SlideShare a Scribd company logo
1 of 51
シラサギ動作環境の構築
自己紹介
名前:伊藤悠
所属:株式会社ウェブチップス 開発担当
徳島でOSS「シラサギ」の開発をおこなっています
株式会社ウェブチップス
・徳島の会社
・主に自治体向けWebサイト、Webシステムの導入、開発
・OSSシラサギの開発
・OSSシラサギのサポートサービス、クラウドサービス
公共サイト導入実績1
徳島県北島町
2014年10月1日公開
とくしま はぐくみネット
2014年12月19日公開
宮崎県宮崎市
2015年3月18日公開
岐阜県土岐市
2015年3月23日公開
公共サイト導入実績2
Tokushima Free Wi-Fi
2015年3月23日公開 Our Open Data
2015年4月27日公開
すだちくんメール
2015年11月4日公開
住んでみんで徳島で!
2015年12月24日プレ公開
公共サイト導入事例3
すだちくんメール
2015年11月4日公開
ジョブナビとくしま
2016年4月1日公開
岩手県大槌町ポータル
2016年4月1日公開
長野県原村
2016年4月18日公開
シラサギとは
・中大規模サイト向けCMS
・Webアプリケーション開発プラットフォーム
・MITライセンスのOSS(みんなで育てるOSS)
シラサギCMSの特徴をいくつか
マルチテナントで複数サイトを管理
1つのシステムでドメインの異なる複数のサイトの管理
が行えます。
静的HTML書き出しに対応
静的HTMLの書き出しに対応しているので、サイトの表
示が高速です。
HTML
HTML
HTML
細かな権限設定が可能
ユーザーごとに編集可能なコンテンツの範囲や、権限、
承認設定が可能です。
Webアプリ開発プラットフォーム
コアの設計はSNSになっており、開発プラットフォームとして利用できます
フレームワーク
・Ruby on Rails
・MongoDB
アプリケーション
・CMS
・グループウェア
・ウェブメール
シラサギの機能を試してみた
い・・・
オンラインデモ
“シラサギ オンラインデモ” で検索
http://www.ss-proj.org/download/demo.html
最新バージョン v1.6.0 を確認できます
• CMS
• 自治体サンプル
• 企業サンプル
• 子育てサンプル
• オープンデータサンプル
• LPサイトサンプル
• グループウェア
• ウェブメール
手元のPCにシラサギをインストール
して試してみたい・・・
インストール方法は3つ
①インストーラで導入
②Vagrantを導入
VirtualBox上にOSを準備し・・・
③手動でインストール
インストール方法は3つ
①インストーラで導入
②Vagrantを導入
VirtualBox上にOSを準備し・・・
③手動でインストール まずはこの方法でセット
アップしてみます。
その前に・・・
インストーラに関する情報
SHIRASAGI GitHub
https://github.com/shirasagi/shirasagi
VagrantBox関する情報
SHIRASAGI Vagrant
https://github.com/shirasagi/ss-vagrant
対象 バージョンなど
OS CentOS 6,7 64bit or Ubuntu Server 16.04LTS
Webサーバ
アプリケーションサーバ
nginx or Apache
+
Unicorn
DBシステム MongoDB 3.4
Ruby 2.4.2
Ruby on Rails 4.2.9
シラサギの動作環境
常に最新のバージョンに対応させています。
インストールしてみましょう
手元に CentOS7 minimal を用意しました
$ su –
# systemctl stop firewalld
# systemctl disable firewalld
$ su –
# setenforce 0
# vi /etc/sysconfig/selinux
-----------------
SELINUX=disabled
-----------------
# reboot
まずは firewalld と selinux を適宜設定 ※今回は無効
パッケージのダウンロード
$ su –
# yum -y install wget git ImageMagick ImageMagick-devel
MongoDBのインストール
# vi /etc/yum.repos.d/mongodb-org-3.4.repo
[mongodb-org-3.4]
name=MongoDB Repository
baseurl=https://repo.mongodb.org/yum/redhat/$releasever/mongodb-org/3.4/x86_64/
gpgcheck=0
enabled=0
# yum install -y --enablerepo=mongodb-org-3.4 mongodb-org
# systemctl start mongod
# systemctl enable mongod
Ruby(RVM)のインストール
# curl -sSL https://rvm.io/mpapis.asc | gpg2 --import -
# curl -sSL https://get.rvm.io | sudo bash -s stable
# source /etc/profile
# rvm install 2.4.2
# rvm use 2.4.2 --default
# gem install bundler
SHIRASAGIのインストール
# git clone -b stable --depth 1 https://github.com/shirasagi/shirasagi →続く
続き→ /var/www/shirasagi
# cd /var/www/shirasagi
# cp -n config/samples/*.{yml,rb} config/
# bundle install --without development test
# rake unicorn:start
SHIRASAGI のダウンロード (stable)
設定ファイルの設置と gem のインストール
Web サーバの起動
サイトの作成
データベース(インデックス)の作成
# rake db:drop
# rake db:create_indexes
新規サイトの追加
サンプルデータ (自治体サンプル) の投入
# rake db:seed name=demo site=www
$ rake ss:create_site data=‘{ name: “サイト名”, host: “www”, →続く
続き→ domains: “(サーバIP):3000" }'
その他サンプルデータ
a)自治体サンプル
name=demo
b)企業サンプル
name=company
c)子育て支援サンプル
name=childcare
d)オープンデータサンプル
name=opendata
e)LPサイトサンプル
name=lp
f)グループウェア
name=gws
# rake db:seed name=xxxx site=www
サイトの確認
管理画面
公開画面
http://(サーバIP):3000/.mypage にアクセスするとログイン画面が表示されます。
サイト名のリンクをクリックすると、登録したデモデータを確認・編集することができます。
[ ユーザーID: admin , パスワード: pass ]
http:// (サーバIP) :3000/ にアクセスすると登録したデモサイトが表示されます。
環境構築に関する情報
SHIRASAGI開発マニュアル
https://shirasagi.github.io/
SHIRASAGI公式
http://www.ss-proj.org/
環境構築に関する情報
Facebook シラサギ開発コミュニティ
https://www.facebook.com/groups/ssproj/
シラサギの質問など受け付
けています
※毎月第一、第三金曜日
ウェブチップスにて
シラサギ勉強会開催中!
さくらクラウドスタートアップ
さくらクラウドでシラサギのスタートアップスクリプトが利用できます。
詳細な資料は [シラサギハンズオン in 大阪](http://www.ss-proj.org/news/473.html)
⇒20170803_シラサギハンズオン_さくらのクラウド.pdf (PDF 12.2MB)
さくらクラウドのコントロールパネル
スタートアップスクリプトとして
install.sh を実行可
VagrantBox の利用方法について紹介
します
Vagrant とは
• 仮想マシンをコマンドや定義ファイルを使って簡単に構築できるツールです
• ローカルの VirtualBox (VMWare)上に仮想マシンを構築できます
• [Vagrant](https://www.vagrantup.com/) より windows, mac 用のインス
トーラーを入手できます
Vagrant とは
• 仮想マシンをコマンドや定義ファイルを使って簡単に構築できるツールです
• ローカルの VirtualBox (VMWare)上に仮想マシンを構築できます
• [Vagrant](https://www.vagrantup.com/) より windows, mac 用のインス
トーラーを入手できます
• 必要なファイルは二つ
• Vagrant Box というテンプレートを読み込むことで、仮想マシンを構築
• vagrantfile という設定ファイルをローカルに作成し環境を立ち上げる
SHIRASAGI Vagrant Box
https://github.com/shirasagi/ss-vagrant
SHIRASAGI の Vagrant Boxファイルを配布しています
⇒ https://github.com/shirasagi/ss-vagrant/releases
v1.6.0 の ss-vagrant-virtualbox-x86_64.box
SHIRASAGI vagrantfile
Vagrant.configure(2) do |config|
config.vm.box = "ss-vagrant-v1.6.0"
config.vm.box_url = "https://github.com/shirasagi/ss-
vagrant/releases/download/v1.6.0/ss-vagrant-virtualbox-x86_64.box"
config.vm.network :forwarded_port, guest: 3000, host: 3000
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.11"
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.12"
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.13"
config.vm.provider :virtualbox do |vb|
# see: http://blog.shibayu36.org/entry/2013/08/12/090545
# IPv6 と DNS でのネットワーク遅延対策で追記
vb.customize ["modifyvm", :id, "--natdnsproxy1", "off"]
vb.customize ["modifyvm", :id, "--natdnshostresolver1", "off"]
end
end
SHIRASAGI vagrantfile
Vagrant.configure(2) do |config|
config.vm.box = "ss-vagrant-v1.6.0"
config.vm.box_url = "https://github.com/shirasagi/ss-
vagrant/releases/download/v1.6.0/ss-vagrant-virtualbox-x86_64.box"
config.vm.network :forwarded_port, guest: 3000, host: 3000
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.11"
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.12"
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.13"
config.vm.provider :virtualbox do |vb|
# see: http://blog.shibayu36.org/entry/2013/08/12/090545
# IPv6 と DNS でのネットワーク遅延対策で追記
vb.customize ["modifyvm", :id, "--natdnsproxy1", "off"]
vb.customize ["modifyvm", :id, "--natdnshostresolver1", "off"]
end
end
SHIRASAGI vagrantfile
Vagrant.configure(2) do |config|
config.vm.box = "ss-vagrant-v1.6.0"
config.vm.box_url = "https://github.com/shirasagi/ss-
vagrant/releases/download/v1.6.0/ss-vagrant-virtualbox-x86_64.box"
config.vm.network :forwarded_port, guest: 3000, host: 3000
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.11"
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.12"
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.13"
config.vm.provider :virtualbox do |vb|
# see: http://blog.shibayu36.org/entry/2013/08/12/090545
# IPv6 と DNS でのネットワーク遅延対策で追記
vb.customize ["modifyvm", :id, "--natdnsproxy1", "off"]
vb.customize ["modifyvm", :id, "--natdnshostresolver1", "off"]
end
end
SHIRASAGI vagrantfile
Vagrant.configure(2) do |config|
config.vm.box = "ss-vagrant-v1.6.0"
config.vm.box_url = "https://github.com/shirasagi/ss-
vagrant/releases/download/v1.6.0/ss-vagrant-virtualbox-x86_64.box"
config.vm.network :forwarded_port, guest: 3000, host: 3000
config.vm.network “private_network”, ip: “192.168.33.10"
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.11"
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.12"
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.13"
config.vm.provider :virtualbox do |vb|
# see: http://blog.shibayu36.org/entry/2013/08/12/090545
# IPv6 と DNS でのネットワーク遅延対策で追記
vb.customize ["modifyvm", :id, "--natdnsproxy1", "off"]
vb.customize ["modifyvm", :id, "--natdnshostresolver1", "off"]
end
end
http://localhost:3000/ 自治体サンプル
http://192.168.33.10:3000/ 企業サンプル
http://192.168.33.11:3000/ 子育て支援サンプル
http://192.168.33.12:3000/ オープンデータサンプル
http://192.168.33.13:3000/ LPサンプル
windows での簡単な利用方法
Vagrant のインストール
公式サイトより windows版インストーラーをダウンロードし、インストールします
https://www.vagrantup.com/downloads.html
コマンドプロンプト から vagrant コマンドを確認
コマンドが見つからない場合は環境変数を設定してください
Path C:HashiCorpVagrantbin
適当なフォルダに vagrantfile を作成
C:vgssvagrantfile
テキストエディタで下記のシラサギ vagrantfile をコピーし保存する
Vagrant.configure(2) do |config|
config.vm.box = "ss-vagrant-v1.6.0"
config.vm.box_url = "https://github.com/shirasagi/ss-vagrant/releases/download/v1.6.0/ss-vagrant-
virtualbox-x86_64.box"
config.vm.network :forwarded_port, guest: 3000, host: 3000
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.11"
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.12"
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.13"
config.vm.provider :virtualbox do |vb|
# see: http://blog.shibayu36.org/entry/2013/08/12/090545
# IPv6 と DNS でのネットワーク遅延対策で追記
vb.customize ["modifyvm", :id, "--natdnsproxy1", "off"]
vb.customize ["modifyvm", :id, "--natdnshostresolver1", "off"]
end
end
コマンドプロンプト から vagrant up
cd C:vgssvagrantfile
> vagrant up
初回起動時はしばらく待ちます…
host: 192.168.33.10
port: 22
user: vagrant
password: vagrant
正常終了したら仮想マシンに ssh ログインできます
シラサギ立ち上げ
$ cd $HOME/shirasagi
$ bundle exec rake unicorn:start
仮想マシンに ssh ログインし unicorn を起動
http://localhost:3000/ にアクセスすると自治体サンプルサイトが表示されます
管理画面 http://localhost:3000/.mypage
自治体サンプル http://localhost:3000/
企業サンプル http://192.168.33.10:3000/
オープンデータサンプル http://192.168.33.12:3000/
LPサンプル http://192.168.33.13:3000/
他、余談など
複数サーバ構成
複数サーバ構成
ご清聴ありがとうございました。

More Related Content

What's hot

Android起動周りのノウハウ
Android起動周りのノウハウAndroid起動周りのノウハウ
Android起動周りのノウハウ
chancelab
 
OpenStack勉強会
OpenStack勉強会OpenStack勉強会
OpenStack勉強会
Yuki Obara
 

What's hot (20)

Android enterpriseで実現できる端末管理の世界
Android enterpriseで実現できる端末管理の世界Android enterpriseで実現できる端末管理の世界
Android enterpriseで実現できる端末管理の世界
 
Ansible ではじめるインフラのコード化入門
Ansible ではじめるインフラのコード化入門Ansible ではじめるインフラのコード化入門
Ansible ではじめるインフラのコード化入門
 
最近のやられアプリを試してみた
最近のやられアプリを試してみた最近のやられアプリを試してみた
最近のやられアプリを試してみた
 
Nmapの真実
Nmapの真実Nmapの真実
Nmapの真実
 
Keycloak拡張入門
Keycloak拡張入門Keycloak拡張入門
Keycloak拡張入門
 
Pod Security AdmissionによるKubernetesのポリシー制御(Kubernetes Novice Tokyo #21 発表資料)
Pod Security AdmissionによるKubernetesのポリシー制御(Kubernetes Novice Tokyo #21 発表資料)Pod Security AdmissionによるKubernetesのポリシー制御(Kubernetes Novice Tokyo #21 発表資料)
Pod Security AdmissionによるKubernetesのポリシー制御(Kubernetes Novice Tokyo #21 発表資料)
 
Android起動周りのノウハウ
Android起動周りのノウハウAndroid起動周りのノウハウ
Android起動周りのノウハウ
 
YoctoをつかったDistroの作り方とハマり方
YoctoをつかったDistroの作り方とハマり方YoctoをつかったDistroの作り方とハマり方
YoctoをつかったDistroの作り方とハマり方
 
AWSとオンプレミスを繋ぐときに知っておきたいルーティングの基礎知識(CCSI監修!)
AWSとオンプレミスを繋ぐときに知っておきたいルーティングの基礎知識(CCSI監修!)AWSとオンプレミスを繋ぐときに知っておきたいルーティングの基礎知識(CCSI監修!)
AWSとオンプレミスを繋ぐときに知っておきたいルーティングの基礎知識(CCSI監修!)
 
Cisco Modeling Labs (CML)を使ってネットワークを学ぼう!(基礎編)配布用
Cisco Modeling Labs (CML)を使ってネットワークを学ぼう!(基礎編)配布用Cisco Modeling Labs (CML)を使ってネットワークを学ぼう!(基礎編)配布用
Cisco Modeling Labs (CML)を使ってネットワークを学ぼう!(基礎編)配布用
 
PFN のオンプレML基盤の取り組み / オンプレML基盤 on Kubernetes 〜PFN、ヤフー〜
PFN のオンプレML基盤の取り組み / オンプレML基盤 on Kubernetes 〜PFN、ヤフー〜PFN のオンプレML基盤の取り組み / オンプレML基盤 on Kubernetes 〜PFN、ヤフー〜
PFN のオンプレML基盤の取り組み / オンプレML基盤 on Kubernetes 〜PFN、ヤフー〜
 
今Serverlessが面白いわけ
今Serverlessが面白いわけ今Serverlessが面白いわけ
今Serverlessが面白いわけ
 
DeviceOwnerのお話
DeviceOwnerのお話DeviceOwnerのお話
DeviceOwnerのお話
 
ゼロからはじめるKVM超入門
ゼロからはじめるKVM超入門ゼロからはじめるKVM超入門
ゼロからはじめるKVM超入門
 
入社1年目のプログラミング初心者がSpringを学ぶための手引き
入社1年目のプログラミング初心者がSpringを学ぶための手引き入社1年目のプログラミング初心者がSpringを学ぶための手引き
入社1年目のプログラミング初心者がSpringを学ぶための手引き
 
Dockerと外部ルータを連携させる仕組みを作ってみた
Dockerと外部ルータを連携させる仕組みを作ってみたDockerと外部ルータを連携させる仕組みを作ってみた
Dockerと外部ルータを連携させる仕組みを作ってみた
 
AnsibleによるInfrastructure as code入門
AnsibleによるInfrastructure as code入門AnsibleによるInfrastructure as code入門
AnsibleによるInfrastructure as code入門
 
OpenStackで始めるクラウド環境構築入門(Horizon 基礎編)
OpenStackで始めるクラウド環境構築入門(Horizon 基礎編)OpenStackで始めるクラウド環境構築入門(Horizon 基礎編)
OpenStackで始めるクラウド環境構築入門(Horizon 基礎編)
 
OpenStack勉強会
OpenStack勉強会OpenStack勉強会
OpenStack勉強会
 
Open Liberty: オープンソースになったWebSphere Liberty
Open Liberty: オープンソースになったWebSphere LibertyOpen Liberty: オープンソースになったWebSphere Liberty
Open Liberty: オープンソースになったWebSphere Liberty
 

Similar to Kof2017 シラサギ導入

Vagrant を Web開発環境に使う
Vagrant を Web開発環境に使うVagrant を Web開発環境に使う
Vagrant を Web開発環境に使う
Masashi Shinbara
 
Okinawa Open Days 2013 SDN Japan前夜祭 BoF Vyattaご紹介
Okinawa Open Days 2013 SDN Japan前夜祭 BoF Vyattaご紹介Okinawa Open Days 2013 SDN Japan前夜祭 BoF Vyattaご紹介
Okinawa Open Days 2013 SDN Japan前夜祭 BoF Vyattaご紹介
Yukihiro Kikuchi
 
Fluxflex meetup 2011 in Tokyo
Fluxflex meetup 2011 in TokyoFluxflex meetup 2011 in Tokyo
Fluxflex meetup 2011 in Tokyo
Kyosuke Inoue
 
fluxflex meetup in Tokyo
fluxflex meetup in Tokyofluxflex meetup in Tokyo
fluxflex meetup in Tokyo
Kyosuke Inoue
 

Similar to Kof2017 シラサギ導入 (20)

【さくらのクラウド】サービス概要カタログ2016年12月号
【さくらのクラウド】サービス概要カタログ2016年12月号 【さくらのクラウド】サービス概要カタログ2016年12月号
【さくらのクラウド】サービス概要カタログ2016年12月号
 
【さくらのクラウド】サービス概要カタログ2017年2月号
【さくらのクラウド】サービス概要カタログ2017年2月号【さくらのクラウド】サービス概要カタログ2017年2月号
【さくらのクラウド】サービス概要カタログ2017年2月号
 
【さくらのクラウド】サービス概要カタログ2017年1月号
【さくらのクラウド】サービス概要カタログ2017年1月号 【さくらのクラウド】サービス概要カタログ2017年1月号
【さくらのクラウド】サービス概要カタログ2017年1月号
 
【さくらのクラウド】サービス概要カタログ2016年11月号
【さくらのクラウド】サービス概要カタログ2016年11月号 【さくらのクラウド】サービス概要カタログ2016年11月号
【さくらのクラウド】サービス概要カタログ2016年11月号
 
VYATTA USERS MEETING Spring 2014 - JAZUG
VYATTA USERS MEETING Spring 2014 - JAZUGVYATTA USERS MEETING Spring 2014 - JAZUG
VYATTA USERS MEETING Spring 2014 - JAZUG
 
【さくらのクラウド】サービス概要カタログ2017年3月号
【さくらのクラウド】サービス概要カタログ2017年3月号 【さくらのクラウド】サービス概要カタログ2017年3月号
【さくらのクラウド】サービス概要カタログ2017年3月号
 
localstackによるAWS Lambdaの開発環境を、miniconda上でつくったら簡単便利だった話
localstackによるAWS Lambdaの開発環境を、miniconda上でつくったら簡単便利だった話localstackによるAWS Lambdaの開発環境を、miniconda上でつくったら簡単便利だった話
localstackによるAWS Lambdaの開発環境を、miniconda上でつくったら簡単便利だった話
 
手軽にできる外部公開サーバ観測の効用と活用法 @ Internet Week 2016
手軽にできる外部公開サーバ観測の効用と活用法 @ Internet Week 2016 手軽にできる外部公開サーバ観測の効用と活用法 @ Internet Week 2016
手軽にできる外部公開サーバ観測の効用と活用法 @ Internet Week 2016
 
Vagrant を Web開発環境に使う
Vagrant を Web開発環境に使うVagrant を Web開発環境に使う
Vagrant を Web開発環境に使う
 
クラウドコラボレーションサーバ「Collabora Online」を構築してみた
クラウドコラボレーションサーバ「Collabora Online」を構築してみたクラウドコラボレーションサーバ「Collabora Online」を構築してみた
クラウドコラボレーションサーバ「Collabora Online」を構築してみた
 
Okinawa Open Days 2013 SDN Japan前夜祭 BoF Vyattaご紹介
Okinawa Open Days 2013 SDN Japan前夜祭 BoF Vyattaご紹介Okinawa Open Days 2013 SDN Japan前夜祭 BoF Vyattaご紹介
Okinawa Open Days 2013 SDN Japan前夜祭 BoF Vyattaご紹介
 
僕の Serverless web application
僕の Serverless web application僕の Serverless web application
僕の Serverless web application
 
コミュニティ運営とレンタルサーバ
コミュニティ運営とレンタルサーバコミュニティ運営とレンタルサーバ
コミュニティ運営とレンタルサーバ
 
Fluxflex meetup 2011 in Tokyo
Fluxflex meetup 2011 in TokyoFluxflex meetup 2011 in Tokyo
Fluxflex meetup 2011 in Tokyo
 
徳島OSS勉強会第四回 シラサギハンズオン 0925
徳島OSS勉強会第四回 シラサギハンズオン 0925徳島OSS勉強会第四回 シラサギハンズオン 0925
徳島OSS勉強会第四回 シラサギハンズオン 0925
 
OpenWhisk Serverless への期待
OpenWhisk Serverless への期待OpenWhisk Serverless への期待
OpenWhisk Serverless への期待
 
OpenStack on Softlayer
OpenStack on SoftlayerOpenStack on Softlayer
OpenStack on Softlayer
 
fluxflex meetup in Tokyo
fluxflex meetup in Tokyofluxflex meetup in Tokyo
fluxflex meetup in Tokyo
 
さくらのクラウドを使ったシラサギ開発環境の準備
さくらのクラウドを使ったシラサギ開発環境の準備さくらのクラウドを使ったシラサギ開発環境の準備
さくらのクラウドを使ったシラサギ開発環境の準備
 
開発チーム管理で役立ったVSCode拡張機能
開発チーム管理で役立ったVSCode拡張機能開発チーム管理で役立ったVSCode拡張機能
開発チーム管理で役立ったVSCode拡張機能
 

More from Yu Ito (6)

ウェブチップス勉強会 Action cable
ウェブチップス勉強会 Action cableウェブチップス勉強会 Action cable
ウェブチップス勉強会 Action cable
 
勉強会0614 vagrant
勉強会0614 vagrant勉強会0614 vagrant
勉強会0614 vagrant
 
シラサギハンズオン 2016 05-26
シラサギハンズオン 2016 05-26シラサギハンズオン 2016 05-26
シラサギハンズオン 2016 05-26
 
シラサギハンズオン 1015 1016
シラサギハンズオン 1015 1016シラサギハンズオン 1015 1016
シラサギハンズオン 1015 1016
 
シラサギハンズオン 大阪
シラサギハンズオン 大阪シラサギハンズオン 大阪
シラサギハンズオン 大阪
 
シラサギハンズオン 松江
シラサギハンズオン 松江シラサギハンズオン 松江
シラサギハンズオン 松江
 

Recently uploaded

研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
atsushi061452
 

Recently uploaded (12)

LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルLoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
 
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
 
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
 
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
 
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
 
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdKeywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
 
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
 
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
 
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
 
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント
 
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアルLoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
 

Kof2017 シラサギ導入

Editor's Notes

  1. これからシラサギCMS、グループウェアについて利用してみたい、機能評価したい、Ruby/Railsを利用して開発を行いたいという方たちの為に、手元のPCにシラサギの動作環境を準備する手順についてご説明させていただきます。 インストール作業を実演するとともに、流れの中でセッティングのポイント、情報収取方法、インストール中の不具合に関する対応方法等について合わせてアドバイスができればと考えています。
  2. 大阪とか東京のOSCに参加していますが、徳島と比べてたまにくるとやはり人が多いなと感じます。
  3. まずはシラサギの紹介の前に、簡単にウェブチップスの紹介をします ウェブチップスは徳島県にある会社です 元々コアメンバーは Joruri CMS を作っていたメンバーです。 主に受託事業としてWebサイト、Webシステムの導入、開発をしています
  4. 弊社はシラサギを使ってWebサイトを構築しています。 どんなWebサイトを導入しているの?か紹介します。 まずは公共サイトのものから
  5. まずはシラサギの紹介の前に、簡単にウェブチップスの紹介をします ウェブチップスは徳島県にある会社です 元々コアメンバーは Joruri CMS を作っていたメンバーです。 主に受託事業としてWebサイト、Webシステムの導入、開発をしています
  6. まずはシラサギの紹介の前に、簡単にウェブチップスの紹介をします ウェブチップスは徳島県にある会社です 元々コアメンバーは Joruri CMS を作っていたメンバーです。 主に受託事業としてWebサイト、Webシステムの導入、開発をしています
  7. シラサギをご存じない方もいらっしゃると思いますので、シラサギとは何かというところから 「シラサギ」は、Ruby、Ruby on Rails、MongoDBで動作する中・大規模サイト向けCMSです。 また、ここまでCMSと紹介していますが、コアの設計がSNSとなっているので、Webアプリケーション開発プラットフォームとしての利用も可能です。 現状はCMS、グループウェア2つのアプリケーションを同一システム内で利用可能です。 MITライセンスのオープンソースのため、誰でも無償でご利用になれます。
  8. 注意点としてデモデータなので2時間毎にリセットされます。 他、削除をできなくしています。
  9. 機能評価や開発をしたい方は実際にインストールをしてみたいと思います
  10. 上から簡単な順に並んでいます。 ネット環境は整っている前提です。
  11. ①②で行うとやたら待ち時間が長くなってしまうのと、 どういったツールを利用しているか、ミドルウェアの導入方法はどうするのかを確認頂くために あえて手動でインストールしてみます。 時間があれば、Vagrant の利用方法について解説します
  12. 実際のコマンドは表示されている2行のみです。 1行目は su – (uid)で実行ユーザに置き換えてください。    注意:実行ユーザはsudoが使える環境としておいてください 2行目の“example.jp”の部分は、アクセスするドメインに置き換えてください。
  13. シラサギ開発コミュニティ(facebook)の方にも有用な情報がころがっているかも
  14. Apache+Passenger(Raptor)の環境でも動作することを確認済み Rubyはv2.4.2まで本稼働環境での実績があります。
  15. VMにネットワークが適切に設定されていること
  16. Bundle installの時間を利用して・・・ Git のmasterブランチを使いたい場合のcloneコマンド /configのymlについていくつか説明 Ymlを修正する場合は、config/defaults のymlファイルをconfig/にコピーして修正してください。  肝となるyml   unicorn.rb mongoid.yml ※ver5よりセクションの記述が変更となっている” sessions”→”clients” GWSの非表示 gws.yml  ログの調整 job.yml メールサーバの設定 mail.yml
  17. 先頭のdropコマンドは一度DBを作成して再作成する際に実行してください。(DBがなくてもエラーにはならない) サイトの追加コマンドのdomainsにはサーバIPを指定してください。(この辺りは、インストール後管理画面で修正可能です。) サイトの追加コマンドのhostはドキュメントルートの場所を定義します。この例ですと  /var/www/shirasagi/public/sites/w/w/w/_/ ※sites以降の部分 がドキュメントルートになります。マルチテナントで1つのシステムに複数のサイトを導入する場合は、このhostに異なる別の値を指定して複数のサイトを管理します。
  18. Rakeコマンドの”name=”の部分を変更することで、現在4種類のサンプルデータを導入することができます。 サンプルデータによる差異についてはシラサギ公式サイトの「オンラインデモ」を確認ください。 http://www.ss-proj.org/download/demo.html
  19. インストールマニュアルにはlocalhost:3000との表記になっていますが、 サーバ上でブラウザが利用できる場合のパラメータなので、ご覧の通りサーバIPに置き換えてアクセスしてください。 アクセスして画面が表示されない場合、大抵はfirewallが立ち上がっています。 適切にポート制御をおこなうか、立ち下げてください。 # systemctl stop firewalld
  20. シラサギ開発コミュニティ(facebook)の方にも有用な情報がころがっているかも
  21. 自動インストールについての補足ですが、さくらインターネットのクラウドサービスにて、シラサギのスタートアップスクリプトが選択可能です。 コントロールパネルでシラサギのスタートアップを選択すると、冒頭で紹介した install.sh が実行されます。 Public scripts : https://github.com/sakura-internet/cloud-startupscripts
  22. ざっくり説明すると VirtualBox のラッパーとして使うことができます。 windows mac 共に公式サイトにインストーラーがあります。
  23. ざっくり説明すると VirtualBox のラッパーとして使うことができます。 windows mac 共に公式サイトにインストーラーがあります。
  24. ポートフォワードの設定、VM側 3000 ホスト側も 3000
  25. VirtualBox の IP  
  26. 負荷分散はクラウドサービス提供のもの WEBサーバ1号機は管理画面対応も兼ねる(入口を分けることでセキュリティレベルを上げている) DBサーバで静的HTMLファイルを定期的に作成して、NFSでWEBサーバに共有している バックアップは他のクラウドサービス上で運用しており、夜間にDBのフルエクスポートファイルと、プログラム、アップロードファイル、静的HTMLファイルをrsyncで同期バックアップしている。
  27. 公開系、管理系でそれぞれWEBサーバを複数台で運用 DBサーバは「レプリカセット」(冗長化)+「シャーディング」(水平分散)構成 ストレージサーバはDRBDで冗長化 バックアップは主系にデータ収集し、従系に定期rsyncで冗長化
  28. 以上、シラサギの導入手順について説明させていただきました。 ご清聴ありがとうございました。