SlideShare a Scribd company logo
1 of 1
日付
プロジェクト名称・説明
発注元・担当者名・連絡先
ブリーフ作成者名
1. 背景・概要
(ア) 商品・事業・ブランドの歴史
(イ) ブリーフの作成理由
(ウ) 解決すべき課題と緊急性
(エ) 外部環境(社会、市場、競合、技術‥)の変化
2. 目的・目標
(ア) プロジェクトの目的
(イ) 達成すべき数値目標
3. ターゲット
(ア) 影響を与える相手
(イ) 属性(デモグラフィック、サイコグラフィック、ビヘイビア)
(ウ) 相手がとるべき行動
(エ) 相手が行動を取る理由
4. 資源・戦略
(ア) 利用可能な資源(内的・外的×有形・無形)
(イ) 独自性の高い資源
(ウ) 予算
(エ) 納期
5. 機能要件
(ア) 希望する機能・仕様
(イ) 対応技術・プラットフォーム
(ウ) 取得データ・活用目的・活用方法
6. 障壁・懸念事項
(ア) 想定される阻害要因(コミュニケーション、技術、リソース、スキル‥)
7. 提出・成果物
(ア) 提案時の提出物
(イ) 納品時の成果物
8. RFI(情報提供依頼)
(ア) 期日、リクエスト方法
9. 評価基準・決裁プロセス
(ア) 提案採用における重視点
(イ) 評価プロセス・期間
(ウ) 決裁者
(エ) 実施までのスケジュール
10. 参考情報・資料
(ア) 考慮すべき情報
(イ) 各種添付資料

More Related Content

What's hot

FONDEMENTS ET PERSPECTIVES DE L’ÉDUCATION PRÉSCOLAIRE AU QUÉBEC
FONDEMENTS ET PERSPECTIVES DE L’ÉDUCATION PRÉSCOLAIRE AU QUÉBECFONDEMENTS ET PERSPECTIVES DE L’ÉDUCATION PRÉSCOLAIRE AU QUÉBEC
FONDEMENTS ET PERSPECTIVES DE L’ÉDUCATION PRÉSCOLAIRE AU QUÉBEC
maitdaoud
 

What's hot (8)

Business plan guide opérationnelle
Business plan guide opérationnelleBusiness plan guide opérationnelle
Business plan guide opérationnelle
 
Conférence Sécurité et Intelligence Artificielle - INHESJ 2018
Conférence Sécurité et Intelligence Artificielle - INHESJ 2018Conférence Sécurité et Intelligence Artificielle - INHESJ 2018
Conférence Sécurité et Intelligence Artificielle - INHESJ 2018
 
Future Ready Enterprise Systems | Accenture
Future Ready Enterprise Systems | AccentureFuture Ready Enterprise Systems | Accenture
Future Ready Enterprise Systems | Accenture
 
Digital transformation - whitepaper
Digital transformation - whitepaperDigital transformation - whitepaper
Digital transformation - whitepaper
 
FONDEMENTS ET PERSPECTIVES DE L’ÉDUCATION PRÉSCOLAIRE AU QUÉBEC
FONDEMENTS ET PERSPECTIVES DE L’ÉDUCATION PRÉSCOLAIRE AU QUÉBECFONDEMENTS ET PERSPECTIVES DE L’ÉDUCATION PRÉSCOLAIRE AU QUÉBEC
FONDEMENTS ET PERSPECTIVES DE L’ÉDUCATION PRÉSCOLAIRE AU QUÉBEC
 
Accenture Tech Vision 2020 - Trend 5
Accenture Tech Vision 2020 - Trend 5Accenture Tech Vision 2020 - Trend 5
Accenture Tech Vision 2020 - Trend 5
 
Technology Vision 2022: Communications Industry | Accenture
Technology Vision 2022: Communications Industry | AccentureTechnology Vision 2022: Communications Industry | Accenture
Technology Vision 2022: Communications Industry | Accenture
 
'This is Bundl' book
'This is Bundl' book'This is Bundl' book
'This is Bundl' book
 

Viewers also liked

Viewers also liked (15)

FICC VISION 2016
FICC VISION 2016FICC VISION 2016
FICC VISION 2016
 
ホントのホントの0から始める3Dモデリング入門
ホントのホントの0から始める3Dモデリング入門ホントのホントの0から始める3Dモデリング入門
ホントのホントの0から始める3Dモデリング入門
 
[CCL web vol.6] 2014年のWebデザイントレンドと 本当に必要とされるデザインと手法
[CCL web vol.6] 2014年のWebデザイントレンドと 本当に必要とされるデザインと手法[CCL web vol.6] 2014年のWebデザイントレンドと 本当に必要とされるデザインと手法
[CCL web vol.6] 2014年のWebデザイントレンドと 本当に必要とされるデザインと手法
 
マテリアルデザイン
マテリアルデザインマテリアルデザイン
マテリアルデザイン
 
聞いて覚えるマテリアルデザイン入門
聞いて覚えるマテリアルデザイン入門聞いて覚えるマテリアルデザイン入門
聞いて覚えるマテリアルデザイン入門
 
Introducing Fluent Design
Introducing Fluent DesignIntroducing Fluent Design
Introducing Fluent Design
 
当たり前を当たり前だと思ってはいけない!スマートフォンUIデザイン
当たり前を当たり前だと思ってはいけない!スマートフォンUIデザイン当たり前を当たり前だと思ってはいけない!スマートフォンUIデザイン
当たり前を当たり前だと思ってはいけない!スマートフォンUIデザイン
 
マテリアルデザインを用いたデザインリニューアル [フリル編]
マテリアルデザインを用いたデザインリニューアル [フリル編]マテリアルデザインを用いたデザインリニューアル [フリル編]
マテリアルデザインを用いたデザインリニューアル [フリル編]
 
Appleとgoogleのデザインガイドライン比較~スマートフォン向けwebデザインのポイント~
Appleとgoogleのデザインガイドライン比較~スマートフォン向けwebデザインのポイント~Appleとgoogleのデザインガイドライン比較~スマートフォン向けwebデザインのポイント~
Appleとgoogleのデザインガイドライン比較~スマートフォン向けwebデザインのポイント~
 
コーディングを考慮したWebデザインガイドライン
コーディングを考慮したWebデザインガイドラインコーディングを考慮したWebデザインガイドライン
コーディングを考慮したWebデザインガイドライン
 
UXはじめの一歩
UXはじめの一歩UXはじめの一歩
UXはじめの一歩
 
スマホサービスにおける、UIデザインのノウハウと実例
スマホサービスにおける、UIデザインのノウハウと実例スマホサービスにおける、UIデザインのノウハウと実例
スマホサービスにおける、UIデザインのノウハウと実例
 
心地よいUIの温度 - 言葉と気遣いで高めるUI -
心地よいUIの温度 - 言葉と気遣いで高めるUI -心地よいUIの温度 - 言葉と気遣いで高めるUI -
心地よいUIの温度 - 言葉と気遣いで高めるUI -
 
確実に良くするUI/UX設計
確実に良くするUI/UX設計確実に良くするUI/UX設計
確実に良くするUI/UX設計
 
Webデザインのセオリーを学ぼう
Webデザインのセオリーを学ぼうWebデザインのセオリーを学ぼう
Webデザインのセオリーを学ぼう
 

More from FICC inc.

ストーリーテリングの魔術
ストーリーテリングの魔術ストーリーテリングの魔術
ストーリーテリングの魔術
FICC inc.
 
ONE FICC / パーパスと学際的リベラルアーツによるイノベーション
ONE FICC / パーパスと学際的リベラルアーツによるイノベーションONE FICC / パーパスと学際的リベラルアーツによるイノベーション
ONE FICC / パーパスと学際的リベラルアーツによるイノベーション
FICC inc.
 

More from FICC inc. (14)

ブランド固有の歴史を活かしてファンを獲得するナラティブUGC
ブランド固有の歴史を活かしてファンを獲得するナラティブUGCブランド固有の歴史を活かしてファンを獲得するナラティブUGC
ブランド固有の歴史を活かしてファンを獲得するナラティブUGC
 
提案書の書き方
提案書の書き方提案書の書き方
提案書の書き方
 
ストーリーテリングの魔術
ストーリーテリングの魔術ストーリーテリングの魔術
ストーリーテリングの魔術
 
ONE FICC / パーパスと学際的リベラルアーツによるイノベーション
ONE FICC / パーパスと学際的リベラルアーツによるイノベーションONE FICC / パーパスと学際的リベラルアーツによるイノベーション
ONE FICC / パーパスと学際的リベラルアーツによるイノベーション
 
データドリブンマーケティング・ロードマップ
データドリブンマーケティング・ロードマップデータドリブンマーケティング・ロードマップ
データドリブンマーケティング・ロードマップ
 
データドリブンマーケティングに必要なパーセプションフロー・モデルの考え方
データドリブンマーケティングに必要なパーセプションフロー・モデルの考え方データドリブンマーケティングに必要なパーセプションフロー・モデルの考え方
データドリブンマーケティングに必要なパーセプションフロー・モデルの考え方
 
データドリブンマーケティングに必要なパーセプションフロー・モデルの考え方
データドリブンマーケティングに必要なパーセプションフロー・モデルの考え方データドリブンマーケティングに必要なパーセプションフロー・モデルの考え方
データドリブンマーケティングに必要なパーセプションフロー・モデルの考え方
 
Improving Brand Advertising ROI
Improving Brand Advertising ROIImproving Brand Advertising ROI
Improving Brand Advertising ROI
 
ブランド広告ROI改善施策
ブランド広告ROI改善施策ブランド広告ROI改善施策
ブランド広告ROI改善施策
 
マスブランド向け広告ROI改善施策
マスブランド向け広告ROI改善施策マスブランド向け広告ROI改善施策
マスブランド向け広告ROI改善施策
 
データドリブンIMC (2018.11.16)
データドリブンIMC (2018.11.16)データドリブンIMC (2018.11.16)
データドリブンIMC (2018.11.16)
 
One page memo_v3.1
One page memo_v3.1One page memo_v3.1
One page memo_v3.1
 
Data Driven IMC English Ver
Data Driven IMC English VerData Driven IMC English Ver
Data Driven IMC English Ver
 
One page memo v3
One page memo v3One page memo v3
One page memo v3
 

マーケティングブリーフ項目 テンプレート

  • 1. 日付 プロジェクト名称・説明 発注元・担当者名・連絡先 ブリーフ作成者名 1. 背景・概要 (ア) 商品・事業・ブランドの歴史 (イ) ブリーフの作成理由 (ウ) 解決すべき課題と緊急性 (エ) 外部環境(社会、市場、競合、技術‥)の変化 2. 目的・目標 (ア) プロジェクトの目的 (イ) 達成すべき数値目標 3. ターゲット (ア) 影響を与える相手 (イ) 属性(デモグラフィック、サイコグラフィック、ビヘイビア) (ウ) 相手がとるべき行動 (エ) 相手が行動を取る理由 4. 資源・戦略 (ア) 利用可能な資源(内的・外的×有形・無形) (イ) 独自性の高い資源 (ウ) 予算 (エ) 納期 5. 機能要件 (ア) 希望する機能・仕様 (イ) 対応技術・プラットフォーム (ウ) 取得データ・活用目的・活用方法 6. 障壁・懸念事項 (ア) 想定される阻害要因(コミュニケーション、技術、リソース、スキル‥) 7. 提出・成果物 (ア) 提案時の提出物 (イ) 納品時の成果物 8. RFI(情報提供依頼) (ア) 期日、リクエスト方法 9. 評価基準・決裁プロセス (ア) 提案採用における重視点 (イ) 評価プロセス・期間 (ウ) 決裁者 (エ) 実施までのスケジュール 10. 参考情報・資料 (ア) 考慮すべき情報 (イ) 各種添付資料