Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

OpenStackコミュニティに対する取り組み - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月

1,023 views

Published on

OpenStackコミュニティに対する取り組み
講師:西脇 雄基(NTTコミュニケーションズ)
アジェンダ:

Published in: Technology
  • Be the first to comment

OpenStackコミュニティに対する取り組み - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月

  1. 1. Copyright © NTT Communications Corporation. All right reserved. OpenStackコミュニティに対する取り組み 1
  2. 2. Copyright © NTT Communications Corporation. All right reserved. 自己紹介 名前:西脇 雄基 所属:NTTコミュニケーションズ 技術開発部 クラウドコアTU OpenStack Team OpenStackとの関わり: ◇社内向けのOpenStackクラウドの構築/運用 ◇運用者目線からのコントリビュートの実施 (Rally/Devstack/Doc……) 過去発表: ◇ Swift Private Endpoint(OpenStack Austin Summit) ◇ Automated Deployment & Benchmarking…… (OpenStack Tokyo Summit) 2
  3. 3. Copyright © NTT Communications Corporation. All right reserved. OpenStackコミュニティ活動の背景と目的 3 OpenStack OpenStack Community Third Party Rally Mistral TempestMistral Octavia Other Component OpenStack利用ユーザーの増加 ●コミュニティを通してECLの認知度Up ●周辺機能/ツールの充実 ●ソフトウェアの質の向上 日本ユーザ会メンバーとして ● 啓蒙活動 ●イベント企画 技術開発部 ●機能開発/バグ修正 ●Feedback ECLの認知度Up ソフトウェア品質の向上 周辺ツールの再利用 2015年2月活動開始
  4. 4. Copyright © NTT Communications Corporation. All right reserved. OpenStackに関する情報収集 各イベントに参加しNTTグループ内で報告会を実施し情報を共有を行っている  OpenStack Summitへの参加 • 2014 - Paris • 2015 – Vancouver / Tokyo • 2016 - Austin  Ops Mid-cycle Meetupへの参加 4 フィラデルフィア (2015/3) パロアルト (2015/8) マンチェスター (2016/2)
  5. 5. Copyright © NTT Communications Corporation. All right reserved. 団体加盟 OpenStackコミュニティ内におけるプレゼンス向上ならびに、コミュニティの活性化に貢献  OpenStack Foundation[1] • 2015年5月にCorporate Sponsorに加盟[2]  日本OpenStackユーザ会[3] • 2015年2月に協賛企業としてユーザ会へ参画 • ボードメンバとして 国内の各種イベントの運営に参加 5 [1]: OpenStackを管理する団体。2016年5月時点で世界170ケ国、30,000名を超えるメンバが所属 [2]: http://www.ntt.com/about-us/press-releases/news/article/2015/20150519_2.html [3]: http://openstack.jp/links.html プレスリリース(2015年5月)
  6. 6. Copyright © NTT Communications Corporation. All right reserved. OpenStack Summit Tokyoでの活動・露出  キーノート・スピーチ(回線提供へのお礼)  NTTグループの Super user Award受賞  NTT CommunicationsのPremier Sponsor • ロゴ • スライド • ビデオ • ブース展示 • スポンサーセッション発表4件  一般セッションでの発表1件  立札(Summit Network Powered by NTT Com)  ハイアリングボード 6
  7. 7. Copyright © NTT Communications Corporation. All right reserved. 参考:OpenStack Summit Tokyo発表一覧  スポンサー発表 1. Automate deployment & benchmark for your OpenStack with Chef, Cobbler and Rally 2. NFV Service Federation across Heterogeneous Sites 3. Enhancement on OpenStack networking for carrier cloud platform 4. OpenStack x Enterprise : Formula for Developing OpenStack-Based Cloud for Enterprise  CFP(一般)発表 1. Fluentd vs Logstash for OpenStack Log Management 7 スポンサー発表 CFP発表
  8. 8. Copyright © NTT Communications Corporation. All right reserved. 発表の概要: Automate Deployment and Benchmark(1/2) 8 Benchmark Functional Test Output Result Change structure Automate Automate Hand work Deploy OpenStack Chef RallyTempest Cobbler Evaluate Result Hand work Fluentd Grafana InfluxdbGithub Rally
  9. 9. Copyright © NTT Communications Corporation. All right reserved. Check Detail 発表の概要: Automate Deployment and Benchmark(2/2) 9 Benchmark Compare to the past (Summary) Nothing to doNo Detect unusual Rally task report Benchmark Dashboard We created it Rally task start Yes
  10. 10. Copyright © NTT Communications Corporation. All right reserved. OpenStack Superuser Award 10 OpenStack Superuser Award Paris Summitから始まったOpenStack に対するコミュニティ貢献を行いながら事 業を推進している組織を称える賞 受賞組織 • Paris:CERN • Vancouver:Comcast • Tokyo:NTT Group • Austin:AT&T
  11. 11. Copyright © NTT Communications Corporation. All right reserved. OpenStack Summit Austinでの活動・露出  NTT CommunicationsのSpotlight Sponsor • ロゴ • ブース展示  一般セッションでの発表2件 余談: ブース来訪者やイベント参加者と会話の際、 多くの方に「NTTってSuperuser Awardを 受賞した会社だよね、知ってるよ!」と 言っていただきました 11
  12. 12. Copyright © NTT Communications Corporation. All right reserved. 参考:OpenStack Summit Austin発表一覧  CFP(一般)発表*1 1. OpenStack Operation Under a Multi-tenant and Multi-customer Public Cloud 2. Private Swift Endpoint 12 CFP発表1 CFP発表2 *1:http://www.cloudn-service.com/magazine/category/event/007.html
  13. 13. Copyright © NTT Communications Corporation. All right reserved. 発表の概要: Private Swift Endpoint 13 OpenStackInternal NW Load Balance r DNS Cache C.C.C.C Z.Z. Z.Z How to provide access to Swift for closed private network while preventing internet access? the Internet Swift
  14. 14. Copyright © NTT Communications Corporation. All right reserved. OpenStackの機能追加/改善 2015年よりCorporate Contributor License Agreementに同意し、OpenStackを評価・運用 中に見つけた課題に対してコントリビュートを チーム(5名)で実施 1年間の活動結果 • バグ修正パッチ:60件 • パッチレビュー: 130件 • BP提案: 5件 14 Stackalytics:http://stackalytics.com/?company=ntt&metric=commits
  15. 15. Copyright © NTT Communications Corporation. All right reserved. 1年間のコミュニティ活動を通じて 立ち上げから1年(今まで) ■コミュニティ対応チームとしては、準備/立ち上げの1年間 □OpenStackが何物か知る □Document以上の情報の入手の仕方 □コミュニティのキーマンとのパイプ作り □コントリビュートプロセス/機能提案のプロセスの把握 今後 ■事業の現場の意見を吸い上げ、それに基づくコミュニティ活動 □Private CloudとしてOpenStackを検討するSI担当から見たOpenStackに足りない機能の実装、 コミュニティ提案。 □Public CloudとしてOpenStackを採用しているサービス部とコミュニティとの橋渡し 15
  16. 16. Copyright © NTT Communications Corporation. All right reserved. Tips. とにかく積極的に、コミュニティで発言しよう ■簡単な質問は、IRCで各コンポーネントのChannelで聞く ■背景共有/やりたいことの共有が長文になる際は、Mailing Listが一番 □ 運用系の話は、operator@lists.openstack.org □ 開発系の話は、openstack-dev@lists.openstack.org 質問するのに、資格は必要ありません。(とりあえず突っ込みましょう) => 意外と単純/簡単なバグ/エラーについてMLに質問してる人は多いですが、殆どの場合返事が返っ てきます Operator Mailing Listは、流量は多くありませんが、発言してみると・・・ 興味を持ってくれた人からPrivateで返信がきて、一緒に協力して実装しよう。という流れで親密になれ ることもあります。 => どれだけ周りのエンジニアとパイプをつくれるかは、コミュニティ活動の肝だと思います。 Summit/イベント前に、MLに現在考えているやろうと思っていることなどを投稿すると・・・ 現地で興味を持った別の企業のOperatorとディスカッションする機会があるかもしれません。 => 実体験です 16
  17. 17. Copyright © NTT Communications Corporation. All right reserved. Tips. 新参者に優しいOpenStack Community ■OpenStackへのコントリビュートの仕方/ノウハウを教えてくれる研修が無償提供されています (Upstream Training) => OpenStack Days Tokyo(7/6,7)でも、開催されるようです。日本人のコントリビュータが講師をし てくれるので、興味ある方はぜひご参加ください。 ■パッチのレビューも、すごい親切 □どんなパッチでも、1度もReviewされないことはまずないと思います(まだ見たことないです) □レビューの質も高く、単純な否定ではなく。改善の提案をしてくれます □コアレビューア(マージ権限を持つ人)以外の人も、積極的にレビューしてくれます 大きい機能提案でなくても、1つのプロジェクトに短期間で複数のパッチ提供を行うと・・・ PTLやCoreの人に名前が覚えられ、Design Summitで話が通じやすくなったりします。 => 実体験です。 17
  18. 18. Copyright © NTT Communications Corporation. All right reserved. Tips. Operator MeetupのEtherpadの情報は非常に有益 OpenStackを実際に構築/運用をしていく上で非常に参考になる情報が多い。 Docには載ってない、ハマリポイントや。ベストプラクティスが溜まってたりする。 ↓Austin SummitのOpsセッション一覧のLink https://www.openstack.org/summit/austin-2016/summit-schedule/global-search?t=Ops%3A 7/6,7に実施されるOpenStack Days Tokyoでも、「Ops Meetupの日本版」を本家Ops Meetupへ の参加促進の意図を込め開催するそうです。 ぜひ、OpenStack運用 or 構築に携わっている方は参加してみてください。詳細は、日本OpenStackユー ザー会のGoogle Groupなどをウォッチしていれば、最新情報がわかるかと思います。 18
  19. 19. Copyright © NTT Communications Corporation. All right reserved. 今後のコミュニティ活動予定  OpenStack Days Tokyo 2016 • ブース展示 • 発表  Ops Mid-cycle Meetup • 情報収集のための参加  OpenStack Summit Barcelona • 一般セッションでの発表に向けたCFP投稿 • 情報収集のための参加  OpenStackへのコントリビュート • 引き続きBP提案やパッチを提供 19
  20. 20. Copyright © NTT Communications Corporation. All right reserved. 参考資料:ニュースリリース  APAC地域初の”OpenStack Superuser Award”を受賞(2015年10月27日) 20

×