Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

平成25年度第2回メディアカンファレンス 末木新発表資料

平成25年度第2回メディアカンファレンス 末木新発表資料

Download to read offline

発表演題は、「インターネットにおける自殺予防の実践とその可能性:インターネットは若年層を捉えられるか?」といったところです。OVAのメール相談とその結果等について報告しています。

発表者HP:
http://d.hatena.ne.jp/sutare/

OVA代表:
http://ova-ceo.lolipop.jp/

発表演題は、「インターネットにおける自殺予防の実践とその可能性:インターネットは若年層を捉えられるか?」といったところです。OVAのメール相談とその結果等について報告しています。

発表者HP:
http://d.hatena.ne.jp/sutare/

OVA代表:
http://ova-ceo.lolipop.jp/

More Related Content

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

平成25年度第2回メディアカンファレンス 末木新発表資料

  1. 1. インターネットにおける自殺予防の実践と その可能性 末木 新 (和光大学)
  2. 2. Agenda 1 先行研究:インターネットと自殺 2 実践:夜回り2.0 3 夜回り2.0は若者に届くか?
  3. 3. 自殺サイトにまつわる事件 1998年 Dr.キリコ事件 2000年代前半 ネット心中 2007年頃~ 硫化水素自殺 東京杉並に住む女性が宅配便で届いた青酸カリを飲 んで自殺。送り主も青酸カリを服毒して自殺。 2002年10月に大阪から家出した32歳女性がメール相 手の30歳男性と東京・練馬の男性宅であるマンション で練炭をたいて心中。以後,断続的に類似事件が現 在まで続いている。 2006年3月,2chメンヘル板にて「【ムトウハップ】硫化 水素で逝こう!【サンポール】」スレがたつ。2008年に はTVでの報道も拍車をかけ,群発自殺化する。 2008年の自殺者数は1000人超。
  4. 4. 自殺サイトの利用動機 自殺 予防的 • 共感的やりとり • メンタルヘルスの相談 自殺 誘発的 • 効果的な自殺方法を探す • ネット心中相手を探す ※ Sueki, et al. (2012). Suicide bulletin board systems comparison between Japan and Germany. Death Studies, 36 (6), 565-580.
  5. 5. 縦断調査から分かったこと  調査デザイン • 850人のネット利用者に対する2波のパネル調査  結果 • 自殺に関するネット利用(例:自殺方法を見る)は、自殺念 慮・抑うつ/不安感を悪化させる • 自殺念慮を低減する効果を持つネット利用はなかった ※ Sueki, H. (2013). The effect of suicide-related Internet use on users’ mental health: A longitudinal study. Crisis, 34 (5), 348-353.
  6. 6. 現時点での私なりの結論  ネットは自殺を防ぐ? 防がない? • 確かにポジティブな面もあるが、ネガティブな影響 も大きい • 利用者間での共感的やりとりだけでは足りない → ネットの外部/対面でのつながり、 専門的援助も必要ではないか?
  7. 7. インターネットは自殺予防の最前線 • 自殺率と自殺関連語の検索ボリュームの間に時系列的な関 連がある (Yang et al, 2011; McCarthy, 2009) • 自殺企図歴と自殺関連語の検索歴の間には関連がある (Sueki, 2011) • 自殺サイト利用者の約6割が1回以上の自殺企図歴を有する (Sueki et al, 2012) ※ 詳細はこの本を参照 末木新 (2013). インターネットは自殺を防げるか 東京大学出版会
  8. 8. Agenda 1 先行研究:インターネットと自殺 2 実践:夜回り2.0 3 夜回り2.0は若者に届くか?
  9. 9. 自殺に関するウェブサイトの例
  10. 10. 自殺に関する検索行動の例
  11. 11. 「死にたい」の検索結果
  12. 12. リンク先の画面 (東京の場合) このページは援助要請行動を引き起こすだろうか?
  13. 13. インターネットを使った自殺予防を 改善するために 検索連動型 広告 インターネット ゲートキーパー 援助要請 行動 アセスメント & 援助要請の促進 (例: 精神科に対する偏見の低減) • 精神科の受診 • 法律・経済問題の相談
  14. 14. 「夜回り2.0」の概要 Step.1 検索広告 Step.2 ウェブサイトへ Step.3 インターネット・ゲートキーパー 1クリックで メーラー起動! 死にたいです... 助けて下さい... どうされましたか? Group name: OVA Representative: Jiro ITO (Social Worker) 相談者
  15. 15. 活動の概要 • • • • • • 期間: 2013年7月14日~10月31日(110日間) 広告費: 16,820円 サイト訪問者: 3,356人(アドワーズからのみ) 平均 CPC(1クリックあたりの単価): 5円 相談者数:123名 相談率:3.7%(=123人÷3,356人) • 自殺ハイリスク相談者獲得単価: 約137円(=16,820円÷123人)
  16. 16. 相談者の属性① • 年齢: n 54 Min Max Mean SD 12.5 49.0 23.1 8.6 • 性別: 男 11 女 61 MTF 不明 1 33 ※ これ以降は、フィルタリングで返信できなかった者等を除外した106 名が分析対象
  17. 17. 相談者の属性② 割合 精神科・心療内科受診歴あり 16%以上 自殺念慮あり 65.1%以上 自殺企図歴あり 11.3%以上 初回メールでの自殺念慮の表明 60.4% 相談継続率 66.0%
  18. 18. メールのやりとりの量 n Min Max Mean SD 初回文字数 106 0 2947.0 219.1 399.4 全体文字数 106 0 10985.0 2205.3 2476.4 総相談メール数 106 1.0 25.0 4.5 5.1 総メール数 106 2.0 48.0 8.6 9.6
  19. 19. 活動の成果 • 相談成功率: 20.7%(=22÷106人) ■「成功」の定義 1. これまでつながっていなかった新たな援助資源とつ ながった(援助要請行動の生起) 2. 感情のポジティブな変化に関する言及 ※援助要請意図の生起まで含めると26.4%が成功に
  20. 20. Agenda 1 先行研究:インターネットと自殺 2 実践:夜回り2.0 3 夜回り2.0は若者に届くか?
  21. 21. 若者の支援は難しい?① 統計的 有意差なし (p=0.569) 文字数 4000 3500 3000 2500 2000 1500 1000 500 0 統計的 有意差なし (p=0.485) 30歳未満 30歳以上 初回文字数 30歳未満 30歳以上 全体文字数
  22. 22. 若者の支援は難しい?② 統計的 有意差なし (p=0.754) 成功率 (%) 50 40 30 20 10 0 30歳未満 30歳以上
  23. 23. 若年層相談者の特徴  特徴 • 有意差が出た項目は、精神科・心療内科受診歴 のみ • インターネットは若者のものではない?  限界 • 年齢に関する情報が取得できる程度にまでつな がらない相談者が若年層の可能性は?
  24. 24. ここだけの話(?) 特定された個人情報と危機介入と 倫理的問題と・・・
  25. 25. 全体のまとめと今後の課題  まとめ • インターネットは自殺ハイリスク者を特定すること を可能としている • ゲートキーパー活動を通じて、彼ら/彼女らへの 自殺予防活動を展開し、手ごたえを得た  今後の課題 • 効果の検証 • より効果的なアウトリーチ方法の開発
  26. 26. ご清聴ありがとうございました

×