Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

新しいジャーニーをはじめよう。

1,626 views

Published on

レッツゴーデベロッパー 平成ジェネレーションズFINALで話したこと https://connpass.com/event/95619/

Published in: Software
  • Be the first to comment

新しいジャーニーをはじめよう。

  1. 1. 市⾕聡啓 新しいジャーニーをはじめよう。
  2. 2. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. Ichitani Toshihiro 市⾕聡啓 ソフトウェア開発17年 SIer→サービス→受託→起業 仮説検証とアジャイル開発 ギルドワークス株式会社 代表 株式会社 エナジャイル 代表 ⼀般社団法⼈ 越境アジャイルアライアンス代表理事 DevLOVE コミュニティ ファウンダ The Agile Guild ファウンダ 0 → 1 @papanda
  3. 3. 「カイゼン・ジャーニー」以後の 2018ジャーニー
  4. 4. アフター・ジャーニー DevLOVE 再興 新しい ギルド 次の次世代 コミュニティ
  5. 5. アフター・ジャーニー DevLOVE 再興 新しい ギルド 次の次世代 コミュニティ
  6. 6. 2⽉ 7⽇ 紙版 発刊 2⽉15⽇ Kindle版 発刊 https://www.amazon.co.jp/dp/4798153346/
  7. 7. カイゼン・ジャーニー ライブ・ツアー2018
  8. 8. ここまで42回
  9. 9. このさき
  10. 10. KJが私にもたらしたもの 旧き友⼈との再会 全く新しい出会い …そして、時は動き出す。
  11. 11. アフター・ジャーニー DevLOVE 再興 次の世代 コミュニティ 新しい ギルド
  12. 12. Photo credit: kitchener.lord on VisualHunt / CC BY-NC-ND 海底に沈んでいたDevLOVE 最終運営3名、実質1名(me!) 実施できない “201回⽬” 当初の役割を既に終えていた (と思っていた)
  13. 13. Photo credit: NASA Goddard Photo and Video on VisualHunt / CC BY カイゼン・ジャーニーを新しい ガソリン(パッション)にして、急速浮上。
  14. 14. DevLOVEの ”帰還” 201回⽬ = KJカンファレンス 3700名⽌まり → この半年で5000名へ 10年継続、11年⽬へ 現在、251回⽬まで予定 (KJ以降42回分)
  15. 15. https://camp-fire.jp/projects/view/83531
  16. 16. DevLOVE 2.0 リモート参加可能 ⾮中央集権的運営チーム ・Zoom参加を併設 = 東京以外から参加可能に ・会場を縮⼩化(したい) = “番組観覧席” ・運営のチーム制(31名7チーム) = 意思決定の分散化 ・”誰かが⽌まるとすべてが⽌まる”からの脱却
  17. 17. フラット化する ”東京と東京以外” ローカルエリアで分断する時代は終わった ・東京=メイン会場、東京以外=分散Zoom会場  → Zoom側をサテライト会場にするのもあり ・もちろんその逆もあり 仙台サテライトやりませんか?
  18. 18. 3つ⽬のコンセプト “⾃分から越境しよう。” ・開発現場のコミュニティ → 越境コミュニティ ・構想はあったけど切⽋が無かった → KJモーメンタム
  19. 19. Why 3 → 31 ?
  20. 20. アフター・ジャーニー DevLOVE 再興 新しい ギルド 次の次世代 コミュニティ
  21. 21. 2018年2⽉7⽇以降 「カイゼンジャーニー」 「カイゼン・ジャーニー」でエゴサ
  22. 22. Photo on VisualHunt.com 稀に、⾼エネルギー反応がある
  23. 23. こちらが投げたボールを全⼒で返しそうな⼈たち = “次の次世代” との出会い
  24. 24. “次の次世代” KJを切⽋に、境界で佇む者同⼠が集う ・これから越境する、したい、今まさに越境中。 ・越境者はぼっちになりがちなので、”⼟俵”の外側に  集う場があると良い(相互⽀援)。 ・昔は、アジャイルコミュニティが果たしていた役割  かもしれない。
  25. 25. 越境者のコミュニティ化 「越境者の集い」で検索 越境宣⾔づくり 越境者⽀援 (DevLOVE)
  26. 26. 「“越境” という⾔葉をあげるよ」
  27. 27. 次に来る世代(若者)のために ホワイトスペースをつくる
  28. 28. 逆に彼らが思い出させてくれたこと。
  29. 29. その瞬間に⽣まれる熱量に⾝を委ねる
  30. 30. その瞬間に⽣まれる熱量に⾝を委ねる = バカになれ
  31. 31. アフター・ジャーニー DevLOVE 再興 新しい ギルド 次の次世代 コミュニティ
  32. 32. 新しい ”ギルド” 構想 脱組織として “⾃⽴した⾃⾛集団=ギルド” ・⾃分のミッションに誓いを⽴てる = 組織の外へ ・組織を出て、”けもの道”を⼀⼈で⾏くには無頼すぎる ・無頼の⼈たちが集まれる場所をつくりたい  = ギルドワークス⽴ち上げの背景 ・⼀つの企業のギルドでは収まりが悪い = 器づくりへ
  33. 33. … そして、失敗 器は必要。でも、器づくりは誰もやりたくない ・協同組合での⽴ち上げを構想 (2017年) ・会合、合宿を重ねて、⽴ち上げ準備まで進む ・とたんに進まなくなる ・届出、代表決め、定款、お⾦は?、契約?、決算… ・必要性は分かる、でも、誰もそこに時間使いたくない
  34. 34. ⽇本にはギルドに適した法⼈形態は無い ・代表を置かない ・形式的な規程は要らない ・契約は個別にできる時代になったし、何とでもなる ・つまり、法⼈格も要らない ・別に団体として資産が必要なわけでもない ・必要なときに経費をその都度集めればいいでしょ …もしかして、これって?
  35. 35. 「町内会」で良いのでは
  36. 36. Photo credit: nikunoki on Visual Hunt / CC BY 何も⽇本の三⼤祭を やろうってんじゃないよ。 「盆踊り」を仲間と踊りたいんだよ。
  37. 37. 任意団体最強。 考えたら考えるほど理屈は積めるけど、前進はしない 越境者コミュニティのあり⽅が思い出させてくれた
  38. 38. https://theagileguild.org/
  39. 39. Spotifyのスケーリングアジャイル agile guild model http://www.full-stackagile.com/2016/02/14/team-organisation-squads-chapters-tribes-and-guilds/ https://medium.com/webcom-engineering-and-product/agile-guilds-the-yodle-way-47dc00f6cd3a
  40. 40. - 所属状況には依らない   フリーランス → ようこそ   仲間と数⼈で会社やってる → ようこそ   企業に所属して、副業で → ようこそ   これから個⼈事業主の予定 → ようこそ だれが参加できる? - ただし、個⼈での参加。
  41. 41. 「複業 guild」で検索 副業という関わり→複業の時代の⼊り⼝
  42. 42. アフター・ジャーニー DevLOVE 再興 新しい ギルド 次の次世代 コミュニティ
  43. 43. 越境する社会
  44. 44. 越境は⽟ねぎ構造を⾏き来するイメージ 組織のあるべきは社会からの要請である 事業があるのは組織の理念実現のために プロダクトは事業のコアとして存在する プロジェクトはプロダクトを前進するために 組まれる 実践からのフィードバック・調整 実践からのフィードバック・調整 実践からのフィードバック・調整 実践からのフィードバック・調整 越境オニオン
  45. 45. 越境する社会 越境する社会 1.0 組織の中での越境
  46. 46. 越境する社会 越境する社会 2.0 組織からの越境
  47. 47. ズット ボッチハ ツライモノダカラ
  48. 48. 脱組織 → 無頼 → 再結集
  49. 49. https://theagileguild.org/
  50. 50. Photo on VisualHunt バンドがあるから曲が⽣まれるんだ プロジェクトより先にチームを!
  51. 51. 越境する社会 越境する社会 3.0 チーム化する社会 ビジョン、技術、嗜好性… ⾳楽性で個⼈は再びチーム化する
  52. 52. チーム化する社会とは 働く場所、働き⽅を選ばない。 ビジョン(⾳楽性)を選び、集まる。 その新しい単位は、 会社的であり(経済活動、プロとしての矜持)、 家族的であり(家族より⻑い時間関わる)、 国家的であり(⾃らルールを作り、律する)、 会社ではない 家族ではない 国家ではない
  53. 53. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. ⼈の新しい⽣き⽅を つくる⼊り⼝かもしれない。 (江島)
  54. 54. 次のあり様をつくるのは 「こっちの⽅が良さそう」 という素の内なる声と 「まあできるでしょう」 という⼤いなる勘違い の繰り返し
  55. 55. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 新しいジャーニーをはじめよう。

×