レポートと帳票

1,894
-1

Published on

JJSUG 第6回勉強会 Adempiereとの連携の資料 その1(田中さん作成)

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,894
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
15
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

レポートと帳票

  1. 1. Japan JasperServer Users Group帳票 → レポート → BI ~ 近そうで遠い関係 ~ 田中博実 2011.6.11
  2. 2. Agenda: 帳票 → レポート → BI 帳票 vs. レポート BIを取り巻く背景:JP vs. US 日本で、なぜ進まぬBI導入 日本企業のJasperReportsの使い方 本来、日本企業にレポートも必要! どう浸透させる? データソース? ERP=「Adempiere」との組み合わせがVery Good!
  3. 3. はじめにこのユーザー会が、JasperReportsのユーザー会であればBIをめぐる悩みはないかもしれない…JasperReports単体であれば帳票ツールとしても問題ないしかし、JasperServerとなれば、BIとしての存在が試される…
  4. 4. 帳票 vs. レポート
  5. 5. 帳票とレポート帳票, 伝票, … 業務上、特定の目的のために形式化された 情報の単位とその形式レポート 何かをつたえるてための文章やグラフ 決まった形式は存在しない わかり易ければOK
  6. 6. 帳票とレポートタイプライターの影響タイプライターには罫線ないMS-Word = タイプライターベース Proportional Fonts 罫線は不得意だった GUIの発展待ち 形式への未練なし一太郎 = TeXもどき? Non Proportional Fonts キャラクターとしての罫線 罫線は引きやすかった とりあえず、GUIの発展がなくてもOKだった 形式への未練ありあり
  7. 7. BIを取り巻く背景:JP vs. US日本で、なぜ進まぬBI導入
  8. 8. 「なぜ進まぬBI導入」会社のIT予算のカットに伴い最初にカットされる項目 = BI基幹系システム=Must system!情報系システム=Nice to Have!
  9. 9. USはBIも必須リーマンショック後 日本のBI系は、かなり凹んだ! BIは、なくても問題はない… USのBI系は、かなりのびた! 経験のない状況を把握し、 生き延びるにはには必須!
  10. 10. 違いは、経営陣の立場 情報の集約に迫られ ることはない!?JPの社長 部門ごとに情報が 叩き上げが多い 細分化したまま… 会社の状況もそれなりに分かっているつもり… 社長はゴール。自分の任期中に問題を起こすな!USの社長 社長という職種。業績が伸びなければ首! 社長の転職も多い。経営手腕は、業種に関係な い! 就任した新しい会社の情報をどれだけ短期に頭に 叩き込めるかが勝負の鍵! 全社的な情報の 集約は必須
  11. 11. データの集約度:結果としてJP 各部署や各システムにデータは分散! 集約されたDWHの構築には高いハードル が…US 経営陣の要請に答えるためにデータは集約 される。
  12. 12. 帳票、レポートと経営の関係JP 現場がそれなりに分かる経営陣 現場に流れる情報=帳票US 現場を知らない経営陣 現場の帳票なんてどうでもいい! 知りたいことの提示と分かりやすい表現 =レポート
  13. 13. 一言でいうとJP 部分最適 ボトムアップ型の経営 暗黙の了解型の意思疎通 情報の表現へのUS 違いへ! 全体最適 トップダウン型の経営 ディベート方の意思疎通
  14. 14. 変化が求められる今後新しいステークホルダーの登場これまでの安定的な株主との蜜月の終了国際化 外圧:海外資本の流入 内圧:海外子会社 企業の国際化が進むと、日本のやり方が効かなくなる。 頭ごなしは聞かない。四半期ごとのIR情報 → 集計の高速化国際会計基準(IFRS) 説明責任、セグメントと管理会計
  15. 15. 日本企業のJasperReportsの 使い方帳票ツールとしてのJasperReports
  16. 16. うーんやすい組み込み用、帳票ツールとしての認識しかないかも… Crystal Reportsも同じ それでも、50%前後のシェアを国内でも維持 しているなかなかサーバーの機能まで行き着かない=BIツールとしての認識がない
  17. 17. 本来、日本企業にレポートも必要! どう浸透させる?「解決策として、BIを業務に組み込むことが必要」
  18. 18. これまでのBIデータソース(業務系)とBI(情報系)は、別のシステムとして構築されていた。現場の担当者にとって、業務に直結しないシステムには、みな手をださない。億劫…一体化?
  19. 19. 組み込み型BI (Embed Type BI) Major Playerはすべてを持っている。 ERP, SFA, CRM, BI, … すべてのセグメントでMajorは、競合。 他者と手を組めない BIツールの新興勢力のトレンド JasperSoft Pentaho Yellow Fin : BIしかない。 されど、いろいろなプロジェクトと手を組める…
  20. 20. 単純にいうとBIは、業務系になる必要あり!BIは、データソースと一体化を図る必要あり!Nice to Have からの脱却
  21. 21. データソース?ERP=「Adempiere」との組み合わせがVery Good!
  22. 22. ADempiere ADempiere (アデンピエレ)は、ERP、 CRM、SCMの機能を提供するオープン ソースソフトウェア、およびその開 発・サポートを行うコミュニティの名 称 ADempiereは、実行するという意味のイ タリア語で、完成させる、到達する、義務 を実行するなどの意味も含む。
  23. 23. Jasperから見て データソースとしてのADempiere ADempiere データソースがないとBIは始まらない! JasperReports & Server 帳票ツールして… 帳票ツールして Adempiereから生まれるデータを分析 Adempiereから生まれるデータを分析 し、情報に変えるものとして… し、情報に変えるものとして
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×