Okinawa Open Days - OpenStack Overview

10,245 views

Published on

Okinawa Open Days - OpenStack Overview

  1. 1. Okinawa Open Days openstack Open source software to build public and private clouds. 2013.12.12 日本OpenStackユーザ会 中島倫明
  2. 2. はじめに ユーザ会の紹介 2
  3. 3. 日本OpenStackユーザ会 国内でのOpenStackの普及活動・人材育成を目 的に2010年に発足 – 運営団体数 19社(学術機関、任意団体を含む) – 会員数 1,018名(2013/11/25時点) http://openstack.jp/ 3
  4. 4. 日本OpenStackユーザ会 主な活動 – メーリングリストでの情報交換 – イベント開催、勉強会、セミナーの開催(関東中心) – オープンソースカンファレンス出展(関東、関西、東海) – 翻訳活動 4
  5. 5. 日本OpenStackユーザ会 イベントのご紹介 基調講演 (1)本家USコミュニティからの招待講演 (2)国内大規模ユーザ事例 スポンサーセッション 国内外の企業から最新技術・製品・事例紹介など多数 http://openstackdays.com/ 5
  6. 6. 日本OpenStackユーザ会 前回 http://openstackdays.com/files/report.pdf 6
  7. 7. はじめに 【復習】クラウドとは 7
  8. 8. 利用者からみたクラウド 一言で言うと・・・ – ITシステムを所有せず、従量課金で利用する方式です。 クラウドの大まかな種別 構 成 要 素 IT実行リソース アプリ実行環境 業務ロジック CPU,MEM DISK,NW等 OS,ミドルウェア等 業務アプリ (会計、CRM等) カ バ種 ー別 範に 囲よ のる 差 IaaS PaaS SaaS http://www.qcontokyo.com/data_2013/MasanoriItoh_QConTokyo2013.pdf 8
  9. 9. 本日の話題 「ITインフラ」と呼ばれる 領域 構 成 要 素 IT実行リソース アプリ実行環境 業務ロジック CPU,MEM DISK,NW等 OS,ミドルウェア等 業務アプリ (会計、CRM等) カ バ種 ー別 範に 囲よ のる 差 IaaS PaaS SaaS 9
  10. 10. ITインフラの技術変遷 メインフレーム UNIX x86 アプリ アプリ 垂直統合 Solaris + SPARC HP-UX+PA-RISC AIX + POWER ? Windows Linux x86 10
  11. 11. クラウド時代のアーキテクチャ メインフレーム UNIX x86 クラウド アプリ アプリ アプリ Windows Linux Windows Linux x86 仮想マシン 垂直統合 Solaris + SPARC HP-UX+PA-RISC AIX + POWER IaaS 11
  12. 12. IaaSが変えたもの メインフレーム UNIX x86 クラウド アプリ アプリ アプリ Windows Linux Windows Linux x86 仮想マシン 垂直統合 Solaris + SPARC HP-UX+PA-RISC AIX + POWER 人によるオペレーション IaaS 12
  13. 13. これから変わっていく領域 メインフレーム UNIX x86 クラウド アプリ アプリ アプリ Windows Linux Windows Linux x86 仮想マシン 垂直統合 Solaris + SPARC HP-UX+PA-RISC AIX + POWER 人によるオペレーション IaaS 13
  14. 14. IaaSが生み出すメリット Before After 環境の構築は人が行う 必要になるたび都度調達が必要 環境依存した操作が発生する 繰り返し作業でも、 N回分の工数が必要 確保できるリソースに制限がある やりたい事がITインフラに制限される 14
  15. 15. IaaSが生み出すメリット Before After 環境の構築は人が行う 環境の構築はプログラムが行う 必要になるたび都度調達が必要 必要な時に即座にリソースを確保 環境依存した操作が発生する 環境に依存しない操作が可能 繰り返し作業でも、 N回分の工数が必要 何度でも同じ操作が 1回分の工数で可能 確保できるリソースに制限がある 事実上無制限の リソースが利用できる やりたい事がITインフラに制限される やりたい事に合わせて ITインフラをプログラムで制御できる 15
  16. 16. IaaSとは 単なる仮想リソース貸しではなく、 プログラムから制御可能なITインフラ環境 16
  17. 17. IaaSとは 単なる仮想リソース貸しではなく、 プログラムから制御可能なITインフラ環境 これまでのITの概念を大きく変えるモノ 今まで制御できなかったもの(HW)が、プログラムから制御可能になったため 17
  18. 18. IaaSを活用するには 既にあるサービスを利用する – 様々なパブリックサービスが既に存在します。 18
  19. 19. IaaSを活用するには 既にあるサービスを利用する – 様々なパブリックサービスが既に存在します。 自分で作る – プライベート、コミュニティクラウドを構築する – 自分でパブリックサービスを立ち上げる 19
  20. 20. IaaSを活用するには 既にあるサービスを利用する – 様々なパブリックサービスが既に存在します。 自分で作る – プライベート、コミュニティクラウドを構築する – 自分でパブリックサービスを立ち上げる 類似するソフトウェア 20
  21. 21. OPENSTACKとは 21
  22. 22. 概要 OSSで開発されるCloudOS http://www.openstack.org/software/ 22
  23. 23. 機能イメージ Horizon (Dashboard) 各種API 仮想ネットワーク制御 仮想ルータ、仮想L2 仮想ロードバランサ ハイパーバイザー制御 Neutron 仮想サーバ作成・削除 Nova ベアメタル プロビジョニング Glance イメージ スナップショット管理 Cinder ブロックストレージ制御 Swift オブジェクト ストレージ Keystone 物理サーバ 統合認証 仮想マシンのテンプレート 設定済みイメージのスナップショット 仮想ボリューム ReST入出力ファイルストア レプリケーション、遠隔地分散 23
  24. 24. ソフトウェアの特徴 OpenSource オープンソースのクラウド基盤ソフトウェア Apache2ライセンス World Wide 世界各国から多数の 企業・開発者が参加 IaaS 仮想サーバ、ストレージ、仮想NWをはじめ、 様々な機能を搭載(一部PaaSの機能も) Standardization 物理環境を隠蔽し、標準化されたITインフラ http://www.openstack.org/ 24
  25. 25. プロジェクトの特徴 多数のスポンサー企業による強固な運営基盤と、 Foundationによる中立維持 Platinum Members 安定した開発・ユーザーコミュニティの支援体制 http://www.openstack.org/foundation/companies/ 25
  26. 26. 実装面での特徴 Pythonで実装 豊富な機能 – 仮想マシン、物理マシン – ネットワーク(L2, L3, L7, セキュリティ) – ブロックストレージ、オブジェクトストレージ – イメージ管理、スナップショット管理 – マルチテナント 等々 マイクロコントローラー構造 – 機能単位でコンポーネントが分離し、独立動作 26
  27. 27. 構造的な特徴 ユーザやプログラムは、 OpenStackの利用方法だけを 知っていれば環境の操作が可能 OpenStack API Amazon互換API OpenStack (nova, neutron等) KVM用 ドライバ Xen用 ドライバ 商用製品用 ドライバ KVMサーバ Xenサーバ VMwareサーバ Hyper-Vサーバ 27
  28. 28. 操作イメージ 28
  29. 29. 操作イメージ 29
  30. 30. 操作イメージ #!/usr/bin/env python from novaclient.v1_1 import client nt = client.Client("demo", "openstack", "demo", "http://11.22.33.44:5000/v2.0", service_type="compute") ns = nt.servers.create(name image flavor nic = = = = "testvm001", im[0], fv[0], nw[1]) 30
  31. 31. まとめ 31
  32. 32. まとめ OpenStack は IaaS を実現するOSS – 広範囲のリソースを抽象化 – 既に様々な本番環境ので実績を持っています。 – 今はIaaS基盤やサービス基盤としての使い方が主流 サービス基盤として採用される理由 – 標準化と自動化によるコスト削減 いずれはクラウドネイティブな世界へ – より大規模な演算を容易に実行可能に 32

×