Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

OSGeo財団のご紹介とCS立体図にみるオープン戦略

609 views

Published on

某所でのお話の内容

Published in: Science
  • Be the first to comment

OSGeo財団のご紹介とCS立体図にみるオープン戦略

  1. 1. CS立体図の活用に向けた意見交換会 2017/01/19 OSGeo財団のご紹介 と CS立体図にみるオープン戦略 農研機構・農業環境変動研究センター OSGeo財団日本支部 岩崎 亘典 niwasaki@affrc.go.jp wata909@gmail.com
  2. 2. 今日のおはなし • FOSS4GとOSGeoについて • QGISについて • CS立体図活用にみるオープン戦略の有効 性 2Agenda
  3. 3. 自己紹介 • 略歴 – 東京都立大地理科(学部) • 地理学出身 – 東京工業大学(修士・博士) – 農研機構 • 農業環境変動研究センター • 研究テーマ – 農村地域における歴史的土地利 用変化の解明 – FOSS4Gを利用した地理空間情報 の利活用手法の検討 • 活動 – OSGeo財団日本支部・副代表 3はじめに
  4. 4. こんな研究をしています • 迅速測図のデータをオープンデータとし て公開しています。 • http://habs.dc.affrc.go.jp/ • https://github.com/HabsNiaes/habs_luccdb 4はじめに
  5. 5. CS立体図の活用に向けた意見交換会 2017/01/19 FOSS4GとOSGeoについて
  6. 6. ざっくりいうと • OSGeoは組織の名前です – アメリカに本部があり、各国に支部がある • FOSS4Gはソフトウェアのことです – 会議だったり、コミュニティだったりもします 6FOSS4GとOSGeoについて
  7. 7. OSGeo設立のきっかけは • 2004年にJeffとMarkusが出会ったこと – Jeff McKenna:MapServerのドキュメンテー ションを行っていた。 – Markus Neteler:GRASSの開発者。いわゆる 「GRASS本」の主著者の1人 7OSGeo とFOSS4Gについて
  8. 8. どこで出会ったかというと • 大阪駅前第二ビルの居酒屋! – 正しくは大阪市大キャンパスかと思われます • ベンカ先生の招きで来日 – 詳しくは森さんのblogで • http://blog.goo.ne.jp/jg2tkh/s/FOSS4Gコミュニティは いかにして創成されたか 8OSGeo とFOSS4Gについて
  9. 9. ベンカ先生について • なにわのインド人! – 大阪市立大学教授 – 現OSGeo財団代表 • コミュニティ間の連携を力説された 9OSGeoとFOSS4Gについて
  10. 10. Open Source GISの歴史 10OSGeoとFOSS4Gについて http://www.slideshare.net/fullscreen/gatewaygeomatics.com/foss4g-community/4
  11. 11. ベンカ先生について • FOSS4Gという言葉の発案者でもある 11OSGeo とFOSS4Gについて
  12. 12. FOSS4Gってなに? • FOSS4Gとは「Free and Open Source Software for Geospatial」の略 – 誰もが、自由に、入手・修正でき、どの様な 目的でも使える地理空間ソフトウェアのこと – 同時に、そうしたソフトウェアの開発者や ユーザーが集まる会議の名前でもある • OSGeo財団が主催する国際カンファレンス • 世界各国の支部が主催するイベント – さらに、そうしたソフトウェアに関わる人々 のコミュニティを指すこともある • FOSS4Gコミュニティとか 12OSGeoとFOSS4Gについて
  13. 13. OSGeo財団ってなんですか? • こうしたオープンソースGISコミュニティ を支えるために設立されたのが "OSGeo財団"です • 「The Open Source Geospatial Foundation」の略 – OSGeoはコミュニティ主導のGISやマッピン グプロジェクトの"傘"になります OSGeoとFOSS4Gについて 13 http://www.osgeo.org/content/news/news_archive/ open_source_geospatial_foundation_initial_press_release.html.html
  14. 14. OSGeo財団についてもう少し • 財団といっても、財政的に安定した後ろ 盾はありません(汗 • Local Chapterもあります – OSGeo.JPは日本支部。その他にもいろいろ • ただし、上納金とかがあるわけでもない OSGeoとFOSS4Gについて 14
  15. 15. OSGeo.JPの活動 • FOSS4G イベントの開催 – Tokyo、Osaka、Hokkaido!! • OSCへの参加による他のFLOSSコミュニティとの交流 • 学会での活動 • 各地での勉強会 15OSGeoとFOSS4Gについて
  16. 16. OSGeoLiveについて 16OSGeoとFOSS4Gについて • 各種FOSS4Gが入ったLiveDVD – どんなソフトがあるかみたい場合に便利 • https://live.osgeo.org/ja/presentation/index.html#/
  17. 17. スポンサーの皆様 17OSGeoとFOSS4Gについて
  18. 18. CS立体図の活用に向けた意見交換会 2017/01/19 QGISについて
  19. 19. QGISとは • FOSS4Gの一つ – 代表的なデスクトップGIS • www.qgis.org 19QGISについて
  20. 20. QGISの特徴 • GUIで操作できる – いわゆるArcGISに近い感じ • ファイルベースのGIS – GRASSやPostGISだデータベース 20QGISについて
  21. 21. QGISの特徴 • マルチプラットフォーム – Windowsのみでなく、Mac, Linuxでも動く 21QGISについて
  22. 22. 拡張性が高い • Pluginによる機能強化 • 他のアプリとの連携 • APIを使った独自アプリケーションの開発 22QGISについて
  23. 23. 開発が活発である • 長期リリース版と最新版がある – LTRは2.14、最新版は2.18 – 3.0系が開発中 23QGISについて State-of-QGIS-Project_FOSS4G-NA-2016.pd より引用
  24. 24. QGIS 3.0の開発について • Qt5, Python3の採用 – 次期LTRは3.2 • ファンディング中! 24QGISについて
  25. 25. 日本語情報も充実している • QGIS初心者質問グループ、各種QGIS本 25QGISについて
  26. 26. CS立体図の活用に向けた意見交換会 2017/01/19 CS立体図活用にみる オープン戦略の有効性
  27. 27. そもそもなぜここにいるかというと • 以下のセミナーに大丸さんお会いした – 一応、私が講師(汗 • その際、CS立体図の公開を考えているという話を 伺った 27CS立体図活用にみるオープン戦略の有効性
  28. 28. https://groups.google.com/forum/#!searchin/qgisshitumon01/%E8%B5%A4%E8%89 %B2%7Csort:relevance/qgisshitumon01/T35Lfs-2L9A/Nm3ExIsLAwAJ 私がCS立体図を知ったのは • 森林土木memoさん経由でした – 2016年11月20日のエントリー • セミナーが12月5~7日でタイミングがよい! 28CS立体図活用にみるオープン戦略の有効性 http://koutochas.seesaa.net/article/444171690.html
  29. 29. まだタイミングがいいのが続きます • インディゴの松澤さんが、Leafletで実装 – 12月9日! • FOSS4G Advent Calendar 2016のネタ 29CS立体図活用にみるオープン戦略の有効性 http://qiita.com/frogcat/items/b9aaa3df866a89d46ef5
  30. 30. ディープラーニングに波及する • かかったw 30CS立体図活用にみるオープン戦略の有効性 https://www.facebook.com/makinux7/posts/10211308473888738 https://www.facebook.com/makinux7/posts/10211310645743033?pnref=story
  31. 31. オープンな要素の重要性 • まさに、オープンイノベーション!! 31CS立体図活用にみるオープン戦略の有効性 CS立体図の活用 オープンな手法 オープンソース オープンな規格 オープンデータ
  32. 32. オープンイノベーションとは 32CS立体図活用にみるオープン戦略の有効性
  33. 33. オープンイノベーションとは 33CS立体図活用にみるオープン戦略の有効性
  34. 34. オープンイノベーションとは 34CS立体図活用にみるオープン戦略の有効性
  35. 35. CS立体図の作成手法 35CS立体図活用にみるオープン戦略の有効性 • オープンな手法なので、技術者が安心し て使える
  36. 36. Leaflet、QGIS、pix2pix • 各種オープンソースソフトが活用された – プロプライエタリだと、業務外に使える? • 最新の成果を即座に利用できる – 特にDeep Learning界隈では早い 36CS立体図にみるオープンイノベーションの可能性
  37. 37. 地理院標高タイル • 標高値をタイル形式で公開 • http://maps.gsi.go.jp/development/demtile.html – pix2pixでは、PNG標高タイルも利用 • https://gsj-seamless.jp/labs/elev/#elev 37CS立体図にみるオープンイノベーションの可能性
  38. 38. 地図タイル形式 • 標準化された地理空間情報 38CS立体図にみるオープンイノベーションの可能性
  39. 39. 既存の公開GISデータの欠点 • データが可視化されていない • 使いたいデータなのかどうか不明 • 形式や座標系変換などの準備が必要 • 異なる範囲のデータから、必要な範囲を抽出す る必要がある 39CS立体図にみるオープンイノベーションの可能性
  40. 40. 既存の公開GISデータの欠点→地図タイル形式の利点 • データが可視化されていない 閲覧用データなので可視化されている • 使いたいデータなのかどうか不明 用途に合うかどうか確認できる • 形式や座標系変換などの準備が必要 既に座標系が統一されている • 異なる範囲のデータから、必要な範囲を抽出す る必要がある {z}/{x}/{y}を指定すれば、必要なデータが 入手できる 40CS立体図にみるオープンイノベーションの可能性
  41. 41. 地図タイルとDeep Learning • 既に膨大な量のデータが存在する – 教師、学習、検証データの入手に事欠かない – Terrapatternが初めてか? • 地物の意味情報はOSMからとっている – 当方の取組は、ノーザンシステムサービス様に(汗 41CS立体図にみるオープンイノベーションの可能性 http://qiita.com/Yuki_Nakahora/items/ef093700f42e37c54330http://jp.techcrunch.com/2016/05/26/20160525terrapattern-is-a-neural-net-powered- reverse-image-search-for-maps/
  42. 42. 地図タイルベースのWebGIS • CS立体図の活用はその第一歩 – 利点 • GISのワークフローの劇的な改善 – 前処理が効率化できる • 開発した手法の汎用的に使える – データがタイルになっていればいい • 既に様々なリソースがある – 地理院タイル、OSM、川だけ地図、迅速測図、etc… – 欠点 • 特に、高緯度での定量的評価 42CS立体図にみるオープンイノベーションの可能性
  43. 43. 何はともあれ • DEMとLiDARの公開に期待!! – 森林以外でも絶対に使える! 43CS立体図にみるオープンイノベーションの可能性 https://rapidlasso.com/2017/01/03/first-open-lidar-in-germany/ https://www.opengeodata.nrw.de/produkte/geobasis/dgm/dgm1l/index.html
  44. 44. たとえば、塹壕を発見! 44CS立体図にみるオープンイノベーションの可能性

×