[18-A-1] ハッカー中心の企業文化を日本で根付かせる

21,876 views

Published on

デベロッパーズサミット2011
18-A-1

Published in: Career
0 Comments
19 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
21,876
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
10,451
Actions
Shares
0
Downloads
111
Comments
0
Likes
19
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

[18-A-1] ハッカー中心の企業文化を日本で根付かせる

  1. 1. ハッカー中心の企業文化 を日本に根づかせる 楽天株式会社 技術理事 よしおかひろたか 1
  2. 2. アジェンダ• 民族誌的な自己紹介• ハッカー中心の企業文化とは• なぜ、それが必要か• 日本で根付かせるためには 2
  3. 3. 今日のゴール• 自分が素晴らしいと思っている事 (企業文化とか)を紹介する• それを実現するためにどうしたらよ いのかみなさんと考えるきっかけを つくる。• 技術者がゆたかで活き活きとした社 会を作るにはどうしたらいいのだろ うか? 3
  4. 4. 本日のハッシュタグ• #hccjp – Hacker Centric Culture Japan• #devsumi• @hyoshiok http://twitter.com/#!/hyoshiok/status/36707387737903104 4
  5. 5. 自己紹介• よしおかひろたか• 楽天株式会社、技術理事• http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok• コミュニティ活動 – カーネル読書会主宰者 – 勉強会勉強会• DEBUG HACKS (共著)、 ISBN9784873114040 5
  6. 6. 自己紹介• 1984年、慶応義塾大学大学院修了• 1984年、日本ディジタルイクイップ メント研究開発センタ株式会社入社 – 昔DECという会社があった。 – ソフトウェア・エンジニアとして入社 した。 6
  7. 7. DECのエンジニアリング文化• わたしのエンジニアリング人生に影 響を与えたDECの文化を紹介する。 – ミッドナイトプロジェクト (スカンク ワークス) – 社内コンピュータネットワーク – 情報共有 7
  8. 8. 自己紹介• 民族誌的な…• 民族誌 (ethnography) 特定の民族や 集団の文化・社会に関する、フィー ルドワークに基づいた具体的な記述 (広辞苑) 8
  9. 9. 民族誌 ethnography• 未開の文明ではなく、コンピュータ業界 のソフトウェア開発現場のフィールド ワーク – 組織文化を理解するために – 組織文化を記述するために – そしてよりよい組織文化を作るために – 組織文化は通常外部からは伺いしれない (転職などで緩やかに知られていく) 9
  10. 10. Digital Equipment Corp - DEC 1957 – 1998 The second largest computer vendor in 1980’s 新卒で入社(1984)して、約10年所属した。 1998年にCOMPAQが買収して、今はHP Ken Olsen, the founder Digital Equipment Corporation, 1926-2011 10
  11. 11. DECのエンジニアリング文化• DECのエンジニアリング文化の特徴。 – ミッドナイトプロジェクト (スカンク ワークス) – 社内コンピュータネットワーク – 情報共有 11
  12. 12. DECのエンジニアリング文化• ミッドナイトプロジェクト (スカンクワークス)• 業務とは別に、予算人員などを確保せずに独自 に行うプロジェクトのこと。• 業務時間の10%~20%位(目安)を業務外の作 業にあてることが黙認されていた。(むしろ奨 励されていた)• Googleの20%ルール 12
  13. 13. DECのエンジニアリング文化• 社内コンピュータネットワーク (E- net)• すべてのコンピュータが一つのネッ トワークで結合していた。(スタン ドアロンでは使わない)。80年代で は特殊。• 私企業が持つ世界最大のコンピュー タネットワーク。(数万台) 13
  14. 14. DECのエンジニアリング文化• 情報共有• VAX Notes/社内コンピュータネットワーク 掲示板• ありとあらゆることが議論されていた – 開発中の製品情報、バグ情報、サポート情報 – 業務に関係あることないことなんでもかんでも。 開発日誌とかも。 14
  15. 15. DECのエンジニアリング文化• 暗黙的にも明示的にも価値観を共有 – 管理よりも自由、自主性の尊重 – なんでもやってみる – 情報の共有 – エンジニアリングの会社 15
  16. 16. 統制の手法• 功利的統制 – 給料やボーナス、地位など• 強制的統制 – あからさまな権力、力関係• 規範的統制 – 組織の価値観、イデオロギー 16
  17. 17. すぐれた民族誌• 超マシン誕生 – ISBN9784822284329• 闘うプログラマ – ISBN9784822247577• iモード事件 – ISBN9784048836333フィールドワークは冒険だ。帰還したエスノグラファーは英雄だ。「洗脳するマネジメント」ISBN9784822244675 17
  18. 18. おまけ:自己紹介、年表• 1984、日本DEC入社• 1988、結婚• 1989、ベルリンの壁崩壊• 1989~1990、米国DEC出向• 1990、娘誕生• 1994、日本オラクル入社• 1995、阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件• 1995~1998、米国Oracle出向• 1998、Netscapeソースコード公開、DECがCompaqに買収される• 1999、第一回カーネル読書会• 2000、Miracle Linux創業• 2002、未踏ソフトウェア創造事業• 2008、楽天テクノロジーアワード受賞• 2009、楽天入社• 2009、第100回カーネル読書会 18
  19. 19. アジェンダ• 民族誌的な自己紹介• ハッカー中心の企業文化とは• なぜ、それが必要か• 日本で根付かせるためには 19
  20. 20. ハッカー中心の企業文化• ハッカーって – コンピュータ技術に精通した人(辞書 的な定義) – ちょっとした技巧(ハック)を操る人 – 社会を変えた人 – (なんでもかんでもハッカー?) 20
  21. 21. ハッカー• 共通の価値観• 企業文化• どう根付かせるか 21
  22. 22. ハッカー倫理• スティーブン・レビー「 ハッカーズ 」で次のように記している。 ISBN978-4875931003• コンピュータへのアクセス、加えて、何であれ、世界の機能の仕 方について教えてくれるものへのアクセスは無制限かつ全面的で なければならない。実地体験の要求を決して拒んではならない。• すべての情報は自由に利用できなければならない。• 権威を信用するな--反中央集権を進めよう。• ハッカーは、学歴、年齢、人種、地位のような、まやかしの基準 ではなく、そのハッキングによって判断されなければならない。• 芸術や美をコンピュータで作り出すことは可能である。• コンピュータは人生をよいほうに変えうる。• 60年代~70年代の民族誌 22
  23. 23. 共通の価値観• コンピュータによって社会をよくす る• 管理より自由、反権威的• ラフなコンセンサスと動くコード• 許可を求めるな、謝罪せよ 23
  24. 24. 事例:Yahooに起きてしまったこと• ポールグレアム、Yahooに起きてしまっ たこと  http://d.hatena.ne.jp/lionfan/20100815#1281830975• (Yahooの問題は)簡単に儲かりすぎて しまったことと、ハイテク企業になろう という強い意志がなかったことだ。 – Yahooには最初から「ハイテク企業になろ う」という強い意志が欠けていた。 24
  25. 25. • どんな企業にはハッカー中心の文化 が必要となるのだろう?• 「良いソフトウェアを必要とするす べての企業」 – Yahooが発見したように、このルールが 適用される領域は、ほとんどの人々が 思っているより広い。 25
  26. 26. ハッカー中心の文化• インターネット時代のソフトウェア 開発 – 最高のプログラマを雇う – 少数精鋭 – 最高のプログラマは最高のプログラマ と働きたがる 26
  27. 27. なぜ必要か• 共通善(社会をよくする)• 企業の競争力• ベストプラクティス 27
  28. 28. なぜ必要か• ハッカー中心の企業文化の 方が、自分には 心地良いから(利己的な理由)• その他の理由は、偉い人に説明するための 理屈。 – 共通善(社会をよくするという価値観の共有) – 企業の競争力(会社がつぶれたら元も子もな い) – ベストプラクティス(ソフトウェアを楽しく作 る。デスマーチ知らず) 28
  29. 29. どう企業文化を作るのか• 企業文化は、暗黙的、明示的につく られる。• 外から知られることはない。(民族 誌が必要) 29
  30. 30. どうハッカー中心文化を作るか• 暗黙知の継承 – 材料:パッション、仲間 – 方法:勉強会、ランチ、飲み会、合宿• 形式知の継承 – 戦略、ガイドライン、ルール 30
  31. 31. 文化の衝突• 商用ソフトとオープンソース• レガシーとWeb2.0• ウォーターフォールとアジャイル• 高い稼働率とスケーラビリティ 31
  32. 32. 組織の限界• 組織が肥大化すると – 蛸壺(他の事業部なにする人ぞ) – 横串(クロスファンクション)は言う ほど簡単ではない• 文化の融合が必要、対立ではなく• そこで、社内コミュニティ 32
  33. 33. 社内コミュニティ• コミュニティ・オブ・プラクティス• 組織:縦割り• プロジェクト:横串• 社内コミュニティ:縦でも横でもな い – 志を共有するメンバーによってドライ ブ – コミュニティは組織を活性化するビタ ミン• そこで勉強会 33
  34. 34. 勉強会の隆盛 300件/月以上開催 IT勉強会カレンダーid:hanazukinと愉快な仲間達による人力作業によって編集公開されている。 34
  35. 35. 勉強会のイメージ• 主催者が個人的興味の延長で開催• ボランティアによって運営• 無償ないしは廉価 – 商用セミナー、教育コースとの違い• 技術者の人的ネットワーク、知 識獲 得のプラットフォーム、キャリア形 成のツール 35
  36. 36. 事例:カーネル読書会• Linuxおよびオープンソース技術に 関する勉強会 – 1999年4月から。10年続いている。 • 第100回開催した。Linusも参加してくれた。 – 中学生から50代まで、素人からカーネ ルハッカーまで、毎回数十人参加 – よしおかが主宰。横浜Linux Users Group (YLUG)有志と運営 http://ylug.jp 36
  37. 37. 社外勉強会を社内で開催• 楽天でカーネル読書会を開催した – 大変だったこと • 申請書類がいっぱい。(空調、ゲストカード、イベ ント申請、エレベータ、会場、開錠…) • 社内ワークフロー、誰に何を頼めばいいかわからな い – うれしかったこと • ボランティアがいっぱい立候補してくれた(多分10 人以上) 楽天カーネル隊を結成♪ • 社内ワークフローとか、教えてくれる人がいた • エライ人が理解を示してくれた(社内ス ポンサー) • ビアバッシュ(ピザとビールのパーティ)ができた 37
  38. 38. カーネル読書会@楽天• 社外勉強会を社内でやると…• メリット(社員にとって、会社にとって) – 自社での開催なので、参加の敷居が低い。最新技術動 向の入手。議論の場の提供。外部からの刺激による開 発者の活性化。モチベーションアップ。外部人材との 交流。企業イメージ向上。• リスク、コスト – 情報流出⇒会場以外には入れない – 会場提供⇒直接的な費用はほとんど発生しない – 勤務時間外⇒コストはほとんどかからない• メリット>コスト 38
  39. 39. 楽天社内コミュニティ• ジャングル – LT大会 – 開発合宿• 勉強会(社内、 社外)• 楽天テクノロジーカンファレンス実行委員会• クリーンナップ大作戦• ランチ~(カフェテリアを 利用したカジュアルな ミーティング)• 勉強会同好会 39
  40. 40. 勉強会楽天TechTalk  毎月第3水曜日勉強会 40~50人参加 資料 動画 100views レポート 80views 40
  41. 41. 技術者として• オープンイノベーションの時代 – 社外に価値の源泉を求めざるをえない – 会社に閉じこもっていてはいけない – コミュニティ的なノリ• 技術は会社のものではない、社会の ものだ – 社会をよくしていくという価値観 – コミュニティという道具 41
  42. 42. 大規模社外カンファレンス 42
  43. 43. 勉強会2010年4月 丸山先生レクチャーシリーズ第3回@楽天 来場者数、約500名  Ustreamの視聴者数=544名  事務局運営スタッフ(ボランティアで運営) 43
  44. 44. Innovation Sprint 20112011年1月13日(木)基調講演Roots of Scrum一橋大学 名誉教授 野中 郁次郎 氏Chairman, the Scrum Training Institute ジェフ・サザーランド 氏参加者360名ほど。ボランティアによる実行委員会コミュニティによる価値の創造 44
  45. 45. 勉強会:事例 勉強会の法則「開催のメリット > 開催のコスト」 (よしおかの勉強会第一の法則) 45
  46. 46. 勉強会をテコに• モチベーションアップ• 暗黙知の流通• 人との出会い(同じ会社であっても)• 組織の壁の破壊• 新しい技術知識などを得ることはむし ろ副次的な効果• 勉強会を通じて「技術の横串」をとお すコミュニティをつくる 46
  47. 47. もうひとつの方法• 勉強会は極めて属人的 – 情熱と仲間が必須 – 暗黙知の共有• 戦略、ガイドライン、ルール – 理事の立場を利用して、 – OSS戦略の策定 – コミュニティアライアンスプラン策定 – 社内ルール作り – 形式知を共有 47
  48. 48. 日本で根付かせるために• ハッカー中心の企業文化の理解 – 民族誌的なアプローチ• 価値観の共有 – コミュニティ• 方法論 – 勉強会、ランチ、飲み会、…、(暗黙知) – 戦略、ガイドライン、ルール、(形式知) 48
  49. 49. • エンジニアとして、社会をよりよく していきたい。• そのために、ハッカー中心の企業文 化を日本に根付かせたい 49

×