Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

国際標準規格に基づいた地質情報配信計画

847 views

Published on

FOSS4G 2012 Tokyo

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

国際標準規格に基づいた地質情報配信計画

  1. 1. 国際標準規格に基づいた 地質情報配信計画(Open data on the web byGeological Survey of Japan) 産業技術総合研究所 / AIST 地質調査総合センター / GSJ 山本直孝 / Naotaka YAMAMOTO FOSS4G 2012 Tokyo, 2012.11.4
  2. 2. GSJ/産総研が持つコンテンツFREE AND OPEN DATA DISTRIBUTIONFODD?
  3. 3. 社会的な要請地質情報への期待の高まり• 内閣官房 「電子行政オープンデータ戦略」 (2012 年7月4日)「特に民間による活用ニーズの高いと考えられる公共データ」として、地図・地形等と並んで「地質情報」を明示。• 総務省 (2012年7月4日)「ASP・SaaS・クラウドの普及拡大に向けたガイドの公表」で →様々な分野で地質情報の積極的な利活用が進行しつつあ る。「地盤情報の二次利用ガイド」を公開。 3
  4. 4. 産総研の地質情報 / Geoinformation著作物 地質図類 報告書類 2011年3月11日 地質図データ Geological Maps 分析値 観測値 地下水位データ Ground water 地球化学図 Geochemical mapGeological Survey of Japan, since 1882 4
  5. 5. 産総研の地質図幅 / geological map ち し つ ず 地質図幅:日本全国を規定の区画で系統的に整備した地質 ふ く 図  20万分の1地質図幅 赤:20万分の 1  5万分の1地質図幅 緑:5万分の120万分の1 5万分の1 • 20万分の1地質図幅は2010年全国完備。 • 5万分の1地質図幅は重点地域から整備中。 5
  6. 6. 産総研の地質図類 鉱物資源図 地質図 海洋地質図日本炭田図 火山地質図 6
  7. 7. Concept• データ開放 – Make the data OPEN !• データ解放 – Make the data FREE from what ? By S. Sekiguchi
  8. 8. 解放 / Make the data FREE from色々な意味でしがらみ• 既得権益 / Vested interest – 論文書くまで待ってとか,国有財産,財務 省...• 紙 / Paper – ONLY provide paper map Geological Map
  9. 9. 頒布価格設定の変更について http://www.gsj.jp/Map/JP/infomation_20120912.htm
  10. 10. 国際標準 ISO / OGCとかフォーマットとかOPEN STANDARD
  11. 11. 電子化 / Format• ラスタ / Raster – GeoTIFF, PDF• ベクタ / Vector – DLG, E00, RVC, Shape, KML,,,• ウェブ / Web PDF ISO32000 already – WMS, WMTS, WCS, WFS supports geolocation and layer structure → FOSS4Gでも欲しい
  12. 12. 地質図Navi http://www.gsj.jp/researches/geodb/geonavi.html
  13. 13. 新GSJ台帳PLAN
  14. 14. 統合 http://riodb.ibase.aist.go.jp/rioFieldGeo.html RIO-DB 研究情報公開 データベース 地質図カタログhttp://www.gsj.jp/Map/index.html http://docs.geogrid.org/Applications GEO Grid 統合して, GSJ台帳(仮称)へ
  15. 15. http://www.gsj.jp/ 今後の計画• ウェブ公開可能な地質情報を整理 – 著作物の権利関係の整理• 様々な地質情報の発信を検討 – どれを • 地質図類,データ類 – どうやって • GeoTIFF, GeoPDF, DLG, E00, RVC, Shape, KML • WMS, WMTS, WCS, WFS• 必要な情報を見つけやすい環境整備 – ポータルサイト構築 – 出版物とも連携 15

×