Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

OpenStack Summit Hong Kong 出張報告

22,300 views

Published on

講師:日本仮想化技術 玉置
日時:2013/11/20
アジェンダ:
- OpenStackユーザーサーベイの結果
- OpenStack Summitキーノート
- OpenStack Summitユーザ事例
概要:
11/5-11/8の期間に香港で開催するOpenStack Summit Hong Kongの雰囲気や講演内容をお伝えします。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

OpenStack Summit Hong Kong 出張報告

  1. 1. OpenStack Summit Hong Kong 出張報告 日本仮想化技術株式会社 VitrualTech.jp 玉置伸行
  2. 2. 2
  3. 3. 3
  4. 4. OpenStack Summit Hong Kong 日 月 火 水 木 金 土 11/ 4 5 6 7 8 9 3 参加者3,000人 ・デザインセッション ・キーノート& ジェネラルセッション 120+ 4
  5. 5. 香港満喫 5
  6. 6. 会場 6
  7. 7. お伝えしたいこと • OpenStackユーザーサーベイの結果 • OpenStack Summitキーノート • OpenStack Summitユーザ事例 7
  8. 8. OpenStackユーザサーベイ アンケート結果 • OpenStack Foundationが ユーザサーベイを実施 • 回答数:822件 – OpenStackの導入先:387件 詳細なレポートはこちらから入手できます。 OpenStack User Survey: Oct 2013 http://www.openstack.org/blog/2013/11/openstack-user-survey-october-2013/ 8
  9. 9. OpenStackユーザサーベイ OpenStack導入の目的 1位:Cost saving 2位:Operation efficiency 3位:Open technology 4位:Flexibility of underlying tech choice 5位:Ability to innovate & compute 9
  10. 10. OpenStackユーザサーベイ Host O/S, Hypervisor Host O/S Hypervisor Other 10% Other 18% RHEL 10% Cent 24% VMwa re ESX 8% Xen/X CP 12% Ubuntu 56% 10 KVM 62%
  11. 11. お伝えしたいこと • OpenStackユーザーサーベイの結果 • OpenStack Summitキーノート • OpenStack Summitユーザ事例 11
  12. 12. OpenStack Summit キーノート講演 • Red Hat社、HP社、IBM社、などの OpenStack Foundation のプラチナメンバー が講演 • Red Hat社:RHELとCloudFormsの紹介 インキュベーションプロジェクトのの 説明 • Canonical社:Ubuntuの紹介 Juju&MAAS: Deploymentツールの説明 Carrier Grade OpenStack 12
  13. 13. 参考:OpenStackのプロジェク ト 主要コンポーネント インキュベーション コンポーネント名 プロジェクト 名 コンポーネント名 プロジェクト 名 ① Compute Nova ⑩ Bare metal Ironic ② Object Storage Swift ⑪ Data processing Savanna ③ Block Storage Cinder ⑫ Database Service Trove ④ Image Service Glance ⑬ Queue service Marconi ⑤ Networking Neutron ⑭ Deployment TripleO ⑥ Identity Keystone ⑦ Dashboard Horizon ⑧ Metering/Monitoring Ceilometer ⑨ Orchestration Heat 13
  14. 14. TripleO • O が3つで、OpenStack-on-OpenStack の 略 例えば、 Over Cloud Under Cloud 50台で構成する ベアメタルプロビジョニ ングやオーケストレー クラウド基盤 ション技術を活用 • 物理マシンをネットワ ークに接続するだけで 50台の UnderCloudに認識 物理サーバ • O/Sやアプリケーション を事前定義に従い、 自動配置 100台のサーバを 14 管理する!
  15. 15. 参考:Deploymentツール Provisioning Configuration Orchestration TripleO (OpenStack on OpenStack) Ubuntu MAAS マニュアル インストー ル マシンの手配 O/Sのインストール など Ubuntu Juju Chef, Puppet, など ネットワーク設定や アプリケーション設定 など 15 仮想マシンやアプリケー ションなどの管理・運用 の自動化、など
  16. 16. OpenStack Summit キーノート講演 筆者の感想 • 2013年:商用ディストリビューションの提 供 主要コンポーネントの拡張 • 2014年:主要コンポーネントのさらなる拡 張 クラウド管理ツールの拡充 Deploymentツールなどのインキュ ベーションプロジェクトへの取り 16 組み
  17. 17. お伝えしたいこと • OpenStackユーザーサーベイの結果 • OpenStack Summitキーノート • OpenStack Summitユーザ事例 17
  18. 18. OpenStack Summit ユーザ事例 組織が直面した課題 課題解決の方向性 CERN(欧州 原子核研究 機関) • データセンターの新設 • GenovaとBudapestの2つのデータ センターの管理 • 2つのデータセンターをまたが るクラウド基盤を構築 • 20,000コアの計算機リソースを 管理、15,000サーバ300,000コア の管理を目標 Paypal • 1億3,700万ユーザ • 30万トランザクション/分のオン ライン決済サービス • 99.9999%の可用性 • 全てのレイヤーでSPOFを作らな い • ラックやデータセンターを越え てスケールすること • 1,000万件/月のスキャンデータ • データの消失は会社の信用問題 に直結する • 標準的なハードウェアを並べて 処理の高速化・並列処理を実施 • SPOFの排除 • TCOの削減($0.027GB/月)4箇 所のレプリカ、設備・人件費含 めた金額はパブリッククラウド よりも安い Concur 出張・経費 精算のクラ ウドサービ ス 18
  19. 19. 次のバージョンはIce House • 来年4月にリリース予定 19
  20. 20. 参考情報 • デザインセッション – Ice House Etherpads https://wiki.openstack.org/wiki/Summit/Icehouse/Etherpads • キーノート&ジェネラルセッション – OpenStack .org http://www.openstack.org/summit/openstack-summit-hongkong-2013/session-videos/ – OpenStack Foundation – Youtube http://www.youtube.com/user/OpenStackFoundation/ 20
  21. 21. 参考情報 イベントレポート – VAリナックス岩本さん http://www.valinux.co.jp/technologylibrary/eventreport/ 201311os/ – @IT三木さん • 勢いを増すOpenStack、成功を支えるものとは http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1311/07/news062. html • OpenStackはPaaSをカバーすべきか、そうでない のか http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1311/08/news081. 21 html

×