Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Affiliate Seminar 20081206

9,468 views

Published on

  • Be the first to comment

Affiliate Seminar 20081206

  1. 1. 2008/12/6 Takeshi KOUNO. 2008/12/6 Takeshi KOUNO. ~いくら儲かっても、心が貧しいのはちょっと ~~いくら儲かっても、心が貧しいのはちょっと ~ photo by Kjunstormphoto by Kjunstorm 汝、隣人を愛せよ汝、隣人を愛せよ
  2. 2. 自己紹介 • 河野武 / KOUNO Takeshi – 1974年7月3日生まれ。立命館大学経済学部卒。 コミュニケーション・デザイナー。 – 1997年、ニフティ入社。2001年にニフティ退職後、 フリーランスとして数年過ごし、2004年から2005 年までオンライン書店ビーケーワン専務取締役兼 COOを務める。2005年から2007年までシックス・ アパート株式会社マーケティング担当執行役員を 務める。現在は、ブックオフオンライン株式会社取 締役のほか、数社の顧問・アドバイザーを務める。 – 近著に「そんなんじゃクチコミしないよ。」がある。
  3. 3. Home or Away ? ちなみに、 ぼくのブログを読んだことのある方は?
  4. 4. でははじめます
  5. 5. photo by kabilsphoto by kabils ぼくとアフィリエイトの関係ぼくとアフィリエイトの関係
  6. 6. まんがseek(2000年~2004年) (すでに閉鎖しているので、画面は2004年当時のキャッシュ) マンガ専門の Wikipedia
  7. 7. AllConsuming(2005年~) ブログで話題の 商品ランキング
  8. 8. amazonia(2006年) (10日で閉鎖したので、画面は閉鎖前のキャッシュ) Amazonの アフィリエイト互助会
  9. 9. crossreview(2008年~) 100文字限定 の簡単レビュー
  10. 10. 企業側として • ビーケーワン – 自社システム • ブリーダープログラム – いまはASP利用らしい • シックス・アパート – ASP利用 • ブックオフオンライン – ASP利用
  11. 11. photo by FlyNutAAphoto by FlyNutAA 愛と金儲けのマトリクス愛と金儲けのマトリクス
  12. 12. アフィリエイトの現状 • 企業にとって – 成果報酬はノーリスクなので望ましい形 • 露出やクリックにお金を払うのはイヤ – いまやECサイトの売上に大きく貢献 • 楽天は30%? Amazonは40%? • もうやめられない • 総務省の調査では、アフィリエイト経由の流通総額は年 間5,510億円 • 個人にとって – Google AdSenseと並び、収益源の中心に • そんなに儲からないと思うけど – 商品画像などを手軽に引用できる利点も
  13. 13. アフィリエイト発展の背景 • インターネットの普及 – 利用者数が圧倒的に増えた • ASPのがんばり – 営業、営業、営業! • ECサイトの積極的な参入 – 事例化すれば早かった • 初期アフィリエイターのがんばり – 啓蒙&事例作り • 検索エンジンの利用拡大 – SEO、SEO、SEO! • ブログの登場 – Web2.0 2004年頃に 急に増えた印象
  14. 14. 愛と金儲けのマトリクス
  15. 15. 愛と金儲けのマトリクス 左に行くほど 金儲けが目的 上に行くほど 企業や商品への 愛情が強い
  16. 16. 2000年~2003年頃(日本のアフィリエイト黎明期) 出来事 Value Commerce開始1999年 Amazon日本上陸2000年 A8.net開始 LinkShare開始2001年 専門的な アフィリエイト サイト geocitiesなどの 個人ホームページ SPAMサイト
  17. 17. 肉食系 アフィリエイターの脅威 肉食系 アフィリエイターの脅威 photo by gogen001photo by gogen001
  18. 18. 最近の傾向
  19. 19. 最近の傾向 企業による CGMサイト (APIを利用) 個人ブログ SPAMサイト 2.0
  20. 20. 肉食系アフィリエイターと草食系アフィリエイター
  21. 21. 肉食系アフィリエイターと草食系アフィリエイター • 肉食系アフィリエイターの特徴 – 金儲けだけが目的で、商品への愛はない – 料率だけで簡単に乗り換える – 儲けるためなら何でもやる • SPAMって何? 食えるの? – コピーサイトを量産する • 草食系アフィリエイターの特徴 – その商品や企業が好きだからやっている • 自分が好きだから応援したい • べつに儲からなくてもいい – 基本的にひとつのサイトを運営 • コツコツとブログを書いたり、ファンサイトを作ったり
  22. 22. 肉食系アフィリエイターと草食系アフィリエイター • 肉食系アフィリエイターの特徴 – 金儲けだけが目的で、商品への愛はない – 料率だけで簡単に乗り換える – 儲けるためなら何でもやる • SPAMって何? 食えるの? – いくつもサイトを立ち上げる • 草食系アフィリエイターの特徴 – その商品や企業が好きだからやっている • 自分が好きだから応援したい • べつに儲からなくてもいい – 基本的にひとつのサイトを運営 • コツコツとブログを書いたり、ファンサイトを作ったり ほっといていいの?*HOTTOKENAI*
  23. 23. 肉食系アフィリエイターの手口 • SPAMツール/手法の氾濫 – ブログ量産、コピーサイト量産 • 自動生成 • ワードサラダ – コメント、トラックバック送りまくり – 情報商材仕込みのテクニック • とりあえずcookie食わせろ • 自動生成ツールを使え • バックリンク用サイトを量産 • etc 商品やECサイト への愛情なんて どこにもない
  24. 24. 増殖する肉食系アフィリエイター • アフィリエイトが儲かると煽った情報の氾濫 – 雑誌、書籍が多数 – 情報商材もたくさん • ほんとに誰でも儲かるの? • 最悪ツールの流通 – トラックバック送りまくりツール – 全自動サイト量産ツール (あるツールの紹介文より) (これは著者の問題ではなく、扇情的 なタイトルをつけたがる編集者の問題)
  25. 25. 例えばこんなツール
  26. 26. 例えばこんなツール
  27. 27. 肉食系アフィリエイターがなぜ増え続けるのか? • 撲滅運動、啓蒙活動の不徹底 – 企業は売れているから黙認 – ASPは売れれば手数料が入るので放置 ASP とりあえず 売れてるし いいか 手数料の ためにも 黙認 もっと 儲けたい アフィリエイター ECサイト
  28. 28. 肉食系アフィリエイターがなぜ増え続けるのか? • 撲滅運動、啓蒙活動の不徹底 – 企業は売れているから黙認 – ASPは売れれば手数料が入るので放置 ASP とりあえず 売れてるし いいか 手数料の ためにも 黙認 もっと 儲けたい アフィリエイター ECサイト みんながハッピーだから対策が進まない
  29. 29. ECサイト(企業)にリスクは本当にないの? • 企業のリスクはある – たとえば、新聞の拡販員が悪いことをした場合、 ダメージを受けるのは新聞社 • 新聞の場合、新聞販売店がらみの報道が消極的なの でダメージは少ないけど • 将来的に企業イメージが悪化する – 「詐欺まがいで売られてた商品でしょ」 – 「あそこのアフィリエイトってSPAMだらけだよね」 • もっとも、ネット内のクチコミなので、 世の中で広まるほどではないけど、 いつマスコミが取り上げるかわからない
  30. 30. 例:新聞拡販員(新聞販売店従業員)がらみのトラブル 上:毎日新聞(2008.5.29) 左:産経ニュース(2008.5.7)
  31. 31. 最終的に被害を受けるのはECサイト • 企業の方へ – もう一度言います • アフィリエイターの方へ – あなたの大好きなECサイトや商品の悪評が 広まってしまってもいいんですか? 悪徳アフィリエイターによって 引き起こされるリスクを 背負う覚悟があるのですか?
  32. 32. photo by R'eyesphoto by R'eyes ぼくたちにできることぼくたちにできること
  33. 33. 肉食系アフィリエイター撲滅に向けて、行動しよう • ECサイト側で情報共有 – ブラックリスト作り • パトロールの分担 • 日本アフィリエイト・サービス協会でやってる? • 善良なアフィリエイターの応援を求める – 自社のパートナーを啓蒙 • 友好的なアフィリエイトサイトの紹介 – 良いサイトにバックリンクと送客を ECサイトから意識改革をしなきゃ 始まらない
  34. 34. 日本アフィリエイト・サービス協会
  35. 35. ぽぷる(http://pople.jp/) pople
  36. 36. ということで
  37. 37. Yes, we can!! もちろん、お金は大事だけど、 守らなきゃいけないモノがある。 例えば、誇りとか。愛とか。
  38. 38. thank you! • ご清聴ありがとうございました • 興味のある方はぜひご連絡ください – takeshi@smashmedia.jp – http://smashmedia.jp/blog/ – 検索してもOKです

×