SlideShare a Scribd company logo
オブジェクト指向(基礎)
   2012/08/09 株式会社エスイーシー
                   香戸 寛雄
イントロダクション
皆さんについて教えてください
● お名前
● 業務(学校)で使っている言語
● あなたは今、オブジェクト指向
  をわかっている?
           (○ or ×)
あなたはどっち?
「扉を開ける」あなたはどっちの書き方?

 1. open(door)

 2. door.open()
あなたの指向は
1. open(door)
 手続き指向です
 「開ける」関数に「扉」構造体を渡してい
 ます
2. door.open()
 オブジェクト指向です
 「扉」オブジェクトの「開ける」メソッドを呼
 んでいます
知ってる?
オブジェクト指向の3原則って
知っていますか?
オブジェクト指向の3原則

 1. カプセル化
 2. 継承
 3. ポリモーフィズム
でも・・・
今回は「オブジェクト指向の3原則」には触
れません!
さらに
「たい焼きの鋳型」がクラス、「たい焼き」は
インスタンス!
的な意味のない例えも、今回は使いませ
ん。
本日のレジュメ
1. オブジェクト指向とは
 (そんなにオブジェクト指向すごいのか?)


 ■■ 休憩 ■■

2. 手続き型とオブジェクト型の
 違い               本日のレジュメ
1.オブジェクト指向とは
ググってみた
「IT用語辞典 e-word」にはこ
のように書かれています。
みんなで読み合わせてみましょ
う
                           http://e-words.
jp/w/E382AAE38396E382B8E382A7E382AFE3
                  8388E68C87E59091.html
ソフトウェアの設計や開発にお
いて、操作手順よりも操作対
象に重点を置く考え方。




       オブジェクト指向【object oriented】
関連するデータの集合と、それ
に対する手続き(メソッド)を「オ
ブジェクト」と呼ばれる一つの
まとまりとして管理し、その組
み合わせによってソフトウェア
を構築する。
         オブジェクト指向【object oriented】
1つのまとまりとして管理?
例えば、C言語においてライブ
ラリ化した場合、1つのまとまり
として管理されていないか?

この考え方は、オブジェクト指
向だけの考え方か?
すでに存在するオブジェクトについては、
利用に際してその内部構造や動作原理
の詳細を知る必要はなく、外部からメッ
セージを送れば機能するため、特に大規
模なソフトウェア開発において有効な考
え方であるとされている。



         オブジェクト指向【object oriented】
詳細を知る必要がない?
オブジェクト指向言語をつかっ
ている皆様はそのような実装に
なっている?

各言語の標準関数を使う場合
でも詳細を知る必要がある?
大規模なソフトウェア開発に
おいて有効?
なぜ?
ライブラリ化により、他言語でも
再利用性、汎用性はあがるの
では?
設計、およびポリシーの問題な
のでは?
データやその集合を現実世界
の「モノ」になぞらえた考え方で
あることから、「オブジェクト」指
向と呼ばれる。



        オブジェクト指向【object oriented】
現実世界の「モノ」になぞらえ
た?
現実世界をプログラムの世界
に反映させるの?
例えば、我々がテレビを操作する際には、テレビ
内部でどのような回路が働いているかを理解する
必要はない。ただテレビの操作方法だけを知って
いれば、それでテレビを使うことができる。
すなわち、「テレビ」というオブジェクトは、自身(の
内部を構成する電子回路)を動作させる手続きを
知っており、それを利用するためには、(例えばリ
モコンで)適切なメッセージを与えるだけでよい。




            オブジェクト指向【object oriented】
このように、何らかの「データ」
と、それを操作するための「メ
ソッド」の組み合わせが「オブ
ジェクト」である。


        オブジェクト指向【object oriented】
個々の操作対象に対して固有の操作方
法を設定することで、その内部動作の詳
細を覆い隠し、利用しやすくしようとする
考え方と言える。この考え方を応用した
プログラミング技法が、オブジェクト指向
プログラミング(OOP)である。




         オブジェクト指向【object oriented】
どうでしょう?
一般的なオブジェクト指向の説明・・・
いかに抽象的でいかに曖昧か・・・

これでオブジェクト指向が理解できます
か?
オブジェクト指向とは!
● 大規模開発に向いている
● 再利用性がとても高い
● 保守性も高く、仕様変更に強
  い
● 技術者として知るべきこと

     本当??
そんなわけない・・・
オブジェクト指向って・・・
● 必須?効率的?それはリーダーや製造
  者次第では?
● Javaが誕生して17年、C言語は過去の
  ものとなった?
● 知らないより知っているほうが良いレベ
  ルなのでは?

      所詮は道具
オブジェクト指向って流行って
いるの?

7月プログラミング言語人気

          http://news.mynavi.
jp/news/2012/07/10/012/index.
                         html
休憩
手続き型とオブジェクト型の
違い
オブジェクトって?
●   フィールドとは?
●   メソッドとは?
●   クラスとは?
●   インスタンスとは?
●   オブジェクトとは?
オブジェクトとは
● フィールド:変数です
● メソッド:関数です
● クラス:フィールドと関数を集めた定義
  体です
● インスタンス:クラスをメモリに実体化し
  たものです
● オブジェクト:インスタンスの総称です
     (とりあえずはオブジェクト=インスタンスでOK)
イントロダクションでのこと
● あなた自身がオブジェクト
● 名前、言語などが隠蔽化され
  た情報
● 私がお願いしたことがメソッド
  呼び出し
● あなたの動作が処理
どう つ・く・る?
画面をランダムに移動する街の住人
それぞれ向いている向きも違えば、外見も違う
でも、同じ外見の人もいたりする

こんな街の住人をプログラムで表現すると?

<キーワード>
 ・住人
 ・向き
 ・外見
 ・移動する
手続き型向の場合
● 住人構造体を作成
  (向き、外見に関する情報を保持)
● 「移動する」関数を作成
● 「移動する」関数に住人構造体を渡す
● この処理を住人の数だけ繰り返す



  move(non_player)
オブジェクト指向の場合
● 住人クラスを作成
  (向き、外見に関する情報を保持)
● 「移動する」メソッドを住人クラスに作成
● 住人の数だけオブジェクトを作成しメソッドを呼
  ぶ


   nonPlayer.move()
もう少し考えてみよう
では、次の処理を追加するとどうなる?


   主人公を動かす
手続き指向の場合
● 主人公構造体を作成
  (向き、外見に関する情報を保持)
● 「移動する」関数を作成
● 「移動する」関数に主人公構造体と移動する方
  向を渡す




 player_move(player, key)
オブジェクト指向の場合
● 主人公クラスを作成
  (向き、外見に関する情報を保持)
● 「移動する」メソッドを主人公クラスに作成
● 「移動する」メソッドを呼ぶ



   player.move(key)
あれ・・・
なんか「移動する」っていろいろ
出てきそうだけど・・・
「移動する」が増えれば増える
ほど手続きの方って・・・


  設計次第だけどねw
こ・ん・ど・は?
主人公の動きにこんな制約をつけます

 ・主人公の状態を追加
 ・主人公の毒と言う状態がある
 ・主人公の状態が毒の場合、移動するごとにHPが減る
手続き指向の場合
● 主人公構造体に「状態」と「HP」の情報を追加
● 「移動する」関数に「状態」により「HP」を減少さ
  せる処理を追加




  player_move(player, key)
もしかしたら・・・
● お仕事だったら、こんな風に書くかもね・・・

player_move(player, key)
if(player.status = poison){
   player.hp = player.hp -20
}
※ 進行上、これはなかったことに
オブジェクト指向の場合
● 主人公クラスに「状態」と「HP」の情報を追加
● 「移動する」メソッドに「状態」により「HP」を減少
  させる処理を追加



    player.move(key)
あれ?



手続きもオブジェクト
  も一緒?
でも・・・
状態もHPも「主人公」構造体(クラス)も持ち物!
「移動する」関数(メソッド)は?

<手続き>
 誰の持ち物でもない(処理実装部分が
 状態を意識している)
<オブジェクト>
 主人公クラスの持ち物(状態は主人公
 クラスしか意識していない)
どういうこと?
手続き指向は
 ○ 主人公構造体はただのデータの塊
 ○ それを操作(処理)する実装で、位
   置、向きを書き換える
 ○ さらに状態によって、HPが減るか減ら
   ないか判断する
手続指向だと

主人公構造体をいたるところで変更可能

主人公に対する変更が発生すると影響度
       は大きい

 さらに。。。不具合が発生しやすい
で??
オブジェクト指向は
 ○ 主人公クラスは全ての情報と「移動
   する」メソッドを管理
 ○ オブジェクト内で全ての情報を操作
   し、呼び出し先は情報を意識していな
   い
オブジェクト指向だと
  主人公の情報はクラス内で完結

情報に対する仕様変更はクラス内で完結
   処理の追加はメソッドの追加

  情報が隠ぺい化されているので
    不具合が発生した場合
    原因の特定がしやすい
ミソは!(1)

● オブジェクト指向は「情報」と
 「処理」を「ひとまとまり」に管
 理できる
ミソは!(2)

● オブジェクト指向は「情報」と
 「処理」の「ひとまとまり」を定
 義さえすれば、メモリ上に簡
 単にいくつでも、配置(実体
 化)出来る
ミソは!(3)

● オブジェクト指向は「情報」と
 「処理」の「ひとまとまり」を定
 義が同じでも、メモリ上に配置
 (実体化)したものはまったく
 の別物である
マルチプルインスタンス
実は先ほどの「ミソ」が
「マルチプルインスタンス」
と言うもので
オブジェクト指向を理解するうえで、もっと
も主となる考え方と言われています。
まとめ
今回の勉強会は
今回は「オブジェクト指向」の「オブジェク
ト」の部分を、以下の点からふれてみまし
た
● 一般的に言われているオブ
  ジェクト指向
● オブジェクトとはき型と比較
でも
まだ、「オブジェクト指向」の入り口に差し掛かった
くらいです。

しかし、いきなり「オブジェクト指向の3原則」などを
例え話を交えて説明しても、理論的な知識としてし
か理解できません。
本質のない知識は、やがて忘れていきます。
まずは

      オブジェクトって?
 なにが今までと違うの?

  を漠然とで良いので、
想像出来るようにしてください
今、こうなっていてくれたら幸い


 書籍、ネットで書かれている
   「オブジェクト指向」
      について
 自分なりの見方が出来る!
おそらく

 今、講義の序盤で行った
 「IT用語辞典 e-word」
での内容をもう一度読んだら…

       違うとらえ方が
その上で
「オブジェクトとは」をしっかり理解したうえ
で
「カプセル化,継承,ポリモーフィズム」
などを理解した方が効率的です。

なぜなら、「本質」を理解していなければ

ただの「言葉」で終わってしまうからで
最後に
知識や論理は後でもよい
わかったような例え話を覚えても、本質はわからな
い

重要なのは「自分の経験」と「学ぶべき対象」を比
較し、自分のものに出来るか

今回は、この部分から何かを掴んで頂けたなら、
良い時間となったかと思います

More Related Content

What's hot

やはりお前らのMVCは間違っている
やはりお前らのMVCは間違っているやはりお前らのMVCは間違っている
やはりお前らのMVCは間違っている
Koichi Tanaka
 
ドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装まで
ドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装までドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装まで
ドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装まで
増田 亨
 
ドメイン駆動設計の正しい歩き方
ドメイン駆動設計の正しい歩き方ドメイン駆動設計の正しい歩き方
ドメイン駆動設計の正しい歩き方
増田 亨
 
2019年度 若手技術者向け講座 オブジェクト指向
2019年度 若手技術者向け講座 オブジェクト指向2019年度 若手技術者向け講座 オブジェクト指向
2019年度 若手技術者向け講座 オブジェクト指向
keki3
 
実践的な設計って、なんだろう?
実践的な設計って、なんだろう?実践的な設計って、なんだろう?
実践的な設計って、なんだろう?
増田 亨
 
Msを16倍出し抜くwpf開発1回目
Msを16倍出し抜くwpf開発1回目Msを16倍出し抜くwpf開発1回目
Msを16倍出し抜くwpf開発1回目
cct-inc
 
良質なコードを高速に書くコツ
良質なコードを高速に書くコツ良質なコードを高速に書くコツ
良質なコードを高速に書くコツ
Shunji Konishi
 
アジャイル・スクラム時代のパタン・ランゲージとアレグザンダー理論
アジャイル・スクラム時代のパタン・ランゲージとアレグザンダー理論アジャイル・スクラム時代のパタン・ランゲージとアレグザンダー理論
アジャイル・スクラム時代のパタン・ランゲージとアレグザンダー理論
Takeshi Kakeda
 
実践に向けたドメイン駆動設計のエッセンス
実践に向けたドメイン駆動設計のエッセンス実践に向けたドメイン駆動設計のエッセンス
実践に向けたドメイン駆動設計のエッセンス
増田 亨
 
継承やめろマジやめろ。 なぜイケないのか 解説する
継承やめろマジやめろ。 なぜイケないのか 解説する継承やめろマジやめろ。 なぜイケないのか 解説する
継承やめろマジやめろ。 なぜイケないのか 解説する
TaishiYamada1
 
ドメイン駆動設計の学習曲線とブレークポイント
ドメイン駆動設計の学習曲線とブレークポイントドメイン駆動設計の学習曲線とブレークポイント
ドメイン駆動設計の学習曲線とブレークポイント
増田 亨
 
いまさら学ぶMVVMパターン
いまさら学ぶMVVMパターンいまさら学ぶMVVMパターン
いまさら学ぶMVVMパターン
Yuta Matsumura
 
「ドメイン駆動設計」の複雑さに立ち向かう
「ドメイン駆動設計」の複雑さに立ち向かう「ドメイン駆動設計」の複雑さに立ち向かう
「ドメイン駆動設計」の複雑さに立ち向かう
増田 亨
 
ドメインモデルの育て方
ドメインモデルの育て方ドメインモデルの育て方
ドメインモデルの育て方
増田 亨
 
Prism + ReactiveProperty入門
Prism + ReactiveProperty入門Prism + ReactiveProperty入門
Prism + ReactiveProperty入門
一希 大田
 
ドメイン駆動設計という仕事の流儀
ドメイン駆動設計という仕事の流儀ドメイン駆動設計という仕事の流儀
ドメイン駆動設計という仕事の流儀
増田 亨
 
ブラック企業から学ぶMVCモデル
ブラック企業から学ぶMVCモデルブラック企業から学ぶMVCモデル
ブラック企業から学ぶMVCモデル
Yuta Hiroto
 
【Unity道場 2月】シェーダを書けるプログラマになろう
【Unity道場 2月】シェーダを書けるプログラマになろう【Unity道場 2月】シェーダを書けるプログラマになろう
【Unity道場 2月】シェーダを書けるプログラマになろう
Unity Technologies Japan K.K.
 
ドメイン駆動設計サンプルコードの徹底解説
ドメイン駆動設計サンプルコードの徹底解説ドメイン駆動設計サンプルコードの徹底解説
ドメイン駆動設計サンプルコードの徹底解説
増田 亨
 
Rust Error Handling
Rust Error HandlingRust Error Handling
Rust Error Handling
ShunsukeNakamura17
 

What's hot (20)

やはりお前らのMVCは間違っている
やはりお前らのMVCは間違っているやはりお前らのMVCは間違っている
やはりお前らのMVCは間違っている
 
ドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装まで
ドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装までドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装まで
ドメイン駆動で開発する ラフスケッチから実装まで
 
ドメイン駆動設計の正しい歩き方
ドメイン駆動設計の正しい歩き方ドメイン駆動設計の正しい歩き方
ドメイン駆動設計の正しい歩き方
 
2019年度 若手技術者向け講座 オブジェクト指向
2019年度 若手技術者向け講座 オブジェクト指向2019年度 若手技術者向け講座 オブジェクト指向
2019年度 若手技術者向け講座 オブジェクト指向
 
実践的な設計って、なんだろう?
実践的な設計って、なんだろう?実践的な設計って、なんだろう?
実践的な設計って、なんだろう?
 
Msを16倍出し抜くwpf開発1回目
Msを16倍出し抜くwpf開発1回目Msを16倍出し抜くwpf開発1回目
Msを16倍出し抜くwpf開発1回目
 
良質なコードを高速に書くコツ
良質なコードを高速に書くコツ良質なコードを高速に書くコツ
良質なコードを高速に書くコツ
 
アジャイル・スクラム時代のパタン・ランゲージとアレグザンダー理論
アジャイル・スクラム時代のパタン・ランゲージとアレグザンダー理論アジャイル・スクラム時代のパタン・ランゲージとアレグザンダー理論
アジャイル・スクラム時代のパタン・ランゲージとアレグザンダー理論
 
実践に向けたドメイン駆動設計のエッセンス
実践に向けたドメイン駆動設計のエッセンス実践に向けたドメイン駆動設計のエッセンス
実践に向けたドメイン駆動設計のエッセンス
 
継承やめろマジやめろ。 なぜイケないのか 解説する
継承やめろマジやめろ。 なぜイケないのか 解説する継承やめろマジやめろ。 なぜイケないのか 解説する
継承やめろマジやめろ。 なぜイケないのか 解説する
 
ドメイン駆動設計の学習曲線とブレークポイント
ドメイン駆動設計の学習曲線とブレークポイントドメイン駆動設計の学習曲線とブレークポイント
ドメイン駆動設計の学習曲線とブレークポイント
 
いまさら学ぶMVVMパターン
いまさら学ぶMVVMパターンいまさら学ぶMVVMパターン
いまさら学ぶMVVMパターン
 
「ドメイン駆動設計」の複雑さに立ち向かう
「ドメイン駆動設計」の複雑さに立ち向かう「ドメイン駆動設計」の複雑さに立ち向かう
「ドメイン駆動設計」の複雑さに立ち向かう
 
ドメインモデルの育て方
ドメインモデルの育て方ドメインモデルの育て方
ドメインモデルの育て方
 
Prism + ReactiveProperty入門
Prism + ReactiveProperty入門Prism + ReactiveProperty入門
Prism + ReactiveProperty入門
 
ドメイン駆動設計という仕事の流儀
ドメイン駆動設計という仕事の流儀ドメイン駆動設計という仕事の流儀
ドメイン駆動設計という仕事の流儀
 
ブラック企業から学ぶMVCモデル
ブラック企業から学ぶMVCモデルブラック企業から学ぶMVCモデル
ブラック企業から学ぶMVCモデル
 
【Unity道場 2月】シェーダを書けるプログラマになろう
【Unity道場 2月】シェーダを書けるプログラマになろう【Unity道場 2月】シェーダを書けるプログラマになろう
【Unity道場 2月】シェーダを書けるプログラマになろう
 
ドメイン駆動設計サンプルコードの徹底解説
ドメイン駆動設計サンプルコードの徹底解説ドメイン駆動設計サンプルコードの徹底解説
ドメイン駆動設計サンプルコードの徹底解説
 
Rust Error Handling
Rust Error HandlingRust Error Handling
Rust Error Handling
 

Viewers also liked

デジタルメディア創作部勉強会「オブジェクト指向入門1」
デジタルメディア創作部勉強会「オブジェクト指向入門1」デジタルメディア創作部勉強会「オブジェクト指向入門1」
デジタルメディア創作部勉強会「オブジェクト指向入門1」Hokuto Tateyama
 
オブジェクト指向ワークショップ 201507版
オブジェクト指向ワークショップ 201507版オブジェクト指向ワークショップ 201507版
オブジェクト指向ワークショップ 201507版Mao Ohnishi
 
だいたい30分で分かるオブジェクト指向
だいたい30分で分かるオブジェクト指向だいたい30分で分かるオブジェクト指向
だいたい30分で分かるオブジェクト指向
Anto Mioyama
 
ジーノ先生の文系的オブジェクト指向(1) - ジーノ誕生
ジーノ先生の文系的オブジェクト指向(1) - ジーノ誕生ジーノ先生の文系的オブジェクト指向(1) - ジーノ誕生
ジーノ先生の文系的オブジェクト指向(1) - ジーノ誕生
Satoru Kodaira
 
ジーノ先生の文系的オブジェクト指向(2) - コンストラクタの引数
ジーノ先生の文系的オブジェクト指向(2) - コンストラクタの引数ジーノ先生の文系的オブジェクト指向(2) - コンストラクタの引数
ジーノ先生の文系的オブジェクト指向(2) - コンストラクタの引数
Satoru Kodaira
 
F流 『オブジェクト指向の考え方の基礎の基礎』 ~ソフトウェア開発の原則編~
F流『オブジェクト指向の考え方の基礎の基礎』~ソフトウェア開発の原則編~F流『オブジェクト指向の考え方の基礎の基礎』~ソフトウェア開発の原則編~
F流 『オブジェクト指向の考え方の基礎の基礎』 ~ソフトウェア開発の原則編~
Fujio Kojima
 
関数型言語とオブジェクト指向言語(序章)
関数型言語とオブジェクト指向言語(序章)関数型言語とオブジェクト指向言語(序章)
関数型言語とオブジェクト指向言語(序章)
tadaaki hayashi
 
本当のオブジェクト指向は可読性を上げる
本当のオブジェクト指向は可読性を上げる本当のオブジェクト指向は可読性を上げる
本当のオブジェクト指向は可読性を上げる
Wataru Terada
 
第3回勉強会 オブジェクト指向
第3回勉強会 オブジェクト指向第3回勉強会 オブジェクト指向
第3回勉強会 オブジェクト指向
hakoika-itwg
 
06 オブジェクト指向の基礎
06 オブジェクト指向の基礎06 オブジェクト指向の基礎
06 オブジェクト指向の基礎文樹 高橋
 
Phpではじめるオブジェクト指向(公開用)
Phpではじめるオブジェクト指向(公開用)Phpではじめるオブジェクト指向(公開用)
Phpではじめるオブジェクト指向(公開用)VOYAGE GROUP
 
バージョン管理#01 -Subversion編-
バージョン管理#01 -Subversion編-バージョン管理#01 -Subversion編-
バージョン管理#01 -Subversion編-
hakoika-itwg
 
オブジェクト指向プログラミング再入門
オブジェクト指向プログラミング再入門オブジェクト指向プログラミング再入門
オブジェクト指向プログラミング再入門Ryo Miyake
 
第1回 モデリング勉強会
第1回 モデリング勉強会第1回 モデリング勉強会
第1回 モデリング勉強会
hakoika-itwg
 
オブジェクト指向勉強会(基礎)
オブジェクト指向勉強会(基礎)オブジェクト指向勉強会(基礎)
オブジェクト指向勉強会(基礎)
nomuken
 
第2回 モデリング勉強会
第2回 モデリング勉強会第2回 モデリング勉強会
第2回 モデリング勉強会
hakoika-itwg
 
第8回勉強会 開発プロセス 「計画ゲーム~ふりかえり」
第8回勉強会 開発プロセス 「計画ゲーム~ふりかえり」第8回勉強会 開発プロセス 「計画ゲーム~ふりかえり」
第8回勉強会 開発プロセス 「計画ゲーム~ふりかえり」
hakoika-itwg
 

Viewers also liked (17)

デジタルメディア創作部勉強会「オブジェクト指向入門1」
デジタルメディア創作部勉強会「オブジェクト指向入門1」デジタルメディア創作部勉強会「オブジェクト指向入門1」
デジタルメディア創作部勉強会「オブジェクト指向入門1」
 
オブジェクト指向ワークショップ 201507版
オブジェクト指向ワークショップ 201507版オブジェクト指向ワークショップ 201507版
オブジェクト指向ワークショップ 201507版
 
だいたい30分で分かるオブジェクト指向
だいたい30分で分かるオブジェクト指向だいたい30分で分かるオブジェクト指向
だいたい30分で分かるオブジェクト指向
 
ジーノ先生の文系的オブジェクト指向(1) - ジーノ誕生
ジーノ先生の文系的オブジェクト指向(1) - ジーノ誕生ジーノ先生の文系的オブジェクト指向(1) - ジーノ誕生
ジーノ先生の文系的オブジェクト指向(1) - ジーノ誕生
 
ジーノ先生の文系的オブジェクト指向(2) - コンストラクタの引数
ジーノ先生の文系的オブジェクト指向(2) - コンストラクタの引数ジーノ先生の文系的オブジェクト指向(2) - コンストラクタの引数
ジーノ先生の文系的オブジェクト指向(2) - コンストラクタの引数
 
F流 『オブジェクト指向の考え方の基礎の基礎』 ~ソフトウェア開発の原則編~
F流『オブジェクト指向の考え方の基礎の基礎』~ソフトウェア開発の原則編~F流『オブジェクト指向の考え方の基礎の基礎』~ソフトウェア開発の原則編~
F流 『オブジェクト指向の考え方の基礎の基礎』 ~ソフトウェア開発の原則編~
 
関数型言語とオブジェクト指向言語(序章)
関数型言語とオブジェクト指向言語(序章)関数型言語とオブジェクト指向言語(序章)
関数型言語とオブジェクト指向言語(序章)
 
本当のオブジェクト指向は可読性を上げる
本当のオブジェクト指向は可読性を上げる本当のオブジェクト指向は可読性を上げる
本当のオブジェクト指向は可読性を上げる
 
第3回勉強会 オブジェクト指向
第3回勉強会 オブジェクト指向第3回勉強会 オブジェクト指向
第3回勉強会 オブジェクト指向
 
06 オブジェクト指向の基礎
06 オブジェクト指向の基礎06 オブジェクト指向の基礎
06 オブジェクト指向の基礎
 
Phpではじめるオブジェクト指向(公開用)
Phpではじめるオブジェクト指向(公開用)Phpではじめるオブジェクト指向(公開用)
Phpではじめるオブジェクト指向(公開用)
 
バージョン管理#01 -Subversion編-
バージョン管理#01 -Subversion編-バージョン管理#01 -Subversion編-
バージョン管理#01 -Subversion編-
 
オブジェクト指向プログラミング再入門
オブジェクト指向プログラミング再入門オブジェクト指向プログラミング再入門
オブジェクト指向プログラミング再入門
 
第1回 モデリング勉強会
第1回 モデリング勉強会第1回 モデリング勉強会
第1回 モデリング勉強会
 
オブジェクト指向勉強会(基礎)
オブジェクト指向勉強会(基礎)オブジェクト指向勉強会(基礎)
オブジェクト指向勉強会(基礎)
 
第2回 モデリング勉強会
第2回 モデリング勉強会第2回 モデリング勉強会
第2回 モデリング勉強会
 
第8回勉強会 開発プロセス 「計画ゲーム~ふりかえり」
第8回勉強会 開発プロセス 「計画ゲーム~ふりかえり」第8回勉強会 開発プロセス 「計画ゲーム~ふりかえり」
第8回勉強会 開発プロセス 「計画ゲーム~ふりかえり」
 

Similar to 第2回勉強会 オブジェクト指向

オブジェクト指向についてあまり知られていないこと
オブジェクト指向についてあまり知られていないことオブジェクト指向についてあまり知られていないこと
オブジェクト指向についてあまり知られていないこと
Yoichi Toyota
 
論文紹介:Human Hands As Probes for Interactive Object Understanding
論文紹介:Human Hands As Probes for Interactive Object Understanding論文紹介:Human Hands As Probes for Interactive Object Understanding
論文紹介:Human Hands As Probes for Interactive Object Understanding
Toru Tamaki
 
オブジェクト指向入門1
オブジェクト指向入門1オブジェクト指向入門1
オブジェクト指向入門1
Kenta Hattori
 
オブジェクト指向とは何ですか?
オブジェクト指向とは何ですか?オブジェクト指向とは何ですか?
オブジェクト指向とは何ですか?
sumim
 
2018年度 若手技術者向け講座 オブジェクト指向01
2018年度 若手技術者向け講座 オブジェクト指向012018年度 若手技術者向け講座 オブジェクト指向01
2018年度 若手技術者向け講座 オブジェクト指向01
keki3
 
Webの勉強会#9
Webの勉強会#9Webの勉強会#9
Webの勉強会#9
MarlboroLand
 
モジュールの凝集度・結合度・インタフェース
モジュールの凝集度・結合度・インタフェースモジュールの凝集度・結合度・インタフェース
モジュールの凝集度・結合度・インタフェース
Hajime Yanagawa
 
オブジェクト指向を 完全に理解していない人が オブジェクト指向を モビルスーツに例えて話してみる
オブジェクト指向を完全に理解していない人がオブジェクト指向をモビルスーツに例えて話してみるオブジェクト指向を完全に理解していない人がオブジェクト指向をモビルスーツに例えて話してみる
オブジェクト指向を 完全に理解していない人が オブジェクト指向を モビルスーツに例えて話してみる
penseestokyo
 
Androidで学ぶ
Androidで学ぶAndroidで学ぶ
Androidで学ぶ
Kensuke Onishi
 
【LiT Leaders】Android0309
【LiT Leaders】Android0309【LiT Leaders】Android0309
【LiT Leaders】Android0309
Ryo Yamamoto
 

Similar to 第2回勉強会 オブジェクト指向 (11)

オブジェクト指向についてあまり知られていないこと
オブジェクト指向についてあまり知られていないことオブジェクト指向についてあまり知られていないこと
オブジェクト指向についてあまり知られていないこと
 
論文紹介:Human Hands As Probes for Interactive Object Understanding
論文紹介:Human Hands As Probes for Interactive Object Understanding論文紹介:Human Hands As Probes for Interactive Object Understanding
論文紹介:Human Hands As Probes for Interactive Object Understanding
 
オブジェクト指向入門1
オブジェクト指向入門1オブジェクト指向入門1
オブジェクト指向入門1
 
オブジェクト指向とは何ですか?
オブジェクト指向とは何ですか?オブジェクト指向とは何ですか?
オブジェクト指向とは何ですか?
 
2018年度 若手技術者向け講座 オブジェクト指向01
2018年度 若手技術者向け講座 オブジェクト指向012018年度 若手技術者向け講座 オブジェクト指向01
2018年度 若手技術者向け講座 オブジェクト指向01
 
Webの勉強会#9
Webの勉強会#9Webの勉強会#9
Webの勉強会#9
 
I
II
I
 
モジュールの凝集度・結合度・インタフェース
モジュールの凝集度・結合度・インタフェースモジュールの凝集度・結合度・インタフェース
モジュールの凝集度・結合度・インタフェース
 
オブジェクト指向を 完全に理解していない人が オブジェクト指向を モビルスーツに例えて話してみる
オブジェクト指向を完全に理解していない人がオブジェクト指向をモビルスーツに例えて話してみるオブジェクト指向を完全に理解していない人がオブジェクト指向をモビルスーツに例えて話してみる
オブジェクト指向を 完全に理解していない人が オブジェクト指向を モビルスーツに例えて話してみる
 
Androidで学ぶ
Androidで学ぶAndroidで学ぶ
Androidで学ぶ
 
【LiT Leaders】Android0309
【LiT Leaders】Android0309【LiT Leaders】Android0309
【LiT Leaders】Android0309
 

More from hakoika-itwg

第9回勉強会 Webセキュリティー
第9回勉強会 Webセキュリティー第9回勉強会 Webセキュリティー
第9回勉強会 Webセキュリティーhakoika-itwg
 
第8回勉強会 開発プロセス 「プロセス改善」
第8回勉強会 開発プロセス 「プロセス改善」第8回勉強会 開発プロセス 「プロセス改善」
第8回勉強会 開発プロセス 「プロセス改善」
hakoika-itwg
 
第7回勉強会 ネットワークの基礎
第7回勉強会 ネットワークの基礎第7回勉強会 ネットワークの基礎
第7回勉強会 ネットワークの基礎
hakoika-itwg
 
第6回勉強会 はじめてのデータベース
第6回勉強会 はじめてのデータベース第6回勉強会 はじめてのデータベース
第6回勉強会 はじめてのデータベース
hakoika-itwg
 
第4回勉強会 単体テストのすすめ
第4回勉強会 単体テストのすすめ第4回勉強会 単体テストのすすめ
第4回勉強会 単体テストのすすめ
hakoika-itwg
 

More from hakoika-itwg (6)

Version管理 1
Version管理 1Version管理 1
Version管理 1
 
第9回勉強会 Webセキュリティー
第9回勉強会 Webセキュリティー第9回勉強会 Webセキュリティー
第9回勉強会 Webセキュリティー
 
第8回勉強会 開発プロセス 「プロセス改善」
第8回勉強会 開発プロセス 「プロセス改善」第8回勉強会 開発プロセス 「プロセス改善」
第8回勉強会 開発プロセス 「プロセス改善」
 
第7回勉強会 ネットワークの基礎
第7回勉強会 ネットワークの基礎第7回勉強会 ネットワークの基礎
第7回勉強会 ネットワークの基礎
 
第6回勉強会 はじめてのデータベース
第6回勉強会 はじめてのデータベース第6回勉強会 はじめてのデータベース
第6回勉強会 はじめてのデータベース
 
第4回勉強会 単体テストのすすめ
第4回勉強会 単体テストのすすめ第4回勉強会 単体テストのすすめ
第4回勉強会 単体テストのすすめ
 

Recently uploaded

20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
Seiya Shimabukuro
 
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
Shinichi Hirauchi
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
ARISE analytics
 
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
Osaka University
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
Takuya Minagawa
 
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
Hideo Kashioka
 
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Hirotaka Kawata
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
sugiuralab
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
Osaka University
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
kitamisetagayaxxx
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
ssuserfcafd1
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
Yuki Miyazaki
 

Recently uploaded (13)

20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
 
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
 
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
 
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
 
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
 

第2回勉強会 オブジェクト指向