Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
Next

0

Share

さくらのナレッジの裏側

2020年11月13日(金)、「さくらの夕べオンライン 〜サイボウズさんといっしょ!〜」での発表資料です。

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to like this

さくらのナレッジの裏側

  1. 1. さくらのナレッジの裏側
  2. 2. 法林 浩之 • フリーランスエンジニア • さくらインターネットに常駐中 (6年⽬) • 社内外のイベント対応(協賛/出展/登壇/取材) • さくらのナレッジ編集⻑ • ⽇本UNIXユーザ会 幹事 (元会⻑) • 多種多様なコミュニティとイベントを共同開催 • くわしくは「法林浩之」で検索 @hourin
  3. 3. さくらのナレッジ •さくらインターネットが運営 するITエンジニア向け情報サ イト (オウンドメディアとか テックブログみたいなもの) •当社スタッフが業務を通じて 得たナレッジを広く世間に共 有し、インターネットの発展 に貢献することが⽬的 •2013年4⽉開設 https://knowledge.sakura.ad.jp/
  4. 4. 記事の傾向・本数 • エンジニア向け • 最近は⼤半がこちら • 技術解説やノウハウ紹介など • 初⼼者向け • さくらのレンタルサーバ関連の記 事が多い • イベントレポート • ⾃社イベント • 社員が登壇した外部のイベント • 著者は社員と社外が半々 • ⽉に4-8本ぐらい公開
  5. 5. • 編集担当:2⼈ • 他の業務と兼務 • 来⽉から⼤物Z参戦予定 • システム担当:2⼈ • Webマーケティング担当:1⼈ 運営体制
  6. 6. • 題材や著者を探して執筆を依頼 • 著者が原稿を書く • ⼊稿⽅法/原稿フォーマットは⾃由 • 編集部にて編集/確認 • 基本的に2⼈で確認 • 公開 記事ができるまで
  7. 7. さくナレのアクセス動向 ⽉間30万前後のPVあり
  8. 8. • 反応が良い記事 • オープンな技術の解説 (例: JavaScriptの⾮同期処理) • サービスの宣伝ではない社内業 務の舞台裏紹介 (例:ゼロトラ ストの取り組み) • 反応があまり良くない記事 • サービスの宣伝臭がする記事 • イベントレポート • 特に技術⾊の薄いもの • 分野が多岐にわたるもの (話題が 散漫になり内容が薄くなる) アクセス傾向から推測される読者の要望
  9. 9. • 理想 • 社員エンジニアが、業務で使っているツールの紹介や、 オープンな技術の解説記事を書くのが、反応も良さそう だし、さくナレの主旨にも合致している • 現実 • 社員著者数は1年間で10⼈程度 (社員数は約700⼈=1.5%) • 技術記事を速く⼤量にかけるエンジニアは極めて希少 • 開発や運⽤の業務が優先され記事執筆の優先度が低い • 会社の媒体に書くよりもQiitaやブログの⽅が気楽 理想と現実
  10. 10. でもカンファレンス/勉強会/ ⾃社イベントで技術的な発表 をしている社員は結構いる
  11. 11. それなら発表で話した⾔葉を ⽂章化して記事にすれば 社員エンジニアによる技術記事を 増やせるのではないか
  12. 12. ⽂字起こしによる 技術記事制作
  13. 13. 作業⼿順(概略) • 発表の動画か⾳声を⼊⼿ (YouTubeでも可) • 動画を再⽣しUDトークで⽂ 字起こし • ⽂字起こしデータをもとに 原稿を作成 • 発表資料から図などを差し 込んで記事完成 • 発表者と編集部で確認/修正 して記事公開
  14. 14. 実⽤化するには いろいろと⼯夫が必要
  15. 15. • 発表内容には専⾨的な⾔葉が多く含まれる • 技術⽤語 (例:Kubernetes) • ⾃社サービス⽤語 (例:Tellus) • ⽂字起こしの前に発表資料を⼊⼿ • 資料に⽬を通して、専⾨⽤語/⾃社⽤語を単語登録 • 読み⽅が複数ありそうなものは両⽅登録 UDトークに単語登録
  16. 16. • マイクで⼊⼒すると雑⾳が多く認識率が激減 • オーディオインターフェースを使ってライン⼊⼒ • ノイズが⼊らず認識率が激増、⾳声レベルも調整可 • 機材例:iRig2 • UDトークをONにして動画を再⽣ • 発表終了まで放置しておけば⽂字起こし完了 UDトークへの⾳声⼊⼒ オーディオ 端⼦ スマホ タブレット オーディオ 端⼦ PC
  17. 17. • ⽬的は⽂字起こしではなく記事制作 • ⽂字起こしデータはあくまでも素材 • 誤認識や⾔い直しも多い • 発表は⼝語だが記事は⽂語なので変換が必要 • 発表をもう⼀度聞きながら、⽂字起こしデータを 編集して⽂章を作成 原稿作成時の⼯夫(1)
  18. 18. • 本題から外れる話は省く • ⾃⼰紹介、会社紹介、余談など • ⼝癖や頻出する⾔い回しの置き換え • みんな何かしら癖がある • それを忠実に⽂章化するとくどいので 適宜表現を変える 原稿作成時の⼯夫(2)
  19. 19. 制作例
  20. 20. • 15-20分の発表で6000-8000⽂字 • 45分の発表だと15000-20000⽂字 • さくナレの記事は2000-6000⽂字が⽬安 • 15分も話せば記事1本分ぐらいの⽂字数になる • 45分の発表は2本に分割 発表時間と⽂字数
  21. 21. • 単語登録と⽂字起こしで1⽇ • 原稿作成に1-2⽇ • 著者/編集部との確認/修正で1⽇ 記事制作の所要時間
  22. 22. • 現在はこの作業ができるのが法林のみ • 他の⼈でもできるようにしたい • 作業⼿順のマニュアルを⽤意するとか • 特にエンジニアが⾃分で作れるようにしたい 今後の野望
  23. 23. ブログとか書きたいけど ⽂章を書くのが苦⼿という⼈は ⾳声⼊⼒で原稿作成する⽅法も あるのでやってみたらどうか
  24. 24. ありがとうございました

2020年11月13日(金)、「さくらの夕べオンライン 〜サイボウズさんといっしょ!〜」での発表資料です。

Views

Total views

320

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

5

Actions

Downloads

0

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×