Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

アジャイル開発と品質保証の密なる関係 #quesqa

22,204 views

Published on

「アジャイル開発と品質保証の密なる関係」
ソニー株式会社 プロフェッショナル・ソリューション事業部 品質保証部門 永田敦様

Quesとは、Software品質保証に関わるQAエンジニアの活性化を目的としたQA専門イベントです。
http://quesqa.com/

Published in: Technology
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

アジャイル開発と品質保証の密なる関係 #quesqa

  1. 1. アジャイル開発と品質保証の密なる関係 アジャイルチームに寄り添う品質保証部門の考え方 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata1 www.vandalsrugby.ca
  2. 2. 自己紹介  ソニー株式会社 永田 敦 ソフトウェアテストプロセス改善 SQiP研究会 第七分科会 副主査 派生開発推進委員会運営委員 第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata 2 2015/5/14
  3. 3. 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata3 品質を良くすることができなければ アジャイル開発は成功しない
  4. 4. 目次 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata4  アジャイル開発の実態  貢献駆動開発  アジャイル開発における改善
  5. 5. 課題 今度 アジャイルで 開発していくから 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata5
  6. 6. 課題 今度アジャイルで開発していくから といわれ • プロセスはどうなるのか • 評価はどうするのか • 品質保証はどうするのか? 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata6
  7. 7. アジャイル開発の実態 QAから見たアジャイル開発 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata7
  8. 8. 8 プロセスとしてのAgile  短いサイクルで、分析、設計、実装、テストを 並列に行う  タイムボックス型、進化型開発 分析 設計 実装 テスト 時間 時間 要求(スコープ) 要求(スコープ)Waterfall Agile Beck 2000Royce 1970 ソフトウェア工学の分岐点における、アジャイルの役割、平鍋 健児、SS2010 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata8
  9. 9. 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata9
  10. 10. アジャイル開発のプロセス Agile Testing, Lisa Crispin, Janet Gregory, 2009 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata10
  11. 11. スクラム イテレーション イテレーション イテレーション プロダクトバックログ スプリント バックログ システムテスト 出荷 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata11
  12. 12. バックログインフレーション 1 イテレーション イテレーション イテレーション プロダクトバックログ スプリント バックログ システムテスト 出荷 予定 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata12 終わらない
  13. 13. アジャイル? ウォータフォール? プロダクトバックログ スプリント バックログ 実施 出荷予定 システム テスト テスト分析/設計 バグ デバッグ 13 実施 実施 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata
  14. 14. 早期からのシステムテストの実施 イテレーション イテレーション イテレーション イテレーション プロダクトバックログ スプリント バックログ イテレーション イテレーション イテレーション イテレーションシステム テスト 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata14 実施テスト分析/設計 実施 実施
  15. 15. 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata15 もっと早いタイミングで 評価しよう 設計フェーズに飛び込む
  16. 16. どのように入ったらよいか どのようにやっていったらよいか 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata16
  17. 17. 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata17 QAが設計に入ってくる いろいろ言われるのではないか あれを出せこれを出せ あれを測れこれを測れ あれを直せこれを直せ 設計に余計な負荷がかかる 設計リーダーの憂鬱 固い ガード QA
  18. 18. 貢献駆動開発 Contribution Driven Development 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata18
  19. 19. チームの形成 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata19 設計 QA 品質の 見える化  テスト o 動的 o 静的  測定  フィードバック サポート QAはチームとして働く 設計を邪魔しない 恐れを取り除く 設計に気づいてもらう マインドセット
  20. 20. テストスプリントバックログ イテレーション イテレーション イテレーション イテレーション イテレーション イテレーション イテレーション イテレーション プロダクトバックログ スプリント バックログ システム テスト テストスプリント バックログ 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata20
  21. 21. テストスプリントバックログ 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata21 でも,テストベースは はどうするの?
  22. 22. 理想のアジャイル 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata22 設計 QA 品質の 見える化  テスト  測定 フィードバック  Deploy 評価環境 共有 リスク 課題 アクション 信頼関係 テストベース
  23. 23. 現実 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata23 設計 QA 品質の 見える化  テスト  測定 フィードバック  Deploy 評価環境 信頼関係 テストベース
  24. 24. 暗黙知 24 暗黙知 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata
  25. 25. 暗黙知によるコミュニケーション 25 暗黙知 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata
  26. 26. 設計のための情報をチームで共有している 26 暗黙知 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata 形式知
  27. 27. どのようにして評価に必要な情報を 得ることができるのだろうか 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata27
  28. 28. ユーザストーリと要求の関係 Agile Testing, Lisa Crispin, Janet Gregory, 2009 アジャイルテスティングにおける テストベースについて 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata28
  29. 29. アジャイル開発の要求プロセス: 要求を制覇せよ 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata29 ユーザーストーリで、要求と仕様を表現できるか? 形式的な情報形態 暗黙的な情報形態 情報の伝達、変更、トレーサビリティ、記録 バランス 合意 中規模、大規模のシステムのアジャイル開発
  30. 30. 想定外の暗黙知の齟齬 30 暗黙知 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata
  31. 31. ポリシーが暗黙知の齟齬を抑える 31 暗黙知 ドメイン知識 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata
  32. 32. QAもチームとして情報を共有する 32 暗黙知 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata 形式知 ポリシー ドキュメント
  33. 33. フィードバック獲得の設計 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata33 三菱電機 細谷泰夫:斥候としてのアジャイルプロセス活用の提案 :SPI Japan 2012
  34. 34. フィードバックを設計,成立させるためには 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata34 何をフィードバックするのかを説明する そのフィードバックするためにどんな情報や 成果物が必要かを説明する 相手が合意すれば 相手はその情報,成果物を時間を割いて 用意してくれるはずである
  35. 35. チームの形成 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata35 設計 QA 品質の 見える化  テスト  測定 サポート  Deploy 評価環境 暗黙的共有 リスク 課題 アクション 信頼関係 合意された形式的情報
  36. 36. テストスプリントバックログ 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata36 テストケースをバックログとして ツールに入れて管理してしまう 設計者が,何をどのようにテストするかわかる 設計者が,気を付けて設計をする 設計者に,テストケースをレビューしてもらう 設計とテストの一元管理
  37. 37. テスト 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata37  システムテスト:できるところを計画してテストする  テストに対する計画と戦略が意識される  インシデントレポートを,バックログとして登録する  インシデントレポート専用のバックログとプロセスをQA が提案  バグの処理も,結局設計が行わなければならない.  原則は,不具合が起ったらすぐに設計に見てもらう  再現待ちを減らす  説明も Face to Faceでやる
  38. 38. バックログインフレーション イテレーション イテレーション イテレーション イテレーション イテレーション イテレーション イテレーション イテレーション プロダクトバックログ スプリント バックログ システム テスト バグリポート 確認テスト テストスプリント バックログ 終わらない 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata 38
  39. 39. アジャイル開発のメトリクス 測定のサポート 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata39
  40. 40. 測定  ツールからとれるものでQAが測定する  目的: 設計へのフィードバック  バックログ情報  プロダクトバックログ  スプリントバックログ  テストスプリントバックログ  インシデントバックログ  KPI  Velocity  バグ情報  発生度数  残件度数  ランク度数 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata40
  41. 41. メトリクス 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata41 バーンアップチャート
  42. 42. メトリクスを生かせ、振り回されるな 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata42 外挿の魅力と罠 あくまでも目安 うまく心理的に使う 一喜一憂 よいプレッシャー
  43. 43. メトリクス 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata43 Velocity 2.2倍の改善
  44. 44. どうしたらVelocityをあげられるだろう 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata44 x = vt x + xw = v(t – tw) Xw : 手戻り : バグ : 確認テスト : 無駄 tw : 時間の無駄 : コミュニケーションロス : 待ち v = 𝑥𝑥 𝑡𝑡
  45. 45. メトリクス 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata45 バーンアップチャート 1か月の遅れを改善し オンタイム
  46. 46. バグの特性:計画を持ってやれるところからテスト 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata46 インシデント登録度数
  47. 47. 計画的にやれ:ブロック承知のテスト 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata47 アジャイルほど計画が効く やってみて計画との違いを修正 テスト計画:品質計画の重要性 メトリクスの解釈 計画の変更を繰り返す
  48. 48. バグの特性:フィードバックでコントロール 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata48 Activeなバグ数
  49. 49. 出荷判定基準の見直し 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata49 いつ 何を対象にして、 どのようなテスト目的で、 どのようなテストタイプで、 どのようなテスト条件でテストするか 信頼性成長曲線は通用しなくなる 出荷判定基準の見直し でどの性質のどんなバグがどのくらい出るか
  50. 50. 振り返り:QAがファシリテーションしよう 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata50  メトリクスの吟味  緊張感 1か月の遅れ  このままでは間に合わない  効率を上げるといっても,品質は落とせない  手を抜けば,インシデントバックログが増える  自ら課題を洗い出す  わからないことを人に聞いていない.  3分間ルール  仕様における意思疎通ができていない.  仕様説明会  実装よりも設計のパワーが不足してVelocityが出ない  チーム編成替え
  51. 51. 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata51 3分悩んだら聞くべし 聞かれた人もまずは受け入れる!!
  52. 52. 変化 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata52  設計側で内部品質を高める行動が出てきた  ユニットテストの拡大  静的テストの積極的活用  内部のコミュニケーションの改善  ツールの自作  QAにテストの要求をする  コードレビュー  RCAに飛びつく  QAからのフィードバックに迅速に反応  QAに,設計のところまで来てテストしてもらう  テストの出前  信頼関係の確立
  53. 53. アジャイル開発における改善 Agile RCA 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata53
  54. 54. 毎週改善、毎日改善 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata54 アジャイルは、見える化の手法 積極的に品質を見える化することをサポートして その情報を使って改善する:QAが使っていく 見える化 課題抽出 問題解決 カンバン バーンダウン インシデント 朝会 振り返り
  55. 55. 成果 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata55  Velocityの改善と安定  施策の効果がメトリクスに現れる  例:7 イテレーションで移動平均値が2.2倍となる  バグ傾向のフィードバック  例:GUIの境界値バグがなくなる  ランクの高いバグから減らそうとする  RCAによるフィードバック  インシデントバックログを増やさない  スケジュールの改善:見える化による修正  例:最大1か月遅れをオンタイムにすることに寄与した フィードバック,振り返りの重要性の認識
  56. 56. QAにとってのアジャイル 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata56  設計フェーズで  設計と共有情報を持つことができ,  イテレーションごとにメトリクスがわかり,  振り返りで課題がわかり  課題分析ができ  チームの改善のきっかけを得られる QAにとって,アジャイル開発は良いことが多い やるべきこと: アジャイル開発を正しく理解し,チームの一員として活動すること
  57. 57. アジャイルにおけるQA 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata57 アジャイル開発において QAはなくてはならない チームのメンバーである
  58. 58. 2015/5/14第6回 Ques 「 アジャイルと品質」 copyright © A.Nagata58 ご清聴ありがとうございます

×