QGISアプリケーションを用いた 明治時代初期の土地利用DBの構築

2,170 views

Published on

FOSS4G2014 Hokkaidoの発表資料です。

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,170
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
178
Actions
Shares
0
Downloads
22
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • 明治13~19年にかけて作製
    近代的測量法によって広範囲にわたって作製された,日本でもっとも古い地図群
    土地利用ごとに彩色されている
    フランス式彩色地図とも呼ばれ、土地利用の判別が容易
    図郭外に視図や断面図が描かれている場合もある
    位置情報や精度に関する問題
    三角点網が整備される前であり、地理座標がない
    図幅内に測量誤差も認められる
  • QGISアプリケーションを用いた 明治時代初期の土地利用DBの構築

    1. 1. FOSS4G2014 Hokkaido 2014/06/27 QGISアプリケーションを用いた 明治時代初期の土地利用DBの構築 (独)農業環境技術研究所& OSGeo財団日本支部 岩崎 亘典
    2. 2. 今日の発表内容 • 迅速測図について • 歴史的農業環境閲覧システム(HABS)の構 築 • QGISアプリケーションを用いた土地利用 DBの構築 • 今後に向けて 2Agenda
    3. 3. 発表者について • 略歴 – 東京都立大地理科(学部) – 東京工業大学(修士・博士) – 農業環境技術研究所 • 生態系計測研究領域 • テーマ: – 農村における土地利用変化の 原因とその影響 – FOSS4Gを利用した地理空間 情報の利活用手法の検討 • 活動 – OSGeo財団日本支部運営委員 3自己紹介
    4. 4. FOSS4G2014 Hokkaido 2014/06/27 迅速測図について
    5. 5. 迅速測図とは • 明治初期に作製された地図 – 正確には「迅速測圖法」と いう測量法およびその方法 により測量された地図 • 関東地方では右の範囲 – 本発表で「迅速測図」とい う場合,関東地方を対象に 作成されたものを指す • 伝統的な農村土地利用を知 るのに貴重な資料 – ただし発行部数が少なく, 高価である 5迅速測図について
    6. 6. 迅速測図の特徴 • 近代的測量による日本でもっとも古い地図群 • 土地利用ごとに彩色されている • 位置情報や精度に難あり 6迅速測図について
    7. 7. ベクターデータ化の限界 • 労力がかかる – 一図幅/1人・一月 • 広範囲のデジタル化が困難 • 入力されない情報がある – 等高線や色彩情報 • ラスターデータとしての デジタル化の必要性 – ラスター:画像データ – 幾何補正が困難 • 全900図幅,土地利用変化が 極端な場合も 7迅速測図について
    8. 8. FOSS4G2014 Hokkaido 2014/06/27 歴史的農業環境閲覧システム (HABS)の開発
    9. 9. 広域幾何補正法の開発 • 個別の幾何補正は労力がかかる • 広範囲を対象とした幾何補正手法の開発 – 相対的な位置関係で結合、その後に全体を幾 何補正 9歴史的農業環境閲覧システム(HABS)の開発
    10. 10. 幾何補正の実行 • ローカル座標系に合成した画像について, JGD2000, UTM54帯に幾何補正 10歴史的農業環境閲覧システム(HABS)の開発
    11. 11. Webインターフェイスの公開 11歴史的農業環境閲覧システム(HABS)の開発 • Web上で公開することにより誰もが使えるようにする – 重要な資料だが一部にしか知られていなかった • 研究だけでなく一般も対象に • 現在との比較も容易に行える
    12. 12. HABSで提供中のデータ • 「迅速測図」のTMSタイル画像 – http://habs.dc.affrc.go.jp/rapid16/{z}/{X}/{Y}/{z}.png • zoomは8~16 • 「1/5千東京測量図」のTMSタイル画像 – http://habs.dc.affrc.go.jp/tokyo5k/{z}/{X}/{Y}/{z}.png • zoomは8~17 • TMSの詳細は,http://wiki.osgeo.org/wiki/Tile_Map_Service_Specification • 「迅速測図」の図郭外図のKMZデータ – http://habs.dc.affrc.go.jp/kml/shizu.kmz 12歴史的農業環境閲覧システム(HABS)の開発 KMZデータの例 (千葉県庁) http://habs.dc.affrc.go.jp/tokyo5k/17/116416/79445.pnghttp://habs.dc.affrc.go.jp/rapid16/16/58208/39722.png 三田周辺(三田三丁目)のタイルデータ
    13. 13. オープンなライセンスの適用 • 学術以外にも利用可能に – クリエイティブコモンズ CC BY 13歴史的農業環境閲覧システム(HABS)の開発 ではなく
    14. 14. HABSの利用例 • データの提供,アプリでの利用,テレビで利用 – 展示へのデータ提供(東海道かわさき宿交流館など),Androidアプリ(東京古い地 図),テレビ番組(タモリ倶楽部:奈良・平安時代の東京古道を行く),趣味(廃道・古道の探 索など) 14歴史的農業環境閲覧システム(HABS)の開発 http://yamaiga.com/tunnel/siroisi/main.html 山さ行がねが:隧道レポート 安房白石隧道(仮)東京古い地図 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.gmail.boiledorange73.app.TokyoMapOld 本成果の一部はJPSP科研費25292133によるものです
    15. 15. 趣味での活用事例:古道・廃道探索 15歴史的農業環境閲覧システム(HABS)の開発 http://yamaiga.com/tunnel/siroisi/main.html
    16. 16. FOSS4G2014 Hokkaido 2014/06/27 QGISアプリケーションを用いた 土地利用DBの構築
    17. 17. グリッド形式データの整備 • 迅速測図のデータ整備  ラスター形式とベクター形式で行ってきた  それぞれに長所と短所がある • 整備しやすく定量可能なグリッド形式で整備 17QGISアプリケーションを用いた土地利用DBの構築 ラスター形式 ベクター形式 グリッド形式 データ整備の容易さ ◎ × ○ データ情報量 ◎ ◎ ○ 定量性 × ◎ ○ 各データ形式の特徴
    18. 18. グリッド形式データの作成 • QGISのAPIを利用して入力システムを開発 – 作業の効率化(1枚1週間) – 汎用的かつ複数人での作業が可能 • 作成は月の杜工房さまにお願いしました! 18HABSの改良と今後の予定
    19. 19. システムの概要 • サーバーとクライアントに分離 サーバーにPostgreSQL+PostGIS クライアントにQGISアプリ 19QGISアプリケーションを用いた土地利用DBの構築 背景画像はローカ ルに保存 点データはサーバー に保存 1.入力範囲の データを要求 2.入力範囲の データを出力 3.クライアント でデータを入力 4.更新したデータ をアップロード システム概要
    20. 20. FOSS4G2014 Hokkaido 2014/06/27 デモ
    21. 21. 精度の検証 • 茨城県南部・牛久周辺の8×5 km データを作成  迅速測図2図画分 • ポイントとして入力し、グリッド形式に変換  ポイント,グリッド形式でそれぞれ誤差を確認 • 水田等の線状の地物で誤差が大きい  評価の際に注意が必要 21QGISアプリケーションを用いた土地利用DBの構築
    22. 22. 房総半島における土地利用変化 • 草地・荒れ地の減少が顕著 – 背景はエコリス地図タイル :-) 22QGISアプリケーションを用いた土地利用DBの構築 1880年代 2010年代 水田 森林 荒地 建物用地 河川地及び湖 沼 ゴルフ場 その他の農用 地 湿地 砂地 畑 凡例
    23. 23. 現在の進捗状況 • 約50%が完了 – やはり、草 地・荒れ地が 多い • 全体構築後に CC-BYで公開 23QGISアプリケーションを用いた土地利用DBの構築
    24. 24. FOSS4G2014 Hokkaido 2014/06/27 まとめと今後
    25. 25. ぢつは • ランベルト正角円錐 図法にてポイントを 作成 – 100m間隔になるよ うに! • 目指せ全国展開! – 共同研究者募集!! 25Conclusion +proj=lcc +lat_1=30 +lat_2=40 +lat_0=35 +lon_0=135 +x_0=0 +y_0=0 +ellps=GRS80 +towgs84=0,0,0,0,0,0,0 +units=m +no_defs
    26. 26. まとめと今後 • FOSS4Gを利用してHABSを構築した – 効率的にデータの公開が可能 • QGISアプリを使ってグリッド形式で土地 利用DBを構築中 – 年度明けには公開の予定 • 将来的には,日本全国展開! – できたらいいなぁw – こういうときにライセンス管理が容易なのも FOSS4Gの利点 26Conclusion
    27. 27. FOSS4G2014 Hokkaido 2014/06/27 ありがとうございました e-mail: niwasaki@affrc.go.jp

    ×