Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
最短で AWS を
乗りこなすライフハック術
シナジーマーケティング株式会社 坂井 学

2015/10/30 Do your tech! 第 0 回
自己紹介
‣ 坂井 学(さかい まなぶ)
‣ シナジーマーケティング株式会社 所属
‣ アプリケーション開発、インフラ設計、運用など

ひと通り担当
‣ AWS の経験は 3 ∼ 4 年
@manabusakai
AWS のサービスが

いくつあるかパッと言える方
数えてみた
これで 52 個
他にもまだまだある
‣ この一覧に載っていないサービスはまだまだある
‣ Auto Scaling
‣ Elastic Block Store
‣ Key Management Service
‣ etc......
みなさんは

いくつ使っていますか?
自分たちが使っている
サービス
Full AWS, No On-premises
‣ VPC
‣ EC2
‣ ELB
‣ Auto Scaling
‣ Route 53
‣ RDS
‣ EMR
‣ S3, Glacier
‣ SES
‣ CloudWatch
キャッチアップするべきか
‣ 2014 年の新機能リリースは 745 回
➡ 1 日あたり 2 個のペース
‣ AWS の良いところを取り入れることで、自分たちの
プロダクトを成長させてきた
‣ 新機能を知ることはとても重要
どうやって学ぶか
‣ 現場で実践あるのみ
➡ 網羅的ではなく一部のサービスに偏る
‣ JAWS-UG など勉強会に参加する
➡ 発表内容がマニアック専門的すぎる
‣ AWS 関連書籍を読む
➡ 最初の一歩には良いが実践のイメージが付かない
そこでオススメなのが
AWS トレーニング
AWS トレーニングとは
‣ ハンズオン演習でみっちり教えてもらえる
‣ レベルや各分野ごとに用意されたコース
‣ 受講期間は 1 ∼ 3 日
ぶっちゃけ高い 😩💸

$600 ∼ 1,800
そこでオススメなのが
AWS 認定試験
AWS 認定試験とは
‣ AWS の専門知識を有することを証明する
‣ 3 つの分野、2 つのレベル
‣ トレーニングより安い(16,200 ∼ 32,400 円)
実際に受けてみた
日本で 40 人目の

5 冠達成!
受ける価値はあるか
‣ ほかの認定試験と違いかなり実践的な内容
➡ 実際の構築・運用経験がないと厳しい
‣ 縁がない分野の知識を体系的に学ぶ必要がある
‣ AWS が考える最適な設計を叩き込まれる
‣ キャリアパスを考える上でもおすすめ
https://www.flickr.com/photos/40032755@N06/4862205105/
Thank you! 😊
最短で AWS を乗りこなすライフハック術
最短で AWS を乗りこなすライフハック術
最短で AWS を乗りこなすライフハック術
最短で AWS を乗りこなすライフハック術
最短で AWS を乗りこなすライフハック術
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

最短で AWS を乗りこなすライフハック術

706 views

Published on

2015/10/30 に行われた「Do your tech! 第 0 回」のスライドです。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

最短で AWS を乗りこなすライフハック術

  1. 1. 最短で AWS を 乗りこなすライフハック術 シナジーマーケティング株式会社 坂井 学
 2015/10/30 Do your tech! 第 0 回
  2. 2. 自己紹介 ‣ 坂井 学(さかい まなぶ) ‣ シナジーマーケティング株式会社 所属 ‣ アプリケーション開発、インフラ設計、運用など
 ひと通り担当 ‣ AWS の経験は 3 ∼ 4 年
  3. 3. @manabusakai
  4. 4. AWS のサービスが
 いくつあるかパッと言える方
  5. 5. 数えてみた
  6. 6. これで 52 個
  7. 7. 他にもまだまだある ‣ この一覧に載っていないサービスはまだまだある ‣ Auto Scaling ‣ Elastic Block Store ‣ Key Management Service ‣ etc......
  8. 8. みなさんは
 いくつ使っていますか?
  9. 9. 自分たちが使っている サービス
  10. 10. Full AWS, No On-premises ‣ VPC ‣ EC2 ‣ ELB ‣ Auto Scaling ‣ Route 53 ‣ RDS ‣ EMR ‣ S3, Glacier ‣ SES ‣ CloudWatch
  11. 11. キャッチアップするべきか ‣ 2014 年の新機能リリースは 745 回 ➡ 1 日あたり 2 個のペース ‣ AWS の良いところを取り入れることで、自分たちの プロダクトを成長させてきた ‣ 新機能を知ることはとても重要
  12. 12. どうやって学ぶか ‣ 現場で実践あるのみ ➡ 網羅的ではなく一部のサービスに偏る ‣ JAWS-UG など勉強会に参加する ➡ 発表内容がマニアック専門的すぎる ‣ AWS 関連書籍を読む ➡ 最初の一歩には良いが実践のイメージが付かない
  13. 13. そこでオススメなのが AWS トレーニング
  14. 14. AWS トレーニングとは ‣ ハンズオン演習でみっちり教えてもらえる ‣ レベルや各分野ごとに用意されたコース ‣ 受講期間は 1 ∼ 3 日
  15. 15. ぶっちゃけ高い 😩💸
 $600 ∼ 1,800
  16. 16. そこでオススメなのが AWS 認定試験
  17. 17. AWS 認定試験とは ‣ AWS の専門知識を有することを証明する ‣ 3 つの分野、2 つのレベル ‣ トレーニングより安い(16,200 ∼ 32,400 円)
  18. 18. 実際に受けてみた
  19. 19. 日本で 40 人目の
 5 冠達成!
  20. 20. 受ける価値はあるか ‣ ほかの認定試験と違いかなり実践的な内容 ➡ 実際の構築・運用経験がないと厳しい ‣ 縁がない分野の知識を体系的に学ぶ必要がある ‣ AWS が考える最適な設計を叩き込まれる ‣ キャリアパスを考える上でもおすすめ
  21. 21. https://www.flickr.com/photos/40032755@N06/4862205105/ Thank you! 😊

×