Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20170322_ICON21技術セミナー1_田村

679 views

Published on

ICT CONNECT 21技術標準化WG連続セミナー
「未来の学びを支える技術」第1回

Published in: Education
  • Be the first to comment

20170322_ICON21技術セミナー1_田村

  1. 1. 標準化のメリットと ICT CONNECT21の活動 ICT CONNECT 21技術標準化WG連続セミナー 「未来の学びをささえる技術」 第1回「教育の情報化:標準化動向の現在と未来」 研究社英語センター 2017-3-22 上智大学 理工学部 田村恭久
  2. 2. 自己紹介 2 • 上智大学 理工学部 情報 理工学科 • 専門:教育工学、教育の 情報化 • 研究テーマ:eラーニン グ、電子教科書、協調学 習の自動支援、学習履歴 分析 (Learning Analytics) • 学習分析学会 理事長 • 日本eラーニング学会 会長 • ICT Connect 21 技術標準化WG 座長 • ISO/IEC JTC1/SC36 WG8 (Learning Analytics Interoperability) Co-editor • 総務省 先導的教育システム実証 事業 評価委員 • 教育クラウドプラットフォーム 協議会 技術WG主査 • JEPA (日本電子出版協会)フェ ロー
  3. 3. ICT CONNECT21 • https://ictconnect21.jp 3
  4. 4. ICT CONNECT21の構成 4
  5. 5. 技術標準化WGの構成 • 国際連携SWG リーダー:加藤泰久 (日本電信電話株式会社) • 校務系-学習系情報連携SWG リーダー:藤村裕一 (鳴門教育大学大学院) • ユーザー認証SWG リーダー:山地一禎 (国立情報学研究所) • CBT SWG リーダー:劉東岳 (学研教育総合研究所) 5
  6. 6. ISO IEEE IMS GLC 文部科学省 総務省 ISO SC36 規格・ガイドライン の情報提供・収集 既存規格調査、 規格マップの作成、 整合性の調整 業界団体等 利害関係者 Public Comment, 文書メンテナンス デジュール標準 として提案 あるべき標準化 の姿の共有 技術標準化WGの活動 6
  7. 7. 教育の情報化 • 学習活動にICTを導入 • 日本だけでなく世界各国で推進中 – 日本:文部科学省・総務省による実証事業、先進的 な学校での取り組み – 欧米やアジア各国で推進 • 現状 – 成績などの校務情報を電子化して管理 – 電子教科書をノートPC/タブレットPCで閲覧 7
  8. 8. 教育のICT利用の歴史 8 1960 1970 1980 1990 2010 IBM S/360 汎用大型機 (1964) PDP-11 ミニコン (1971) 2000 Windows95 ネット接続 (1995) iPad -タブレット- (2010) Android -スマートフォン- (2008) CAI 固定シーケンス ITS 適応シーケンス 知識モデル 対話生成 人工知能応用 ILE Adaptive Test 学習アプリ Apple II パソコン (1977) マルチメディア LMS TOEFL iBT 技術標準化 人工知能再び 電子教科書 LA Macintosh GUI (1984) 高性 能化 機械可読データ増大 Instructional Design 協調学習 CSCL 8
  9. 9. LMS教材データ規格の利用例 9 LMS X LMS Y 教材 B 教材 A 「教材Aが 勉強できない‥」 教材 A 教材 B 教材 C LMS D LMS E LMS F 教材⇔LMS 共通インタフェース 教材が自由に流通 SCORM (Shareable Content Object Reference Model) を用いて実現
  10. 10. 規格化・標準化の対象と対象外 • 対象 – LMSなどが扱う情報形式 – 内容の互換性を保つキー(単元IDなど) – プラットフォーム間の情報交換形式 – 学習者ID • 対象外 – 学習指導要領、カリキュラム、教案 – 教科書や教材の内容 – 指導方法、教員独自の授業運営ノウハウ 10
  11. 11. 単元ID 利用例 11 電子教科書を使って学ぶ 詳しく説明した 資料はないかな? この単元のクイズ はないかな? 教科書/教材/クイズが オンライン上で 同じ単元IDを持っていると 検索やアクセスが容易 教材会社の オンライン教材 教材会社の オンラインクイズ
  12. 12. プラットフォーム間情報交換 利用例 12 電子教科書を使って学ぶ 5問中4問が 正解でした 単にリンクで飛ぶだけでなく、 結果の情報を返すことができる 教材会社の オンラインクイズ 実際に問題を 解いてみよう
  13. 13. 学習者ID 利用例 13 電子教科書を使って学ぶ 履歴を集約する際、 学習者を 簡単に認識できる 教材会社の オンライン教材 で学ぶ 教材会社の オンラインクイズ で問題を解く 学習履歴サーバー 共通の学習者IDを 使って履歴を送信
  14. 14. 教育の情報に携わる標準化団体 • 世界の様々な地域の標準化団体が活動 • 国際標準化団体 ISO – ISO/IEC JTC1/SC36 14
  15. 15. JTC1/SC36 の構成 • WG1 Vocabulary • WG2 Collaborative and Intelligent Technology • WG3 Learner Information • WG4 Management and Delivery • WG5 Quality Assurance and Descriptive Frameworks • WG6 Platform, Services, and Specification Integration • WG7 ITLET- Culture, Language, and Individual Needs • WG 8 Learning Analytics Interoperability • AG/Business Planning and Communication 15
  16. 16. 教育の情報化に関する技術標準の例 16 分野 Web標準 電子書籍 教育関連技術 eLearning 認証 / 認可 校務情報化 利用者向け ガイドライン 標準化団体 W3C IDPF IMS W3C/IDPF/ IMS ADL OASIS, Open ID Foundationなど APPLIC ~2013 WCAG2.0 ePub3.0 LTI SCORM SAML2.0 学習者情報アプリ ケーション1.1 CSS3.0 QTI OAuth2.0 学校保健アプリ ケーション1.1 Shibboleth2.0 Open ID Connect1.0 2014 HTML5.0 Open Annotation LTI 2.0 EDUPUB2014 xAPI (Tin Can) Shibboleth3.0 教育クラウド整備 ガイドブック1.0 校内無線LANガイ ドライン Multiple Rendition Publication CMI-5 2015 HTML5.1 Draft Caliper Analytics EPUB for Education クラウド導入ガイ ドブック2015 EduERP aQTI 2016 Open Annotation 学習指導要領のメ タデータ連携 2017
  17. 17. IMS 規格の例 • QTI (Question and Test Interoperability) – クイズ(択一/記述、階層、分岐) • LTI (Learning Tools Interoperability) – 教材間の情報交換 • Caliper – 学習履歴データ • OneRoaster – Student Information System (SIS) の学習者情報デー タ • LOM (Learning Object Metadata) – 教材メタデータ(説明情報) • LIP (Learner Information Package) – 学習者情報 17
  18. 18. 標準規格を用いることのメリット • 良質な教材を自由に利用できる – 教材の質の健全な競争 • 優れたサブシステムを相互接続 – インタフェースを規格で保証 – システム機能の健全な競争 • 開発コスト/調達コストの削減 18
  19. 19. 既存規格の利用 • 規格を考えている人々は世界中にいる • 既に公開され、利用できる規格はたくさんある →利用すれば労力が減る • 日本独自のものもある – 学習指導要領、学習者の属性… – 標準化団体に働きかけて、修正を促せば良い • 日本でしか通用しない規格を作ると… – 海外の優れた教材を利用できない – 規格開発に多大な労力 – システムの輸出に支障がでる 19
  20. 20. 学びの将来イメージ • 学習者が使うPCが、教材閲覧/クイズ回答/ ノートテイクなどの履歴を保存・分析 • 教師が理解度や進捗をすぐに把握し、適切な指 導を行う • 履歴をもとにコンピュータが教師に介入を助言 • コンピュータが個々の状況に応じて学びをサ ポート 20
  21. 21. ご清聴ありがとうございました ご質問、ご意見など ytamura@sophia.ac.jp へ

×