Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

OpenStack Summitの歩き方

3,623 views

Published on

5周年特別企画: OpenStack Summitの歩き方
での講演資料です。
http://eventregist.com/e/openstack

Published in: Technology
  • Sex in your area is here: ❤❤❤ http://bit.ly/39mQKz3 ❤❤❤
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

OpenStack Summitの歩き方

  1. 1. OpenStack Summitの歩き方 2015
  2. 2. whoami 齊藤 秀喜(さいとう ひでき) / TwitterID: @saito_hideki 日本OpenStackユーザ会ボードメンバー (兼)写真部 部長 株式会社インターネットイニシアティブ 著書 OpenStackクラウドインテグレーション ISBN: 9784798141251 FULL ACCESS!
  3. 3. 本日のテーマ 「OpenStack Summit」 https://www.openstack.org/summit/tokyo-2015/
  4. 4. Current topics ★OpenStack Summit? ★初参加のSummitふりかえり ★Summitの歩き方 ★東京にSummitがやってくる!
  5. 5. OpenStack Foundationが主催し、世界中の候補地から選ばれ た都市で、年2回 春と秋に開催されるOpenStackerの祭典。 summit = [“Austin”,”San Antonio”,”Santa Clara”,”Boston”,”San Francisco”, ”San Diego”,”Portland”,”Hong Kong”,”Atlanta”,”Paris“, ”Vancouver”,”Tokyo”,”Austin”,”Barcelona”,…] OpenStack Summit?
  6. 6. Summit agenda 1. Upstream training 2. Keynote session 3. Break-out session and Hands-on 4. Design summit & Ops Meetups 5. Collaboration day 6. Market place
  7. 7. Upstream training Summit本番に先立って2日間の日程で行われる、開発者向 けに、コントリビュータに必要な「お作法」を教えてくれる トレーニング。日本でも不定期開催されています。
  8. 8. OpenStack Foundationから今後の開発の方向性に関する メッセージや、新リリース注目の新機能、超大規模ユーザか らの事例紹介を交えた基調講演。 Keynote session なんだか演出がモノ凄い!
  9. 9. 公募された中から、厳選されたセミナー形式のセッションや ハンズオンが盛りだくさん。東京サミットの公募もまだ間に 合います! ★ CURRENTLY ACCEPTING PRESENTATION SUBMISSIONS UNTIL JULY 15TH, 2015, 11:59 PM PDT https://www.openstack.org/summit/tokyo-2015/call-for-speakers/ Break-out session and Hands-on
  10. 10. Design Summit and Ops Meetups OpenStackの開発者や運用技術者が同士が集まり、さまざ まなテーマで、意見交換やコンポーネント毎の設計・実装の 方向性に関するディスカッションが行われる。
  11. 11. まる1日、同じ部屋を確保して行われる、OpenStackを取 り巻く他の技術に関するセッション。Vancouver Summit では、Ansible,OPNFV,Containerがテーマとなった。 Collaboration day
  12. 12. Market placeでは、スポンサー企業の、OpenStackに対 する取り組みや製品説明のほか、パーティーへの参加登録 なども受け付けてくれます。 Market place
  13. 13. 初参加のSummit ふりかえり 注目した分野は ∼High Availability∼
  14. 14. ★ 本気で構築・運用されているOpenStackの話 1. プロダクション環境でのシステム構成事例 2. コントロールプレーンの高可用性を確保する手法 3. コンポーネントや機能ごとのHA構成ノウハウ 4. 冗長化された複雑なシステムの構築・運用技術 初参加で期待していたこと
  15. 15. Summitで紹介されていた コントロールプレーンの 冗長化手法まとめ
  16. 16. HA関連のセッションは、どれも満員状態。関心の高さを感じました。 1. ★Deep Dive Into a Highly Available OpenStack Architecture(これは必見!) • Video: https://goo.gl/2EsZVt • Slide: http://goo.gl/BZwWh1 2. High Availability and Resiliency Testing Strategies for OpenStack Clouds • Video: https://goo.gl/qOqtHP • Github: https://goo.gl/61gboU 3. Pacemaker: OpenStack s PID 1 • Video: https://goo.gl/pH7Wmy • Slide: http://goo.gl/o4FGQK 4. MariaDB Galera cluster : Best practices • Video: https://goo.gl/ENf5lY HA関連のおすすめセッション
  17. 17. HAのベストプラクティス Controller#2 Controller#1 VIP HAProxy HAProxy HAProxy Pacemaker Pacemaker Pacemaker Keystone Keystone Keystone Nova Nova Nova Neutron Neutron Neutron Glance Glance Glance Cinder Cinder Cinder RabbitMQのクラスタ機能を利用する MySQL/MariaDBはGalera Clusterで冗長化 Controller#0 各コンポーネントは機能毎 に、PacemakerとLBを利用 してA/A,A/Pで構成する。 Pacemakerは、systemdを 利用して各サービスを管理 する。 どのセッションでも、ほぼ同じ要素でHAを構成。
  18. 18. HA構成のための要素技術 ★ サービス冗長化技術 Pacemaker/HAProxy ★ DBの冗長化技術 MySQL/MariaDBとGalera Cluster ★ 自動化・構成管理 Ansible/Chef/Puppet ★ CI/CDシステム Jenkins
  19. 19. 世界的にみて、OpenStackの本番環境での利用は想像以上に進んで いました。それにともない、Summit参加者の関心は、新しい機能や コンポーネントだけでなく、運用関連技術にまで広がっているのを 感じました。注目したHAに関しても期待通り充実した内容でした。 ★ OSSを利用してHA構成を構築した実例が紹介されていた ★ コンポーネントや役割毎にHA構成にノウハウがある ★ 構築だけでなくテストの仕組みも自動化されていた ★ コントロールプレーンは、標準的なHA構成手法が確立されている 初参加のSummitは期待通り
  20. 20. Summitに参加すれば このようなトレンドやノウハウを 効率的に集められる
  21. 21. Summitの歩き方 より効率的にトレンドや実践できる知識を学ぼう
  22. 22. 歩き方 1.旅の準備 2.前日にやっておきたいこと 3.Summit当日
  23. 23. ★日程を確認しよう Upstream Trainingのように、Summit直前に開催されるイベント もあります。参加したい場合には忘れず日程に組み込みましょう。 参考 https://wiki.openstack.org/wiki/OpenStack_Upstream_Training ★ホテルの手配もお早めに! 公式サイトからの申し込みで割り引きとなるホテルの部屋は、早々 に埋まります。ちなみに、Expediaなどで予約するのであれば、 キャンセル無料となっている場合が多いので、とにかく部屋だけは 先に確保することをオススメします。 旅の準備(1/4)
  24. 24. ★チケットは有償です!購入には早割を利用しよう Vancouver Summitのチケットは、Eventbriteから購入します。 FULL ACCESS PASSの料金は、早期割引で$600でした。ちなみ に通常料金は$1,000に設定されていました。 東京でも早割は$600からスタートしています。 ★ATCにはディスカウントコードが送られます! 開発に貢献すると、From: communitymngr@openstack.orgから チケットのディスカウントコードがメールで送られてきます! このコードでFULL ACCESS PASSの早期割引チケットの金額 分が無償になります! 旅の準備(2/4)
  25. 25. ★FULL ACCESS PASSを購入したらもう安心? 安心しちゃダメ!あなたのFULL ACCESS PASSのカバー範囲 は、メインイベントのSummitだけです! Upstream Trainingやスポンサー主催のパーティーなど、参加費は 無償であっても、事前に参加登録が必要なイベントがあるので注意 しましょう。 旅の準備(3/4)
  26. 26. ★スケジューラアプリには要注意! SummitのスケジュールはWeb の他、スマートフォン用アプリ としても提供されます。 ∼要注意∼ Break-out sessionのアプリと DesignSummit/OpsMeetups のはアプリは別物です! 公式サイトで案内されているの は、Break-out sessionのもの だけなので要注意です! Tokyoでは改善してほしい! 旅の準備(4/4) Break-out session DesignSummit OpsMeetups
  27. 27. 前日にやっておきたいこと ★レジストレーションは前日に! レジストレーションはSummit前日から可能です。最初に一度だけ 行ってパスを受け取れば、その後は必要ありません。混み合うので 前日にやってしまいましょう。 ★会場の見取り図を入手 PASSには会場の見取り図が同封されています。 Keynote Session会場などを事前に確認して、効率的 に回れるよう準備しましょう。会場は広いのです!
  28. 28. ★Keynoteセッションには絶対参加しよう!!! モノ凄い演出の一大ショーです。でも、後ろの席ではステージが遠 く、魅力も半減です!早起きして並んで前列で見ないと損ですよ! Summit当日(1/5)
  29. 29. ★Break-out sessionではテーマ決めが必要 Vancouverでは、合計400を超えるセッションが行われました。 魅力的なセッションが被るのは当たり前な状況が待ち受けていま す。テーマを決めて聴講計画を立てましょう! ★Summitらしい服装で! スーツ姿で参加しようとしていませんか?満席だと床に座って聴く ことも多くなります。ラフな服装をオススメします。 Summit当日(2/5)
  30. 30. ★あわてるな!ちゃんと録画されている! Break-out sessionは、全て録画されており、Summit公式サイト から、いつでも視聴可能です。 報告書の作成用に登壇者やスライドを撮影するよりも、セッション に集中しましょう! 参考) https://www.openstack.org/summit/vancouver-2015/summit-videos/ ★撮影時は周囲への心遣いを(自戒の念も込めて) Design SummitやOps Meetups、Collaboration Dayは録画され ないようです。スライドなどの写真撮影時は、シャッター音を消す など、周囲への配慮を忘れないようにしましょう。 Summit当日(3/5)
  31. 31. ★Market placeを訪れてみよう Market placeでは、スポンサー各社が、さまざまなコンセプトの ブースを出展しています。 Break-out sessionのスピーカーも自社のブースで案内をしていた りするので、質問・相談・議論をするチャンスです! 積極的に話しかけてみましょう! Summit当日(4/5)
  32. 32. Design Summit/Ops Meetupsに参加しよう 部屋で行う議論は、Etherpadを中心に進行することが多いので、 参加するならラップトップPCは必須アイテムです。EtherpadのURL も事前に確認しておきましょう。電源コンセントは結構あります。 参考) https://wiki.openstack.org/wiki/Design_Summit/Liberty/Etherpads Summit当日(5/5)
  33. 33. 会場ではランチが無料提供されます。 期間中はスポンサー主催のパーティーも開かれます! Summitのごはん
  34. 34. バンクーバーでは、Summitの記念品として参加者全員に ウィンドブレーカーが配布されました。 Market Placeでは、その他にも、さまざまなグッズがもら えます。衣類が多いので、Summitに持っていく服を減ら してもいいかもしれません。 Summitグッズ
  35. 35. Summitに参加したい! でも海外は遠い…
  36. 36. Summitが東京にやってくる!
  37. 37. ★開催地: グランドプリンスホテル新高輪 ★日程: 2015/10/27-30 •チケット発売開始! •Call for Speakersは7/15まで! OpenStack Summit Tokyo 世界最大級のカンファレンス に参加できるチャンス!
  38. 38. Order Now!!
  39. 39. ご静聴ありがとうございました OpenStack Summit Tokyo 2015.10.27-30 で会いましょう!:) https://www.openstack.org/summit/tokyo-2015/

×