Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ペアプログラミング ホントのところ

34,101 views

Published on

『ペアプログラミング ホントのところ』2012/10/28 Scrum 道 Expo

Published in: Technology
  • Be the first to comment

ペアプログラミング ホントのところ

  1. 1. ペアプログラミング ホントのところ和田 卓人 (a.k.a id:t-wada or @t_wada) Oct 28, 2012 @ Scrum 道 Expo
  2. 2. 自己紹介名前: 和田 卓人 (わだ たくと)ブログ: http://d.hatena.ne.jp/t-wadaメール: takuto.wada@gmail.comTwitter: http://twitter.com/t_wadaタワーズ・クエスト株式会社取締役社長
  3. 3. 問い: ペアプログラミングを導入するべき か否か
  4. 4. It depends.(それは状況によるね)
  5. 5. ペアプログラミン グって何?
  6. 6. David Me!Chelimsky2人で1つのマシン、1つのキーボード
  7. 7. ペアプロ : Pair Programming Vim vs. Emacsキーボード ナビと押し / 引き ドライバー http://www.flickr.com/photos/un-sharp/3696119774/
  8. 8. ペアプログラミングの利点1. Increased discipline (規律の強化)2. Better code (より良いコード)3. Resilient flow (快活なフロー状態)4. Improved morale (楽しさによるチー ムの士気向上) http://c2.com/cgi/wiki?PairProgrammingBenefits
  9. 9. ペアプログラミングの利点5. Collective code ownership (コード の共同所有)6. Mentoring (学習効果)7. Team cohesion (チームの一体化)8. Fewer interruptions (割り込み削減) http://c2.com/cgi/wiki?PairProgrammingBenefits
  10. 10. きのこ80: 1人より2人if ( 自分の知識 < 相手の知識 ) { 相手から多くのことを学べる} else if ( 自分の知識 >= 相手の知識 ) { 教えることで知識が整理される}=> 必ず両者がお互いから何かを学ぶことができる
  11. 11. コードレビューとペアプロコードレビューの問題点を解決する方法の1つはペアプログラミングだと思います。不思議なもので、書き終えたコードの指摘をされ修正することは気分がよくないのですが、書き終える前に指摘されより良いコードとしていくならばむしろ気分が良いものです http://d.hatena.ne.jp/shuji_w6e/20110103/1294038245
  12. 12. Thinking out loud: 考えを声に出すhttp://c2.com/cgi/wiki?ThinkingOutLoudhttp://c2.com/cgi/wiki?RubberDucking
  13. 13. ペアプロが機能しない場合もある
  14. 14. ペアプロが機能 しない理由10. 管理者はハードウェアへの投資をしたくない9. 現場がペアプログラミングに最適化されてない8. 現場では従来型の雇用方法を採用している7. 現場では反社会的な行動を大目に見る6. ペア作業の生産性が理解されていない http://www.infoq.com/jp/news/2009/09/obie-pairing-not-for-everyone
  15. 15. ペアプロが機能 しない理由5. 現場では適格でない開発者を雇っている4. 現場で過労と人員不足に陥っている3. 開発者は、一緒に仕事をしている人たち全員を好いているわけではない2. 開発者はそのような面倒なことをしたいと思わない1. たいていのソフトウェアの現場では、優秀さのことを本当には気に懸けていない http://www.infoq.com/jp/news/2009/09/obie-pairing-not-for-everyone
  16. 16. ペアプログラミング とエゴの問題
  17. 17. http://twitter.com/kakutani/status/10937578614169600
  18. 18. ワインバーグの 「エゴレスプログラミングの十戒」1. 自分が誤りを犯すということを理解し、受 け入れること。2. 自分と自分のコードは別物である。3. どんなに「空手」を学ぼうと、いつでもあな たよりもっと詳しい人間がいる。4. 相談せずにコードの書き直しをしない。5. 自分より無知な人に対しても尊敬と敬意と 忍耐を持って接すること。 http://www.aoky.net/articles/jeff_atwood/top_6_list_of_programming_top_10_lists.htm
  19. 19. ワインバーグの 「エゴレスプログラミングの十戒」6. 世界で唯一変わらないのは変わるというこ とだけ。7. 唯一本当の権威は、地位ではなく知識より 生ずる。8. 自分で正しいと思うことのために戦うこ と。しかし負けは潔く認めること。9. 「部屋に籠りきりのやつ」にはなるな。10. 人ではなくコードを批判すること。コー ダーには優しく、コードには厳しく。 http://www.aoky.net/articles/jeff_atwood/top_6_list_of_programming_top_10_lists.htm
  20. 20. 問い: ペアプログラミングを導入するべき か否か
  21. 21. It depends.(それは状況によるね)
  22. 22. 『塹壕より Scrum と XP』p.88ペアプログラミングに強硬に反対する開発者の驚くほどの多くは、実際には試みたことが無く、一旦試せば即座に気に入って身に着けてしまう http://www.infoq.com/jp/minibooks/scrum-xp-from-the-trenches
  23. 23. 事実、ペアプロは楽しい。http://www.flickr.com/photos/recompile_net/3298985098/
  24. 24. It depends.But worth doing. (それは状況によるね。でもやってみる価値はあるよ)
  25. 25. ご清聴ありがとうございました

×