SlideShare a Scribd company logo
© 2020 NTT DATA Corporation
第6回 アジャイル開発と品質
~アジャイル品質パターンの利用事例~
Confidential
2020年8月20日(木)
株式会社 NTTデータ
長田 武徳
© 2020 NTT DATA Corporation 2
アジェンダ
1. 自己紹介
2. 導入経緯
3. 利用事例
• 導入したパターン一覧
• アジャイル品質プロセス/品質シナリオ/着陸ゾーン
• できるだけ自動化
• 障壁の解体
4. 今後の進め方
• 障壁の解体/QAを含むoneチーム
© 2020 NTT DATA Corporation 3
1. 自己紹介
・長田 武徳(おさだ たけのり)
・株式会社NTTデータ
・シニアITアーキテクト
・略歴:
入社以来、決済領域における各種プロジェクト
(ウォーターフォール型)に従事
2018年より、プロダクトオーナ・製品マネージャ
として、アジャイル開発を用いたプロジェクトを担当
現在は、SAFe(大規模アジャイル)の導入を推進。
© 2020 NTT DATA Corporation 4
2. 導入経緯
2019 2020
Scrum開発本格化
SAFe(大規模アジャイル)の導入/拡充
QA2AQの導入
①アジャイル開発の品質プロセスの強化が必要
②システム全体のカバーするプラクティスが必要
10月 6月 12月
2018
2018年10月からScrum開発を商用サービスの開発に採用し、徐々に拡大を実施。
以下の課題に対応するため、QA2AQのパターンを徐々に導入を進めている
課題感
図 アジャイル開発の取組経緯
課題1
課題2
© 2020 NTT DATA Corporation 5
3. 導入事例(導入を進めているパターン一覧)
中核パターン
アジャイル品質プロセス
障壁の解体
品質の特定
重要な品質の発見
品質シナリオ
品質ストーリー
測定可能なシステム品質
品質の折り込み
着陸ゾーン
着陸ゾーンの再調整
着陸ゾーンの合意
品質の可視化
システム品質ダッシュ
ボード
システム品質アンドン
品質ロードマップ
品質バックログ
アジャイルなあり方
QAを含むOneチーム
品質スプリント
プロダクト品質チャンピオ
ン
アジャイル品質スペシャリ
スト
品質チェックリスト
品質作業の分散
品質エキスパートをシャ
ドーイング
QAリーダーとペアリング
できるだけ自動化
上述の課題を考慮し、効果が見込まれる部分から導入を進めており、カイゼンを回
しながら、全体への定着を進めている
© 2020 NTT DATA Corporation 6
3.導入事例(アジャイル品質プロセス/品質シナリオ/着陸ゾーン)
システム全体に求められる品質を定義するため、以下のプロセスを定義し、特定プ
ロダクトに適用を行った。
© 2020 NTT DATA Corporation 7
[参考]具体例(アジャイル品質プロセス/品質シナリオ/着陸ゾーン)
品質特性シナリオ
カテゴリ 品質シナリオ
可用性 通常稼働時はPOS端末から行ったリク
エストに対して、100%の確率で24
時間365日応答する
性能 200件/秒全ての「決済のリクエス
ト」の決済成功の通知を、4秒以内
99.9%ileにPOS端末へ送る
・
・
・
SLO(着陸ゾーン)
カテゴリ SLO
可用性 24時間365日 99.9%
性能 200件/秒の時 システム内処理時間1秒以内(99%ile)
・
・
C4モデル
© 2020 NTT DATA Corporation 8
3. 導入事例(できるだけ自動化)
アジャイル開発では、繰り返しテストするため、自動化は必須となる。さらに、ア
プリケーションが徐々に大きくなるため、継続的な自動化を続けることが重要。
© 2020 NTT DATA Corporation 9
[参考]具体例(できるだけ自動化)
テスト実行管理 テスト実行 テスト対象
オンラインアプリ(API)、Webアプリ、モバイルアプリを統合的に管理できる環境
を構築し、随時のタイミングでリグレッションテストを実施
© 2020 NTT DATA Corporation 10
3. 導入事例(障壁の解体)
QAチーム
Cチーム
Dチーム
Aチーム
Bチーム
QAチームを中心に各チームの作業者に連携しようとした場合、過去の経験、優先度
が上がらない等で、障壁の解体が時に難しい
© 2020 NTT DATA Corporation 11
3. 成果まとめ
アジャイル品質プロセス/品質シナリオ/着陸ゾーン
• システム全体の品質の導出には有用であった
• 定期的に”着陸ゾーンの再調整”をすることで、経年劣化も防止できると期待
できるだけ自動化
• 初期コストはかかるが、繰り返しが前提となるアジャイル開発には必須
• 一度にすべて実施するとハードルが高いため、優先度が高い部分から取り組むと良い
障壁の解体
• チーム状況により、障壁の解体が容易な場合も困難な場合も発生する
• 障壁が解体したあとは、各種パターンの導入が用意になるため、解体は重要
© 2020 NTT DATA Corporation 12
4. 今後の進め方(障壁の解体/ QAを含むoneチーム)
QAチーム
Cチーム
Dチーム
Aチーム
Bチーム
QAコミュニティを作り、各チームのエンジニアがノウハウを持ち寄るスタイルに変更し、
障壁の解体に再チャレンジ。同時にQAを含むoneチームも実現したいと考えている
QAコミュニティ
QAエンジニア
QAエンジニアQAエンジニア
QAエンジニア

More Related Content

What's hot

SQuBOKガイドV3概説 ~IoT・AI・DX時代のソフトウェア品質とシステム監査~
SQuBOKガイドV3概説 ~IoT・AI・DX時代のソフトウェア品質とシステム監査~SQuBOKガイドV3概説 ~IoT・AI・DX時代のソフトウェア品質とシステム監査~
SQuBOKガイドV3概説 ~IoT・AI・DX時代のソフトウェア品質とシステム監査~
Hironori Washizaki
 
What is quality culture? Is it something tasty?
What is quality culture? Is it something tasty?What is quality culture? Is it something tasty?
What is quality culture? Is it something tasty?
Yasuharu Nishi
 
クラシフィケーション・ツリー法入門
クラシフィケーション・ツリー法入門クラシフィケーション・ツリー法入門
クラシフィケーション・ツリー法入門
H Iseri
 
メトリクスによるソフトウェア品質評価・改善および製品品質実態
メトリクスによるソフトウェア品質評価・改善および製品品質実態メトリクスによるソフトウェア品質評価・改善および製品品質実態
メトリクスによるソフトウェア品質評価・改善および製品品質実態
Hironori Washizaki
 
LINE Developer Meetup in Tokyo #39 Presentation (modified)
LINE Developer Meetup in Tokyo #39 Presentation (modified)LINE Developer Meetup in Tokyo #39 Presentation (modified)
LINE Developer Meetup in Tokyo #39 Presentation (modified)
Yasuharu Nishi
 
アジャイルメトリクス実践ガイド
アジャイルメトリクス実践ガイドアジャイルメトリクス実践ガイド
アジャイルメトリクス実践ガイド
Hiroyuki Ito
 
Shinise maker minade_agile_2021_scrum_festo_saka
Shinise maker minade_agile_2021_scrum_festo_sakaShinise maker minade_agile_2021_scrum_festo_saka
Shinise maker minade_agile_2021_scrum_festo_saka
Kei Nakahara
 
セットベース開発アプローチ
セットベース開発アプローチセットベース開発アプローチ
セットベース開発アプローチ
Takashi Tomizawa
 
【SQiP2016】楽天のアジャイル開発とメトリクス事例
【SQiP2016】楽天のアジャイル開発とメトリクス事例【SQiP2016】楽天のアジャイル開発とメトリクス事例
【SQiP2016】楽天のアジャイル開発とメトリクス事例
Kotaro Ogino
 
Software Frontloading and QA
Software Frontloading and QASoftware Frontloading and QA
Software Frontloading and QA
Yasuharu Nishi
 
「PdMと考えるQAとプロダクトマネジメント」
「PdMと考えるQAとプロダクトマネジメント」「PdMと考えるQAとプロダクトマネジメント」
「PdMと考えるQAとプロダクトマネジメント」
大貴 蜂須賀
 
ソフトハウスの品質保証のウソホント
ソフトハウスの品質保証のウソホントソフトハウスの品質保証のウソホント
ソフトハウスの品質保証のウソホント
Yasuharu Nishi
 
楽天トラベルの開発プロセスに関して
楽天トラベルの開発プロセスに関して楽天トラベルの開発プロセスに関して
楽天トラベルの開発プロセスに関して
Rakuten Group, Inc.
 
XP祭り2019 B-6 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用
XP祭り2019 B-6 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用XP祭り2019 B-6 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用
XP祭り2019 B-6 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用
Akinori SAKATA
 
アジャイル品質パターン (Agile Quality, QA2AQ)
アジャイル品質パターン (Agile Quality, QA2AQ)アジャイル品質パターン (Agile Quality, QA2AQ)
アジャイル品質パターン (Agile Quality, QA2AQ)
Hironori Washizaki
 
How to let them in house of quality
How to let them in house of qualityHow to let them in house of quality
How to let them in house of quality
Takahiro Toku
 
テスト計画の立て方 WACATE2019 夏
テスト計画の立て方 WACATE2019 夏テスト計画の立て方 WACATE2019 夏
テスト計画の立て方 WACATE2019 夏
Naoki Nakano
 
品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)
品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)
品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)
Yasuharu Nishi
 
Re-collection of embedded software qa in the last decade
Re-collection of embedded software qa in the last decadeRe-collection of embedded software qa in the last decade
Re-collection of embedded software qa in the last decade
Yasuharu Nishi
 
【SQiP 2014】継続的システムテストについての理解を深めるための 開発とバグのメトリクスの分析 #SQiP #SQuBOK
【SQiP 2014】継続的システムテストについての理解を深めるための 開発とバグのメトリクスの分析 #SQiP #SQuBOK【SQiP 2014】継続的システムテストについての理解を深めるための 開発とバグのメトリクスの分析 #SQiP #SQuBOK
【SQiP 2014】継続的システムテストについての理解を深めるための 開発とバグのメトリクスの分析 #SQiP #SQuBOK
Kotaro Ogino
 

What's hot (20)

SQuBOKガイドV3概説 ~IoT・AI・DX時代のソフトウェア品質とシステム監査~
SQuBOKガイドV3概説 ~IoT・AI・DX時代のソフトウェア品質とシステム監査~SQuBOKガイドV3概説 ~IoT・AI・DX時代のソフトウェア品質とシステム監査~
SQuBOKガイドV3概説 ~IoT・AI・DX時代のソフトウェア品質とシステム監査~
 
What is quality culture? Is it something tasty?
What is quality culture? Is it something tasty?What is quality culture? Is it something tasty?
What is quality culture? Is it something tasty?
 
クラシフィケーション・ツリー法入門
クラシフィケーション・ツリー法入門クラシフィケーション・ツリー法入門
クラシフィケーション・ツリー法入門
 
メトリクスによるソフトウェア品質評価・改善および製品品質実態
メトリクスによるソフトウェア品質評価・改善および製品品質実態メトリクスによるソフトウェア品質評価・改善および製品品質実態
メトリクスによるソフトウェア品質評価・改善および製品品質実態
 
LINE Developer Meetup in Tokyo #39 Presentation (modified)
LINE Developer Meetup in Tokyo #39 Presentation (modified)LINE Developer Meetup in Tokyo #39 Presentation (modified)
LINE Developer Meetup in Tokyo #39 Presentation (modified)
 
アジャイルメトリクス実践ガイド
アジャイルメトリクス実践ガイドアジャイルメトリクス実践ガイド
アジャイルメトリクス実践ガイド
 
Shinise maker minade_agile_2021_scrum_festo_saka
Shinise maker minade_agile_2021_scrum_festo_sakaShinise maker minade_agile_2021_scrum_festo_saka
Shinise maker minade_agile_2021_scrum_festo_saka
 
セットベース開発アプローチ
セットベース開発アプローチセットベース開発アプローチ
セットベース開発アプローチ
 
【SQiP2016】楽天のアジャイル開発とメトリクス事例
【SQiP2016】楽天のアジャイル開発とメトリクス事例【SQiP2016】楽天のアジャイル開発とメトリクス事例
【SQiP2016】楽天のアジャイル開発とメトリクス事例
 
Software Frontloading and QA
Software Frontloading and QASoftware Frontloading and QA
Software Frontloading and QA
 
「PdMと考えるQAとプロダクトマネジメント」
「PdMと考えるQAとプロダクトマネジメント」「PdMと考えるQAとプロダクトマネジメント」
「PdMと考えるQAとプロダクトマネジメント」
 
ソフトハウスの品質保証のウソホント
ソフトハウスの品質保証のウソホントソフトハウスの品質保証のウソホント
ソフトハウスの品質保証のウソホント
 
楽天トラベルの開発プロセスに関して
楽天トラベルの開発プロセスに関して楽天トラベルの開発プロセスに関して
楽天トラベルの開発プロセスに関して
 
XP祭り2019 B-6 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用
XP祭り2019 B-6 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用XP祭り2019 B-6 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用
XP祭り2019 B-6 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用
 
アジャイル品質パターン (Agile Quality, QA2AQ)
アジャイル品質パターン (Agile Quality, QA2AQ)アジャイル品質パターン (Agile Quality, QA2AQ)
アジャイル品質パターン (Agile Quality, QA2AQ)
 
How to let them in house of quality
How to let them in house of qualityHow to let them in house of quality
How to let them in house of quality
 
テスト計画の立て方 WACATE2019 夏
テスト計画の立て方 WACATE2019 夏テスト計画の立て方 WACATE2019 夏
テスト計画の立て方 WACATE2019 夏
 
品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)
品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)
品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)
 
Re-collection of embedded software qa in the last decade
Re-collection of embedded software qa in the last decadeRe-collection of embedded software qa in the last decade
Re-collection of embedded software qa in the last decade
 
【SQiP 2014】継続的システムテストについての理解を深めるための 開発とバグのメトリクスの分析 #SQiP #SQuBOK
【SQiP 2014】継続的システムテストについての理解を深めるための 開発とバグのメトリクスの分析 #SQiP #SQuBOK【SQiP 2014】継続的システムテストについての理解を深めるための 開発とバグのメトリクスの分析 #SQiP #SQuBOK
【SQiP 2014】継続的システムテストについての理解を深めるための 開発とバグのメトリクスの分析 #SQiP #SQuBOK
 

Similar to 長田武徳, アジャイル開発と品質 ~ アジャイル品質パターンの利用事例

デブサミ2020 事業グロースを加速させる「分析基盤」の作り方 japantaxi
デブサミ2020 事業グロースを加速させる「分析基盤」の作り方 japantaxiデブサミ2020 事業グロースを加速させる「分析基盤」の作り方 japantaxi
デブサミ2020 事業グロースを加速させる「分析基盤」の作り方 japantaxi
Masatoshi Ida
 
Joug(Oktaユーザーグループ)登壇資料
Joug(Oktaユーザーグループ)登壇資料Joug(Oktaユーザーグループ)登壇資料
Joug(Oktaユーザーグループ)登壇資料
ssuserdf544a
 
20200522 Blockchain GIG#7 株式会社NTTデータ山下様資料
20200522 Blockchain GIG#7 株式会社NTTデータ山下様資料20200522 Blockchain GIG#7 株式会社NTTデータ山下様資料
20200522 Blockchain GIG#7 株式会社NTTデータ山下様資料
オラクルエンジニア通信
 
[Track1-1] AIの売上予測を発注システムに組み込んだリンガーハットのデータ活用戦略
[Track1-1] AIの売上予測を発注システムに組み込んだリンガーハットのデータ活用戦略[Track1-1] AIの売上予測を発注システムに組み込んだリンガーハットのデータ活用戦略
[Track1-1] AIの売上予測を発注システムに組み込んだリンガーハットのデータ活用戦略
Deep Learning Lab(ディープラーニング・ラボ)
 
r2ishikawa_mimoto
r2ishikawa_mimotor2ishikawa_mimoto
r2ishikawa_mimoto
i Smart Technologies
 
JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用
JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用
JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用
Akinori SAKATA
 
Smfl20201001
Smfl20201001Smfl20201001
マイノリティ(少人数)な内製エンジニア組織の生存・成長戦略
マイノリティ(少人数)な内製エンジニア組織の生存・成長戦略マイノリティ(少人数)な内製エンジニア組織の生存・成長戦略
マイノリティ(少人数)な内製エンジニア組織の生存・成長戦略
Osamu Kawachi
 
Mobility Technologiesのデータ分析基盤・データ利活用事例のご紹介
Mobility Technologiesのデータ分析基盤・データ利活用事例のご紹介Mobility Technologiesのデータ分析基盤・データ利活用事例のご紹介
Mobility Technologiesのデータ分析基盤・データ利活用事例のご紹介
Chigusa Junichiro
 
DVP決済実現に向けた挑戦 | 世取山 進二(株式会社NTTデータ 金融事業推進部 デジタル戦略推進部 部長)
DVP決済実現に向けた挑戦 | 世取山 進二(株式会社NTTデータ 金融事業推進部 デジタル戦略推進部 部長)DVP決済実現に向けた挑戦 | 世取山 進二(株式会社NTTデータ 金融事業推進部 デジタル戦略推進部 部長)
DVP決済実現に向けた挑戦 | 世取山 進二(株式会社NTTデータ 金融事業推進部 デジタル戦略推進部 部長)
blockchainexe
 
【Interop Tokyo 2016】 LAN/WAN向けSDNコントローラ APIC-EMのご紹介
【Interop Tokyo 2016】 LAN/WAN向けSDNコントローラ APIC-EMのご紹介【Interop Tokyo 2016】 LAN/WAN向けSDNコントローラ APIC-EMのご紹介
【Interop Tokyo 2016】 LAN/WAN向けSDNコントローラ APIC-EMのご紹介
シスコシステムズ合同会社
 
Azureクラウドのネイティブアプリ、IoTとエッジAIの管理ソリューション
Azureクラウドのネイティブアプリ、IoTとエッジAIの管理ソリューションAzureクラウドのネイティブアプリ、IoTとエッジAIの管理ソリューション
Azureクラウドのネイティブアプリ、IoTとエッジAIの管理ソリューション
Jingun Jung
 
事業共創ワークセッションのご案内
事業共創ワークセッションのご案内事業共創ワークセッションのご案内
事業共創ワークセッションのご案内
Yuichiro KATO
 
始まりは2017年のG検定。
 始まりは2017年のG検定。 始まりは2017年のG検定。
始まりは2017年のG検定。
Akihiro ITO
 
NVIDIA Jetson導入事例ご紹介
NVIDIA Jetson導入事例ご紹介NVIDIA Jetson導入事例ご紹介
NVIDIA Jetson導入事例ご紹介
NVIDIA Japan
 
リクルートにおけるPaaS活用事例
リクルートにおけるPaaS活用事例リクルートにおけるPaaS活用事例
リクルートにおけるPaaS活用事例
Recruit Technologies
 
アジャイルベンダーの未来
アジャイルベンダーの未来アジャイルベンダーの未来
アジャイルベンダーの未来
Yukio Okajima
 
まずは試そう!スクラップ&ビルドでクラウドのメリットを引き出すデータ連携基盤
まずは試そう!スクラップ&ビルドでクラウドのメリットを引き出すデータ連携基盤まずは試そう!スクラップ&ビルドでクラウドのメリットを引き出すデータ連携基盤
まずは試そう!スクラップ&ビルドでクラウドのメリットを引き出すデータ連携基盤
Kazuya Mori
 
日立PBI技術を用いた「デバイスフリーリモートワーク」構想
日立PBI技術を用いた「デバイスフリーリモートワーク」構想日立PBI技術を用いた「デバイスフリーリモートワーク」構想
日立PBI技術を用いた「デバイスフリーリモートワーク」構想
FIDO Alliance
 
ノーツが日本を救う(2002/3/13)
ノーツが日本を救う(2002/3/13)ノーツが日本を救う(2002/3/13)
ノーツが日本を救う(2002/3/13)
伸夫 森本
 

Similar to 長田武徳, アジャイル開発と品質 ~ アジャイル品質パターンの利用事例 (20)

デブサミ2020 事業グロースを加速させる「分析基盤」の作り方 japantaxi
デブサミ2020 事業グロースを加速させる「分析基盤」の作り方 japantaxiデブサミ2020 事業グロースを加速させる「分析基盤」の作り方 japantaxi
デブサミ2020 事業グロースを加速させる「分析基盤」の作り方 japantaxi
 
Joug(Oktaユーザーグループ)登壇資料
Joug(Oktaユーザーグループ)登壇資料Joug(Oktaユーザーグループ)登壇資料
Joug(Oktaユーザーグループ)登壇資料
 
20200522 Blockchain GIG#7 株式会社NTTデータ山下様資料
20200522 Blockchain GIG#7 株式会社NTTデータ山下様資料20200522 Blockchain GIG#7 株式会社NTTデータ山下様資料
20200522 Blockchain GIG#7 株式会社NTTデータ山下様資料
 
[Track1-1] AIの売上予測を発注システムに組み込んだリンガーハットのデータ活用戦略
[Track1-1] AIの売上予測を発注システムに組み込んだリンガーハットのデータ活用戦略[Track1-1] AIの売上予測を発注システムに組み込んだリンガーハットのデータ活用戦略
[Track1-1] AIの売上予測を発注システムに組み込んだリンガーハットのデータ活用戦略
 
r2ishikawa_mimoto
r2ishikawa_mimotor2ishikawa_mimoto
r2ishikawa_mimoto
 
JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用
JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用
JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用
 
Smfl20201001
Smfl20201001Smfl20201001
Smfl20201001
 
マイノリティ(少人数)な内製エンジニア組織の生存・成長戦略
マイノリティ(少人数)な内製エンジニア組織の生存・成長戦略マイノリティ(少人数)な内製エンジニア組織の生存・成長戦略
マイノリティ(少人数)な内製エンジニア組織の生存・成長戦略
 
Mobility Technologiesのデータ分析基盤・データ利活用事例のご紹介
Mobility Technologiesのデータ分析基盤・データ利活用事例のご紹介Mobility Technologiesのデータ分析基盤・データ利活用事例のご紹介
Mobility Technologiesのデータ分析基盤・データ利活用事例のご紹介
 
DVP決済実現に向けた挑戦 | 世取山 進二(株式会社NTTデータ 金融事業推進部 デジタル戦略推進部 部長)
DVP決済実現に向けた挑戦 | 世取山 進二(株式会社NTTデータ 金融事業推進部 デジタル戦略推進部 部長)DVP決済実現に向けた挑戦 | 世取山 進二(株式会社NTTデータ 金融事業推進部 デジタル戦略推進部 部長)
DVP決済実現に向けた挑戦 | 世取山 進二(株式会社NTTデータ 金融事業推進部 デジタル戦略推進部 部長)
 
【Interop Tokyo 2016】 LAN/WAN向けSDNコントローラ APIC-EMのご紹介
【Interop Tokyo 2016】 LAN/WAN向けSDNコントローラ APIC-EMのご紹介【Interop Tokyo 2016】 LAN/WAN向けSDNコントローラ APIC-EMのご紹介
【Interop Tokyo 2016】 LAN/WAN向けSDNコントローラ APIC-EMのご紹介
 
Azureクラウドのネイティブアプリ、IoTとエッジAIの管理ソリューション
Azureクラウドのネイティブアプリ、IoTとエッジAIの管理ソリューションAzureクラウドのネイティブアプリ、IoTとエッジAIの管理ソリューション
Azureクラウドのネイティブアプリ、IoTとエッジAIの管理ソリューション
 
事業共創ワークセッションのご案内
事業共創ワークセッションのご案内事業共創ワークセッションのご案内
事業共創ワークセッションのご案内
 
始まりは2017年のG検定。
 始まりは2017年のG検定。 始まりは2017年のG検定。
始まりは2017年のG検定。
 
NVIDIA Jetson導入事例ご紹介
NVIDIA Jetson導入事例ご紹介NVIDIA Jetson導入事例ご紹介
NVIDIA Jetson導入事例ご紹介
 
リクルートにおけるPaaS活用事例
リクルートにおけるPaaS活用事例リクルートにおけるPaaS活用事例
リクルートにおけるPaaS活用事例
 
アジャイルベンダーの未来
アジャイルベンダーの未来アジャイルベンダーの未来
アジャイルベンダーの未来
 
まずは試そう!スクラップ&ビルドでクラウドのメリットを引き出すデータ連携基盤
まずは試そう!スクラップ&ビルドでクラウドのメリットを引き出すデータ連携基盤まずは試そう!スクラップ&ビルドでクラウドのメリットを引き出すデータ連携基盤
まずは試そう!スクラップ&ビルドでクラウドのメリットを引き出すデータ連携基盤
 
日立PBI技術を用いた「デバイスフリーリモートワーク」構想
日立PBI技術を用いた「デバイスフリーリモートワーク」構想日立PBI技術を用いた「デバイスフリーリモートワーク」構想
日立PBI技術を用いた「デバイスフリーリモートワーク」構想
 
ノーツが日本を救う(2002/3/13)
ノーツが日本を救う(2002/3/13)ノーツが日本を救う(2002/3/13)
ノーツが日本を救う(2002/3/13)
 

More from Hironori Washizaki

次世代AI時代のトレンドと高信頼AIソフトウェアシステム開発に向けたフレームワーク&パターン
次世代AI時代のトレンドと高信頼AIソフトウェアシステム開発に向けたフレームワーク&パターン次世代AI時代のトレンドと高信頼AIソフトウェアシステム開発に向けたフレームワーク&パターン
次世代AI時代のトレンドと高信頼AIソフトウェアシステム開発に向けたフレームワーク&パターン
Hironori Washizaki
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
Hironori Washizaki
 
COMPSAC 2024 D&I Panel: Charting a Course for Equity: Strategies for Overcomi...
COMPSAC 2024 D&I Panel: Charting a Course for Equity: Strategies for Overcomi...COMPSAC 2024 D&I Panel: Charting a Course for Equity: Strategies for Overcomi...
COMPSAC 2024 D&I Panel: Charting a Course for Equity: Strategies for Overcomi...
Hironori Washizaki
 
SWEBOK and Education at FUSE Okinawa 2024
SWEBOK and Education at FUSE Okinawa 2024SWEBOK and Education at FUSE Okinawa 2024
SWEBOK and Education at FUSE Okinawa 2024
Hironori Washizaki
 
Machine Learning Software Engineering Patterns and Their Engineering
Machine Learning Software Engineering Patterns and Their EngineeringMachine Learning Software Engineering Patterns and Their Engineering
Machine Learning Software Engineering Patterns and Their Engineering
Hironori Washizaki
 
IEEE Computer Society 2024 Technology Predictions Update
IEEE Computer Society 2024 Technology Predictions UpdateIEEE Computer Society 2024 Technology Predictions Update
IEEE Computer Society 2024 Technology Predictions Update
Hironori Washizaki
 
鷲崎弘宜, "国際規格ISO/IEC 24773とその意義", 情報処理学会 第86回全国大会
鷲崎弘宜, "国際規格ISO/IEC 24773とその意義", 情報処理学会 第86回全国大会鷲崎弘宜, "国際規格ISO/IEC 24773とその意義", 情報処理学会 第86回全国大会
鷲崎弘宜, "国際規格ISO/IEC 24773とその意義", 情報処理学会 第86回全国大会
Hironori Washizaki
 
IEEE Computer Society’s Strategic Activities and Products including SWEBOK Guide
IEEE Computer Society’s Strategic Activities and Products including SWEBOK GuideIEEE Computer Society’s Strategic Activities and Products including SWEBOK Guide
IEEE Computer Society’s Strategic Activities and Products including SWEBOK Guide
Hironori Washizaki
 
TISO/IEC JTC1におけるソフトウェア工学知識体系、技術者認証および品質の標準化と研究・教育他への活用
TISO/IEC JTC1におけるソフトウェア工学知識体系、技術者認証および品質の標準化と研究・教育他への活用TISO/IEC JTC1におけるソフトウェア工学知識体系、技術者認証および品質の標準化と研究・教育他への活用
TISO/IEC JTC1におけるソフトウェア工学知識体系、技術者認証および品質の標準化と研究・教育他への活用
Hironori Washizaki
 
アジャイル品質のパターンとメトリクス Agile Quality Patterns and Metrics (QA2AQ) 20240225
アジャイル品質のパターンとメトリクス Agile Quality Patterns and Metrics (QA2AQ) 20240225アジャイル品質のパターンとメトリクス Agile Quality Patterns and Metrics (QA2AQ) 20240225
アジャイル品質のパターンとメトリクス Agile Quality Patterns and Metrics (QA2AQ) 20240225
Hironori Washizaki
 
Joseph Yoder : Being Agile about Architecture
Joseph Yoder : Being Agile about ArchitectureJoseph Yoder : Being Agile about Architecture
Joseph Yoder : Being Agile about Architecture
Hironori Washizaki
 
世界標準のソフトウェア工学知識体系SWEBOK Guide最新第4版を通じた開発アップデート
世界標準のソフトウェア工学知識体系SWEBOK Guide最新第4版を通じた開発アップデート世界標準のソフトウェア工学知識体系SWEBOK Guide最新第4版を通じた開発アップデート
世界標準のソフトウェア工学知識体系SWEBOK Guide最新第4版を通じた開発アップデート
Hironori Washizaki
 
SWEBOK Guide Evolution and Its Emerging Areas including Machine Learning Patt...
SWEBOK Guide Evolution and Its Emerging Areas including Machine Learning Patt...SWEBOK Guide Evolution and Its Emerging Areas including Machine Learning Patt...
SWEBOK Guide Evolution and Its Emerging Areas including Machine Learning Patt...
Hironori Washizaki
 
デジタルトランスフォーメーション(DX)におけるソフトウェアの側面とダイバーシティ・インクルーシブに関する研究実践動向
デジタルトランスフォーメーション(DX)におけるソフトウェアの側面とダイバーシティ・インクルーシブに関する研究実践動向デジタルトランスフォーメーション(DX)におけるソフトウェアの側面とダイバーシティ・インクルーシブに関する研究実践動向
デジタルトランスフォーメーション(DX)におけるソフトウェアの側面とダイバーシティ・インクルーシブに関する研究実践動向
Hironori Washizaki
 
人生100年・60年カリキュラム時代のDX人材育成: スマートエスイー 2021年度成果および2022年度募集
人生100年・60年カリキュラム時代のDX人材育成: スマートエスイー 2021年度成果および2022年度募集人生100年・60年カリキュラム時代のDX人材育成: スマートエスイー 2021年度成果および2022年度募集
人生100年・60年カリキュラム時代のDX人材育成: スマートエスイー 2021年度成果および2022年度募集
Hironori Washizaki
 
スマートエスイーコンソーシアムの概要と2021年度成果紹介
スマートエスイーコンソーシアムの概要と2021年度成果紹介スマートエスイーコンソーシアムの概要と2021年度成果紹介
スマートエスイーコンソーシアムの概要と2021年度成果紹介
Hironori Washizaki
 
DXの推進において企業内に求められる人材やデジタル人材の育て方
DXの推進において企業内に求められる人材やデジタル人材の育て方DXの推進において企業内に求められる人材やデジタル人材の育て方
DXの推進において企業内に求められる人材やデジタル人材の育て方
Hironori Washizaki
 
対応性のある運用のパターン
対応性のある運用のパターン対応性のある運用のパターン
対応性のある運用のパターン
Hironori Washizaki
 
モデル訓練のパターン
モデル訓練のパターンモデル訓練のパターン
モデル訓練のパターン
Hironori Washizaki
 
パターンのつながりとAI活用成熟度
パターンのつながりとAI活用成熟度パターンのつながりとAI活用成熟度
パターンのつながりとAI活用成熟度
Hironori Washizaki
 

More from Hironori Washizaki (20)

次世代AI時代のトレンドと高信頼AIソフトウェアシステム開発に向けたフレームワーク&パターン
次世代AI時代のトレンドと高信頼AIソフトウェアシステム開発に向けたフレームワーク&パターン次世代AI時代のトレンドと高信頼AIソフトウェアシステム開発に向けたフレームワーク&パターン
次世代AI時代のトレンドと高信頼AIソフトウェアシステム開発に向けたフレームワーク&パターン
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
 
COMPSAC 2024 D&I Panel: Charting a Course for Equity: Strategies for Overcomi...
COMPSAC 2024 D&I Panel: Charting a Course for Equity: Strategies for Overcomi...COMPSAC 2024 D&I Panel: Charting a Course for Equity: Strategies for Overcomi...
COMPSAC 2024 D&I Panel: Charting a Course for Equity: Strategies for Overcomi...
 
SWEBOK and Education at FUSE Okinawa 2024
SWEBOK and Education at FUSE Okinawa 2024SWEBOK and Education at FUSE Okinawa 2024
SWEBOK and Education at FUSE Okinawa 2024
 
Machine Learning Software Engineering Patterns and Their Engineering
Machine Learning Software Engineering Patterns and Their EngineeringMachine Learning Software Engineering Patterns and Their Engineering
Machine Learning Software Engineering Patterns and Their Engineering
 
IEEE Computer Society 2024 Technology Predictions Update
IEEE Computer Society 2024 Technology Predictions UpdateIEEE Computer Society 2024 Technology Predictions Update
IEEE Computer Society 2024 Technology Predictions Update
 
鷲崎弘宜, "国際規格ISO/IEC 24773とその意義", 情報処理学会 第86回全国大会
鷲崎弘宜, "国際規格ISO/IEC 24773とその意義", 情報処理学会 第86回全国大会鷲崎弘宜, "国際規格ISO/IEC 24773とその意義", 情報処理学会 第86回全国大会
鷲崎弘宜, "国際規格ISO/IEC 24773とその意義", 情報処理学会 第86回全国大会
 
IEEE Computer Society’s Strategic Activities and Products including SWEBOK Guide
IEEE Computer Society’s Strategic Activities and Products including SWEBOK GuideIEEE Computer Society’s Strategic Activities and Products including SWEBOK Guide
IEEE Computer Society’s Strategic Activities and Products including SWEBOK Guide
 
TISO/IEC JTC1におけるソフトウェア工学知識体系、技術者認証および品質の標準化と研究・教育他への活用
TISO/IEC JTC1におけるソフトウェア工学知識体系、技術者認証および品質の標準化と研究・教育他への活用TISO/IEC JTC1におけるソフトウェア工学知識体系、技術者認証および品質の標準化と研究・教育他への活用
TISO/IEC JTC1におけるソフトウェア工学知識体系、技術者認証および品質の標準化と研究・教育他への活用
 
アジャイル品質のパターンとメトリクス Agile Quality Patterns and Metrics (QA2AQ) 20240225
アジャイル品質のパターンとメトリクス Agile Quality Patterns and Metrics (QA2AQ) 20240225アジャイル品質のパターンとメトリクス Agile Quality Patterns and Metrics (QA2AQ) 20240225
アジャイル品質のパターンとメトリクス Agile Quality Patterns and Metrics (QA2AQ) 20240225
 
Joseph Yoder : Being Agile about Architecture
Joseph Yoder : Being Agile about ArchitectureJoseph Yoder : Being Agile about Architecture
Joseph Yoder : Being Agile about Architecture
 
世界標準のソフトウェア工学知識体系SWEBOK Guide最新第4版を通じた開発アップデート
世界標準のソフトウェア工学知識体系SWEBOK Guide最新第4版を通じた開発アップデート世界標準のソフトウェア工学知識体系SWEBOK Guide最新第4版を通じた開発アップデート
世界標準のソフトウェア工学知識体系SWEBOK Guide最新第4版を通じた開発アップデート
 
SWEBOK Guide Evolution and Its Emerging Areas including Machine Learning Patt...
SWEBOK Guide Evolution and Its Emerging Areas including Machine Learning Patt...SWEBOK Guide Evolution and Its Emerging Areas including Machine Learning Patt...
SWEBOK Guide Evolution and Its Emerging Areas including Machine Learning Patt...
 
デジタルトランスフォーメーション(DX)におけるソフトウェアの側面とダイバーシティ・インクルーシブに関する研究実践動向
デジタルトランスフォーメーション(DX)におけるソフトウェアの側面とダイバーシティ・インクルーシブに関する研究実践動向デジタルトランスフォーメーション(DX)におけるソフトウェアの側面とダイバーシティ・インクルーシブに関する研究実践動向
デジタルトランスフォーメーション(DX)におけるソフトウェアの側面とダイバーシティ・インクルーシブに関する研究実践動向
 
人生100年・60年カリキュラム時代のDX人材育成: スマートエスイー 2021年度成果および2022年度募集
人生100年・60年カリキュラム時代のDX人材育成: スマートエスイー 2021年度成果および2022年度募集人生100年・60年カリキュラム時代のDX人材育成: スマートエスイー 2021年度成果および2022年度募集
人生100年・60年カリキュラム時代のDX人材育成: スマートエスイー 2021年度成果および2022年度募集
 
スマートエスイーコンソーシアムの概要と2021年度成果紹介
スマートエスイーコンソーシアムの概要と2021年度成果紹介スマートエスイーコンソーシアムの概要と2021年度成果紹介
スマートエスイーコンソーシアムの概要と2021年度成果紹介
 
DXの推進において企業内に求められる人材やデジタル人材の育て方
DXの推進において企業内に求められる人材やデジタル人材の育て方DXの推進において企業内に求められる人材やデジタル人材の育て方
DXの推進において企業内に求められる人材やデジタル人材の育て方
 
対応性のある運用のパターン
対応性のある運用のパターン対応性のある運用のパターン
対応性のある運用のパターン
 
モデル訓練のパターン
モデル訓練のパターンモデル訓練のパターン
モデル訓練のパターン
 
パターンのつながりとAI活用成熟度
パターンのつながりとAI活用成熟度パターンのつながりとAI活用成熟度
パターンのつながりとAI活用成熟度
 

長田武徳, アジャイル開発と品質 ~ アジャイル品質パターンの利用事例

  • 1. © 2020 NTT DATA Corporation 第6回 アジャイル開発と品質 ~アジャイル品質パターンの利用事例~ Confidential 2020年8月20日(木) 株式会社 NTTデータ 長田 武徳
  • 2. © 2020 NTT DATA Corporation 2 アジェンダ 1. 自己紹介 2. 導入経緯 3. 利用事例 • 導入したパターン一覧 • アジャイル品質プロセス/品質シナリオ/着陸ゾーン • できるだけ自動化 • 障壁の解体 4. 今後の進め方 • 障壁の解体/QAを含むoneチーム
  • 3. © 2020 NTT DATA Corporation 3 1. 自己紹介 ・長田 武徳(おさだ たけのり) ・株式会社NTTデータ ・シニアITアーキテクト ・略歴: 入社以来、決済領域における各種プロジェクト (ウォーターフォール型)に従事 2018年より、プロダクトオーナ・製品マネージャ として、アジャイル開発を用いたプロジェクトを担当 現在は、SAFe(大規模アジャイル)の導入を推進。
  • 4. © 2020 NTT DATA Corporation 4 2. 導入経緯 2019 2020 Scrum開発本格化 SAFe(大規模アジャイル)の導入/拡充 QA2AQの導入 ①アジャイル開発の品質プロセスの強化が必要 ②システム全体のカバーするプラクティスが必要 10月 6月 12月 2018 2018年10月からScrum開発を商用サービスの開発に採用し、徐々に拡大を実施。 以下の課題に対応するため、QA2AQのパターンを徐々に導入を進めている 課題感 図 アジャイル開発の取組経緯 課題1 課題2
  • 5. © 2020 NTT DATA Corporation 5 3. 導入事例(導入を進めているパターン一覧) 中核パターン アジャイル品質プロセス 障壁の解体 品質の特定 重要な品質の発見 品質シナリオ 品質ストーリー 測定可能なシステム品質 品質の折り込み 着陸ゾーン 着陸ゾーンの再調整 着陸ゾーンの合意 品質の可視化 システム品質ダッシュ ボード システム品質アンドン 品質ロードマップ 品質バックログ アジャイルなあり方 QAを含むOneチーム 品質スプリント プロダクト品質チャンピオ ン アジャイル品質スペシャリ スト 品質チェックリスト 品質作業の分散 品質エキスパートをシャ ドーイング QAリーダーとペアリング できるだけ自動化 上述の課題を考慮し、効果が見込まれる部分から導入を進めており、カイゼンを回 しながら、全体への定着を進めている
  • 6. © 2020 NTT DATA Corporation 6 3.導入事例(アジャイル品質プロセス/品質シナリオ/着陸ゾーン) システム全体に求められる品質を定義するため、以下のプロセスを定義し、特定プ ロダクトに適用を行った。
  • 7. © 2020 NTT DATA Corporation 7 [参考]具体例(アジャイル品質プロセス/品質シナリオ/着陸ゾーン) 品質特性シナリオ カテゴリ 品質シナリオ 可用性 通常稼働時はPOS端末から行ったリク エストに対して、100%の確率で24 時間365日応答する 性能 200件/秒全ての「決済のリクエス ト」の決済成功の通知を、4秒以内 99.9%ileにPOS端末へ送る ・ ・ ・ SLO(着陸ゾーン) カテゴリ SLO 可用性 24時間365日 99.9% 性能 200件/秒の時 システム内処理時間1秒以内(99%ile) ・ ・ C4モデル
  • 8. © 2020 NTT DATA Corporation 8 3. 導入事例(できるだけ自動化) アジャイル開発では、繰り返しテストするため、自動化は必須となる。さらに、ア プリケーションが徐々に大きくなるため、継続的な自動化を続けることが重要。
  • 9. © 2020 NTT DATA Corporation 9 [参考]具体例(できるだけ自動化) テスト実行管理 テスト実行 テスト対象 オンラインアプリ(API)、Webアプリ、モバイルアプリを統合的に管理できる環境 を構築し、随時のタイミングでリグレッションテストを実施
  • 10. © 2020 NTT DATA Corporation 10 3. 導入事例(障壁の解体) QAチーム Cチーム Dチーム Aチーム Bチーム QAチームを中心に各チームの作業者に連携しようとした場合、過去の経験、優先度 が上がらない等で、障壁の解体が時に難しい
  • 11. © 2020 NTT DATA Corporation 11 3. 成果まとめ アジャイル品質プロセス/品質シナリオ/着陸ゾーン • システム全体の品質の導出には有用であった • 定期的に”着陸ゾーンの再調整”をすることで、経年劣化も防止できると期待 できるだけ自動化 • 初期コストはかかるが、繰り返しが前提となるアジャイル開発には必須 • 一度にすべて実施するとハードルが高いため、優先度が高い部分から取り組むと良い 障壁の解体 • チーム状況により、障壁の解体が容易な場合も困難な場合も発生する • 障壁が解体したあとは、各種パターンの導入が用意になるため、解体は重要
  • 12. © 2020 NTT DATA Corporation 12 4. 今後の進め方(障壁の解体/ QAを含むoneチーム) QAチーム Cチーム Dチーム Aチーム Bチーム QAコミュニティを作り、各チームのエンジニアがノウハウを持ち寄るスタイルに変更し、 障壁の解体に再チャレンジ。同時にQAを含むoneチームも実現したいと考えている QAコミュニティ QAエンジニア QAエンジニアQAエンジニア QAエンジニア