SlideShare a Scribd company logo
1 of 52
Developers
     Summit



           ソーシャルコーディング革命後の
           開発委託の世界
                  QA@ITの事例

                                                             西村賢
   14-A-7
   #devsumiA
                                                        アイティメディア株式会社
                                                        ITインダストリー事業部
                                                          @IT編集部 副編集長
   #qa_it
                      Developers Summit 2013 Action !

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                  $whoami => @knsmr
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




   • @IT編集部 西村賢(にしむら・けん)
   • 編集者・記者
       ‒ 技術系、エンタープライズ系
       ‒ 過去の媒体:月刊アスキー → 週刊アスキー
         → @IT
   • RubyコミュニティAsakusa.rb

                                 Developers Summit 2013 Action !   2

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
              @ITはITエキスパート向けメディア
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




                                 Developers Summit 2013 Action !   3

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
         Ruby/Railsでブログも書いてます
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




                                 Developers Summit 2013 Action !   4

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
              個人でサービスを作りました
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




         http://worklista.com/knsmr




                                 Developers Summit 2013 Action !   5

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
     サービスを作りたい!と思ってからの経緯
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




   • 3年程ゆるゆるとRubyを勉強
   • 会社にサービスを作らせてくれとプレゼン
   • 社内コンテストで優勝(+準優勝も)! 2010年夏
   • 永和システムマネジメントに開発を委託、
     2012年5月にQA@ITをローンチ


                                 Developers Summit 2013 Action !   6

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
           エンジニア向けQ&Aサイトです
   EVERYONE,
              http://qa.atmarkit.co.jp/
                  GIT   ON   BOARD!




                                 Developers Summit 2013 Action !   7

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
     エンジニアの生産性向上に貢献したい
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




                                 Developers Summit 2013 Action !   8

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
            ズバリの答えが出てくるように
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




                                 Developers Summit 2013 Action !   9

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit




          委託でアジャイルは難しい




                  Developers Summit 2013 Action !

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                        賛成を押し切る難しさ
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




   • 社内は「是非プロジェクトはやるべき」と
     賛成ムード、期待が高まる
   • 期待が集まりすぎて各方面から参加
       ‒ 営業部、PM部、技術部、経営企画部、マーケ
         部、法務部、経理部
   • コードが1行もない状態で打ち合わせと企
     画会議を延々と……
                                 Developers Summit 2013 Action !   11

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                   動くプロトタイプの威力
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




                                 Developers Summit 2013 Action !   12

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                        賛成を押し切るには
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




   • 動くプロトタイプを作る(永和さん++)
   • コミュニケーションツールに関係者を呼び込
     む
   • アジャイル、クラウドについて繰り返し説明
     する
   • プロジェクト関係者を減らす


                                 Developers Summit 2013 Action !   13

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
              やってみればできると分かる
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




   • QA@ITローンチ後、同様の枠組みで「イベント
     カレンダー+ログ」をリリース(永和さん++)




                                 Developers Summit 2013 Action !   14

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit




     なぜメディア企業がサービスを?




                  Developers Summit 2013 Action !

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
      情報メディアとプラットフォームの変遷
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!


     技術                       メディア

                  紙           写植 → DTP(情報誌)


              HTML            手動更新Web媒体


          P言語 + DB            自動更新Webサイト                           イマココ

      WAF (Railsなど)           Webサービス運営                            やりたい

       ES6+HTML5 ??           Webコンテンツ流通本格化??

                                 Developers Summit 2013 Action !          16

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
            メディアとサービスの接点に価値
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




                                                   サービス
                    メディア                 (ソフトウェア)




        reddit/StackOverflow/flipboard/HuffintonPost/Quora/Ardvark/
        TechMeme/codecademy/Cookpad/Togetter/kakaku.com

                                 Developers Summit 2013 Action !    17

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                        メディアだけじゃない
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




   • メディアのサービス化、プラットフォーム
     化は時代の必然
   • 「ソフトウェアが世界を飲み込みつつあ
     る」(マーク・アンドリーセン)
       ‒   世界最大の本屋(流通業)/ 世界で最も成長している通信事業者 / 世界で最も成長して
           いるエンタメ / カメラ・写真産業 / ビデオ産業 / 音楽産業 / 映画産業 / 旅行産業 / タ
           クシー業界




                                 Developers Summit 2013 Action !   18

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                  ○○とサービスの接点に価値
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




                             ○○                ソフトウェア




                  未知の領域を切り開くにはアジャイルが適している


                                  Developers Summit 2013 Action !   19

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit




              2011年秋、QA@IT始動




                  Developers Summit 2013 Action !

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                         開発委託先選定(1)
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




   • 開発言語はRuby一択
       ‒ 和田卓人さんの助言「担当者(西村)が分かる言語がいい」
       ‒ ソーシャルコーディングやってみたい!
       ‒ 内外ともWebアプリ開発のコミュニティが大きい

   • フリーランス、法人で候補を複数まわる
   • 相見積? 取れるわけねぇし…… (人月)
   • じゃあ、どうやって選ぶ?

                                 Developers Summit 2013 Action !   21

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                         開発委託先選定(2)
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




   • コミュニティで評判や実力、実績を聞いて
     回る(ギルドの親方的人物がいる。こうい
     う人たちの見立ては重要)
   • 各エンジニアのGitHubのレポジトリや技
     術ブログを見る



                                 Developers Summit 2013 Action !   22

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                         開発委託先選定(3)
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




   • 決め手:すでに良く知っている「Rubyistた
      ち」という人間関係があった(ソーシャル)
   • もともと4年ほど前、空気を読まずにRubyコ
      ミュニティに異分子として入っていったのも、
      予感があったから。自己紹介はいつも「いつか
      皆さんのところに 一緒に作りませんか と伺う
      かもしれません」だった

                                 Developers Summit 2013 Action !   23

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                         開発委託先選定(4)
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




   • 西村:「ところで仕事的な話なんですが。永和
      さんと@ITで一緒にやるってあり得ますかね」
   • 角谷:「えっ、西村さんがやる気なら全然あり
      じゃないスか? 今ならいい子いますよ∼」
      (意訳)
   • 属人性上等! だって、ソーシャルですもの


                                 Developers Summit 2013 Action !   24

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                        開発体制・利用ツール
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




   • スプリントはなし。マイルストーンに向けてス
     コープを調整(内部ベータ、外部ベータ、一般公
     開、一次改修……)
   • GitHub (private) + Travis CI、 Pivotal
     Tracker、Yammer、Facebookメッセージ、
     メール、IRC、idobata



                                 Developers Summit 2013 Action !   25

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                        開発体制・利用ツール
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




  大事なところなので手書きで失礼します

                                 Developers Summit 2013 Action !   26

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                  ユーザーストーリーで開発
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




                                 Developers Summit 2013 Action !   27

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                  ユーザーストーリーで開発
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




                                 Developers Summit 2013 Action !   28

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                   業務連絡などはYammer
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




                                 Developers Summit 2013 Action !   29

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                    GitHubでも仕様の議論
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




                                             ursm: こんな感じにしてみました
                                             knsmr: なるほど!いいすね! xxx
                                             がyyyだとするとzzzのほうがいいか
                                             な?
                                             usrm: だとすると、こんな感じ?
                                             devにデプロイしたので見てみてく
                                             ださい
                                             knsmr: 素晴らしい!
                                             usrm: merged




                                 Developers Summit 2013 Action !     30

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                  git で実装過程がスケスケ
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




   • 開発中にハマったり、悩んだり、議論したり、
     コーディングスタイルや命名で迷ったりする様も
     日々みえる
   • 圧倒的な「餅は餅屋」感がある
   • ノリノリで開発してもらえてるなぁと感じること
     も良くある。emojiが盛ん
   • 新卒2年目に師匠が突っ込むOJTまで毎日見える

                                 Developers Summit 2013 Action !   31

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                        検収はどうしてる?
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!



   • Pivotalで「acceptボタンを押す=検収」とした
   • 契約区切りごとに検収書にストーリ一覧の打ち出しを付
     ける
   • クラウド納品でOK? 実動サービスが確認できればこれ
     以上の証跡はなし
   • コード、テストなど一式はCD-Rでも保管
   • 法務にしろ経理にしろ、キチンと説明すると「それ、い
     いじゃないですか」で話が通ることのほうが多かった

                                 Developers Summit 2013 Action !   32

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit




                         開発チームの皆さん
                     と、ご一緒させていた
                     だいています!




                  Developers Summit 2013 Action !

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit




                  Developers Summit 2013 Action !

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                        渾身のpull request
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




                   リーダブルコード p123! という如くの渾身の
                   ジョークだったのに無反応にmerge済み……


                                 Developers Summit 2013 Action !   35

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                        viewは結構いじります
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




                                 Developers Summit 2013 Action !   36

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
       ライブラリの挙動も調べて直します
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




                                 Developers Summit 2013 Action !   37

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
       データ移行のスクリプトも書きます
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




                                 Developers Summit 2013 Action !   38

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                   悪乗り pull request……
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




                                 Developers Summit 2013 Action !   39

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
           業務妨害レベルの pull request
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




         予算都合で開発ストップ。じゃあもう自分でやる!という感じ
         でDBにtableを作ってassociation定義して……(実はリード
         開発者を焼肉で懐柔して実装方針を教えてもらった)。



                                 Developers Summit 2013 Action !   40

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
      順序が逆? OSSにpull reqしてみた
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




                                 Developers Summit 2013 Action !   41

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
          ソーシャルコーディング陸続き!
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




         GitHubのネットワークコネクション図。OSS
         もSIで作るアプリも同じクラウド、方法論。
         陸続きなんだ、きっと
                                  http://www.flickr.com/photos/franck_/4460148300/

                                 Developers Summit 2013 Action !                    42

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                  酷いコードもcommitします
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




                                 Developers Summit 2013 Action !   43

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
         お隣からベテランがひょっこり!
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




                                         西村:豪快にSQLが……
                                         hibariya: SQL 一発で引け
            この辺がソーシャル
                                         るようにした
                                         ursm:3つ別々にSQLで求
                                         めれば良いのでは?
                                         moro: SQLと聞いて!!
                                                    お隣から参入!




                                 Developers Summit 2013 Action !   44

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                        やっぱりお隣から!
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




                                 Developers Summit 2013 Action !   45

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                        時にはリジェクトも!
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




         えっ?




                                 Developers Summit 2013 Action !   46

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit




                  We are a team!!!




                      Developers Summit 2013 Action !

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                  深夜3時に仕様の議論が勃発
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




                                                深夜に、ふと目が覚め
                                                てブラウザに向かう。
                                                あの仕様が気になる。
                                                メモ……、すると予想
                                                外にリアルタイムの反
                                                応が! ブラウザのタブ
                                                がチカチカ、チカチカ



                                 Developers Summit 2013 Action !   48

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
                        ローンチ日にプチ炎上
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




           スミマセン、炎上……。今から謝罪文を書きま
         す。深夜ですが即デプロイは可能でしょうか?




                                 We are a team!


              物凄いスピードで次々とトラブル対策。速攻実装、速攻デ
              プロイ。ブラウザのチカチカが忘れられない。組織を超え
              たチーム感
                                 Developers Summit 2013 Action !   49

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit
   ソーシャルコーディングは企業にも浸透する
   EVERYONE,      GIT   ON   BOARD!




   • インターネット → イントラネット → 企業間
      VPN(クラウド経由)
   • Git ( dvcs ) → 分散協業 → ソーシャルコー
      ディング → OSS → SIer (Web系) → ユー
      ザー企業




                                 Developers Summit 2013 Action !   50

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit




                  git で皆さんご一緒に
      たぶんアジャイルと同じで、git/GitHubのような特定のツールを使え
      ばソーシャルというものでもないのでしょう。というより、われわ
      れは100万年前からソーシャルな生き物。それが活かせるツールや方
      法論が出てきているということ。使わない手はない。



                     Developers Summit 2013 Action !

13年2月19日火曜日
Developers
     Summit




         Everyone, git on board !!
                  船に乗り込み、一緒にやろ
                  う。同じ船で漕ぎ出そう!



                     Developers Summit 2013 Action !

13年2月19日火曜日

More Related Content

What's hot

とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門
とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門
とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門陽一 滝川
 
認定スクラムマスター研修に行ってきました
認定スクラムマスター研修に行ってきました認定スクラムマスター研修に行ってきました
認定スクラムマスター研修に行ってきましたHajime Yanagawa
 
アジャイル開発導入のためにやってきたこと
アジャイル開発導入のためにやってきたことアジャイル開発導入のためにやってきたこと
アジャイル開発導入のためにやってきたことArata Fujimura
 
チーム開発を支えるプロセス再入門~アジャイル開発とスクラム~ - TFSUG
チーム開発を支えるプロセス再入門~アジャイル開発とスクラム~ - TFSUGチーム開発を支えるプロセス再入門~アジャイル開発とスクラム~ - TFSUG
チーム開発を支えるプロセス再入門~アジャイル開発とスクラム~ - TFSUG満徳 関
 
スクラムを成功させるためにおさえておくべき、プロダクトオーナー・アンチパターン - Regional Scrum Gathering Tokyo 2015...
スクラムを成功させるためにおさえておくべき、プロダクトオーナー・アンチパターン - Regional Scrum Gathering Tokyo 2015...スクラムを成功させるためにおさえておくべき、プロダクトオーナー・アンチパターン - Regional Scrum Gathering Tokyo 2015...
スクラムを成功させるためにおさえておくべき、プロダクトオーナー・アンチパターン - Regional Scrum Gathering Tokyo 2015...満徳 関
 
「アジャイル入門」(AgileJapan2013チュートリアルセッション資料)
「アジャイル入門」(AgileJapan2013チュートリアルセッション資料)「アジャイル入門」(AgileJapan2013チュートリアルセッション資料)
「アジャイル入門」(AgileJapan2013チュートリアルセッション資料)Makoto Nishikawa
 
エンタープライズ、アーキテクチャ、アジャイルのこれから
エンタープライズ、アーキテクチャ、アジャイルのこれからエンタープライズ、アーキテクチャ、アジャイルのこれから
エンタープライズ、アーキテクチャ、アジャイルのこれからYusuke Suzuki
 
2012.03.24 Agile Samurai Dojo Gathering 講演資料
2012.03.24 Agile Samurai Dojo Gathering 講演資料2012.03.24 Agile Samurai Dojo Gathering 講演資料
2012.03.24 Agile Samurai Dojo Gathering 講演資料Toshihiro Hirota
 
リーンスタートアップ、アジャイル開発導入事例
リーンスタートアップ、アジャイル開発導入事例リーンスタートアップ、アジャイル開発導入事例
リーンスタートアップ、アジャイル開発導入事例Arata Fujimura
 
Redmineをつかったスクラム開発のはじめの一歩
Redmineをつかったスクラム開発のはじめの一歩Redmineをつかったスクラム開発のはじめの一歩
Redmineをつかったスクラム開発のはじめの一歩kiita312
 
アジャイルコーチから見たScaled Agile Method LeSS版
アジャイルコーチから見たScaled Agile Method LeSS版アジャイルコーチから見たScaled Agile Method LeSS版
アジャイルコーチから見たScaled Agile Method LeSS版Takao Kimura
 
GMOテクノロジーブートキャンプ2015(アジャイル編)
GMOテクノロジーブートキャンプ2015(アジャイル編)GMOテクノロジーブートキャンプ2015(アジャイル編)
GMOテクノロジーブートキャンプ2015(アジャイル編)Arata Fujimura
 
Are you ready? ~これからアジャイル開発をスタートアップするために プラクティスの実践と実感~
Are you ready? ~これからアジャイル開発をスタートアップするために プラクティスの実践と実感~Are you ready? ~これからアジャイル開発をスタートアップするために プラクティスの実践と実感~
Are you ready? ~これからアジャイル開発をスタートアップするために プラクティスの実践と実感~Akira Ikeda
 
【15-B-1】AmazonのDevOpsを支えるAWSクラウド
【15-B-1】AmazonのDevOpsを支えるAWSクラウド【15-B-1】AmazonのDevOpsを支えるAWSクラウド
【15-B-1】AmazonのDevOpsを支えるAWSクラウドYasuhiro Horiuchi
 
No Managers, Yes Agile. ~アジャイルなプロジェクト管理とは~
No Managers, Yes Agile. ~アジャイルなプロジェクト管理とは~No Managers, Yes Agile. ~アジャイルなプロジェクト管理とは~
No Managers, Yes Agile. ~アジャイルなプロジェクト管理とは~You&I
 
Nexus and LeSS #rsgt2016
Nexus and LeSS #rsgt2016Nexus and LeSS #rsgt2016
Nexus and LeSS #rsgt2016Takao Kimura
 
XP祭り2014「アジャイルを手放して得られたこと」
XP祭り2014「アジャイルを手放して得られたこと」 XP祭り2014「アジャイルを手放して得られたこと」
XP祭り2014「アジャイルを手放して得られたこと」 Yusuke Suzuki
 

What's hot (20)

とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門
とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門
とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門
 
認定スクラムマスター研修に行ってきました
認定スクラムマスター研修に行ってきました認定スクラムマスター研修に行ってきました
認定スクラムマスター研修に行ってきました
 
アジャイル開発導入のためにやってきたこと
アジャイル開発導入のためにやってきたことアジャイル開発導入のためにやってきたこと
アジャイル開発導入のためにやってきたこと
 
チーム開発を支えるプロセス再入門~アジャイル開発とスクラム~ - TFSUG
チーム開発を支えるプロセス再入門~アジャイル開発とスクラム~ - TFSUGチーム開発を支えるプロセス再入門~アジャイル開発とスクラム~ - TFSUG
チーム開発を支えるプロセス再入門~アジャイル開発とスクラム~ - TFSUG
 
スクラムを成功させるためにおさえておくべき、プロダクトオーナー・アンチパターン - Regional Scrum Gathering Tokyo 2015...
スクラムを成功させるためにおさえておくべき、プロダクトオーナー・アンチパターン - Regional Scrum Gathering Tokyo 2015...スクラムを成功させるためにおさえておくべき、プロダクトオーナー・アンチパターン - Regional Scrum Gathering Tokyo 2015...
スクラムを成功させるためにおさえておくべき、プロダクトオーナー・アンチパターン - Regional Scrum Gathering Tokyo 2015...
 
「アジャイル入門」(AgileJapan2013チュートリアルセッション資料)
「アジャイル入門」(AgileJapan2013チュートリアルセッション資料)「アジャイル入門」(AgileJapan2013チュートリアルセッション資料)
「アジャイル入門」(AgileJapan2013チュートリアルセッション資料)
 
エンタープライズ、アーキテクチャ、アジャイルのこれから
エンタープライズ、アーキテクチャ、アジャイルのこれからエンタープライズ、アーキテクチャ、アジャイルのこれから
エンタープライズ、アーキテクチャ、アジャイルのこれから
 
[デブサミ関西2013]チケット駆動で プロジェクトチームを加速せよ
[デブサミ関西2013]チケット駆動でプロジェクトチームを加速せよ[デブサミ関西2013]チケット駆動でプロジェクトチームを加速せよ
[デブサミ関西2013]チケット駆動で プロジェクトチームを加速せよ
 
2012.03.24 Agile Samurai Dojo Gathering 講演資料
2012.03.24 Agile Samurai Dojo Gathering 講演資料2012.03.24 Agile Samurai Dojo Gathering 講演資料
2012.03.24 Agile Samurai Dojo Gathering 講演資料
 
リーンスタートアップ、アジャイル開発導入事例
リーンスタートアップ、アジャイル開発導入事例リーンスタートアップ、アジャイル開発導入事例
リーンスタートアップ、アジャイル開発導入事例
 
Redmineをつかったスクラム開発のはじめの一歩
Redmineをつかったスクラム開発のはじめの一歩Redmineをつかったスクラム開発のはじめの一歩
Redmineをつかったスクラム開発のはじめの一歩
 
アジャイルコーチから見たScaled Agile Method LeSS版
アジャイルコーチから見たScaled Agile Method LeSS版アジャイルコーチから見たScaled Agile Method LeSS版
アジャイルコーチから見たScaled Agile Method LeSS版
 
GMOテクノロジーブートキャンプ2015(アジャイル編)
GMOテクノロジーブートキャンプ2015(アジャイル編)GMOテクノロジーブートキャンプ2015(アジャイル編)
GMOテクノロジーブートキャンプ2015(アジャイル編)
 
スクラム再入門
スクラム再入門スクラム再入門
スクラム再入門
 
Are you ready? ~これからアジャイル開発をスタートアップするために プラクティスの実践と実感~
Are you ready? ~これからアジャイル開発をスタートアップするために プラクティスの実践と実感~Are you ready? ~これからアジャイル開発をスタートアップするために プラクティスの実践と実感~
Are you ready? ~これからアジャイル開発をスタートアップするために プラクティスの実践と実感~
 
【15-B-1】AmazonのDevOpsを支えるAWSクラウド
【15-B-1】AmazonのDevOpsを支えるAWSクラウド【15-B-1】AmazonのDevOpsを支えるAWSクラウド
【15-B-1】AmazonのDevOpsを支えるAWSクラウド
 
No Managers, Yes Agile. ~アジャイルなプロジェクト管理とは~
No Managers, Yes Agile. ~アジャイルなプロジェクト管理とは~No Managers, Yes Agile. ~アジャイルなプロジェクト管理とは~
No Managers, Yes Agile. ~アジャイルなプロジェクト管理とは~
 
Nexus and LeSS #rsgt2016
Nexus and LeSS #rsgt2016Nexus and LeSS #rsgt2016
Nexus and LeSS #rsgt2016
 
マネジメントにおいて知っておくべき、ツールを活用したアジャイル開発の実践事例
マネジメントにおいて知っておくべき、ツールを活用したアジャイル開発の実践事例マネジメントにおいて知っておくべき、ツールを活用したアジャイル開発の実践事例
マネジメントにおいて知っておくべき、ツールを活用したアジャイル開発の実践事例
 
XP祭り2014「アジャイルを手放して得られたこと」
XP祭り2014「アジャイルを手放して得られたこと」 XP祭り2014「アジャイルを手放して得られたこと」
XP祭り2014「アジャイルを手放して得られたこと」
 

Viewers also liked

「正しいアジャイル」でなくてもいい
「正しいアジャイル」でなくてもいい「正しいアジャイル」でなくてもいい
「正しいアジャイル」でなくてもいいHiroshi Ogino
 
第17回すくすくスクラム 振り返りの基礎はこれだ!
第17回すくすくスクラム 振り返りの基礎はこれだ!第17回すくすくスクラム 振り返りの基礎はこれだ!
第17回すくすくスクラム 振り返りの基礎はこれだ!Eiichi Hayashi
 
【Unity道場スペシャル 2017幕張】続 あそびのデザイン講座
【Unity道場スペシャル 2017幕張】続 あそびのデザイン講座【Unity道場スペシャル 2017幕張】続 あそびのデザイン講座
【Unity道場スペシャル 2017幕張】続 あそびのデザイン講座Unity Technologies Japan K.K.
 
Prism.Formsについて
Prism.FormsについてPrism.Formsについて
Prism.Formsについて一希 大田
 

Viewers also liked (6)

「正しいアジャイル」でなくてもいい
「正しいアジャイル」でなくてもいい「正しいアジャイル」でなくてもいい
「正しいアジャイル」でなくてもいい
 
Summary of Scrum Guide
Summary of Scrum GuideSummary of Scrum Guide
Summary of Scrum Guide
 
第17回すくすくスクラム 振り返りの基礎はこれだ!
第17回すくすくスクラム 振り返りの基礎はこれだ!第17回すくすくスクラム 振り返りの基礎はこれだ!
第17回すくすくスクラム 振り返りの基礎はこれだ!
 
【Unity道場スペシャル 2017幕張】続 あそびのデザイン講座
【Unity道場スペシャル 2017幕張】続 あそびのデザイン講座【Unity道場スペシャル 2017幕張】続 あそびのデザイン講座
【Unity道場スペシャル 2017幕張】続 あそびのデザイン講座
 
20110118 scrum 10 mins
20110118 scrum 10 mins20110118 scrum 10 mins
20110118 scrum 10 mins
 
Prism.Formsについて
Prism.FormsについてPrism.Formsについて
Prism.Formsについて
 

Similar to ソーシャルコーディング革命後の開発委託の世界〜QA@ITの事例

Open dataとハッカソンで変わる世界
Open dataとハッカソンで変わる世界Open dataとハッカソンで変わる世界
Open dataとハッカソンで変わる世界Hal Seki
 
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumiKaoru NAKAMURA
 
MY JOB WEND TO VIETNUM? DevSumi ver.
MY JOB WEND TO VIETNUM? DevSumi ver.MY JOB WEND TO VIETNUM? DevSumi ver.
MY JOB WEND TO VIETNUM? DevSumi ver.Ryo Amano
 
ウェブブラウザの時代は終わるのか 〜スマホアプリとHTML5の未来〜
ウェブブラウザの時代は終わるのか 〜スマホアプリとHTML5の未来〜ウェブブラウザの時代は終わるのか 〜スマホアプリとHTML5の未来〜
ウェブブラウザの時代は終わるのか 〜スマホアプリとHTML5の未来〜Kazuho Oku
 
国産業務PaaSを担いで稼ぐ方法 ~SIerの生き残る道の1つとなるか? ~
国産業務PaaSを担いで稼ぐ方法 ~SIerの生き残る道の1つとなるか? ~国産業務PaaSを担いで稼ぐ方法 ~SIerの生き残る道の1つとなるか? ~
国産業務PaaSを担いで稼ぐ方法 ~SIerの生き残る道の1つとなるか? ~SPIRAL Inc.
 
jus研究会名古屋大会「Redmineでプロジェクトを【見える化】しよう!」
jus研究会名古屋大会「Redmineでプロジェクトを【見える化】しよう!」jus研究会名古屋大会「Redmineでプロジェクトを【見える化】しよう!」
jus研究会名古屋大会「Redmineでプロジェクトを【見える化】しよう!」Taku Yajima
 
Developer Summit 2013 18-D-1
Developer Summit 2013 18-D-1Developer Summit 2013 18-D-1
Developer Summit 2013 18-D-1Motoaki Nishiwaki
 
夏サミ2013 基調講演 「DevOpsは開発現場とビジネスの間に何を生むか?」(新野淳一氏)
夏サミ2013 基調講演 「DevOpsは開発現場とビジネスの間に何を生むか?」(新野淳一氏)夏サミ2013 基調講演 「DevOpsは開発現場とビジネスの間に何を生むか?」(新野淳一氏)
夏サミ2013 基調講演 「DevOpsは開発現場とビジネスの間に何を生むか?」(新野淳一氏)Developers Summit
 
Developers Summit 2013【15-B-8】タブレット進化論
Developers Summit 2013【15-B-8】タブレット進化論Developers Summit 2013【15-B-8】タブレット進化論
Developers Summit 2013【15-B-8】タブレット進化論Akio Hoshi
 
人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜
人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜
人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜Yukei Wachi
 
Devsumi2013 15-C-1 実践!スマホアプリのマネタイズ!! ~マーケット把握術と iPhone&Androidプログラミングテクニック~
Devsumi2013 15-C-1 実践!スマホアプリのマネタイズ!! ~マーケット把握術と iPhone&Androidプログラミングテクニック~Devsumi2013 15-C-1 実践!スマホアプリのマネタイズ!! ~マーケット把握術と iPhone&Androidプログラミングテクニック~
Devsumi2013 15-C-1 実践!スマホアプリのマネタイズ!! ~マーケット把握術と iPhone&Androidプログラミングテクニック~Masahiro Hidaka
 
enterprise grails challenge, 2013 Summer
enterprise grails challenge, 2013 Summerenterprise grails challenge, 2013 Summer
enterprise grails challenge, 2013 SummerUehara Junji
 
Developers Summit 2013【15-E-3】モバイルファースト再考(Rethinking Mobile First)
Developers Summit 2013【15-E-3】モバイルファースト再考(Rethinking Mobile First)Developers Summit 2013【15-E-3】モバイルファースト再考(Rethinking Mobile First)
Developers Summit 2013【15-E-3】モバイルファースト再考(Rethinking Mobile First)Nobuya Sato
 
LightSwitchでWebアプリ開発
LightSwitchでWebアプリ開発LightSwitchでWebアプリ開発
LightSwitchでWebアプリ開発Yoshitaka Seo
 
Kansumi2013 tamagawa
Kansumi2013 tamagawaKansumi2013 tamagawa
Kansumi2013 tamagawaSORACOM, INC
 
ドメイン駆動設計のプラクティスでカバーできること、できないこと[DDD]
ドメイン駆動設計のプラクティスでカバーできること、できないこと[DDD]ドメイン駆動設計のプラクティスでカバーできること、できないこと[DDD]
ドメイン駆動設計のプラクティスでカバーできること、できないこと[DDD]Koichiro Matsuoka
 

Similar to ソーシャルコーディング革命後の開発委託の世界〜QA@ITの事例 (20)

Open dataとハッカソンで変わる世界
Open dataとハッカソンで変わる世界Open dataとハッカソンで変わる世界
Open dataとハッカソンで変わる世界
 
Devsumi2013 gunta 2_pdf
Devsumi2013 gunta 2_pdfDevsumi2013 gunta 2_pdf
Devsumi2013 gunta 2_pdf
 
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi
 
MY JOB WEND TO VIETNUM? DevSumi ver.
MY JOB WEND TO VIETNUM? DevSumi ver.MY JOB WEND TO VIETNUM? DevSumi ver.
MY JOB WEND TO VIETNUM? DevSumi ver.
 
ウェブブラウザの時代は終わるのか 〜スマホアプリとHTML5の未来〜
ウェブブラウザの時代は終わるのか 〜スマホアプリとHTML5の未来〜ウェブブラウザの時代は終わるのか 〜スマホアプリとHTML5の未来〜
ウェブブラウザの時代は終わるのか 〜スマホアプリとHTML5の未来〜
 
国産業務PaaSを担いで稼ぐ方法 ~SIerの生き残る道の1つとなるか? ~
国産業務PaaSを担いで稼ぐ方法 ~SIerの生き残る道の1つとなるか? ~国産業務PaaSを担いで稼ぐ方法 ~SIerの生き残る道の1つとなるか? ~
国産業務PaaSを担いで稼ぐ方法 ~SIerの生き残る道の1つとなるか? ~
 
Devsumi2013 community
Devsumi2013 communityDevsumi2013 community
Devsumi2013 community
 
jus研究会名古屋大会「Redmineでプロジェクトを【見える化】しよう!」
jus研究会名古屋大会「Redmineでプロジェクトを【見える化】しよう!」jus研究会名古屋大会「Redmineでプロジェクトを【見える化】しよう!」
jus研究会名古屋大会「Redmineでプロジェクトを【見える化】しよう!」
 
Developer Summit 2013 18-D-1
Developer Summit 2013 18-D-1Developer Summit 2013 18-D-1
Developer Summit 2013 18-D-1
 
夏サミ2013 基調講演 「DevOpsは開発現場とビジネスの間に何を生むか?」(新野淳一氏)
夏サミ2013 基調講演 「DevOpsは開発現場とビジネスの間に何を生むか?」(新野淳一氏)夏サミ2013 基調講演 「DevOpsは開発現場とビジネスの間に何を生むか?」(新野淳一氏)
夏サミ2013 基調講演 「DevOpsは開発現場とビジネスの間に何を生むか?」(新野淳一氏)
 
Developers Summit 2013【15-B-8】タブレット進化論
Developers Summit 2013【15-B-8】タブレット進化論Developers Summit 2013【15-B-8】タブレット進化論
Developers Summit 2013【15-B-8】タブレット進化論
 
Devsumi2013 fumi
Devsumi2013 fumiDevsumi2013 fumi
Devsumi2013 fumi
 
人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜
人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜
人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜
 
Devsumi2013 15-C-1 実践!スマホアプリのマネタイズ!! ~マーケット把握術と iPhone&Androidプログラミングテクニック~
Devsumi2013 15-C-1 実践!スマホアプリのマネタイズ!! ~マーケット把握術と iPhone&Androidプログラミングテクニック~Devsumi2013 15-C-1 実践!スマホアプリのマネタイズ!! ~マーケット把握術と iPhone&Androidプログラミングテクニック~
Devsumi2013 15-C-1 実践!スマホアプリのマネタイズ!! ~マーケット把握術と iPhone&Androidプログラミングテクニック~
 
enterprise grails challenge, 2013 Summer
enterprise grails challenge, 2013 Summerenterprise grails challenge, 2013 Summer
enterprise grails challenge, 2013 Summer
 
Developers Summit 2013【15-E-3】モバイルファースト再考(Rethinking Mobile First)
Developers Summit 2013【15-E-3】モバイルファースト再考(Rethinking Mobile First)Developers Summit 2013【15-E-3】モバイルファースト再考(Rethinking Mobile First)
Developers Summit 2013【15-E-3】モバイルファースト再考(Rethinking Mobile First)
 
LightSwitchでWebアプリ開発
LightSwitchでWebアプリ開発LightSwitchでWebアプリ開発
LightSwitchでWebアプリ開発
 
Kansumi2013 tamagawa
Kansumi2013 tamagawaKansumi2013 tamagawa
Kansumi2013 tamagawa
 
Dev sum2014
Dev sum2014Dev sum2014
Dev sum2014
 
ドメイン駆動設計のプラクティスでカバーできること、できないこと[DDD]
ドメイン駆動設計のプラクティスでカバーできること、できないこと[DDD]ドメイン駆動設計のプラクティスでカバーできること、できないこと[DDD]
ドメイン駆動設計のプラクティスでカバーできること、できないこと[DDD]
 

Recently uploaded

MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdKeywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdkokinagano2
 
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdfAyachika Kitazaki
 
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一瑛一 西口
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイントonozaty
 
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)keikoitakurag
 
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayersToru Tamaki
 
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521Satoshi Makita
 
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計atsushi061452
 
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑Akihiro Kadohata
 
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperleger Tokyo Meetup
 
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose EstimationToru Tamaki
 
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員Sadaomi Nishi
 
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )iwashiira2ctf
 

Recently uploaded (14)

MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
 
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdKeywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
 
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
 
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント
 
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
 
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
 
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
 
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
 
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
 
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
 
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
 
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
 
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
 

ソーシャルコーディング革命後の開発委託の世界〜QA@ITの事例

  • 1. Developers Summit ソーシャルコーディング革命後の 開発委託の世界 QA@ITの事例 西村賢 14-A-7 #devsumiA アイティメディア株式会社 ITインダストリー事業部 @IT編集部 副編集長 #qa_it Developers Summit 2013 Action ! 13年2月19日火曜日
  • 2. Developers Summit $whoami => @knsmr EVERYONE, GIT ON BOARD! • @IT編集部 西村賢(にしむら・けん) • 編集者・記者 ‒ 技術系、エンタープライズ系 ‒ 過去の媒体:月刊アスキー → 週刊アスキー → @IT • RubyコミュニティAsakusa.rb Developers Summit 2013 Action ! 2 13年2月19日火曜日
  • 3. Developers Summit @ITはITエキスパート向けメディア EVERYONE, GIT ON BOARD! Developers Summit 2013 Action ! 3 13年2月19日火曜日
  • 4. Developers Summit Ruby/Railsでブログも書いてます EVERYONE, GIT ON BOARD! Developers Summit 2013 Action ! 4 13年2月19日火曜日
  • 5. Developers Summit 個人でサービスを作りました EVERYONE, GIT ON BOARD! http://worklista.com/knsmr Developers Summit 2013 Action ! 5 13年2月19日火曜日
  • 6. Developers Summit サービスを作りたい!と思ってからの経緯 EVERYONE, GIT ON BOARD! • 3年程ゆるゆるとRubyを勉強 • 会社にサービスを作らせてくれとプレゼン • 社内コンテストで優勝(+準優勝も)! 2010年夏 • 永和システムマネジメントに開発を委託、 2012年5月にQA@ITをローンチ Developers Summit 2013 Action ! 6 13年2月19日火曜日
  • 7. Developers Summit エンジニア向けQ&Aサイトです EVERYONE, http://qa.atmarkit.co.jp/ GIT ON BOARD! Developers Summit 2013 Action ! 7 13年2月19日火曜日
  • 8. Developers Summit エンジニアの生産性向上に貢献したい EVERYONE, GIT ON BOARD! Developers Summit 2013 Action ! 8 13年2月19日火曜日
  • 9. Developers Summit ズバリの答えが出てくるように EVERYONE, GIT ON BOARD! Developers Summit 2013 Action ! 9 13年2月19日火曜日
  • 10. Developers Summit 委託でアジャイルは難しい Developers Summit 2013 Action ! 13年2月19日火曜日
  • 11. Developers Summit 賛成を押し切る難しさ EVERYONE, GIT ON BOARD! • 社内は「是非プロジェクトはやるべき」と 賛成ムード、期待が高まる • 期待が集まりすぎて各方面から参加 ‒ 営業部、PM部、技術部、経営企画部、マーケ 部、法務部、経理部 • コードが1行もない状態で打ち合わせと企 画会議を延々と…… Developers Summit 2013 Action ! 11 13年2月19日火曜日
  • 12. Developers Summit 動くプロトタイプの威力 EVERYONE, GIT ON BOARD! Developers Summit 2013 Action ! 12 13年2月19日火曜日
  • 13. Developers Summit 賛成を押し切るには EVERYONE, GIT ON BOARD! • 動くプロトタイプを作る(永和さん++) • コミュニケーションツールに関係者を呼び込 む • アジャイル、クラウドについて繰り返し説明 する • プロジェクト関係者を減らす Developers Summit 2013 Action ! 13 13年2月19日火曜日
  • 14. Developers Summit やってみればできると分かる EVERYONE, GIT ON BOARD! • QA@ITローンチ後、同様の枠組みで「イベント カレンダー+ログ」をリリース(永和さん++) Developers Summit 2013 Action ! 14 13年2月19日火曜日
  • 15. Developers Summit なぜメディア企業がサービスを? Developers Summit 2013 Action ! 13年2月19日火曜日
  • 16. Developers Summit 情報メディアとプラットフォームの変遷 EVERYONE, GIT ON BOARD! 技術 メディア 紙 写植 → DTP(情報誌) HTML 手動更新Web媒体 P言語 + DB 自動更新Webサイト イマココ WAF (Railsなど) Webサービス運営 やりたい ES6+HTML5 ?? Webコンテンツ流通本格化?? Developers Summit 2013 Action ! 16 13年2月19日火曜日
  • 17. Developers Summit メディアとサービスの接点に価値 EVERYONE, GIT ON BOARD! サービス メディア (ソフトウェア) reddit/StackOverflow/flipboard/HuffintonPost/Quora/Ardvark/ TechMeme/codecademy/Cookpad/Togetter/kakaku.com Developers Summit 2013 Action ! 17 13年2月19日火曜日
  • 18. Developers Summit メディアだけじゃない EVERYONE, GIT ON BOARD! • メディアのサービス化、プラットフォーム 化は時代の必然 • 「ソフトウェアが世界を飲み込みつつあ る」(マーク・アンドリーセン) ‒ 世界最大の本屋(流通業)/ 世界で最も成長している通信事業者 / 世界で最も成長して いるエンタメ / カメラ・写真産業 / ビデオ産業 / 音楽産業 / 映画産業 / 旅行産業 / タ クシー業界 Developers Summit 2013 Action ! 18 13年2月19日火曜日
  • 19. Developers Summit ○○とサービスの接点に価値 EVERYONE, GIT ON BOARD! ○○ ソフトウェア 未知の領域を切り開くにはアジャイルが適している Developers Summit 2013 Action ! 19 13年2月19日火曜日
  • 20. Developers Summit 2011年秋、QA@IT始動 Developers Summit 2013 Action ! 13年2月19日火曜日
  • 21. Developers Summit 開発委託先選定(1) EVERYONE, GIT ON BOARD! • 開発言語はRuby一択 ‒ 和田卓人さんの助言「担当者(西村)が分かる言語がいい」 ‒ ソーシャルコーディングやってみたい! ‒ 内外ともWebアプリ開発のコミュニティが大きい • フリーランス、法人で候補を複数まわる • 相見積? 取れるわけねぇし…… (人月) • じゃあ、どうやって選ぶ? Developers Summit 2013 Action ! 21 13年2月19日火曜日
  • 22. Developers Summit 開発委託先選定(2) EVERYONE, GIT ON BOARD! • コミュニティで評判や実力、実績を聞いて 回る(ギルドの親方的人物がいる。こうい う人たちの見立ては重要) • 各エンジニアのGitHubのレポジトリや技 術ブログを見る Developers Summit 2013 Action ! 22 13年2月19日火曜日
  • 23. Developers Summit 開発委託先選定(3) EVERYONE, GIT ON BOARD! • 決め手:すでに良く知っている「Rubyistた ち」という人間関係があった(ソーシャル) • もともと4年ほど前、空気を読まずにRubyコ ミュニティに異分子として入っていったのも、 予感があったから。自己紹介はいつも「いつか 皆さんのところに 一緒に作りませんか と伺う かもしれません」だった Developers Summit 2013 Action ! 23 13年2月19日火曜日
  • 24. Developers Summit 開発委託先選定(4) EVERYONE, GIT ON BOARD! • 西村:「ところで仕事的な話なんですが。永和 さんと@ITで一緒にやるってあり得ますかね」 • 角谷:「えっ、西村さんがやる気なら全然あり じゃないスか? 今ならいい子いますよ∼」 (意訳) • 属人性上等! だって、ソーシャルですもの Developers Summit 2013 Action ! 24 13年2月19日火曜日
  • 25. Developers Summit 開発体制・利用ツール EVERYONE, GIT ON BOARD! • スプリントはなし。マイルストーンに向けてス コープを調整(内部ベータ、外部ベータ、一般公 開、一次改修……) • GitHub (private) + Travis CI、 Pivotal Tracker、Yammer、Facebookメッセージ、 メール、IRC、idobata Developers Summit 2013 Action ! 25 13年2月19日火曜日
  • 26. Developers Summit 開発体制・利用ツール EVERYONE, GIT ON BOARD! 大事なところなので手書きで失礼します Developers Summit 2013 Action ! 26 13年2月19日火曜日
  • 27. Developers Summit ユーザーストーリーで開発 EVERYONE, GIT ON BOARD! Developers Summit 2013 Action ! 27 13年2月19日火曜日
  • 28. Developers Summit ユーザーストーリーで開発 EVERYONE, GIT ON BOARD! Developers Summit 2013 Action ! 28 13年2月19日火曜日
  • 29. Developers Summit 業務連絡などはYammer EVERYONE, GIT ON BOARD! Developers Summit 2013 Action ! 29 13年2月19日火曜日
  • 30. Developers Summit GitHubでも仕様の議論 EVERYONE, GIT ON BOARD! ursm: こんな感じにしてみました knsmr: なるほど!いいすね! xxx がyyyだとするとzzzのほうがいいか な? usrm: だとすると、こんな感じ? devにデプロイしたので見てみてく ださい knsmr: 素晴らしい! usrm: merged Developers Summit 2013 Action ! 30 13年2月19日火曜日
  • 31. Developers Summit git で実装過程がスケスケ EVERYONE, GIT ON BOARD! • 開発中にハマったり、悩んだり、議論したり、 コーディングスタイルや命名で迷ったりする様も 日々みえる • 圧倒的な「餅は餅屋」感がある • ノリノリで開発してもらえてるなぁと感じること も良くある。emojiが盛ん • 新卒2年目に師匠が突っ込むOJTまで毎日見える Developers Summit 2013 Action ! 31 13年2月19日火曜日
  • 32. Developers Summit 検収はどうしてる? EVERYONE, GIT ON BOARD! • Pivotalで「acceptボタンを押す=検収」とした • 契約区切りごとに検収書にストーリ一覧の打ち出しを付 ける • クラウド納品でOK? 実動サービスが確認できればこれ 以上の証跡はなし • コード、テストなど一式はCD-Rでも保管 • 法務にしろ経理にしろ、キチンと説明すると「それ、い いじゃないですか」で話が通ることのほうが多かった Developers Summit 2013 Action ! 32 13年2月19日火曜日
  • 33. Developers Summit 開発チームの皆さん と、ご一緒させていた だいています! Developers Summit 2013 Action ! 13年2月19日火曜日
  • 34. Developers Summit Developers Summit 2013 Action ! 13年2月19日火曜日
  • 35. Developers Summit 渾身のpull request EVERYONE, GIT ON BOARD! リーダブルコード p123! という如くの渾身の ジョークだったのに無反応にmerge済み…… Developers Summit 2013 Action ! 35 13年2月19日火曜日
  • 36. Developers Summit viewは結構いじります EVERYONE, GIT ON BOARD! Developers Summit 2013 Action ! 36 13年2月19日火曜日
  • 37. Developers Summit ライブラリの挙動も調べて直します EVERYONE, GIT ON BOARD! Developers Summit 2013 Action ! 37 13年2月19日火曜日
  • 38. Developers Summit データ移行のスクリプトも書きます EVERYONE, GIT ON BOARD! Developers Summit 2013 Action ! 38 13年2月19日火曜日
  • 39. Developers Summit 悪乗り pull request…… EVERYONE, GIT ON BOARD! Developers Summit 2013 Action ! 39 13年2月19日火曜日
  • 40. Developers Summit 業務妨害レベルの pull request EVERYONE, GIT ON BOARD! 予算都合で開発ストップ。じゃあもう自分でやる!という感じ でDBにtableを作ってassociation定義して……(実はリード 開発者を焼肉で懐柔して実装方針を教えてもらった)。 Developers Summit 2013 Action ! 40 13年2月19日火曜日
  • 41. Developers Summit 順序が逆? OSSにpull reqしてみた EVERYONE, GIT ON BOARD! Developers Summit 2013 Action ! 41 13年2月19日火曜日
  • 42. Developers Summit ソーシャルコーディング陸続き! EVERYONE, GIT ON BOARD! GitHubのネットワークコネクション図。OSS もSIで作るアプリも同じクラウド、方法論。 陸続きなんだ、きっと http://www.flickr.com/photos/franck_/4460148300/ Developers Summit 2013 Action ! 42 13年2月19日火曜日
  • 43. Developers Summit 酷いコードもcommitします EVERYONE, GIT ON BOARD! Developers Summit 2013 Action ! 43 13年2月19日火曜日
  • 44. Developers Summit お隣からベテランがひょっこり! EVERYONE, GIT ON BOARD! 西村:豪快にSQLが…… hibariya: SQL 一発で引け この辺がソーシャル るようにした ursm:3つ別々にSQLで求 めれば良いのでは? moro: SQLと聞いて!! お隣から参入! Developers Summit 2013 Action ! 44 13年2月19日火曜日
  • 45. Developers Summit やっぱりお隣から! EVERYONE, GIT ON BOARD! Developers Summit 2013 Action ! 45 13年2月19日火曜日
  • 46. Developers Summit 時にはリジェクトも! EVERYONE, GIT ON BOARD! えっ? Developers Summit 2013 Action ! 46 13年2月19日火曜日
  • 47. Developers Summit We are a team!!! Developers Summit 2013 Action ! 13年2月19日火曜日
  • 48. Developers Summit 深夜3時に仕様の議論が勃発 EVERYONE, GIT ON BOARD! 深夜に、ふと目が覚め てブラウザに向かう。 あの仕様が気になる。 メモ……、すると予想 外にリアルタイムの反 応が! ブラウザのタブ がチカチカ、チカチカ Developers Summit 2013 Action ! 48 13年2月19日火曜日
  • 49. Developers Summit ローンチ日にプチ炎上 EVERYONE, GIT ON BOARD! スミマセン、炎上……。今から謝罪文を書きま す。深夜ですが即デプロイは可能でしょうか? We are a team! 物凄いスピードで次々とトラブル対策。速攻実装、速攻デ プロイ。ブラウザのチカチカが忘れられない。組織を超え たチーム感 Developers Summit 2013 Action ! 49 13年2月19日火曜日
  • 50. Developers Summit ソーシャルコーディングは企業にも浸透する EVERYONE, GIT ON BOARD! • インターネット → イントラネット → 企業間 VPN(クラウド経由) • Git ( dvcs ) → 分散協業 → ソーシャルコー ディング → OSS → SIer (Web系) → ユー ザー企業 Developers Summit 2013 Action ! 50 13年2月19日火曜日
  • 51. Developers Summit git で皆さんご一緒に たぶんアジャイルと同じで、git/GitHubのような特定のツールを使え ばソーシャルというものでもないのでしょう。というより、われわ れは100万年前からソーシャルな生き物。それが活かせるツールや方 法論が出てきているということ。使わない手はない。 Developers Summit 2013 Action ! 13年2月19日火曜日
  • 52. Developers Summit Everyone, git on board !! 船に乗り込み、一緒にやろ う。同じ船で漕ぎ出そう! Developers Summit 2013 Action ! 13年2月19日火曜日