Successfully reported this slideshow.

安心してぐっすり眠るための AWS 運用術

6

Share

Loading in …3
×
1 of 30
1 of 30

More Related Content

Related Books

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

安心してぐっすり眠るための AWS 運用術

  1. 1. 安心してぐっすり眠るための
 AWS 運用術 シナジーマーケティング株式会社 坂井 学
 2015/10/31 Innovation EGG 第 5 回
  2. 2. 自己紹介 ‣ 坂井 学(さかい まなぶ) ‣ シナジーマーケティング株式会社 所属 ‣ アプリケーション開発、インフラ設計、運用など
 ひと通り担当
  3. 3. @manabusakai
  4. 4. 運用とは?
  5. 5. システムが正常に稼動し続け られるような状態を維持する こと
  6. 6. 理想的な運用 😄 ‣ システムが安定稼働している ‣ 障害の芽を早めに取り除けている ‣ 継続的な改善ができている(ex. 自動化) ‣ 早く帰れている ‣ ユーザーやお客様が喜んでくれている
  7. 7. 実際の運用 😱 ‣ 夜間や休日に限って障害が起きる ‣ 行き当たりばったりで障害対応にあたる ‣ 障害対応に追われて本来の仕事が進まない ‣ 新しい技術を試す余裕がない ‣ 挙げればキリがない……
  8. 8. https://www.flickr.com/photos/nate/321938695/
  9. 9. 今日のテーマ
  10. 10. 少人数でAWSを運用する ために意識していること
  11. 11. 紹介するサービス ‣ BtoB 向けの CRM サービス ‣ SaaS 型の Web サービス ‣ 言語は Scala + Play Framework ‣ データベースは HBase + PostgreSQL ‣ チームは 4 人、開発から運用まで一気通貫で行う
  12. 12. www.insightbox.com
  13. 13. Full AWS, No On-premises ‣ VPC ‣ EC2 ‣ ELB ‣ Auto Scaling ‣ Route 53 ‣ RDS ‣ EMR ‣ S3, Glacier ‣ SES ‣ CloudWatch
  14. 14. 詳しくは
  15. 15. JAWS-UG 三都物語 2014
  16. 16. 障害を避けるには?
  17. 17. 障害を避ける最もよい方法は、
 常に障害を起こすことである
  18. 18. 発想を変えよう ‣ 障害は非日常ではなく、常に起きるという前提に立つ ‣ オンプレの常識は捨ててクラウドネイティブな発想に 切り替える ‣ 理想は「人が運用しなくてもいい」状態
  19. 19. フルマネージド サービス ‣ ELB, RDS, EMR, SES, Route 53 などを採用 ‣ オンプレより自由度は減るが制約は強みになる ‣ AWS のフルマネージドを徹底的に使いこなすこと
  20. 20. 実際どうなったか? ‣ 運用にかかる工数が 75% 減 ‣ 制約を受け入れることでシンプルな構成に進化 ‣ ハードウェア障害と無縁に(詳細は次ページ)
  21. 21. Immutable Infrastructure ‣ サーバは状態を持たず、いつでも破棄できる状態 ‣ 一度起動したサーバに変更は加えない ‣ EC2 のハードウェア障害に遭遇しても、新しいインス タンスを起動すれば OK
  22. 22. 実際どうなったか? ‣ リリース時はサーバを丸ごと入れ替えるので、複雑な 手順が不要に(リリース職人の排除) ‣ SSH でログインすることも滅多になくなった ‣ サーバ障害が起きてもすぐに復旧できるという大きな 安心感
  23. 23. ‣ ワークロードに応じてサーバ台数を自在に増減 ‣ 対応するにはアプリケーションの改修も必要で手間が かかるが、長い目で見れば安定運用に絶大な効果 Auto Scaling
  24. 24. 実際どうなったか? ‣ 突発的な負荷を恐ることがなくなった ‣ バックエンドのサーバは 0 台までスケールインするの で夜間や休日分の無駄なコストが減らせた ‣ 1 台の起動時間はごくごく短いので、そもそも運用す る がない
  25. 25. まだまだ改善中 ‣ 一部の機能に Lambda を採用しサーバレスを実験中 ‣ HBase からフルマネージドの Redshift へ移行予定 ‣ 手作業が残ってる箇所の見直し
  26. 26. 改善を重ねた結果 ‣ 夜中にアラートメールで起こされることは皆無 ‣ アプリケーション開発により工数を割けるように ‣ 守りから攻めの運用に変化 ‣ 気になるサービス稼働率も……
  27. 27. https://www.flickr.com/photos/mrezafaisal/6268129336/ 99.9942% 2014年下半期のサービス稼働率
  28. 28. まとめ ‣ AWS をうまく使いこなせば運用は確実に楽になる ➡ フルマネージドサービスを積極的に使う ➡ 障害は常に起きるという前提の設計 ‣ クラウドにはクラウドの考え方がある ‣ 「人が運用しなくてもいい」状態を目指す
  29. 29. https://www.flickr.com/photos/40032755@N06/4862205105/ Thank you! 😊

×