SlideShare a Scribd company logo
ふつうの受託開発チームのつくりかた
           手塚モデルの実践編




           @kawasima
@kawasima
Past Slides




http://www.slideshare.net/kawasima/
2011 DevLOVE HangerFlight - Snow Barrage -
2011 DevLOVE HangerFlight - Snow Barrage -
2011 DevLOVE HangerFlight - Snow Barrage -
2011 DevLOVE HangerFlight - Snow Barrage -
ふつうの受託開発チームのつくりかた
チームの構成のしかた
  How to construct a team.
体制

         Product Manager   Project Manager
        (プロダクトそのものの品質管理)   (予算/費用の管理)




     特に選抜してないふつうの4年目以下のメンバ
SIerの組織心理を利用して集める

人月ビジネスのSIerにとって、1人月分の成果を
出せない駆け出しを引き受けてくれるチームは
ありがたい



 これを利用して、まだ普通のSIerの仕事のやり方
 を知らない若手をゲットします
役割分担
 Product Manager
 Product Manager         Project Manager
                         Project Manager

 Design Quality            Budget/Cost


  Architecture           Deadline/Progress


     Scope


 Sprint Planning



マンガプロダクションと担当編集の関係に着想
分業のねらい


✔ 大手SIerに不足しがちな"プロジェクト

マネージャ"という役割の責務を減らす
✔ 受託開発でつくるソフトウェアの設計品

質に責任をもつ役割を作る
開発のしかた
How to develop software.
開発プロセス

いたってふつうのスクラム
アーキテクチャ

いたってふつうのSAStruts MVC




これらを案件ごとに変えず固定化するのが大事
オーソドックスにやるのは
     わりと難しい

業務ドメインの特殊性や組織事情のせいで、教科書
どおりやるのは難しい、って言っちゃいがち




 実はエンジニアリングの熟練度不足に起因するのでは?
よこみち




 エンジニアは紆余曲折をへて
オーソドックス(王道)にたどり着く
Engineer's Lifecycle


ミーハー期   オレオレ期      王道期



           べんりや期




        こんな変遷をたどる気がする…
ミーハー期
✔ホッテントリのものを試してみたい



✔業務で使うとかは関係なく、ハヤリものは後


学のために試してみる
オレオレ期
✔カスタマイズしたがる



✔「車輪の再発明も重要なんだよ」



✔メジャーなプロダクトのいけてないところを


あげつらう
王道期

✔標準を軽視しない



✔巨人の肩の上に立つ



✔SAStrutsの設計は、まさに王道の設計
べんりや期

✔トラブルプロジェクトを渡り歩く(火消し)



✔早く仕事を終わらせても、他人の仕事がま


わってくる



 はやく「仕組みを作る側」にまわれる道を探しましょう
王道を貫くにはハイスキルと
くじけぬこころが要求される
  コードを書いて精進しよう
  高い生産性はだいたいの問題を解決する
チーム`力to build a team.
   How
       のつくりかた
SIerに入社してくる人は、
   ✔   見積りの正確性
   ✔   タスクの完了責任
   の意識が高い。

なので、そういうところの指導はおいとい
て、
まず徹底したチームプレイを指導してます
Pair Programming

ふつうのチームにおいて、単独の作業だと十分
な質の成果物ができにくい

必然的にペアプロせざるをえない
ふりかえり駆動のチーム力強化
スプリントふりかえりの例
【T】ストーリーからかんばんタスクへブレークダウン後にタ
スクを積み上げて目的を果たしているか確認する。
【P】もれがおおい より


【T】”すげぇ”コードを書いたらみんなに自慢をする。その
ための発表会をセッティングし、発表する。
【会話】他の人から学ぶ。学んだことを展開する。より


【T】タスクはナビゲーターが責任を持ってクローズする。カ
ンバンの名前をナビゲーターの名前にしてクローズする。
【P】ナビゲーターの役割が薄い。より
プロジェクト振り返り




スプリント毎のふりかえりでは話しきれな
かった重めのテーマをあつかいます
【「残業が増えたのはなぜか」のFIVE WHYS】


Q1「残業が増えたのはなぜか」
A1.残不具合が減らないから。


Q2.なぜ残不具合が減らないのか。
A2.テストケース消化が後ろ延ばしになってしまったから。


Q3.テストケース消化が後ろ延ばしになってしまったのはなぜか?
A3.Sprintごとのストーリー完了を蔑ろにしていたから。


Q4.Sprintごとのストーリー完了を蔑ろにしていたからのはなぜか?
A4.「出来るところは全部できました!」といって忘れ去られているストーリー完
了があったから。


Q5.忘れ去られているのはなぜか?
A5.2パターンの原因がある。
 ①テストケースの消化をが忘れてしまった。
  ②ブロック(課題)があり今できないケースをそのまま放置した。
  放置したケースに気づくのが遅くなった。
【「残業が増えたのはなぜか」の解決策検討】
①に対しての解決策
◆Storyとテストケースを関連付けてちゃんと把握しましょう。
◆テストの実施完了を持ってStoryの完了としましょう。不具合改修は除く。
◆テスト未実施とブロックをちゃんと分けましょう(今はできないをきちんと「保留」
として扱いましょう。
②に対しての解決策
「保留」を管理する。
◆「保留」が出るのは3タイミング
●   計画MTG:他責は取り除く。取り除き方は、「キメとして実装」or[そもそもStoryに
    いれない」のどっちか
●   実装時:懸案チケットとしてきちんと上げましょう。(QAがスクラムマスタと相談し
    て懸案かどうか判断する)
●   テスト時:懸案チケットとしてきちんと上げましょう。(QAがスクラムマスタと相談
    して懸案かどうか判断する)
◆「保留」の管理
●   「保留」が出た箇所は他責か自責かを明らかにする。
●   「保留」の解消に期限を決める。
●   「保留」によるスプリントスケジュール影響を見える化してお客さんと調整できるよ
    うにする。
ミッション設定とスキルの評価




SIerが好んで採用する、ITSSという指標は
経験と実績の評価メインで測定が難しい
スキルバッジ システム
    行動評価+360度評価+ゲーミフィケーション




✔ そのスキルの具体的な行動を示し、その行動

を普段とることを目標とする。
✔ 他者からの仕事の中での評価(Good    Job)に
よってバッジが集まる。
Example
 Dicon役者 (エンジニアリング系)

 ✔   Seasar2コンテナのデプロイの仕組みがわかる。
 ✔   HotDeploy、CoolDeployの違いがわかる。
 ✔   diconを1から記述でき、環境差異を考慮し整理できる。

 フィールドマネージャ (マネジメント系)

 ✔   プロジェクトの開発現場で起きている問題を、開発現場で使
     われている言葉で理解し、打ち手を考え実行できる。
 ✔   チームで解決できない問題を察知し、取り除く手伝いをす
     る。
 ✔   顧客との折衝をにないプロジェクトを迷走させないようにす
     る。
こういうサイクル

    目指すバッジを宣言する




             チームの目標と照らし合
仕事のなかで評価する   わせて、目指すバッジの
             調整をする
チームの維持のしかた
  How to keep the same team.




                 ヒト、クーダサーイ
SIerのチーム作り方の変遷

インターネット   チームに案件を割り当てる
ビジネス黎明期
           プロジェクト規模増大に伴い…

インターネット   案件に人を割り当てる
ビジネス隆盛期
          (かき集める)


チーム力を成長させるということが出来にくくなった
チームを維持しようとしても外圧がかかる


うまいこと開発案件を入れてくことは困難なので、
空きがでる期間がある

 ➔人持って行かれる




         そういう外圧から守るために…
ソリューションを売るチームに仕立てる




   ここで「ソリューション」と呼んでいるのは…
Selfish Solution

いわゆる「ソリューションを担ぐ」ってやつ

販売すること自体が目的
「中間マージン」で儲けてやるぜ




        こういうのではなく…
Real Solution
✔早く安く顧客にシステムを届けるための基盤



✔営業用にパッケージっぽくもみえるようにして


おく



それを使ってアプリケーションを作れる人そのものに
価値があるので、剥がされにくくなります。
こういうサイクル


            プロジェクトA                     プロジェクトB
                 機能追加
   提案する     使う   Bug Fix    提案する       使う

ソリューション開発                  ソリューション開発
プロダクトのつくりかた
   How to make products.
Product Managerは
どういう類のコードを書くか?
チームの仕事が、ページの表示項
目とDBのマッピングになるよう
に、その周辺の機能・ツールを書
きます。


   再利用・非ロックインのために
      オープンソースで!
Open source for SIer
✗ ただで使えてコスト削減
✗ 公開しとけば世界中の人が使ってくれて品質
  があがるよ
✗ オープンソースの方が品質が高いよ

✔ライセンス譲渡する必要のないコード保護
✔「ググってコピペ」をさせないため
GitHubとの付き合い方
✔SIerではじめるときは「業務外」で作るほうが


無難

✔ライセンスを明記しましょう



✔作ったものを業務で使うようにしましょう



✔チームメンバにもGitHubアカウントを作ってもらい、


issue/pull requestのやりとりをしましょう
こういうサイクル


     プロジェクトA                プロジェクトB
                  プロジェクトB
仕様のこだわ   ふりかえりで   プロトタイプ
りが強く実装   実装詰まった
難儀なのでお   /手を取られ
                                Issue/
断りした機能   ているところ
                    使う          PullRequest


          アイデア     作る         バグ修正
まとめ
みなさんも最強の
ふつうの受託開発チームをつくって
     みませんか?

More Related Content

What's hot

テスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるなテスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるな
Kentaro Matsui
 
例外設計における大罪
例外設計における大罪例外設計における大罪
例外設計における大罪
Takuto Wada
 
Serverless時代のJavaについて
Serverless時代のJavaについてServerless時代のJavaについて
Serverless時代のJavaについて
Amazon Web Services Japan
 
Redisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法についてRedisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法について
Yuji Otani
 
オブジェクト指向できていますか?
オブジェクト指向できていますか?オブジェクト指向できていますか?
オブジェクト指向できていますか?
Moriharu Ohzu
 
OSS+AWSでここまでできるDevSecOps (Security-JAWS第24回)
OSS+AWSでここまでできるDevSecOps (Security-JAWS第24回)OSS+AWSでここまでできるDevSecOps (Security-JAWS第24回)
OSS+AWSでここまでできるDevSecOps (Security-JAWS第24回)
Masaya Tahara
 
フロー効率性とリソース効率性、再入門 #devlove #devkan
フロー効率性とリソース効率性、再入門 #devlove #devkanフロー効率性とリソース効率性、再入門 #devlove #devkan
フロー効率性とリソース効率性、再入門 #devlove #devkan
Itsuki Kuroda
 
OpenAPI 3.0でmicroserviceのAPI定義を試みてハマった話
OpenAPI 3.0でmicroserviceのAPI定義を試みてハマった話OpenAPI 3.0でmicroserviceのAPI定義を試みてハマった話
OpenAPI 3.0でmicroserviceのAPI定義を試みてハマった話
Daichi Koike
 
[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス
[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス
[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス
Amazon Web Services Japan
 
Java ORマッパー選定のポイント #jsug
Java ORマッパー選定のポイント #jsugJava ORマッパー選定のポイント #jsug
Java ORマッパー選定のポイント #jsug
Masatoshi Tada
 
今こそ知りたいSpring Batch(Spring Fest 2020講演資料)
今こそ知りたいSpring Batch(Spring Fest 2020講演資料)今こそ知りたいSpring Batch(Spring Fest 2020講演資料)
今こそ知りたいSpring Batch(Spring Fest 2020講演資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
Lean coffee
Lean coffeeLean coffee
Lean coffee
Takeshi Arai
 
AWSのログ管理ベストプラクティス
AWSのログ管理ベストプラクティスAWSのログ管理ベストプラクティス
AWSのログ管理ベストプラクティス
Akihiro Kuwano
 
SQL上級者こそ知って欲しい、なぜO/Rマッパーが重要か?
SQL上級者こそ知って欲しい、なぜO/Rマッパーが重要か?SQL上級者こそ知って欲しい、なぜO/Rマッパーが重要か?
SQL上級者こそ知って欲しい、なぜO/Rマッパーが重要か?
kwatch
 
信頼性とアジリティを同時に上げろ!モノタロウのカナリアリリース導入.pdf
信頼性とアジリティを同時に上げろ!モノタロウのカナリアリリース導入.pdf信頼性とアジリティを同時に上げろ!モノタロウのカナリアリリース導入.pdf
信頼性とアジリティを同時に上げろ!モノタロウのカナリアリリース導入.pdf
株式会社MonotaRO Tech Team
 
WebAssemblyのWeb以外のことぜんぶ話す
WebAssemblyのWeb以外のことぜんぶ話すWebAssemblyのWeb以外のことぜんぶ話す
WebAssemblyのWeb以外のことぜんぶ話す
Takaya Saeki
 
ドメインロジックに集中せよ 〜ドメイン駆動設計 powered by Spring
ドメインロジックに集中せよ 〜ドメイン駆動設計 powered by Springドメインロジックに集中せよ 〜ドメイン駆動設計 powered by Spring
ドメインロジックに集中せよ 〜ドメイン駆動設計 powered by Spring
増田 亨
 
怖くないSpring Bootのオートコンフィグレーション
怖くないSpring Bootのオートコンフィグレーション怖くないSpring Bootのオートコンフィグレーション
怖くないSpring Bootのオートコンフィグレーション
土岐 孝平
 
イミュータブルデータモデルの極意
イミュータブルデータモデルの極意イミュータブルデータモデルの極意
イミュータブルデータモデルの極意
Yoshitaka Kawashima
 
絶望と最後の希望
絶望と最後の希望絶望と最後の希望
絶望と最後の希望
Tatsuya Sato
 

What's hot (20)

テスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるなテスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるな
 
例外設計における大罪
例外設計における大罪例外設計における大罪
例外設計における大罪
 
Serverless時代のJavaについて
Serverless時代のJavaについてServerless時代のJavaについて
Serverless時代のJavaについて
 
Redisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法についてRedisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法について
 
オブジェクト指向できていますか?
オブジェクト指向できていますか?オブジェクト指向できていますか?
オブジェクト指向できていますか?
 
OSS+AWSでここまでできるDevSecOps (Security-JAWS第24回)
OSS+AWSでここまでできるDevSecOps (Security-JAWS第24回)OSS+AWSでここまでできるDevSecOps (Security-JAWS第24回)
OSS+AWSでここまでできるDevSecOps (Security-JAWS第24回)
 
フロー効率性とリソース効率性、再入門 #devlove #devkan
フロー効率性とリソース効率性、再入門 #devlove #devkanフロー効率性とリソース効率性、再入門 #devlove #devkan
フロー効率性とリソース効率性、再入門 #devlove #devkan
 
OpenAPI 3.0でmicroserviceのAPI定義を試みてハマった話
OpenAPI 3.0でmicroserviceのAPI定義を試みてハマった話OpenAPI 3.0でmicroserviceのAPI定義を試みてハマった話
OpenAPI 3.0でmicroserviceのAPI定義を試みてハマった話
 
[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス
[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス
[Aurora事例祭り]Amazon Aurora を使いこなすためのベストプラクティス
 
Java ORマッパー選定のポイント #jsug
Java ORマッパー選定のポイント #jsugJava ORマッパー選定のポイント #jsug
Java ORマッパー選定のポイント #jsug
 
今こそ知りたいSpring Batch(Spring Fest 2020講演資料)
今こそ知りたいSpring Batch(Spring Fest 2020講演資料)今こそ知りたいSpring Batch(Spring Fest 2020講演資料)
今こそ知りたいSpring Batch(Spring Fest 2020講演資料)
 
Lean coffee
Lean coffeeLean coffee
Lean coffee
 
AWSのログ管理ベストプラクティス
AWSのログ管理ベストプラクティスAWSのログ管理ベストプラクティス
AWSのログ管理ベストプラクティス
 
SQL上級者こそ知って欲しい、なぜO/Rマッパーが重要か?
SQL上級者こそ知って欲しい、なぜO/Rマッパーが重要か?SQL上級者こそ知って欲しい、なぜO/Rマッパーが重要か?
SQL上級者こそ知って欲しい、なぜO/Rマッパーが重要か?
 
信頼性とアジリティを同時に上げろ!モノタロウのカナリアリリース導入.pdf
信頼性とアジリティを同時に上げろ!モノタロウのカナリアリリース導入.pdf信頼性とアジリティを同時に上げろ!モノタロウのカナリアリリース導入.pdf
信頼性とアジリティを同時に上げろ!モノタロウのカナリアリリース導入.pdf
 
WebAssemblyのWeb以外のことぜんぶ話す
WebAssemblyのWeb以外のことぜんぶ話すWebAssemblyのWeb以外のことぜんぶ話す
WebAssemblyのWeb以外のことぜんぶ話す
 
ドメインロジックに集中せよ 〜ドメイン駆動設計 powered by Spring
ドメインロジックに集中せよ 〜ドメイン駆動設計 powered by Springドメインロジックに集中せよ 〜ドメイン駆動設計 powered by Spring
ドメインロジックに集中せよ 〜ドメイン駆動設計 powered by Spring
 
怖くないSpring Bootのオートコンフィグレーション
怖くないSpring Bootのオートコンフィグレーション怖くないSpring Bootのオートコンフィグレーション
怖くないSpring Bootのオートコンフィグレーション
 
イミュータブルデータモデルの極意
イミュータブルデータモデルの極意イミュータブルデータモデルの極意
イミュータブルデータモデルの極意
 
絶望と最後の希望
絶望と最後の希望絶望と最後の希望
絶望と最後の希望
 

Similar to ふつうの受託開発チームのつくりかた

はじめてのScrumこれから大切にしたいこと Release#2
はじめてのScrumこれから大切にしたいこと Release#2はじめてのScrumこれから大切にしたいこと Release#2
はじめてのScrumこれから大切にしたいこと Release#2
Takenori Takaki
 
とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門
とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門
とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門
陽一 滝川
 
[デブサミ関西2013]チケット駆動で プロジェクトチームを加速せよ
[デブサミ関西2013]チケット駆動でプロジェクトチームを加速せよ[デブサミ関西2013]チケット駆動でプロジェクトチームを加速せよ
[デブサミ関西2013]チケット駆動で プロジェクトチームを加速せよ
グロースエクスパートナーズ株式会社/Growth xPartners Incorporated.
 
[Biz reach qa meetup] qa team_build
[Biz reach qa meetup] qa team_build[Biz reach qa meetup] qa team_build
[Biz reach qa meetup] qa team_build
久仁朗 山本(旧姓 村上)
 
"Business Model canvas", "Empathy Map", "Lean Canvas" のワークショップのスライド(仮)
"Business Model canvas", "Empathy Map", "Lean Canvas" のワークショップのスライド(仮)"Business Model canvas", "Empathy Map", "Lean Canvas" のワークショップのスライド(仮)
"Business Model canvas", "Empathy Map", "Lean Canvas" のワークショップのスライド(仮)
masashi takehara
 
To be sn agile enterprise
To be sn agile enterpriseTo be sn agile enterprise
To be sn agile enterprise
Rakuten Group, Inc.
 
Scrum"再"入門
Scrum"再"入門Scrum"再"入門
Scrum"再"入門
You&I
 
「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来
「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来
「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来
Yoshihito Kuranuki
 
アジャイル開発&TFS導入
アジャイル開発&TFS導入アジャイル開発&TFS導入
アジャイル開発&TFS導入
You&I
 
アジャイルマネジメントとは?
アジャイルマネジメントとは?アジャイルマネジメントとは?
アジャイルマネジメントとは?
Kiro Harada
 
Vantan shinsuke miyaki_upload
Vantan shinsuke miyaki_uploadVantan shinsuke miyaki_upload
Vantan shinsuke miyaki_upload
Shinsuke Miyaki
 
Azure DevOps × スクラム で実現するプロダクト開発のポイント #dotnetlab #jazug
Azure DevOps × スクラム で実現するプロダクト開発のポイント #dotnetlab #jazugAzure DevOps × スクラム で実現するプロダクト開発のポイント #dotnetlab #jazug
Azure DevOps × スクラム で実現するプロダクト開発のポイント #dotnetlab #jazug
満徳 関
 
Agile-development-course-advanced-1-2
Agile-development-course-advanced-1-2Agile-development-course-advanced-1-2
Agile-development-course-advanced-1-2
Miho Nagase
 
アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜
アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜
アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜
Fumihiko Kinoshita
 
Introduction to Agile - how business and engineer team up
Introduction to Agile - how business and engineer team upIntroduction to Agile - how business and engineer team up
Introduction to Agile - how business and engineer team up
Kenji Hiranabe
 
どうすれば小さなチームでも大きな成果を出せるのか
どうすれば小さなチームでも大きな成果を出せるのかどうすれば小さなチームでも大きな成果を出せるのか
どうすれば小さなチームでも大きな成果を出せるのか
Yoshihito Kuranuki
 
JIRA collaboration without walls [JIRAが引き出す現場力] #JiraServiceDesk
JIRA collaboration without walls [JIRAが引き出す現場力] #JiraServiceDesk  JIRA collaboration without walls [JIRAが引き出す現場力] #JiraServiceDesk
JIRA collaboration without walls [JIRAが引き出す現場力] #JiraServiceDesk
智治 長沢
 
ワークショップ 明日からはじめるアジャイル
ワークショップ 明日からはじめるアジャイルワークショップ 明日からはじめるアジャイル
ワークショップ 明日からはじめるアジャイル
ESM SEC
 
「ビジネスモデルYOU」ワークショップ(BMGとBMYで何かやる #6 )公開用
「ビジネスモデルYOU」ワークショップ(BMGとBMYで何かやる #6 )公開用「ビジネスモデルYOU」ワークショップ(BMGとBMYで何かやる #6 )公開用
「ビジネスモデルYOU」ワークショップ(BMGとBMYで何かやる #6 )公開用
masashi takehara
 

Similar to ふつうの受託開発チームのつくりかた (20)

はじめてのScrumこれから大切にしたいこと Release#2
はじめてのScrumこれから大切にしたいこと Release#2はじめてのScrumこれから大切にしたいこと Release#2
はじめてのScrumこれから大切にしたいこと Release#2
 
とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門
とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門
とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門
 
[デブサミ関西2013]チケット駆動で プロジェクトチームを加速せよ
[デブサミ関西2013]チケット駆動でプロジェクトチームを加速せよ[デブサミ関西2013]チケット駆動でプロジェクトチームを加速せよ
[デブサミ関西2013]チケット駆動で プロジェクトチームを加速せよ
 
[Biz reach qa meetup] qa team_build
[Biz reach qa meetup] qa team_build[Biz reach qa meetup] qa team_build
[Biz reach qa meetup] qa team_build
 
"Business Model canvas", "Empathy Map", "Lean Canvas" のワークショップのスライド(仮)
"Business Model canvas", "Empathy Map", "Lean Canvas" のワークショップのスライド(仮)"Business Model canvas", "Empathy Map", "Lean Canvas" のワークショップのスライド(仮)
"Business Model canvas", "Empathy Map", "Lean Canvas" のワークショップのスライド(仮)
 
To be sn agile enterprise
To be sn agile enterpriseTo be sn agile enterprise
To be sn agile enterprise
 
Scrum"再"入門
Scrum"再"入門Scrum"再"入門
Scrum"再"入門
 
「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来
「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来
「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来
 
アジャイル開発&TFS導入
アジャイル開発&TFS導入アジャイル開発&TFS導入
アジャイル開発&TFS導入
 
アジャイルマネジメントとは?
アジャイルマネジメントとは?アジャイルマネジメントとは?
アジャイルマネジメントとは?
 
Vantan shinsuke miyaki_upload
Vantan shinsuke miyaki_uploadVantan shinsuke miyaki_upload
Vantan shinsuke miyaki_upload
 
Azure DevOps × スクラム で実現するプロダクト開発のポイント #dotnetlab #jazug
Azure DevOps × スクラム で実現するプロダクト開発のポイント #dotnetlab #jazugAzure DevOps × スクラム で実現するプロダクト開発のポイント #dotnetlab #jazug
Azure DevOps × スクラム で実現するプロダクト開発のポイント #dotnetlab #jazug
 
Ishihara wcan autumn_2013
Ishihara wcan autumn_2013Ishihara wcan autumn_2013
Ishihara wcan autumn_2013
 
Agile-development-course-advanced-1-2
Agile-development-course-advanced-1-2Agile-development-course-advanced-1-2
Agile-development-course-advanced-1-2
 
アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜
アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜
アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜
 
Introduction to Agile - how business and engineer team up
Introduction to Agile - how business and engineer team upIntroduction to Agile - how business and engineer team up
Introduction to Agile - how business and engineer team up
 
どうすれば小さなチームでも大きな成果を出せるのか
どうすれば小さなチームでも大きな成果を出せるのかどうすれば小さなチームでも大きな成果を出せるのか
どうすれば小さなチームでも大きな成果を出せるのか
 
JIRA collaboration without walls [JIRAが引き出す現場力] #JiraServiceDesk
JIRA collaboration without walls [JIRAが引き出す現場力] #JiraServiceDesk  JIRA collaboration without walls [JIRAが引き出す現場力] #JiraServiceDesk
JIRA collaboration without walls [JIRAが引き出す現場力] #JiraServiceDesk
 
ワークショップ 明日からはじめるアジャイル
ワークショップ 明日からはじめるアジャイルワークショップ 明日からはじめるアジャイル
ワークショップ 明日からはじめるアジャイル
 
「ビジネスモデルYOU」ワークショップ(BMGとBMYで何かやる #6 )公開用
「ビジネスモデルYOU」ワークショップ(BMGとBMYで何かやる #6 )公開用「ビジネスモデルYOU」ワークショップ(BMGとBMYで何かやる #6 )公開用
「ビジネスモデルYOU」ワークショップ(BMGとBMYで何かやる #6 )公開用
 

More from Yoshitaka Kawashima

Grokking Simplicity探訪
Grokking Simplicity探訪Grokking Simplicity探訪
Grokking Simplicity探訪
Yoshitaka Kawashima
 
ブルックスのいう銀の弾丸とは何か?
ブルックスのいう銀の弾丸とは何か?ブルックスのいう銀の弾丸とは何か?
ブルックスのいう銀の弾丸とは何か?
Yoshitaka Kawashima
 
Are Design Patterns Dead?
Are Design Patterns Dead?Are Design Patterns Dead?
Are Design Patterns Dead?
Yoshitaka Kawashima
 
強いて言えば「集約どう実装するのかな、を考える」な話
強いて言えば「集約どう実装するのかな、を考える」な話強いて言えば「集約どう実装するのかな、を考える」な話
強いて言えば「集約どう実装するのかな、を考える」な話
Yoshitaka Kawashima
 
ソフトウェアにおける 複雑さとは何なのか?
ソフトウェアにおける 複雑さとは何なのか?ソフトウェアにおける 複雑さとは何なのか?
ソフトウェアにおける 複雑さとは何なのか?
Yoshitaka Kawashima
 
Tackling Complexity
Tackling ComplexityTackling Complexity
Tackling Complexity
Yoshitaka Kawashima
 
ソフトウェア開発における『知の高速道路』
ソフトウェア開発における『知の高速道路』ソフトウェア開発における『知の高速道路』
ソフトウェア開発における『知の高速道路』
Yoshitaka Kawashima
 
ソフトウェア設計における 意思決定とそのレビューの秘訣
ソフトウェア設計における 意思決定とそのレビューの秘訣ソフトウェア設計における 意思決定とそのレビューの秘訣
ソフトウェア設計における 意思決定とそのレビューの秘訣
Yoshitaka Kawashima
 
本番障害に至る病
本番障害に至る病本番障害に至る病
本番障害に至る病
Yoshitaka Kawashima
 
システムダウンのひみつ
システムダウンのひみつシステムダウンのひみつ
システムダウンのひみつ
Yoshitaka Kawashima
 
Mavenの真実とウソ
Mavenの真実とウソMavenの真実とウソ
Mavenの真実とウソ
Yoshitaka Kawashima
 
アンチフラジャイルの世界
アンチフラジャイルの世界アンチフラジャイルの世界
アンチフラジャイルの世界
Yoshitaka Kawashima
 
Atomic Architecture
Atomic ArchitectureAtomic Architecture
Atomic Architecture
Yoshitaka Kawashima
 
それはYAGNIか? それとも思考停止か?
それはYAGNIか? それとも思考停止か?それはYAGNIか? それとも思考停止か?
それはYAGNIか? それとも思考停止か?
Yoshitaka Kawashima
 
思考停止しないアーキテクチャ設計 ➖ JJUG CCC 2018 Fall
思考停止しないアーキテクチャ設計 ➖ JJUG CCC 2018 Fall思考停止しないアーキテクチャ設計 ➖ JJUG CCC 2018 Fall
思考停止しないアーキテクチャ設計 ➖ JJUG CCC 2018 Fall
Yoshitaka Kawashima
 
ウォーターフォールとアジャイルのフェアな比較
ウォーターフォールとアジャイルのフェアな比較ウォーターフォールとアジャイルのフェアな比較
ウォーターフォールとアジャイルのフェアな比較
Yoshitaka Kawashima
 
How to find tech books
How to find tech booksHow to find tech books
How to find tech books
Yoshitaka Kawashima
 
Antifragile Java - Java Day Tokyo 2017 D1-E1
Antifragile Java - Java Day Tokyo 2017 D1-E1Antifragile Java - Java Day Tokyo 2017 D1-E1
Antifragile Java - Java Day Tokyo 2017 D1-E1
Yoshitaka Kawashima
 
たとえ日本人同士でも必要な異文化理解力
たとえ日本人同士でも必要な異文化理解力たとえ日本人同士でも必要な異文化理解力
たとえ日本人同士でも必要な異文化理解力
Yoshitaka Kawashima
 
SIerにとっての越境 @ DevLOVE 199
SIerにとっての越境 @ DevLOVE 199SIerにとっての越境 @ DevLOVE 199
SIerにとっての越境 @ DevLOVE 199
Yoshitaka Kawashima
 

More from Yoshitaka Kawashima (20)

Grokking Simplicity探訪
Grokking Simplicity探訪Grokking Simplicity探訪
Grokking Simplicity探訪
 
ブルックスのいう銀の弾丸とは何か?
ブルックスのいう銀の弾丸とは何か?ブルックスのいう銀の弾丸とは何か?
ブルックスのいう銀の弾丸とは何か?
 
Are Design Patterns Dead?
Are Design Patterns Dead?Are Design Patterns Dead?
Are Design Patterns Dead?
 
強いて言えば「集約どう実装するのかな、を考える」な話
強いて言えば「集約どう実装するのかな、を考える」な話強いて言えば「集約どう実装するのかな、を考える」な話
強いて言えば「集約どう実装するのかな、を考える」な話
 
ソフトウェアにおける 複雑さとは何なのか?
ソフトウェアにおける 複雑さとは何なのか?ソフトウェアにおける 複雑さとは何なのか?
ソフトウェアにおける 複雑さとは何なのか?
 
Tackling Complexity
Tackling ComplexityTackling Complexity
Tackling Complexity
 
ソフトウェア開発における『知の高速道路』
ソフトウェア開発における『知の高速道路』ソフトウェア開発における『知の高速道路』
ソフトウェア開発における『知の高速道路』
 
ソフトウェア設計における 意思決定とそのレビューの秘訣
ソフトウェア設計における 意思決定とそのレビューの秘訣ソフトウェア設計における 意思決定とそのレビューの秘訣
ソフトウェア設計における 意思決定とそのレビューの秘訣
 
本番障害に至る病
本番障害に至る病本番障害に至る病
本番障害に至る病
 
システムダウンのひみつ
システムダウンのひみつシステムダウンのひみつ
システムダウンのひみつ
 
Mavenの真実とウソ
Mavenの真実とウソMavenの真実とウソ
Mavenの真実とウソ
 
アンチフラジャイルの世界
アンチフラジャイルの世界アンチフラジャイルの世界
アンチフラジャイルの世界
 
Atomic Architecture
Atomic ArchitectureAtomic Architecture
Atomic Architecture
 
それはYAGNIか? それとも思考停止か?
それはYAGNIか? それとも思考停止か?それはYAGNIか? それとも思考停止か?
それはYAGNIか? それとも思考停止か?
 
思考停止しないアーキテクチャ設計 ➖ JJUG CCC 2018 Fall
思考停止しないアーキテクチャ設計 ➖ JJUG CCC 2018 Fall思考停止しないアーキテクチャ設計 ➖ JJUG CCC 2018 Fall
思考停止しないアーキテクチャ設計 ➖ JJUG CCC 2018 Fall
 
ウォーターフォールとアジャイルのフェアな比較
ウォーターフォールとアジャイルのフェアな比較ウォーターフォールとアジャイルのフェアな比較
ウォーターフォールとアジャイルのフェアな比較
 
How to find tech books
How to find tech booksHow to find tech books
How to find tech books
 
Antifragile Java - Java Day Tokyo 2017 D1-E1
Antifragile Java - Java Day Tokyo 2017 D1-E1Antifragile Java - Java Day Tokyo 2017 D1-E1
Antifragile Java - Java Day Tokyo 2017 D1-E1
 
たとえ日本人同士でも必要な異文化理解力
たとえ日本人同士でも必要な異文化理解力たとえ日本人同士でも必要な異文化理解力
たとえ日本人同士でも必要な異文化理解力
 
SIerにとっての越境 @ DevLOVE 199
SIerにとっての越境 @ DevLOVE 199SIerにとっての越境 @ DevLOVE 199
SIerにとっての越境 @ DevLOVE 199
 

Recently uploaded

LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
CRI Japan, Inc.
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
Toru Tamaki
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Natsutani Minoru
 
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
Sony - Neural Network Libraries
 
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
Ayachika Kitazaki
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
Toru Tamaki
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
Sony - Neural Network Libraries
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
たけおか しょうぞう
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
ARISE analytics
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
chisatotakane
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo Lab
 

Recently uploaded (14)

LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
 
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
 
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
 

ふつうの受託開発チームのつくりかた