SlideShare a Scribd company logo
勉強会勉強会
Hiro Yoshioka
2013/2/9
Rakuten

#DevKan
Agenda	

•  自己紹介
•  勉強会とは
•  勉強会パターン




                    2
Self Introduction
•  Hiro Yoshioka
   l  Technical Managing Officer
   l  Empowering DU Section
   l  Development Unit, Rakuten
   l  Community
      •  YLUG (Yokohama Linux Users
         Group), Kernel Code Reading Party
      •  勉強会勉強会
   l  Twitter: @hyoshiok
   l  DEBUG HACKS, 2009,
     ISBN9784873114040




                                                                                           3	


             http://japan.zdnet.com/image/l/storage/35012872/storage/
             2012/01/06/9a2ed16c690d85ce041e1b97fc5ab494/120106_yoshioka01_800x600.jpg
宣伝

•  #DevKan
•  楽天で開催〜〜とぜひつぶやいてくださ
   い。
•  エンジニア募集してます。
   http://corp.rakuten.co.jp/careers/
   engineer/top.html
   http://corp.rakuten.co.jp/careers/
   engineer/hackermind.html


                                        4
カーネル読書会

•  Linuxおよびオープンソース技術に関する
   勉強会
 l 1999年4月から10年以上続いている
   •  第100回にはLinusも参加してくれた。
 l 中学生から50代まで、素人からカーネルハッ
    カーまで、毎回数十人参加
 l よしおかが主催。横浜Linux Users Group
    (YLUG)有志と運営
    http://ylug.jp



                                  5
本日のゴール




•  勉強会に関する気づきを得る
 l 勉強会と自分のかかわり
 l 勉強会の開催、参加、発表などにかかわ
    る暗黙知の獲得
•  勉強会の達人、初心者とのネットワー
   キング



                         6
•  勉強会って?
 l  勉強会的なもの、そうでないものを列挙してみる。
 l  名前
 l  形式
 l  主催者、参加者、講演者
 l  目的
 l  開催場所
 l  開催頻度
 l  コンテンツ
 l  創造する価値
 l  課題



                               7
•  名前
 l 勉強会、読書会、セミナー、講演、カンファ
    レンス、ワークショップ、アンカンファレンス、
    ミートアップ、会議、講義、授業、朝活、朝
    食会、パーティー、




                             8
•  勉強会って?
 l  勉強会的なもの、そうでないものを列挙してみる。
 l  名前
 l  形式
 l  主催者、参加者、講演者
 l  目的
 l  開催場所
 l  開催頻度
 l  コンテンツ
 l  創造する価値
 l  課題



                               9
•  形式
  l  講演、セミナー、ダイアログ(対話)、ワークショップ、
      ワールドカフェ、アンカンファレンス、対談、鼎談、パネ
      ルディスカッション、Q&A、サイン会、飲み会、懇親会、
      賀詞交換会、合コン、ハッカソン、ビアバッシュ、演習、
      プロジェクト、トレーニング、研修、異業種交流会、昼
      食会、パーティー、茶話会、ブラウンバッグランチ、オ
      フ会、LT(Lightning Talks)
  l  ネットワークを利用したもの、TV会議、チャット、IRC、
      skype、ustream、ニコ生、Google hangout、掲示板、
      Facebookグループ
  l  バーチャル+リアル



                                              10
•  勉強会って?
 l  勉強会的なもの、そうでないものを列挙してみる。
 l  名前
 l  形式
 l  主催者、参加者、講演者
 l  目的
 l  開催場所
 l  開催頻度
 l  コンテンツ
 l  創造する価値
 l  課題



                               11
•  主催者、参加者、講演者
 l 役割、
   •  勉強会の企画運営
   •  参加
   •  情報の提供、ファシリテーション
 l 明確に分離、持ち回り、渾然一体




                        12
•  勉強会って?
 l  勉強会的なもの、そうでないものを列挙してみる。
 l  名前
 l  形式
 l  主催者、参加者、講演者
 l  目的
 l  開催場所
 l  開催頻度
 l  コンテンツ
 l  創造する価値
 l  課題



                               13
•  目的(参加者目線)
 l 知識を得る
 l スキルを得る
 l 人的ネットワーク構築
 l 楽しさ
 l 仕事に生かしたい
 l 有名人に会いたい、ファンである
 l 幸せになりたい



                      14
•  目的(主催者視点)
 l 知識を得たい
 l 仲間を募りたい
 l スキルアップしたい
 l 有名人を呼びたい
 l ビジネス
 l 組織の活性化
 l ハッカーセントリックな社会を創りたい
 l 幸せになりたい


                         15
•  目的(発表者視点)
 l 知識を広めたい
 l 理解を深めたい
 l スキルアップ
 l 仲間を得たい
 l 仕事。小遣い稼ぎ
 l モテたい


               16
•  勉強会って?
 l  勉強会的なもの、そうでないものを列挙してみる。
 l  名前
 l  形式
 l  主催者、参加者、講演者
 l  目的
 l  開催場所
 l  開催頻度
 l  コンテンツ
 l  創造する価値
 l  課題



                               17
•  開催場所
 l 貸し会議室、会社の会議室、食堂、学校、
    公民館、図書館、喫茶店、飲み屋、自宅、
    どっか広いところ、公園、




                          18
•  勉強会って?
 l  勉強会的なもの、そうでないものを列挙してみる。
 l  名前
 l  形式
 l  主催者、参加者、講演者
 l  目的
 l  開催場所
 l  開催頻度
 l  コンテンツ
 l  創造する価値
 l  課題



                               19
•  開催頻度
 l 定期的(毎日、毎週、隔週、毎月、隔月、
    四半期ごと、毎年)、不定期、単発




                          20
•  勉強会って?
 l  勉強会的なもの、そうでないものを列挙してみる。
 l  名前
 l  形式
 l  主催者、参加者、講演者
 l  目的
 l  開催場所
 l  開催頻度
 l  コンテンツ
 l  創造する価値
 l  課題



                               21
•  コンテンツ
 l 知識、スキル、ネットワーキング




                      22
•  勉強会って?
 l  勉強会的なもの、そうでないものを列挙してみる。
 l  名前
 l  形式
 l  主催者、参加者、講演者
 l  目的
 l  開催場所
 l  開催頻度
 l  コンテンツ
 l  創造する価値
 l  課題



                               23
•  創造する価値
 l 知識、形式知、暗黙知、スキル、ネット
    ワーキング、コミュニティ、




                         24
Challenge of a Global Knowledge-Creating Organization

Knowledge needs to move from “Tacit to Explicit” and “Explicit to
Tacit” (Nonaka, Takeuchi)
This is especially hard for Global Companies!

                    Tacit/暗黙知                                                      Tacit	




                                                                                                                Explicit	
         Tacit	




                      Socialization                               Externalization
                      共同化	
                                       表出化	




                                                                                                                Explicit	
         Tacit	




                   Internalization                                   Combination
                   内面化	
                                             連結化	
                     Explicit/形式知                                               Explicit	
         Ø 共同化(Socialization) This process focuses tacit to tacit.
         Ø 表出化(Externalization) This process focuses tacit to explicit. knowledge. 	
         Ø 連結化(Combination) Knowledge transforms from explicit to explicit.	
         Ø 内面化(Internalization) Tacit knowledge is created using explicit knowledge and shared across the organization.
•  課題(参加者視点、開催者視点、講演
   者視点)
•  課題(参加者視点)
 l 難しくて分からない、質問ができない、自
    己紹介が苦手だ、内輪な感じがしてとけ
    込めない、勉強会に行って満足してしま
    う、有名人と名刺交換をして満足、自分が
    できるようになったと勘違いをするが何も
    変わっていない、振返らない、スキルアッ
    プに繋がらない、昨日と同じ明日、


                          27
•  課題(主催者視点)
 l 参加者が集まらない、ドタキャンが多い、
    苦労が多いわりにメリットが少ない、変な
    人が参加する、内容が思った以上につま
    らない、なかなか盛り上がらない、参加者
    が固定化して盛り上がらない、会場が見
    つからない、告知の方法がわからない、
    告知してすぐに満員になってしまった、


                          28
•  課題(発表者視点)
 l 内容が伝わらなかった、フィードバックが
    薄い、質問がでなかった、発表に失敗した、
    盛り上がらなかった、準備が足りなかった、




                           29
•  勉強会ってなんで開催するのだろう?
   なんで参加するのだろう?
   なんで発表するのだろう?
•  勉強会の法則(よしおかの法則)
   勉強会のメリット>開催のコスト
   勉強会のメリット>参加のコスト
   勉強会のメリット>発表のコスト


                       30
•  勉強会パターン
   勉強会の価値を向上させ、コストを下
   げるようなベストプラクティスを共有し
   たい。
 l パターン名、問題点、そのコンテキスト、
    解決方法、アクションなどを簡潔に記した
    もの



                          31
•  勉強会
 l 学びの古くて新しい方法論
 l 共に学びたい
 l 人生を豊かで楽しいものにしたい




                      32
宣伝

•  #DevKan
•  楽天で開催〜〜とぜひつぶやいてくださ
   い。
•  エンジニア募集してます。
   http://corp.rakuten.co.jp/careers/
   engineer/top.html
   http://corp.rakuten.co.jp/careers/
   engineer/hackermind.html


                                        33
Rakuten
Technology
Conference 2013


Oct. 26 (Sat)
         th

More Related Content

Viewers also liked

Hacker centric culture @devlove 110423
Hacker centric culture @devlove 110423Hacker centric culture @devlove 110423
Hacker centric culture @devlove 110423
Hiro Yoshioka
 
Hacker culture at an internet company. 文明塾, 2014/04/23
Hacker culture at an internet company. 文明塾, 2014/04/23Hacker culture at an internet company. 文明塾, 2014/04/23
Hacker culture at an internet company. 文明塾, 2014/04/23
Hiro Yoshioka
 
1000 Speakers Conference in English, on December 6th, 2013
1000 Speakers Conference in English, on December 6th, 20131000 Speakers Conference in English, on December 6th, 2013
1000 Speakers Conference in English, on December 6th, 2013
Hiro Yoshioka
 
kernel code reading party on March 28th, 2014
kernel code reading party on March 28th, 2014kernel code reading party on March 28th, 2014
kernel code reading party on March 28th, 2014
Hiro Yoshioka
 
Anatomy of Lightning Talks at Rakuten Technology Conference 2014, After Confe...
Anatomy of Lightning Talks at Rakuten Technology Conference 2014, After Confe...Anatomy of Lightning Talks at Rakuten Technology Conference 2014, After Confe...
Anatomy of Lightning Talks at Rakuten Technology Conference 2014, After Confe...
Hiro Yoshioka
 
対人関係におけるアルコールの効用
対人関係におけるアルコールの効用対人関係におけるアルコールの効用
対人関係におけるアルコールの効用
Akiko Kosaka
 
Internet and Opensource at Security and Programming camp 2011
Internet and Opensource at Security and Programming camp 2011 Internet and Opensource at Security and Programming camp 2011
Internet and Opensource at Security and Programming camp 2011
Hiro Yoshioka
 
産業技術大学院大学の2014年度enPiT受講生募集中 #qcontokyo #aiit_enpit
産業技術大学院大学の2014年度enPiT受講生募集中 #qcontokyo #aiit_enpit産業技術大学院大学の2014年度enPiT受講生募集中 #qcontokyo #aiit_enpit
産業技術大学院大学の2014年度enPiT受講生募集中 #qcontokyo #aiit_enpit
Miho Nagase
 
20140725 オープンデータ化の価値
20140725 オープンデータ化の価値20140725 オープンデータ化の価値
20140725 オープンデータ化の価値
Tomoaki Watanabe
 
Business Application Development Course at AIIT
Business Application Development Course at AIITBusiness Application Development Course at AIIT
Business Application Development Course at AIIT
Hiro Yoshioka
 
CUI -- How to Analyze History command
CUI -- How to Analyze History commandCUI -- How to Analyze History command
CUI -- How to Analyze History command
Hiro Yoshioka
 
Code Reading at Security and Programming camp 2011
Code Reading at Security and Programming camp 2011 Code Reading at Security and Programming camp 2011
Code Reading at Security and Programming camp 2011
Hiro Yoshioka
 
VCS - Version Control System at Security and Programming camp 2011
VCS - Version Control System at Security and Programming camp 2011 VCS - Version Control System at Security and Programming camp 2011
VCS - Version Control System at Security and Programming camp 2011
Hiro Yoshioka
 
the Histrory of LT and ドラ娘
the Histrory of LT and ドラ娘the Histrory of LT and ドラ娘
the Histrory of LT and ドラ娘
Tetsuji Koyama
 
Using oss and hacker culture at an internet company at osc/tokyo 2014/03/01
Using oss and hacker culture at an internet company at osc/tokyo 2014/03/01Using oss and hacker culture at an internet company at osc/tokyo 2014/03/01
Using oss and hacker culture at an internet company at osc/tokyo 2014/03/01
Hiro Yoshioka
 
楽天の中のわたしと勉強会
楽天の中のわたしと勉強会楽天の中のわたしと勉強会
楽天の中のわたしと勉強会
Rakuten Group, Inc.
 
100th Kernel code reading party
100th Kernel code reading party100th Kernel code reading party
100th Kernel code reading party
Hiro Yoshioka
 
Rakuten Corporate profile
Rakuten Corporate profileRakuten Corporate profile
Rakuten Corporate profile
Hiro Yoshioka
 
ARM 64bit has come!
ARM 64bit has come!ARM 64bit has come!
ARM 64bit has come!
Tetsuyuki Kobayashi
 
Debug Hacks at Security and Programming camp 2011
Debug Hacks at Security and Programming camp 2011 Debug Hacks at Security and Programming camp 2011
Debug Hacks at Security and Programming camp 2011
Hiro Yoshioka
 

Viewers also liked (20)

Hacker centric culture @devlove 110423
Hacker centric culture @devlove 110423Hacker centric culture @devlove 110423
Hacker centric culture @devlove 110423
 
Hacker culture at an internet company. 文明塾, 2014/04/23
Hacker culture at an internet company. 文明塾, 2014/04/23Hacker culture at an internet company. 文明塾, 2014/04/23
Hacker culture at an internet company. 文明塾, 2014/04/23
 
1000 Speakers Conference in English, on December 6th, 2013
1000 Speakers Conference in English, on December 6th, 20131000 Speakers Conference in English, on December 6th, 2013
1000 Speakers Conference in English, on December 6th, 2013
 
kernel code reading party on March 28th, 2014
kernel code reading party on March 28th, 2014kernel code reading party on March 28th, 2014
kernel code reading party on March 28th, 2014
 
Anatomy of Lightning Talks at Rakuten Technology Conference 2014, After Confe...
Anatomy of Lightning Talks at Rakuten Technology Conference 2014, After Confe...Anatomy of Lightning Talks at Rakuten Technology Conference 2014, After Confe...
Anatomy of Lightning Talks at Rakuten Technology Conference 2014, After Confe...
 
対人関係におけるアルコールの効用
対人関係におけるアルコールの効用対人関係におけるアルコールの効用
対人関係におけるアルコールの効用
 
Internet and Opensource at Security and Programming camp 2011
Internet and Opensource at Security and Programming camp 2011 Internet and Opensource at Security and Programming camp 2011
Internet and Opensource at Security and Programming camp 2011
 
産業技術大学院大学の2014年度enPiT受講生募集中 #qcontokyo #aiit_enpit
産業技術大学院大学の2014年度enPiT受講生募集中 #qcontokyo #aiit_enpit産業技術大学院大学の2014年度enPiT受講生募集中 #qcontokyo #aiit_enpit
産業技術大学院大学の2014年度enPiT受講生募集中 #qcontokyo #aiit_enpit
 
20140725 オープンデータ化の価値
20140725 オープンデータ化の価値20140725 オープンデータ化の価値
20140725 オープンデータ化の価値
 
Business Application Development Course at AIIT
Business Application Development Course at AIITBusiness Application Development Course at AIIT
Business Application Development Course at AIIT
 
CUI -- How to Analyze History command
CUI -- How to Analyze History commandCUI -- How to Analyze History command
CUI -- How to Analyze History command
 
Code Reading at Security and Programming camp 2011
Code Reading at Security and Programming camp 2011 Code Reading at Security and Programming camp 2011
Code Reading at Security and Programming camp 2011
 
VCS - Version Control System at Security and Programming camp 2011
VCS - Version Control System at Security and Programming camp 2011 VCS - Version Control System at Security and Programming camp 2011
VCS - Version Control System at Security and Programming camp 2011
 
the Histrory of LT and ドラ娘
the Histrory of LT and ドラ娘the Histrory of LT and ドラ娘
the Histrory of LT and ドラ娘
 
Using oss and hacker culture at an internet company at osc/tokyo 2014/03/01
Using oss and hacker culture at an internet company at osc/tokyo 2014/03/01Using oss and hacker culture at an internet company at osc/tokyo 2014/03/01
Using oss and hacker culture at an internet company at osc/tokyo 2014/03/01
 
楽天の中のわたしと勉強会
楽天の中のわたしと勉強会楽天の中のわたしと勉強会
楽天の中のわたしと勉強会
 
100th Kernel code reading party
100th Kernel code reading party100th Kernel code reading party
100th Kernel code reading party
 
Rakuten Corporate profile
Rakuten Corporate profileRakuten Corporate profile
Rakuten Corporate profile
 
ARM 64bit has come!
ARM 64bit has come!ARM 64bit has come!
ARM 64bit has come!
 
Debug Hacks at Security and Programming camp 2011
Debug Hacks at Security and Programming camp 2011 Debug Hacks at Security and Programming camp 2011
Debug Hacks at Security and Programming camp 2011
 

Similar to 勉強会勉強会、DevLOVE関西

社内Twitter研究会、by 勉強会同好会 110426
社内Twitter研究会、by 勉強会同好会 110426社内Twitter研究会、by 勉強会同好会 110426
社内Twitter研究会、by 勉強会同好会 110426
Hiro Yoshioka
 
ハッカー中心の企業文化を日本で根付かせるには。TechLION vol.5 12/14/2011
ハッカー中心の企業文化を日本で根付かせるには。TechLION vol.5 12/14/2011ハッカー中心の企業文化を日本で根付かせるには。TechLION vol.5 12/14/2011
ハッカー中心の企業文化を日本で根付かせるには。TechLION vol.5 12/14/2011
Hiro Yoshioka
 
勉強会カンファレンス2011、企業と勉強会
勉強会カンファレンス2011、企業と勉強会勉強会カンファレンス2011、企業と勉強会
勉強会カンファレンス2011、企業と勉強会
Hiro Yoshioka
 
Building Hacker Centric Culture in Japan
Building Hacker Centric Culture in JapanBuilding Hacker Centric Culture in Japan
Building Hacker Centric Culture in Japan
Hiro Yoshioka
 
[18-A-1] ハッカー中心の企業文化を日本で根付かせる
[18-A-1] ハッカー中心の企業文化を日本で根付かせる[18-A-1] ハッカー中心の企業文化を日本で根付かせる
[18-A-1] ハッカー中心の企業文化を日本で根付かせる
Hiro Yoshioka
 
勉強会カンファレンス2012
勉強会カンファレンス2012勉強会カンファレンス2012
勉強会カンファレンス2012
Hiro Yoshioka
 
Opensource and Value creation by community
Opensource and Value  creation by community Opensource and Value  creation by community
Opensource and Value creation by community
Hiro Yoshioka
 
2012-I 3E+1 アイディアプランコンテスト ver.1.0
2012-I 3E+1 アイディアプランコンテスト ver.1.02012-I 3E+1 アイディアプランコンテスト ver.1.0
2012-I 3E+1 アイディアプランコンテスト ver.1.0
10
 
「登壇しているひとは偉い」という話
「登壇しているひとは偉い」という話「登壇しているひとは偉い」という話
「登壇しているひとは偉い」という話
Shohei Okada
 
アジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップ
アジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップアジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップ
アジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップ
You&I
 
Jasa近畿セミナー「未来を描く4つの魔法」 20121024 maekawa
Jasa近畿セミナー「未来を描く4つの魔法」 20121024 maekawaJasa近畿セミナー「未来を描く4つの魔法」 20121024 maekawa
Jasa近畿セミナー「未来を描く4つの魔法」 20121024 maekawa
Naoya Maekawa
 
ITコミュニティに関する自由研究
ITコミュニティに関する自由研究ITコミュニティに関する自由研究
ITコミュニティに関する自由研究
NISHIHARA Shota
 
社内勉強会開催の足跡
社内勉強会開催の足跡社内勉強会開催の足跡
社内勉強会開催の足跡
Ruketa
 
ワイガヤ研修資料
ワイガヤ研修資料ワイガヤ研修資料
ワイガヤ研修資料
manglobe
 
ワイガヤ研修資料hp用
ワイガヤ研修資料hp用ワイガヤ研修資料hp用
ワイガヤ研修資料hp用
Kei Harada
 
【schoo WEB-campus】なぜ、組織にデザインは必要なのか? 先生:菊池宏子
【schoo WEB-campus】なぜ、組織にデザインは必要なのか? 先生:菊池宏子【schoo WEB-campus】なぜ、組織にデザインは必要なのか? 先生:菊池宏子
【schoo WEB-campus】なぜ、組織にデザインは必要なのか? 先生:菊池宏子
webcampusschoo
 
10年にわたり地方ITコミュニティに関わって見えたこと
10年にわたり地方ITコミュニティに関わって見えたこと10年にわたり地方ITコミュニティに関わって見えたこと
10年にわたり地方ITコミュニティに関わって見えたこと
NISHIHARA Shota
 
n次請けSIerでもできること
n次請けSIerでもできることn次請けSIerでもできること
n次請けSIerでもできること
陽一 滝川
 

Similar to 勉強会勉強会、DevLOVE関西 (20)

社内Twitter研究会、by 勉強会同好会 110426
社内Twitter研究会、by 勉強会同好会 110426社内Twitter研究会、by 勉強会同好会 110426
社内Twitter研究会、by 勉強会同好会 110426
 
ハッカー中心の企業文化を日本で根付かせるには。TechLION vol.5 12/14/2011
ハッカー中心の企業文化を日本で根付かせるには。TechLION vol.5 12/14/2011ハッカー中心の企業文化を日本で根付かせるには。TechLION vol.5 12/14/2011
ハッカー中心の企業文化を日本で根付かせるには。TechLION vol.5 12/14/2011
 
勉強会カンファレンス2011、企業と勉強会
勉強会カンファレンス2011、企業と勉強会勉強会カンファレンス2011、企業と勉強会
勉強会カンファレンス2011、企業と勉強会
 
Building Hacker Centric Culture in Japan
Building Hacker Centric Culture in JapanBuilding Hacker Centric Culture in Japan
Building Hacker Centric Culture in Japan
 
[18-A-1] ハッカー中心の企業文化を日本で根付かせる
[18-A-1] ハッカー中心の企業文化を日本で根付かせる[18-A-1] ハッカー中心の企業文化を日本で根付かせる
[18-A-1] ハッカー中心の企業文化を日本で根付かせる
 
勉強会カンファレンス2012
勉強会カンファレンス2012勉強会カンファレンス2012
勉強会カンファレンス2012
 
Opensource and Value creation by community
Opensource and Value  creation by community Opensource and Value  creation by community
Opensource and Value creation by community
 
2012-I 3E+1 アイディアプランコンテスト ver.1.0
2012-I 3E+1 アイディアプランコンテスト ver.1.02012-I 3E+1 アイディアプランコンテスト ver.1.0
2012-I 3E+1 アイディアプランコンテスト ver.1.0
 
「登壇しているひとは偉い」という話
「登壇しているひとは偉い」という話「登壇しているひとは偉い」という話
「登壇しているひとは偉い」という話
 
アジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップ
アジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップアジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップ
アジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップ
 
Jasa近畿セミナー「未来を描く4つの魔法」 20121024 maekawa
Jasa近畿セミナー「未来を描く4つの魔法」 20121024 maekawaJasa近畿セミナー「未来を描く4つの魔法」 20121024 maekawa
Jasa近畿セミナー「未来を描く4つの魔法」 20121024 maekawa
 
ITコミュニティに関する自由研究
ITコミュニティに関する自由研究ITコミュニティに関する自由研究
ITコミュニティに関する自由研究
 
千歳の科学教育を考える(抜粋)
千歳の科学教育を考える(抜粋)千歳の科学教育を考える(抜粋)
千歳の科学教育を考える(抜粋)
 
Semi 2011 1-7_reminder
Semi 2011 1-7_reminderSemi 2011 1-7_reminder
Semi 2011 1-7_reminder
 
社内勉強会開催の足跡
社内勉強会開催の足跡社内勉強会開催の足跡
社内勉強会開催の足跡
 
ワイガヤ研修資料
ワイガヤ研修資料ワイガヤ研修資料
ワイガヤ研修資料
 
ワイガヤ研修資料hp用
ワイガヤ研修資料hp用ワイガヤ研修資料hp用
ワイガヤ研修資料hp用
 
【schoo WEB-campus】なぜ、組織にデザインは必要なのか? 先生:菊池宏子
【schoo WEB-campus】なぜ、組織にデザインは必要なのか? 先生:菊池宏子【schoo WEB-campus】なぜ、組織にデザインは必要なのか? 先生:菊池宏子
【schoo WEB-campus】なぜ、組織にデザインは必要なのか? 先生:菊池宏子
 
10年にわたり地方ITコミュニティに関わって見えたこと
10年にわたり地方ITコミュニティに関わって見えたこと10年にわたり地方ITコミュニティに関わって見えたこと
10年にわたり地方ITコミュニティに関わって見えたこと
 
n次請けSIerでもできること
n次請けSIerでもできることn次請けSIerでもできること
n次請けSIerでもできること
 

More from Hiro Yoshioka

Infra study 2nd #1 人生100年時代の学び方,定年後の大学院生活
Infra study 2nd #1 人生100年時代の学び方,定年後の大学院生活Infra study 2nd #1 人生100年時代の学び方,定年後の大学院生活
Infra study 2nd #1 人生100年時代の学び方,定年後の大学院生活
Hiro Yoshioka
 
Infra study 2nd #1「インフラ技術者・研究者としてのキャリア」
Infra study 2nd #1「インフラ技術者・研究者としてのキャリア」Infra study 2nd #1「インフラ技術者・研究者としてのキャリア」
Infra study 2nd #1「インフラ技術者・研究者としてのキャリア」
Hiro Yoshioka
 
不揮発性メモリ(NVM)とはなにか
不揮発性メモリ(NVM)とはなにか不揮発性メモリ(NVM)とはなにか
不揮発性メモリ(NVM)とはなにか
Hiro Yoshioka
 
続・人生100年時代の学び方
続・人生100年時代の学び方続・人生100年時代の学び方
続・人生100年時代の学び方
Hiro Yoshioka
 
人生100年時代における学び方 定年後の学生生活
人生100年時代における学び方 定年後の学生生活人生100年時代における学び方 定年後の学生生活
人生100年時代における学び方 定年後の学生生活
Hiro Yoshioka
 
Thesis introduction "RECIPE : Converting Concurrent DRAM Indexes to Persisten...
Thesis introduction "RECIPE : Converting Concurrent DRAM Indexes to Persisten...Thesis introduction "RECIPE : Converting Concurrent DRAM Indexes to Persisten...
Thesis introduction "RECIPE : Converting Concurrent DRAM Indexes to Persisten...
Hiro Yoshioka
 
人生100年時代の学び方、脳には可塑性がある
人生100年時代の学び方、脳には可塑性がある人生100年時代の学び方、脳には可塑性がある
人生100年時代の学び方、脳には可塑性がある
Hiro Yoshioka
 
エンジニア人生と定年退職、人生100年時代のエンジニアの生き方、「私のような仕事につく方法」、2019/06/23 DevLOVE X Day 1 D-7
エンジニア人生と定年退職、人生100年時代のエンジニアの生き方、「私のような仕事につく方法」、2019/06/23 DevLOVE X Day 1 D-7エンジニア人生と定年退職、人生100年時代のエンジニアの生き方、「私のような仕事につく方法」、2019/06/23 DevLOVE X Day 1 D-7
エンジニア人生と定年退職、人生100年時代のエンジニアの生き方、「私のような仕事につく方法」、2019/06/23 DevLOVE X Day 1 D-7
Hiro Yoshioka
 
OSSとの付き合い方。OSSから学んだこと。OSS貢献者賞受賞講演
OSSとの付き合い方。OSSから学んだこと。OSS貢献者賞受賞講演OSSとの付き合い方。OSSから学んだこと。OSS貢献者賞受賞講演
OSSとの付き合い方。OSSから学んだこと。OSS貢献者賞受賞講演
Hiro Yoshioka
 
エンジニア人生と定年退職、人生100年時代のエンジニアの生き方、デブサミ 2019 【15-A-8】
エンジニア人生と定年退職、人生100年時代のエンジニアの生き方、デブサミ 2019 【15-A-8】エンジニア人生と定年退職、人生100年時代のエンジニアの生き方、デブサミ 2019 【15-A-8】
エンジニア人生と定年退職、人生100年時代のエンジニアの生き方、デブサミ 2019 【15-A-8】
Hiro Yoshioka
 
未経験プログラマがコボルコンパイラを作った話 #compiler_study
未経験プログラマがコボルコンパイラを作った話 #compiler_study未経験プログラマがコボルコンパイラを作った話 #compiler_study
未経験プログラマがコボルコンパイラを作った話 #compiler_study
Hiro Yoshioka
 
Godel, Escher, Bach: an Eternal Golden Braid, reading club, Chapter 12
Godel, Escher, Bach: an Eternal Golden Braid, reading club, Chapter 12Godel, Escher, Bach: an Eternal Golden Braid, reading club, Chapter 12
Godel, Escher, Bach: an Eternal Golden Braid, reading club, Chapter 12
Hiro Yoshioka
 
海外から見た東京 〜人生100年時代の働き方〜 #efsta56
海外から見た東京 〜人生100年時代の働き方〜 #efsta56海外から見た東京 〜人生100年時代の働き方〜 #efsta56
海外から見た東京 〜人生100年時代の働き方〜 #efsta56
Hiro Yoshioka
 
理科系の作文技術
理科系の作文技術理科系の作文技術
理科系の作文技術
Hiro Yoshioka
 
Agile Software Development advanced course (PBL) at AIIT, 2015
Agile Software Development advanced course (PBL) at AIIT, 2015Agile Software Development advanced course (PBL) at AIIT, 2015
Agile Software Development advanced course (PBL) at AIIT, 2015
Hiro Yoshioka
 
質問される力 #TechGirls
質問される力 #TechGirls質問される力 #TechGirls
質問される力 #TechGirls
Hiro Yoshioka
 
Oracle vs Google API 著作権裁判を考える
Oracle vs Google API 著作権裁判を考えるOracle vs Google API 著作権裁判を考える
Oracle vs Google API 著作権裁判を考える
Hiro Yoshioka
 
Using oss at an internet company and hacker culture
Using oss at an internet company and hacker cultureUsing oss at an internet company and hacker culture
Using oss at an internet company and hacker culture
Hiro Yoshioka
 
Be Hacker
Be HackerBe Hacker
Be Hacker
Hiro Yoshioka
 
IT勉強会 Anatomy of IT Study groups, seminars, conferences in Japan
IT勉強会 Anatomy of IT Study groups, seminars, conferences in JapanIT勉強会 Anatomy of IT Study groups, seminars, conferences in Japan
IT勉強会 Anatomy of IT Study groups, seminars, conferences in Japan
Hiro Yoshioka
 

More from Hiro Yoshioka (20)

Infra study 2nd #1 人生100年時代の学び方,定年後の大学院生活
Infra study 2nd #1 人生100年時代の学び方,定年後の大学院生活Infra study 2nd #1 人生100年時代の学び方,定年後の大学院生活
Infra study 2nd #1 人生100年時代の学び方,定年後の大学院生活
 
Infra study 2nd #1「インフラ技術者・研究者としてのキャリア」
Infra study 2nd #1「インフラ技術者・研究者としてのキャリア」Infra study 2nd #1「インフラ技術者・研究者としてのキャリア」
Infra study 2nd #1「インフラ技術者・研究者としてのキャリア」
 
不揮発性メモリ(NVM)とはなにか
不揮発性メモリ(NVM)とはなにか不揮発性メモリ(NVM)とはなにか
不揮発性メモリ(NVM)とはなにか
 
続・人生100年時代の学び方
続・人生100年時代の学び方続・人生100年時代の学び方
続・人生100年時代の学び方
 
人生100年時代における学び方 定年後の学生生活
人生100年時代における学び方 定年後の学生生活人生100年時代における学び方 定年後の学生生活
人生100年時代における学び方 定年後の学生生活
 
Thesis introduction "RECIPE : Converting Concurrent DRAM Indexes to Persisten...
Thesis introduction "RECIPE : Converting Concurrent DRAM Indexes to Persisten...Thesis introduction "RECIPE : Converting Concurrent DRAM Indexes to Persisten...
Thesis introduction "RECIPE : Converting Concurrent DRAM Indexes to Persisten...
 
人生100年時代の学び方、脳には可塑性がある
人生100年時代の学び方、脳には可塑性がある人生100年時代の学び方、脳には可塑性がある
人生100年時代の学び方、脳には可塑性がある
 
エンジニア人生と定年退職、人生100年時代のエンジニアの生き方、「私のような仕事につく方法」、2019/06/23 DevLOVE X Day 1 D-7
エンジニア人生と定年退職、人生100年時代のエンジニアの生き方、「私のような仕事につく方法」、2019/06/23 DevLOVE X Day 1 D-7エンジニア人生と定年退職、人生100年時代のエンジニアの生き方、「私のような仕事につく方法」、2019/06/23 DevLOVE X Day 1 D-7
エンジニア人生と定年退職、人生100年時代のエンジニアの生き方、「私のような仕事につく方法」、2019/06/23 DevLOVE X Day 1 D-7
 
OSSとの付き合い方。OSSから学んだこと。OSS貢献者賞受賞講演
OSSとの付き合い方。OSSから学んだこと。OSS貢献者賞受賞講演OSSとの付き合い方。OSSから学んだこと。OSS貢献者賞受賞講演
OSSとの付き合い方。OSSから学んだこと。OSS貢献者賞受賞講演
 
エンジニア人生と定年退職、人生100年時代のエンジニアの生き方、デブサミ 2019 【15-A-8】
エンジニア人生と定年退職、人生100年時代のエンジニアの生き方、デブサミ 2019 【15-A-8】エンジニア人生と定年退職、人生100年時代のエンジニアの生き方、デブサミ 2019 【15-A-8】
エンジニア人生と定年退職、人生100年時代のエンジニアの生き方、デブサミ 2019 【15-A-8】
 
未経験プログラマがコボルコンパイラを作った話 #compiler_study
未経験プログラマがコボルコンパイラを作った話 #compiler_study未経験プログラマがコボルコンパイラを作った話 #compiler_study
未経験プログラマがコボルコンパイラを作った話 #compiler_study
 
Godel, Escher, Bach: an Eternal Golden Braid, reading club, Chapter 12
Godel, Escher, Bach: an Eternal Golden Braid, reading club, Chapter 12Godel, Escher, Bach: an Eternal Golden Braid, reading club, Chapter 12
Godel, Escher, Bach: an Eternal Golden Braid, reading club, Chapter 12
 
海外から見た東京 〜人生100年時代の働き方〜 #efsta56
海外から見た東京 〜人生100年時代の働き方〜 #efsta56海外から見た東京 〜人生100年時代の働き方〜 #efsta56
海外から見た東京 〜人生100年時代の働き方〜 #efsta56
 
理科系の作文技術
理科系の作文技術理科系の作文技術
理科系の作文技術
 
Agile Software Development advanced course (PBL) at AIIT, 2015
Agile Software Development advanced course (PBL) at AIIT, 2015Agile Software Development advanced course (PBL) at AIIT, 2015
Agile Software Development advanced course (PBL) at AIIT, 2015
 
質問される力 #TechGirls
質問される力 #TechGirls質問される力 #TechGirls
質問される力 #TechGirls
 
Oracle vs Google API 著作権裁判を考える
Oracle vs Google API 著作権裁判を考えるOracle vs Google API 著作権裁判を考える
Oracle vs Google API 著作権裁判を考える
 
Using oss at an internet company and hacker culture
Using oss at an internet company and hacker cultureUsing oss at an internet company and hacker culture
Using oss at an internet company and hacker culture
 
Be Hacker
Be HackerBe Hacker
Be Hacker
 
IT勉強会 Anatomy of IT Study groups, seminars, conferences in Japan
IT勉強会 Anatomy of IT Study groups, seminars, conferences in JapanIT勉強会 Anatomy of IT Study groups, seminars, conferences in Japan
IT勉強会 Anatomy of IT Study groups, seminars, conferences in Japan
 

Recently uploaded

論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
Toru Tamaki
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
shogotaguchi
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo Lab
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
たけおか しょうぞう
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
TsuyoshiSaito7
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Natsutani Minoru
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
Takuya Minagawa
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
Sony - Neural Network Libraries
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
Hironori Washizaki
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
TsuyoshiSaito7
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 

Recently uploaded (14)

論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
 

勉強会勉強会、DevLOVE関西