SlideShare a Scribd company logo
1 of 40
Download to read offline
OpenStack Summitの歩き方
2015
whoami
齊藤 秀喜(さいとう ひでき) / TwitterID: @saito_hideki
日本OpenStackユーザ会ボードメンバー
(兼)写真部 部長
株式会社インターネットイニシアティブ
著書
OpenStackクラウドインテグレーション
ISBN: 9784798141251 FULL ACCESS!
本日のテーマ
「OpenStack Summit」
https://www.openstack.org/summit/tokyo-2015/
Current topics
★OpenStack Summit?
★初参加のSummitふりかえり
★Summitの歩き方
★東京にSummitがやってくる!
OpenStack Foundationが主催し、世界中の候補地から選ばれ
た都市で、年2回 春と秋に開催されるOpenStackerの祭典。
summit = [“Austin”,”San Antonio”,”Santa Clara”,”Boston”,”San Francisco”,
”San Diego”,”Portland”,”Hong Kong”,”Atlanta”,”Paris“,
”Vancouver”,”Tokyo”,”Austin”,”Barcelona”,…]
OpenStack Summit?
Summit agenda
1. Upstream training
2. Keynote session
3. Break-out session and Hands-on
4. Design summit & Ops Meetups
5. Collaboration day
6. Market place
Upstream training
Summit本番に先立って2日間の日程で行われる、開発者向
けに、コントリビュータに必要な「お作法」を教えてくれる
トレーニング。日本でも不定期開催されています。
OpenStack Foundationから今後の開発の方向性に関する
メッセージや、新リリース注目の新機能、超大規模ユーザか
らの事例紹介を交えた基調講演。
Keynote session
なんだか演出がモノ凄い!
公募された中から、厳選されたセミナー形式のセッションや
ハンズオンが盛りだくさん。東京サミットの公募もまだ間に
合います!
★ CURRENTLY ACCEPTING PRESENTATION SUBMISSIONS
UNTIL JULY 15TH, 2015, 11:59 PM PDT
https://www.openstack.org/summit/tokyo-2015/call-for-speakers/
Break-out session
and Hands-on
Design Summit
and Ops Meetups
OpenStackの開発者や運用技術者が同士が集まり、さまざ
まなテーマで、意見交換やコンポーネント毎の設計・実装の
方向性に関するディスカッションが行われる。
まる1日、同じ部屋を確保して行われる、OpenStackを取
り巻く他の技術に関するセッション。Vancouver Summit
では、Ansible,OPNFV,Containerがテーマとなった。
Collaboration day
Market placeでは、スポンサー企業の、OpenStackに対
する取り組みや製品説明のほか、パーティーへの参加登録
なども受け付けてくれます。
Market place
初参加のSummit
ふりかえり
注目した分野は
∼High Availability∼
★ 本気で構築・運用されているOpenStackの話
1. プロダクション環境でのシステム構成事例
2. コントロールプレーンの高可用性を確保する手法
3. コンポーネントや機能ごとのHA構成ノウハウ
4. 冗長化された複雑なシステムの構築・運用技術
初参加で期待していたこと
Summitで紹介されていた
コントロールプレーンの
冗長化手法まとめ
HA関連のセッションは、どれも満員状態。関心の高さを感じました。
1. ★Deep Dive Into a Highly Available OpenStack Architecture(これは必見!)
• Video: https://goo.gl/2EsZVt
• Slide: http://goo.gl/BZwWh1
2. High Availability and Resiliency Testing Strategies for OpenStack Clouds
• Video: https://goo.gl/qOqtHP
• Github: https://goo.gl/61gboU
3. Pacemaker: OpenStack s PID 1
• Video: https://goo.gl/pH7Wmy
• Slide: http://goo.gl/o4FGQK
4. MariaDB Galera cluster : Best practices
• Video: https://goo.gl/ENf5lY
HA関連のおすすめセッション
HAのベストプラクティス
Controller#2
Controller#1
VIP
HAProxy HAProxy HAProxy
Pacemaker Pacemaker Pacemaker
Keystone Keystone Keystone
Nova Nova Nova
Neutron Neutron Neutron
Glance Glance Glance
Cinder Cinder Cinder
RabbitMQのクラスタ機能を利用する
MySQL/MariaDBはGalera Clusterで冗長化
Controller#0
各コンポーネントは機能毎
に、PacemakerとLBを利用
してA/A,A/Pで構成する。
Pacemakerは、systemdを
利用して各サービスを管理
する。
どのセッションでも、ほぼ同じ要素でHAを構成。
HA構成のための要素技術
★ サービス冗長化技術
Pacemaker/HAProxy
★ DBの冗長化技術
MySQL/MariaDBとGalera Cluster
★ 自動化・構成管理
Ansible/Chef/Puppet
★ CI/CDシステム
Jenkins
世界的にみて、OpenStackの本番環境での利用は想像以上に進んで
いました。それにともない、Summit参加者の関心は、新しい機能や
コンポーネントだけでなく、運用関連技術にまで広がっているのを
感じました。注目したHAに関しても期待通り充実した内容でした。
★ OSSを利用してHA構成を構築した実例が紹介されていた
★ コンポーネントや役割毎にHA構成にノウハウがある
★ 構築だけでなくテストの仕組みも自動化されていた
★ コントロールプレーンは、標準的なHA構成手法が確立されている
初参加のSummitは期待通り
Summitに参加すれば
このようなトレンドやノウハウを
効率的に集められる
Summitの歩き方
より効率的にトレンドや実践できる知識を学ぼう
歩き方
1.旅の準備
2.前日にやっておきたいこと
3.Summit当日
★日程を確認しよう
Upstream Trainingのように、Summit直前に開催されるイベント
もあります。参加したい場合には忘れず日程に組み込みましょう。
参考 https://wiki.openstack.org/wiki/OpenStack_Upstream_Training
★ホテルの手配もお早めに!
公式サイトからの申し込みで割り引きとなるホテルの部屋は、早々
に埋まります。ちなみに、Expediaなどで予約するのであれば、
キャンセル無料となっている場合が多いので、とにかく部屋だけは
先に確保することをオススメします。
旅の準備(1/4)
★チケットは有償です!購入には早割を利用しよう
Vancouver Summitのチケットは、Eventbriteから購入します。
FULL ACCESS PASSの料金は、早期割引で$600でした。ちなみ
に通常料金は$1,000に設定されていました。
東京でも早割は$600からスタートしています。
★ATCにはディスカウントコードが送られます!
開発に貢献すると、From: communitymngr@openstack.orgから
チケットのディスカウントコードがメールで送られてきます!
このコードでFULL ACCESS PASSの早期割引チケットの金額
分が無償になります!
旅の準備(2/4)
★FULL ACCESS PASSを購入したらもう安心?
安心しちゃダメ!あなたのFULL ACCESS PASSのカバー範囲
は、メインイベントのSummitだけです!
Upstream Trainingやスポンサー主催のパーティーなど、参加費は
無償であっても、事前に参加登録が必要なイベントがあるので注意
しましょう。
旅の準備(3/4)
★スケジューラアプリには要注意!
SummitのスケジュールはWeb
の他、スマートフォン用アプリ
としても提供されます。
∼要注意∼
Break-out sessionのアプリと
DesignSummit/OpsMeetups
のはアプリは別物です!
公式サイトで案内されているの
は、Break-out sessionのもの
だけなので要注意です!
Tokyoでは改善してほしい!
旅の準備(4/4)
Break-out session DesignSummit
OpsMeetups
前日にやっておきたいこと
★レジストレーションは前日に!
レジストレーションはSummit前日から可能です。最初に一度だけ
行ってパスを受け取れば、その後は必要ありません。混み合うので
前日にやってしまいましょう。
★会場の見取り図を入手
PASSには会場の見取り図が同封されています。
Keynote Session会場などを事前に確認して、効率的
に回れるよう準備しましょう。会場は広いのです!
★Keynoteセッションには絶対参加しよう!!!
モノ凄い演出の一大ショーです。でも、後ろの席ではステージが遠
く、魅力も半減です!早起きして並んで前列で見ないと損ですよ!
Summit当日(1/5)
★Break-out sessionではテーマ決めが必要
Vancouverでは、合計400を超えるセッションが行われました。
魅力的なセッションが被るのは当たり前な状況が待ち受けていま
す。テーマを決めて聴講計画を立てましょう!
★Summitらしい服装で!
スーツ姿で参加しようとしていませんか?満席だと床に座って聴く
ことも多くなります。ラフな服装をオススメします。
Summit当日(2/5)
★あわてるな!ちゃんと録画されている!
Break-out sessionは、全て録画されており、Summit公式サイト
から、いつでも視聴可能です。
報告書の作成用に登壇者やスライドを撮影するよりも、セッション
に集中しましょう!
参考) https://www.openstack.org/summit/vancouver-2015/summit-videos/
★撮影時は周囲への心遣いを(自戒の念も込めて)
Design SummitやOps Meetups、Collaboration Dayは録画され
ないようです。スライドなどの写真撮影時は、シャッター音を消す
など、周囲への配慮を忘れないようにしましょう。
Summit当日(3/5)
★Market placeを訪れてみよう
Market placeでは、スポンサー各社が、さまざまなコンセプトの
ブースを出展しています。
Break-out sessionのスピーカーも自社のブースで案内をしていた
りするので、質問・相談・議論をするチャンスです!
積極的に話しかけてみましょう!
Summit当日(4/5)
Design Summit/Ops Meetupsに参加しよう
部屋で行う議論は、Etherpadを中心に進行することが多いので、
参加するならラップトップPCは必須アイテムです。EtherpadのURL
も事前に確認しておきましょう。電源コンセントは結構あります。
参考) https://wiki.openstack.org/wiki/Design_Summit/Liberty/Etherpads
Summit当日(5/5)
会場ではランチが無料提供されます。
期間中はスポンサー主催のパーティーも開かれます!
Summitのごはん
バンクーバーでは、Summitの記念品として参加者全員に
ウィンドブレーカーが配布されました。
Market Placeでは、その他にも、さまざまなグッズがもら
えます。衣類が多いので、Summitに持っていく服を減ら
してもいいかもしれません。
Summitグッズ
Summitに参加したい!
でも海外は遠い…
Summitが東京にやってくる!
★開催地: グランドプリンスホテル新高輪
★日程: 2015/10/27-30
•チケット発売開始!
•Call for Speakersは7/15まで!
OpenStack Summit Tokyo
世界最大級のカンファレンス
に参加できるチャンス!
Order Now!!
ご静聴ありがとうございました
OpenStack Summit Tokyo
2015.10.27-30
で会いましょう!:)
https://www.openstack.org/summit/tokyo-2015/

More Related Content

What's hot

Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack OverviewOkinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overviewirix_jp
 
Interop2016-openstack-user-group-mizuno
Interop2016-openstack-user-group-mizunoInterop2016-openstack-user-group-mizuno
Interop2016-openstack-user-group-mizunoshintaro mizuno
 
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStackOSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStackVirtualTech Japan Inc.
 
Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2013年11月
Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2013年11月Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2013年11月
Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2013年11月VirtualTech Japan Inc.
 
OpenStack Summit Austin 2016 参加報告 - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月
OpenStack Summit Austin 2016 参加報告 - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月OpenStack Summit Austin 2016 参加報告 - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月
OpenStack Summit Austin 2016 参加報告 - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月VirtualTech Japan Inc.
 
Interop2014 - OpenStackの概要と最新技術動向(Icehouse)
Interop2014 - OpenStackの概要と最新技術動向(Icehouse)Interop2014 - OpenStackの概要と最新技術動向(Icehouse)
Interop2014 - OpenStackの概要と最新技術動向(Icehouse)irix_jp
 
「hbstudy#23 OpenStack祭!!」資料 ~OpenStackプロジェクトの全体像~
「hbstudy#23 OpenStack祭!!」資料 ~OpenStackプロジェクトの全体像~「hbstudy#23 OpenStack祭!!」資料 ~OpenStackプロジェクトの全体像~
「hbstudy#23 OpenStack祭!!」資料 ~OpenStackプロジェクトの全体像~Masanori Itoh
 
OSC2013.Cloud@Osaka
OSC2013.Cloud@OsakaOSC2013.Cloud@Osaka
OSC2013.Cloud@OsakaHideki Saito
 
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告VirtualTech Japan Inc.
 
Z Lab社におけるOpenStack × Kubernetesの活用 〜アプリケーション開発者からみた課題解決 - OpenStack最新情報セミナー...
Z Lab社におけるOpenStack × Kubernetesの活用 〜アプリケーション開発者からみた課題解決  - OpenStack最新情報セミナー...Z Lab社におけるOpenStack × Kubernetesの活用 〜アプリケーション開発者からみた課題解決  - OpenStack最新情報セミナー...
Z Lab社におけるOpenStack × Kubernetesの活用 〜アプリケーション開発者からみた課題解決 - OpenStack最新情報セミナー...VirtualTech Japan Inc.
 
私がCloudStackを使う4つの理由
私がCloudStackを使う4つの理由私がCloudStackを使う4つの理由
私がCloudStackを使う4つの理由Takuma Nakajima
 
実用段階に入ったOpenStack ~ もうすぐ絶滅するというPrivate Cloudの多様性について ~
実用段階に入ったOpenStack ~ もうすぐ絶滅するというPrivate Cloudの多様性について ~実用段階に入ったOpenStack ~ もうすぐ絶滅するというPrivate Cloudの多様性について ~
実用段階に入ったOpenStack ~ もうすぐ絶滅するというPrivate Cloudの多様性について ~Rakuten Group, Inc.
 
いまさら聞けないOpen stack
いまさら聞けないOpen stackいまさら聞けないOpen stack
いまさら聞けないOpen stackHayato Otsuka
 
OSC@Kyoto2014 OpenStack概要
OSC@Kyoto2014 OpenStack概要OSC@Kyoto2014 OpenStack概要
OSC@Kyoto2014 OpenStack概要irix_jp
 
世界での実績No.1のOpenStackインストーラ – Fuel – の全貌は - OpenStack最新情報セミナー 2015年2月
世界での実績No.1のOpenStackインストーラ – Fuel – の全貌は  - OpenStack最新情報セミナー 2015年2月世界での実績No.1のOpenStackインストーラ – Fuel – の全貌は  - OpenStack最新情報セミナー 2015年2月
世界での実績No.1のOpenStackインストーラ – Fuel – の全貌は - OpenStack最新情報セミナー 2015年2月VirtualTech Japan Inc.
 
使ってわかった!現場担当者が語るOpenStack運用管理の課題 - OpenStack最新情報セミナー 2015年2月
使ってわかった!現場担当者が語るOpenStack運用管理の課題  - OpenStack最新情報セミナー 2015年2月使ってわかった!現場担当者が語るOpenStack運用管理の課題  - OpenStack最新情報セミナー 2015年2月
使ってわかった!現場担当者が語るOpenStack運用管理の課題 - OpenStack最新情報セミナー 2015年2月VirtualTech Japan Inc.
 

What's hot (20)

Okinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack OverviewOkinawa Open Days - OpenStack Overview
Okinawa Open Days - OpenStack Overview
 
Interop2016-openstack-user-group-mizuno
Interop2016-openstack-user-group-mizunoInterop2016-openstack-user-group-mizuno
Interop2016-openstack-user-group-mizuno
 
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStackOSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
 
OpenStack Now!
OpenStack Now!OpenStack Now!
OpenStack Now!
 
OpenStack入門 2016/06/27
OpenStack入門 2016/06/27OpenStack入門 2016/06/27
OpenStack入門 2016/06/27
 
OpenStack概要
OpenStack概要OpenStack概要
OpenStack概要
 
Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2013年11月
Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2013年11月Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2013年11月
Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2013年11月
 
OpenStack Summit Austin 2016 参加報告 - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月
OpenStack Summit Austin 2016 参加報告 - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月OpenStack Summit Austin 2016 参加報告 - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月
OpenStack Summit Austin 2016 参加報告 - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月
 
Interop2014 - OpenStackの概要と最新技術動向(Icehouse)
Interop2014 - OpenStackの概要と最新技術動向(Icehouse)Interop2014 - OpenStackの概要と最新技術動向(Icehouse)
Interop2014 - OpenStackの概要と最新技術動向(Icehouse)
 
「hbstudy#23 OpenStack祭!!」資料 ~OpenStackプロジェクトの全体像~
「hbstudy#23 OpenStack祭!!」資料 ~OpenStackプロジェクトの全体像~「hbstudy#23 OpenStack祭!!」資料 ~OpenStackプロジェクトの全体像~
「hbstudy#23 OpenStack祭!!」資料 ~OpenStackプロジェクトの全体像~
 
OSC2013.Cloud@Osaka
OSC2013.Cloud@OsakaOSC2013.Cloud@Osaka
OSC2013.Cloud@Osaka
 
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
 
Open stack界でのコンテナの現状
Open stack界でのコンテナの現状Open stack界でのコンテナの現状
Open stack界でのコンテナの現状
 
Z Lab社におけるOpenStack × Kubernetesの活用 〜アプリケーション開発者からみた課題解決 - OpenStack最新情報セミナー...
Z Lab社におけるOpenStack × Kubernetesの活用 〜アプリケーション開発者からみた課題解決  - OpenStack最新情報セミナー...Z Lab社におけるOpenStack × Kubernetesの活用 〜アプリケーション開発者からみた課題解決  - OpenStack最新情報セミナー...
Z Lab社におけるOpenStack × Kubernetesの活用 〜アプリケーション開発者からみた課題解決 - OpenStack最新情報セミナー...
 
私がCloudStackを使う4つの理由
私がCloudStackを使う4つの理由私がCloudStackを使う4つの理由
私がCloudStackを使う4つの理由
 
実用段階に入ったOpenStack ~ もうすぐ絶滅するというPrivate Cloudの多様性について ~
実用段階に入ったOpenStack ~ もうすぐ絶滅するというPrivate Cloudの多様性について ~実用段階に入ったOpenStack ~ もうすぐ絶滅するというPrivate Cloudの多様性について ~
実用段階に入ったOpenStack ~ もうすぐ絶滅するというPrivate Cloudの多様性について ~
 
いまさら聞けないOpen stack
いまさら聞けないOpen stackいまさら聞けないOpen stack
いまさら聞けないOpen stack
 
OSC@Kyoto2014 OpenStack概要
OSC@Kyoto2014 OpenStack概要OSC@Kyoto2014 OpenStack概要
OSC@Kyoto2014 OpenStack概要
 
世界での実績No.1のOpenStackインストーラ – Fuel – の全貌は - OpenStack最新情報セミナー 2015年2月
世界での実績No.1のOpenStackインストーラ – Fuel – の全貌は  - OpenStack最新情報セミナー 2015年2月世界での実績No.1のOpenStackインストーラ – Fuel – の全貌は  - OpenStack最新情報セミナー 2015年2月
世界での実績No.1のOpenStackインストーラ – Fuel – の全貌は - OpenStack最新情報セミナー 2015年2月
 
使ってわかった!現場担当者が語るOpenStack運用管理の課題 - OpenStack最新情報セミナー 2015年2月
使ってわかった!現場担当者が語るOpenStack運用管理の課題  - OpenStack最新情報セミナー 2015年2月使ってわかった!現場担当者が語るOpenStack運用管理の課題  - OpenStack最新情報セミナー 2015年2月
使ってわかった!現場担当者が語るOpenStack運用管理の課題 - OpenStack最新情報セミナー 2015年2月
 

Viewers also liked

ライブショッピングモール
ライブショッピングモールライブショッピングモール
ライブショッピングモールYouhei Kanbe
 
【トピカル】風雲急を告げるEC業界を展望する
【トピカル】風雲急を告げるEC業界を展望する 【トピカル】風雲急を告げるEC業界を展望する
【トピカル】風雲急を告げるEC業界を展望する Yuya Sakai
 
OpenStack Summit Vancouver Summary
OpenStack Summit Vancouver SummaryOpenStack Summit Vancouver Summary
OpenStack Summit Vancouver SummaryIkuo Kumagai
 
ひとりではじめる OpenStack Summit の楽しみ方
ひとりではじめる OpenStack Summit の楽しみ方ひとりではじめる OpenStack Summit の楽しみ方
ひとりではじめる OpenStack Summit の楽しみ方Takanari Konishi
 
Report of OpenStack Ops Meetup Palo Alto (in Japanese)
Report of OpenStack Ops Meetup Palo Alto (in Japanese)Report of OpenStack Ops Meetup Palo Alto (in Japanese)
Report of OpenStack Ops Meetup Palo Alto (in Japanese)Hirofumi Ichihara
 
OpenStack Summit November 2014 Paris出張報告
OpenStack Summit November 2014 Paris出張報告OpenStack Summit November 2014 Paris出張報告
OpenStack Summit November 2014 Paris出張報告Mitsuhiro SHIGEMATSU
 
忙しい人のためのOpenStack超サマリ
忙しい人のためのOpenStack超サマリ忙しい人のためのOpenStack超サマリ
忙しい人のためのOpenStack超サマリNaoto Umemori
 
AppSphere 15 - Expedia Lessons from the Trenches: Managing AppDynamics at Scale
AppSphere 15 - Expedia Lessons from the Trenches: Managing AppDynamics at ScaleAppSphere 15 - Expedia Lessons from the Trenches: Managing AppDynamics at Scale
AppSphere 15 - Expedia Lessons from the Trenches: Managing AppDynamics at ScaleAppDynamics
 
OpenStack Summit 2016 Austin 参加報告
OpenStack Summit 2016 Austin 参加報告OpenStack Summit 2016 Austin 参加報告
OpenStack Summit 2016 Austin 参加報告kimura50
 
AB Testing at Expedia
AB Testing at ExpediaAB Testing at Expedia
AB Testing at ExpediaPaul Lucas
 
楽天市場を取り巻く状況と開発
楽天市場を取り巻く状況と開発楽天市場を取り巻く状況と開発
楽天市場を取り巻く状況と開発Rakuten Group, Inc.
 
ヤフー株式会社はアクセシビリティ対応を
なぜ始めたのか、どう進めているのか
ヤフー株式会社はアクセシビリティ対応を
なぜ始めたのか、どう進めているのかヤフー株式会社はアクセシビリティ対応を
なぜ始めたのか、どう進めているのか
ヤフー株式会社はアクセシビリティ対応を
なぜ始めたのか、どう進めているのかYahoo!デベロッパーネットワーク
 
OpenStack Summit 2016 Barcelona NFV関連報告
OpenStack Summit 2016 Barcelona NFV関連報告OpenStack Summit 2016 Barcelona NFV関連報告
OpenStack Summit 2016 Barcelona NFV関連報告kimura50
 
Expedia at London Technology Week 2015
Expedia at London Technology Week 2015Expedia at London Technology Week 2015
Expedia at London Technology Week 2015Open Destinations
 
デブサミ2013 【15-A-1】「爆速」を支えるテクノロジー
デブサミ2013 【15-A-1】「爆速」を支えるテクノロジーデブサミ2013 【15-A-1】「爆速」を支えるテクノロジー
デブサミ2013 【15-A-1】「爆速」を支えるテクノロジーDevelopers Summit
 
Brand Management Study of Amazon
Brand Management Study of Amazon Brand Management Study of Amazon
Brand Management Study of Amazon Nikhil Narayan
 
AWS re:Invent 2016: Serverless Computing Patterns at Expedia (SVR306) )
AWS re:Invent 2016: Serverless Computing Patterns at Expedia (SVR306) )AWS re:Invent 2016: Serverless Computing Patterns at Expedia (SVR306) )
AWS re:Invent 2016: Serverless Computing Patterns at Expedia (SVR306) )Amazon Web Services
 
Мобилната реклама - Ефективност през таргетиране
Мобилната реклама - Ефективност през таргетиранеМобилната реклама - Ефективност през таргетиране
Мобилната реклама - Ефективност през таргетиранеDigital Agency Interactive Share
 

Viewers also liked (20)

ライブショッピングモール
ライブショッピングモールライブショッピングモール
ライブショッピングモール
 
【トピカル】風雲急を告げるEC業界を展望する
【トピカル】風雲急を告げるEC業界を展望する 【トピカル】風雲急を告げるEC業界を展望する
【トピカル】風雲急を告げるEC業界を展望する
 
OpenStack Summit Vancouver Summary
OpenStack Summit Vancouver SummaryOpenStack Summit Vancouver Summary
OpenStack Summit Vancouver Summary
 
ひとりではじめる OpenStack Summit の楽しみ方
ひとりではじめる OpenStack Summit の楽しみ方ひとりではじめる OpenStack Summit の楽しみ方
ひとりではじめる OpenStack Summit の楽しみ方
 
OpenStack Summit Tokyo 興味をひいたセッション
OpenStack Summit Tokyo 興味をひいたセッションOpenStack Summit Tokyo 興味をひいたセッション
OpenStack Summit Tokyo 興味をひいたセッション
 
Report of OpenStack Ops Meetup Palo Alto (in Japanese)
Report of OpenStack Ops Meetup Palo Alto (in Japanese)Report of OpenStack Ops Meetup Palo Alto (in Japanese)
Report of OpenStack Ops Meetup Palo Alto (in Japanese)
 
OpenStack Summit November 2014 Paris出張報告
OpenStack Summit November 2014 Paris出張報告OpenStack Summit November 2014 Paris出張報告
OpenStack Summit November 2014 Paris出張報告
 
忙しい人のためのOpenStack超サマリ
忙しい人のためのOpenStack超サマリ忙しい人のためのOpenStack超サマリ
忙しい人のためのOpenStack超サマリ
 
AppSphere 15 - Expedia Lessons from the Trenches: Managing AppDynamics at Scale
AppSphere 15 - Expedia Lessons from the Trenches: Managing AppDynamics at ScaleAppSphere 15 - Expedia Lessons from the Trenches: Managing AppDynamics at Scale
AppSphere 15 - Expedia Lessons from the Trenches: Managing AppDynamics at Scale
 
OpenStack Summit 2016 Austin 参加報告
OpenStack Summit 2016 Austin 参加報告OpenStack Summit 2016 Austin 参加報告
OpenStack Summit 2016 Austin 参加報告
 
AB Testing at Expedia
AB Testing at ExpediaAB Testing at Expedia
AB Testing at Expedia
 
楽天市場を取り巻く状況と開発
楽天市場を取り巻く状況と開発楽天市場を取り巻く状況と開発
楽天市場を取り巻く状況と開発
 
ヤフー株式会社はアクセシビリティ対応を
なぜ始めたのか、どう進めているのか
ヤフー株式会社はアクセシビリティ対応を
なぜ始めたのか、どう進めているのかヤフー株式会社はアクセシビリティ対応を
なぜ始めたのか、どう進めているのか
ヤフー株式会社はアクセシビリティ対応を
なぜ始めたのか、どう進めているのか
 
OpenStack Summit 2016 Barcelona NFV関連報告
OpenStack Summit 2016 Barcelona NFV関連報告OpenStack Summit 2016 Barcelona NFV関連報告
OpenStack Summit 2016 Barcelona NFV関連報告
 
Expedia at London Technology Week 2015
Expedia at London Technology Week 2015Expedia at London Technology Week 2015
Expedia at London Technology Week 2015
 
デブサミ2013 【15-A-1】「爆速」を支えるテクノロジー
デブサミ2013 【15-A-1】「爆速」を支えるテクノロジーデブサミ2013 【15-A-1】「爆速」を支えるテクノロジー
デブサミ2013 【15-A-1】「爆速」を支えるテクノロジー
 
Expedia case study
Expedia case studyExpedia case study
Expedia case study
 
Brand Management Study of Amazon
Brand Management Study of Amazon Brand Management Study of Amazon
Brand Management Study of Amazon
 
AWS re:Invent 2016: Serverless Computing Patterns at Expedia (SVR306) )
AWS re:Invent 2016: Serverless Computing Patterns at Expedia (SVR306) )AWS re:Invent 2016: Serverless Computing Patterns at Expedia (SVR306) )
AWS re:Invent 2016: Serverless Computing Patterns at Expedia (SVR306) )
 
Мобилната реклама - Ефективност през таргетиране
Мобилната реклама - Ефективност през таргетиранеМобилната реклама - Ефективност през таргетиране
Мобилната реклама - Ефективност през таргетиране
 

Similar to OpenStack Summitの歩き方

Interop tokyo2018 openstack-present-and-future
Interop tokyo2018 openstack-present-and-futureInterop tokyo2018 openstack-present-and-future
Interop tokyo2018 openstack-present-and-futureshintaro mizuno
 
クラウド時代のエンジニア魂と企業に必要なカルチャーチェンジ(前半)
クラウド時代のエンジニア魂と企業に必要なカルチャーチェンジ(前半)クラウド時代のエンジニア魂と企業に必要なカルチャーチェンジ(前半)
クラウド時代のエンジニア魂と企業に必要なカルチャーチェンジ(前半)irix_jp
 
OSC2016.Enterprise OpenStack & Cloud Native Applications
OSC2016.Enterprise OpenStack & Cloud Native ApplicationsOSC2016.Enterprise OpenStack & Cloud Native Applications
OSC2016.Enterprise OpenStack & Cloud Native Applicationsirix_jp
 
SUSE Open Forum講演 - OpenStack Summit 2014 Paris 報告
SUSE Open Forum講演 - OpenStack Summit 2014 Paris 報告SUSE Open Forum講演 - OpenStack Summit 2014 Paris 報告
SUSE Open Forum講演 - OpenStack Summit 2014 Paris 報告Nobuyuki Tamaoki
 
OSC関西@京都2014 CloudStackの歩き方
OSC関西@京都2014 CloudStackの歩き方OSC関西@京都2014 CloudStackの歩き方
OSC関西@京都2014 CloudStackの歩き方Midori Oge
 
Invitation to the Open Cloud Campus #osckansai 2011
Invitation to the Open Cloud Campus #osckansai 2011Invitation to the Open Cloud Campus #osckansai 2011
Invitation to the Open Cloud Campus #osckansai 2011Masahito Zembutsu
 
OpenStack Summit Vancouver 出張報告 ベアメタルプロビジョニング編
OpenStack Summit Vancouver 出張報告 ベアメタルプロビジョニング編OpenStack Summit Vancouver 出張報告 ベアメタルプロビジョニング編
OpenStack Summit Vancouver 出張報告 ベアメタルプロビジョニング編VirtualTech Japan Inc.
 
『OpenStack最新情報セミナー』のご案内
『OpenStack最新情報セミナー』のご案内『OpenStack最新情報セミナー』のご案内
『OpenStack最新情報セミナー』のご案内VirtualTech Japan Inc.
 
OpenStack Summit in Hong Kong 参加報告
OpenStack Summit in Hong Kong 参加報告OpenStack Summit in Hong Kong 参加報告
OpenStack Summit in Hong Kong 参加報告Akira Yoshiyama
 
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStackOSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStackNobuyuki Tamaoki
 
20131116_OSC福岡_CloudOS「Apache CloudStack」概要
20131116_OSC福岡_CloudOS「Apache CloudStack」概要20131116_OSC福岡_CloudOS「Apache CloudStack」概要
20131116_OSC福岡_CloudOS「Apache CloudStack」概要Midori Oge
 
OpenStack Summit 2015 Vancouver Report
OpenStack Summit 2015 Vancouver ReportOpenStack Summit 2015 Vancouver Report
OpenStack Summit 2015 Vancouver ReportHideki Saito
 
OSC2013 Tokyo Spring OpenStack Overview
OSC2013 Tokyo Spring OpenStack OverviewOSC2013 Tokyo Spring OpenStack Overview
OSC2013 Tokyo Spring OpenStack Overviewirix_jp
 
OpenStack最新動向 2016/2
OpenStack最新動向 2016/2OpenStack最新動向 2016/2
OpenStack最新動向 2016/2Akira Yoshiyama
 
OpenStackコミュニティに対する取り組み - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月
OpenStackコミュニティに対する取り組み - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月OpenStackコミュニティに対する取り組み - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月
OpenStackコミュニティに対する取り組み - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月VirtualTech Japan Inc.
 
『フルスタックエンジニアを目指す』ためのOpenStack勉強術 - OpenStack最新情報セミナー 2014年2月
『フルスタックエンジニアを目指す』ためのOpenStack勉強術 - OpenStack最新情報セミナー 2014年2月『フルスタックエンジニアを目指す』ためのOpenStack勉強術 - OpenStack最新情報セミナー 2014年2月
『フルスタックエンジニアを目指す』ためのOpenStack勉強術 - OpenStack最新情報セミナー 2014年2月Nobuyuki Tamaoki
 

Similar to OpenStack Summitの歩き方 (20)

Interop tokyo2018 openstack-present-and-future
Interop tokyo2018 openstack-present-and-futureInterop tokyo2018 openstack-present-and-future
Interop tokyo2018 openstack-present-and-future
 
クラウド時代のエンジニア魂と企業に必要なカルチャーチェンジ(前半)
クラウド時代のエンジニア魂と企業に必要なカルチャーチェンジ(前半)クラウド時代のエンジニア魂と企業に必要なカルチャーチェンジ(前半)
クラウド時代のエンジニア魂と企業に必要なカルチャーチェンジ(前半)
 
OSC2016.Enterprise OpenStack & Cloud Native Applications
OSC2016.Enterprise OpenStack & Cloud Native ApplicationsOSC2016.Enterprise OpenStack & Cloud Native Applications
OSC2016.Enterprise OpenStack & Cloud Native Applications
 
SUSE Open Forum講演 - OpenStack Summit 2014 Paris 報告
SUSE Open Forum講演 - OpenStack Summit 2014 Paris 報告SUSE Open Forum講演 - OpenStack Summit 2014 Paris 報告
SUSE Open Forum講演 - OpenStack Summit 2014 Paris 報告
 
OSC関西@京都2014 CloudStackの歩き方
OSC関西@京都2014 CloudStackの歩き方OSC関西@京都2014 CloudStackの歩き方
OSC関西@京都2014 CloudStackの歩き方
 
Invitation to the Open Cloud Campus #osckansai 2011
Invitation to the Open Cloud Campus #osckansai 2011Invitation to the Open Cloud Campus #osckansai 2011
Invitation to the Open Cloud Campus #osckansai 2011
 
OpenStack Summit Vancouver 出張報告 ベアメタルプロビジョニング編
OpenStack Summit Vancouver 出張報告 ベアメタルプロビジョニング編OpenStack Summit Vancouver 出張報告 ベアメタルプロビジョニング編
OpenStack Summit Vancouver 出張報告 ベアメタルプロビジョニング編
 
OpenStack環境構築入門
OpenStack環境構築入門OpenStack環境構築入門
OpenStack環境構築入門
 
『OpenStack最新情報セミナー』のご案内
『OpenStack最新情報セミナー』のご案内『OpenStack最新情報セミナー』のご案内
『OpenStack最新情報セミナー』のご案内
 
OpenStack Summit出張報告
OpenStack Summit出張報告OpenStack Summit出張報告
OpenStack Summit出張報告
 
OpenStack Summit in Hong Kong 参加報告
OpenStack Summit in Hong Kong 参加報告OpenStack Summit in Hong Kong 参加報告
OpenStack Summit in Hong Kong 参加報告
 
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStackOSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
 
20131116_OSC福岡_CloudOS「Apache CloudStack」概要
20131116_OSC福岡_CloudOS「Apache CloudStack」概要20131116_OSC福岡_CloudOS「Apache CloudStack」概要
20131116_OSC福岡_CloudOS「Apache CloudStack」概要
 
Osaka-Meetup-Sep2016
Osaka-Meetup-Sep2016Osaka-Meetup-Sep2016
Osaka-Meetup-Sep2016
 
OpenStack Summit 2015 Vancouver Report
OpenStack Summit 2015 Vancouver ReportOpenStack Summit 2015 Vancouver Report
OpenStack Summit 2015 Vancouver Report
 
OSC2013 Tokyo Spring OpenStack Overview
OSC2013 Tokyo Spring OpenStack OverviewOSC2013 Tokyo Spring OpenStack Overview
OSC2013 Tokyo Spring OpenStack Overview
 
OpenStack最新動向 2016/2
OpenStack最新動向 2016/2OpenStack最新動向 2016/2
OpenStack最新動向 2016/2
 
OpenStackコミュニティに対する取り組み - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月
OpenStackコミュニティに対する取り組み - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月OpenStackコミュニティに対する取り組み - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月
OpenStackコミュニティに対する取り組み - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月
 
OpenStack on Softlayer
OpenStack on SoftlayerOpenStack on Softlayer
OpenStack on Softlayer
 
『フルスタックエンジニアを目指す』ためのOpenStack勉強術 - OpenStack最新情報セミナー 2014年2月
『フルスタックエンジニアを目指す』ためのOpenStack勉強術 - OpenStack最新情報セミナー 2014年2月『フルスタックエンジニアを目指す』ためのOpenStack勉強術 - OpenStack最新情報セミナー 2014年2月
『フルスタックエンジニアを目指す』ためのOpenStack勉強術 - OpenStack最新情報セミナー 2014年2月
 

More from Hideki Saito

これからはじめるAnsible - Ansible Night Tokyo 2024
これからはじめるAnsible - Ansible Night Tokyo 2024これからはじめるAnsible - Ansible Night Tokyo 2024
これからはじめるAnsible - Ansible Night Tokyo 2024Hideki Saito
 
Ansible automationplatform product updates 2021
Ansible automationplatform product updates 2021Ansible automationplatform product updates 2021
Ansible automationplatform product updates 2021Hideki Saito
 
Ansible troubleshooting 101_2021
Ansible troubleshooting 101_2021Ansible troubleshooting 101_2021
Ansible troubleshooting 101_2021Hideki Saito
 
Ansible Fest 2020 技術トピックまとめ
Ansible Fest 2020 技術トピックまとめAnsible Fest 2020 技術トピックまとめ
Ansible Fest 2020 技術トピックまとめHideki Saito
 
Getting Started - Ansible Galaxy NG
Getting Started - Ansible Galaxy NGGetting Started - Ansible Galaxy NG
Getting Started - Ansible Galaxy NGHideki Saito
 
Ansible troubleshooting 101_202007
Ansible troubleshooting 101_202007Ansible troubleshooting 101_202007
Ansible troubleshooting 101_202007Hideki Saito
 
How to contribute code to ansible awx
How to contribute code to ansible awxHow to contribute code to ansible awx
How to contribute code to ansible awxHideki Saito
 
Update: Ansible Tower 3.6.0
Update: Ansible Tower 3.6.0Update: Ansible Tower 3.6.0
Update: Ansible Tower 3.6.0Hideki Saito
 
OpenStackSDK with Ansible
OpenStackSDK with AnsibleOpenStackSDK with Ansible
OpenStackSDK with AnsibleHideki Saito
 
How to contribute AWX
How to contribute AWXHow to contribute AWX
How to contribute AWXHideki Saito
 
Ansible Tower on OpenShift
Ansible Tower on OpenShiftAnsible Tower on OpenShift
Ansible Tower on OpenShiftHideki Saito
 
IT Automation with OpenStack and Ansible/AWX
IT Automation with OpenStack and Ansible/AWXIT Automation with OpenStack and Ansible/AWX
IT Automation with OpenStack and Ansible/AWXHideki Saito
 
IT Automation with OpenStack and Ansible/AWX
IT Automation with OpenStack and Ansible/AWXIT Automation with OpenStack and Ansible/AWX
IT Automation with OpenStack and Ansible/AWXHideki Saito
 
Ansible handson ood2016
Ansible handson ood2016Ansible handson ood2016
Ansible handson ood2016Hideki Saito
 
OpenStack & Ansible で実現する自動化
OpenStack & Ansible で実現する自動化OpenStack & Ansible で実現する自動化
OpenStack & Ansible で実現する自動化Hideki Saito
 
OpenStack Osloを使おう - cliff編
OpenStack Osloを使おう - cliff編OpenStack Osloを使おう - cliff編
OpenStack Osloを使おう - cliff編Hideki Saito
 
Ansible2とOpenStackの関係
Ansible2とOpenStackの関係Ansible2とOpenStackの関係
Ansible2とOpenStackの関係Hideki Saito
 

More from Hideki Saito (20)

これからはじめるAnsible - Ansible Night Tokyo 2024
これからはじめるAnsible - Ansible Night Tokyo 2024これからはじめるAnsible - Ansible Night Tokyo 2024
これからはじめるAnsible - Ansible Night Tokyo 2024
 
Ansible automationplatform product updates 2021
Ansible automationplatform product updates 2021Ansible automationplatform product updates 2021
Ansible automationplatform product updates 2021
 
Ansible troubleshooting 101_2021
Ansible troubleshooting 101_2021Ansible troubleshooting 101_2021
Ansible troubleshooting 101_2021
 
Ansible Fest 2020 技術トピックまとめ
Ansible Fest 2020 技術トピックまとめAnsible Fest 2020 技術トピックまとめ
Ansible Fest 2020 技術トピックまとめ
 
Getting Started - Ansible Galaxy NG
Getting Started - Ansible Galaxy NGGetting Started - Ansible Galaxy NG
Getting Started - Ansible Galaxy NG
 
Ansible troubleshooting 101_202007
Ansible troubleshooting 101_202007Ansible troubleshooting 101_202007
Ansible troubleshooting 101_202007
 
How to contribute code to ansible awx
How to contribute code to ansible awxHow to contribute code to ansible awx
How to contribute code to ansible awx
 
Update: Ansible Tower 3.6.0
Update: Ansible Tower 3.6.0Update: Ansible Tower 3.6.0
Update: Ansible Tower 3.6.0
 
OpenStackSDK with Ansible
OpenStackSDK with AnsibleOpenStackSDK with Ansible
OpenStackSDK with Ansible
 
How to contribute AWX
How to contribute AWXHow to contribute AWX
How to contribute AWX
 
Ansible Tower on OpenShift
Ansible Tower on OpenShiftAnsible Tower on OpenShift
Ansible Tower on OpenShift
 
IT Automation with OpenStack and Ansible/AWX
IT Automation with OpenStack and Ansible/AWXIT Automation with OpenStack and Ansible/AWX
IT Automation with OpenStack and Ansible/AWX
 
IT Automation with OpenStack and Ansible/AWX
IT Automation with OpenStack and Ansible/AWXIT Automation with OpenStack and Ansible/AWX
IT Automation with OpenStack and Ansible/AWX
 
Ansible with AWX
Ansible with AWXAnsible with AWX
Ansible with AWX
 
Ansible101
Ansible101Ansible101
Ansible101
 
Ansible handson ood2016
Ansible handson ood2016Ansible handson ood2016
Ansible handson ood2016
 
Ansible handson
Ansible handsonAnsible handson
Ansible handson
 
OpenStack & Ansible で実現する自動化
OpenStack & Ansible で実現する自動化OpenStack & Ansible で実現する自動化
OpenStack & Ansible で実現する自動化
 
OpenStack Osloを使おう - cliff編
OpenStack Osloを使おう - cliff編OpenStack Osloを使おう - cliff編
OpenStack Osloを使おう - cliff編
 
Ansible2とOpenStackの関係
Ansible2とOpenStackの関係Ansible2とOpenStackの関係
Ansible2とOpenStackの関係
 

Recently uploaded

プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価sugiuralab
 
プレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツールプレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツールsugiuralab
 
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」
OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」
OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」Tetsuya Nihonmatsu
 
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directoryosamut
 

Recently uploaded (7)

U-22プログラミング・コンテスト2024 作品説明動画を制作するポイントを紹介
U-22プログラミング・コンテスト2024 作品説明動画を制作するポイントを紹介U-22プログラミング・コンテスト2024 作品説明動画を制作するポイントを紹介
U-22プログラミング・コンテスト2024 作品説明動画を制作するポイントを紹介
 
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
 
プレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツールプレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツール
 
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
 
OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」
OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」
OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」
 
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
 
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
 

OpenStack Summitの歩き方