SlideShare a Scribd company logo
1 of 62
Download to read offline
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N
日本語マニュアル
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 2 / 62
目次
1. イントロダクション............................................................................................................................................................................................................6
1.1 LHT65N温度湿度センサとは?..........................................................................................................................................................................6
1.2 特徴.................................................................................................................................................................................................................................6
1.3 仕様.................................................................................................................................................................................................................................6
2. LHT65NをIoTサーバーに接続.................................................................................................................................................................................7
2.1 LHT65Nはどのように動作するか? .............................................................................................................................................................7
2.2 LHT65Nのアクティベイト方法?............................................................................................................................................................................7
2.3 LoRaWANネットワークの参加方法....................................................................................................................................................................8
2.3.1 Step 1: TTNのデバイス作成 ........................................................................................................................................................................9
2.3.2 Step 2: 5秒間以上ACTボタンを押してLHT65N 駆動..................................................................................................................... 13
2.4 アップリンクペイロード ( Fport=2)....................................................................................................................................................................13
2.4.1 TTN v3デコーダー.........................................................................................................................................................................................14
2.4.2 BAT-バッテリー情報 ...................................................................................................................................................................................14
2.4.3 ビルトイン温度計 ............................................................................................................................................................................................15
2.4.4 ビルトイン湿度計............................................................................................................................................................................................15
2.4.5 Ext # ......................................................................................................................................................................................................................16
2.4.6 Ext 値....................................................................................................................................................................................................................16
2.5 Datacakeデータ可視化.........................................................................................................................................................................................22
2.6 データログ機能........................................................................................................................................................................................................24
2.6.1 LoRaWAN経由でデータログ取得方法...................................................................................................................................................25
2.6.2 Unixタイムスタンプ.........................................................................................................................................................................................25
2.6.3 デバイス時間設定..........................................................................................................................................................................................26
2.6.4 ポーリングセンサー値 .................................................................................................................................................................................27
2.6.5 データログのアップリンクペイロード.......................................................................................................................................................27
2.7 アラームモード&機能 "マルチサンプリング、アップリンク1回...........................................................................................................29
2.7.2 アラームモード ( Before v1.3.1 firmware).............................................................................................................................................31
2.8 LED表示......................................................................................................................................................................................................................32
2.9 インストール...............................................................................................................................................................................................................32
3. センサーとアクセサリー.............................................................................................................................................................................................33
3.1 E2 拡張ケービル ..................................................................................................................................................................................................33
3.2 E3 温度プローブ ...................................................................................................................................................................................................33
4. ATコマンド or LoRaWANダウンリンク経由でLHT65N設定.......................................................................................................................34
4.1 送信間隔設定.......................................................................................................................................................................................................... 34
4.2 外部センサモード設定......................................................................................................................................................................................... 35
4.3 温度プローブIDアップリンク可/不可............................................................................................................................................................. 35
4.4 パスワード設定....................................................................................................................................................................................................... 36
4.5 ATコマンド停止....................................................................................................................................................................................................... 36
4.6 スリープモード設定 ............................................................................................................................................................................................... 37
4.7 システム時間設定................................................................................................................................................................................................. 37
4.8 タイム同期モード設定.......................................................................................................................................................................................... 38
4.9 タイム同期インターバル設定............................................................................................................................................................................ 38
4.10 ページ上にデータエントリプリント................................................................................................................................................................ 38
4.11 最後の数個データエントリープリント.......................................................................................................................................................... 39
4.12 Flash記録クリア.................................................................................................................................................................................................... 40
4.13 None-ACKメッセージ自動送信 .................................................................................................................................................................. 40
4.14 外部センサーTMP117、DS18B20の温度アラーム用WMODコマンドを修正 ............................................................................. 41
5. バッテリーと交換方法 ................................................................................................................................................................................................ 42
5.1 バッテリータイプ .................................................................................................................................................................................................... 42
5.2 バッテリー交換........................................................................................................................................................................................................ 42
5.3 バッテリー寿命分析.............................................................................................................................................................................................. 43
6. FAQ.................................................................................................................................................................................................................................... 43
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 3 / 62
6.1 ATコマンドの使い方? ....................................................................................................................................................................................... 43
6.2 ATコマンドと Downlinkコマンド設定場所......................................................................................................................................................47
6.3 アップリンク間隔の変更方法? ......................................................................................................................................................................51
6.4 PC接続してTTL-USBでATコマンド入力方法? ......................................................................................................................................52
6.5 PC接続してTTL-USBでファームウェアアップグレード方法?........................................................................................................53
6.6 USB-Type CでPC接続してATコマンド使用................................................................................................................................................56
6.7 USB-Type CでPC接続しファーウェアアップグレード方法? .............................................................................................................57
6.8 なぜ、データログ情報が見えませんか? ...................................................................................................................................................57
7. 注文情報...........................................................................................................................................................................................................................62
8. 梱包情報...........................................................................................................................................................................................................................62
9. 参照情報...........................................................................................................................................................................................................................62
10. サポート..........................................................................................................................................................................................................................62
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 4 / 62
1. イントロダクション
1.1 LHT65N温度湿度センサとは?
Dragino LHT65N 温度・湿度センサーは、LoRaWAN対応の長距離センサーです。温度・湿度センサーを内蔵しており、
外部センサープローブで外部温度センサーや照度センサや人感センサーに拡張接続することができます。
LHT65Nは、ユーザーがデータを送信し、非常に長い距離を到達することを可能にします。超長距離のスペクトラム無線
拡散通信と高い耐干渉性を提供し、消費電流を最小限に抑えます。灌漑システム、スマートメータ、スマートシティ、ビ
ルオートメーションなど、プロフェッショナルな無線センサーネットワークのアプリケーションを対象としています。
LHT65N は、2400mAh の非充電式バッテリーを内蔵しており、最大 10 年間使用することができます*。
LHT65N は、 LoRaWAN v1.0.3 Class A プロトコルと完全な互換性があり、標準的な LoRaWAN ゲートウェイと連動する
ことができます。
LHT65Nは、データログ機能をサポートしています。 データログ機能をサポートすることでネットワークがないときにデ
ータを記録し、ユーザーは後でセンサーの値を取得することができ、すべてのセンサーの読み取りを確実に行うことが
できます。
*実際の電池寿命は、データ送信の頻度に依存しますので、バッテリー寿命分析の章を参照してください。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 5 / 62
1.2 特徴
• 壁掛けマウント
• LoRaWAN v1.0.3 Class A protocol
• 周波数帯域: CN470/EU433/KR920/US915/EU868/AS923/AU915
• ATコマンドによるパラメーター変更
• LoRaWANダウンリンクによる遠隔パラメータ変更
• プログラムポート経由でファームウェアアップグレード
• 2400mAhバッテリー内蔵で最長10年使用可能
• 温度センサー&湿度センサー内蔵
• オプションで外部拡張モジュールセンサ-対応
• 作業状態を示す3色LED表示
• データログ機能(最大3328個)
1.3 仕様
内蔵温度センサー:
• 解像度: 0.01 °C
• 精度許容範囲: Typ ±0.3 °C
• 長期ドリフト: < 0.02 °C/yr
• 動作環境: -40 ~ 85 °C
内蔵湿度センサー:
• 解像度: 0.04 %RH
• 精度許容範囲: Typ ±3 %RH
• 長期ドリフト: < 0.02 °C/yr
• 動作環境: 0 ~ 96 %RH
外部温度プローブ:
• 解像度: 0.0625 °C
• ±0.5°C 精度範囲 -10°C to +85°C
• ±2°C 精度範囲 -55°C to +125°C
• 動作環境: -55 °C ~ 125 °C
•
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 6 / 62
2. LHT65NをIoTサーバーに接続
2.1 LHT65Nはどのように動作するか?
LHT65N は、デフォルトで LoRaWAN OTAA Class A モードに設定されています。それぞれのLHT65Nは、世界で唯一
のOTAAキーが同梱されています。
LHT65NをLoRaWANネットワークで使用するためには、まず、LoRaWANネットワークサーバにOTAAキーを設定し、
LHT65Nをアクティベートする必要があります。
LHT65Nが、このLoRaWANネットワークのカバー範囲内にあればLoRaWANネットワークに参加することができます。
LHT65Nは、自動的にLoRaWANネットワークに参加することができます。参加に成功すると、LHT65Nは環境の温度と
湿度の測定を開始し、LoRaWANサーバにセンサデータの送信を開始します。各アップリンクのデフォルト間隔は、20
分です。
2.2 LHT65Nをどうやって起動するか?
LHT65Nは、2つの動作モードがあります:
• ディープスリープモード: LHT65Nは、LoRaWANの起動はしていません。このモードは、バッテリーを節約する
ために、保管や出荷の際に使用されます。
• ワーキングモード:: このモードでは、LHT65NはLoRaWANセンサーモードとして動作し、LoRaWANネットワークに
参加し、センサーデータをサーバに送信します。各サンプリング/送受信の間は、LHT65Nは停止モード(IDLEモー
ド)になります。停止モードでは、LHT65Nはディープスリープモードと同じ電力を消費します。
LHT65Nは、デフォルトでディープスリープモードに設定されており、前面のACTボタンで各モードに切り替わります。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 7 / 62
2.3 LoRaWANネットワークへの参加例
ここでは、TTN v3 LoRaWANネットワークサーバーに参加する例を示します。他の LoRaWAN IoT サーバーでの使用も
同様の手順となります。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 8 / 62
LPS8N は、すでにTTN v3のネットワークに接続するように設定されており、LHT65N のネットワークカバレッジを提供し
ていると仮定します。次にTTN v3 に LHT65N を追加します。
2.3.1 Step 1: TTN上でデバイス作成
LHT65NのOTAAキーでTTN V3のデバイスを作成します。
各LHT65Nには、以下のようにデバイスEUI、APP Key、APP EUIを記載したシールが同梱されています。
これらのキーは、LoRaWANネットワークサーバーのポータルで入力することができます。以下は、TTN v3の画面です。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 9 / 62
アプリケーションメニューからAPP EUIを追加します。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 10 / 62
注記:LHT65Nは、LHT65と同じペイロードを使用します。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 11 / 62
APP EUI、APP KEY、DEV EUI を入力します。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 12 / 62
2.3.2 Step 2: ACTボタンを5秒以上押して、LHT65Nを起動
ACT ボタンで LHT65N を起動すると、TTN v3 ネットワークに自動接続されます。接続が成功すると、TTN v3へのセ
ンサデータのアップロードが開始され、パネル上のライブデータで確認することができます。
2.4 アップリンクペイロード ( Fport=2)
アップリンクのペイロードは全部で11バイトです。アップリンクパケットはFPORT=2を使用し、デフォルトでは20分毎に1回
アップリンクが送信されます。
各アップリンクの後、青色LEDが1回点滅します。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 13 / 62
サイズ (bytes) 2 2 2 1 4
値 BAT 内蔵温度センサー 内蔵湿度センサー Ext拡張番
号#
Ext Value
拡張値
• 最初の6バイト:LHT65Nごと固定の意味です。
• 7 バイト目(EXT#):外部センサーの型式を表します。
• 8 バイト目~11 バイト目:外部センサーの値を表す。外部センサーの種類によって定義されます。(EXT=0の
場合、この4バイトは存在しません)
2.4.1 TTN v3デコーダー
アップリンクのペイロードがTTN v3に到着すると、HEXフォーマットで表示されて読みにくいです。そこで、LHT65N
デコーダをTTNv3に追加することで、読みやすくすることができます。
LHT65Nデコーダは、ここからダウンロードできます:
https://github.com/ dragino/dragino-end-node-decoder
2.4.2 BAT-バッテリー情報
この2バイトのBATには、電池の状態と実際の電圧が含まれています。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 14 / 62
LHT65Nの電池電圧を確認してください。
• BATステータス=(0Xcba4>>14)&0xFF=11(B),非常に良い
• バッテリー電圧 =0xCBF6&0x3FFF=0x0BA4=2980m
2.4.3 内蔵温度センサー
• 温度 0x0ABB/100=27.47℃となります。
• 温度:(0xF5C6-65536)/100=-26.18℃
2.4.4 内蔵湿度センサー
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 15 / 62
• 湿度:0x025C/10=60.4%
2.4.5 Ext # 拡張番号
外付けプローブセンサーのバイト数です。
2.4.6 Ext value 拡張値
2.4.6.1 Ext=1, E3 温度センサー
• DS18B20 temp=0x0ADD/100=27.81℃
最後の2バイトのデータは意味がありません。
• 外付け温度 = (0xF54F-65536)/100=-27.37℃
最後の2バイトのデータは意味がありません。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 16 / 62
外部センサーが 0x01 で、かつ、外部温度が接続されていない場合。温度は7FFF(327.67℃)に設定されます。
2.4.6.2 Ext=9, E3 センサ、Unixタイムスタンプ付き
タイムスタンプモードは、E3プローブを搭載したLHT65Nのために設計されており、アップリンクのペイロードにUnixタイ
ムスタンプを付加して送信します。11 バイト(AU915/US915/AS923 バンドの最大距離)という制限のため、タイムスタ
ンプモードでは BAT 電圧フィールドが無くなり、代わりにバッテリ状態が表示されます。
サイズ
(bytes)
2 2 2 1 4
値 外付け温
度センサー
内蔵温度センサー BATステータス& 内蔵湿度セ
ンサー
ステータス
& Ext
Unixタイプスタン
プ
• バッテリーステータス&内蔵湿度センサー
ビット(bit) [15:14] [11:0]
値 BAT Status 内蔵湿度センサー
00(b): Ultra Low ( BAT <= 2.50v)
01(b): Low (2.50v <=BAT <=
2.55v)
10(b): OK (2.55v <= BAT <=2.65v)
11(b): Good (BAT >= 2.65v)
• ステータス& Extバイト
ビット(bit) 7
None-ACK Flag
6
Poll Message FLAG
5
Sync time OK
4
Unix Time Request
[3:0]
Ext: 0b(1001)
ステータス
&Ext
• Poll Message Flag: 1:このメッセージはポーリングメッセージの返信、0:通常のアップリンクを意味します。
• Sync time OK: 1:timeokをセット,0:N/A。時刻同期要求が送信された後、アプリケーションサーバからタイムス
タンプを取得するまで、このビットは0に設定されます。
• Unix Time Request: 1:サーバーのダウンリンクUnix時間を要求、0 : N/A です。このモードでは、LHT65Nは10日
ごとにこのビットを1にセットし、時刻同期を要求します。
2.4.6.3 Ext=6, ADC センサー(専用E2ケーブル)
このモードでは、ユーザーは外部ADCセンサーを接続して、ADC値をチェックすることができます。
3V3_OUTは外部ADCセンサーの電源として使用でき、ユーザーはこのセンサーの電源オン時間
を設定することができます。
AT+EXT=6,timeout このセンサーに電力を供給する時間、0〜65535msの間:
例:
AT+EXT=6,1000は、ADC値をサンプリングする前に1000msの間、このセンサーに電力を供給します。
または、ダウンリンクコマンドA2で設定します。
.
ノードの測定範囲は約0.1V~1.1Vで、電圧分解能は約0.24mvです。
Wセンサーの出力電圧の測定値が0.1Vと1.1Vの範囲にない場合、センサーの出力電圧端子を分圧する必要があ
ります。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 17 / 62
下図の例はセンサーの出力電圧を3倍にするものである。それ以上下げる必要がある場合は、図の式に従って計
算し、対応する抵抗を直列に接続します。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 18 / 62
ADC_IN1端子をGNDに接続,またはサスペンドすると,ADC値は0となります。
ADC_IN1 で収集した電圧が最小レンジより小さい場合は最小レンジを、同様に収集した電圧が最大レンジより大きい
場合は最大レンジを出力として使用します。
1) 最小レンジは約0.1Vです。各チップは内部キャリブレーションを行っているため、この値は0.1Vに近い値です。
2) 最大で約1.1Vの範囲となります。各チップは内部キャリブレーションを行っているため、この値は1.1Vに近い値です。
3) 範囲内であること
2.4.6.4 Ext=2 TMP117 センサー(ファームウェアv1.3以降)
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 19 / 62
Ext=2,温度センサー (TMP117):
インタラプトモードとカウントモード:
外部ケーブルNE2は、MOD4とMOD8に使用できます。
2.4.6.5 Ext=4 インターラプトモード (ファームウェアv1.3以降)
注記:このモードでは、3.3V出力は常にONになります。LHT65Nは、トリガがあるとアップリンクを送信します。
インタラプトモードでは、以下のような外部インタラプトセンサを接続することができます。:
ユースケース: ドアセンサー
このようなセンサーの3.3V出力は、単にOpen/Closeを検出するためのものです。
Open状態では、プローブがない場合と同じ消費電力です。 Close状態では
通常より3uA多く消費します。.
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 20 / 62
AT+EXT=4,
1
Sent uplink packet in both rising and falling
interrupt
AT+EXT=4,
2
Sent uplink packet only in falling
interrupt
AT+EXT=4,
3
Sent uplink packet only in rising
interrupt
Ext=4,インターラプトセンサー
立ち下がりエッジでトリガー:
立ち上がりエッジによるトリガー:
2.4.6.6 Ext=8 カウンティングモード(ファームウェアv1.3以降)
注記:このモードでは、3.3V出力は常にONとなります。LHT65Nは、定期的に割り込みとアップリンクのカウントを
行います。
ユースケース1: 流量フローセンサー 低消費電力のフローセンサです。パルス出力で消費電力はuAレベル、
LHT65Nで駆動可能です。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 21 / 62
AT+EXT=8,0 Count at falling interrupt
ユースケース2: 流量フローセンサー: ノーマルフローセンサ。このようなフローセンサは消費電力が高く、LHT65N
からの電源供給には適しません。外部電源から供給され、<3.3vのパルスを出力します。
Ext=8,カウンティングセンサー ( 4 bytes):
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 22 / 62
A2 ダウンリンクコマンド:
A2 02: AT+EXT=2 (AT+EXT= second byte)と同じ機能
A2 06 01 F4: AT+EXT=6,500 (AT+EXT= second byte, third and fourth bytes) A2 04 02:同じ
AT+EXT=4,2 (AT+EXT= second byte, third byte)同じ機能
A2 08 01 00: AT+EXT=8,0 (AT+EXT= second byte, fourth byte)同じ機能
A2 08 02 00 00 00 3C: AT+ SETCNT=60 (AT+ SETCNT = 4th byte and 5th byte and 6th byte and 7th byte)同じ機能
2.5 Datacakeでデータ可視化
Datacake IoTプラットフォームは、センサーデータを表示するために人に優しいインターフェースを提供します。TTN v3
にセンサーデータがあれば、Datacakeを使ってTTN v3に接続し、Datacakeでデータを可視化することができます。以
下はその手順です。
ステップ1: デバイスがプログラムされ、LoRaWANネットワークに正しく接続されていることを確認してください。
ステップ2: アプリケーションからDatacakeにデータを転送するように設定するためには、インテグレーションを追加
する必要があります。TTN v3コンソール --> アプリケーション--> インテグレーション -->インテグレーション追加
を選択します。
Add Datacake:
デフォルトのキーをアクセスキーとして選択します。
AT+EXT=8,1 Count at rising
interrupt
AT+SETCNT=60 Sent current count to
60
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 23 / 62
Datacakeコンソール(https://datacake.co/)で、LHT65デバイスを追加します。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 24 / 62
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 25 / 62
2.6 データログ機能
データログ機能は、LoRaWANネットワークがダウンした場合でも、IoTサーバーがセンサーからすべてのサンプリ
ングデータを取得できるようにするためのものです。各サンプリングについて、LHT65Nは将来の検索目的のため
に読み取り値を保存します。IoTサーバーがLHT65Nからデータログを取得するには、2つの方法があります。.
2.6.1 LoRaWAN経由でデータログを取得する方法
下記の2つの方法があります。
方法1: IoTサーバーは、ダウンリンクLoRaWANコマンドを送信し、指定された時間範囲の値をポーリングします。
方法2: PNACKMD=1に設定すると、LHT65N はアップリンク毎に ACK を待ちます。LoRaWAN ネットワークがない場
合、LHT65N は非 ACK メッセージでこれらのレコードをマークしてセンサーデータを保存し、ネットワーク回復後に全メ
ッセージを送信します(10秒間隔)。
*方法2の注意事項:
• a) LHT65Nは、すべてのデータがサーバーに到着したことを確認するために、データレコードを送信するための
ACKチェックを行います。
• b) PNACKMD=1 のとき、LHT65N は CONFIRMED モードでデータを送信しますが、ACK を受け取らなかった場
合、 LHT65N はパケットを再送信せず、単に NONE-ACK メッセージとしてマークします。もし、ACK を受け取った場
合、LHT65N はネットワークが接続されたとみなし、すべての NONE-ACK メッセージを再送信します。
下図は、自動更新データログ機能(PNACKMD=1に設定)の代表的なケースです。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 26 / 62
2.6.2 Unixタイムスタンプ
LHT65N では、Unix TimeStamp フォーマットを使用しています。
この時刻はリンク先から取得できます。
https://www.epochconverter.com/
以下はコンバータの例です。
そこで、AT+TIMESTAMP=1611889405 または ダウンリンク3060137afd00を使用して、現在の時刻を設定することが
できます2021 - Jan -- 29 Friday 03:03:25
2.6.3 デバイスタイム設定
デバイスタイムの設定は、2つの方法があります。
1. LoRaWAN MACコマンド経由 (規定値)
MACコマンドによる時刻同期を行うには、SYNCMOD=1 に設定する必要があります。
LHT65N が LoRaWAN ネ ッ ト ワ ー ク に 参 加 す る と 、 MAC コ マ ン ド ( DeviceTimeReq ) を 送 信 し 、 サ ー バ は
(DeviceTimeAns)を返信して、LHT65Nに現在の時刻を送信します。LHT65Nがサーバから時刻を取得できなかった
場合、LHT65Nは内部の時刻を使用し、次の時刻要求を待ちます(AT+SYNCTDCで時刻要求期間を設定、デフォル
トは10日)
注記:LoRaWAN サーバは LoRaWAN v1.0.3(MAC v1.0.3) 以上でないとこの MAC コマンドに対応していません。また、
Chirpstack, TTN v3, Loriot には対応していますが、TTN v2 には対応していません。サーバーがこのコマンドをサポー
トしていない場合、このコマンドでアップリンクパケットをスルーしてしまうため、SYNCMOD=1の場合、ユーザーはTTN
v2のタイムリクエストでパケットを失ってしまいます。
2. 手動タイム設定
手動時刻を設定する場合は、SYNCMOD=0に設定する必要があります。そうしないと、ユーザー設定時刻がサーバー
設定時刻に上書きされてしまいます。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 27 / 62
2.6.4 ポーリングセンサー値
サーバーからのタイムスタンプをもとに、ユーザーがセンサー値をポーリングすることができます。
Timestamp start と Timestamp end は、上記の Unix TimeStamp フォーマットを使用します。デバイスは、アップリンク
間隔を使用して、この期間中のすべてのデータログを返信します。
例)ダウンリンクコマンド 31 5FC5F350 5FC6 0160 05
2020/12/1 07:40:00 から 2020/12/1 08:40:00 のデータを確認します。
アップリンク内部=5秒,LHT65Nが5秒に1回パケットを送信することを意味します。
2.6.5 データログアップリンクペイロード
Datalog poll reply uplink は以下のペイロードフォーマットを使用します。
検索データペイロード:
サイズ(bytes) 2 2 2 1 4
値 外部センサ―データ 内蔵温度センサー 内蔵湿度センサ
ー
ポーリングメッセージ&
Ext
Unixタイムスタン
プ
ポーリングメッセージフラグ & Ext:
No ACK Message: 1: このメッセージは、このペイロードがサーバーからACKを取得する前のアップリンクメッセージで
あることを意味します(PNACKMD=1機能の場合)
Poll Message Flag: 1:このメッセージは、ポーリングメッセージの返信です:
• Poll Message Flagは、1に設定します。.
• 各データ入力は11バイトですが、通信時間とバッテリーを節約するために、デバイスは現在のDRと周波数バンド
に従って最大バイトを送信します。
例えば、US915帯の場合、different DRの最大ペイロードは、以下の通りです:
a) DR0: 最大11バイトなので、1エントリ分のデータです。
b) DR1: 最大53バイトなので、4エントリ分のデータ(合計44バイト)をアップロードすることになります。
c) DR2: 総ペイロードには11エントリのデータが含まれます。
d) DR3: 総ペイロードには22エントリーのデータを含みます。
ポーリング時間内にデータがない場合。デバイスは11バイトの0をアップリンクします。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 28 / 62
例:
LHT65NのFlashに下記のデータがある場合::
ユーザが下記のダウンリンクコマンドを送信した場合:
3160065F9760066DA705
開始時間: 60065F97 = 時間 21/1/19 04:27:03
停止時間: 60066DA7= 時間 21/1/19 05:27:03 となります。
LHT65Nは、このペイロードをアップリンクします。.
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 29 / 62
7FFF089801464160065F97 7FFF 088E 014B 41 60066009
7FFF0885014E41600660667FFF0875015141600662BE7FFF086B015541600665167FFF08660155416006676E7FFF085F015A41
ここで、最初の11バイトは最初のエントリ用です:
7FFF089801464160065F97
外部センサーデータ=0x7FFF/100=327.67 Temp=0x088E/100=22.00 Hum=0x014B/10=32.6
ポーリングメッセージ フラグ&Ext=0x41,応答データExt=1を意味する Unix時間は0x60066009=1611030423s=21/1/19 04:27:03です。
2.7 アラームモード&機能 "マルチサンプリング、1アップリンク"
アラームモードになると、内蔵センサーの温度を短時間チェックし、温度が事前に設定した範囲を超えた場合、直
ちにアップリンクを送信します。
注記:アラームモードは若干の消費電力を追加するため、この機能を有効にした場合は通常の読み取り時間を延長す
ることをお勧めします!
2.7.1 アラームモード(ファームウェアv1.3.1以降)
GXHT30温度アラーム内蔵(取得時間:1分に固定しています)
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 30 / 62
AT+WMOD=3:アラームモードの有効/無効を設定します。(0: 無効、1: 有効 オンボード温度センサーの温度アラ
ーム)
AT+CITEMP=1: アラーム温度を確認する間隔です。(単位:分)
AT+ARTEMP: 内部温度センサーのアラーム範囲を取得または設定します。
AT+ARTEMP=45,105: 内部温度センサーのアラーム範囲を45~105の間で設定します。
AT+LEDALARM=1 : LEDビジュアルアラームを有効にします。
例:
AT+WMOD=1: A501 , AT+WMOD=0 : A600
AT+CITEMP=1 : A60001
AT+ARTEMP=1,60 : A70001003C
AT+ARTEMP=-16,60 : A7FFF0003C
AT+LEDALARM=1 : 3601
ダウンリンクコマンド: AAXXXXXXXXXXXXXX
総バイト数: 8 bytes
例: AA0100010001003C WMOD=01
CITEMP=0001
TEMPlow=0001
TEMPhigh=003C
DS18B20 とTMP117 閾値アラーム
AT+WMOD=1,60,-10,20
ダウンリンクコマンド:
例:A5013CFC180014 MOD=01
CITEMP=3C(S)
TEMPlow=FC18
TEMPhigh=0014
DS18B20、TMP117の変動幅警報(取得時間:最小1秒)
AT+WMOD=2,60,5
ダウンリンクコマンド:
例: A5023C05
MOD=02
CITEMP=3C(S)
温度振幅=05
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 31 / 62
複数回サンプリングしてまとめてアップリンク
AT+WMOD=3,1,60,20,-16,32,1
内容:
• Working ModeをMode 3に設定
• サンプリング間隔を60秒に設定
• 20個のサンプリングデータがある場合、デバイスはこれらのデータを1つのアップリンクで送信します。(最大値は
60で、1回のアップリンクで最大60回サンプリングすることを意味します。)
• 温度アラーム範囲は、-16 to 32°Cに設定
• 1で温度アラーム有効、0 で温度アラーム無効。アラームが有効な場合、温度がアラーム範囲を超えると直ち
にデータが送信されます。
ダウンリンクコマンド:
例: A50301003C14FFF0002001 MOD=03
EXT=01
CITEMP=003C(S)
Total number of acquisitions=14
TEMPlow=FFF0
TEMPhigh=0020
ARTEMP=01
アップリンクペイロード ( Fport=3)
例: CBEA0109920A4109C4
BatV=CBEA
EXT=01
Temp1=0992 // 24.50℃
Temp2=0A41 // 26.25℃
Temp3=09C4 // 25.00℃
注記:このアップリンクは、データ長に応じて適切なDRを自動的に選択します。
このモードでは、ds18b20の温度分解能は消費電力を節約するために0.25℃です。
2.7.2 アラームモード( ファームウェアv1.3.1以降)
AT+WMOD=1: アラームモードの有効/無効を設定します。(0: 無効、1: 有効 オンボード温度センサーの温度アラ
ーム)
AT+CITEMP=1: アラーム温度を確認する間隔です。(単位:分)
AT+ARTEMP: 内部温度センサーのアラーム範囲を取得または設定します。
AT+ARTEMP=?
AT+ARTEMP=45,105: 内部温度センサーのアラーム範囲を45~105に設定します。
ダウンリンクコマンド:: AAXXXXXXXXXXXXXX
総バイト数: 8 bytes
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 32 / 62
例:AA0100010001003C
WMOD=01
CITEMP=0001
TEMPlow=0001
TEMPhigh=003C
2.8 LED表示
LHT65Nは、3色のLEDを搭載しており各ステージを簡単に表示することができます。
ユーザーがACTボタンを押すと、LEDはACTボタンと同じ状態になります。
ノーマルワーキング状態:
• アップリンクのたびに、青色LEDまたは赤色LEDが1回点滅し
ます。外部センサーが接続されている場合は、青色LEDが点
灯します。
• 外部センサー未接続時、赤色LEDが点灯します。
• ダウンリンクに成功するたびに、紫色LEDが1回点滅します。
2.9 インストール
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 33 / 62
3. センサーとアクセサリー
3.1 E2 拡張ケーブル
LHT65N用ブレイクアウトケーブル(1m)の特徴:
• ATコマンドを使用する場合、LHT52/LHT65Nの両方で使用可能です。
• LHT65Nのファームウェアのアップデート、LHT52/LHT65Nの両方で動作します。
• 外部ADCをモニターするADCモードをサポート
• インタラプトモードをサポート
• LHT65N Type-Cコネクターから全ピンを露出
3.2 E3 温度センサープローブ
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 34 / 62
温度センサープローブ、(ケーブル長2M)
• 解像度: 0.0625 °C
• ±0.5°C 精度-10°C to +85°C
• ±2°C 精度-55°C to +125°C
• 動作範囲: -40 ~ 125 °C
• 動作電圧: 2.35v ~ 5v
4. ATコマンド or LoRaWANダウンリンクでLHT65Nを設定
LHT65Nの設定は、ATコマンドまたはLoRaWAN Downlinkで行います。.
• ATコマンドに関する内容は右をご参照ください:: FAQ.
• LoRaWAN Downlink命令(各プラットフォーム向け): IoT LoRaWAN Server
LHT65Nを設定するコマンドは2種類あります:
・一般コマンド:これらのコマンドは、コンフィギュレーションを行うためのものです。
1. アップリンク間隔などの一般的なシステム設定
2. LoRaWANプロトコル&無線関連コマンド
DLWS-005 LoRaWAN Stack(注**)をサポートするすべてのDraginoデバイスで共通に使用することができます。これら
のコマンドはWikiに掲載されています。End Device Downlink Command
・LHT65Nのための特別仕様のコマンド
これらのコマンドは、下記のようにLHT65Nのみ有効です。
4.1 送信間隔時間の設定
特徴: LoRaWANエンドデバイスの送信間隔を変更します。
AT Command: AT+TDC
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 35 / 62
ダウンリンクコマンド: 0x01
フォーマット形式:コマンドコード(0x01)に続き、3 バイトの時刻を設定します。.
ダウンリンクペイロードが 0100003C の場合は、END ノードの送信間隔を 0x00003C=60(S) に設定し、タイプコード
を 01 とすることを意味します。
• 例1: Downlink Payload: 0100001E // 送信間隔(TDC)=30秒に設定
• 例2: Downlink Payload: 0100003C // 送信間隔(TDC)=60秒に設定
4.2 外部センサーモードの設定
特徴: 外部センサーモードの変更します。
AT Command: AT+EXT
ダウンリンクコマンド: 0xA2 T
総バイト数: 2 ~ 5 bytes xam
例:
・ 0xA201: 外部センサーの種類をE1に設定
• 0xA209: AT+EXT=9と同じ機能
• 0xA20702003c: AT+SETCNT=60と同じ機能
4.3 アップリンクの有効/無効 温度プローブ
特徴: PIDが有効な場合、デバイスは温度プローブIDを送信します。
・ OTAAジョイン後、初めてのパケット送信
・ 最初のパケットから24時間おきに送信.
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 36 / 62
PIDはデフォルトで無効(0)に設定されています。
ATコマンド:
ダウンリンクコマンド:
• 0xA800 --> AT+PID=0
• 0xA801 --> AT+PID=1
4.4 パスワード設定
特徴 :デバイスパスワード設定、最大9桁。
AT Command: AT+PWORD
ダウンリンクコマンド:
No downlink command for this feature.
4.5 ATコマンド停止
特徴: ATコマンドモードを終了し、ATコマンドを使用する前にパスワードの再入力が必要です。.
ATコマンド: AT+DISAT
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 37 / 62
ダウンリンコマンド:
この機能のためのダウンリンクコマンドはありません。
4.6 スリープモード設定
特徴: デバイスをスリープモードに設定
• AT+Sleep=0 : 通常の作業モード、デバイスはLoRaメッセージがない場合、スリープし、低消費電力で使用します。
• AT+Sleep=1 : デバイスがディープスリープ状態であり、LoRaアクティベーションが発生せず、保管や出荷に使用されています。
ATコマンド: AT+SLEEP
ダウンリンクコマンド:
・スリープモードに設定するためのダウンリンクコマンドは存在しません。
4.7 システム時刻を設定
特徴: システム時刻の設定、右リンクのUnixフォーマットをご参照ください。. See here for format detail.
ATコマンド:
ダウンリンクコマンド:
0x306007806000 // タイムスタンプを0x(6007806000)に設定、AT+TIMESTAMP=1611104352と同義
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 38 / 62
4.8 時刻同期モードの設定
特徴: LoRaWAN MACコマンド(DeviceTimeReq)によるシステム時刻の同期を有効/無効にします。このコマンドに応
答するには、LoRaWANサーバーがv1.0.3プロトコルをサポートしていなければなりません。
SYNCMODはデフォルトで1に設定されています。LoRaWANサーバーと異なる時刻を設定したい場合は、0に設定す
る必要があります。
ATコマンド:
ダウンリンクコマンド:
0x28 01 // AT+SYNCMOD=1と同じ機能
0x28 00 // AT+SYNCMOD=0と同じ機能
4.9 時刻同期の間隔を設定
特徴: システム時刻の同期間隔を設定します。SYNCTDCの初期値は10日です。
ATコマンド:
ダウンリンクコマンド:
0x29 0A // AT+SYNCTDC=0x0Aと同じ機能
4.10 ページ上のデータエントリーのベースをプリント
特徴: スタートページからストップページまでのセクターデータを印刷します(最大416ページ)
ATコマンド: AT+PDTA
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 39 / 62
ダウンリンクコマンド:
この機能に該当するダウンリンクコマンドはありません。
4.11 最後の数件のデータをプリント
特徴: 直近の数件のデータエントリーをプリント
ATコマンド: AT+PLDTA
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 40 / 62
ダウンリンクコマンド:
この機能に該当するダウンリンクコマンドはありません。
4.12 Flashレコードをクリア
特徴:データログ機能のフラッシュストレージをクリアします。
ATコマンド: AT+CLRDTA
ダウンリンクコマンド:: 0xA3
• 例: 0xA301 // AT+CLRDTAと同じ機能
4.13 自動送信 None-ACK メッセージ
特徴: LHT65Nは、各アップリンクのACKを待ちます。LHT65NがIoTサーバからACKを取得しない場合、それはメッセージ
がサーバに到着していないとみなし、それを格納します。LHT65Nは、定期的にメッセージを送信し続けます。LHT65Nは、
あるサーバからACKを受け取ると、ネットワークが正常であると判断し、未到着メッセージの送信を開始します。
ATコマンド: AT+PNACKMD
工場規定値は、0となります。
コマンド例 機能 レスポンス
AT+PNACKMD=1 Poll None-ACK message OK
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 41 / 62
ダウンリンクコマンド: 0x34
• 例: 0x3401 // AT+PNACKMD=1と同じ機能
4.14 外部センサーTMP117またはDS18B20の温度アラームのWMOD
コマンドを修正(ファームウェアv1.3.0以降)
特徴: 内部および外部温度センサーアラームを設定
コマンド例 機能 レスポンス
AT+WMOD=parameter1,parameter2,parameter3,parameter4 内部および外部温度センサーアラームを設定 OK
AT+WMOD=parameter1,parameter2,parameter3,parameter4
Parameter 1: アラームモード:
0): キャンセルl
1): 閾値アラーム
2): ゆらぎアラーム
パラメーター2: サンプリング時間。単位:秒、最大255秒
注記:収集時間が60秒未満で、常に設定したアラーム閾値を超える場合、送信間隔は収集時間ではなく、60秒毎に
送信されます。
パラメーター3とパレメーター4:
1) アラームモードが1に設定されている場合:パラメータ3とパラメータ4は、以前と同様に有効で、これらは低温と高温
を表します。
例: AT+WMOD=1,60,45,105 のそれは高温・低温の警報を意味します
2) Alarm Mode が 2 に設定されている場合:パラメータ 3 が有効で、現在収集されている温度と最後にアップロードさ
れた温度との差分を表します。
例: AT+WMOD=2,10,2、それはゆらぎアラームであることを意味します。
現在の収集温度と前回のアップリンとの差分が±2度の場合、アラームを発します。
ダウンリンコマンド: 0xA5
0xA5 00 -- AT+WMOD=0.
・0xA5 01 0A 11 94 29 04 -- AT+WMOD=1,10,45,105 (AT+WMOD=2バイト目、3バイト目、4バイト目と5バイト目を100
で割った値、6バイト目と7バイト目を100で割った値)
・0XA5 01 0A F9 C0 29 04 --AT+WMOD=1,10,-16,105(-16 を -1600 に変換して計算する必要があります)
1600(DEC)=FFFFFFFFFFFF9C0(HEX) FFFFFFFFFF9C0(HEX) +10000(HEX)=F9C0(HEX) )
・0xA5 02 0A 02 -- AT+WMOD=2,10,2 (AT+WMOD = 2 バイト目, 3 バイト目, 4 バイト目)
・0xA5 FF -- デバイスが受信後、現在のアラームコンフィギュレーション(FPORT=8)をアップロードします。
例えば、01 0A 11 94 29 04 または 02 0A 02。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 42 / 62
5. バッテリー&交換方法
5.1 バッテリータイプ
LHT65Nは、2400mAHのLi-MnO2(CR17505)バッテリーを搭載しています。この電池は、最大8~10年の使用を目標とした
低放電率の非充電式電池です。このタイプの電池は、水道メーターのような長期間稼働するIoTデバイスによく使用され
ます。
放電曲線は直線ではないので、電池残量を単純にパーセントで表示することはできません。以下は電池の性能で
す。
LHT65Nの最低使用電圧は2.5Vです。バッテリーが2.6Vより低い場合、それはバッテリーを交換する時です。
5.2 バッテリー交換
LHT65Nは、背面に2本のネジがあり、それを外せば中の電池交換はOKです。電池は一般的なCR17450電池です。
どのメーカーのものでも大丈夫です。.
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 43 / 62
5.3 バッテリー寿命分析
Draginoバッテリー駆動の製品は、すべてローパワーモードで動作します。電池寿命の目安は、こちらのリンクから確
認できます:
https://www.dragino.com/downloads/downloads/LoRa_End_Node/Battery_Analyze/ DRAGINO_Battery_Life_Guide.pdf
LHT65Nの各周波数での詳細なテストレポートは、.下記リンクに掲載されています:
https://www.dropbox.com/sh/ r2i3zlhsyrpavla/AAB1sZw3mdT0K7XjpHCITt13a?dl=0
6. FAQ
6.1 ATコマンドの使い方?
LHT65Nは、ATコマンドに対応しています。USB-TTLアダプタとプログラムケーブルを使用して、LHT65と接続し、ATコ
マンドを使用することができます(下図)
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 44 / 62
接続方法:
• USB to TTL GND <-->GND
• USB to TTL RXD <--> D+
• USB to TTL TXD <--> A11
パソコンでは、シリアルツール(puttyやSecureCRTなど)のボーレートを9600に設定することで、LHT65Nのシリアルコン
ソールにアクセスすることができます。ATコマンドはデフォルトでは無効になっており、有効にするにはパスワード(デフ
ォルト:123456)を入力する必要があります。ATコマンドを入力するためのタイムアウトは5分で、5分後に再度パスワー
ドを入力する必要があります。タイムアウト前に、AT+DISATコマンドで、ATコマンドを無効にすることができます。
パスワードとATZを入力し、LHT65Nを起動してください。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 45 / 62
ATコマンドの機能は、下記の通りです。
AT+<CMD>? <CMD>に関するヘルプ
AT+<CMD> <CMD>実行
AT+<CMD>=<value> 値を設定
AT+<CMD>=? 値を取得
AT+DEBUG ATZの詳細出力を設定
MCUのリセットをトリガー
AT+FDR パラメータを工場出荷時の状態に戻す、キーリザーブ
AT+DEUI デバイスEUIの取得・設定
AT+DADDR: デバイスアドレスの取得・設定
AT+APPKEY アプリケーションキーの取得・設定
AT+NWKSKEY ネットワークセッションキーの取得・設定
AT+APPSKEY: アプリケーションセッションキー取得・設定
Key AT+APPEUI: アプリケーションEUIの取得・設定
AT+ADR: アダプティブデータレートの取得・設定(0: off, 1: on)
AT+TXP: 送信電力の取得・設定(0~5、MAX:0、MIN:5、LoRaWAN仕様に準拠)
AT+DR: データレートを取得・設定 (DR_Xに対応する0-7)
AT+DCS: ETSI Duty Cycleの設定を取得・設定( 0=disable、1=enable - テスト用のみ)
AT+PNM: パブリックネットワークモードを取得・設定(0: off, 1: on)
AT+RX2FQ: Rx2ウィンドウの周波数の取得または設定
AT+RX2DR: Rx2ウィンドウのデータレートの取得または設定 (DR_Xに対応する0-7)
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 46 / 62
AT+RX1DL Tx ウィンドウと Rx ウィンドウ 1 の間の遅延を ms 単位で取得または設定
AT+RX2D: Tx ウィンドウの終了から Rx ウィンドウ 2 の遅延を ms 単位で取得または設定
AT+JN1DL Tx の終了から Join Rx Window 1 までの Join Accept Delay を ms 単位で取得または設定
AT+JN2DL Tx の終了から Join Rx Window 2 までの Join Accept Delay を ms 単位で取得または設定
AT+NJM ネットワーク参加モードを取得または設定 (0:ABP, 1:OTAA)
AT+NWKID ネットワークIDの取得・設定
AT+FCU フレームカウンターの取得・設定アップリンク
AT+FCD フレームカウンターの取得・設定ダウンリンク
AT+CLASS デバイスクラスの取得・設定
AT+JOIN ネットワークに参加
AT+NJS 参加状況取得
AT+SENDB アプリケーションポートと共に16進数データを送信
AT+SEND アプリケーションポートと共にテキストデータを送信
AT+RECVB 最後に受信したデータをバイナリ形式(16進数)で表示
AT+RECV 最後に受信したデータをRaw形式で表示
AT+VER 現在のイメージのバージョンと周波数帯域を取得
AT+CFM コンフィグレーションモードの取得・設定 (0-1
AT+CFS 最後のAT+SENDテータスを取得 (0-1)
AT+SNR 最後に受信したパケットのSNRを取得
AT+RSSI 最後に受信したパケットのRSSIの取得
AT+TDC: アプリケーションデータ送信間隔の取得または設定(単位:ms)
AT+PORT アプリケーションポートの取得・設定
AT+DISAT ATコマンドの無効化
AT+PWORD パスワード設定、最大9桁
AT+CHS シングルチャンネルモードの周波数(単位:Hz)の取得・設定
AT+CHE US915,AU915,CN470のみ8チャネルモード取得/設定可能
AT+PDTA 開始ページから停止ページまでのセクターデータを表示
AT+PLDTA 最近の数セットのデータを表示
AT+CLRDTA ストレージをクリアし、記録位置を1stに戻す
AT+SLEEP スリープモード設定
AT+EXT 外部センサーモデルの取得・設定
AT+BAT 現在の電池電圧をmVで取得
AT+CFG すべてのコンフィギュレーションを表示
AT+WMOD ワークキングモードの取得・設定
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 47 / 62
AT+ARTEMP 内部温度センサーのアラーム範囲を取得・設定
AT+CITEMP 内部温度センサーの収集間隔(分)の取得または設定
AT+SETCNT 現時点でのカウントを設定
AT+RJTDC ReJoin データ送信間隔を min で取得または設定
AT+RPL レスポンスレベルの取得・設定
AT+TIMESTAMP UNIXタイムスタンプ取得設定(単位:秒)
AT+LEAPSEC うるう秒の取得・設定
AT+SYNCMOD 時刻同期方法の取得・設定
AT+SYNCTDC 時刻同期間隔を日単位で取得または設定
AT+PID: PIDの取得・設定
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 48 / 62
6.2 ATコマンドとDownlinkコマンドの使用場所
ATコマンド:
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 49 / 62
ダウンリンクコマンド:
TTN(The Things Network):
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 50 / 62
6.3 アップリンクの間隔を変更する方法?
下記URLリンクをご参照ください
http://wiki.dragino.com/xwiki/bin/view/Main/How%20to%20set%20the%20transmit%20time%20interval/
6.4 TTL-USBでPCを接続し、ATコマンドを入力する方法
パソコンでは、シリアルツール(puttyやSecureCRTなど)のボーレートを9600に設定することで、LHT65Nのシリアルコ
ンソールにアクセスすることができます。ATコマンドはデフォルトでは無効になっており、有効にするにはパスワード(デ
フォルト:123456)を入力する必要があります。ATコマンドを入力するためのタイムアウトは5分で、5分後に再度パスワ
ードを入力する必要があります。AT+DISATコマンドを使用すると、タイムアウト前にATコマンドを無効化することができ
ます。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 51 / 62
パスワードとATZを入力し、LHT65Nを起動してください
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 52 / 62
6.5 TTL-USBを使用してPCと接続し、ファームウェアをアップグレードするには?
ステップ1: TremoProgrammerをインストールします。.
ステップ2:配線方法
まず、4本の線を下図の通り結びます。
その後、デュポンケーブルでポート3とポート1を短絡し、解除すると、ブートロードモードになります。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 53 / 62
ステップ3:接続するデバイスポート、ボーレート、ダウンロードするファームウェアbinファイルを選択します。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 54 / 62
スタートボタンをクリックすると、ファームウェアのアップグレードが開始されます。
下記の画面が緑色バー表示がされたら、ダウンロードが完了したことになります。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 55 / 62
最後にポート4のデュポンケーブルを抜き、デュポンケーブルでポート3とポート1を短絡させ、デバイスをリセットします。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 56 / 62
6.6 USB-Type Cを使い、ATコマンドでパソコンに接続する方法
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 57 / 62
パソコンでは、シリアルツール(puttyやSecureCRTなど)のボーレートを9600に設定することで、LHT65Nのシリアルコン
ソールにアクセスすることができます。ATコマンドはデフォルトでは無効になっており、有効にするにはパスワード(デフ
ォルト:123456)を入力する必要があります。ATコマンドを入力するためのタイムアウトは5分で、5分後に再度パスワー
ドを入力する必要があります。タイムアウト前に、AT+DISATコマンドで、ATコマンドを無効にすることができます。
下図のようにパスワードとATZを入力し、LHT65Nを起動してください。
6.7 USB-Type CでPCと接続し、ファームウェアをアップグレードする方法?
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 58 / 62
ステップ1: TremoProgrammerをインストールします。
ステップ2:結線情報
まず、4本の線を結びます。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 59 / 62
A8とGNDをデュポンワイヤでしばらく接続した後、分離し、リセットモードに移行します。
ステップ3:接続するデバイスポート、ボーレート、ダウンロードするファームウェアbinファイルを選択します。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 60 / 62
スタートボタンをクリックすると、ファームウェアのアップグレードが開始されます。
下記画面の緑色バーが表示されたら、ダウンロードが完了したことになります。
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 61 / 62
最後に3.3Vを切り離し,A8とGNDをデュポン線でしばらく接続した後,分離してリセットモードを終了してください。
6.8 データログの情報が表示されないのですが?
1. 時刻がずれている、正しいクエリコマンドが使われていない可能性があります。.
2. デコーダエラー、データログデータを解析できずにデータがフィルタリングされた可能性があります。.
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 62 / 62
7. 注文情報
製造番号: LHT65N-XX-YY XX :
規定周波数帯域は下記です。
• AS923: LoRaWAN AS923 band(日本仕様はこちらとなります)
• AU915: LoRaWAN AU915 band
• EU433: LoRaWAN EU433 band
• EU868: LoRaWAN EU868 band
• KR920: LoRaWAN KR920 band
• US915: LoRaWAN US915 band
• IN865: LoRaWAN IN865 band
• CN470: LoRaWAN CN470 band
YY: センサーアクセサリです。
• E3: 外付け温度計プローブ
• E5: 外付け照度計プローブ
8. 梱包情報
梱包内容は以下が含まれます::
• LHT65N 温度&湿度センサー本体 x 1個
• オプション外付けプローブ
寸法と重量:
• デバイスサイズ: 10 x 10 x 3.5 mm
• デバイス重量: 120.5g
9. 参照情報
下記リンクから関連情報をご参照ください。
• Datasheet, photos, decoder, firmware
10. サポート
①ご質問が既にWiKiで回答されているかどうかを確認してください。
②サポートは、月曜日から金曜日の09:00から18:00 GMT + 8まで提供されます。 タイムゾーンが異なる
ため、ライブサポートを提供できません。 ただし、あなたの質問は前述のスケジュールでできるだけ
早く回答します。.
③お問い合わせに関して可能な限り多くの情報を提供し(製品モデル、問題を正確に説明し、問題を
再現する手順など)、Eメールで送信して下さい。
support@dragino.com

More Related Content

What's hot

普及型SX1302-8チャンネル LoRaWANゲートウェイ - LPS8N-JPカタログ
普及型SX1302-8チャンネル LoRaWANゲートウェイ - LPS8N-JPカタログ普及型SX1302-8チャンネル LoRaWANゲートウェイ - LPS8N-JPカタログ
普及型SX1302-8チャンネル LoRaWANゲートウェイ - LPS8N-JPカタログCRI Japan, Inc.
 
LoRaWANウェザーステーション カタログ
LoRaWANウェザーステーション カタログLoRaWANウェザーステーション カタログ
LoRaWANウェザーステーション カタログCRI Japan, Inc.
 
Dragino USB LoRaWANアダプター LA66 日本語マニュアル
Dragino  USB LoRaWANアダプター LA66 日本語マニュアルDragino  USB LoRaWANアダプター LA66 日本語マニュアル
Dragino USB LoRaWANアダプター LA66 日本語マニュアルCRI Japan, Inc.
 
SX1302屋外8ch.LoRaWAN ゲートウェイ DLOS8Nマニュアル
SX1302屋外8ch.LoRaWAN ゲートウェイ DLOS8Nマニュアル SX1302屋外8ch.LoRaWAN ゲートウェイ DLOS8Nマニュアル
SX1302屋外8ch.LoRaWAN ゲートウェイ DLOS8Nマニュアル CRI Japan, Inc.
 
LoRaWANエアークオリティセンサLAQ4日本語マニュアル
LoRaWANエアークオリティセンサLAQ4日本語マニュアルLoRaWANエアークオリティセンサLAQ4日本語マニュアル
LoRaWANエアークオリティセンサLAQ4日本語マニュアルCRI Japan, Inc.
 
LoRaWAN GPS/BLEトラッカー TrackerD 日本語マニュアル
LoRaWAN GPS/BLEトラッカー TrackerD 日本語マニュアルLoRaWAN GPS/BLEトラッカー TrackerD 日本語マニュアル
LoRaWAN GPS/BLEトラッカー TrackerD 日本語マニュアルCRI Japan, Inc.
 
防水型RS485 LoRaWANコンバーターRS485-BL 日本語ユーザーマニュアル
防水型RS485 LoRaWANコンバーターRS485-BL 日本語ユーザーマニュアル防水型RS485 LoRaWANコンバーターRS485-BL 日本語ユーザーマニュアル
防水型RS485 LoRaWANコンバーターRS485-BL 日本語ユーザーマニュアルCRI Japan, Inc.
 
LoRaWAN Shield LA66日本語マニュアル
LoRaWAN Shield LA66日本語マニュアルLoRaWAN Shield LA66日本語マニュアル
LoRaWAN Shield LA66日本語マニュアルCRI Japan, Inc.
 
LoRaWAN 土壌&ECセンサ - LSE01日本語ユーザーマニュアル
LoRaWAN 土壌&ECセンサ - LSE01日本語ユーザーマニュアルLoRaWAN 土壌&ECセンサ - LSE01日本語ユーザーマニュアル
LoRaWAN 土壌&ECセンサ - LSE01日本語ユーザーマニュアルCRI Japan, Inc.
 
LoRaWAN 対応温度・湿度センサ LHT65 ユーザーマニュアル
LoRaWAN 対応温度・湿度センサ  LHT65 ユーザーマニュアルLoRaWAN 対応温度・湿度センサ  LHT65 ユーザーマニュアル
LoRaWAN 対応温度・湿度センサ LHT65 ユーザーマニュアルCRI Japan, Inc.
 
ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2カタログ
ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2カタログビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2カタログ
ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2カタログCRI Japan, Inc.
 
最新型SX1302ベース LoRaWAN HAT for Rasberry Pi PG1302-JP日本語マニュアル
最新型SX1302ベース LoRaWAN HAT for Rasberry Pi  PG1302-JP日本語マニュアル最新型SX1302ベース LoRaWAN HAT for Rasberry Pi  PG1302-JP日本語マニュアル
最新型SX1302ベース LoRaWAN HAT for Rasberry Pi PG1302-JP日本語マニュアルCRI Japan, Inc.
 
LoRaWAN ドアセンサ LDS02 日本語ユーザーマニュアル
LoRaWAN ドアセンサ LDS02 日本語ユーザーマニュアルLoRaWAN ドアセンサ LDS02 日本語ユーザーマニュアル
LoRaWAN ドアセンサ LDS02 日本語ユーザーマニュアルCRI Japan, Inc.
 
TTN V3対応最新版LoRaWANゲートウェイLPS8-JP日本語マニュアル
TTN V3対応最新版LoRaWANゲートウェイLPS8-JP日本語マニュアルTTN V3対応最新版LoRaWANゲートウェイLPS8-JP日本語マニュアル
TTN V3対応最新版LoRaWANゲートウェイLPS8-JP日本語マニュアルCRI Japan, Inc.
 
LoRaWAN AS923 と ARIB STD-T108
LoRaWAN AS923 と ARIB STD-T108LoRaWAN AS923 と ARIB STD-T108
LoRaWAN AS923 と ARIB STD-T108Shoichi Sakane
 
LoRaWAN 距離検出センサ LDDS75 日本語マニュアル
LoRaWAN 距離検出センサ LDDS75 日本語マニュアルLoRaWAN 距離検出センサ LDDS75 日本語マニュアル
LoRaWAN 距離検出センサ LDDS75 日本語マニュアルCRI Japan, Inc.
 
ビルトインTTN LoRaWANゲートウェイ LPS8v2日本語ユーザーマニュアル
ビルトインTTN  LoRaWANゲートウェイ LPS8v2日本語ユーザーマニュアルビルトインTTN  LoRaWANゲートウェイ LPS8v2日本語ユーザーマニュアル
ビルトインTTN LoRaWANゲートウェイ LPS8v2日本語ユーザーマニュアルCRI Japan, Inc.
 
屋外向け 8chLoRaWANゲートウェイ DLOS8 日本語マニュアル
屋外向け 8chLoRaWANゲートウェイ  DLOS8 日本語マニュアル屋外向け 8chLoRaWANゲートウェイ  DLOS8 日本語マニュアル
屋外向け 8chLoRaWANゲートウェイ DLOS8 日本語マニュアルCRI Japan, Inc.
 
SX1302ベース LoRaWAN HAT for Rasberry Pi - PG1302 - コマンドライン・インストール編
SX1302ベース LoRaWAN HAT for Rasberry Pi - PG1302  - コマンドライン・インストール編SX1302ベース LoRaWAN HAT for Rasberry Pi - PG1302  - コマンドライン・インストール編
SX1302ベース LoRaWAN HAT for Rasberry Pi - PG1302 - コマンドライン・インストール編CRI Japan, Inc.
 
LoRa GPSトラッカー LGT92 ユーザーマニュアル
LoRa GPSトラッカー LGT92 ユーザーマニュアルLoRa GPSトラッカー LGT92 ユーザーマニュアル
LoRa GPSトラッカー LGT92 ユーザーマニュアルCRI Japan, Inc.
 

What's hot (20)

普及型SX1302-8チャンネル LoRaWANゲートウェイ - LPS8N-JPカタログ
普及型SX1302-8チャンネル LoRaWANゲートウェイ - LPS8N-JPカタログ普及型SX1302-8チャンネル LoRaWANゲートウェイ - LPS8N-JPカタログ
普及型SX1302-8チャンネル LoRaWANゲートウェイ - LPS8N-JPカタログ
 
LoRaWANウェザーステーション カタログ
LoRaWANウェザーステーション カタログLoRaWANウェザーステーション カタログ
LoRaWANウェザーステーション カタログ
 
Dragino USB LoRaWANアダプター LA66 日本語マニュアル
Dragino  USB LoRaWANアダプター LA66 日本語マニュアルDragino  USB LoRaWANアダプター LA66 日本語マニュアル
Dragino USB LoRaWANアダプター LA66 日本語マニュアル
 
SX1302屋外8ch.LoRaWAN ゲートウェイ DLOS8Nマニュアル
SX1302屋外8ch.LoRaWAN ゲートウェイ DLOS8Nマニュアル SX1302屋外8ch.LoRaWAN ゲートウェイ DLOS8Nマニュアル
SX1302屋外8ch.LoRaWAN ゲートウェイ DLOS8Nマニュアル
 
LoRaWANエアークオリティセンサLAQ4日本語マニュアル
LoRaWANエアークオリティセンサLAQ4日本語マニュアルLoRaWANエアークオリティセンサLAQ4日本語マニュアル
LoRaWANエアークオリティセンサLAQ4日本語マニュアル
 
LoRaWAN GPS/BLEトラッカー TrackerD 日本語マニュアル
LoRaWAN GPS/BLEトラッカー TrackerD 日本語マニュアルLoRaWAN GPS/BLEトラッカー TrackerD 日本語マニュアル
LoRaWAN GPS/BLEトラッカー TrackerD 日本語マニュアル
 
防水型RS485 LoRaWANコンバーターRS485-BL 日本語ユーザーマニュアル
防水型RS485 LoRaWANコンバーターRS485-BL 日本語ユーザーマニュアル防水型RS485 LoRaWANコンバーターRS485-BL 日本語ユーザーマニュアル
防水型RS485 LoRaWANコンバーターRS485-BL 日本語ユーザーマニュアル
 
LoRaWAN Shield LA66日本語マニュアル
LoRaWAN Shield LA66日本語マニュアルLoRaWAN Shield LA66日本語マニュアル
LoRaWAN Shield LA66日本語マニュアル
 
LoRaWAN 土壌&ECセンサ - LSE01日本語ユーザーマニュアル
LoRaWAN 土壌&ECセンサ - LSE01日本語ユーザーマニュアルLoRaWAN 土壌&ECセンサ - LSE01日本語ユーザーマニュアル
LoRaWAN 土壌&ECセンサ - LSE01日本語ユーザーマニュアル
 
LoRaWAN 対応温度・湿度センサ LHT65 ユーザーマニュアル
LoRaWAN 対応温度・湿度センサ  LHT65 ユーザーマニュアルLoRaWAN 対応温度・湿度センサ  LHT65 ユーザーマニュアル
LoRaWAN 対応温度・湿度センサ LHT65 ユーザーマニュアル
 
ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2カタログ
ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2カタログビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2カタログ
ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2カタログ
 
最新型SX1302ベース LoRaWAN HAT for Rasberry Pi PG1302-JP日本語マニュアル
最新型SX1302ベース LoRaWAN HAT for Rasberry Pi  PG1302-JP日本語マニュアル最新型SX1302ベース LoRaWAN HAT for Rasberry Pi  PG1302-JP日本語マニュアル
最新型SX1302ベース LoRaWAN HAT for Rasberry Pi PG1302-JP日本語マニュアル
 
LoRaWAN ドアセンサ LDS02 日本語ユーザーマニュアル
LoRaWAN ドアセンサ LDS02 日本語ユーザーマニュアルLoRaWAN ドアセンサ LDS02 日本語ユーザーマニュアル
LoRaWAN ドアセンサ LDS02 日本語ユーザーマニュアル
 
TTN V3対応最新版LoRaWANゲートウェイLPS8-JP日本語マニュアル
TTN V3対応最新版LoRaWANゲートウェイLPS8-JP日本語マニュアルTTN V3対応最新版LoRaWANゲートウェイLPS8-JP日本語マニュアル
TTN V3対応最新版LoRaWANゲートウェイLPS8-JP日本語マニュアル
 
LoRaWAN AS923 と ARIB STD-T108
LoRaWAN AS923 と ARIB STD-T108LoRaWAN AS923 と ARIB STD-T108
LoRaWAN AS923 と ARIB STD-T108
 
LoRaWAN 距離検出センサ LDDS75 日本語マニュアル
LoRaWAN 距離検出センサ LDDS75 日本語マニュアルLoRaWAN 距離検出センサ LDDS75 日本語マニュアル
LoRaWAN 距離検出センサ LDDS75 日本語マニュアル
 
ビルトインTTN LoRaWANゲートウェイ LPS8v2日本語ユーザーマニュアル
ビルトインTTN  LoRaWANゲートウェイ LPS8v2日本語ユーザーマニュアルビルトインTTN  LoRaWANゲートウェイ LPS8v2日本語ユーザーマニュアル
ビルトインTTN LoRaWANゲートウェイ LPS8v2日本語ユーザーマニュアル
 
屋外向け 8chLoRaWANゲートウェイ DLOS8 日本語マニュアル
屋外向け 8chLoRaWANゲートウェイ  DLOS8 日本語マニュアル屋外向け 8chLoRaWANゲートウェイ  DLOS8 日本語マニュアル
屋外向け 8chLoRaWANゲートウェイ DLOS8 日本語マニュアル
 
SX1302ベース LoRaWAN HAT for Rasberry Pi - PG1302 - コマンドライン・インストール編
SX1302ベース LoRaWAN HAT for Rasberry Pi - PG1302  - コマンドライン・インストール編SX1302ベース LoRaWAN HAT for Rasberry Pi - PG1302  - コマンドライン・インストール編
SX1302ベース LoRaWAN HAT for Rasberry Pi - PG1302 - コマンドライン・インストール編
 
LoRa GPSトラッカー LGT92 ユーザーマニュアル
LoRa GPSトラッカー LGT92 ユーザーマニュアルLoRa GPSトラッカー LGT92 ユーザーマニュアル
LoRa GPSトラッカー LGT92 ユーザーマニュアル
 

Similar to SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N  日本語マニュアル

B 65270 ja-07
B 65270 ja-07B 65270 ja-07
B 65270 ja-07mt7038
 
Shanon連携 ユーザーマニュアル
Shanon連携 ユーザーマニュアルShanon連携 ユーザーマニュアル
Shanon連携 ユーザーマニュアルe-sales-support
 
PostgreSQL 12 Beta 1 New Features with Examples (Japanese)
PostgreSQL 12 Beta 1 New Features  with Examples (Japanese)PostgreSQL 12 Beta 1 New Features  with Examples (Japanese)
PostgreSQL 12 Beta 1 New Features with Examples (Japanese)Noriyoshi Shinoda
 
Citrix XenServer ® 5.6 Service Pack 2 管理者ガイド
Citrix XenServer ® 5.6 Service Pack 2 管理者ガイド Citrix XenServer ® 5.6 Service Pack 2 管理者ガイド
Citrix XenServer ® 5.6 Service Pack 2 管理者ガイド sjeho
 
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04B 64014 ja-04
B 64014 ja-04mt7038
 
二本松市仮設焼却炉入札要求水準書等
二本松市仮設焼却炉入札要求水準書等二本松市仮設焼却炉入札要求水準書等
二本松市仮設焼却炉入札要求水準書等かぼちゃ ぷりん
 
屋外向けLoRaWANドア開閉センサ LDS03A
屋外向けLoRaWANドア開閉センサ LDS03A屋外向けLoRaWANドア開閉センサ LDS03A
屋外向けLoRaWANドア開閉センサ LDS03ACRI Japan, Inc.
 
PostgreSQL 10 Beta1 New Features (Japanese)
PostgreSQL 10 Beta1 New Features (Japanese)PostgreSQL 10 Beta1 New Features (Japanese)
PostgreSQL 10 Beta1 New Features (Japanese)Noriyoshi Shinoda
 
完全掌握2级日本语能力考试语法对策
完全掌握2级日本语能力考试语法对策完全掌握2级日本语能力考试语法对策
完全掌握2级日本语能力考试语法对策lionlion10
 

Similar to SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N  日本語マニュアル (11)

B 65270 ja-07
B 65270 ja-07B 65270 ja-07
B 65270 ja-07
 
Shanon連携 ユーザーマニュアル
Shanon連携 ユーザーマニュアルShanon連携 ユーザーマニュアル
Shanon連携 ユーザーマニュアル
 
PostgreSQL 12 Beta 1 New Features with Examples (Japanese)
PostgreSQL 12 Beta 1 New Features  with Examples (Japanese)PostgreSQL 12 Beta 1 New Features  with Examples (Japanese)
PostgreSQL 12 Beta 1 New Features with Examples (Japanese)
 
Citrix XenServer ® 5.6 Service Pack 2 管理者ガイド
Citrix XenServer ® 5.6 Service Pack 2 管理者ガイド Citrix XenServer ® 5.6 Service Pack 2 管理者ガイド
Citrix XenServer ® 5.6 Service Pack 2 管理者ガイド
 
抽選器取り扱い説明書
抽選器取り扱い説明書抽選器取り扱い説明書
抽選器取り扱い説明書
 
Agatha操作ガイド 基本編
Agatha操作ガイド 基本編Agatha操作ガイド 基本編
Agatha操作ガイド 基本編
 
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
 
二本松市仮設焼却炉入札要求水準書等
二本松市仮設焼却炉入札要求水準書等二本松市仮設焼却炉入札要求水準書等
二本松市仮設焼却炉入札要求水準書等
 
屋外向けLoRaWANドア開閉センサ LDS03A
屋外向けLoRaWANドア開閉センサ LDS03A屋外向けLoRaWANドア開閉センサ LDS03A
屋外向けLoRaWANドア開閉センサ LDS03A
 
PostgreSQL 10 Beta1 New Features (Japanese)
PostgreSQL 10 Beta1 New Features (Japanese)PostgreSQL 10 Beta1 New Features (Japanese)
PostgreSQL 10 Beta1 New Features (Japanese)
 
完全掌握2级日本语能力考试语法对策
完全掌握2级日本语能力考试语法对策完全掌握2级日本语能力考试语法对策
完全掌握2级日本语能力考试语法对策
 

More from CRI Japan, Inc.

LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルLoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルCRI Japan, Inc.
 
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアルLoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアルCRI Japan, Inc.
 
LoRaWANスマート距離検出センサー DS20L カタログ LiDARデバイス
LoRaWANスマート距離検出センサー  DS20L  カタログ  LiDARデバイスLoRaWANスマート距離検出センサー  DS20L  カタログ  LiDARデバイス
LoRaWANスマート距離検出センサー DS20L カタログ LiDARデバイスCRI Japan, Inc.
 
LoRaWAN スマート距離検出デバイスDS20L日本語マニュアル
LoRaWAN スマート距離検出デバイスDS20L日本語マニュアルLoRaWAN スマート距離検出デバイスDS20L日本語マニュアル
LoRaWAN スマート距離検出デバイスDS20L日本語マニュアルCRI Japan, Inc.
 
Dragino Technology LoRaWANデバイス、ゲートウェイ ユースケース
Dragino Technology   LoRaWANデバイス、ゲートウェイ ユースケースDragino Technology   LoRaWANデバイス、ゲートウェイ ユースケース
Dragino Technology LoRaWANデバイス、ゲートウェイ ユースケースCRI Japan, Inc.
 
Dragino LoRaWAN屋内用CO2センサー AQS01-Lカタログ
Dragino LoRaWAN屋内用CO2センサー AQS01-LカタログDragino LoRaWAN屋内用CO2センサー AQS01-Lカタログ
Dragino LoRaWAN屋内用CO2センサー AQS01-LカタログCRI Japan, Inc.
 
LoRaWAN屋内CO2センサー AQS01-L日本語マニュアル
LoRaWAN屋内CO2センサー AQS01-L日本語マニュアルLoRaWAN屋内CO2センサー AQS01-L日本語マニュアル
LoRaWAN屋内CO2センサー AQS01-L日本語マニュアルCRI Japan, Inc.
 
Dragino Technology会社案内
Dragino Technology会社案内Dragino Technology会社案内
Dragino Technology会社案内CRI Japan, Inc.
 
LoRaWAN To Modbusゲートウェイ MS48-LR カタログ.pdf
LoRaWAN To Modbusゲートウェイ MS48-LR カタログ.pdfLoRaWAN To Modbusゲートウェイ MS48-LR カタログ.pdf
LoRaWAN To Modbusゲートウェイ MS48-LR カタログ.pdfCRI Japan, Inc.
 
LoRaWAN To Modbus Gateway MS48-LR 日本語マニュアル
LoRaWAN To Modbus Gateway MS48-LR 日本語マニュアルLoRaWAN To Modbus Gateway MS48-LR 日本語マニュアル
LoRaWAN To Modbus Gateway MS48-LR 日本語マニュアルCRI Japan, Inc.
 
The Things Stack説明資料 by The Things Industries
The Things Stack説明資料 by The Things IndustriesThe Things Stack説明資料 by The Things Industries
The Things Stack説明資料 by The Things IndustriesCRI Japan, Inc.
 
TTN vs The Things Stack Cloudとの比較
TTN vs The Things Stack Cloudとの比較TTN vs The Things Stack Cloudとの比較
TTN vs The Things Stack Cloudとの比較CRI Japan, Inc.
 
TTN高崎 エルスピーナヴェンズ活動報告 2023.7.15 全国TTNイニシエーター会議
TTN高崎 エルスピーナヴェンズ活動報告 2023.7.15 全国TTNイニシエーター会議TTN高崎 エルスピーナヴェンズ活動報告 2023.7.15 全国TTNイニシエーター会議
TTN高崎 エルスピーナヴェンズ活動報告 2023.7.15 全国TTNイニシエーター会議CRI Japan, Inc.
 
Dragino LoRaWAN人感センサー&人感プローブ
Dragino LoRaWAN人感センサー&人感プローブDragino LoRaWAN人感センサー&人感プローブ
Dragino LoRaWAN人感センサー&人感プローブCRI Japan, Inc.
 
TTNのご紹介_2023年版
TTNのご紹介_2023年版TTNのご紹介_2023年版
TTNのご紹介_2023年版CRI Japan, Inc.
 
Dragino LoRaWAN Full Catalog. Nov.2022 Edition
Dragino  LoRaWAN Full Catalog.   Nov.2022 EditionDragino  LoRaWAN Full Catalog.   Nov.2022 Edition
Dragino LoRaWAN Full Catalog. Nov.2022 EditionCRI Japan, Inc.
 
LoRaWAN完全対応、ソーラー給電スマート街灯カタログ by クシダ工業
LoRaWAN完全対応、ソーラー給電スマート街灯カタログ by  クシダ工業LoRaWAN完全対応、ソーラー給電スマート街灯カタログ by  クシダ工業
LoRaWAN完全対応、ソーラー給電スマート街灯カタログ by クシダ工業CRI Japan, Inc.
 
A1ポスター StartlinkとLoRaWAN繋ぐ災害ネットワーク 防災産業展2023
A1ポスター StartlinkとLoRaWAN繋ぐ災害ネットワーク 防災産業展2023A1ポスター StartlinkとLoRaWAN繋ぐ災害ネットワーク 防災産業展2023
A1ポスター StartlinkとLoRaWAN繋ぐ災害ネットワーク 防災産業展2023CRI Japan, Inc.
 
StarlinkとLoRaWANで繋ぐ災害ネットワーク A1ポスター
StarlinkとLoRaWANで繋ぐ災害ネットワーク A1ポスターStarlinkとLoRaWANで繋ぐ災害ネットワーク A1ポスター
StarlinkとLoRaWANで繋ぐ災害ネットワーク A1ポスターCRI Japan, Inc.
 
StarlinkとLoRaWANを連携した全地球規模IoTシステム構築のご提案
StarlinkとLoRaWANを連携した全地球規模IoTシステム構築のご提案StarlinkとLoRaWANを連携した全地球規模IoTシステム構築のご提案
StarlinkとLoRaWANを連携した全地球規模IoTシステム構築のご提案CRI Japan, Inc.
 

More from CRI Japan, Inc. (20)

LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルLoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
 
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアルLoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
 
LoRaWANスマート距離検出センサー DS20L カタログ LiDARデバイス
LoRaWANスマート距離検出センサー  DS20L  カタログ  LiDARデバイスLoRaWANスマート距離検出センサー  DS20L  カタログ  LiDARデバイス
LoRaWANスマート距離検出センサー DS20L カタログ LiDARデバイス
 
LoRaWAN スマート距離検出デバイスDS20L日本語マニュアル
LoRaWAN スマート距離検出デバイスDS20L日本語マニュアルLoRaWAN スマート距離検出デバイスDS20L日本語マニュアル
LoRaWAN スマート距離検出デバイスDS20L日本語マニュアル
 
Dragino Technology LoRaWANデバイス、ゲートウェイ ユースケース
Dragino Technology   LoRaWANデバイス、ゲートウェイ ユースケースDragino Technology   LoRaWANデバイス、ゲートウェイ ユースケース
Dragino Technology LoRaWANデバイス、ゲートウェイ ユースケース
 
Dragino LoRaWAN屋内用CO2センサー AQS01-Lカタログ
Dragino LoRaWAN屋内用CO2センサー AQS01-LカタログDragino LoRaWAN屋内用CO2センサー AQS01-Lカタログ
Dragino LoRaWAN屋内用CO2センサー AQS01-Lカタログ
 
LoRaWAN屋内CO2センサー AQS01-L日本語マニュアル
LoRaWAN屋内CO2センサー AQS01-L日本語マニュアルLoRaWAN屋内CO2センサー AQS01-L日本語マニュアル
LoRaWAN屋内CO2センサー AQS01-L日本語マニュアル
 
Dragino Technology会社案内
Dragino Technology会社案内Dragino Technology会社案内
Dragino Technology会社案内
 
LoRaWAN To Modbusゲートウェイ MS48-LR カタログ.pdf
LoRaWAN To Modbusゲートウェイ MS48-LR カタログ.pdfLoRaWAN To Modbusゲートウェイ MS48-LR カタログ.pdf
LoRaWAN To Modbusゲートウェイ MS48-LR カタログ.pdf
 
LoRaWAN To Modbus Gateway MS48-LR 日本語マニュアル
LoRaWAN To Modbus Gateway MS48-LR 日本語マニュアルLoRaWAN To Modbus Gateway MS48-LR 日本語マニュアル
LoRaWAN To Modbus Gateway MS48-LR 日本語マニュアル
 
The Things Stack説明資料 by The Things Industries
The Things Stack説明資料 by The Things IndustriesThe Things Stack説明資料 by The Things Industries
The Things Stack説明資料 by The Things Industries
 
TTN vs The Things Stack Cloudとの比較
TTN vs The Things Stack Cloudとの比較TTN vs The Things Stack Cloudとの比較
TTN vs The Things Stack Cloudとの比較
 
TTN高崎 エルスピーナヴェンズ活動報告 2023.7.15 全国TTNイニシエーター会議
TTN高崎 エルスピーナヴェンズ活動報告 2023.7.15 全国TTNイニシエーター会議TTN高崎 エルスピーナヴェンズ活動報告 2023.7.15 全国TTNイニシエーター会議
TTN高崎 エルスピーナヴェンズ活動報告 2023.7.15 全国TTNイニシエーター会議
 
Dragino LoRaWAN人感センサー&人感プローブ
Dragino LoRaWAN人感センサー&人感プローブDragino LoRaWAN人感センサー&人感プローブ
Dragino LoRaWAN人感センサー&人感プローブ
 
TTNのご紹介_2023年版
TTNのご紹介_2023年版TTNのご紹介_2023年版
TTNのご紹介_2023年版
 
Dragino LoRaWAN Full Catalog. Nov.2022 Edition
Dragino  LoRaWAN Full Catalog.   Nov.2022 EditionDragino  LoRaWAN Full Catalog.   Nov.2022 Edition
Dragino LoRaWAN Full Catalog. Nov.2022 Edition
 
LoRaWAN完全対応、ソーラー給電スマート街灯カタログ by クシダ工業
LoRaWAN完全対応、ソーラー給電スマート街灯カタログ by  クシダ工業LoRaWAN完全対応、ソーラー給電スマート街灯カタログ by  クシダ工業
LoRaWAN完全対応、ソーラー給電スマート街灯カタログ by クシダ工業
 
A1ポスター StartlinkとLoRaWAN繋ぐ災害ネットワーク 防災産業展2023
A1ポスター StartlinkとLoRaWAN繋ぐ災害ネットワーク 防災産業展2023A1ポスター StartlinkとLoRaWAN繋ぐ災害ネットワーク 防災産業展2023
A1ポスター StartlinkとLoRaWAN繋ぐ災害ネットワーク 防災産業展2023
 
StarlinkとLoRaWANで繋ぐ災害ネットワーク A1ポスター
StarlinkとLoRaWANで繋ぐ災害ネットワーク A1ポスターStarlinkとLoRaWANで繋ぐ災害ネットワーク A1ポスター
StarlinkとLoRaWANで繋ぐ災害ネットワーク A1ポスター
 
StarlinkとLoRaWANを連携した全地球規模IoTシステム構築のご提案
StarlinkとLoRaWANを連携した全地球規模IoTシステム構築のご提案StarlinkとLoRaWANを連携した全地球規模IoTシステム構築のご提案
StarlinkとLoRaWANを連携した全地球規模IoTシステム構築のご提案
 

Recently uploaded

ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfTakayuki Nakayama
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイントonozaty
 
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用KLab Inc. / Tech
 
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdKeywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdkokinagano2
 
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperleger Tokyo Meetup
 

Recently uploaded (6)

ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント
 
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
 
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
 
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdKeywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
 
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
 

SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N  日本語マニュアル

  • 2. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 2 / 62 目次 1. イントロダクション............................................................................................................................................................................................................6 1.1 LHT65N温度湿度センサとは?..........................................................................................................................................................................6 1.2 特徴.................................................................................................................................................................................................................................6 1.3 仕様.................................................................................................................................................................................................................................6 2. LHT65NをIoTサーバーに接続.................................................................................................................................................................................7 2.1 LHT65Nはどのように動作するか? .............................................................................................................................................................7 2.2 LHT65Nのアクティベイト方法?............................................................................................................................................................................7 2.3 LoRaWANネットワークの参加方法....................................................................................................................................................................8 2.3.1 Step 1: TTNのデバイス作成 ........................................................................................................................................................................9 2.3.2 Step 2: 5秒間以上ACTボタンを押してLHT65N 駆動..................................................................................................................... 13 2.4 アップリンクペイロード ( Fport=2)....................................................................................................................................................................13 2.4.1 TTN v3デコーダー.........................................................................................................................................................................................14 2.4.2 BAT-バッテリー情報 ...................................................................................................................................................................................14 2.4.3 ビルトイン温度計 ............................................................................................................................................................................................15 2.4.4 ビルトイン湿度計............................................................................................................................................................................................15 2.4.5 Ext # ......................................................................................................................................................................................................................16 2.4.6 Ext 値....................................................................................................................................................................................................................16 2.5 Datacakeデータ可視化.........................................................................................................................................................................................22 2.6 データログ機能........................................................................................................................................................................................................24 2.6.1 LoRaWAN経由でデータログ取得方法...................................................................................................................................................25 2.6.2 Unixタイムスタンプ.........................................................................................................................................................................................25 2.6.3 デバイス時間設定..........................................................................................................................................................................................26 2.6.4 ポーリングセンサー値 .................................................................................................................................................................................27 2.6.5 データログのアップリンクペイロード.......................................................................................................................................................27 2.7 アラームモード&機能 "マルチサンプリング、アップリンク1回...........................................................................................................29 2.7.2 アラームモード ( Before v1.3.1 firmware).............................................................................................................................................31 2.8 LED表示......................................................................................................................................................................................................................32 2.9 インストール...............................................................................................................................................................................................................32 3. センサーとアクセサリー.............................................................................................................................................................................................33 3.1 E2 拡張ケービル ..................................................................................................................................................................................................33 3.2 E3 温度プローブ ...................................................................................................................................................................................................33 4. ATコマンド or LoRaWANダウンリンク経由でLHT65N設定.......................................................................................................................34 4.1 送信間隔設定.......................................................................................................................................................................................................... 34 4.2 外部センサモード設定......................................................................................................................................................................................... 35 4.3 温度プローブIDアップリンク可/不可............................................................................................................................................................. 35 4.4 パスワード設定....................................................................................................................................................................................................... 36 4.5 ATコマンド停止....................................................................................................................................................................................................... 36 4.6 スリープモード設定 ............................................................................................................................................................................................... 37 4.7 システム時間設定................................................................................................................................................................................................. 37 4.8 タイム同期モード設定.......................................................................................................................................................................................... 38 4.9 タイム同期インターバル設定............................................................................................................................................................................ 38 4.10 ページ上にデータエントリプリント................................................................................................................................................................ 38 4.11 最後の数個データエントリープリント.......................................................................................................................................................... 39 4.12 Flash記録クリア.................................................................................................................................................................................................... 40 4.13 None-ACKメッセージ自動送信 .................................................................................................................................................................. 40 4.14 外部センサーTMP117、DS18B20の温度アラーム用WMODコマンドを修正 ............................................................................. 41 5. バッテリーと交換方法 ................................................................................................................................................................................................ 42 5.1 バッテリータイプ .................................................................................................................................................................................................... 42 5.2 バッテリー交換........................................................................................................................................................................................................ 42 5.3 バッテリー寿命分析.............................................................................................................................................................................................. 43 6. FAQ.................................................................................................................................................................................................................................... 43
  • 3. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 3 / 62 6.1 ATコマンドの使い方? ....................................................................................................................................................................................... 43 6.2 ATコマンドと Downlinkコマンド設定場所......................................................................................................................................................47 6.3 アップリンク間隔の変更方法? ......................................................................................................................................................................51 6.4 PC接続してTTL-USBでATコマンド入力方法? ......................................................................................................................................52 6.5 PC接続してTTL-USBでファームウェアアップグレード方法?........................................................................................................53 6.6 USB-Type CでPC接続してATコマンド使用................................................................................................................................................56 6.7 USB-Type CでPC接続しファーウェアアップグレード方法? .............................................................................................................57 6.8 なぜ、データログ情報が見えませんか? ...................................................................................................................................................57 7. 注文情報...........................................................................................................................................................................................................................62 8. 梱包情報...........................................................................................................................................................................................................................62 9. 参照情報...........................................................................................................................................................................................................................62 10. サポート..........................................................................................................................................................................................................................62
  • 4. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 4 / 62 1. イントロダクション 1.1 LHT65N温度湿度センサとは? Dragino LHT65N 温度・湿度センサーは、LoRaWAN対応の長距離センサーです。温度・湿度センサーを内蔵しており、 外部センサープローブで外部温度センサーや照度センサや人感センサーに拡張接続することができます。 LHT65Nは、ユーザーがデータを送信し、非常に長い距離を到達することを可能にします。超長距離のスペクトラム無線 拡散通信と高い耐干渉性を提供し、消費電流を最小限に抑えます。灌漑システム、スマートメータ、スマートシティ、ビ ルオートメーションなど、プロフェッショナルな無線センサーネットワークのアプリケーションを対象としています。 LHT65N は、2400mAh の非充電式バッテリーを内蔵しており、最大 10 年間使用することができます*。 LHT65N は、 LoRaWAN v1.0.3 Class A プロトコルと完全な互換性があり、標準的な LoRaWAN ゲートウェイと連動する ことができます。 LHT65Nは、データログ機能をサポートしています。 データログ機能をサポートすることでネットワークがないときにデ ータを記録し、ユーザーは後でセンサーの値を取得することができ、すべてのセンサーの読み取りを確実に行うことが できます。 *実際の電池寿命は、データ送信の頻度に依存しますので、バッテリー寿命分析の章を参照してください。
  • 5. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 5 / 62 1.2 特徴 • 壁掛けマウント • LoRaWAN v1.0.3 Class A protocol • 周波数帯域: CN470/EU433/KR920/US915/EU868/AS923/AU915 • ATコマンドによるパラメーター変更 • LoRaWANダウンリンクによる遠隔パラメータ変更 • プログラムポート経由でファームウェアアップグレード • 2400mAhバッテリー内蔵で最長10年使用可能 • 温度センサー&湿度センサー内蔵 • オプションで外部拡張モジュールセンサ-対応 • 作業状態を示す3色LED表示 • データログ機能(最大3328個) 1.3 仕様 内蔵温度センサー: • 解像度: 0.01 °C • 精度許容範囲: Typ ±0.3 °C • 長期ドリフト: < 0.02 °C/yr • 動作環境: -40 ~ 85 °C 内蔵湿度センサー: • 解像度: 0.04 %RH • 精度許容範囲: Typ ±3 %RH • 長期ドリフト: < 0.02 °C/yr • 動作環境: 0 ~ 96 %RH 外部温度プローブ: • 解像度: 0.0625 °C • ±0.5°C 精度範囲 -10°C to +85°C • ±2°C 精度範囲 -55°C to +125°C • 動作環境: -55 °C ~ 125 °C •
  • 6. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 6 / 62 2. LHT65NをIoTサーバーに接続 2.1 LHT65Nはどのように動作するか? LHT65N は、デフォルトで LoRaWAN OTAA Class A モードに設定されています。それぞれのLHT65Nは、世界で唯一 のOTAAキーが同梱されています。 LHT65NをLoRaWANネットワークで使用するためには、まず、LoRaWANネットワークサーバにOTAAキーを設定し、 LHT65Nをアクティベートする必要があります。 LHT65Nが、このLoRaWANネットワークのカバー範囲内にあればLoRaWANネットワークに参加することができます。 LHT65Nは、自動的にLoRaWANネットワークに参加することができます。参加に成功すると、LHT65Nは環境の温度と 湿度の測定を開始し、LoRaWANサーバにセンサデータの送信を開始します。各アップリンクのデフォルト間隔は、20 分です。 2.2 LHT65Nをどうやって起動するか? LHT65Nは、2つの動作モードがあります: • ディープスリープモード: LHT65Nは、LoRaWANの起動はしていません。このモードは、バッテリーを節約する ために、保管や出荷の際に使用されます。 • ワーキングモード:: このモードでは、LHT65NはLoRaWANセンサーモードとして動作し、LoRaWANネットワークに 参加し、センサーデータをサーバに送信します。各サンプリング/送受信の間は、LHT65Nは停止モード(IDLEモー ド)になります。停止モードでは、LHT65Nはディープスリープモードと同じ電力を消費します。 LHT65Nは、デフォルトでディープスリープモードに設定されており、前面のACTボタンで各モードに切り替わります。
  • 7. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 7 / 62 2.3 LoRaWANネットワークへの参加例 ここでは、TTN v3 LoRaWANネットワークサーバーに参加する例を示します。他の LoRaWAN IoT サーバーでの使用も 同様の手順となります。
  • 8. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 8 / 62 LPS8N は、すでにTTN v3のネットワークに接続するように設定されており、LHT65N のネットワークカバレッジを提供し ていると仮定します。次にTTN v3 に LHT65N を追加します。 2.3.1 Step 1: TTN上でデバイス作成 LHT65NのOTAAキーでTTN V3のデバイスを作成します。 各LHT65Nには、以下のようにデバイスEUI、APP Key、APP EUIを記載したシールが同梱されています。 これらのキーは、LoRaWANネットワークサーバーのポータルで入力することができます。以下は、TTN v3の画面です。
  • 9. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 9 / 62 アプリケーションメニューからAPP EUIを追加します。
  • 10. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 10 / 62 注記:LHT65Nは、LHT65と同じペイロードを使用します。
  • 11. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 11 / 62 APP EUI、APP KEY、DEV EUI を入力します。
  • 12. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 12 / 62 2.3.2 Step 2: ACTボタンを5秒以上押して、LHT65Nを起動 ACT ボタンで LHT65N を起動すると、TTN v3 ネットワークに自動接続されます。接続が成功すると、TTN v3へのセ ンサデータのアップロードが開始され、パネル上のライブデータで確認することができます。 2.4 アップリンクペイロード ( Fport=2) アップリンクのペイロードは全部で11バイトです。アップリンクパケットはFPORT=2を使用し、デフォルトでは20分毎に1回 アップリンクが送信されます。 各アップリンクの後、青色LEDが1回点滅します。
  • 13. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 13 / 62 サイズ (bytes) 2 2 2 1 4 値 BAT 内蔵温度センサー 内蔵湿度センサー Ext拡張番 号# Ext Value 拡張値 • 最初の6バイト:LHT65Nごと固定の意味です。 • 7 バイト目(EXT#):外部センサーの型式を表します。 • 8 バイト目~11 バイト目:外部センサーの値を表す。外部センサーの種類によって定義されます。(EXT=0の 場合、この4バイトは存在しません) 2.4.1 TTN v3デコーダー アップリンクのペイロードがTTN v3に到着すると、HEXフォーマットで表示されて読みにくいです。そこで、LHT65N デコーダをTTNv3に追加することで、読みやすくすることができます。 LHT65Nデコーダは、ここからダウンロードできます: https://github.com/ dragino/dragino-end-node-decoder 2.4.2 BAT-バッテリー情報 この2バイトのBATには、電池の状態と実際の電圧が含まれています。
  • 14. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 14 / 62 LHT65Nの電池電圧を確認してください。 • BATステータス=(0Xcba4>>14)&0xFF=11(B),非常に良い • バッテリー電圧 =0xCBF6&0x3FFF=0x0BA4=2980m 2.4.3 内蔵温度センサー • 温度 0x0ABB/100=27.47℃となります。 • 温度:(0xF5C6-65536)/100=-26.18℃ 2.4.4 内蔵湿度センサー
  • 15. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 15 / 62 • 湿度:0x025C/10=60.4% 2.4.5 Ext # 拡張番号 外付けプローブセンサーのバイト数です。 2.4.6 Ext value 拡張値 2.4.6.1 Ext=1, E3 温度センサー • DS18B20 temp=0x0ADD/100=27.81℃ 最後の2バイトのデータは意味がありません。 • 外付け温度 = (0xF54F-65536)/100=-27.37℃ 最後の2バイトのデータは意味がありません。
  • 16. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 16 / 62 外部センサーが 0x01 で、かつ、外部温度が接続されていない場合。温度は7FFF(327.67℃)に設定されます。 2.4.6.2 Ext=9, E3 センサ、Unixタイムスタンプ付き タイムスタンプモードは、E3プローブを搭載したLHT65Nのために設計されており、アップリンクのペイロードにUnixタイ ムスタンプを付加して送信します。11 バイト(AU915/US915/AS923 バンドの最大距離)という制限のため、タイムスタ ンプモードでは BAT 電圧フィールドが無くなり、代わりにバッテリ状態が表示されます。 サイズ (bytes) 2 2 2 1 4 値 外付け温 度センサー 内蔵温度センサー BATステータス& 内蔵湿度セ ンサー ステータス & Ext Unixタイプスタン プ • バッテリーステータス&内蔵湿度センサー ビット(bit) [15:14] [11:0] 値 BAT Status 内蔵湿度センサー 00(b): Ultra Low ( BAT <= 2.50v) 01(b): Low (2.50v <=BAT <= 2.55v) 10(b): OK (2.55v <= BAT <=2.65v) 11(b): Good (BAT >= 2.65v) • ステータス& Extバイト ビット(bit) 7 None-ACK Flag 6 Poll Message FLAG 5 Sync time OK 4 Unix Time Request [3:0] Ext: 0b(1001) ステータス &Ext • Poll Message Flag: 1:このメッセージはポーリングメッセージの返信、0:通常のアップリンクを意味します。 • Sync time OK: 1:timeokをセット,0:N/A。時刻同期要求が送信された後、アプリケーションサーバからタイムス タンプを取得するまで、このビットは0に設定されます。 • Unix Time Request: 1:サーバーのダウンリンクUnix時間を要求、0 : N/A です。このモードでは、LHT65Nは10日 ごとにこのビットを1にセットし、時刻同期を要求します。 2.4.6.3 Ext=6, ADC センサー(専用E2ケーブル) このモードでは、ユーザーは外部ADCセンサーを接続して、ADC値をチェックすることができます。 3V3_OUTは外部ADCセンサーの電源として使用でき、ユーザーはこのセンサーの電源オン時間 を設定することができます。 AT+EXT=6,timeout このセンサーに電力を供給する時間、0〜65535msの間: 例: AT+EXT=6,1000は、ADC値をサンプリングする前に1000msの間、このセンサーに電力を供給します。 または、ダウンリンクコマンドA2で設定します。 . ノードの測定範囲は約0.1V~1.1Vで、電圧分解能は約0.24mvです。 Wセンサーの出力電圧の測定値が0.1Vと1.1Vの範囲にない場合、センサーの出力電圧端子を分圧する必要があ ります。
  • 17. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 17 / 62 下図の例はセンサーの出力電圧を3倍にするものである。それ以上下げる必要がある場合は、図の式に従って計 算し、対応する抵抗を直列に接続します。
  • 18. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 18 / 62 ADC_IN1端子をGNDに接続,またはサスペンドすると,ADC値は0となります。 ADC_IN1 で収集した電圧が最小レンジより小さい場合は最小レンジを、同様に収集した電圧が最大レンジより大きい 場合は最大レンジを出力として使用します。 1) 最小レンジは約0.1Vです。各チップは内部キャリブレーションを行っているため、この値は0.1Vに近い値です。 2) 最大で約1.1Vの範囲となります。各チップは内部キャリブレーションを行っているため、この値は1.1Vに近い値です。 3) 範囲内であること 2.4.6.4 Ext=2 TMP117 センサー(ファームウェアv1.3以降)
  • 19. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 19 / 62 Ext=2,温度センサー (TMP117): インタラプトモードとカウントモード: 外部ケーブルNE2は、MOD4とMOD8に使用できます。 2.4.6.5 Ext=4 インターラプトモード (ファームウェアv1.3以降) 注記:このモードでは、3.3V出力は常にONになります。LHT65Nは、トリガがあるとアップリンクを送信します。 インタラプトモードでは、以下のような外部インタラプトセンサを接続することができます。: ユースケース: ドアセンサー このようなセンサーの3.3V出力は、単にOpen/Closeを検出するためのものです。 Open状態では、プローブがない場合と同じ消費電力です。 Close状態では 通常より3uA多く消費します。.
  • 20. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 20 / 62 AT+EXT=4, 1 Sent uplink packet in both rising and falling interrupt AT+EXT=4, 2 Sent uplink packet only in falling interrupt AT+EXT=4, 3 Sent uplink packet only in rising interrupt Ext=4,インターラプトセンサー 立ち下がりエッジでトリガー: 立ち上がりエッジによるトリガー: 2.4.6.6 Ext=8 カウンティングモード(ファームウェアv1.3以降) 注記:このモードでは、3.3V出力は常にONとなります。LHT65Nは、定期的に割り込みとアップリンクのカウントを 行います。 ユースケース1: 流量フローセンサー 低消費電力のフローセンサです。パルス出力で消費電力はuAレベル、 LHT65Nで駆動可能です。
  • 21. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 21 / 62 AT+EXT=8,0 Count at falling interrupt ユースケース2: 流量フローセンサー: ノーマルフローセンサ。このようなフローセンサは消費電力が高く、LHT65N からの電源供給には適しません。外部電源から供給され、<3.3vのパルスを出力します。 Ext=8,カウンティングセンサー ( 4 bytes):
  • 22. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 22 / 62 A2 ダウンリンクコマンド: A2 02: AT+EXT=2 (AT+EXT= second byte)と同じ機能 A2 06 01 F4: AT+EXT=6,500 (AT+EXT= second byte, third and fourth bytes) A2 04 02:同じ AT+EXT=4,2 (AT+EXT= second byte, third byte)同じ機能 A2 08 01 00: AT+EXT=8,0 (AT+EXT= second byte, fourth byte)同じ機能 A2 08 02 00 00 00 3C: AT+ SETCNT=60 (AT+ SETCNT = 4th byte and 5th byte and 6th byte and 7th byte)同じ機能 2.5 Datacakeでデータ可視化 Datacake IoTプラットフォームは、センサーデータを表示するために人に優しいインターフェースを提供します。TTN v3 にセンサーデータがあれば、Datacakeを使ってTTN v3に接続し、Datacakeでデータを可視化することができます。以 下はその手順です。 ステップ1: デバイスがプログラムされ、LoRaWANネットワークに正しく接続されていることを確認してください。 ステップ2: アプリケーションからDatacakeにデータを転送するように設定するためには、インテグレーションを追加 する必要があります。TTN v3コンソール --> アプリケーション--> インテグレーション -->インテグレーション追加 を選択します。 Add Datacake: デフォルトのキーをアクセスキーとして選択します。 AT+EXT=8,1 Count at rising interrupt AT+SETCNT=60 Sent current count to 60
  • 23. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 23 / 62 Datacakeコンソール(https://datacake.co/)で、LHT65デバイスを追加します。
  • 25. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 25 / 62 2.6 データログ機能 データログ機能は、LoRaWANネットワークがダウンした場合でも、IoTサーバーがセンサーからすべてのサンプリ ングデータを取得できるようにするためのものです。各サンプリングについて、LHT65Nは将来の検索目的のため に読み取り値を保存します。IoTサーバーがLHT65Nからデータログを取得するには、2つの方法があります。. 2.6.1 LoRaWAN経由でデータログを取得する方法 下記の2つの方法があります。 方法1: IoTサーバーは、ダウンリンクLoRaWANコマンドを送信し、指定された時間範囲の値をポーリングします。 方法2: PNACKMD=1に設定すると、LHT65N はアップリンク毎に ACK を待ちます。LoRaWAN ネットワークがない場 合、LHT65N は非 ACK メッセージでこれらのレコードをマークしてセンサーデータを保存し、ネットワーク回復後に全メ ッセージを送信します(10秒間隔)。 *方法2の注意事項: • a) LHT65Nは、すべてのデータがサーバーに到着したことを確認するために、データレコードを送信するための ACKチェックを行います。 • b) PNACKMD=1 のとき、LHT65N は CONFIRMED モードでデータを送信しますが、ACK を受け取らなかった場 合、 LHT65N はパケットを再送信せず、単に NONE-ACK メッセージとしてマークします。もし、ACK を受け取った場 合、LHT65N はネットワークが接続されたとみなし、すべての NONE-ACK メッセージを再送信します。 下図は、自動更新データログ機能(PNACKMD=1に設定)の代表的なケースです。
  • 26. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 26 / 62 2.6.2 Unixタイムスタンプ LHT65N では、Unix TimeStamp フォーマットを使用しています。 この時刻はリンク先から取得できます。 https://www.epochconverter.com/ 以下はコンバータの例です。 そこで、AT+TIMESTAMP=1611889405 または ダウンリンク3060137afd00を使用して、現在の時刻を設定することが できます2021 - Jan -- 29 Friday 03:03:25 2.6.3 デバイスタイム設定 デバイスタイムの設定は、2つの方法があります。 1. LoRaWAN MACコマンド経由 (規定値) MACコマンドによる時刻同期を行うには、SYNCMOD=1 に設定する必要があります。 LHT65N が LoRaWAN ネ ッ ト ワ ー ク に 参 加 す る と 、 MAC コ マ ン ド ( DeviceTimeReq ) を 送 信 し 、 サ ー バ は (DeviceTimeAns)を返信して、LHT65Nに現在の時刻を送信します。LHT65Nがサーバから時刻を取得できなかった 場合、LHT65Nは内部の時刻を使用し、次の時刻要求を待ちます(AT+SYNCTDCで時刻要求期間を設定、デフォル トは10日) 注記:LoRaWAN サーバは LoRaWAN v1.0.3(MAC v1.0.3) 以上でないとこの MAC コマンドに対応していません。また、 Chirpstack, TTN v3, Loriot には対応していますが、TTN v2 には対応していません。サーバーがこのコマンドをサポー トしていない場合、このコマンドでアップリンクパケットをスルーしてしまうため、SYNCMOD=1の場合、ユーザーはTTN v2のタイムリクエストでパケットを失ってしまいます。 2. 手動タイム設定 手動時刻を設定する場合は、SYNCMOD=0に設定する必要があります。そうしないと、ユーザー設定時刻がサーバー 設定時刻に上書きされてしまいます。
  • 27. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 27 / 62 2.6.4 ポーリングセンサー値 サーバーからのタイムスタンプをもとに、ユーザーがセンサー値をポーリングすることができます。 Timestamp start と Timestamp end は、上記の Unix TimeStamp フォーマットを使用します。デバイスは、アップリンク 間隔を使用して、この期間中のすべてのデータログを返信します。 例)ダウンリンクコマンド 31 5FC5F350 5FC6 0160 05 2020/12/1 07:40:00 から 2020/12/1 08:40:00 のデータを確認します。 アップリンク内部=5秒,LHT65Nが5秒に1回パケットを送信することを意味します。 2.6.5 データログアップリンクペイロード Datalog poll reply uplink は以下のペイロードフォーマットを使用します。 検索データペイロード: サイズ(bytes) 2 2 2 1 4 値 外部センサ―データ 内蔵温度センサー 内蔵湿度センサ ー ポーリングメッセージ& Ext Unixタイムスタン プ ポーリングメッセージフラグ & Ext: No ACK Message: 1: このメッセージは、このペイロードがサーバーからACKを取得する前のアップリンクメッセージで あることを意味します(PNACKMD=1機能の場合) Poll Message Flag: 1:このメッセージは、ポーリングメッセージの返信です: • Poll Message Flagは、1に設定します。. • 各データ入力は11バイトですが、通信時間とバッテリーを節約するために、デバイスは現在のDRと周波数バンド に従って最大バイトを送信します。 例えば、US915帯の場合、different DRの最大ペイロードは、以下の通りです: a) DR0: 最大11バイトなので、1エントリ分のデータです。 b) DR1: 最大53バイトなので、4エントリ分のデータ(合計44バイト)をアップロードすることになります。 c) DR2: 総ペイロードには11エントリのデータが含まれます。 d) DR3: 総ペイロードには22エントリーのデータを含みます。 ポーリング時間内にデータがない場合。デバイスは11バイトの0をアップリンクします。
  • 28. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 28 / 62 例: LHT65NのFlashに下記のデータがある場合:: ユーザが下記のダウンリンクコマンドを送信した場合: 3160065F9760066DA705 開始時間: 60065F97 = 時間 21/1/19 04:27:03 停止時間: 60066DA7= 時間 21/1/19 05:27:03 となります。 LHT65Nは、このペイロードをアップリンクします。.
  • 29. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 29 / 62 7FFF089801464160065F97 7FFF 088E 014B 41 60066009 7FFF0885014E41600660667FFF0875015141600662BE7FFF086B015541600665167FFF08660155416006676E7FFF085F015A41 ここで、最初の11バイトは最初のエントリ用です: 7FFF089801464160065F97 外部センサーデータ=0x7FFF/100=327.67 Temp=0x088E/100=22.00 Hum=0x014B/10=32.6 ポーリングメッセージ フラグ&Ext=0x41,応答データExt=1を意味する Unix時間は0x60066009=1611030423s=21/1/19 04:27:03です。 2.7 アラームモード&機能 "マルチサンプリング、1アップリンク" アラームモードになると、内蔵センサーの温度を短時間チェックし、温度が事前に設定した範囲を超えた場合、直 ちにアップリンクを送信します。 注記:アラームモードは若干の消費電力を追加するため、この機能を有効にした場合は通常の読み取り時間を延長す ることをお勧めします! 2.7.1 アラームモード(ファームウェアv1.3.1以降) GXHT30温度アラーム内蔵(取得時間:1分に固定しています)
  • 30. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 30 / 62 AT+WMOD=3:アラームモードの有効/無効を設定します。(0: 無効、1: 有効 オンボード温度センサーの温度アラ ーム) AT+CITEMP=1: アラーム温度を確認する間隔です。(単位:分) AT+ARTEMP: 内部温度センサーのアラーム範囲を取得または設定します。 AT+ARTEMP=45,105: 内部温度センサーのアラーム範囲を45~105の間で設定します。 AT+LEDALARM=1 : LEDビジュアルアラームを有効にします。 例: AT+WMOD=1: A501 , AT+WMOD=0 : A600 AT+CITEMP=1 : A60001 AT+ARTEMP=1,60 : A70001003C AT+ARTEMP=-16,60 : A7FFF0003C AT+LEDALARM=1 : 3601 ダウンリンクコマンド: AAXXXXXXXXXXXXXX 総バイト数: 8 bytes 例: AA0100010001003C WMOD=01 CITEMP=0001 TEMPlow=0001 TEMPhigh=003C DS18B20 とTMP117 閾値アラーム AT+WMOD=1,60,-10,20 ダウンリンクコマンド: 例:A5013CFC180014 MOD=01 CITEMP=3C(S) TEMPlow=FC18 TEMPhigh=0014 DS18B20、TMP117の変動幅警報(取得時間:最小1秒) AT+WMOD=2,60,5 ダウンリンクコマンド: 例: A5023C05 MOD=02 CITEMP=3C(S) 温度振幅=05
  • 31. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 31 / 62 複数回サンプリングしてまとめてアップリンク AT+WMOD=3,1,60,20,-16,32,1 内容: • Working ModeをMode 3に設定 • サンプリング間隔を60秒に設定 • 20個のサンプリングデータがある場合、デバイスはこれらのデータを1つのアップリンクで送信します。(最大値は 60で、1回のアップリンクで最大60回サンプリングすることを意味します。) • 温度アラーム範囲は、-16 to 32°Cに設定 • 1で温度アラーム有効、0 で温度アラーム無効。アラームが有効な場合、温度がアラーム範囲を超えると直ち にデータが送信されます。 ダウンリンクコマンド: 例: A50301003C14FFF0002001 MOD=03 EXT=01 CITEMP=003C(S) Total number of acquisitions=14 TEMPlow=FFF0 TEMPhigh=0020 ARTEMP=01 アップリンクペイロード ( Fport=3) 例: CBEA0109920A4109C4 BatV=CBEA EXT=01 Temp1=0992 // 24.50℃ Temp2=0A41 // 26.25℃ Temp3=09C4 // 25.00℃ 注記:このアップリンクは、データ長に応じて適切なDRを自動的に選択します。 このモードでは、ds18b20の温度分解能は消費電力を節約するために0.25℃です。 2.7.2 アラームモード( ファームウェアv1.3.1以降) AT+WMOD=1: アラームモードの有効/無効を設定します。(0: 無効、1: 有効 オンボード温度センサーの温度アラ ーム) AT+CITEMP=1: アラーム温度を確認する間隔です。(単位:分) AT+ARTEMP: 内部温度センサーのアラーム範囲を取得または設定します。 AT+ARTEMP=? AT+ARTEMP=45,105: 内部温度センサーのアラーム範囲を45~105に設定します。 ダウンリンクコマンド:: AAXXXXXXXXXXXXXX 総バイト数: 8 bytes
  • 32. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 32 / 62 例:AA0100010001003C WMOD=01 CITEMP=0001 TEMPlow=0001 TEMPhigh=003C 2.8 LED表示 LHT65Nは、3色のLEDを搭載しており各ステージを簡単に表示することができます。 ユーザーがACTボタンを押すと、LEDはACTボタンと同じ状態になります。 ノーマルワーキング状態: • アップリンクのたびに、青色LEDまたは赤色LEDが1回点滅し ます。外部センサーが接続されている場合は、青色LEDが点 灯します。 • 外部センサー未接続時、赤色LEDが点灯します。 • ダウンリンクに成功するたびに、紫色LEDが1回点滅します。 2.9 インストール
  • 33. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 33 / 62 3. センサーとアクセサリー 3.1 E2 拡張ケーブル LHT65N用ブレイクアウトケーブル(1m)の特徴: • ATコマンドを使用する場合、LHT52/LHT65Nの両方で使用可能です。 • LHT65Nのファームウェアのアップデート、LHT52/LHT65Nの両方で動作します。 • 外部ADCをモニターするADCモードをサポート • インタラプトモードをサポート • LHT65N Type-Cコネクターから全ピンを露出 3.2 E3 温度センサープローブ
  • 34. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 34 / 62 温度センサープローブ、(ケーブル長2M) • 解像度: 0.0625 °C • ±0.5°C 精度-10°C to +85°C • ±2°C 精度-55°C to +125°C • 動作範囲: -40 ~ 125 °C • 動作電圧: 2.35v ~ 5v 4. ATコマンド or LoRaWANダウンリンクでLHT65Nを設定 LHT65Nの設定は、ATコマンドまたはLoRaWAN Downlinkで行います。. • ATコマンドに関する内容は右をご参照ください:: FAQ. • LoRaWAN Downlink命令(各プラットフォーム向け): IoT LoRaWAN Server LHT65Nを設定するコマンドは2種類あります: ・一般コマンド:これらのコマンドは、コンフィギュレーションを行うためのものです。 1. アップリンク間隔などの一般的なシステム設定 2. LoRaWANプロトコル&無線関連コマンド DLWS-005 LoRaWAN Stack(注**)をサポートするすべてのDraginoデバイスで共通に使用することができます。これら のコマンドはWikiに掲載されています。End Device Downlink Command ・LHT65Nのための特別仕様のコマンド これらのコマンドは、下記のようにLHT65Nのみ有効です。 4.1 送信間隔時間の設定 特徴: LoRaWANエンドデバイスの送信間隔を変更します。 AT Command: AT+TDC
  • 35. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 35 / 62 ダウンリンクコマンド: 0x01 フォーマット形式:コマンドコード(0x01)に続き、3 バイトの時刻を設定します。. ダウンリンクペイロードが 0100003C の場合は、END ノードの送信間隔を 0x00003C=60(S) に設定し、タイプコード を 01 とすることを意味します。 • 例1: Downlink Payload: 0100001E // 送信間隔(TDC)=30秒に設定 • 例2: Downlink Payload: 0100003C // 送信間隔(TDC)=60秒に設定 4.2 外部センサーモードの設定 特徴: 外部センサーモードの変更します。 AT Command: AT+EXT ダウンリンクコマンド: 0xA2 T 総バイト数: 2 ~ 5 bytes xam 例: ・ 0xA201: 外部センサーの種類をE1に設定 • 0xA209: AT+EXT=9と同じ機能 • 0xA20702003c: AT+SETCNT=60と同じ機能 4.3 アップリンクの有効/無効 温度プローブ 特徴: PIDが有効な場合、デバイスは温度プローブIDを送信します。 ・ OTAAジョイン後、初めてのパケット送信 ・ 最初のパケットから24時間おきに送信.
  • 36. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 36 / 62 PIDはデフォルトで無効(0)に設定されています。 ATコマンド: ダウンリンクコマンド: • 0xA800 --> AT+PID=0 • 0xA801 --> AT+PID=1 4.4 パスワード設定 特徴 :デバイスパスワード設定、最大9桁。 AT Command: AT+PWORD ダウンリンクコマンド: No downlink command for this feature. 4.5 ATコマンド停止 特徴: ATコマンドモードを終了し、ATコマンドを使用する前にパスワードの再入力が必要です。. ATコマンド: AT+DISAT
  • 37. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 37 / 62 ダウンリンコマンド: この機能のためのダウンリンクコマンドはありません。 4.6 スリープモード設定 特徴: デバイスをスリープモードに設定 • AT+Sleep=0 : 通常の作業モード、デバイスはLoRaメッセージがない場合、スリープし、低消費電力で使用します。 • AT+Sleep=1 : デバイスがディープスリープ状態であり、LoRaアクティベーションが発生せず、保管や出荷に使用されています。 ATコマンド: AT+SLEEP ダウンリンクコマンド: ・スリープモードに設定するためのダウンリンクコマンドは存在しません。 4.7 システム時刻を設定 特徴: システム時刻の設定、右リンクのUnixフォーマットをご参照ください。. See here for format detail. ATコマンド: ダウンリンクコマンド: 0x306007806000 // タイムスタンプを0x(6007806000)に設定、AT+TIMESTAMP=1611104352と同義
  • 38. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 38 / 62 4.8 時刻同期モードの設定 特徴: LoRaWAN MACコマンド(DeviceTimeReq)によるシステム時刻の同期を有効/無効にします。このコマンドに応 答するには、LoRaWANサーバーがv1.0.3プロトコルをサポートしていなければなりません。 SYNCMODはデフォルトで1に設定されています。LoRaWANサーバーと異なる時刻を設定したい場合は、0に設定す る必要があります。 ATコマンド: ダウンリンクコマンド: 0x28 01 // AT+SYNCMOD=1と同じ機能 0x28 00 // AT+SYNCMOD=0と同じ機能 4.9 時刻同期の間隔を設定 特徴: システム時刻の同期間隔を設定します。SYNCTDCの初期値は10日です。 ATコマンド: ダウンリンクコマンド: 0x29 0A // AT+SYNCTDC=0x0Aと同じ機能 4.10 ページ上のデータエントリーのベースをプリント 特徴: スタートページからストップページまでのセクターデータを印刷します(最大416ページ) ATコマンド: AT+PDTA
  • 39. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 39 / 62 ダウンリンクコマンド: この機能に該当するダウンリンクコマンドはありません。 4.11 最後の数件のデータをプリント 特徴: 直近の数件のデータエントリーをプリント ATコマンド: AT+PLDTA
  • 40. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 40 / 62 ダウンリンクコマンド: この機能に該当するダウンリンクコマンドはありません。 4.12 Flashレコードをクリア 特徴:データログ機能のフラッシュストレージをクリアします。 ATコマンド: AT+CLRDTA ダウンリンクコマンド:: 0xA3 • 例: 0xA301 // AT+CLRDTAと同じ機能 4.13 自動送信 None-ACK メッセージ 特徴: LHT65Nは、各アップリンクのACKを待ちます。LHT65NがIoTサーバからACKを取得しない場合、それはメッセージ がサーバに到着していないとみなし、それを格納します。LHT65Nは、定期的にメッセージを送信し続けます。LHT65Nは、 あるサーバからACKを受け取ると、ネットワークが正常であると判断し、未到着メッセージの送信を開始します。 ATコマンド: AT+PNACKMD 工場規定値は、0となります。 コマンド例 機能 レスポンス AT+PNACKMD=1 Poll None-ACK message OK
  • 41. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 41 / 62 ダウンリンクコマンド: 0x34 • 例: 0x3401 // AT+PNACKMD=1と同じ機能 4.14 外部センサーTMP117またはDS18B20の温度アラームのWMOD コマンドを修正(ファームウェアv1.3.0以降) 特徴: 内部および外部温度センサーアラームを設定 コマンド例 機能 レスポンス AT+WMOD=parameter1,parameter2,parameter3,parameter4 内部および外部温度センサーアラームを設定 OK AT+WMOD=parameter1,parameter2,parameter3,parameter4 Parameter 1: アラームモード: 0): キャンセルl 1): 閾値アラーム 2): ゆらぎアラーム パラメーター2: サンプリング時間。単位:秒、最大255秒 注記:収集時間が60秒未満で、常に設定したアラーム閾値を超える場合、送信間隔は収集時間ではなく、60秒毎に 送信されます。 パラメーター3とパレメーター4: 1) アラームモードが1に設定されている場合:パラメータ3とパラメータ4は、以前と同様に有効で、これらは低温と高温 を表します。 例: AT+WMOD=1,60,45,105 のそれは高温・低温の警報を意味します 2) Alarm Mode が 2 に設定されている場合:パラメータ 3 が有効で、現在収集されている温度と最後にアップロードさ れた温度との差分を表します。 例: AT+WMOD=2,10,2、それはゆらぎアラームであることを意味します。 現在の収集温度と前回のアップリンとの差分が±2度の場合、アラームを発します。 ダウンリンコマンド: 0xA5 0xA5 00 -- AT+WMOD=0. ・0xA5 01 0A 11 94 29 04 -- AT+WMOD=1,10,45,105 (AT+WMOD=2バイト目、3バイト目、4バイト目と5バイト目を100 で割った値、6バイト目と7バイト目を100で割った値) ・0XA5 01 0A F9 C0 29 04 --AT+WMOD=1,10,-16,105(-16 を -1600 に変換して計算する必要があります) 1600(DEC)=FFFFFFFFFFFF9C0(HEX) FFFFFFFFFF9C0(HEX) +10000(HEX)=F9C0(HEX) ) ・0xA5 02 0A 02 -- AT+WMOD=2,10,2 (AT+WMOD = 2 バイト目, 3 バイト目, 4 バイト目) ・0xA5 FF -- デバイスが受信後、現在のアラームコンフィギュレーション(FPORT=8)をアップロードします。 例えば、01 0A 11 94 29 04 または 02 0A 02。
  • 42. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 42 / 62 5. バッテリー&交換方法 5.1 バッテリータイプ LHT65Nは、2400mAHのLi-MnO2(CR17505)バッテリーを搭載しています。この電池は、最大8~10年の使用を目標とした 低放電率の非充電式電池です。このタイプの電池は、水道メーターのような長期間稼働するIoTデバイスによく使用され ます。 放電曲線は直線ではないので、電池残量を単純にパーセントで表示することはできません。以下は電池の性能で す。 LHT65Nの最低使用電圧は2.5Vです。バッテリーが2.6Vより低い場合、それはバッテリーを交換する時です。 5.2 バッテリー交換 LHT65Nは、背面に2本のネジがあり、それを外せば中の電池交換はOKです。電池は一般的なCR17450電池です。 どのメーカーのものでも大丈夫です。.
  • 43. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 43 / 62 5.3 バッテリー寿命分析 Draginoバッテリー駆動の製品は、すべてローパワーモードで動作します。電池寿命の目安は、こちらのリンクから確 認できます: https://www.dragino.com/downloads/downloads/LoRa_End_Node/Battery_Analyze/ DRAGINO_Battery_Life_Guide.pdf LHT65Nの各周波数での詳細なテストレポートは、.下記リンクに掲載されています: https://www.dropbox.com/sh/ r2i3zlhsyrpavla/AAB1sZw3mdT0K7XjpHCITt13a?dl=0 6. FAQ 6.1 ATコマンドの使い方? LHT65Nは、ATコマンドに対応しています。USB-TTLアダプタとプログラムケーブルを使用して、LHT65と接続し、ATコ マンドを使用することができます(下図)
  • 44. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 44 / 62 接続方法: • USB to TTL GND <-->GND • USB to TTL RXD <--> D+ • USB to TTL TXD <--> A11 パソコンでは、シリアルツール(puttyやSecureCRTなど)のボーレートを9600に設定することで、LHT65Nのシリアルコン ソールにアクセスすることができます。ATコマンドはデフォルトでは無効になっており、有効にするにはパスワード(デフ ォルト:123456)を入力する必要があります。ATコマンドを入力するためのタイムアウトは5分で、5分後に再度パスワー ドを入力する必要があります。タイムアウト前に、AT+DISATコマンドで、ATコマンドを無効にすることができます。 パスワードとATZを入力し、LHT65Nを起動してください。
  • 45. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 45 / 62 ATコマンドの機能は、下記の通りです。 AT+<CMD>? <CMD>に関するヘルプ AT+<CMD> <CMD>実行 AT+<CMD>=<value> 値を設定 AT+<CMD>=? 値を取得 AT+DEBUG ATZの詳細出力を設定 MCUのリセットをトリガー AT+FDR パラメータを工場出荷時の状態に戻す、キーリザーブ AT+DEUI デバイスEUIの取得・設定 AT+DADDR: デバイスアドレスの取得・設定 AT+APPKEY アプリケーションキーの取得・設定 AT+NWKSKEY ネットワークセッションキーの取得・設定 AT+APPSKEY: アプリケーションセッションキー取得・設定 Key AT+APPEUI: アプリケーションEUIの取得・設定 AT+ADR: アダプティブデータレートの取得・設定(0: off, 1: on) AT+TXP: 送信電力の取得・設定(0~5、MAX:0、MIN:5、LoRaWAN仕様に準拠) AT+DR: データレートを取得・設定 (DR_Xに対応する0-7) AT+DCS: ETSI Duty Cycleの設定を取得・設定( 0=disable、1=enable - テスト用のみ) AT+PNM: パブリックネットワークモードを取得・設定(0: off, 1: on) AT+RX2FQ: Rx2ウィンドウの周波数の取得または設定 AT+RX2DR: Rx2ウィンドウのデータレートの取得または設定 (DR_Xに対応する0-7)
  • 46. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 46 / 62 AT+RX1DL Tx ウィンドウと Rx ウィンドウ 1 の間の遅延を ms 単位で取得または設定 AT+RX2D: Tx ウィンドウの終了から Rx ウィンドウ 2 の遅延を ms 単位で取得または設定 AT+JN1DL Tx の終了から Join Rx Window 1 までの Join Accept Delay を ms 単位で取得または設定 AT+JN2DL Tx の終了から Join Rx Window 2 までの Join Accept Delay を ms 単位で取得または設定 AT+NJM ネットワーク参加モードを取得または設定 (0:ABP, 1:OTAA) AT+NWKID ネットワークIDの取得・設定 AT+FCU フレームカウンターの取得・設定アップリンク AT+FCD フレームカウンターの取得・設定ダウンリンク AT+CLASS デバイスクラスの取得・設定 AT+JOIN ネットワークに参加 AT+NJS 参加状況取得 AT+SENDB アプリケーションポートと共に16進数データを送信 AT+SEND アプリケーションポートと共にテキストデータを送信 AT+RECVB 最後に受信したデータをバイナリ形式(16進数)で表示 AT+RECV 最後に受信したデータをRaw形式で表示 AT+VER 現在のイメージのバージョンと周波数帯域を取得 AT+CFM コンフィグレーションモードの取得・設定 (0-1 AT+CFS 最後のAT+SENDテータスを取得 (0-1) AT+SNR 最後に受信したパケットのSNRを取得 AT+RSSI 最後に受信したパケットのRSSIの取得 AT+TDC: アプリケーションデータ送信間隔の取得または設定(単位:ms) AT+PORT アプリケーションポートの取得・設定 AT+DISAT ATコマンドの無効化 AT+PWORD パスワード設定、最大9桁 AT+CHS シングルチャンネルモードの周波数(単位:Hz)の取得・設定 AT+CHE US915,AU915,CN470のみ8チャネルモード取得/設定可能 AT+PDTA 開始ページから停止ページまでのセクターデータを表示 AT+PLDTA 最近の数セットのデータを表示 AT+CLRDTA ストレージをクリアし、記録位置を1stに戻す AT+SLEEP スリープモード設定 AT+EXT 外部センサーモデルの取得・設定 AT+BAT 現在の電池電圧をmVで取得 AT+CFG すべてのコンフィギュレーションを表示 AT+WMOD ワークキングモードの取得・設定
  • 47. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 47 / 62 AT+ARTEMP 内部温度センサーのアラーム範囲を取得・設定 AT+CITEMP 内部温度センサーの収集間隔(分)の取得または設定 AT+SETCNT 現時点でのカウントを設定 AT+RJTDC ReJoin データ送信間隔を min で取得または設定 AT+RPL レスポンスレベルの取得・設定 AT+TIMESTAMP UNIXタイムスタンプ取得設定(単位:秒) AT+LEAPSEC うるう秒の取得・設定 AT+SYNCMOD 時刻同期方法の取得・設定 AT+SYNCTDC 時刻同期間隔を日単位で取得または設定 AT+PID: PIDの取得・設定
  • 48. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 48 / 62 6.2 ATコマンドとDownlinkコマンドの使用場所 ATコマンド:
  • 49. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 49 / 62 ダウンリンクコマンド: TTN(The Things Network):
  • 50. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 50 / 62 6.3 アップリンクの間隔を変更する方法? 下記URLリンクをご参照ください http://wiki.dragino.com/xwiki/bin/view/Main/How%20to%20set%20the%20transmit%20time%20interval/ 6.4 TTL-USBでPCを接続し、ATコマンドを入力する方法 パソコンでは、シリアルツール(puttyやSecureCRTなど)のボーレートを9600に設定することで、LHT65Nのシリアルコ ンソールにアクセスすることができます。ATコマンドはデフォルトでは無効になっており、有効にするにはパスワード(デ フォルト:123456)を入力する必要があります。ATコマンドを入力するためのタイムアウトは5分で、5分後に再度パスワ ードを入力する必要があります。AT+DISATコマンドを使用すると、タイムアウト前にATコマンドを無効化することができ ます。
  • 51. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 51 / 62 パスワードとATZを入力し、LHT65Nを起動してください
  • 52. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 52 / 62 6.5 TTL-USBを使用してPCと接続し、ファームウェアをアップグレードするには? ステップ1: TremoProgrammerをインストールします。. ステップ2:配線方法 まず、4本の線を下図の通り結びます。 その後、デュポンケーブルでポート3とポート1を短絡し、解除すると、ブートロードモードになります。
  • 53. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 53 / 62 ステップ3:接続するデバイスポート、ボーレート、ダウンロードするファームウェアbinファイルを選択します。
  • 54. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 54 / 62 スタートボタンをクリックすると、ファームウェアのアップグレードが開始されます。 下記の画面が緑色バー表示がされたら、ダウンロードが完了したことになります。
  • 55. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 55 / 62 最後にポート4のデュポンケーブルを抜き、デュポンケーブルでポート3とポート1を短絡させ、デバイスをリセットします。
  • 56. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 56 / 62 6.6 USB-Type Cを使い、ATコマンドでパソコンに接続する方法
  • 57. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 57 / 62 パソコンでは、シリアルツール(puttyやSecureCRTなど)のボーレートを9600に設定することで、LHT65Nのシリアルコン ソールにアクセスすることができます。ATコマンドはデフォルトでは無効になっており、有効にするにはパスワード(デフ ォルト:123456)を入力する必要があります。ATコマンドを入力するためのタイムアウトは5分で、5分後に再度パスワー ドを入力する必要があります。タイムアウト前に、AT+DISATコマンドで、ATコマンドを無効にすることができます。 下図のようにパスワードとATZを入力し、LHT65Nを起動してください。 6.7 USB-Type CでPCと接続し、ファームウェアをアップグレードする方法?
  • 58. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 58 / 62 ステップ1: TremoProgrammerをインストールします。 ステップ2:結線情報 まず、4本の線を結びます。
  • 59. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 59 / 62 A8とGNDをデュポンワイヤでしばらく接続した後、分離し、リセットモードに移行します。 ステップ3:接続するデバイスポート、ボーレート、ダウンロードするファームウェアbinファイルを選択します。
  • 60. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 60 / 62 スタートボタンをクリックすると、ファームウェアのアップグレードが開始されます。 下記画面の緑色バーが表示されたら、ダウンロードが完了したことになります。
  • 61. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 61 / 62 最後に3.3Vを切り離し,A8とGNDをデュポン線でしばらく接続した後,分離してリセットモードを終了してください。 6.8 データログの情報が表示されないのですが? 1. 時刻がずれている、正しいクエリコマンドが使われていない可能性があります。. 2. デコーダエラー、データログデータを解析できずにデータがフィルタリングされた可能性があります。.
  • 62. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 62 / 62 7. 注文情報 製造番号: LHT65N-XX-YY XX : 規定周波数帯域は下記です。 • AS923: LoRaWAN AS923 band(日本仕様はこちらとなります) • AU915: LoRaWAN AU915 band • EU433: LoRaWAN EU433 band • EU868: LoRaWAN EU868 band • KR920: LoRaWAN KR920 band • US915: LoRaWAN US915 band • IN865: LoRaWAN IN865 band • CN470: LoRaWAN CN470 band YY: センサーアクセサリです。 • E3: 外付け温度計プローブ • E5: 外付け照度計プローブ 8. 梱包情報 梱包内容は以下が含まれます:: • LHT65N 温度&湿度センサー本体 x 1個 • オプション外付けプローブ 寸法と重量: • デバイスサイズ: 10 x 10 x 3.5 mm • デバイス重量: 120.5g 9. 参照情報 下記リンクから関連情報をご参照ください。 • Datasheet, photos, decoder, firmware 10. サポート ①ご質問が既にWiKiで回答されているかどうかを確認してください。 ②サポートは、月曜日から金曜日の09:00から18:00 GMT + 8まで提供されます。 タイムゾーンが異なる ため、ライブサポートを提供できません。 ただし、あなたの質問は前述のスケジュールでできるだけ 早く回答します。. ③お問い合わせに関して可能な限り多くの情報を提供し(製品モデル、問題を正確に説明し、問題を 再現する手順など)、Eメールで送信して下さい。 support@dragino.com