Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

自殺生起過程のモデルと インターネットを用いた自殺予防の取り組み

3,259 views

Published on

平成26年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会のシンポジウム(依存・嗜癖問題への心理学的アプローチ)にて発表した内容です。

Published in: Health & Medicine
  • Be the first to comment

自殺生起過程のモデルと インターネットを用いた自殺予防の取り組み

  1. 1. 自殺生起過程のモデルと インターネットを用いた自殺予防の取り組み 和光大学現代人間学部心理教育学科 末木新
  2. 2. 本発表の目的 「自殺」生起プロセスに関する基礎知識の提供+ インターネットを使った自殺予防活動の紹介  関連する疑問 ‐自殺ってどういうプロセスをへて生じるの? ‐危険性のアセスメントはどうやる? (アルコールとか薬物と関係あるの?) ‐結局どう支援すればいいの? 2
  3. 3. 本発表で伝えたいこと(結論) 3 アルコール・薬物への依存は自殺の危険因子である アルコール・薬物への依存が自殺の危険因子となる理由は、 「自殺の対人関係理論」を理解すると明確になる 我々が行っている活動が、皆さんの日常的な臨床/研究の 参考になると良いのですが…
  4. 4. 4 1.自殺生起のプロセスと介入 2.ネットを使った自殺予防活動 本日の目次
  5. 5. 5 1.自殺生起のプロセスと介入 2.ネットを使った自殺予防活動 本日の目次
  6. 6. 満たされない欲求 解決策の模索 より良く生きたい!=両価性 耐えがたい(心理的)痛み 例:無価値感 極度の孤立感 苦痛に関する意識の停止 (≒ 自殺) 自殺の生起過程|シュナイドマン・モデル 痛みに耐える ことのできない 自己像 窮状が 永遠に続く という確信 全能感 絶望感・諦め (解決策はない) 心理的 視野狭窄 怒り
  7. 7. 自殺の対人関係理論|ジョイナー・モデル 7 自殺 潜在能力 負担感の 知覚 所属感の 減弱 自殺企図の恐怖や疼痛に耐える力 変化には時間が必要 孤独感や疎外感とほとんど同義 短期で変化する可能性あり 他者にとって自らが負担になっている感覚 短期で変化する可能性あり
  8. 8. 自殺の対人関係理論|ジョイナー・モデル 8 自殺 潜在能力 負担感の 知覚 所属感の 減弱 自殺企図歴 自傷経験 事故傾性 軍事経験 身体的虐待 恐怖心の低下 職業(無職) 受刑経験 低自尊心 自責傾向 代替可能と 扱われること 婚姻状態 ソーシャル・ サポート ひきこもり 虐待、DV 家族間葛藤
  9. 9. 自殺のリスクとアルコール・薬物との関係 9 自殺 潜在能力 負担感の 知覚 所属感の 減弱 自殺企図歴 自傷経験 事故傾性 軍事経験 身体的虐待 恐怖心の低下 職業(無職) 受刑経験 低自尊心 自責傾向 代替可能と 扱われること 婚姻状態 ソーシャル・ サポート ひきこもり 虐待、DV 家族間葛藤 アルコール・薬物依存 アルコール・薬物依存
  10. 10. 自殺企図のプロセス・モデル|自殺の対人関係理論 10 所属感 の減弱 負担感 の知覚 自殺 願望 自殺 意図 到死的 自殺 企図 自殺潜在能力 絶望感 This will never change. 死の恐怖の低下 疼痛耐性UP Van Orden KA, et al (2010). Psychol Rev, 117, 575-600.
  11. 11. 危機介入に関する考え方 自殺潜在能力を下げるのは難しい(やるなら物理的な制限) まずは、所属感の減弱や負担感の知覚に介入  介入に関する心得(優先順位のつけ方) ‐アセスメントの精度を完璧にするのは不可能 ‐所属感の減弱は「共感」「傾聴」によって直接介入 ‐負担感の知覚への介入はその次(認知を変えるのは大変) ‐自殺潜在能力は自殺潜在能力を高めるようなことをしない ことによってしか下がらない 11
  12. 12. 自殺の対人関係理論の利点・問題点 簡便で覚えやすい、実感にも合っている しかし、全てが実証されているわけではない  問題点 ‐理論が先にあり、それを段階的に実証している ‐三要素によって自殺関連行動の生起を予想できるところ までは複数の研究で実証されている ‐プロセスについては、理論的なものと考えるべき ※とはいえ、他の理論に比べれば実証性は高い 12
  13. 13. 13 1.自殺生起のプロセスと介入 2.ネットを使った自殺予防活動 本日の目次
  14. 14. 実践中の自殺予防活動|夜回り2.0 14 Step 1. 検索連動型広告 Step 2. 特設サイト Step 3. メール相談 Step 4. 対面援助資源へ 相談を促す情報提供 自殺関連語への広告 評価&援助希求行動の促進 死にたい… NPO法人OVA Jiro ITO (Social Worker) どうされましたか?
  15. 15. 活動の結果(2013年)  広告運用効果 ‐相談率 約5.3% ‐相談者獲得単価 約133円 メール相談の概要(n = 139) ‐男性:女性=1:5 ‐平均年齢 23.8歳 (SD = 9.7) ‐メール数/事例 中央値:6(最小2、最大137) ‐相談を通じた変化率(気分の変化、援助希求意図・行動) 25.9% 15 ※ 詳細は以下の資料を参考にして下さい 末木新・伊藤次郎 (2014). 検索連動型広告を活用したオンライン・ゲートキーパー活動による自殺予防の実践―予備的研究― 日本心理学会第78回大会. (査読なし, ポスター, 京都, 同志社大学)
  16. 16. 活動の背景にある研究  自殺予防の観点から ‐まず共感、問題解決はその後(発表前半より) ‐ネット上の共感・相談では自殺予防的効果は生まれない (Sueki et al., Plos One, 2014) → 自助グループ活動のあり方への示唆 16  情報疫学(Infodemiology)の観点から ‐ネット上の行動から自殺ハイリスク者を特定可能 → アルコール・薬物にも使える? 使えない? Sueki, H., et al. (2014). The impact of suicidality-related internet use: a prospective large cohort study with young and middle-aged internet users. PloS one, 9(4), e94841.
  17. 17. 結論|繰り返し 17 アルコール・薬物への依存は自殺の危険因子である アルコール・薬物への依存が自殺の危険因子となる理由は、 「自殺の対人関係理論」を理解すると明確になる 我々が行っている活動が、皆さんの日常的な臨床/研究の 参考になると良いのですが…
  18. 18. ご清聴ありがとうございました 質問がある方は個別にどうぞ! ※ 本日の資料は以下のアドレスで公開予定です。 http://www.slideshare.net/Hajime_SUEKI/

×