum
20120725 SukuSuku Scrum20120725 SukuSuku Scrum
20120725 SukuSuku Scrum
Yosuke Matsuura
 
[POMeetup5th] ユーザー・ストーリー・マップでプロダクトを語る
[POMeetup5th] ユーザー・ストーリー・マップでプロダクトを語る[POMeetup5th] ユーザー・ストーリー・マップでプロダクトを語る
[POMeetup5th] ユーザー・ストーリー・マップでプロダクトを語る
Yuichiro Yamamoto
 
スクラムナイト7 ユーザーストーリーマッピングやで、知らんけど(公開用抜粋)
スクラムナイト7 ユーザーストーリーマッピングやで、知らんけど(公開用抜粋)スクラムナイト7 ユーザーストーリーマッピングやで、知らんけど(公開用抜粋)
スクラムナイト7 ユーザーストーリーマッピングやで、知らんけど(公開用抜粋)
Yuichiro Yamamoto
 
『ユーザーストーリーマッピング ~前編~』第2回 POStudy 〜プロダクトオーナーシップ勉強会〜
『ユーザーストーリーマッピング ~前編~』第2回 POStudy 〜プロダクトオーナーシップ勉強会〜『ユーザーストーリーマッピング ~前編~』第2回 POStudy 〜プロダクトオーナーシップ勉強会〜
『ユーザーストーリーマッピング ~前編~』第2回 POStudy 〜プロダクトオーナーシップ勉強会〜
満徳 関
 
すくすくスクラム広島とは
すくすくスクラム広島とはすくすくスクラム広島とは
すくすくスクラム広島とは
稔 川口
 
Forces in Japanese Organizations
Forces in Japanese OrganizationsForces in Japanese Organizations
Forces in Japanese Organizations
Yasunobu Kawaguchi
 
オブラブ冬合宿以降にやったことのふりかえり
オブラブ冬合宿以降にやったことのふりかえりオブラブ冬合宿以降にやったことのふりかえり
オブラブ冬合宿以降にやったことのふりかえり
Yasunobu Kawaguchi
 
AgileUCDja website preparation
AgileUCDja website preparationAgileUCDja website preparation
AgileUCDja website preparation
Yasunobu Kawaguchi
 
Real Piratesin Blue Ocean
Real Piratesin Blue OceanReal Piratesin Blue Ocean
Real Piratesin Blue Ocean
Yasunobu Kawaguchi
 
XP matsuri 2009 Workshop
XP matsuri 2009 WorkshopXP matsuri 2009 Workshop
XP matsuri 2009 Workshop
Yasunobu Kawaguchi
 
20101016 scrum in 5mins
20101016 scrum in 5mins20101016 scrum in 5mins
20101016 scrum in 5mins
Yasunobu Kawaguchi
 
20100323 Scrum5mins
20100323 Scrum5mins20100323 Scrum5mins
20100323 Scrum5mins
Yasunobu Kawaguchi
 
20100405 agile ucd
20100405 agile ucd 20100405 agile ucd
20100405 agile ucd
Yasunobu Kawaguchi
 
Shibuya,trac セッション
Shibuya,trac セッションShibuya,trac セッション
Shibuya,trac セッション
Yasunobu Kawaguchi
 
Scrum at metacon2010
Scrum at metacon2010Scrum at metacon2010
Scrum at metacon2010
Yasunobu Kawaguchi
 

Viewers also liked (20)

ストーリーテリングと ユーザ理解(World IA Day 2012)
ストーリーテリングと ユーザ理解(World IA Day 2012)ストーリーテリングと ユーザ理解(World IA Day 2012)
ストーリーテリングと ユーザ理解(World IA Day 2012)
 
HCD-net ワークショップ「ユーザーエクスペリエンスデザインのためのストーリーテリング」 part2 ストーリーを集める
HCD-net ワークショップ「ユーザーエクスペリエンスデザインのためのストーリーテリング」 part2 ストーリーを集めるHCD-net ワークショップ「ユーザーエクスペリエンスデザインのためのストーリーテリング」 part2 ストーリーを集める
HCD-net ワークショップ「ユーザーエクスペリエンスデザインのためのストーリーテリング」 part2 ストーリーを集める
 
20120725 SukuSuku Scrum
20120725 SukuSuku Scrum20120725 SukuSuku Scrum
20120725 SukuSuku Scrum
 
[POMeetup5th] ユーザー・ストーリー・マップでプロダクトを語る
[POMeetup5th] ユーザー・ストーリー・マップでプロダクトを語る[POMeetup5th] ユーザー・ストーリー・マップでプロダクトを語る
[POMeetup5th] ユーザー・ストーリー・マップでプロダクトを語る
 
スクラムナイト7 ユーザーストーリーマッピングやで、知らんけど(公開用抜粋)
スクラムナイト7 ユーザーストーリーマッピングやで、知らんけど(公開用抜粋)スクラムナイト7 ユーザーストーリーマッピングやで、知らんけど(公開用抜粋)
スクラムナイト7 ユーザーストーリーマッピングやで、知らんけど(公開用抜粋)
 
『ユーザーストーリーマッピング ~前編~』第2回 POStudy 〜プロダクトオーナーシップ勉強会〜
『ユーザーストーリーマッピング ~前編~』第2回 POStudy 〜プロダクトオーナーシップ勉強会〜『ユーザーストーリーマッピング ~前編~』第2回 POStudy 〜プロダクトオーナーシップ勉強会〜
『ユーザーストーリーマッピング ~前編~』第2回 POStudy 〜プロダクトオーナーシップ勉強会〜
 
Oblove Bonenkai2009 beta 1
Oblove Bonenkai2009 beta 1Oblove Bonenkai2009 beta 1
Oblove Bonenkai2009 beta 1
 
すくすくスクラム広島とは
すくすくスクラム広島とはすくすくスクラム広島とは
すくすくスクラム広島とは
 
Forces in Japanese Organizations
Forces in Japanese OrganizationsForces in Japanese Organizations
Forces in Japanese Organizations
 
オブラブ冬合宿以降にやったことのふりかえり
オブラブ冬合宿以降にやったことのふりかえりオブラブ冬合宿以降にやったことのふりかえり
オブラブ冬合宿以降にやったことのふりかえり
 
AgileUCDja website preparation
AgileUCDja website preparationAgileUCDja website preparation
AgileUCDja website preparation
 
Oblove Bonenkai2009
Oblove Bonenkai2009Oblove Bonenkai2009
Oblove Bonenkai2009
 
Real Piratesin Blue Ocean
Real Piratesin Blue OceanReal Piratesin Blue Ocean
Real Piratesin Blue Ocean
 
XP matsuri 2009 Workshop
XP matsuri 2009 WorkshopXP matsuri 2009 Workshop
XP matsuri 2009 Workshop
 
20101016 scrum in 5mins
20101016 scrum in 5mins20101016 scrum in 5mins
20101016 scrum in 5mins
 
20100323 Scrum5mins
20100323 Scrum5mins20100323 Scrum5mins
20100323 Scrum5mins
 
20100405 agile ucd
20100405 agile ucd 20100405 agile ucd
20100405 agile ucd
 
Shibuya,trac セッション
Shibuya,trac セッションShibuya,trac セッション
Shibuya,trac セッション
 
Scrum at metacon2010
Scrum at metacon2010Scrum at metacon2010
Scrum at metacon2010
 
Metacon2011 proposal
Metacon2011 proposalMetacon2011 proposal
Metacon2011 proposal
 

More from Yasunobu Kawaguchi

Agile india - fun! done! learn!
Agile india - fun! done! learn!Agile india - fun! done! learn!
Agile india - fun! done! learn!
Yasunobu Kawaguchi
 
Agile and DevOps
Agile and DevOpsAgile and DevOps
Agile and DevOps
Yasunobu Kawaguchi
 
実感駆動のITマネジメント
実感駆動のITマネジメント実感駆動のITマネジメント
実感駆動のITマネジメント
Yasunobu Kawaguchi
 
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
Yasunobu Kawaguchi
 
UX - 業務システムにも感動を
UX - 業務システムにも感動をUX - 業務システムにも感動を
UX - 業務システムにも感動を
Yasunobu Kawaguchi
 
AgileUXライブ 〜 発見とイノベーションのPDCA 〜
AgileUXライブ 〜 発見とイノベーションのPDCA 〜AgileUXライブ 〜 発見とイノベーションのPDCA 〜
AgileUXライブ 〜 発見とイノベーションのPDCA 〜
Yasunobu Kawaguchi
 
20110118 scrum 10 mins
20110118 scrum 10 mins20110118 scrum 10 mins
20110118 scrum 10 mins
Yasunobu Kawaguchi
 
Thoughts of Selfish and Trust
Thoughts of Selfish and TrustThoughts of Selfish and Trust
Thoughts of Selfish and Trust
Yasunobu Kawaguchi
 
20101001 shibutra trac_and_scrum
20101001 shibutra trac_and_scrum20101001 shibutra trac_and_scrum
20101001 shibutra trac_and_scrum
Yasunobu Kawaguchi
 
20100930 dev love energizedwork lightning talk
20100930 dev love energizedwork lightning talk20100930 dev love energizedwork lightning talk
20100930 dev love energizedwork lightning talk
Yasunobu Kawaguchi
 
20100707 tanabata trac
20100707 tanabata trac20100707 tanabata trac
20100707 tanabata trac
Yasunobu Kawaguchi
 
20100323 Agile Ucd
20100323 Agile Ucd20100323 Agile Ucd
20100323 Agile Ucd
Yasunobu Kawaguchi
 
スクラムのロールの日本語化を考える
スクラムのロールの日本語化を考えるスクラムのロールの日本語化を考える
スクラムのロールの日本語化を考える
Yasunobu Kawaguchi
 
20100226 Trac And Scrum in OSC 2010 Tokyo/Spring
20100226 Trac And Scrum in OSC 2010 Tokyo/Spring20100226 Trac And Scrum in OSC 2010 Tokyo/Spring
20100226 Trac And Scrum in OSC 2010 Tokyo/Spring
Yasunobu Kawaguchi
 
XP matsuri Agile 2009 Report
XP matsuri Agile 2009 ReportXP matsuri Agile 2009 Report
XP matsuri Agile 2009 Report
Yasunobu Kawaguchi
 

More from Yasunobu Kawaguchi (16)

Agile india - fun! done! learn!
Agile india - fun! done! learn!Agile india - fun! done! learn!
Agile india - fun! done! learn!
 
Agile and DevOps
Agile and DevOpsAgile and DevOps
Agile and DevOps
 
実感駆動のITマネジメント
実感駆動のITマネジメント実感駆動のITマネジメント
実感駆動のITマネジメント
 
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
 
UX - 業務システムにも感動を
UX - 業務システムにも感動をUX - 業務システムにも感動を
UX - 業務システムにも感動を
 
AgileUXライブ 〜 発見とイノベーションのPDCA 〜
AgileUXライブ 〜 発見とイノベーションのPDCA 〜AgileUXライブ 〜 発見とイノベーションのPDCA 〜
AgileUXライブ 〜 発見とイノベーションのPDCA 〜
 
Metacon2011 inspr
Metacon2011 insprMetacon2011 inspr
Metacon2011 inspr
 
20110118 scrum 10 mins
20110118 scrum 10 mins20110118 scrum 10 mins
20110118 scrum 10 mins
 
Thoughts of Selfish and Trust
Thoughts of Selfish and TrustThoughts of Selfish and Trust
Thoughts of Selfish and Trust
 
20101001 shibutra trac_and_scrum
20101001 shibutra trac_and_scrum20101001 shibutra trac_and_scrum
20101001 shibutra trac_and_scrum
 
20100930 dev love energizedwork lightning talk
20100930 dev love energizedwork lightning talk20100930 dev love energizedwork lightning talk
20100930 dev love energizedwork lightning talk
 
20100707 tanabata trac
20100707 tanabata trac20100707 tanabata trac
20100707 tanabata trac
 
20100323 Agile Ucd
20100323 Agile Ucd20100323 Agile Ucd
20100323 Agile Ucd
 
スクラムのロールの日本語化を考える
スクラムのロールの日本語化を考えるスクラムのロールの日本語化を考える
スクラムのロールの日本語化を考える
 
20100226 Trac And Scrum in OSC 2010 Tokyo/Spring
20100226 Trac And Scrum in OSC 2010 Tokyo/Spring20100226 Trac And Scrum in OSC 2010 Tokyo/Spring
20100226 Trac And Scrum in OSC 2010 Tokyo/Spring
 
XP matsuri Agile 2009 Report
XP matsuri Agile 2009 ReportXP matsuri Agile 2009 Report
XP matsuri Agile 2009 Report
 

Recently uploaded

会社概要説明資料 株式会社プラス 東京都品川区西五反田 ITエンジニア システムエンジニア
会社概要説明資料 株式会社プラス 東京都品川区西五反田 ITエンジニア システムエンジニア会社概要説明資料 株式会社プラス 東京都品川区西五反田 ITエンジニア システムエンジニア
会社概要説明資料 株式会社プラス 東京都品川区西五反田 ITエンジニア システムエンジニア
plusgeneral21
 
株式会社VISIONARY JAPANのエンジニアチーム採用ピッチ資料になります
株式会社VISIONARY JAPANのエンジニアチーム採用ピッチ資料になります株式会社VISIONARY JAPANのエンジニアチーム採用ピッチ資料になります
株式会社VISIONARY JAPANのエンジニアチーム採用ピッチ資料になります
recruit9
 
TOKYO-PRIME_MediaSheet_202410-202503_240625.pdf
TOKYO-PRIME_MediaSheet_202410-202503_240625.pdfTOKYO-PRIME_MediaSheet_202410-202503_240625.pdf
TOKYO-PRIME_MediaSheet_202410-202503_240625.pdf
kanzaki5
 
信頼できる情報とAIで、 事業のお悩みを スピーディに解決! スピーダのご提案資料です
信頼できる情報とAIで、 事業のお悩みを スピーディに解決! スピーダのご提案資料です信頼できる情報とAIで、 事業のお悩みを スピーディに解決! スピーダのご提案資料です
信頼できる情報とAIで、 事業のお悩みを スピーディに解決! スピーダのご提案資料です
zhijiepan2
 
株式会社VISIONARY JAPAN_エンジニアチーム 採用ピッチ資料(ver2.1).pdf
株式会社VISIONARY JAPAN_エンジニアチーム 採用ピッチ資料(ver2.1).pdf株式会社VISIONARY JAPAN_エンジニアチーム 採用ピッチ資料(ver2.1).pdf
株式会社VISIONARY JAPAN_エンジニアチーム 採用ピッチ資料(ver2.1).pdf
recruit9
 
空調特化 節電・省エネシステム「Ai-Glies」のご案内_株式会社NLNジャパン
空調特化 節電・省エネシステム「Ai-Glies」のご案内_株式会社NLNジャパン空調特化 節電・省エネシステム「Ai-Glies」のご案内_株式会社NLNジャパン
空調特化 節電・省エネシステム「Ai-Glies」のご案内_株式会社NLNジャパン
tamagawahiroshi
 
20240706_Service Design Exercise_Visual Report_vol.5.pdf
20240706_Service Design Exercise_Visual Report_vol.5.pdf20240706_Service Design Exercise_Visual Report_vol.5.pdf
20240706_Service Design Exercise_Visual Report_vol.5.pdf
jun_suto
 
一歩踏み出す力!複業起業コミュニティと共に描く未来(2024年6月24日).pdf
一歩踏み出す力!複業起業コミュニティと共に描く未来(2024年6月24日).pdf一歩踏み出す力!複業起業コミュニティと共に描く未来(2024年6月24日).pdf
一歩踏み出す力!複業起業コミュニティと共に描く未来(2024年6月24日).pdf
FukudaMasami
 
ツキイチAsana勉強会第7回「ルーティン業務をうまくやる」2024年6月25日
ツキイチAsana勉強会第7回「ルーティン業務をうまくやる」2024年6月25日ツキイチAsana勉強会第7回「ルーティン業務をうまくやる」2024年6月25日
ツキイチAsana勉強会第7回「ルーティン業務をうまくやる」2024年6月25日
Masa Hagiwara
 
テストテストテストテストテストテストテストテストテスト20240709_ポーターズ様採用資料.pdf
テストテストテストテストテストテストテストテストテスト20240709_ポーターズ様採用資料.pdfテストテストテストテストテストテストテストテストテスト20240709_ポーターズ様採用資料.pdf
テストテストテストテストテストテストテストテストテスト20240709_ポーターズ様採用資料.pdf
sumi944993
 
ダイナミックプラス株式会社会社説明採用説明資料Company Deck202400708.pdf
ダイナミックプラス株式会社会社説明採用説明資料Company Deck202400708.pdfダイナミックプラス株式会社会社説明採用説明資料Company Deck202400708.pdf
ダイナミックプラス株式会社会社説明採用説明資料Company Deck202400708.pdf
Ryota Hoshino
 
「AI解析」×「プロによる個別トレーニング」で 売れるセールスを早期に立ち上げる
「AI解析」×「プロによる個別トレーニング」で 売れるセールスを早期に立ち上げる「AI解析」×「プロによる個別トレーニング」で 売れるセールスを早期に立ち上げる
「AI解析」×「プロによる個別トレーニング」で 売れるセールスを早期に立ち上げる
aikanishi
 
共有_企業様向けご提案資料_大手企業開拓ならSaleshub.pdfSaleshub
共有_企業様向けご提案資料_大手企業開拓ならSaleshub.pdfSaleshub共有_企業様向けご提案資料_大手企業開拓ならSaleshub.pdfSaleshub
共有_企業様向けご提案資料_大手企業開拓ならSaleshub.pdfSaleshub
株式会社Saleshub
 
ChatGPTとスライドをブラッシュアップする方法について解説します!!.pdf
ChatGPTとスライドをブラッシュアップする方法について解説します!!.pdfChatGPTとスライドをブラッシュアップする方法について解説します!!.pdf
ChatGPTとスライドをブラッシュアップする方法について解説します!!.pdf
Haru
 
BoyScouts how to use slack(To make slack usefull)
BoyScouts how to use slack(To make slack usefull)BoyScouts how to use slack(To make slack usefull)
BoyScouts how to use slack(To make slack usefull)
takuseifu
 
にっぽんの宝物 JAPANグランプリ 2023-2024 当日冊子______
にっぽんの宝物 JAPANグランプリ 2023-2024 当日冊子______にっぽんの宝物 JAPANグランプリ 2023-2024 当日冊子______
にっぽんの宝物 JAPANグランプリ 2023-2024 当日冊子______
Undiscovered Gems of Japan
 

Recently uploaded (18)

会社概要説明資料 株式会社プラス 東京都品川区西五反田 ITエンジニア システムエンジニア
会社概要説明資料 株式会社プラス 東京都品川区西五反田 ITエンジニア システムエンジニア会社概要説明資料 株式会社プラス 東京都品川区西五反田 ITエンジニア システムエンジニア
会社概要説明資料 株式会社プラス 東京都品川区西五反田 ITエンジニア システムエンジニア
 
株式会社VISIONARY JAPANのエンジニアチーム採用ピッチ資料になります
株式会社VISIONARY JAPANのエンジニアチーム採用ピッチ資料になります株式会社VISIONARY JAPANのエンジニアチーム採用ピッチ資料になります
株式会社VISIONARY JAPANのエンジニアチーム採用ピッチ資料になります
 
0000000000fusou_silver_siori20240701.pdf
0000000000fusou_silver_siori20240701.pdf0000000000fusou_silver_siori20240701.pdf
0000000000fusou_silver_siori20240701.pdf
 
TOKYO-PRIME_MediaSheet_202410-202503_240625.pdf
TOKYO-PRIME_MediaSheet_202410-202503_240625.pdfTOKYO-PRIME_MediaSheet_202410-202503_240625.pdf
TOKYO-PRIME_MediaSheet_202410-202503_240625.pdf
 
信頼できる情報とAIで、 事業のお悩みを スピーディに解決! スピーダのご提案資料です
信頼できる情報とAIで、 事業のお悩みを スピーディに解決! スピーダのご提案資料です信頼できる情報とAIで、 事業のお悩みを スピーディに解決! スピーダのご提案資料です
信頼できる情報とAIで、 事業のお悩みを スピーディに解決! スピーダのご提案資料です
 
株式会社VISIONARY JAPAN_エンジニアチーム 採用ピッチ資料(ver2.1).pdf
株式会社VISIONARY JAPAN_エンジニアチーム 採用ピッチ資料(ver2.1).pdf株式会社VISIONARY JAPAN_エンジニアチーム 採用ピッチ資料(ver2.1).pdf
株式会社VISIONARY JAPAN_エンジニアチーム 採用ピッチ資料(ver2.1).pdf
 
空調特化 節電・省エネシステム「Ai-Glies」のご案内_株式会社NLNジャパン
空調特化 節電・省エネシステム「Ai-Glies」のご案内_株式会社NLNジャパン空調特化 節電・省エネシステム「Ai-Glies」のご案内_株式会社NLNジャパン
空調特化 節電・省エネシステム「Ai-Glies」のご案内_株式会社NLNジャパン
 
20240706_Service Design Exercise_Visual Report_vol.5.pdf
20240706_Service Design Exercise_Visual Report_vol.5.pdf20240706_Service Design Exercise_Visual Report_vol.5.pdf
20240706_Service Design Exercise_Visual Report_vol.5.pdf
 
一歩踏み出す力!複業起業コミュニティと共に描く未来(2024年6月24日).pdf
一歩踏み出す力!複業起業コミュニティと共に描く未来(2024年6月24日).pdf一歩踏み出す力!複業起業コミュニティと共に描く未来(2024年6月24日).pdf
一歩踏み出す力!複業起業コミュニティと共に描く未来(2024年6月24日).pdf
 
ツキイチAsana勉強会第7回「ルーティン業務をうまくやる」2024年6月25日
ツキイチAsana勉強会第7回「ルーティン業務をうまくやる」2024年6月25日ツキイチAsana勉強会第7回「ルーティン業務をうまくやる」2024年6月25日
ツキイチAsana勉強会第7回「ルーティン業務をうまくやる」2024年6月25日
 
テストテストテストテストテストテストテストテストテスト20240709_ポーターズ様採用資料.pdf
テストテストテストテストテストテストテストテストテスト20240709_ポーターズ様採用資料.pdfテストテストテストテストテストテストテストテストテスト20240709_ポーターズ様採用資料.pdf
テストテストテストテストテストテストテストテストテスト20240709_ポーターズ様採用資料.pdf
 
ダイナミックプラス株式会社会社説明採用説明資料Company Deck202400708.pdf
ダイナミックプラス株式会社会社説明採用説明資料Company Deck202400708.pdfダイナミックプラス株式会社会社説明採用説明資料Company Deck202400708.pdf
ダイナミックプラス株式会社会社説明採用説明資料Company Deck202400708.pdf
 
「AI解析」×「プロによる個別トレーニング」で 売れるセールスを早期に立ち上げる
「AI解析」×「プロによる個別トレーニング」で 売れるセールスを早期に立ち上げる「AI解析」×「プロによる個別トレーニング」で 売れるセールスを早期に立ち上げる
「AI解析」×「プロによる個別トレーニング」で 売れるセールスを早期に立ち上げる
 
siori2407090000000000000000000000000.pdf
siori2407090000000000000000000000000.pdfsiori2407090000000000000000000000000.pdf
siori2407090000000000000000000000000.pdf
 
共有_企業様向けご提案資料_大手企業開拓ならSaleshub.pdfSaleshub
共有_企業様向けご提案資料_大手企業開拓ならSaleshub.pdfSaleshub共有_企業様向けご提案資料_大手企業開拓ならSaleshub.pdfSaleshub
共有_企業様向けご提案資料_大手企業開拓ならSaleshub.pdfSaleshub
 
ChatGPTとスライドをブラッシュアップする方法について解説します!!.pdf
ChatGPTとスライドをブラッシュアップする方法について解説します!!.pdfChatGPTとスライドをブラッシュアップする方法について解説します!!.pdf
ChatGPTとスライドをブラッシュアップする方法について解説します!!.pdf
 
BoyScouts how to use slack(To make slack usefull)
BoyScouts how to use slack(To make slack usefull)BoyScouts how to use slack(To make slack usefull)
BoyScouts how to use slack(To make slack usefull)
 
にっぽんの宝物 JAPANグランプリ 2023-2024 当日冊子______
にっぽんの宝物 JAPANグランプリ 2023-2024 当日冊子______にっぽんの宝物 JAPANグランプリ 2023-2024 当日冊子______
にっぽんの宝物 JAPANグランプリ 2023-2024 当日冊子______
 

User storymapping in 10 minutes

  • 1. 10分でざっくり理解する ユーザーストーリーマッピング アギレルゴコンサルティング株式会社 アジャイルコーチ 川口 恭伸 1
  • 2. かわぐち やすのぶ 川口 恭伸 twitter: @kawaguti 2
  • 3. 全面広告 アギレルゴ コンサルティング 株式会社 アギレルゴ 3
  • 4. 全面広告 2012年1月10日(火)∼16日(月) 認定スクラムプロダクトオーナー研修 (大阪) 認定スクラムマスター研修 (東京) アジャイル実践者研修 : Scrum Fine Tuning (東京) 充実の日本人コーチ陣がサポートします! ジム・コプリエン 吉羽龍太郎 西村直人 Coplien 角谷信太郎 James O. 原田騎郎 和智右桂 川口恭伸 http://jp.agilergo.com/ アギレルゴ 4
  • 5. EMZero vol.5 アジャイルUX 特別号 アジャイルUX 5
  • 6. EnterpriseZine アジャイルUX の潮流 アジャイルUX 6
  • 8. 10分でざっくり理解する ユーザーストーリーマッピング アギレルゴコンサルティング株式会社 アジャイルコーチ 川口 恭伸 8
  • 9. ユーザーストーリー XPコミュニティで普及 ○○として ワークショップ形式で △△をしたい 機能を洗い出す その結果、 インデックスカードに 記録して並べ替える シナリオを詳細に記述する手間を省く 関係者の記憶の中には詳細なストーリー が存在している前提。 9
  • 10. 3つの観点 Card 計画時に使用する、ストーリーの説明文書。 記憶を助ける道具としても利用する。 Conversation ストーリーの詳細を具体化するための 会話を行う。 Confirmation 詳細を表すテスト(試験方法)。 ストーリーの完了条件として用いる。 10 Mike Cohn User Stories Applied
  • 11. よいストーリーの条件 Independent (独立している) ○○として △△をしたい その結果 .... Negotiable (交渉可能) ○○として ○○として ○○として △△をしたい △△をしたい △△をしたい Valuable (価値がある) その結果 .... その結果 .... その結果 .. for users or customers ○○として △△をしたい ○○として △△をしたい ○○として △△をしたい その結果 .... その結果 .... その結果 .. Estimatable (見積り可能) ○○として ○○として ○○として △△をしたい △△をしたい △△をしたい Small (小さい) その結果 .... その結果 .... その結果 .. ○○として ○○として Testable (試験可能) △△をしたい その結果 .... △△をしたい その結果 .... ○○として △△をしたい その結果 .... Mike Cohn User Stories Applied 11
  • 12. プロダクトバックログ スクラムで利用する要件リスト 順序付け ○○として プロダクトに必要なものが △△をしたい 2 その結果 .... すべて順序付きで一覧に プロダクト ○○として なったものであり、 バックログ アイテム △△をしたい 3 その結果 .... プロダクトの変更要求の (よくユーザー ストーリーを使う) ○○として 唯一の情報源である。 △△をしたい 2 その結果 .... 1 番上の項目から開発を開始する ○○として 5 △△をしたい その結果 .... 動的であり、適切で競争力のある ○○として 2 △△をしたい 有用なプロダクトに必要なもの その結果 .... を求めて、絶えず変化する。 ○○として 1 △△をしたい その結果 .... スクラムガイド (2011) http://www.scrum.org/scrumguides 規模見積り 12
  • 13. エクスペリエンス vs 構築順序 エクスペリエンス ○○として ○○として ○○として ○○として △△をしたい △△をしたい △△をしたい △△をしたい その結果 .... その結果 .... その結果 .... その結果 .... ユーザーとして体験する順番 構築 (ワークフロー) ○○として △△をしたい その結果 .... 変換 ○○として △△をしたい その結果 .... ○○として △△をしたい その結果 .... プロダクトオーナー 開発チームとして ○○として 取りかかる順番 △△をしたい その結果 .... (プロダクトバックログ) 13
  • 14. ユーザーストーリーマッピング Jeff Patton が開発した 製品の設計 ユーザーワークフロー リリース計画 を一度に見える化する手法 Jeff Patton http://www.agileproductdesign.com/ 14
  • 15. マップの構成 ワークフロー アクティビティ リリース サブタスク ユーザ (ペルソナ) タスク 15
  • 16. 協調プロダクトデザイン 1. 製品が提供する ユーザーワークフローの見える化 2. チーム全員がメンテナンスできる 3. 詳細を書ききるのではなく、  全体像を合意する 要件定義 + 開発計画 16
  • 17. Passionate Product Design プロセス 調査 探索 構築 スプリント0 スプリント1 スプリント2 デザインプロセス 開発プロセス 17
  • 18. デザインプロセス ユーザー分析 製品設計 プロダクト探索 プラグマティック ソナ ペル 協調ワークショップ ユーザ ストーリーマッピング ー ジ ニ ャー ーマップ 「ゲームストーミング―会議、チーム、  プロジェクトを成功へと導く87のゲーム」 18
  • 19. 開発プロセス 製品設計 構築計画 作業計画 ○○として △△をしたい 2 その結果 .... ToDo WIP Done ○○として 2 ○○として △△をしたい 3 △△をしたい その結果 .... ユーザーストーリーマッピング その結果 .... ○○として ○○として 2 3 △△をしたい △△をしたい その結果 .... その結果 .... ○○として 5 △△をしたい その結果 .... スプリントバックログ(タスクボード) プロダクト バックログ 塹壕より Scrum と XP 19 スクラムガイド
  • 20. プロダクトの成功要件 使用する組織にとって 有益である 有益であるためには 対価に値する 使用可能 魅力があり、 価値がある BA 魅力がある valuable usable & attractive 使用に耐える ものである UX 価値があり、使用可能な上で、 実現可能 実現可能、かつ、 feasible コスト効率がよい Dev (C) 2009-2011 Jeff Patton, www.AgileProductDesign.com/product_owner 20 日本語訳: 川口恭伸