Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
一般社団法人LOCAL
第6回社員総会 記念講演
日本UNIXユーザ会
法林浩之
hourin@suplex.gr.jp
14年ぶり
2回目の
招待講演
自己紹介
フリーランスエンジニア
日本UNIXユーザ会(jus)幹事
ITコミュニティ歴もうすぐ25年
私の動向は各種ソーシャルメディアで
すべて「法林浩之」で検索
日本UNIXユーザ会
日本におけるITコミュニティの草分け
設立31周年
日本UNIXユーザ会の活動報告を
Software Designで連載中
Monthly News from jus
講演内容
20年以上にわたり、
数々のIT系コミュニティや
イベントの運営に携わってきました。
その中で学んできたことや
心がけていることをお話しします。
そして、コミュニティを
継続していくために必要なことは
何なのかをお伝えします。
法林浩之的
ITコミュニティ
運営論
これまでの歩みを紹介
その中で気づいたことや
心がけていることを話す
あしあと
大阪大学 基礎工学部 情報工学科
(現:情報科学科)にて
UNIXとインターネットに出会う
(1988年)
まだインターネットでなくJUNET
JUNETにつながっている
組織は少数(当時で約200)
UNIXが使える学科も少数
今にして思えば恵まれていた
ネットニュースの常連投稿者になる
自身初のSNS利用(?)
さだまさしメーリングリスト(1989-)
自身初のIT(を使った)コミュニティ運営
UNIX Fairのスタッフを務める(1989-1991)
自身初のITイベントスタッフ
jusの活動に参加
就職で東京へ行くと
同時にjus幹事に(1992年)
自身初のITコミュニティ運営
先輩幹事たちと一緒に
勉強会や展示会などを運営
日本のオープンソースコミュニティが
一堂に会した最初の展示会
オープンソースまつり
(1999-2001)
展示会場内の特設ステージを担当
これを契機に
IT系イベントの
運営と司会を
数多く担当するように
インターネットの管理・運用系
エンジニア向けのカンファレンス
11/18-21(火-金) 富士ソフトアキバプラザ
Internet Week (1997-)
関西のコミュニティ/企業による展示会
ステージと会場内ツアーを担当
11/7-8(金土) 大阪南港ATC
関西オープンフォーラム(2002-)
プログラマー向けイベント
運営のまとめ役を担当
8/23(土) 日本科学未来館ほか
Lightweight Languageイベント
(2003-)
OSCなどの場を借りて
全国各地で発表者と対戦
山下達郎並みに全作業を担当
jus研究会JAPAN TOUR (2007-)
ライブハウスで飲みながら聞いてもらう
ITエンジニア向けトークライブ
9/25(木) 六本木スーパーデラックス
TechLION (2011-)
楽天テクノロジー
アワード(2013)
日本OSS
貢献者賞(2012)
活動の中で
気づいたことや
心がけていること
他団体との
積極的な交流
jusの活動の大半は
他団体との合同イベント
UNIXの流行(1980年代)
インターネットの流行(1990年前後)
オープンソースの流行(2000年前後)
Webプログラミングの流行
(2000年代)
UNIXの情報交換の場が欲しい!
→それjusで
インターネットの情報交換(以下同文)
→それjusで
オープンソースの(以下同文)
→それjusで
Webプログラミングの(以下同文)
→それjusで
コミュニティは
作りやすくなったが
全体的に活動が
内部にこもる傾向がある
アウェイよりホームの方が楽?
ツールごとにコミュニティがあるから?
人はアウェイで
成長する
内にこもっていると視野が狭まる
違う世界観/価値観と触れることで
見聞を広めてほしい
jusではLLやKOFなど
LOCALの場合は
OSCなどの地元開催
名前は
気にしない
団体名に技術用語があると
それを理由に活動内容を
制限してしまう人が多いが
そういうのを
気にしてはいけない
jusの場合
何らかの形で
UNIX的なものと
関連があれば活動対象
Japan UNIX Society
jus
日本UNIXユーザ会
Japan Users' Society
jus
日本ユーザ会
石鍋の
ジンギスカンも
あるが
みんなの写真は
ニラタワーばかり
でも問題には
なっていない
石鍋亭
名前を気にするより
実績を気にしよう
定義を
追求しない
エンジニアは定義したがる
整然としたルールに従って
物事を進められる方が
気持ちいいから(?)
しかし
コミュニティ活動においては
整然としたルールでは
説明できない事象が多い
コミュニティ活動は
PCではなく人間が相手
人間は理屈通りには
動かない
定義を追求して
苦労した例
関西オープンソース+フリーウェア
(2002-2003)
関西オープンソース+関西コミュニティ大決戦
(2004-2012)
関西オープンフォーラム(2013-)
関西オープンフォーラム
最初からOSS以外の団体も
参加してもらうことを想定して
「関西オープンソース+フリーウェア」
しかしOSSと似て非なるものを
ごっちゃにするとは何事だと
外部から批判され
対象を厳密に設定しようとして泥沼に
2004年から
運営団体「関西オープンフォーラム」
イベント名「関西オープンソース
+関西コミュニティ大決戦」
イベント名が長すぎて噛むのでw
2013年から
「関西オープンフォーラム」
現在ではOSSに限らず
無数のコミュニティが活動し
KOFにもOSCにも集まっている
KOFが目指したことは
正しかったと
胸を張って言いたい
定義を追求
しなかった例
プログラマー向けイベント
運営のまとめ役を担当
Lightweight Languageイベント
「LLとは何か」を
細かく定義しない
Lightweight Languageとは
より少ない「脳力」で
プログラミングできる言語
(まつもとゆきひろ談)
「より少ない」は
相対的な概念
より良いプログラミング
を目指す活動と考えれば
言語仕様はどうでもよい
もっといいのは
団体名/イベント名に
技術用語を使わない
LOCAL
WIDEプロジェクト
Future Sync
まっちゃほげほげ
持ち寄りと
自助精神
コミュニティを支える構図
各自が人/モノ/金を持ち寄って運営
持ち寄ったものはそこで消費
提供者に対価を払うことを目的としない
企業のサービスを支える構図
客が金を払って対価(サービスなど)を享受
コミュニティとは構図が異なる
運営者も参加者も
構図の違いを
理解しておきたい
(参加者には伝わりにくいが)
fjでの議論から
ジンギスカン実演の場として開始
今でもITコミュニティの交流会として継続
JUNETジンギスカンパーティー(J2)
(1989-)
「J2スピリット」
自主運営なので
各自進んで
仕事を引き受けるべし
「言い出しっぺの法則」
昔のインターネットコミュニティ
では言い出した人が
担当する掟があった
さだまさしMLは
その掟に従い管理人を担当
今にして思えば
若い頃にこういう習慣を
身につけておいてよかった
これからの人に
どう伝えていけばいいかは
よくわからない
入口では歓迎して、
あとは自分でやらせる?
粘り強く
続ける
法林さんはなぜ
燃え尽きないのか
さだまさしML (1989-)
jus (1992-)
Internet Week (2000-)
KOF (2002-)
LLイベント (2003-)
jus研究会JAPAN TOUR (2007-)
TechLION (2011-)
コミュニティやイベントにも
構築と運用がある
構築は瞬発力
運用は持久力
各自の適性に応じて
やれることをやってほしい
継続は
マンネリとの
闘い
マンネリ防止には
変化を持たせる
毎年やっているイベントでも
会場を変えるとか
形態を変えるとか
新しい企画を取り入れるとか
LLイベントは毎年
名称を変えている
ミュージシャンの
アルバム製作と同様
イベントを作品と考え
良い試合を目指す
コミュニティを
継続するには
ひとつは新陳代謝
新しい人が入るとか
トップの交代とか
技術コミュニティの場合は
対象技術そのものの盛衰が
あるので難しい面も
もうひとつは
当事者意識とか帰属意識
コミュニティを盛り上げるのは
メンバー個々の力
コミュニティの盛り上がりは
その心意気を持っている
人数に比例する
Ruby
JANOG
LOCAL
最後に
もうひとつ
エンジニアでなくても
技術コミュニティへの
貢献はできる
技術力と貢献力(?)は無関係
エンジニアが苦手な
こともたくさんある
異業種の経験も役に立つ
自分にできる貢献を考えて
実践してほしい
皆さんの力で
LOCALを
盛り上げてください
まとめ
自分の活動の振り返り
その中で気づいたこと
法林浩之的
ITコミュニティ運営論
人はアウェイで成長する
名前や定義は気にしない
持ち寄りと自助精神
粘り強く続ける
当事者意識
John Bacon著
渋川よしき訳
オライリー・ジャパン
ITコミュニティの運営
について書かれた本
アート・オブ・コミュニティ
USP MAGAZINEで連載中
法林浩之の
FIGHTING TALKS
質疑応答
ありがとうございました
ITコミュニティ界の「鉄人」を
目指してがんばります!
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

一般社団法人LOCAL 第6回社員総会 記念講演

550 views

Published on

2014年7月26日(土)、札幌市産業振興センターにて行われた、一般社団法人LOCAL 第6回社員総会の記念講演で発表したときの資料です。
映像はこちらにあります。
http://youtu.be/qagWrqc8Bek

Published in: Technology
  • Be the first to comment

一般社団法人LOCAL 第6回社員総会 記念講演

  1. 1. 一般社団法人LOCAL 第6回社員総会 記念講演 日本UNIXユーザ会 法林浩之 hourin@suplex.gr.jp
  2. 2. 14年ぶり 2回目の 招待講演
  3. 3. 自己紹介 フリーランスエンジニア 日本UNIXユーザ会(jus)幹事 ITコミュニティ歴もうすぐ25年
  4. 4. 私の動向は各種ソーシャルメディアで すべて「法林浩之」で検索
  5. 5. 日本UNIXユーザ会 日本におけるITコミュニティの草分け 設立31周年
  6. 6. 日本UNIXユーザ会の活動報告を Software Designで連載中 Monthly News from jus
  7. 7. 講演内容 20年以上にわたり、 数々のIT系コミュニティや イベントの運営に携わってきました。 その中で学んできたことや 心がけていることをお話しします。 そして、コミュニティを 継続していくために必要なことは 何なのかをお伝えします。
  8. 8. 法林浩之的 ITコミュニティ 運営論
  9. 9. これまでの歩みを紹介 その中で気づいたことや 心がけていることを話す
  10. 10. あしあと
  11. 11. 大阪大学 基礎工学部 情報工学科 (現:情報科学科)にて UNIXとインターネットに出会う (1988年)
  12. 12. まだインターネットでなくJUNET JUNETにつながっている 組織は少数(当時で約200) UNIXが使える学科も少数 今にして思えば恵まれていた
  13. 13. ネットニュースの常連投稿者になる 自身初のSNS利用(?)
  14. 14. さだまさしメーリングリスト(1989-) 自身初のIT(を使った)コミュニティ運営
  15. 15. UNIX Fairのスタッフを務める(1989-1991) 自身初のITイベントスタッフ jusの活動に参加
  16. 16. 就職で東京へ行くと 同時にjus幹事に(1992年) 自身初のITコミュニティ運営 先輩幹事たちと一緒に 勉強会や展示会などを運営
  17. 17. 日本のオープンソースコミュニティが 一堂に会した最初の展示会 オープンソースまつり (1999-2001)
  18. 18. 展示会場内の特設ステージを担当
  19. 19. これを契機に IT系イベントの 運営と司会を 数多く担当するように
  20. 20. インターネットの管理・運用系 エンジニア向けのカンファレンス 11/18-21(火-金) 富士ソフトアキバプラザ Internet Week (1997-)
  21. 21. 関西のコミュニティ/企業による展示会 ステージと会場内ツアーを担当 11/7-8(金土) 大阪南港ATC 関西オープンフォーラム(2002-)
  22. 22. プログラマー向けイベント 運営のまとめ役を担当 8/23(土) 日本科学未来館ほか Lightweight Languageイベント (2003-)
  23. 23. OSCなどの場を借りて 全国各地で発表者と対戦 山下達郎並みに全作業を担当 jus研究会JAPAN TOUR (2007-)
  24. 24. ライブハウスで飲みながら聞いてもらう ITエンジニア向けトークライブ 9/25(木) 六本木スーパーデラックス TechLION (2011-)
  25. 25. 楽天テクノロジー アワード(2013) 日本OSS 貢献者賞(2012)
  26. 26. 活動の中で 気づいたことや 心がけていること
  27. 27. 他団体との 積極的な交流
  28. 28. jusの活動の大半は 他団体との合同イベント
  29. 29. UNIXの流行(1980年代) インターネットの流行(1990年前後) オープンソースの流行(2000年前後) Webプログラミングの流行 (2000年代)
  30. 30. UNIXの情報交換の場が欲しい! →それjusで インターネットの情報交換(以下同文) →それjusで オープンソースの(以下同文) →それjusで Webプログラミングの(以下同文) →それjusで
  31. 31. コミュニティは 作りやすくなったが 全体的に活動が 内部にこもる傾向がある アウェイよりホームの方が楽? ツールごとにコミュニティがあるから?
  32. 32. 人はアウェイで 成長する
  33. 33. 内にこもっていると視野が狭まる 違う世界観/価値観と触れることで 見聞を広めてほしい jusではLLやKOFなど LOCALの場合は OSCなどの地元開催
  34. 34. 名前は 気にしない
  35. 35. 団体名に技術用語があると それを理由に活動内容を 制限してしまう人が多いが そういうのを 気にしてはいけない
  36. 36. jusの場合 何らかの形で UNIX的なものと 関連があれば活動対象
  37. 37. Japan UNIX Society jus 日本UNIXユーザ会
  38. 38. Japan Users' Society jus 日本ユーザ会
  39. 39. 石鍋の ジンギスカンも あるが みんなの写真は ニラタワーばかり でも問題には なっていない 石鍋亭
  40. 40. 名前を気にするより 実績を気にしよう
  41. 41. 定義を 追求しない
  42. 42. エンジニアは定義したがる 整然としたルールに従って 物事を進められる方が 気持ちいいから(?)
  43. 43. しかし コミュニティ活動においては 整然としたルールでは 説明できない事象が多い
  44. 44. コミュニティ活動は PCではなく人間が相手 人間は理屈通りには 動かない
  45. 45. 定義を追求して 苦労した例
  46. 46. 関西オープンソース+フリーウェア (2002-2003) 関西オープンソース+関西コミュニティ大決戦 (2004-2012) 関西オープンフォーラム(2013-) 関西オープンフォーラム
  47. 47. 最初からOSS以外の団体も 参加してもらうことを想定して 「関西オープンソース+フリーウェア」 しかしOSSと似て非なるものを ごっちゃにするとは何事だと 外部から批判され 対象を厳密に設定しようとして泥沼に
  48. 48. 2004年から 運営団体「関西オープンフォーラム」 イベント名「関西オープンソース +関西コミュニティ大決戦」 イベント名が長すぎて噛むのでw 2013年から 「関西オープンフォーラム」
  49. 49. 現在ではOSSに限らず 無数のコミュニティが活動し KOFにもOSCにも集まっている KOFが目指したことは 正しかったと 胸を張って言いたい
  50. 50. 定義を追求 しなかった例
  51. 51. プログラマー向けイベント 運営のまとめ役を担当 Lightweight Languageイベント
  52. 52. 「LLとは何か」を 細かく定義しない
  53. 53. Lightweight Languageとは より少ない「脳力」で プログラミングできる言語 (まつもとゆきひろ談)
  54. 54. 「より少ない」は 相対的な概念 より良いプログラミング を目指す活動と考えれば 言語仕様はどうでもよい
  55. 55. もっといいのは 団体名/イベント名に 技術用語を使わない
  56. 56. LOCAL WIDEプロジェクト Future Sync まっちゃほげほげ
  57. 57. 持ち寄りと 自助精神
  58. 58. コミュニティを支える構図 各自が人/モノ/金を持ち寄って運営 持ち寄ったものはそこで消費 提供者に対価を払うことを目的としない
  59. 59. 企業のサービスを支える構図 客が金を払って対価(サービスなど)を享受 コミュニティとは構図が異なる
  60. 60. 運営者も参加者も 構図の違いを 理解しておきたい (参加者には伝わりにくいが)
  61. 61. fjでの議論から ジンギスカン実演の場として開始 今でもITコミュニティの交流会として継続 JUNETジンギスカンパーティー(J2) (1989-)
  62. 62. 「J2スピリット」 自主運営なので 各自進んで 仕事を引き受けるべし
  63. 63. 「言い出しっぺの法則」 昔のインターネットコミュニティ では言い出した人が 担当する掟があった さだまさしMLは その掟に従い管理人を担当
  64. 64. 今にして思えば 若い頃にこういう習慣を 身につけておいてよかった これからの人に どう伝えていけばいいかは よくわからない 入口では歓迎して、 あとは自分でやらせる?
  65. 65. 粘り強く 続ける
  66. 66. 法林さんはなぜ 燃え尽きないのか
  67. 67. さだまさしML (1989-) jus (1992-) Internet Week (2000-) KOF (2002-) LLイベント (2003-) jus研究会JAPAN TOUR (2007-) TechLION (2011-)
  68. 68. コミュニティやイベントにも 構築と運用がある 構築は瞬発力 運用は持久力 各自の適性に応じて やれることをやってほしい
  69. 69. 継続は マンネリとの 闘い
  70. 70. マンネリ防止には 変化を持たせる
  71. 71. 毎年やっているイベントでも 会場を変えるとか 形態を変えるとか 新しい企画を取り入れるとか
  72. 72. LLイベントは毎年 名称を変えている
  73. 73. ミュージシャンの アルバム製作と同様 イベントを作品と考え 良い試合を目指す
  74. 74. コミュニティを 継続するには
  75. 75. ひとつは新陳代謝 新しい人が入るとか トップの交代とか 技術コミュニティの場合は 対象技術そのものの盛衰が あるので難しい面も
  76. 76. もうひとつは 当事者意識とか帰属意識 コミュニティを盛り上げるのは メンバー個々の力 コミュニティの盛り上がりは その心意気を持っている 人数に比例する
  77. 77. Ruby JANOG LOCAL
  78. 78. 最後に もうひとつ
  79. 79. エンジニアでなくても 技術コミュニティへの 貢献はできる
  80. 80. 技術力と貢献力(?)は無関係 エンジニアが苦手な こともたくさんある 異業種の経験も役に立つ 自分にできる貢献を考えて 実践してほしい
  81. 81. 皆さんの力で LOCALを 盛り上げてください
  82. 82. まとめ
  83. 83. 自分の活動の振り返り その中で気づいたこと 法林浩之的 ITコミュニティ運営論
  84. 84. 人はアウェイで成長する 名前や定義は気にしない 持ち寄りと自助精神 粘り強く続ける 当事者意識
  85. 85. John Bacon著 渋川よしき訳 オライリー・ジャパン ITコミュニティの運営 について書かれた本 アート・オブ・コミュニティ
  86. 86. USP MAGAZINEで連載中 法林浩之の FIGHTING TALKS
  87. 87. 質疑応答
  88. 88. ありがとうございました ITコミュニティ界の「鉄人」を 目指してがんばります!

×