SlideShare a Scribd company logo
ガチで聞く!
ヤフーのOPENSTACK
プライベート・クラウドの実態とは
伊藤 拓矢
ヤフー株式会社
サイトオペレーション本部
インフラ技術一部 部長
尾方 一成
ブロケード
SDN/NFV ビジネス開発本部
The New IP 推進部
【2013】 OpenStack はじめの一歩
 導入までの経緯
 OpenStack 基盤の構成で重要なこと
【2014】 OpenStack との固い絆
 現在の稼働状況
 設計・構築・運用のノウハウ
 ブロケードプラグインによるパフォーマンス向上
【2015】 OpenStack 未来をともに
 仮想からベアメタルまで
 アメリカへの進出
本日のお話
【2013】 OpenStack はじめの一歩
 導入までの経緯
 OpenStack 基盤の構成で重要なこと
【2014】 OpenStack との固い絆
 現在の稼働状況
 設計・構築・運用のノウハウ
 ブロケードプラグインによるパフォーマンス向上
【2015】 OpenStack 未来をともに
 仮想からベアメタルまで
 アメリカへの進出
本日のお話
タイムマシン
4
導入までの経緯
• In-House IaaS 全て自前での開発
 WEBからの操作が前提
 新規開発に手が回らず、運用で手一杯
 APIが独自インタフェース、原則非公開
 ライフサイクルが回らない
•プロジェクトチームの発足
【決めたこと】
 APIは公開する
 APIインタフェースは変更しない
 セキュリティの担保
 前に進む
5
OpenStackの採用理由
1. 標準化されたAPIを使用する事が可能
 取り巻くOSSを活用することが可能
 アプリケーションに近いところに人的リソースを割ける
2. ベンダーを意識しないリソース活用
 ハードウェアの種類やベンダーを意識せず、
リソースのコントロールが可能
 ハードウェアの抽象化の実現
1. 検証開始から半年で開発環境リリース
 APIによるデータセンタ操作
 数十秒、数百インスタンスの稼働
2. 3か月後にプロダクションリリース
 数日後にはサービスが稼働し始める
3. 社内独自開発に注力する事が可能になった
リリース
7
OpenStack 導入後
1. 社内独自機能のみの開発
2. ベンダーと連携強化、OpenStackを盛り上げる
3. 標準APIによる活発なOSS活用
•ベンダー製品の活用
 パフォーマンス要件
 運用用件、運用コスト
 開発、改修のためのエンジニアコスト
•共創することで
ベンダーとの共創
共創Yahoo! JAPAN
スケーラブルなマルチテナント環境構築のために
マルチテナント OpenStack
ネットワークの抽象化
Brocade VDX Plug-in
Virtual Routing Interface
(SVI/VE)
Open vSwitch
Gateway ACL
(FWaaS)
Subnet management
(VLAN)
Load Balancing
(LBaaS)
ルータ L2 ネットワーク ファイアウォール ロードバランサ
Neutron
9
eth0
vdx
eth1
br-ex
br-int
vm1 vm2
tagge
d
vm3
vm4
br-eth1
vlan20vlan10
Router
Tenant 2
Tenant2
Router
LB
vm1 vm2
vm3 vm4
vlan10 vlan11
vlan11
vm1
vm2
vm3vm4
vlan11
vlan11
vlan10 vlan11
Ve Interface 10
ip address 10.0.10.1/24
Tenant1
Tenant1
Ve Interface 11
ip address 10.0.11.1/24
ip address 10.0.10.0/24
ip address 10.0.11.0/24.1
Virtual IP
10.0.2.253
Neutron
Horizon
Brocade
Plugin
adx
Virtual IP
10.0.2.253
サーバ
FW
Src: x.x.x.x/x Dst: y.y.y.y/y PERMIT ACL Src x.x.x.x/x Dst y.y.y.y/y PERMIT
ユーザー自身が構築できる仮想ネットワーク
10
Tenant 2
【2013】 OpenStack はじめの一歩
 導入までの経緯
 OpenStack 基盤の構成で重要なこと
【2014】 OpenStack との固い絆
 現在の稼働状況
 設計・構築・運用のノウハウ
 ブロケードプラグインによるパフォーマンス向上
【2015】 OpenStack 未来をともに
 仮想からベアメタルまで
 アメリカへの進出
本日のお話
タイムマシン
現在の稼働状況
ほぼ全てのサービスの基盤として利用が進む
13
現在のサービス提供状況
• 50000インスタンス
• 99.996%の稼働率
• 6倍のトラフィック密度(物理環境との比較)
• 10PBのデータ
• 開発者6名 運用者4名
• 20クラスタ稼働中
• 2000人の利用者に対して平等に提供
 問題発生時はOpenStackサポート窓口がすぐに対応
 最近は非エンジニアにも活用が始まる
• 1日250インスタンスが稼働する
 1か月以内に半分が消える
 人が介入せずに稼働
• 低コスト
 最近の構成ではパブリッククラウド比
月額で97%カットを実現
現在の稼働状況
0.0億
5.0億
10.0億
15.0億
20.0億
YJ A社 B社 C社
月額
0:15
15
現在の運用状況
•OpenStackによってデータセンタリソースのほぼ全てが
セルフサービスで提供
 インフラ側はそっと見守る
 開発者の意思でサービスの構成が可能
•開発者は即時利用が可能
 物理環境のような待ちが発生しない
クラスタ統合管理UI
クラスタの統合管理
•OpenStackはコントローラとして使う
 I/OはOpenStack障害時でも処理し続けること
•OpenStackと連携する製品は独自DBを持たない
 整合性の問題が必ず出る
•チューニング&チューニング
DBとRPCを安定稼働させること
設計・構築・運用のノウハウ
Neutron の利用
1. マルチプロジェクトの運用
2. アドレスの管理
3. Brocadeプラグインによる
パフォーマンス向上
ネットワーク設計・構築・運用のノウハウ
マルチプロジェクトの運用
•現在2000を超えるプロジェクトを管理
1. 個人所有も多い
2. ユーザは自由に作成可能
3. 統合管理システムでプロジェクトを管理
4. システムからプロジェクトが共有される
5. クラスタによってアドレス管理が異なる
アドレスの管理
•アドレス割り当ては主に2種類
1. 全てのプロジェクトでシェアしている標準サブネット
 標準サブネットはクラスタ辺り /23を32個
2. 特定のプロジェクト専用の拡張サブネット
 拡張サブネットはユーザの希望次第で/28~/24を割り当て
 グローバルIPアドレス、もしくはプライベートIPアドレスが割り当
てられる
2/24/2015© 2014 Brocade Communications Systems, Inc. Company Proprietary Information 21
【採用のポイント】
 オープンなシステム環境の構築に最も協力的、かつ
先進技術・製品を提供できるベンダーとしてブロケー
ドを高く評価。
 ソフトウェア・ベースのGREトンネリングと比較して、
8倍のスループット、2分の1のレイテンシを達成。
 Neutronプラグインの共同開発により、最適化され
たネットワークを構築し、FWaaSとLBaaSを実現。
Yahoo! JAPAN、ブロケード製品を採用して、サービス開発者向け
OpenStackプライベート・クラウド・インフラを構築。
50,000台を超える仮想サーバを運用
*2014年11月18日発表の報道資料より抜粋
2009 2010 2011 2012 2013 2014
OpenStack
in-house
OpenStack管理の仮想サーバ数
50,000
•構成次第で大きく変わる課題
• OpenStackリファレンスのNWはパフォーマンスが課題
• LinuxBridgeではネットワークの柔軟性が課題
• 2つの課題を解決できるベンダーを探し
BrocadeとNeutronに実装
Brocadeプラグインによるパフォーマンス向上
0.0Gbps
5.0Gbps
10.0Gbps
15.0Gbps
20.0Gbps
gre tunnel linuxbridge
0Kpps
1000Kpps
2000Kpps
3000Kpps
gre tunnel linuxbridge
0.00ms
1.00ms
2.00ms
3.00ms
gre tunnel linuxbridge
転送速度 応答速度
通信速度
 20HV、50VMでのAvalancheからhttpdに負荷を掛けた時の比較になります
Neutron実装の課題
Open vSwitch
+ gre tunnelLinux Bridge
Open vSwitch
+ VDX
VDX
8770
VDX
6740T
VM
Linux
Bridge
VM VM
Neutron
Neutron
gre tunnelVLAN
Open
vSwitch
GW
GW
VM
Linux
Bridge
VM VM
VDX
6740T
VDX
8770
VDX
6740T
VM
Open
vSwitch
VM VM
Open
vSwitch
VM VM
VDX
6740T
VM
VDX
8770
VDX
6740T
VM
Open
vSwitch
VM VM
Neutron
VLAN
GW
VM
Open
vSwitch
VM
VDX
6740T
VM
Avalanche
0.00ms
1.00ms
2.00ms
3.00ms
gre tunnel linuxbridge VDX
0.0Gbps
5.0Gbps
10.0Gbps
15.0Gbps
20.0Gbps
gre tunnel linuxbridge VDX
•ネットワークの課題を解決
• パフォーマンスは解決
• ネットワークの柔軟性も解決
• 構成がシンプルで耐障害性向上
Neutron実装の強化
転送速度 応答速度
通信速度
0Kpps
1000Kpps
2000Kpps
3000Kpps
gre tunnel linuxbridge VDX
• 今回の検証の構成
Neutron実装の強化(appendix)
構成 Kernel Open vSwtich
ML2 mechanism
driver
Open vSwitch
+ VDX + Kernel3
3.14.17 2.3 openvswitch, brocade
Open vSwitch
+ VDX
2.6.32 2.3 openvswitch, brocade
Open vSwitch
+ gre tunnel
2.6.32 2.3 openvswitch
LinuxBridge 2.6.32 - linuxbridge
• これらの環境の50VMに対してAvalancheから負荷を掛けて計測
• 応答速度はサーバからのレスポンスで最初の1バイトが返ってきた時の経過時間
0Kpps
150Kpps
300Kpps
450Kpps
600Kpps
750Kpps
900Kpps
gre tunnel linuxbridge VDX VDX+K3
0.0Gbps
1.0Gbps
2.0Gbps
3.0Gbps
4.0Gbps
5.0Gbps
6.0Gbps
7.0Gbps
gre tunnel linuxbridge VDX VDX+K3
0.00ms
1.00ms
2.00ms
3.00ms
gre tunnel linuxbridge VDX VDX+K3
kernel 3.14も検証
Neutron実装の強化(appendix)
転送速度 応答速度
通信速度
0.0Kcps
5.0Kcps
10.0Kcps
15.0Kcps
gre tunnel linuxbridge VDX VDX+K3
新規接続
 50VMではワイヤレートになり比較不能なため、1VMでの比較になります
 kernel 3.14は 10GNICドライバのコードに手を加える必要有り
0:30
•L2サービスの抽象化に利用が可能
 スループット、安定性を重視した構成が構築可能
 GREを利用する必要無し
•Brocade VDX2台から始められる構成
 安価にスタート
 40HV程度の構成が可能
• 多くの企業には十分なサイズ
Neutron実装の強化まとめ
VDX6740T-1G
簡単構築! ブロケードの仮想ネットワーク
2台ではじめる OpenStack
スモールスタートに最適な帯域販売
1. 48ポート1GEからスタート
2. 8ポートだけ10GEにアップグレード
3. ストレージ用にFCポートに変更
4. アップリンクに40GEも追加
5. サービスを止めずにオンデマンド!
28
コマーシャル
サーバ
ファブリックスイッチ
詳しくは
お手元のガイドを!
【2013】 OpenStack はじめの一歩
 導入までの経緯
 OpenStack 基盤の構成で重要なこと
【2014】 OpenStack との固い絆
 現在の稼働状況
 設計・構築・運用のノウハウ
 ブロケードプラグインによるパフォーマンス向上
【2015】 OpenStack 未来をともに
 仮想からベアメタルまで
 アメリカへの進出
本日のお話
タイムマシン
仮想からベアメタルまで
• 全ての環境で同じ見えかたを提供
• 共通のAPIインタフェース
 ツールの活用
• 仮想インスタンス、ベアメタル、etc
 同じ扱いが出来る
• 開発環境、本番環境
 性能の違いはあれど、機能は同じ
•今後のリクエスト
• 多様な環境での良いとこ取り
仮想環境=> 柔軟性、デリバリスピード
物理環境=> パフォーマンス、レイテンシ
• 運用性の高いテクノロジの提供
シンプル、高可用性、高パフォーマンス
仮想からベアメタルまで
アメリカへの進出 !
1 会社名:YJ America,
2 所在地:米国ワシントン州シアトル(本社)、カリフォルニア州(支社)
3 会社形態:ヤフー株式会社100%子会社
4 事業内容:
・米国の有望なスタートアップ企業やインターネットサービスの開拓
・米国企業の日本向け事業開始におけるコンサルティング業務
ブロケード製品を組み合わせて構築されたYahoo! JAPAN
のOpenStack基盤は、同社の国内データセンターのほか、
2014年10月に開設された同社の米国子会社であるYJ
Americaの新規データセンターにおいて構築が開始され、
同年12月よりテスト稼働します。
2014年10月時点で作成済みの仮想サーバは合計6万
台に及び、今後も1ヶ月あたり平均5,000台程度の仮想
サーバを追加し、年内にはそのうち5万台以上が
OpenStack基盤で提供される予定です。
YJ America
まとめ
まだ踏み切れないあなたに・・・
1. OpenStack ディストリビューション も選択肢が広がり、環境
は整いました。今日から始めてみませんか?
2. OSSでは運用が難しい環境は、ノウハウが蓄積された商用
製品の活用も選択肢に。
3. 2台から始める OpenStack。とにかく手軽に簡単構築!
2/24/2015© 2014 Brocade Communications Systems, Inc. Company Proprietary Information 34
Thank You
本件に関するお問合せ
https://www.brocadejapan.com/form/contact
ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

More Related Content

What's hot

コンテナネットワーキング(CNI)最前線
コンテナネットワーキング(CNI)最前線コンテナネットワーキング(CNI)最前線
コンテナネットワーキング(CNI)最前線
Motonori Shindo
 
OpenStack入門 2016/06/27
OpenStack入門 2016/06/27OpenStack入門 2016/06/27
OpenStack入門 2016/06/27
株式会社 NTTテクノクロス
 
OpenStackクラウド基盤構築ハンズオンセミナー 第1日:講義No1
OpenStackクラウド基盤構築ハンズオンセミナー 第1日:講義No1OpenStackクラウド基盤構築ハンズオンセミナー 第1日:講義No1
OpenStackクラウド基盤構築ハンズオンセミナー 第1日:講義No1Etsuji Nakai
 
Apache NiFi の紹介 #streamctjp
Apache NiFi の紹介  #streamctjpApache NiFi の紹介  #streamctjp
Apache NiFi の紹介 #streamctjp
Yahoo!デベロッパーネットワーク
 
OpenStack概要 ~仮想ネットワーク~
OpenStack概要 ~仮想ネットワーク~OpenStack概要 ~仮想ネットワーク~
OpenStack概要 ~仮想ネットワーク~
Masaya Aoyama
 
NFVアプリケーションをOpenStack上で動かす為に - OpenStack最新情報セミナー 2017年7月
NFVアプリケーションをOpenStack上で動かす為に - OpenStack最新情報セミナー 2017年7月NFVアプリケーションをOpenStack上で動かす為に - OpenStack最新情報セミナー 2017年7月
NFVアプリケーションをOpenStack上で動かす為に - OpenStack最新情報セミナー 2017年7月
VirtualTech Japan Inc.
 
フロー技術によるネットワーク管理
フロー技術によるネットワーク管理フロー技術によるネットワーク管理
フロー技術によるネットワーク管理
Motonori Shindo
 
なぜディスクレスハイパーバイザに至ったのか / Why did we select to the diskless hypervisor? #builde...
なぜディスクレスハイパーバイザに至ったのか / Why did we select to the diskless hypervisor? #builde...なぜディスクレスハイパーバイザに至ったのか / Why did we select to the diskless hypervisor? #builde...
なぜディスクレスハイパーバイザに至ったのか / Why did we select to the diskless hypervisor? #builde...
whywaita
 
OpenStackで始めるクラウド環境構築入門
OpenStackで始めるクラウド環境構築入門OpenStackで始めるクラウド環境構築入門
OpenStackで始めるクラウド環境構築入門
VirtualTech Japan Inc.
 
IPv4/IPv6 移行・共存技術の動向
IPv4/IPv6 移行・共存技術の動向IPv4/IPv6 移行・共存技術の動向
IPv4/IPv6 移行・共存技術の動向
Yuya Rin
 
VPP事始め
VPP事始めVPP事始め
VPP事始め
npsg
 
Keystone fernet token
Keystone fernet tokenKeystone fernet token
Keystone fernet token
Yuki Nishiwaki
 
Linux女子部 systemd徹底入門
Linux女子部 systemd徹底入門Linux女子部 systemd徹底入門
Linux女子部 systemd徹底入門
Etsuji Nakai
 
Ethernetの受信処理
Ethernetの受信処理Ethernetの受信処理
Ethernetの受信処理
Takuya ASADA
 
DockerとPodmanの比較
DockerとPodmanの比較DockerとPodmanの比較
DockerとPodmanの比較
Akihiro Suda
 
ゼロからはじめるKVM超入門
ゼロからはじめるKVM超入門ゼロからはじめるKVM超入門
ゼロからはじめるKVM超入門
VirtualTech Japan Inc.
 
kubernetes-meetup-tokyo-20210624-kubevirt
kubernetes-meetup-tokyo-20210624-kubevirtkubernetes-meetup-tokyo-20210624-kubevirt
kubernetes-meetup-tokyo-20210624-kubevirt
Yukinori Sagara
 
日本OpenStackユーザ会 第37回勉強会
日本OpenStackユーザ会 第37回勉強会日本OpenStackユーザ会 第37回勉強会
日本OpenStackユーザ会 第37回勉強会
Yushiro Furukawa
 
はじめてのElasticsearchクラスタ
はじめてのElasticsearchクラスタはじめてのElasticsearchクラスタ
はじめてのElasticsearchクラスタ
Satoyuki Tsukano
 
コンテナ未経験新人が学ぶコンテナ技術入門
コンテナ未経験新人が学ぶコンテナ技術入門コンテナ未経験新人が学ぶコンテナ技術入門
コンテナ未経験新人が学ぶコンテナ技術入門
Kohei Tokunaga
 

What's hot (20)

コンテナネットワーキング(CNI)最前線
コンテナネットワーキング(CNI)最前線コンテナネットワーキング(CNI)最前線
コンテナネットワーキング(CNI)最前線
 
OpenStack入門 2016/06/27
OpenStack入門 2016/06/27OpenStack入門 2016/06/27
OpenStack入門 2016/06/27
 
OpenStackクラウド基盤構築ハンズオンセミナー 第1日:講義No1
OpenStackクラウド基盤構築ハンズオンセミナー 第1日:講義No1OpenStackクラウド基盤構築ハンズオンセミナー 第1日:講義No1
OpenStackクラウド基盤構築ハンズオンセミナー 第1日:講義No1
 
Apache NiFi の紹介 #streamctjp
Apache NiFi の紹介  #streamctjpApache NiFi の紹介  #streamctjp
Apache NiFi の紹介 #streamctjp
 
OpenStack概要 ~仮想ネットワーク~
OpenStack概要 ~仮想ネットワーク~OpenStack概要 ~仮想ネットワーク~
OpenStack概要 ~仮想ネットワーク~
 
NFVアプリケーションをOpenStack上で動かす為に - OpenStack最新情報セミナー 2017年7月
NFVアプリケーションをOpenStack上で動かす為に - OpenStack最新情報セミナー 2017年7月NFVアプリケーションをOpenStack上で動かす為に - OpenStack最新情報セミナー 2017年7月
NFVアプリケーションをOpenStack上で動かす為に - OpenStack最新情報セミナー 2017年7月
 
フロー技術によるネットワーク管理
フロー技術によるネットワーク管理フロー技術によるネットワーク管理
フロー技術によるネットワーク管理
 
なぜディスクレスハイパーバイザに至ったのか / Why did we select to the diskless hypervisor? #builde...
なぜディスクレスハイパーバイザに至ったのか / Why did we select to the diskless hypervisor? #builde...なぜディスクレスハイパーバイザに至ったのか / Why did we select to the diskless hypervisor? #builde...
なぜディスクレスハイパーバイザに至ったのか / Why did we select to the diskless hypervisor? #builde...
 
OpenStackで始めるクラウド環境構築入門
OpenStackで始めるクラウド環境構築入門OpenStackで始めるクラウド環境構築入門
OpenStackで始めるクラウド環境構築入門
 
IPv4/IPv6 移行・共存技術の動向
IPv4/IPv6 移行・共存技術の動向IPv4/IPv6 移行・共存技術の動向
IPv4/IPv6 移行・共存技術の動向
 
VPP事始め
VPP事始めVPP事始め
VPP事始め
 
Keystone fernet token
Keystone fernet tokenKeystone fernet token
Keystone fernet token
 
Linux女子部 systemd徹底入門
Linux女子部 systemd徹底入門Linux女子部 systemd徹底入門
Linux女子部 systemd徹底入門
 
Ethernetの受信処理
Ethernetの受信処理Ethernetの受信処理
Ethernetの受信処理
 
DockerとPodmanの比較
DockerとPodmanの比較DockerとPodmanの比較
DockerとPodmanの比較
 
ゼロからはじめるKVM超入門
ゼロからはじめるKVM超入門ゼロからはじめるKVM超入門
ゼロからはじめるKVM超入門
 
kubernetes-meetup-tokyo-20210624-kubevirt
kubernetes-meetup-tokyo-20210624-kubevirtkubernetes-meetup-tokyo-20210624-kubevirt
kubernetes-meetup-tokyo-20210624-kubevirt
 
日本OpenStackユーザ会 第37回勉強会
日本OpenStackユーザ会 第37回勉強会日本OpenStackユーザ会 第37回勉強会
日本OpenStackユーザ会 第37回勉強会
 
はじめてのElasticsearchクラスタ
はじめてのElasticsearchクラスタはじめてのElasticsearchクラスタ
はじめてのElasticsearchクラスタ
 
コンテナ未経験新人が学ぶコンテナ技術入門
コンテナ未経験新人が学ぶコンテナ技術入門コンテナ未経験新人が学ぶコンテナ技術入門
コンテナ未経験新人が学ぶコンテナ技術入門
 

Similar to ガチで聞く!ヤフーのOpenStackプライベート・クラウドの実態とは

≪先進企業に学べ!≫ Yahoo! JAPAN × BROCADE Yahoo! JAPAN はなぜ、OpenStack を選んだのか?
≪先進企業に学べ!≫ Yahoo! JAPAN × BROCADE Yahoo! JAPAN はなぜ、OpenStack を選んだのか?≪先進企業に学べ!≫ Yahoo! JAPAN × BROCADE Yahoo! JAPAN はなぜ、OpenStack を選んだのか?
≪先進企業に学べ!≫ Yahoo! JAPAN × BROCADE Yahoo! JAPAN はなぜ、OpenStack を選んだのか?
Brocade
 
PaaS勉強会#25 Helion Development Platform Tech Overview
PaaS勉強会#25 Helion Development Platform Tech OverviewPaaS勉強会#25 Helion Development Platform Tech Overview
PaaS勉強会#25 Helion Development Platform Tech Overview
Toru Makabe
 
Hadoop/Spark を使うなら Bigtop を使い熟そう! ~並列分散処理基盤のいま、から Bigtop の最近の取り組みまで一挙ご紹介~(Ope...
Hadoop/Spark を使うなら Bigtop を使い熟そう! ~並列分散処理基盤のいま、から Bigtop の最近の取り組みまで一挙ご紹介~(Ope...Hadoop/Spark を使うなら Bigtop を使い熟そう! ~並列分散処理基盤のいま、から Bigtop の最近の取り組みまで一挙ご紹介~(Ope...
Hadoop/Spark を使うなら Bigtop を使い熟そう! ~並列分散処理基盤のいま、から Bigtop の最近の取り組みまで一挙ご紹介~(Ope...
NTT DATA Technology & Innovation
 
楽天インターネットスケーラブルコンピューティング;丸山先生レクチャーシリーズ2010第3回@楽天
楽天インターネットスケーラブルコンピューティング;丸山先生レクチャーシリーズ2010第3回@楽天楽天インターネットスケーラブルコンピューティング;丸山先生レクチャーシリーズ2010第3回@楽天
楽天インターネットスケーラブルコンピューティング;丸山先生レクチャーシリーズ2010第3回@楽天
Hiro Yoshioka
 
「たまおきのクラウドウォッチ」筆者が語る、OpenStack導入最前線 - @IT様セミナー 「真剣に考える人だけにこっそり教えるOpenStackとスト...
「たまおきのクラウドウォッチ」筆者が語る、OpenStack導入最前線 - @IT様セミナー 「真剣に考える人だけにこっそり教えるOpenStackとスト...「たまおきのクラウドウォッチ」筆者が語る、OpenStack導入最前線 - @IT様セミナー 「真剣に考える人だけにこっそり教えるOpenStackとスト...
「たまおきのクラウドウォッチ」筆者が語る、OpenStack導入最前線 - @IT様セミナー 「真剣に考える人だけにこっそり教えるOpenStackとスト...
VirtualTech Japan Inc.
 
OSC2013 Tokyo Spring OpenStack Overview
OSC2013 Tokyo Spring OpenStack OverviewOSC2013 Tokyo Spring OpenStack Overview
OSC2013 Tokyo Spring OpenStack Overviewirix_jp
 
Okinawa Open Days HP事例紹介
Okinawa Open Days HP事例紹介Okinawa Open Days HP事例紹介
Okinawa Open Days HP事例紹介
Toru Makabe
 
スケーラブルで手間なく動かせる!もうすぐ 一般提供開始 Azure Database for MySQL / PostgreSQL
スケーラブルで手間なく動かせる!もうすぐ 一般提供開始 Azure Database for MySQL / PostgreSQLスケーラブルで手間なく動かせる!もうすぐ 一般提供開始 Azure Database for MySQL / PostgreSQL
スケーラブルで手間なく動かせる!もうすぐ 一般提供開始 Azure Database for MySQL / PostgreSQL
Microsoft Azure Japan
 
OpenStackの普及でどう変わる?クラウド時代の次の一手 - ミラクル・リナックス様セミナー 『OpenStack の普及でどう変わる?クラウド時代...
OpenStackの普及でどう変わる?クラウド時代の次の一手  - ミラクル・リナックス様セミナー 『OpenStack の普及でどう変わる?クラウド時代...OpenStackの普及でどう変わる?クラウド時代の次の一手  - ミラクル・リナックス様セミナー 『OpenStack の普及でどう変わる?クラウド時代...
OpenStackの普及でどう変わる?クラウド時代の次の一手 - ミラクル・リナックス様セミナー 『OpenStack の普及でどう変わる?クラウド時代...
Nobuyuki Tamaoki
 
OpenStackの普及でどう変わる?クラウド時代の次の一手 - ミラクル・リナックス様セミナー 『OpenStack の普及でどう変わる?クラウド時代...
OpenStackの普及でどう変わる?クラウド時代の次の一手  - ミラクル・リナックス様セミナー 『OpenStack の普及でどう変わる?クラウド時代...OpenStackの普及でどう変わる?クラウド時代の次の一手  - ミラクル・リナックス様セミナー 『OpenStack の普及でどう変わる?クラウド時代...
OpenStackの普及でどう変わる?クラウド時代の次の一手 - ミラクル・リナックス様セミナー 『OpenStack の普及でどう変わる?クラウド時代...
VirtualTech Japan Inc.
 
Contrail overview open stack days tokyo-feb2015
Contrail overview open stack days tokyo-feb2015Contrail overview open stack days tokyo-feb2015
Contrail overview open stack days tokyo-feb2015
Nachi Ueno
 
配布版-2014年を振り返る。ベアメタルとsoft layerのはなし
配布版-2014年を振り返る。ベアメタルとsoft layerのはなし配布版-2014年を振り返る。ベアメタルとsoft layerのはなし
配布版-2014年を振り返る。ベアメタルとsoft layerのはなし
Tomoari Yasuda
 
Oracle Database 12c Release 1 PSR 12.1.0.2 のご紹介
Oracle Database 12c Release 1 PSR 12.1.0.2 のご紹介Oracle Database 12c Release 1 PSR 12.1.0.2 のご紹介
Oracle Database 12c Release 1 PSR 12.1.0.2 のご紹介
オラクルエンジニア通信
 
OpenStack最新情報セミナー アジェンダ
OpenStack最新情報セミナー アジェンダOpenStack最新情報セミナー アジェンダ
OpenStack最新情報セミナー アジェンダ
VirtualTech Japan Inc.
 
OpenStackによる、実践オンプレミスクラウド
OpenStackによる、実践オンプレミスクラウドOpenStackによる、実践オンプレミスクラウド
OpenStackによる、実践オンプレミスクラウド
Masanori Itoh
 
OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~
OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~
OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~
Masanori Itoh
 
OpenStack入門 2016/06/10
OpenStack入門 2016/06/10OpenStack入門 2016/06/10
OpenStack入門 2016/06/10
株式会社 NTTテクノクロス
 
Oracle Cloud Infrastructure:2022年8月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年8月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2022年8月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年8月度サービス・アップデート
オラクルエンジニア通信
 
Report of OpenStack ops mid cycle meetup at Philadelphia in Mar, 2015 (In Jap...
Report of OpenStack ops mid cycle meetup at Philadelphia in Mar, 2015 (In Jap...Report of OpenStack ops mid cycle meetup at Philadelphia in Mar, 2015 (In Jap...
Report of OpenStack ops mid cycle meetup at Philadelphia in Mar, 2015 (In Jap...
Toshikazu Ichikawa
 

Similar to ガチで聞く!ヤフーのOpenStackプライベート・クラウドの実態とは (20)

≪先進企業に学べ!≫ Yahoo! JAPAN × BROCADE Yahoo! JAPAN はなぜ、OpenStack を選んだのか?
≪先進企業に学べ!≫ Yahoo! JAPAN × BROCADE Yahoo! JAPAN はなぜ、OpenStack を選んだのか?≪先進企業に学べ!≫ Yahoo! JAPAN × BROCADE Yahoo! JAPAN はなぜ、OpenStack を選んだのか?
≪先進企業に学べ!≫ Yahoo! JAPAN × BROCADE Yahoo! JAPAN はなぜ、OpenStack を選んだのか?
 
PaaS勉強会#25 Helion Development Platform Tech Overview
PaaS勉強会#25 Helion Development Platform Tech OverviewPaaS勉強会#25 Helion Development Platform Tech Overview
PaaS勉強会#25 Helion Development Platform Tech Overview
 
Hadoop/Spark を使うなら Bigtop を使い熟そう! ~並列分散処理基盤のいま、から Bigtop の最近の取り組みまで一挙ご紹介~(Ope...
Hadoop/Spark を使うなら Bigtop を使い熟そう! ~並列分散処理基盤のいま、から Bigtop の最近の取り組みまで一挙ご紹介~(Ope...Hadoop/Spark を使うなら Bigtop を使い熟そう! ~並列分散処理基盤のいま、から Bigtop の最近の取り組みまで一挙ご紹介~(Ope...
Hadoop/Spark を使うなら Bigtop を使い熟そう! ~並列分散処理基盤のいま、から Bigtop の最近の取り組みまで一挙ご紹介~(Ope...
 
楽天インターネットスケーラブルコンピューティング;丸山先生レクチャーシリーズ2010第3回@楽天
楽天インターネットスケーラブルコンピューティング;丸山先生レクチャーシリーズ2010第3回@楽天楽天インターネットスケーラブルコンピューティング;丸山先生レクチャーシリーズ2010第3回@楽天
楽天インターネットスケーラブルコンピューティング;丸山先生レクチャーシリーズ2010第3回@楽天
 
「たまおきのクラウドウォッチ」筆者が語る、OpenStack導入最前線 - @IT様セミナー 「真剣に考える人だけにこっそり教えるOpenStackとスト...
「たまおきのクラウドウォッチ」筆者が語る、OpenStack導入最前線 - @IT様セミナー 「真剣に考える人だけにこっそり教えるOpenStackとスト...「たまおきのクラウドウォッチ」筆者が語る、OpenStack導入最前線 - @IT様セミナー 「真剣に考える人だけにこっそり教えるOpenStackとスト...
「たまおきのクラウドウォッチ」筆者が語る、OpenStack導入最前線 - @IT様セミナー 「真剣に考える人だけにこっそり教えるOpenStackとスト...
 
OSC2013 Tokyo Spring OpenStack Overview
OSC2013 Tokyo Spring OpenStack OverviewOSC2013 Tokyo Spring OpenStack Overview
OSC2013 Tokyo Spring OpenStack Overview
 
Okinawa Open Days HP事例紹介
Okinawa Open Days HP事例紹介Okinawa Open Days HP事例紹介
Okinawa Open Days HP事例紹介
 
スケーラブルで手間なく動かせる!もうすぐ 一般提供開始 Azure Database for MySQL / PostgreSQL
スケーラブルで手間なく動かせる!もうすぐ 一般提供開始 Azure Database for MySQL / PostgreSQLスケーラブルで手間なく動かせる!もうすぐ 一般提供開始 Azure Database for MySQL / PostgreSQL
スケーラブルで手間なく動かせる!もうすぐ 一般提供開始 Azure Database for MySQL / PostgreSQL
 
OpenStackの普及でどう変わる?クラウド時代の次の一手 - ミラクル・リナックス様セミナー 『OpenStack の普及でどう変わる?クラウド時代...
OpenStackの普及でどう変わる?クラウド時代の次の一手  - ミラクル・リナックス様セミナー 『OpenStack の普及でどう変わる?クラウド時代...OpenStackの普及でどう変わる?クラウド時代の次の一手  - ミラクル・リナックス様セミナー 『OpenStack の普及でどう変わる?クラウド時代...
OpenStackの普及でどう変わる?クラウド時代の次の一手 - ミラクル・リナックス様セミナー 『OpenStack の普及でどう変わる?クラウド時代...
 
OpenStackの普及でどう変わる?クラウド時代の次の一手 - ミラクル・リナックス様セミナー 『OpenStack の普及でどう変わる?クラウド時代...
OpenStackの普及でどう変わる?クラウド時代の次の一手  - ミラクル・リナックス様セミナー 『OpenStack の普及でどう変わる?クラウド時代...OpenStackの普及でどう変わる?クラウド時代の次の一手  - ミラクル・リナックス様セミナー 『OpenStack の普及でどう変わる?クラウド時代...
OpenStackの普及でどう変わる?クラウド時代の次の一手 - ミラクル・リナックス様セミナー 『OpenStack の普及でどう変わる?クラウド時代...
 
Contrail overview open stack days tokyo-feb2015
Contrail overview open stack days tokyo-feb2015Contrail overview open stack days tokyo-feb2015
Contrail overview open stack days tokyo-feb2015
 
配布版-2014年を振り返る。ベアメタルとsoft layerのはなし
配布版-2014年を振り返る。ベアメタルとsoft layerのはなし配布版-2014年を振り返る。ベアメタルとsoft layerのはなし
配布版-2014年を振り返る。ベアメタルとsoft layerのはなし
 
Oracle Database 12c Release 1 PSR 12.1.0.2 のご紹介
Oracle Database 12c Release 1 PSR 12.1.0.2 のご紹介Oracle Database 12c Release 1 PSR 12.1.0.2 のご紹介
Oracle Database 12c Release 1 PSR 12.1.0.2 のご紹介
 
OpenStack最新情報セミナー アジェンダ
OpenStack最新情報セミナー アジェンダOpenStack最新情報セミナー アジェンダ
OpenStack最新情報セミナー アジェンダ
 
OpenStackによる、実践オンプレミスクラウド
OpenStackによる、実践オンプレミスクラウドOpenStackによる、実践オンプレミスクラウド
OpenStackによる、実践オンプレミスクラウド
 
OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~
OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~
OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~
 
OpenStack入門 2016/06/10
OpenStack入門 2016/06/10OpenStack入門 2016/06/10
OpenStack入門 2016/06/10
 
Oracle Cloud Infrastructure:2022年8月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年8月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2022年8月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年8月度サービス・アップデート
 
July techfesta2014 f30
July techfesta2014 f30July techfesta2014 f30
July techfesta2014 f30
 
Report of OpenStack ops mid cycle meetup at Philadelphia in Mar, 2015 (In Jap...
Report of OpenStack ops mid cycle meetup at Philadelphia in Mar, 2015 (In Jap...Report of OpenStack ops mid cycle meetup at Philadelphia in Mar, 2015 (In Jap...
Report of OpenStack ops mid cycle meetup at Philadelphia in Mar, 2015 (In Jap...
 

More from Brocade

Network infrastructure visibility and analytics with data streaming
Network infrastructure visibility and analytics with data streamingNetwork infrastructure visibility and analytics with data streaming
Network infrastructure visibility and analytics with data streaming
Brocade
 
Event-driven automation, DevOps way ~IoT時代の自動化、そのリアリティとは?~
Event-driven automation, DevOps way ~IoT時代の自動化、そのリアリティとは?~Event-driven automation, DevOps way ~IoT時代の自動化、そのリアリティとは?~
Event-driven automation, DevOps way ~IoT時代の自動化、そのリアリティとは?~
Brocade
 
~ストレージの価値を最大化!~次世代ストレージの導入ベネフィットを無駄なく享受するために、“ネットワーク”視点で、知っておくべきこと
~ストレージの価値を最大化!~次世代ストレージの導入ベネフィットを無駄なく享受するために、“ネットワーク”視点で、知っておくべきこと~ストレージの価値を最大化!~次世代ストレージの導入ベネフィットを無駄なく享受するために、“ネットワーク”視点で、知っておくべきこと
~ストレージの価値を最大化!~次世代ストレージの導入ベネフィットを無駄なく享受するために、“ネットワーク”視点で、知っておくべきこと
Brocade
 
“見てわかる”ファイバーチャネルSAN基礎講座(第6弾: 最終回)~困った時もこれで安心(?)、FC SANにおけるトラブルシューティングのコツとは??~
“見てわかる”ファイバーチャネルSAN基礎講座(第6弾: 最終回)~困った時もこれで安心(?)、FC SANにおけるトラブルシューティングのコツとは??~“見てわかる”ファイバーチャネルSAN基礎講座(第6弾: 最終回)~困った時もこれで安心(?)、FC SANにおけるトラブルシューティングのコツとは??~
“見てわかる”ファイバーチャネルSAN基礎講座(第6弾: 最終回)~困った時もこれで安心(?)、FC SANにおけるトラブルシューティングのコツとは??~
Brocade
 
FC SAN Fabric環境におけるパフォーマンストラブルの対処法
FC SAN Fabric環境におけるパフォーマンストラブルの対処法FC SAN Fabric環境におけるパフォーマンストラブルの対処法
FC SAN Fabric環境におけるパフォーマンストラブルの対処法
Brocade
 
Brocade PartnerWebinar: Network Edge キャンパス・スイッチ新製品&新機能、および有線&無線統合ソリューションアップデー...
Brocade PartnerWebinar: Network Edge キャンパス・スイッチ新製品&新機能、および有線&無線統合ソリューションアップデー...Brocade PartnerWebinar: Network Edge キャンパス・スイッチ新製品&新機能、および有線&無線統合ソリューションアップデー...
Brocade PartnerWebinar: Network Edge キャンパス・スイッチ新製品&新機能、および有線&無線統合ソリューションアップデー...
Brocade
 
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第5弾)~さあ、いよいよ、運用です!~
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第5弾)~さあ、いよいよ、運用です!~“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第5弾)~さあ、いよいよ、運用です!~
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第5弾)~さあ、いよいよ、運用です!~
Brocade
 
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第4弾)~続・間違わない!FC SAN導入のヒントとコツ~
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第4弾)~続・間違わない!FC SAN導入のヒントとコツ~“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第4弾)~続・間違わない!FC SAN導入のヒントとコツ~
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第4弾)~続・間違わない!FC SAN導入のヒントとコツ~
Brocade
 
Two Fast Paths to Docker Networking with Brocade VDX
Two Fast Paths to Docker Networking with Brocade VDXTwo Fast Paths to Docker Networking with Brocade VDX
Two Fast Paths to Docker Networking with Brocade VDX
Brocade
 
Five Networking Must - Haves For Containers
Five Networking Must - Haves For ContainersFive Networking Must - Haves For Containers
Five Networking Must - Haves For Containers
Brocade
 
Let the conversation flow with Brocade vADC
Let the conversation flow with Brocade vADCLet the conversation flow with Brocade vADC
Let the conversation flow with Brocade vADC
Brocade
 
Always-on performance for Always-on Business
Always-on performance for Always-on BusinessAlways-on performance for Always-on Business
Always-on performance for Always-on Business
Brocade
 
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第3弾)~間違わない!FC SAN導入のヒントとコツ~
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第3弾)~間違わない!FC SAN導入のヒントとコツ~“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第3弾)~間違わない!FC SAN導入のヒントとコツ~
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第3弾)~間違わない!FC SAN導入のヒントとコツ~
Brocade
 
Recent Advances in Machine Learning: Bringing a New Level of Intelligence to ...
Recent Advances in Machine Learning: Bringing a New Level of Intelligence to ...Recent Advances in Machine Learning: Bringing a New Level of Intelligence to ...
Recent Advances in Machine Learning: Bringing a New Level of Intelligence to ...
Brocade
 
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第2弾)~FC SAN設計における勘所とは?~
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第2弾)~FC SAN設計における勘所とは?~“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第2弾)~FC SAN設計における勘所とは?~
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第2弾)~FC SAN設計における勘所とは?~
Brocade
 
VM Farms Thrive with Dedicated IP Storage Networks
VM Farms Thrive with Dedicated IP Storage NetworksVM Farms Thrive with Dedicated IP Storage Networks
VM Farms Thrive with Dedicated IP Storage Networks
Brocade
 
仮想ロードバランサ最前線: 性能も柔軟さも。ソフトウェア生まれだから実現できること
仮想ロードバランサ最前線: 性能も柔軟さも。ソフトウェア生まれだから実現できること仮想ロードバランサ最前線: 性能も柔軟さも。ソフトウェア生まれだから実現できること
仮想ロードバランサ最前線: 性能も柔軟さも。ソフトウェア生まれだから実現できること
Brocade
 
自動化万歳!朝起きたらトラブルシューティングが完了している世界の実現方法
自動化万歳!朝起きたらトラブルシューティングが完了している世界の実現方法自動化万歳!朝起きたらトラブルシューティングが完了している世界の実現方法
自動化万歳!朝起きたらトラブルシューティングが完了している世界の実現方法
Brocade
 
変わるモバイル・ネットワークの世界 ~ソフトウェアが可能にする破壊的進化のリアリティと将来~
変わるモバイル・ネットワークの世界 ~ソフトウェアが可能にする破壊的進化のリアリティと将来~変わるモバイル・ネットワークの世界 ~ソフトウェアが可能にする破壊的進化のリアリティと将来~
変わるモバイル・ネットワークの世界 ~ソフトウェアが可能にする破壊的進化のリアリティと将来~
Brocade
 
NEW WORLD. NEW NETWORK.: 3ステップで考えるNew IPへの進化
NEW WORLD. NEW NETWORK.: 3ステップで考えるNew IPへの進化NEW WORLD. NEW NETWORK.: 3ステップで考えるNew IPへの進化
NEW WORLD. NEW NETWORK.: 3ステップで考えるNew IPへの進化
Brocade
 

More from Brocade (20)

Network infrastructure visibility and analytics with data streaming
Network infrastructure visibility and analytics with data streamingNetwork infrastructure visibility and analytics with data streaming
Network infrastructure visibility and analytics with data streaming
 
Event-driven automation, DevOps way ~IoT時代の自動化、そのリアリティとは?~
Event-driven automation, DevOps way ~IoT時代の自動化、そのリアリティとは?~Event-driven automation, DevOps way ~IoT時代の自動化、そのリアリティとは?~
Event-driven automation, DevOps way ~IoT時代の自動化、そのリアリティとは?~
 
~ストレージの価値を最大化!~次世代ストレージの導入ベネフィットを無駄なく享受するために、“ネットワーク”視点で、知っておくべきこと
~ストレージの価値を最大化!~次世代ストレージの導入ベネフィットを無駄なく享受するために、“ネットワーク”視点で、知っておくべきこと~ストレージの価値を最大化!~次世代ストレージの導入ベネフィットを無駄なく享受するために、“ネットワーク”視点で、知っておくべきこと
~ストレージの価値を最大化!~次世代ストレージの導入ベネフィットを無駄なく享受するために、“ネットワーク”視点で、知っておくべきこと
 
“見てわかる”ファイバーチャネルSAN基礎講座(第6弾: 最終回)~困った時もこれで安心(?)、FC SANにおけるトラブルシューティングのコツとは??~
“見てわかる”ファイバーチャネルSAN基礎講座(第6弾: 最終回)~困った時もこれで安心(?)、FC SANにおけるトラブルシューティングのコツとは??~“見てわかる”ファイバーチャネルSAN基礎講座(第6弾: 最終回)~困った時もこれで安心(?)、FC SANにおけるトラブルシューティングのコツとは??~
“見てわかる”ファイバーチャネルSAN基礎講座(第6弾: 最終回)~困った時もこれで安心(?)、FC SANにおけるトラブルシューティングのコツとは??~
 
FC SAN Fabric環境におけるパフォーマンストラブルの対処法
FC SAN Fabric環境におけるパフォーマンストラブルの対処法FC SAN Fabric環境におけるパフォーマンストラブルの対処法
FC SAN Fabric環境におけるパフォーマンストラブルの対処法
 
Brocade PartnerWebinar: Network Edge キャンパス・スイッチ新製品&新機能、および有線&無線統合ソリューションアップデー...
Brocade PartnerWebinar: Network Edge キャンパス・スイッチ新製品&新機能、および有線&無線統合ソリューションアップデー...Brocade PartnerWebinar: Network Edge キャンパス・スイッチ新製品&新機能、および有線&無線統合ソリューションアップデー...
Brocade PartnerWebinar: Network Edge キャンパス・スイッチ新製品&新機能、および有線&無線統合ソリューションアップデー...
 
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第5弾)~さあ、いよいよ、運用です!~
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第5弾)~さあ、いよいよ、運用です!~“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第5弾)~さあ、いよいよ、運用です!~
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第5弾)~さあ、いよいよ、運用です!~
 
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第4弾)~続・間違わない!FC SAN導入のヒントとコツ~
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第4弾)~続・間違わない!FC SAN導入のヒントとコツ~“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第4弾)~続・間違わない!FC SAN導入のヒントとコツ~
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第4弾)~続・間違わない!FC SAN導入のヒントとコツ~
 
Two Fast Paths to Docker Networking with Brocade VDX
Two Fast Paths to Docker Networking with Brocade VDXTwo Fast Paths to Docker Networking with Brocade VDX
Two Fast Paths to Docker Networking with Brocade VDX
 
Five Networking Must - Haves For Containers
Five Networking Must - Haves For ContainersFive Networking Must - Haves For Containers
Five Networking Must - Haves For Containers
 
Let the conversation flow with Brocade vADC
Let the conversation flow with Brocade vADCLet the conversation flow with Brocade vADC
Let the conversation flow with Brocade vADC
 
Always-on performance for Always-on Business
Always-on performance for Always-on BusinessAlways-on performance for Always-on Business
Always-on performance for Always-on Business
 
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第3弾)~間違わない!FC SAN導入のヒントとコツ~
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第3弾)~間違わない!FC SAN導入のヒントとコツ~“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第3弾)~間違わない!FC SAN導入のヒントとコツ~
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第3弾)~間違わない!FC SAN導入のヒントとコツ~
 
Recent Advances in Machine Learning: Bringing a New Level of Intelligence to ...
Recent Advances in Machine Learning: Bringing a New Level of Intelligence to ...Recent Advances in Machine Learning: Bringing a New Level of Intelligence to ...
Recent Advances in Machine Learning: Bringing a New Level of Intelligence to ...
 
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第2弾)~FC SAN設計における勘所とは?~
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第2弾)~FC SAN設計における勘所とは?~“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第2弾)~FC SAN設計における勘所とは?~
“見てわかる” ファイバーチャネルSAN基礎講座(第2弾)~FC SAN設計における勘所とは?~
 
VM Farms Thrive with Dedicated IP Storage Networks
VM Farms Thrive with Dedicated IP Storage NetworksVM Farms Thrive with Dedicated IP Storage Networks
VM Farms Thrive with Dedicated IP Storage Networks
 
仮想ロードバランサ最前線: 性能も柔軟さも。ソフトウェア生まれだから実現できること
仮想ロードバランサ最前線: 性能も柔軟さも。ソフトウェア生まれだから実現できること仮想ロードバランサ最前線: 性能も柔軟さも。ソフトウェア生まれだから実現できること
仮想ロードバランサ最前線: 性能も柔軟さも。ソフトウェア生まれだから実現できること
 
自動化万歳!朝起きたらトラブルシューティングが完了している世界の実現方法
自動化万歳!朝起きたらトラブルシューティングが完了している世界の実現方法自動化万歳!朝起きたらトラブルシューティングが完了している世界の実現方法
自動化万歳!朝起きたらトラブルシューティングが完了している世界の実現方法
 
変わるモバイル・ネットワークの世界 ~ソフトウェアが可能にする破壊的進化のリアリティと将来~
変わるモバイル・ネットワークの世界 ~ソフトウェアが可能にする破壊的進化のリアリティと将来~変わるモバイル・ネットワークの世界 ~ソフトウェアが可能にする破壊的進化のリアリティと将来~
変わるモバイル・ネットワークの世界 ~ソフトウェアが可能にする破壊的進化のリアリティと将来~
 
NEW WORLD. NEW NETWORK.: 3ステップで考えるNew IPへの進化
NEW WORLD. NEW NETWORK.: 3ステップで考えるNew IPへの進化NEW WORLD. NEW NETWORK.: 3ステップで考えるNew IPへの進化
NEW WORLD. NEW NETWORK.: 3ステップで考えるNew IPへの進化
 

ガチで聞く!ヤフーのOpenStackプライベート・クラウドの実態とは