SlideShare a Scribd company logo
たった30分で
とりあえず
ひととおり
分かった気
にはなれる
アジャイル入門
自己紹介

滝川 陽一(たきがわ よういち)… takigawa401

• 1978年07月26日生 (34歳05ヶ月)
• 長野県飯田市近辺出身、東京在住
• 「技術コンサルG」という の組織に所属
• RIA、モバイル(スマートデバイス) 、アジャイル
• ブログ :ミッションたぶんPossible
• FC東京/中日ドラゴンズ/松本山雅
• 特記 :これがこの会社での最後のプレゼンです
前置き
2011年のとある日、客先にて
Androidアプリ開発
⽤用の開発標準作って
よ。アジャイルでオ
フショアやりたいか
らさ。宜しく頼むわ。




               ※画像はイメージです
それ以降、社内外で
アジャイルに様々な
形でトライしてきた
SIビジネスの中ではなかなか経験でき
ないアジャイルについてお伝えします
対象者
対象者
n    アジャイルって最近良く聞くけど全然分か
      んなくって…。
n    そもそもウォーターフォールだって良く分
      かんないのに新しいこと覚えたくない!!
n    アジャイルって、ドキュメント書かないん
      でしょ?
n    アジャイルで開発すると早くて安く上がる
      らしいじゃん?
n    アジャイルだと大規模開発できないだろ?
n    アジャイルなんて失敗多いもの採用出来る
      か!
対象者
n 

    ってアジャイルって最近良く聞くけど全然分か



  か
      んなくって…。



か
n    そもそもウォーターフォールだって良く分
      かんないのに新しいこと覚えたくない!!



      !
n    アジャイルって、ドキュメント書かないん



    !
      でしょ?



  い
n    アジャイルで開発すると早くて安く上がる




こ
      らしいじゃん?
n    アジャイルだと大規模開発できないだろ?
n    アジャイルなんて失敗多いもの採用出来る
      か!
アジェンダ
アジェンダ
n  アジャイルとは?
n  アジャイルマニフェスト
n  アジャイルの種類
n  なぜアジャイル?
n  アジャイルとウォーター
    フォール
n  アジャイルなエンジニア
所要時間
アジャイル
 って何?
アジャイル
 開発
「アジャイル」は形容詞、邦訳
で「敏捷な」「小回りのきく」
という意味を指す。
「開発がアジャイルだ」など状
態を表すことは出来るが、厳密
には「アジャイル開発」という
手法は存在しない。便宜上の
「アジャイル開発」という言葉
が に定着しているのが現状。
アジャイルのはじまり
アジャイル
マニフェスト
アジャイルソフトウェア開発宣言
(アジャイルマニフェスト)
2001年に、アジャイルソフトウェア開発手法の分野に
おいて名声のあるケント・ベックら17人がアメリカ合衆
国ユタ州スノーバードに会し、彼らがそれぞれ別個に提
唱していた開発手法の重要な部分を統合することについ
て議論した。 そして、彼らは「アジャイルソフトウェア
開発宣言」(Manifesto for Agile Software
Development)という文書にまとめた。 アジャイルソ
フトウェア開発宣言は、アジャイルソフトウェア開発と
その諸原則を公式に定義した文書であると、広く認めら
れている(参考: アジャイルソフトウェアの原則) 。

        アジャイルソフトウェア開発  -‐‑‒  Wikipedia  http://buff.ly/U7AVk4
私たちは、ソフトウェア開発
の実践あるいは実践を手助け
をする活動を通じて、よりよ
い開発方法を見つけだそうと
している。この活動を通して、
私たちは以下の価値に至った
  アジャイルソフトウェア開発宣⾔言  http://agilemanifesto.org/iso/ja/
プロセスやツー
ルよりも個人と
  対話を
包括的なドキュメ
ントよりも動くソ
 フトウェアを
契約交渉よりも
顧客との協調を
計画に従うこと
よりも変化への
  対応を
私たちは、ソフトウェア開発の実践あるいは実践
を手助けをする活動を通じて、よりよい開発方法
 を見つけだそうとしている。この活動を通して、
     私たちは以下の価値に至った。

  プロセスやツールよりも個人と対話を、
包括的なドキュメントよりも動くソフトウェアを、
    契約交渉よりも顧客との協調を、
  計画に従うことよりも変化への対応を、

価値とする。すなわち、左記のことがらに価値が
あることを認めながらも、私たちは右記のことが
      らにより価値をおく。
    アジャイルソフトウェア開発宣⾔言  http://agilemanifesto.org/iso/ja/
アジャイル宣言の背後にある原則
私たちは以下の原則に従う:
1.  顧客満足を最優先し、価値のあるソフトウェアを早く継続的に提供します。
2.  要求の変更はたとえ開発の後期であっても歓迎します。変化を味方につけることによって、お
    客様の競争力を引き上げます。
3.  動くソフトウェアを、2-3週間から2-3ヶ月というできるだけ短い時間間隔でリリースします。
4.  ビジネス側の人と開発者は、プロジェクトを通して日々一緒に働かなければなりません。
5.  意欲に満ちた人々を集めてプロジェクトを構成します。環境と支援を与え仕事が無事終わるま
    で彼らを信頼します。
6.  情報を伝えるもっとも効率的で効果的な方法はフェイス・トゥ・フェイスで話をすることです。
7.  動くソフトウェアこそが進 の最も重要な尺度です。
8.  アジャイル・プロセスは持続可能な開発を促進します。一定のペースを継続的に維持できるよう
    にしなければなりません。
9.  技術的卓越性と優れた設計に対する不断の注意が機敏さを高めます。
10. シンプルさ(ムダなく作れる量を最大限にすること)が本質です。
11. 最良のアーキテクチャ・要求・設計は、自己組織的なチームから生み出されます。
12. チームがもっと効率を高めることができるかを定期的に振り返り、それに基づいて自分たちの
    やり方を最適に調整します。




アジャイル宣⾔言の背後にある原則  http://agilemanifesto.org/iso/ja/principles.html
これでアナタも明日から
アジャイルなエンジニア!
たった30分で
とりあえず
ひととおり
    ご清聴
分かった気
有難うございました。
にはなれる
アジャイル入門
原理とか原則とかどーでもいいから
さっさとアジャイルを教えろよ!!
アジャイルのすべては必ず
アジャイルマニフェストに通ずる
   決して軽んずべからず
アジャイル
な開発手法
 の種類
と、その前に
ウォーターフォール開発
開発プロジェクトを時系列に、要求定義→外部設
計(概要設計) →内部設計(詳細設計) →開発(プロ
グラミング) →テスト→運用 などの作業工程に
分割し、原則として前工程が完了しないと次工程
に進まない(設計中にプログラミングを開始する
などの並行作業は行わない)事で、前工程の成果
物の品質を確保し、前工程への手戻りを最小限に
する。   ウォーターフォール・モデル  -‐‑‒  Wikipedia  http://buff.ly/TxgnQH
だ! !
嘘
開発プロジェクトを時系列に、要求定義→外部設
計(概要設計) →内部設計(詳細設計) →開発(プロ
グラミング) →テスト→運用 などの作業工程に
分割し、原則として前工程が完了しないと次工程
に進まない(設計中にプログラミングを開始する
などの並行作業は行わない)事で、前工程の成果
物の品質を確保し、前工程への手戻りを最小限に
する。   ウォーターフォール・モデル  -‐‑‒  Wikipedia  http://buff.ly/TxgnQH
本当のウォーターフォール開発は2度繰り返す
プロトタイプ




本開発の前にプロトタイプ開発を必ず行い、技術
検証を行うのが本来の「ウォーターフォール開
発」。米国から日本に伝わる際、誤って伝わった
ものがそのまま定着してしまったのが、現行の
「日本式ウォーターフォール開発」。
メリット
メリット
n    要求定義の工数見積に従って一括請負契約
      を結ぶことができる
n    承認プロセスが明確であるため責任の所在
      が明確である
n    プロジェクト参加者が担う役割は固定的で
      考える事が少ない(低スキルの技術者でも
      参画し易い)
デメリット
デメリット
n    開発途中での仕様変更に対応しきれない
n    仮説に基づいた要件にならざるを得ない
n    システムの実物を確認出来るになるまでの
      時間が長い
n    終盤にならなければ仮説の検証を行えない
n    ひとつひとつの工程が長すぎる
n    前工程の成果物は完全であることを前提と
      するため、誤りが発生した際手戻りが発生
      する
本題
アジャイルな
開発手法の種類
XP
(エクストリーミングプログラミング)
1999年に書籍『XPエクス
トリーム・プログラミング入
門―ソフトウェア開発の究極
の手法』(ケント・ベック著)
によって発表された。
柔軟性の高い開発手法である
ため、難易度の高い開発やビ
ジネス上の要求が刻々と変わ
るような状況に向いた開発手
法。ドキュメントよりもソー
スコードを、組織的開発の歯
車となることよりも、個人の
責任と勇気を重んじる人間中
心の開発プロセスであるとし
ている。


 エクストリーム・プログラミング  -‐‑‒  
 Wikipedia  http://buff.ly/TygsUk
5つの価値
5つの価値
n    コミュニケーション
n    シンプル
n    フィードバック
n    勇気
n    尊重
5つの価値は19のプラクティスに影響を与え、
XPの根幹を為す
19のプラクティス
19のプラクティス
n  共同のプラクティス(4つ)
n    反復
n    共通の用語
n    開けた作業空間
n    回顧(頻繁な振り返り)
19のプラクティス
n  開発のプラクティス(6つ)
n    テスト駆動開発
n    ペアプログラミング
n    リファクタリング
n    ソースコードの共同所有
n    継続的インテグレーション
n    YAGNI
19のプラクティス
n  管理者のプラクティス(5つ)
n    責任の受け入れ
n    援護
n    四半期毎の見直し
n    ミラー
n    最適なペースの仕事
19のプラクティス
n  顧客のプラクティス(4つ)
n    ストーリーの作成
n    リリース計画
n    受け入れテスト
n    短期リリース
19のプラクティス
Scrum
 1993年、ジェフ・サザーラ
                          ンドら3名がラウンドトリッ
                          プ・エンジニアリング(一種の反
                          復型開発)を取り入れたオブジェ
                          クト指向プログラミング設計・
                          分析ツールを構築したのが最初。
                          当時、素早い開発が求められて
                          おり、要求仕様を簡単に動作す
るコードに変換する方法が求められていた。同じ頃、ケン・シュ
エイバーが自社(ADM)でのソフトウェア開発にこの手法を用い
た。
 スクラム的手法を以前から活用していた企業として、富士ゼ
ロックス、キヤノン、(中略)などがある。これらのプロジェクト
については、一橋大学の野中郁次郎と竹内弘高が Harvard
Business Review 誌に 「The New New Product
Development Game」として発表している(1986年1-2月)。
         スクラム  (ソフトウェア開発)  -‐‑‒  Wikipedia  http://buff.ly/T8Cayk
Scrumは
「開発プロセス」
のフレームワーク

ソフトウェア開発以
外にも活用すること
ができる
Scrumは現在最も利用されている
    アジャイルな開発手法
ユーザー要件を細小単位に分割し、さらに機能単位に分割したも
のを2∼4weekのイテレーションごとにチームが開発を行う。
イテレーション終了時には製品・サービスの責任者が評価を行い、
完成とみなされたものだけがリリースされる。イテレーション終
了時には必ず開発チームで「ふりかえり」を行い、次のイテレー
ションに経験を生かす。
スクラムマスター

チーム




                  プロダクトオーナー



      Scrum開発チーム
プロダクトオーナー(PO)
         製品の総責任者。 お
         客様の意思の代表とし
         ての役割を担う。ビジ
         ネス視点(ROI等)でプ
         ロジェクトに問題がな
         い事を保障する役割を
         持つ。顧客の要望に優
         先順位を付ける。

          スクラム  (ソフトウェア開発)  -‐‑‒  Wikipedia  
                     http://buff.ly/T8Cayk
スクラムマスター(SM)
         プロジェクトが円滑に
         進むよう調整する。主
         の作業はチーム内外の
         ファシリテーションと
         外部妨害を対処するこ
         と。従来のPMの役割
         を担う事が多いが、最
         もプロジェクト管理責
         任が少ない。
          スクラム  (ソフトウェア開発)  -‐‑‒  Wikipedia  
                     http://buff.ly/T8Cayk
チーム
      各メンバーが協力し、全
      体として同じゴールを目
      指す。チームの人数は5
      人から9人が適当とされ、
      実装とテストの能力を持
      つ。チームは作業プロセ
      スと作業結果の責任も持
      ち、自らチーム内の管理
      を行う。

      スクラム  (ソフトウェア開発)  -‐‑‒  Wikipedia  
                 http://buff.ly/T8Cayk
調整役



          バランス
                   ビジネス要件
  開発を実施     対立       を出す




往々にして対立しがち(協調出来るのが勿論望ましい)な
チームとPOの間を取り持ち、プロジェクトが円滑に進
むようにバランスを取るのがスクラムマスターの役割。
優れた開発チームには
 管理者は要らない
チームが成熟した状態が
  最も生産性が高い
チームを解散してはならない
番外
Lean Startup
エリック・リースが提唱したベンチャービジネスの立ち上げ
手法のひとつ。「リーン」とはトヨタの「リーン生産方式」から
の引用。エリック・リースがプログラマだったことから、XPの
要素を色濃く持つ。
「ビジネスを素早く立ち上げ、可能な限り早く小さく失敗し、い
ち早く成功に り着く」ことを目的とする。
IDEA

ビジネスの着想とな
る最初のアイディア。
「仮説」とも。大前
提として「誤ってい
る」として捉え、徐々
に修正して行く事が必
要になる。
MVP

「Minimam Viable
Product(実用最小限
の製品)」の略。ユー
ザーニーズを測れる最
低限の機能を持った
状態のサービス・製
品を指す。必ずしも形
になっている必要はな
く、コンセプトビデ
オのようなケースもあ
る。
Analysis

ローンチ後のMVPの
利用状況をログから
計測する。指標の設
定が非常に重要で、
誤った指標設定を
行っていない場合、ビ
ジネスを成功に方向
修正することが非常
に困難になる。
Pivot

分析の結果として「仮
説」が誤っていると判
断出来た場合、新た
に仮説を立ててビジ
ネスを方向転換する。
一から考え直すので
はなく、微修正に留
める。
MVPの作成→ローンチ→分析→ピボットの作成
を素早く繰り返し、いち早くユーザーの心をつかむ
   サービス・製品を作り、市場に提供する
何故
アジャイル?
なぜ受託開発ビジネスは
ウォーターフォール開発ばかり?
for Business
自分たちの本業とは
異なるIT関連作業を
 丸投げしたいユー
   ザー企業
ユーザー企業から契
約( 稟議)を引き出し
    たいSIer
双方の思惑の一致から最初に金額を決定す
 る現行の受託開発ビジネスが生まれた
ウォーターフォールは現行の
受託開発ビジネスに最適の開発手法
ウォーターフォール開発は、開発の最中での仕様
変更や、漏れ・抜け・誤りを一切許さない
ミスをしない人間はいない
赤字プロジェクトや
デスマーチが簡単に
 発生する要因
ウォーターフォールが当たり前なのは
IT業界の中でも受託開発ビジネスだけ
IT業界の他の分野、特にゲームは
アジャイルで開発せざるを得ない
Why?
例:キャサリン
(Playstation3 / ATLUS)
ゲーム概要
メインはパズルゲーム。足下が崩れて行く
ブロックの山(壁)を、ブロックを押したり
引っ張ったりして移動させながら、ぶら下
がったり飛び跳ねたりすることで一番上ま
で り着けばゴール。これらは全て主人公
の夢(悪夢)の中で行われる。恋人に結婚を
迫られた主人公がある夜初めて会った美女
と一夜を共にしてしまってから始まった悪
夢。毎晩命がけで登り続けることになる。
ゲーム概要
メインはパズルゲーム。足下が崩れて行く
イラストも無しに説明文だけ
ブロックの山(壁)を、ブロックを押したり
引っ張ったりして移動させながら、ぶら下
でこのゲームを「面白い」と
がったり飛び跳ねたりすることで一番上ま
   判断するのは至難の業
で り着けばゴール。これらは全て主人公
の夢(悪夢)の中で行われる。恋人に結婚を
迫られた主人公がある夜初めて会った美女
と一夜を共にしてしまってから始まった悪
夢。毎晩命がけで登り続けることになる。
ゲームが面白いかどうかは
作って遊んでみないとわからない
ユーザーニーズの多様化
ビジネススピードの加速
アーキテクチャの複雑化
n  開発側に負担がかかり過
    ぎる
n  評価軸が不確かな製品・
    サービス
n  ユーザーニーズの多様化
n  ビジネススピードの加速
n  アーキテクチャの複雑化
n  etc…
ユーザーに価値を届け、数々の課題に対応
し、エンジニアを健全な状態に保つ方法と
  してアジャイルが選ばれつつある
アジャイルと
ウォーターフォール
アジャイルなら早く上手く安く作れる?
プロセスが異なるだけでシステム開発の本質には
変わりない。むしろアジャイルの方が高くつくか
も。ただし「ユーザーが本当に欲しいもの」が作
れる可能性が高く、結果的に安くなる事もある。
アジャイルでは大規模開発は出来ない?
Salesforceは数百人が参画するプロジェクトを
アジャイルで実施。世界最大のスクラムチームを
持つ。(世界最大はマイクロソフトという説も)
日本の受託開発ビジネスで
アジャイルな開発を導入するのは難しい?
アジャイルな開発では準委任の契約形式が
 望ましい。一括請負は非常にリスキー。
アジャイルはよく失敗するって聞くけど?
これまでウォーターフォール開発が
何万回失敗して来たと思ってるんだ!?
まずは失敗してよい場所で小さく試すのが理想的
小さく始めて
 成功体験を
 積み上げる
受託開発(ウォーターフォール)の現場では
 アジャイルな開発は出来ないのか?
NO!
アジャイルの手法
は「現場を改善す
るTips」の集合
例えば
全員同席

         開発チーム全員が同じ場所(同じ
         ビル同じフロアの隣り合った席)
         で一緒に仕事を行う。プロダク
         トオーナーなども同様。

[Agile]Agile  Buffet  Cardを作りました  –  Ryuzee.com
      http://www.ryuzee.com/contents/blog/4741
テスト駆動開発(TDD)
            プロダクトのソースコードを書
            く前にテストコードから書く。
            プロダクトのソースコードはそ
            のテストがクリア出来るように
            記述する。
   [Agile]Agile  Buffet  Cardを作りました  –  Ryuzee.com
         http://www.ryuzee.com/contents/blog/4741
ペアプログラミング
           二人一組で1台のPCを用いてプ
           ロクグラミングを行う。TDD
           と組み合わせて、1人がテスト
           コードを、1人が実装を行う事
           も。
 [Agile]Agile  Buffet  Cardを作りました  –  Ryuzee.com
       http://www.ryuzee.com/contents/blog/4741
継続的インテグレーション
            実装したソースコードを定期的
            にテスト環境にデプロイしたり
            自動テストにかけたりして開発
            対象の品質を保つ事。Jenkins
            などのツールを用いる事が一般
            的。
   [Agile]Agile  Buffet  Cardを作りました  –  Ryuzee.com
         http://www.ryuzee.com/contents/blog/4741
朝会

          開発チーム全員が一同に会し、
          短時間で進捗度合いや課題を共
          有するミーティングを行う。


[Agile]Agile  Buffet  Cardを作りました  –  Ryuzee.com
      http://www.ryuzee.com/contents/blog/4741
ふりかえり

          イテレーションやプロジェクト
          の終了時に開発チームで良かっ
          た点反省点を出し、次の開発へ
          繋げる改善案を話し合う。

[Agile]Agile  Buffet  Cardを作りました  –  Ryuzee.com
      http://www.ryuzee.com/contents/blog/4741
Kanban

          タスク毎に付箋に書き出し、ホ
          ワイトボード等に貼って進捗状
          況を可視化する。

[Agile]Agile  Buffet  Cardを作りました  –  Ryuzee.com
      http://www.ryuzee.com/contents/blog/4741
リファクタリング

           実装済みのソースコードを、よ
           り読み易くシンプルに書き直す
           ことで、メンテナンス性を高め
           ておく。

 [Agile]Agile  Buffet  Cardを作りました  –  Ryuzee.com
       http://www.ryuzee.com/contents/blog/4741
コードの共有所有
          CVSやSubversion、gitを
          用いて、チームで開発中のソー
          スコードやドキュメントを一元
          管理する。メンテナンスはチー
          ム全員で行うことを合意する。
 [Agile]Agile  Buffet  Cardを作りました  –  Ryuzee.com
       http://www.ryuzee.com/contents/blog/4741
ニコニコカレンダー

            開発メンバーの体調や仕事の忙
            しさをフェイスマークの表情で
            可視化し、個々の状況をチーム
            全員で把握し易くしておく。

        ちはやふるの⽇日記  -‐‑‒  ゆるふわニコニコカレンダー
 http://www.chihayafuru.jp/tdiary/?date=20090116
イテレーションを回さなくても、アジャイルの要
素を取り入れた開発を行う事は出来る
大事なのは現場を改善
して行こうという意識
アジャイルな
エンジニア
実はアジャイルだろうが
ウォーターフォールだろうが
  あんまり変わりない
同じバスに乗る
自分の範囲を広げる
自己組織化
自分が提供するものの価値を意識する
王道な「アジャイル開発」は北極星
いつも「アジャイルマニフェスト」を心に
強い意志を持って常に向上し続ける
たった30分で
とりあえず
ひととおり
分かった気
にはなれる
アジャイル入門
たった30分で
とりあえず
ひととおり
    ご清聴
分かった気
有難うございました。
にはなれる
アジャイル入門

More Related Content

What's hot

ITコミュニティと情報発信に共通する成長と貢献の要素
ITコミュニティと情報発信に共通する成長と貢献の要素ITコミュニティと情報発信に共通する成長と貢献の要素
ITコミュニティと情報発信に共通する成長と貢献の要素
NISHIHARA Shota
 
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
toshihiro ichitani
 
アジャイルなソフトウェア設計を目指して
アジャイルなソフトウェア設計を目指してアジャイルなソフトウェア設計を目指して
アジャイルなソフトウェア設計を目指して
増田 亨
 
ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)
ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)
ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)
Tokoroten Nakayama
 
「DX完全に理解した」「DXわけがわからないよ」なユーザ企業の方へ
「DX完全に理解した」「DXわけがわからないよ」なユーザ企業の方へ「DX完全に理解した」「DXわけがわからないよ」なユーザ企業の方へ
「DX完全に理解した」「DXわけがわからないよ」なユーザ企業の方へ
YoheiGibo
 
kintone製品説明
kintone製品説明kintone製品説明
kintone製品説明
Cybozucommunity
 
プロトタイピングとユーザビリティテストで「UXデザイン」を練りあげよう! | UXデザイン基礎セミナー 第4回
プロトタイピングとユーザビリティテストで「UXデザイン」を練りあげよう! | UXデザイン基礎セミナー 第4回プロトタイピングとユーザビリティテストで「UXデザイン」を練りあげよう! | UXデザイン基礎セミナー 第4回
プロトタイピングとユーザビリティテストで「UXデザイン」を練りあげよう! | UXデザイン基礎セミナー 第4回
Yoshiki Hayama
 
オーバーエンジニアリングって何? #devsumi #devsumiA
オーバーエンジニアリングって何? #devsumi #devsumiAオーバーエンジニアリングって何? #devsumi #devsumiA
オーバーエンジニアリングって何? #devsumi #devsumiA
Ore Product
 
アジャイル開発を支えるアーキテクチャ設計とは
アジャイル開発を支えるアーキテクチャ設計とはアジャイル開発を支えるアーキテクチャ設計とは
アジャイル開発を支えるアーキテクチャ設計とは
Yusuke Suzuki
 
Slideshare Japanese
Slideshare JapaneseSlideshare Japanese
Slideshare Japanese
Hidenori Goto
 
スマートフォンゲーム企画書制作のポイント
スマートフォンゲーム企画書制作のポイントスマートフォンゲーム企画書制作のポイント
スマートフォンゲーム企画書制作のポイント
Tetsuya Kimura
 
UXデザイン概論 2019
UXデザイン概論 2019UXデザイン概論 2019
UXデザイン概論 2019
Masaya Ando
 
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
mosa siru
 
そのコマは回り続けるかそれとも倒れるか
そのコマは回り続けるかそれとも倒れるかそのコマは回り続けるかそれとも倒れるか
そのコマは回り続けるかそれとも倒れるか
toshihiro ichitani
 
リーン開発の本質 公開用
リーン開発の本質 公開用リーン開発の本質 公開用
リーン開発の本質 公開用
ESM SEC
 
ユーザーインタビューするときは、どうやらゾンビのおでましさ
ユーザーインタビューするときは、どうやらゾンビのおでましさユーザーインタビューするときは、どうやらゾンビのおでましさ
ユーザーインタビューするときは、どうやらゾンビのおでましさ
Yoshiki Hayama
 
ビジネスパーソンのためのDX入門講座エッセンス版
ビジネスパーソンのためのDX入門講座エッセンス版ビジネスパーソンのためのDX入門講座エッセンス版
ビジネスパーソンのためのDX入門講座エッセンス版
Tokoroten Nakayama
 
今どきの若手育成にひそむ3つの思いこみ
今どきの若手育成にひそむ3つの思いこみ今どきの若手育成にひそむ3つの思いこみ
今どきの若手育成にひそむ3つの思いこみ
Mariko Hayashi
 
Slideshareで見つけた「読みやすい・見やすいスライド」に共通する4つのポイント
Slideshareで見つけた「読みやすい・見やすいスライド」に共通する4つのポイントSlideshareで見つけた「読みやすい・見やすいスライド」に共通する4つのポイント
Slideshareで見つけた「読みやすい・見やすいスライド」に共通する4つのポイント
Taichi Hirano
 
ふつうの受託開発チームのつくりかた
ふつうの受託開発チームのつくりかたふつうの受託開発チームのつくりかた
ふつうの受託開発チームのつくりかた
Yoshitaka Kawashima
 

What's hot (20)

ITコミュニティと情報発信に共通する成長と貢献の要素
ITコミュニティと情報発信に共通する成長と貢献の要素ITコミュニティと情報発信に共通する成長と貢献の要素
ITコミュニティと情報発信に共通する成長と貢献の要素
 
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
 
アジャイルなソフトウェア設計を目指して
アジャイルなソフトウェア設計を目指してアジャイルなソフトウェア設計を目指して
アジャイルなソフトウェア設計を目指して
 
ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)
ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)
ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)
 
「DX完全に理解した」「DXわけがわからないよ」なユーザ企業の方へ
「DX完全に理解した」「DXわけがわからないよ」なユーザ企業の方へ「DX完全に理解した」「DXわけがわからないよ」なユーザ企業の方へ
「DX完全に理解した」「DXわけがわからないよ」なユーザ企業の方へ
 
kintone製品説明
kintone製品説明kintone製品説明
kintone製品説明
 
プロトタイピングとユーザビリティテストで「UXデザイン」を練りあげよう! | UXデザイン基礎セミナー 第4回
プロトタイピングとユーザビリティテストで「UXデザイン」を練りあげよう! | UXデザイン基礎セミナー 第4回プロトタイピングとユーザビリティテストで「UXデザイン」を練りあげよう! | UXデザイン基礎セミナー 第4回
プロトタイピングとユーザビリティテストで「UXデザイン」を練りあげよう! | UXデザイン基礎セミナー 第4回
 
オーバーエンジニアリングって何? #devsumi #devsumiA
オーバーエンジニアリングって何? #devsumi #devsumiAオーバーエンジニアリングって何? #devsumi #devsumiA
オーバーエンジニアリングって何? #devsumi #devsumiA
 
アジャイル開発を支えるアーキテクチャ設計とは
アジャイル開発を支えるアーキテクチャ設計とはアジャイル開発を支えるアーキテクチャ設計とは
アジャイル開発を支えるアーキテクチャ設計とは
 
Slideshare Japanese
Slideshare JapaneseSlideshare Japanese
Slideshare Japanese
 
スマートフォンゲーム企画書制作のポイント
スマートフォンゲーム企画書制作のポイントスマートフォンゲーム企画書制作のポイント
スマートフォンゲーム企画書制作のポイント
 
UXデザイン概論 2019
UXデザイン概論 2019UXデザイン概論 2019
UXデザイン概論 2019
 
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
 
そのコマは回り続けるかそれとも倒れるか
そのコマは回り続けるかそれとも倒れるかそのコマは回り続けるかそれとも倒れるか
そのコマは回り続けるかそれとも倒れるか
 
リーン開発の本質 公開用
リーン開発の本質 公開用リーン開発の本質 公開用
リーン開発の本質 公開用
 
ユーザーインタビューするときは、どうやらゾンビのおでましさ
ユーザーインタビューするときは、どうやらゾンビのおでましさユーザーインタビューするときは、どうやらゾンビのおでましさ
ユーザーインタビューするときは、どうやらゾンビのおでましさ
 
ビジネスパーソンのためのDX入門講座エッセンス版
ビジネスパーソンのためのDX入門講座エッセンス版ビジネスパーソンのためのDX入門講座エッセンス版
ビジネスパーソンのためのDX入門講座エッセンス版
 
今どきの若手育成にひそむ3つの思いこみ
今どきの若手育成にひそむ3つの思いこみ今どきの若手育成にひそむ3つの思いこみ
今どきの若手育成にひそむ3つの思いこみ
 
Slideshareで見つけた「読みやすい・見やすいスライド」に共通する4つのポイント
Slideshareで見つけた「読みやすい・見やすいスライド」に共通する4つのポイントSlideshareで見つけた「読みやすい・見やすいスライド」に共通する4つのポイント
Slideshareで見つけた「読みやすい・見やすいスライド」に共通する4つのポイント
 
ふつうの受託開発チームのつくりかた
ふつうの受託開発チームのつくりかたふつうの受託開発チームのつくりかた
ふつうの受託開発チームのつくりかた
 

Viewers also liked

アジャイル入門
アジャイル入門アジャイル入門
アジャイル入門
Kenji Morita
 
「正しいアジャイル」でなくてもいい
「正しいアジャイル」でなくてもいい「正しいアジャイル」でなくてもいい
「正しいアジャイル」でなくてもいいHiroshi Ogino
 
第17回すくすくスクラム 振り返りの基礎はこれだ!
第17回すくすくスクラム 振り返りの基礎はこれだ!第17回すくすくスクラム 振り返りの基礎はこれだ!
第17回すくすくスクラム 振り返りの基礎はこれだ!
Eiichi Hayashi
 
ソーシャルコーディング革命後の開発委託の世界〜QA@ITの事例
ソーシャルコーディング革命後の開発委託の世界〜QA@ITの事例ソーシャルコーディング革命後の開発委託の世界〜QA@ITの事例
ソーシャルコーディング革命後の開発委託の世界〜QA@ITの事例
Ken Nishimura
 
Agile-development-course-advanced-1-2
Agile-development-course-advanced-1-2Agile-development-course-advanced-1-2
Agile-development-course-advanced-1-2
Miho Nagase
 
Summary of Scrum Guide
Summary of Scrum GuideSummary of Scrum Guide
Summary of Scrum Guide
Naoto Nishimura
 
5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版
5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版
5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版
Fumihiko Kinoshita
 
認定スクラムマスター研修に行ってきました
認定スクラムマスター研修に行ってきました認定スクラムマスター研修に行ってきました
認定スクラムマスター研修に行ってきました
Hajime Yanagawa
 
新人エンジニアが知っておきたいアジャイル開発
新人エンジニアが知っておきたいアジャイル開発新人エンジニアが知っておきたいアジャイル開発
新人エンジニアが知っておきたいアジャイル開発
schoowebcampus
 
企業システムにアジャイルは必要か
企業システムにアジャイルは必要か企業システムにアジャイルは必要か
企業システムにアジャイルは必要か
Hiromasa Oka
 
はじめてのアジャイル
はじめてのアジャイルはじめてのアジャイル
はじめてのアジャイルTakao Kimura
 
20110118 scrum 10 mins
20110118 scrum 10 mins20110118 scrum 10 mins
20110118 scrum 10 mins
Yasunobu Kawaguchi
 
「アジャイル入門」(AgileJapan2013チュートリアルセッション資料)
「アジャイル入門」(AgileJapan2013チュートリアルセッション資料)「アジャイル入門」(AgileJapan2013チュートリアルセッション資料)
「アジャイル入門」(AgileJapan2013チュートリアルセッション資料)
Makoto Nishikawa
 
リクルート住まいカンパニーの新規事業でのスクラム導入奮闘記
リクルート住まいカンパニーの新規事業でのスクラム導入奮闘記リクルート住まいカンパニーの新規事業でのスクラム導入奮闘記
リクルート住まいカンパニーの新規事業でのスクラム導入奮闘記
Tatsuya Yokoyama
 
スクラム開発について
スクラム開発についてスクラム開発について
スクラム開発について
Akio Terayama
 
Are you ready? ~これからアジャイル開発をスタートアップするために プラクティスの実践と実感~
Are you ready? ~これからアジャイル開発をスタートアップするために プラクティスの実践と実感~Are you ready? ~これからアジャイル開発をスタートアップするために プラクティスの実践と実感~
Are you ready? ~これからアジャイル開発をスタートアップするために プラクティスの実践と実感~
Akira Ikeda
 
Yahoo! JAPAN の アジャイル開発の普及戦略
Yahoo! JAPAN の アジャイル開発の普及戦略Yahoo! JAPAN の アジャイル開発の普及戦略
Yahoo! JAPAN の アジャイル開発の普及戦略
Yahoo!デベロッパーネットワーク
 
社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について(Rebuild) #devlove
社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について(Rebuild) #devlove 社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について(Rebuild) #devlove
社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について(Rebuild) #devlove
Itsuki Kuroda
 
小さく始める大規模スクラム
小さく始める大規模スクラム小さく始める大規模スクラム
小さく始める大規模スクラム
Keisuke Tsukagoshi
 

Viewers also liked (20)

アジャイル入門
アジャイル入門アジャイル入門
アジャイル入門
 
「正しいアジャイル」でなくてもいい
「正しいアジャイル」でなくてもいい「正しいアジャイル」でなくてもいい
「正しいアジャイル」でなくてもいい
 
第17回すくすくスクラム 振り返りの基礎はこれだ!
第17回すくすくスクラム 振り返りの基礎はこれだ!第17回すくすくスクラム 振り返りの基礎はこれだ!
第17回すくすくスクラム 振り返りの基礎はこれだ!
 
ソーシャルコーディング革命後の開発委託の世界〜QA@ITの事例
ソーシャルコーディング革命後の開発委託の世界〜QA@ITの事例ソーシャルコーディング革命後の開発委託の世界〜QA@ITの事例
ソーシャルコーディング革命後の開発委託の世界〜QA@ITの事例
 
Agile-development-course-advanced-1-2
Agile-development-course-advanced-1-2Agile-development-course-advanced-1-2
Agile-development-course-advanced-1-2
 
Summary of Scrum Guide
Summary of Scrum GuideSummary of Scrum Guide
Summary of Scrum Guide
 
5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版
5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版
5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版
 
認定スクラムマスター研修に行ってきました
認定スクラムマスター研修に行ってきました認定スクラムマスター研修に行ってきました
認定スクラムマスター研修に行ってきました
 
新人エンジニアが知っておきたいアジャイル開発
新人エンジニアが知っておきたいアジャイル開発新人エンジニアが知っておきたいアジャイル開発
新人エンジニアが知っておきたいアジャイル開発
 
企業システムにアジャイルは必要か
企業システムにアジャイルは必要か企業システムにアジャイルは必要か
企業システムにアジャイルは必要か
 
はじめてのアジャイル
はじめてのアジャイルはじめてのアジャイル
はじめてのアジャイル
 
20110118 scrum 10 mins
20110118 scrum 10 mins20110118 scrum 10 mins
20110118 scrum 10 mins
 
「アジャイル入門」(AgileJapan2013チュートリアルセッション資料)
「アジャイル入門」(AgileJapan2013チュートリアルセッション資料)「アジャイル入門」(AgileJapan2013チュートリアルセッション資料)
「アジャイル入門」(AgileJapan2013チュートリアルセッション資料)
 
リクルート住まいカンパニーの新規事業でのスクラム導入奮闘記
リクルート住まいカンパニーの新規事業でのスクラム導入奮闘記リクルート住まいカンパニーの新規事業でのスクラム導入奮闘記
リクルート住まいカンパニーの新規事業でのスクラム導入奮闘記
 
スクラム開発について
スクラム開発についてスクラム開発について
スクラム開発について
 
Are you ready? ~これからアジャイル開発をスタートアップするために プラクティスの実践と実感~
Are you ready? ~これからアジャイル開発をスタートアップするために プラクティスの実践と実感~Are you ready? ~これからアジャイル開発をスタートアップするために プラクティスの実践と実感~
Are you ready? ~これからアジャイル開発をスタートアップするために プラクティスの実践と実感~
 
Yahoo! JAPAN の アジャイル開発の普及戦略
Yahoo! JAPAN の アジャイル開発の普及戦略Yahoo! JAPAN の アジャイル開発の普及戦略
Yahoo! JAPAN の アジャイル開発の普及戦略
 
社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について(Rebuild) #devlove
社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について(Rebuild) #devlove 社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について(Rebuild) #devlove
社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について(Rebuild) #devlove
 
小さく始める大規模スクラム
小さく始める大規模スクラム小さく始める大規模スクラム
小さく始める大規模スクラム
 
Agile in 30mins
Agile in 30minsAgile in 30mins
Agile in 30mins
 

Similar to とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門

GCSアジャイル開発を使ったゲームの作り方
 GCSアジャイル開発を使ったゲームの作り方 GCSアジャイル開発を使ったゲームの作り方
GCSアジャイル開発を使ったゲームの作り方
Hiroyuki Tanaka
 
Scrum"再"入門
Scrum"再"入門Scrum"再"入門
Scrum"再"入門
You&I
 
Vantan shinsuke miyaki_upload
Vantan shinsuke miyaki_uploadVantan shinsuke miyaki_upload
Vantan shinsuke miyaki_upload
Shinsuke Miyaki
 
はじめてのスクラム体験ワークショップ 〜 アジャイル時代のテスターを目指して
はじめてのスクラム体験ワークショップ 〜 アジャイル時代のテスターを目指して はじめてのスクラム体験ワークショップ 〜 アジャイル時代のテスターを目指して
はじめてのスクラム体験ワークショップ 〜 アジャイル時代のテスターを目指して
Rakuten Group, Inc.
 
アジャイル開発&TFS導入
アジャイル開発&TFS導入アジャイル開発&TFS導入
アジャイル開発&TFS導入
You&I
 
Offshore Agile Development in XP
Offshore Agile Development in XPOffshore Agile Development in XP
Offshore Agile Development in XP
Kenji Hiranabe
 
はじめてのScrumこれから大切にしたいこと Release#2
はじめてのScrumこれから大切にしたいこと Release#2はじめてのScrumこれから大切にしたいこと Release#2
はじめてのScrumこれから大切にしたいこと Release#2
Takenori Takaki
 
アジャイルマネジメントとは?
アジャイルマネジメントとは?アジャイルマネジメントとは?
アジャイルマネジメントとは?
Kiro Harada
 
Modeling in the Agile Age and casual astah models
Modeling in the Agile Age and casual astah modelsModeling in the Agile Age and casual astah models
Modeling in the Agile Age and casual astah models
Kenji Hiranabe
 
リーン原則とソフトウェア開発
リーン原則とソフトウェア開発リーン原則とソフトウェア開発
リーン原則とソフトウェア開発
You&I
 
アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜
アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜
アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜
Fumihiko Kinoshita
 
【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発
【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発
【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発
Developers Summit
 
分散開発チームによるAgile開発実践 ~いろいろハマった!よかった
分散開発チームによるAgile開発実践 ~いろいろハマった!よかった分散開発チームによるAgile開発実践 ~いろいろハマった!よかった
分散開発チームによるAgile開発実践 ~いろいろハマった!よかった
Makoto Iguchi
 
ソフトウェアだんどり
ソフトウェアだんどりソフトウェアだんどり
ソフトウェアだんどり
Takashi Imagire
 
サービス開発における工程
サービス開発における工程サービス開発における工程
サービス開発における工程
Hidetoshi Mori
 
ソフトウェア開発の現場風景
ソフトウェア開発の現場風景ソフトウェア開発の現場風景
ソフトウェア開発の現場風景
Koichi ITO
 
OSC2018 hiroshima session slide by OSSC
OSC2018 hiroshima session slide by OSSCOSC2018 hiroshima session slide by OSSC
OSC2018 hiroshima session slide by OSSC
Daisuke Nishino
 
Roo
RooRoo
Agile and Scrum: Theory of Knowledge Creation and A Real Story
Agile and Scrum: Theory of Knowledge Creation and A Real StoryAgile and Scrum: Theory of Knowledge Creation and A Real Story
Agile and Scrum: Theory of Knowledge Creation and A Real Story
Kenji Hiranabe
 
To be sn agile enterprise
To be sn agile enterpriseTo be sn agile enterprise
To be sn agile enterprise
Rakuten Group, Inc.
 

Similar to とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門 (20)

GCSアジャイル開発を使ったゲームの作り方
 GCSアジャイル開発を使ったゲームの作り方 GCSアジャイル開発を使ったゲームの作り方
GCSアジャイル開発を使ったゲームの作り方
 
Scrum"再"入門
Scrum"再"入門Scrum"再"入門
Scrum"再"入門
 
Vantan shinsuke miyaki_upload
Vantan shinsuke miyaki_uploadVantan shinsuke miyaki_upload
Vantan shinsuke miyaki_upload
 
はじめてのスクラム体験ワークショップ 〜 アジャイル時代のテスターを目指して
はじめてのスクラム体験ワークショップ 〜 アジャイル時代のテスターを目指して はじめてのスクラム体験ワークショップ 〜 アジャイル時代のテスターを目指して
はじめてのスクラム体験ワークショップ 〜 アジャイル時代のテスターを目指して
 
アジャイル開発&TFS導入
アジャイル開発&TFS導入アジャイル開発&TFS導入
アジャイル開発&TFS導入
 
Offshore Agile Development in XP
Offshore Agile Development in XPOffshore Agile Development in XP
Offshore Agile Development in XP
 
はじめてのScrumこれから大切にしたいこと Release#2
はじめてのScrumこれから大切にしたいこと Release#2はじめてのScrumこれから大切にしたいこと Release#2
はじめてのScrumこれから大切にしたいこと Release#2
 
アジャイルマネジメントとは?
アジャイルマネジメントとは?アジャイルマネジメントとは?
アジャイルマネジメントとは?
 
Modeling in the Agile Age and casual astah models
Modeling in the Agile Age and casual astah modelsModeling in the Agile Age and casual astah models
Modeling in the Agile Age and casual astah models
 
リーン原則とソフトウェア開発
リーン原則とソフトウェア開発リーン原則とソフトウェア開発
リーン原則とソフトウェア開発
 
アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜
アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜
アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜
 
【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発
【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発
【16-E-4】残業ゼロで開発スピードが10倍に!もう元の開発体制には戻れないデンソー流のアジャイル開発
 
分散開発チームによるAgile開発実践 ~いろいろハマった!よかった
分散開発チームによるAgile開発実践 ~いろいろハマった!よかった分散開発チームによるAgile開発実践 ~いろいろハマった!よかった
分散開発チームによるAgile開発実践 ~いろいろハマった!よかった
 
ソフトウェアだんどり
ソフトウェアだんどりソフトウェアだんどり
ソフトウェアだんどり
 
サービス開発における工程
サービス開発における工程サービス開発における工程
サービス開発における工程
 
ソフトウェア開発の現場風景
ソフトウェア開発の現場風景ソフトウェア開発の現場風景
ソフトウェア開発の現場風景
 
OSC2018 hiroshima session slide by OSSC
OSC2018 hiroshima session slide by OSSCOSC2018 hiroshima session slide by OSSC
OSC2018 hiroshima session slide by OSSC
 
Roo
RooRoo
Roo
 
Agile and Scrum: Theory of Knowledge Creation and A Real Story
Agile and Scrum: Theory of Knowledge Creation and A Real StoryAgile and Scrum: Theory of Knowledge Creation and A Real Story
Agile and Scrum: Theory of Knowledge Creation and A Real Story
 
To be sn agile enterprise
To be sn agile enterpriseTo be sn agile enterprise
To be sn agile enterprise
 

More from 陽一 滝川

BLEACHに学ぶ覚悟のススメ
BLEACHに学ぶ覚悟のススメBLEACHに学ぶ覚悟のススメ
BLEACHに学ぶ覚悟のススメ
陽一 滝川
 
2018/07/06 TOC実践分科会発表資料 TP3++ vs TP4G
2018/07/06 TOC実践分科会発表資料 TP3++ vs TP4G2018/07/06 TOC実践分科会発表資料 TP3++ vs TP4G
2018/07/06 TOC実践分科会発表資料 TP3++ vs TP4G
陽一 滝川
 
俺の会社がこんなに経営破綻なわけがない
俺の会社がこんなに経営破綻なわけがない俺の会社がこんなに経営破綻なわけがない
俺の会社がこんなに経営破綻なわけがない
陽一 滝川
 
たった50分でとりあえずひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門【新装版】
たった50分でとりあえずひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門【新装版】たった50分でとりあえずひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門【新装版】
たった50分でとりあえずひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門【新装版】
陽一 滝川
 
IT技術者でも1から学べるビジネスモデルキャンバス入門
IT技術者でも1から学べるビジネスモデルキャンバス入門IT技術者でも1から学べるビジネスモデルキャンバス入門
IT技術者でも1から学べるビジネスモデルキャンバス入門
陽一 滝川
 
20130423 #devlove 職場を劇的にさせる四十八手 —「n次請けSIerでも出来ること」のその続き—
20130423 #devlove 職場を劇的にさせる四十八手 —「n次請けSIerでも出来ること」のその続き—20130423 #devlove 職場を劇的にさせる四十八手 —「n次請けSIerでも出来ること」のその続き—
20130423 #devlove 職場を劇的にさせる四十八手 —「n次請けSIerでも出来ること」のその続き—
陽一 滝川
 
デブサミ2013の明後日な楽しみ方
デブサミ2013の明後日な楽しみ方デブサミ2013の明後日な楽しみ方
デブサミ2013の明後日な楽しみ方
陽一 滝川
 
n次請けSIerでもできること
n次請けSIerでもできることn次請けSIerでもできること
n次請けSIerでもできること
陽一 滝川
 
Experience Visionのはじめかた に見るDevLOVE勉強会のススメ
Experience Visionのはじめかた に見るDevLOVE勉強会のススメExperience Visionのはじめかた に見るDevLOVE勉強会のススメ
Experience Visionのはじめかた に見るDevLOVE勉強会のススメ
陽一 滝川
 
デブサミ2012にいってきたよ。 - takigawa401
デブサミ2012にいってきたよ。 - takigawa401デブサミ2012にいってきたよ。 - takigawa401
デブサミ2012にいってきたよ。 - takigawa401
陽一 滝川
 
30分で分かった気になるソーシャルゲーム入門
30分で分かった気になるソーシャルゲーム入門30分で分かった気になるソーシャルゲーム入門
30分で分かった気になるソーシャルゲーム入門
陽一 滝川
 

More from 陽一 滝川 (11)

BLEACHに学ぶ覚悟のススメ
BLEACHに学ぶ覚悟のススメBLEACHに学ぶ覚悟のススメ
BLEACHに学ぶ覚悟のススメ
 
2018/07/06 TOC実践分科会発表資料 TP3++ vs TP4G
2018/07/06 TOC実践分科会発表資料 TP3++ vs TP4G2018/07/06 TOC実践分科会発表資料 TP3++ vs TP4G
2018/07/06 TOC実践分科会発表資料 TP3++ vs TP4G
 
俺の会社がこんなに経営破綻なわけがない
俺の会社がこんなに経営破綻なわけがない俺の会社がこんなに経営破綻なわけがない
俺の会社がこんなに経営破綻なわけがない
 
たった50分でとりあえずひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門【新装版】
たった50分でとりあえずひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門【新装版】たった50分でとりあえずひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門【新装版】
たった50分でとりあえずひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門【新装版】
 
IT技術者でも1から学べるビジネスモデルキャンバス入門
IT技術者でも1から学べるビジネスモデルキャンバス入門IT技術者でも1から学べるビジネスモデルキャンバス入門
IT技術者でも1から学べるビジネスモデルキャンバス入門
 
20130423 #devlove 職場を劇的にさせる四十八手 —「n次請けSIerでも出来ること」のその続き—
20130423 #devlove 職場を劇的にさせる四十八手 —「n次請けSIerでも出来ること」のその続き—20130423 #devlove 職場を劇的にさせる四十八手 —「n次請けSIerでも出来ること」のその続き—
20130423 #devlove 職場を劇的にさせる四十八手 —「n次請けSIerでも出来ること」のその続き—
 
デブサミ2013の明後日な楽しみ方
デブサミ2013の明後日な楽しみ方デブサミ2013の明後日な楽しみ方
デブサミ2013の明後日な楽しみ方
 
n次請けSIerでもできること
n次請けSIerでもできることn次請けSIerでもできること
n次請けSIerでもできること
 
Experience Visionのはじめかた に見るDevLOVE勉強会のススメ
Experience Visionのはじめかた に見るDevLOVE勉強会のススメExperience Visionのはじめかた に見るDevLOVE勉強会のススメ
Experience Visionのはじめかた に見るDevLOVE勉強会のススメ
 
デブサミ2012にいってきたよ。 - takigawa401
デブサミ2012にいってきたよ。 - takigawa401デブサミ2012にいってきたよ。 - takigawa401
デブサミ2012にいってきたよ。 - takigawa401
 
30分で分かった気になるソーシャルゲーム入門
30分で分かった気になるソーシャルゲーム入門30分で分かった気になるソーシャルゲーム入門
30分で分かった気になるソーシャルゲーム入門
 

とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門