Successfully reported this slideshow.

AAIから君へ

1

Share

1 of 45
1 of 45

More Related Content

More from Mitsuhiro Yamashita

Related Books

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

AAIから君へ

  1. 1. AAI(AWS Authorized Instructor)から君へ ~経営層、管理職、営業職の方々へのAWSメリットの伝え方~ トレノケート株式会社 ラーニングサービス本部 山下 光洋 #jft2019
  2. 2. 自己紹介 ●山下 光洋 トレノケート株式会社 ラーニングサービス本部 テクニカルトレーニング第1部 技術教育エンジニア AWS認定インストラクター ●過去の経歴 ・SI ソフトウェアエンジニア ・ユーザー企業 IT部門 ●コミュニティ ヤマムギ(勉強会) , JAWS-UG OSAKA, JAWS-UG IoT関西支部, kintone Cafe大阪 ●好きなAWSの サービス #jft2019
  3. 3. AAIとは AWS認定インストラクターとは #jft2019
  4. 4. Traiocate #jft2019
  5. 5. Trainocate 0 4,000 8,000 2016年 2017年 2018年 2019年 2019年度個人実績 10月31日現在 実施日数 135日 受講者数 1,313名様 #jft2019
  6. 6. 本セッションの目的 経営層、管理職、営業職の方は AWSのメリットの一部を知っ ていただく。 社内で啓蒙、反発勢力への説得 をされる方にはヒントを。 #jft2019
  7. 7. 本日お話すること 1.AWSの6大メリット 2.推しメリット - 俊敏性 #jft2019
  8. 8. AWSの6大メリット #jft2019 https://aws.amazon.com/jp/cloud/
  9. 9. AWSの6大メリット #jft2019 https://aws.amazon.com/jp/cloud/
  10. 10. 俊敏性 速い方がいいですか? 遅くてもいいですか? #jft2019
  11. 11. サービス展開までのプロセス 発想 #jft2019 起案 議論 決定 構築 リリース 運用
  12. 12. サービス展開までのプロセス 発想 #jft2019 起案 議論 決定 構築 リリース 運用
  13. 13. 決定までに起こること #jft2019 ・リサーチ(事例) ・資料作成 ・根回し ・会議/稟議
  14. 14. 決定までに起こること ・リサーチ(事例) ・資料作成 ・根回し ・会議/稟議 #jft2019
  15. 15. 検討段階のボトルネック #jft2019 ハードウェア ・初期投資により購入 ・購入後は追加はあっても減少はない ・発注から数ヶ月 ・設置場所の利用料金、運用料金 ・回線費用、電気料金
  16. 16. 検討段階のボトルネック #jft2019 ハードウェア 例えば Amazon EC2 ・初期投資により購入 ・購入後は追加はあっても減少はない ・発注から数ヶ月 ・設置場所の利用料金、運用料金 ・回線費用、電気料金 ・購入しない、起動したときから課金 ・使い捨て ・数分で起動 ・すべて利用料金に含まれる ・データ転送に対する従量課金
  17. 17. 検討段階のボトルネック #jft2019 ハードウェア 例えば AWS Lambda ・初期投資により購入 ・購入後は追加はあっても減少はない ・発注から数ヶ月 ・設置場所の利用料金、運用料金 ・回線費用、電気料金 ・処理したときに課金 ・常に追加され常に捨てられる ・数秒で起動 ・すべて利用料金に含まれる
  18. 18. 決定までに起こること #jft2019 ・やってみる ・やってみた ・結果共有 ・会議/稟議
  19. 19. サービス展開までのプロセス 発想 #jft2019 起案 議論 決定 構築 リリース 運用
  20. 20. リリースまでに起こること #jft2019 ・発注 ・インストール ・開発 ・テスト
  21. 21. リリースまでに起こること #jft2019 ・発注 ・インストール ・開発 ・テスト
  22. 22. リリース段階のボトルネック #jft2019 ハードウェア ・発注から数ヶ月 ・OSのインストール ・ミドルウェアのインストール ・ソフトウェアのライセンス購入 ・プログラム開発
  23. 23. リリース段階のボトルネック #jft2019 ハードウェア ・発注から数ヶ月 ・OSのインストール ・ミドルウェアのインストール ・ソフトウェアのライセンス購入 ・プログラム開発 例えば Amazon EC2 ・数分で起動 ・OSまでは構築済み ・ソフトウェア構築済のMarketPlace ・すぐに開発開始
  24. 24. リリース段階のボトルネック #jft2019 ハードウェア ・発注から数ヶ月 ・OSのインストール ・ミドルウェアのインストール ・ソフトウェアのライセンス購入 ・プログラム開発 例えば AWS Lambda ・開発期間はテストにかかる利用料 ・実行環境構築不要 ・すぐに開発開始
  25. 25. リリース段階のボトルネック #jft2019 ハードウェア ・発注から数ヶ月 ・OSのインストール ・ミドルウェアのインストール ・ソフトウェアのライセンス購入 ・プログラム開発 例えば Amazon RDS ・数クリックでデータベースが起動 ・ライセンスは利用料金に含まれる ・バックアップ、メンテナンス、高可用性
  26. 26. リリース段階のボトルネック #jft2019 ハードウェア ・発注から数ヶ月 ・OSのインストール ・ミドルウェアのインストール ・ソフトウェアのライセンス購入 ・プログラム開発 例えば Amazon Rekognition ・モデル構築済、開発不要 ・数行のコードで画像解析
  27. 27. リリースまでに起こること #jft2019 ・発注しない ・選択 ・開発or選択 ・テスト済
  28. 28. 俊敏性 速いのは好きですか? 遅いのが好きですか? #jft2019
  29. 29. 俊敏性 成功への近道は失敗 #jft2019
  30. 30. 俊敏性 「やってみる」は、 「言ってみる」とは違う。 #jft2019
  31. 31. 自己紹介も兼ねてクラウドと自分のなれそめを この中の5年間でも予測できましたか? 20201995 2000 2005 2010 2015 Amazon.com Google検索 Wikipedia Skype Facebook YouTub e Twitte r Instagram SlackLINE Client Mobile client Smart Phone FireTVEcho Sensor Action CarHouse Bicycle Door lock Factory 2025 5GAI IoT VR/AR Blockchain #jft2019
  32. 32. 失敗を早くする 速い 判断 失敗 チャレンジ 「やってみないと分からない」 をやる時代 #jft2019
  33. 33. ????? #jft2019 「あなたの知識は独学ですか?」
  34. 34. AWS認定 #jft2019
  35. 35. AWS認定クラウドプラクティショナーとは #jft2019 •主な機能の概要 •AWSのメリット •設計原則(ベストプラクティス) •マネージドサービスの特徴 •責任共有モデル •請求(消費モデル) •サポートプラン を人に説明することができることを評価します。 エンジニア以外の方も対象の認定試験。 https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-cloud-practitioner/
  36. 36. AWS認定クラウドプラクティショナーの勉強方法の一例 #jft2019 https://aws.amazon.com/jp/training/course-descriptions/cloud-practitioner-essentials/ 6時間の無料デジタルコース
  37. 37. AWS認定クラウドプラクティショナーの勉強方法の一例 #jft2019 https://www.trainocate.co.jp
  38. 38. AWS認定クラウドプラクティショナーの勉強方法の一例 #jft2019 https://d1.awsstatic.com/training-and-certification/Docs%20- %20Cloud%20Practitioner/AWS%20Certified%20Cloud%20Practitioner%20Exam%20Guide%20001%20v1.4%20JPN.pdf
  39. 39. AWS認定クラウドプラクティショナーの勉強方法の一例 #jft2019 https://d1.awsstatic.com/training-and-certification/Docs%20- %20Cloud%20Practitioner/AWS%20Certified%20Cloud%20Practioner_Sample%20Questions_v1.1_FINAL.PDF
  40. 40. AWS認定クラウドプラクティショナーの勉強方法の一例 #jft2019 https://blog.trainocate.co.jp/blog/cloud_practitioner
  41. 41. AWS認定クラウドプラクティショナーの勉強方法の一例 #jft2019 https://aws.amazon.com/jp/whitepapers/
  42. 42. AWS認定クラウドプラクティショナーの勉強方法の一例 #jft2019 https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/compare-plans/
  43. 43. AWS認定クラウドプラクティショナーの勉強方法の一例 #jft2019 https://aws.amazon.com/jp/solutions/solution-providers-japan/
  44. 44. AWS認定クラウドプラクティショナーの勉強方法の一例 #jft2019 模擬試験 ・問題数は少ないが本試験と同じ割合で出題 ・どの分野の理解が少ないかを知って対策
  45. 45. まとめ ~ご清聴ありがとうございました~ #jft2019 クラウドにより俊敏性が増すことで、 ビジネスが加速。 ・速い成功には、速い構築。 ・使い捨てチャレンジで、良い失敗を数多く。 ・説得のエビデンスに認定資格も。

Editor's Notes

  • 通算100日登壇、受講者数844名
  • 普段は公私ともにエンジニアさん中心にお付き合いをしているのですが、
  • AP=Anti Pattern, CF=障害事例(Case of Failure), SI=Security Incident, WM=Wasted of Money(無駄遣い)
  • 先に全部決める
  • 先に全部決める
  • 普段は公私ともにエンジニアさん中心にお付き合いをしているのですが、
  • 普段は公私ともにエンジニアさん中心にお付き合いをしているのですが、
  • 普段は公私ともにエンジニアさん中心にお付き合いをしているのですが、
  • チャレンジがしやすい
  • チャレンジがしやすい
  • チャレンジがしやすい
  • 普段は公私ともにエンジニアさん中心にお付き合いをしているのですが、
  • 普段は公私ともにエンジニアさん中心にお付き合いをしているのですが、
  • 普段は公私ともにエンジニアさん中心にお付き合いをしているのですが、
  • チャレンジがしやすい
  • チャレンジがしやすい
  • チャレンジがしやすい
  • チャレンジがしやすい
  • チャレンジがしやすい
  • 普段は公私ともにエンジニアさん中心にお付き合いをしているのですが、
  • 普段は公私ともにエンジニアさん中心にお付き合いをしているのですが、
  • 普段は公私ともにエンジニアさん中心にお付き合いをしているのですが、
  • 普段は公私ともにエンジニアさん中心にお付き合いをしているのですが、
  • 1999年Docomoさんのiモード、2007年iPhone、
    ユーザーがコンテンツを作ってビジネスが成り立つ、多くのアクセスを可能とした、
    提供するためにはハードウェアを調達していては追いつかない
  • 今は「やってみないと分からない」をやる時代。
    だからそもそも承認が意味をなしていない場合も多い。
    意味をなさない承認のために、専門家でもない承認者に説明する、そのための資料作りに忙殺され、ビジネスへの貢献などまったくできない状態に陥る。
    クラウドのメリットをまったく活かせていないといえる。
  • ×