Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

リプライするかしないか:Twitterと言語(学)研究

5,167 views

Published on

第8回言語学×自然言語処理合同勉強会(2014/10/31, NII)の発表スライド

Published in: Science
  • Be the first to comment

リプライするかしないか:Twitterと言語(学)研究

  1. 1. リプライするかしないか: Twitterと言語(学)研究 田川拓海(TAGAWA Takumi, 筑波大学) tagawa.takumi.kp@u.tsukuba.ac.jp @dlit 1 第8回言語学×自然言語処理合同勉強会(2014/10/31, NII)
  2. 2. 発表の目的 言語学的言語研究から見たTwitter研究の可能性 について簡単にまとめる 具体的な言語現象について下記を取り上げる 1. システムと言語行為(のずれ) 2. (疑似)独話性 3. スタイルとコミュニケーションの発生あるいは 抑制 2
  3. 3. 電子メディアの言語研究 色々な研究が出てきている ➥CMC(Computer-Mediated Communication: コ ンピューターを介したコミュニケーション)研究の 視点(佐藤(2008), 佐藤(2012), 小比田・宮本 (2014)など) ➥Twitter特有の表現(ひらたりえ(2014)など) ケータイメール、ブログ、チャット(平本(2008)) 3
  4. 4. 「打ちことば」研究 ここでいう「打ちことば」とは、PCメイル・携 帯メイル・ブログ・ミニブログ・SNS (Social Networking Service)のようなインターネット を介したコミュニケーションにおいて、キー ボードなどを「打つ」ことによって視覚化され たことばのことを指す。 (田中ゆかり(2014): 37、強調は発表者) 4
  5. 5. コーパスと電子メディア 現代日本語書き言葉均衡コーパス(BCCWJ) に「Yahooブログ」と「Yahoo知恵袋」が含ま れている Webコーパスの整備 ➥「筑波ウェブコーパス」 NINJAL-LWP for TWC 5
  6. 6. 言語学の手法の特徴 資料やデータをじっくり見るのが得意だが、 (特に新しいメディアに対しては)研究の蓄積 が追い付かない側面があるのでは 例)ケータイメールとLINE 6
  7. 7. ケータイメールとLINE 若者間の携帯メールでは、普段の話しことばに 近いことば遣いをすることで、親密感を表出し、 そのような配慮を示すことを通して人間関係を 調整しているのである。 (三宅(2005): 235、強調は発表者) 親しい間柄の携帯メールにおける顔文字の多用 (野田(2014): 61) 現在もそう言えるのだろうか 7
  8. 8. ケータイメールの特徴(三宅(2005)より) • 終助詞:特に「ね」、「よ」のように、相手の反応を引き出す助 詞が頻繁に使われている。 • 助詞の省略:[が]、[を]などの格助詞の省略が多い。 • 疑問文:疑問文で相手に質問したり確認要求をすることで、相手 の応答が必要な構造が作り出されている。 • 感動詞、応答詞、あいつぢ的発話:「わあ」「はははは」「う ん」「ほんと?」「マジでー?」など相手に反応する発話が多い。 • 擬音語、擬態語:「パンパンにしてやる」「鎖骨バキバキに折れ て」「ひゅーんといって」など、生き生きした話しことばらしさ を出している。 • いいよどみ:「そ、それは…」「ご、ごめん」など、「話しこと ば」では実際にはあまり発話されないが、マンガなどではすでに 確立されている表現を使って、驚きや困惑を表している。 (三宅(2005): 250、一部改訂) 8
  9. 9. ケータイメールの特徴(三宅(2005)より) • 若者ことば:「ってか俺が行ってもいいけど」、「うざいよねえ」など、 普段若者が使う口調を再現している。 • 縮約形:「おはぁ」、「そだね!」、「お疲れ~」、「ありがとね」 「んじゃ」など、実際に話しているような口調・音調に近づけている。 • 古語:「かしこまった」、「よく寝てくだされ」など、実際あまり使わ ない表現をわざと使って、ふざけ半分の楽しさを出している。 • 方言:「予定入ってるねん」、「そうなんや」など方言を入れて、普段 の自分を表現したり、反対に自分の方言ではない方言をわざと使ってお かしさを作り出したりしている。 • 幼児語:「まだいるにょ?」「おやすみしまふー」「がんばってにゅ ~」などは、「まふまふ言葉」とも呼ばれ、幼児のような甘えた発話で、 柔らかさを表現している。 • 造語:「「まじんぐ?」(=まじ?)、「おやすまぁ」(=おやすみ) など、元のことばが分かる程度に崩した新たな造語で、相手との親密感 をかもしだしている。 (三宅(2005): 250、一部改訂) 9
  10. 10. ケータイメールとLINE 親しい人とのコミュニケーションにはLINEを 使うので、ケータイメールはごく簡単な事務的 連絡にしか使わない LINEでのつながりはあるが、ケータイメール のアドレスや電話番号は知らない親しい友人が いる (授業でのリアクションペーパーより) LINEがケータイメールに取って代わった? 10
  11. 11. LINE 会話の流れとスタンプ (前回の会話が見られる) 11
  12. 12. 中間まとめ 電子メディアが多くの人の言語やコミュニ ケーションに関わっている今、その時その時の データや記述の蓄積も(ある程度)進めておく 方が良いのでは ➥デジタルデータは「保存」という観点から 見ると、紙媒体の資料に比べてもろいところ がある 12
  13. 13. なぜTwitterか 過去2年ほど冷凍保存されていたというのでもない 限り、Twitterという言葉は間違いなく耳にしたこ とがあるだろう。(中略) あなたがTwitterを好き であれ嫌いであれ、Twitterがウェブ上でのコミュ ニケーションの形を大きく変えたということは否 定できないだろう。 (Russell (2011) (長尾(訳)) : 91、強調は発表者) ウェブ上のコミュニケーション(の変化)は物理 的身体世界(ウェブの外)でのコミュニケーショ ンにも影響があるだろうか? 13
  14. 14. Twitterのコミュニケーションモデル 複雑なコミュニケーション関係が簡単に起こる A B AとBが会話 C AとCが会話 BからA-Cの会話は見えない 14
  15. 15. Twitterのコミュニケーションモデル これぐらいなら電話などでも起こりうる A B AとBが電話 C AとCは同じ部屋 BからA-Cの会話は聞こえない 15
  16. 16. Twitterのコミュニケーションモデル Twitterではさらに複雑になりうる D A B AとBが会話 C AとCが会話 BからA-Cの会話は見えない DはA-B, A-Cの会話が見えるがBとだけ会話 16
  17. 17. Twitterのコミュニケーションモデル どう考えるか ➥話者間の距離がフォロー関係や興味のある 話題などで決まる(だだっ広い空間での)立 食パーティーのようなもの? Twitterではさらに、リツイート(RT)によっ て突然距離が遠い話者との会話が生まれる可能 性がある フォロー数20のユーザーと10000のユーザー 間でのやりとりも可能 17
  18. 18. 気になる言語現象 1. システムと言語行為(のずれ) 2. (疑似)独話性 3. スタイルとコミュニケーションの 発生あるいは抑制 18
  19. 19. システムと言語行為(のずれ) 「@ユーザーID」という一つの方法が「呼び かけ」にも「返信」にも使われる(メンション /リプライ) aaa: @bbb 暇? :呼びかけ bbb: @aaa ひまー:返信 19
  20. 20. システムと言語行為(のずれ) エアリプライ:システム上はただの発言だが会 話のようになることがある aaaとbbbは相互フォロー関係にある(お互いの 発言が見られる) [aaa]: ダイハード面白かったなーもう新作でない のかな? [bbb]: 今度ダイハードの最新作、映画でやるん じゃなかったっけ。 [aaa]: あー新作出るのかー気になるな… [bbb]: @aaa 見に行く? 20
  21. 21. システムと言語行為(のずれ) 非公式RT/QTの際の「@」は? ➥それほど強い「呼びかけ」ではないことも Tagawa, Takumi (Takumi TAGAWA). “ちなみ に発表者の1人です。Twitterと言語(学)研究 の関係について話しますQT @ling_nlp: 前回 からかなり間が空きましたが第8回合同勉強会を 10/31に開催します.日程等は以下をご参照く ださい.url.” 8 Oct 2014, 13:08. Tweet. 21
  22. 22. システムと言語行為(のずれ) 非公式RT/QTは「引用」か Tagawa, Takumi (Takumi TAGAWA). “ちなみ に発表者の1人です。Twitterと言語(学)研究 の関係について話しますQT @ling_nlp: 前回 からかなり間が空きましたが第8回合同勉強会を 10/31に開催します.日程等は以下をご参照く ださい.url.” 8 Oct 2014, 13:08. Tweet. 22
  23. 23. システムと言語行為(のずれ) 非公式RT/QTされた発話は改変、短縮されること はあるが、鎌田(2000)が示したレトリカルな要 素・表現の追加(引用句創造説)は見られないよ うに思われる (男性の伝達者が妻の発話を同僚に報告する場面) これが食いたくてね、作れってっても、このすみそ の具合が分からねえって言うんだよ、うちのやつは。 (鎌田(2000): 53より抜粋、強調は発表者) 23
  24. 24. システムと言語行為(のずれ) 非公式RT/QTについては、コミュニケーショ ンにおける引用の現れ方、機能という観点から 見ても面白いかもしれない(cf. 佐藤(2008) など) 24
  25. 25. (疑似)独話性 対話における独話のような表現は、聞き手の存 在しない完全な独話や心内発話などとは異なり、 聞き手の存在を多少なりとも意識していると考 えられる場合が多い。そういう発話を「疑似独 話」と呼ぶ。 (野田(2014): 59) A: 昨日論文acceptの連絡来たよ B: いいなー 25
  26. 26. (疑似)独話性 音声言語は即時性が求められるため、(中略) 「あ、そっか」のような文が疑似性をほとんど もたずに出現することも十分ありうる。一方、 文字言語は作成に時間をかけることができ、修 正も可能である。にもかかわらず独話のような 形が選ばれている場合、疑似性が強いと考える のが自然であろう。 (野田(2014): 59-60) 打ちことばは即時性において音声言語に近い 性質を持てる。Twitterではどうか? 26
  27. 27. (疑似)独話性 「つぶやき」と「発信」は一見矛盾しているが、疑似 独話のシステム化ともいえそうである。(中略)実際、 ツイッターには疑似独話が多くみられる。 (野田(2014): 64) 本日ラジオ。ラストカウボーイ。。。 (有吉弘行(ariyoshihiroiki), 2014/10/26, 22:26, Tweet) テキストにおけるスタイルシフト(野田(2003)な ど)や読み手への意識(岸本(2005)など)との関 わり27
  28. 28. スタイルとコミュニケーション 突然知らないユーザーから発言が“飛んでき た”場合、どのような反応が起こるのか [xxx]: 筑波大学はUniversity of Tsukuba RT @yyy: 略語より謎なのが、地名のついた特に国 立大学の英語表記が例えば帝大だと東大以外が みな○○universityなこと。なぜ? ➥xxxの発話末がa) ですねb) だったかなあ c) だと思うd) だと思います、etc. だとど うか28
  29. 29. スタイルとコミュニケーション 他者の発言を引用し、呼びかけまでしている のに、言語上は「独話」のような発話があ(り う)る ➥対面会話、電話、チャット、ケータイメー ルなどと異なり、コミュニケーションの発生 /抑制そのものの様子/メカニズムを見ること が可能かもしれない(cf. 三宅(2009)) 他者への働きかけにも関わるイントネーショ ン情報(森山(1989)など)はどうする? ➥補助記号(「?」など)や長音化(「ー」、 語末母音の付加表記「なあ/なぁ」)からあ る程度探れるか29
  30. 30. スタイルとコミュニケーション 「独話(性)」とそれに関連する言語現象を 探ることで、つながる/つなげる方のコミュニ ケーションについても、新しい光を当てること ができると面白い ➥中崎(2002)、田川(2014)など 30
  31. 31. 課題 データをどのように集め、どのように処理・分 析するのか ➥共同研究、チーム 他の、従来のメディアとの比較も常に検討する ➥cf. 佐竹(2005) 言語学的な観点・問題の洗い出し 31
  32. 32. 自然言語処理など他分野との接点 よりコミュニケーションを見る研究へ ➥李(2014)などコミュニケーションに注目 しているものはあるし、Russell (2011)でも リプライのやりとりを継続的にデータ化する 方法に触れられているが、ある程度長いコ ミュニケーションを取り上げたものはまだ少 ないように見受けられる 32
  33. 33. 応用? 近年、ITとそれに伴うメディアの発達によって、 専門家と非専門家の距離(専門家同士も)が近く なってきている。 ➥しかし、それと同時にトラブルも多くなってき ているように見える ➢新しいメディアやツールがもたらす言語/コミュニ ケーション上の混乱・問題に対して、言語学・言語 研究から何かできると嬉しい 第二言語習得/教育における「打ちことば」の扱い 33
  34. 34. 引用文献 • 李光鎬(2014)「ツイッター(Twitter)上におけるニュースをめぐるコミュニケー ション」『社会イノベーション研究』9(1): 1-16. • 平本毅(2008)「電子メディアを通じてことばはいかにして話されるのか」岡本能 里子・佐藤彰・竹野谷みゆき(編)『メディアとことば3』, 174-201, ひつじ書房. • ひらたりえ(2014)「打ちことば試論Twitterで使われる日本語について」 TwiFULL SLiM 27 口頭発表. • 鎌田修(2000)『日本語の引用』ひつじ書房. • 岸本千秋(2005)「ネット日記における読み手を意識した表現」三宅和子・岡本 能里子・佐藤彰(編)『メディアとことば2』, 204-231, ひつじ書房. • 小比田涼介・宮本エジソン正(2014)「Twitter上でのシャイなユーザーの自己開 示」『電子情報通信学会技術研究報告TL 思考と言語』113(440): 7-12. • 三宅和子(2005)「携帯メールの話しことばと書きことば―電子メディア時代の ヴィジュアル・コミュニケーション」三宅和子・岡本能里子・佐藤彰(編)『メ ディアとことば2』, 234-261, ひつじ書房. • 三宅和子(2009)「謝罪メールをめぐる対人関係調整行動「了解で~す☆」の真 意を探る」三宅和子・佐竹秀雄・竹野谷みゆき(編)『メディアとことば4』, 158-170, ひつじ書房. • 森山卓郎(1989) 「文の意味とイントネーション」宮地裕(編)『講座日本語と 日本語教育1 日本語学要説』, 172-196, 明治書院. 34
  35. 35. 引用文献 • 中崎崇(2002)「独話場面における終助詞「ヨ」の機能」『日本語・日本文化研 究』12: 105-115, 大阪外国語大学日本語講座. • 野田春美(2014)「疑似独話と読み手意識」石黒圭・橋本行洋(編)『話し言葉と書 き言葉の接点』, 57-74, ひつじ書房. • 野田尚史(2003) 「テキスト・ディスコースを敬語から見る」『朝倉日本語講座8 敬語』, 朝倉書店. • Russell, Matthew A. (2011) Mining the Social Web. O’Reilly.(奧野陽(他)(監 訳) 長尾貴明(訳) (2011)『入門ソーシャルデータ―データマイニング、分析、可 視化のテクニック』オライリー・ジャパン). • 佐竹秀雄(2005)「メール文体とそれを支えるもの」橋元良明(編)『講座社会言語 学第2巻メディア』ひつじ書房. • 佐藤彰(2008)「ファンサイトにおけるナラティブと引用オンライン・コミュニ ティー構築の視点から」岡本能里子・佐藤彰・竹野谷みゆき(編)『メディアとこ とば3』, 204-236, ひつじ書房. • 佐藤広英(2012)「CMCにおける他者の匿名性がコミュニケーションの行動に及 ぼす影響―情報の種類の観点からの影響―」『社会言語科学』15(1): 17-28. • 田川拓海(2014)「愚痴命令文と終助詞」TwiFULL SLiM 27 口頭発表. • 田中ゆかり(2014)「ヴァーチャル方言の3用法:「打ちことば」を例として」石 黒圭・橋本行洋(編)『話し言葉と書き言葉の接点』, 37-55, ひつじ書房. 35

×