Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【講演資料】激変する自動車業界におけるクルマ屋の戦略

5,634 views

Published on

【おことわり】
①内容は2015年末〜2016年初頭時点のものが多いです。古くてスミマセン。
②ベースになってる資料の特性上、やや煽り気味な内容になってます。耐性のない方はご注意ください。(要するにおおげさだ、とw)
③基本的にそこら拾ってきた内容、見聞きした内容の寄せ集めです。権利侵害には注意していますが、問題あればご一報ください。速やかに削除します。
④私は株式会社IDOMの社員ですが、資料はいち個人としての見解であり、会社の意見を代表するものではありません。

Published in: Business
  • My brother found Custom Writing Service ⇒ www.WritePaper.info ⇐ and ordered a couple of works. Their customer service is outstanding, never left a query unanswered.
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Don't forget another good way of simplifying your writing is using external resources (such as ⇒ www.HelpWriting.net ⇐ ). This will definitely make your life more easier
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Hi there! I just wanted to share a list of sites that helped me a lot during my studies: .................................................................................................................................... www.EssayWrite.best - Write an essay .................................................................................................................................... www.LitReview.xyz - Summary of books .................................................................................................................................... www.Coursework.best - Online coursework .................................................................................................................................... www.Dissertations.me - proquest dissertations .................................................................................................................................... www.ReMovie.club - Movies reviews .................................................................................................................................... www.WebSlides.vip - Best powerpoint presentations .................................................................................................................................... www.WritePaper.info - Write a research paper .................................................................................................................................... www.EddyHelp.com - Homework help online .................................................................................................................................... www.MyResumeHelp.net - Professional resume writing service .................................................................................................................................. www.HelpWriting.net - Help with writing any papers ......................................................................................................................................... Save so as not to lose
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Dating direct: ♥♥♥ http://bit.ly/36cXjBY ♥♥♥
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Dating for everyone is here: ♥♥♥ http://bit.ly/36cXjBY ♥♥♥
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

【講演資料】激変する自動車業界におけるクルマ屋の戦略

  1. 1. 激変する自動車業界における クルマ屋の戦略 株式会社IDOM NOREL事業部 責任者 許 直人 naoto.kyo@glv.co.jp ・・・と、いうタイトルの、社員の妄想。
  2. 2. 【おことわり】 • ベースになってる資料の特性上、やや煽り気味な 内容になってます。耐性のない方はご注意くださ い。(要するにおおげさだ、とw) • 基本的にそこら拾ってきた内容、見聞きした内容 の寄せ集めです。権利侵害には注意していますが、 問題あればご一報ください。速やかに削除します。 • 私は株式会社IDOMの社員ですが、資料はいち個 人としての見解であり、会社の意見を代表するも のではありません。
  3. 3. メルセデス・ベンツは自動車メーカーから ネットワークモビリティーの サービスプロバイダーへと変化する ディーター・ツェッチェCEO
  4. 4. 当社は劇的に変わり、自動車からモビリティの会社になる。 今後は、輸送サービス分野により焦点を合わせる。 マーク・フィールズCEO 旅客輸送サービスの年間売上高は5兆4000億ドル。 自動車メーカーは、新車販売市場2兆3000億ドルからは ほとんど利益をあげていない。
  5. 5. 100年続いてきた 自動車産業 • デジタル化 • IoT • 人工知能 • 環境保護 【外部要因】 サ ー ビ ス 化 自動化 自動運転 CaaS (Car as a Service) • 「認識」の獲得 • ヒトの機能が徐々に AIに置き換わる • 「所有」から「利用」へ • プロダクトアウトから マーケットインへ ドライバーレス 社会 • 自動運転カーが中央統制 されて交通サービス化 • 新たなコンテンツ消費、 まちづくりの始まり
  6. 6. 事業フォーカスと経営資源分配の優先順位 CaaS (Car as a Service) ドライバーレス 社会 100年続いてきた 自動車産業 自動運転 サ ー ビ ス 化 自動化 ■1st priority 主力事業である「流通」には、 引き続き再優先で最大のリソー スを投下し、事業拡大原資を確 保する。 ■2nd priority 既存アセットを活かしたシナ ジーを効かせつつ、次なる事業 の柱となるべく初年度単月黒字 を目標に積極展開していく。 ■3rd priority 2020年以降を見据え、投資額 を一定水準にコントロールしな がら将来的な事業の柱とするこ とを目指す。
  7. 7. 事業ポートフォリオと中期目標 利益 2016 2017 2018 ①流通の高度化 ②グローバルシェア拡大 ③モビリティのサービス化 ④自動運転 20202019 クルマジロ EC 買取・小売 海外 NOREL PASSPORT 自動運転等 新領域 Technology領域で 成長を加速 ※私個人が勝手にそう言っているだけですのであしからず!
  8. 8. IT人材の増強、サービス領域でも勝てる企業へ 一般職 (上位へのキャリアパスなし) エ ン ジ ニ ア 本 部 営 業 カンパニー 社長 CTO 執行役員 経営者 部門 責任者 育成段階 自己完遂 組織 マネジメント 事業 マネジメント 全社 マネジメント エンジニア絶賛募集中ですのでよろしくおなしゃす ※執行役員は事業マネジメントと兼務 エ ン ジ ニ ア ※これは会社全体としてそう言ってます! 興味あるエンジニアは naoto.kyo@glv.co.jp まで!
  9. 9. 中長期の動向仮説 2017年 2020年 2025年 2030年 2035年 2040年 新車販売台数1億2,200万台 部分自動運転15.0% (1,840万台) 完全自動運転9.8% (1,200万台) 自動運転機能 8兆円 新車販売台数 1億1,100万台 部分自動運転12.4% (1,390万台) 完全自動運転0.5% (60万台) 自動運転機能 5兆円 ※新車販売台数に占める割合、BCGベースシナリオ ※新車販売台数に占める割合、BCGベースシナリオ 通信モジュール価格低減 IoT製品の普及加速 東京オリンピック Level3自動運転 市場投入 深層学習・強化学習・認識 エッジコンピューティング による路車間通信 センサー・ライダー・FPGA テレマティクスPF 持ち込み機器 車内IoTの浸透 新車による リプレイスで 市場縮小 5G・路車間通信 ? 公共交通機関 一部自動運転化 都市部から ロボットタクシー 普及 自動車 個人所有率低減 Level3への乗換により 自動車流通活況 自動車流通衰退 まちづくり、エネルギー産業 ライフスタイルの変化 コネクティッドカー (つながるクルマ) 非所有層への カーシェア浸透 (Uber, Didi, etc.) 所有層の 利用リプレイス (NOREL, シェア) 個人間売買拡大 オンライン販売増 流通 シェアリングエコノミー 自動運転 長期的には「自動車」そのものではなく、利用者 つまり「移動需要」にフォーカスすることが重要 コ ア 技 術 ※私個人が勝手にそう思っているだけですのであしからず!
  10. 10. 自動車関連市場のポテンシャル評価 大区 分 中区分 市場 ポテ ン シャ ル 見方 プレーヤー例 サー ビス 広告 ✕ 10年スパンでは伸びるが、2020年ではまだ数十億円程度という見方。立ち上 がったとしてもアドネットワーク、デジタルサイネージの領域。 Google, Yahoo!, 電/博,CyberAgent デジタルコンテンツ サービス ✕ PC・スマホでの覇者が当然参入してくるため、新規サービスはスピードと質の 両面で不利。PFが手数料でマネタイズする公算が高い。 多種多様。ナビ, 動画, 音楽, SNS, 情 報, ゲーム 自動車アフター マーケット △ シナジーあるものの、新規市場ではなくリプレイス。主な領域は保険、メンテナ ンス、トレーサビリティ。 OEM、ガリバー、オートバックス、保 険会社、整備会社、ガソリンスタンド 自動車新ビジネス 様々 分野としては金融(保険・決済)、移動(カーシェア・タクシー・ライド シェア)、データビジネスなどが注目されている。Uber 6兆円の存在感 あるがその他は不透明。 多種多様。スタートアップ含む。 通信 通信回線 ◯ 成長性は高いが利幅は少ない。データやポジションを活かしてサイドビジネス とシナジーを追求するべき。 docomo, au, Softbank, sonet, IIJ, soracom 情報 系 テレ マ 情報系HW (ナビ、PND、DVD 等) ✕ ハードウェアに勝ち筋はない。OBD2は国内で規制の方向が強く不透明感。 DENSO, アイシン, JVCケンウッド, パイオニア, Panasonic, Smart Drive 情報系テレマティク ス プラットフォーム ◯ 面 (車とドライバー) を抑えることができればOK。ペネトレーション戦略、キラー コンテンツ必要。表層的なデータが貯まる。 Google, Apple, QNX, Yahoo!, TOYOTA 走行 系 テレ マ 走行系テレマティク ス プラットフォーム ◎ OEMメーカーだけでなく、ContinentalなどTier系、SAP、IBMなど大手Sierが強く 参入障壁高い。コアなデータが貯まる。 Continental, DENSO, Panasonic, HERE, IBM, Microsoft, TOYOTA, BOSH, NVIDIA 自動 運転 自動運転ソフトウェ ア ◎ OEM、ITベンダー、大学などあらゆる分野が研究しており参入障壁・難易度共 に高い。 OEM, 大学, 研究所, Google, テスラ 自動運転インフラ △ 5G、エッジコンピューティング、路車間通信、車々間通信はビジネスモデル不 在で実現不可能と予測。 docomo, ノキア, Intel, NVIDIA ロボットタクシー ◎ ポテンシャル高いが、2020年ではまだ市場が立ち上がらないという見方。公共 交通機関や輸送業など限定的な領域からか。 Uber, Google, DeNA, SB Drive, 大学 社会 まちづくり、エネル ◯ 2030年以降、Level4自動運転実用化後に伸びるのではないか。 多種多様。 ※私個人が! 勝手に! そう思っているだけですのであしからず!
  11. 11. 関連市場考察) 自動運転 完全自動運転の市場投入は2025年、10年後に10%普及か 参入障壁が非常に高く、投資も長期に渡る超々巨大市場 参入の余地はどこか 関連市場も含めると2035年に78兆円規模 自動車のグローバル市場規模は2014年、年間約8720万台、約1兆 7000万米ドルであったが、2035年には1億5000万台、約3兆米ド ル≒350兆円規模に達すると見られる。うち自動運転車が10%、 1500万台を占めると仮定すると、約5000億米ド≒60兆円の市場規 模となる。 さらに、高度運転支援に関わる各種システム、車載機器、ソフト ウェアを含めると、総計、約 6500億米ドル≒78兆円規模のグロー バル市場になると予想される。これらの中には、自動運転に関わる 各種センサ類やモバイルデバイスのアプリケーションソフトなども 含まれる。 上図 : 自動運転車普及シナリオ (BCG) 下図 : 自動運転車の関連産業 (BCG) 自動運転車購入意欲 • 部分自動運転車55%、完全自動運転者45% 2025年普及予測 • 年間販売台数1,450万台 (新車販売に占める割合12-13%) • 市場規模約5兆円 (自動車本体価格は除く) 完全自動運転車は2025年に市場投入。普通車+120万円程度。 ニューヨーク、パリ、東京のような大都市ではカーシェアリングの 経済性が高まり、交通量が激減。自家用車を保有するより経済的に。 ※私個人が勝手にそう思っているだけですのであしからず! ※出典:BCG公開資料
  12. 12. 13 関連市場考察) 通信 M2M/IoTが牽引し、MVNO市場はCAGR23.3%で成長 日本国内では数少ない成長市場。 正しいポジショニングとROIのコントロールで拡大が見込める。 「携帯電話回線の契約」数は、タブレット端末や通信モジュールが組み込まれた機器の増加、 多様なMVNOの登 場などにより、 2014年度末の約 1億4,805 万回線から、 2020 年度末には 1 億 6,104 万回線に増加。ネット ワークの分野においては、これまでのような携帯電話、スマートフォンに加えて、M2MやIoTと呼ばれるさまざま な機器における通信機能の付加が進んでおり、異業種との融合による利活用が進んでいくと考えられる。また政府 の政策においてMVNOの普及促進が掲げられており、携帯電話サービスの多様化も進む見込み。 データ通信市場自体も全体では6.7兆円を超える巨大マーケットであり、年々着実な増加を続けている。最大のプ レーヤーはもちろん通信キャリア大手3社だが、自動車等業界特化型の市場はMVNO事業者参入の余地が残されてい るのではないかと思われる。 出典 : 総務省 http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/field/tsuushin05.html 0 1,000,000 2,000,000 3,000,000 4,000,000 5,000,000 6,000,000 7,000,000 8,000,000 データ通信売上高 (百万円)
  13. 13. CaaS時代に向けての戦略 所有 利用 B2C C2C CORE BUSINESS 小売 70,000 台 買取 180,000 台 2015年9月ローンチ 2016年8月ローンチ Coming soon… ■当社の強み 1. 素早い意思決定と行動力 2. 自動車在庫と膨大な流通データ 3. 日本中をカバーする流通ネットワーク 既存アセットを活かして、新しい自動車流通に向けてスピード感をもって仕掛けていく。 Driver DB Core capability
  14. 14. • 所有のリプレイス(レンタルでもシェアリングでもない) • 一都三県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県) • 8月中旬よりスタート。事前登録受け付中! • 先行リリースverでは納車後最短 90日 から乗り換え可能 • 年明けに全国展開予定 世界初!※ 月額定額 乗り換え放題サービス 先行リリース (※当社調べ) 絶賛改修中! まもなくプランリニューアル
  15. 15. データ群(例) 商品 お客様 外部環境 • 調達 在庫(数/位置/物流/経費) • 個車 詳細(メーカー/カテゴリー/モデル/タイプ/スペック/装備/状態) • 予約 状況(稼働/人気/特性) • 行動 情報(乗換/乗継/契約状況/検討状況) • 思考 心理(重視項目/嗜好性/満足度/用途) • 属性 情報(住所/氏名/年齢/性別/家族構成) • 地域 特性(都道府県/地形/道路環境) • 季節 特性(気候/行事) • 市場 概況(税制/景気/メーカー動向/競合)
  16. 16. カーシェアにおいてB2CをC2Cより優先する理由 日本国民1億2000万人 免許証保有7,700万人 個人用自動車6000万台 NORELの 潜在マーケット 6,000万人 + α P2Pカーシェアの 潜在マーケット 1,700万人 + α C2Cカーシェアの「借り手」は自動車非保有層。 潜在マーケットは小さい。 巨大市場である「自動車保有」をリプレイスできる サービスは国内ではNOREL以外にまだ存在しな い。 また、B2CカーシェアからC2Cカーシェアへの展開 は、自動車販売チャネルを持っている当社には容 易。
  17. 17. クルマの個人間売買 商流は短く個人間、 しかもサービスはプロフェッショナル
  18. 18. Mobility Platform 全体進捗 国内 トップシェア クルマジロ (2015年9月) NOREL (2016年8月) C2Cカーシェア (2017年冬以降) NOREL on demand (2020年以降) B to C C to C 売る / 買う (従来型ビジネス) 貸す / 借りる (シェアリング) 一次利用 (中央制御型無人運転) IDOM Mobility Platform (移動需要にフォーカスした共通データベース) トレンド 法令改正・顧客教育・技術革新など 外部環境を冷静に分析し、的確なタイミングで参入する。 全ての基盤を統一化し、LTVを最大化させる。 CONNECTED (MVNO事業)通信 基盤
  19. 19. Mobility Platform によるLTV最大化の仮説 クロスセル商材 リアル事業 クルマジロ NOREL C2C カーシェア 一時 利用 車検 整備 保険 Car用品 パーツ売る 買う 売る 買う 借りる 貸す 借りる 元 商 談 リアル 事業 売る ◎ △ △ ◎ △ ✕ ✕ ✕ ✕ ✕ 買う ◎ △ △ ◯ ◎ △ ✕ ◎ ◎ ◎ クル マジロ 売る △ △ ◯ ◎ △ ✕ ✕ ✕ ✕ ✕ 買う △ △ ◯ ◯ ◎ △ ✕ ◎ ◎ ◎ NOREL 借りる ✕ ◯ ✕ ◯ ✕ ◯ ◯ ✕ ✕ ✕ C2C カーシェ ア 貸す ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ✕ ✕ ✕ 借りる ✕ ◯ ✕ ◯ ◎ ✕ ◎ ✕ ✕ ✕ 一時利用 ✕ ◯ ✕ ◯ ✕ ✕ ◎ ✕ ✕ ✕ 車検整備 △ △ △ △ △ △ △ ✕ ✕ ✕ 保険 ✕ ✕ ✕ ✕ ✕ ✕ ✕ ✕ ✕ ✕ 用品パーツ ✕ ✕ ✕ ✕ ✕ ◯ ✕ ✕ ✕ ✕ 例 : C2C Car shareで車を貸している顧客は、「車の売買 (BtoC/CtoC)」「NORELU」でコンバー ジョンする可能性に加え、車の貸出中に別の車を「借りる」「一時利用する」可能性もある。一方、 車検や保険、カー用品のセールスにはダイレクトに結びつかない。 データ統合により、単独事業では成し得なかった 事業横断的なニーズ把握が可能となる
  20. 20. 関連市場へのエントリ 大区分 中区分 市場 ポテン シャル 戦略 エンゲージ 提携 投資 事業開発 買収 サービス 広告 ✕ ✕ ✕ ✕ ✕ ✕ デジタルコンテンツ サービス ✕ ◯ ◯ ✕ ✕ ✕ 自動車アフターマーケット △ △ △ ✕ ◯ ✕ 自動車新ビジネス 様々 様々 様々 様々 様々 様々 通信 通信回線 ◯ ✕ ◯ ✕ ◯ ✕ 情報系 テレマ 情報系HW (ナビ、PND、DVD等) ✕ ✕ ◯ ✕ ✕ ✕ 情報系テレマティクス プラットフォーム ◯ ✕ △ △ △ ✕ 走行系 テレマ 走行系テレマティクス プラットフォーム ◎ △ ◯ ✕ ✕ ✕ 自動運転 自動運転ソフトウェア ◎ ◯ ◯ ☆ ✕ ☆ 自動運転インフラ △ ✕ ✕ ✕ ✕ ✕ ロボットタクシー ◎ ◯ ◯ ☆ ✕ ☆ 社会 まちづくり、エネルギー、輸送 網、他 ◯ ✕ ✕ ✕ ✕ ✕ 自前調達にこだわることなく、提携や買収も視野に入れた 適切なパートナー戦略でプラットフォーム化を推進 ※私個人が勝手にそう言っているだけですのであしからず!
  21. 21. モビリティ革命で世界をリードする Ignite the Dream Of Mobility • 中古車販売台数世界一 • 中古車販売リピート率世界一 • モビリティサービス利用者数世界一 ※私個人が勝手にそう言っているだけですのであしからず!

×