Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

「Camelog」Android開発秘話

2,052 views

Published on

実例に学ぶスマートフォンアプリ開発【MeetUP】 : ATND
http://atnd.org/events/20951

Published in: Technology
  • Be the first to comment

「Camelog」Android開発秘話

  1. 1. Androidアプリ 開発秘話 株式会社エイチーム 塚田翔也2011年11月12日 実例に学ぶスマートフォンアプリ開発【MeetUP】
  2. 2. 自己紹介
  3. 3. @gabu 株式会社エイチーム プログラマTSUKADA Shoya
  4. 4. つ部 Android 名古屋 つくる部2011年6月18日 第2回名古屋Android勉強会 Titanium Mobileハンズオン
  5. 5. 東海GTUGGoogleTechnologyUserGroup2011年9月10日 Tokai GTUG Meetup #1 Google App Engine
  6. 6. おかげさまで 5刷
  7. 7. おかげさまで 2刷
  8. 8. ※注意※テクニカルライター ではなくプログラマです。
  9. 9. アジェンダ・Camelogとは・開発秘話 ぶっちゃけトーク
  10. 10. Camelog とは
  11. 11. 開発秘話
  12. 12. 全ては数ページのゆるふわな企画書から はじまった。
  13. 13. 「愛の告白的なメッセージを置いておいてスマートフォンをかざして浮かんで見えたら ステキだよねー」
  14. 14. 「うん、ステキ!ステキ!」
  15. 15. がぶ「それってセカイカメ...
  16. 16. がぶ「つ、作りましょう!」
  17. 17. 体制企画企画 開発
  18. 18. 開発期間2ヶ月半でセカイカメ(ry
  19. 19. 開発期間1ヶ月ぐらいで写真の投稿とARだけだいたいできた・・・けど間に合わ・・・
  20. 20. 救世主@o93
  21. 21. WBS Work Breakdown Structure・UI設計 + 機能要件定義・開発 + テスト
  22. 22. UI設計 + 機能要件
  23. 23. UI設計 + 機能要件・いわゆる「企画」という人には無理ゲな作業なのでエンジニアがリードすることが吉
  24. 24. UI設計 + 機能要件・まず、ざっくりUIとインタラクションとフローを書いて、実装のイメージをしながら企画の人と詰めていく。
  25. 25. UI設計 + 機能要件・実装のイメージをしながら設計しないと無理ゲなUIとインタラクションとフローが生まれてしまうのでエンジニア以外に任せるのは危険。
  26. 26. UI設計 + 機能要件・さらに「Androidらしさ」が重要。放っておくとAndroidアプリなのにiPhoneアプリみたいなUIになる。
  27. 27. UI設計 + 機能要件・iPhoneアプリのUIがうんぬんではなく、AndroidアプリならAndroidらしく、iPhoneアプリならiPhoneらしくUI設計するべき。
  28. 28. 「Androidらしさ」 http://www.androidpatterns.com/
  29. 29. 「Androidらしさ」 http://www.androidpatterns.com/
  30. 30. 企画やデザイナな人に 穴が空くまで 読んで欲しい資料
  31. 31. デザイナに知っていて欲しい10個のAndroidのUIルールhttp://greety.sakura.ne.jp/redo/2011/06/10androidui.html
  32. 32. プログラマとデザイナが共有すべきUIに関するAndroidの10の機能http://greety.sakura.ne.jp/redo/2011/08/uiandroid10.html
  33. 33. まとめ1UI設計はエンジニアが リードするべき
  34. 34. もちろんAndroidアプリのUIについて熟知したデザイナがUI設計をリードする ことが理想だけど、
  35. 35. そんなデザイナさんがいたら紹介してください。 (切実)
  36. 36. これでUI設計と、ついでに機能要件の定義も終わったのでワー クフローが別れます。
  37. 37. 体制企画企画 開発
  38. 38. 体制企画 画像企画 開発 作る人
  39. 39. 画像を実際に制作する人には最低限以下の2点をレクチャーしましょう。 ・9patch ・ボタンのステータス
  40. 40. 開発 + テスト
  41. 41. ちょっと休憩
  42. 42. 休憩おわり
  43. 43. 開発 + テスト
  44. 44. 開発 + テスト作るもの・Androidアプリ・Web API
  45. 45. 開発 + テストAndroidアプリ開発の参考・(初心者本でベース学習)・サンプルアプリ・ググる/逆引き本・公式リファレンス
  46. 46. API DemosAndroid SDKについてくるサンプルアプリある意味逆引きアプリ
  47. 47. ioschedGoogleの中の人が作ったAndroidアプリ http://d.hatena.ne.jp/gabuchan/ 20111107/1320671329
  48. 48. 逆引き本
  49. 49. 公式リファレンスある程度Androidアプリ開発になれてくると公式リファレンス最強。 http://developer.android.com/ reference/packages.html
  50. 50. 開発 + テストAndroidアプリの開発については特に裏技はありません。普通に作ります。
  51. 51. 開発 + テストWeb APIぶっちゃけ、定義したインターフェースのAPIが提供できるなら何で作っても良い。
  52. 52. 開発 + テストつまり、一番慣れている言語やWebフレームワーク、それが動くサーバ環境を選ぶのがベター。
  53. 53.
  54. 54. 「できるだけサーバ費用を 抑えたいんだよねぇ。 どんだけユーザが集まるか分からないサービスだしぃ」
  55. 55. がぶ「わ、わかりました」
  56. 56. 開発 + テストなので、そんなに慣れていない言語やWebフレームワークでも、企画の人がコスト的な意味で喜ぶサーバ環境を選ぶのが大人のマナー。
  57. 57. 開発 + テストGoogle App Engineスケールも自動だしね!↑これ結構重要で、運用中のインフラエンジニアのコストも浮くんですよ。
  58. 58. 開発 + テストGoogle App Engineただし、プレビュー卒業で料金が上がりました。でも、まだ某専用サーバを複数台借りるより安いと思う。
  59. 59. 開発 + テストでも、いいこともあってSlim3が超いい感じ、一番嬉しい点は初めからテストファースト前提に設計されていること。
  60. 60. 開発 + テストおかげでWeb APIは完全にTDDで開発できました。超楽しい、超グリーン、超安心
  61. 61. 開発 + テストAndroidアプリTDDできないAndroidアプリ=View層View層のTDDって難しい
  62. 62. 開発 + テストAndroidアプリということで組んではテスト組んではテストを繰り返す
  63. 63. 開発 + テスト当時ひとりだったので以下のフローで開発・Slim3でTDD、1つAPI作る・Androidで呼び出す部分作る・繰り返す
  64. 64. 開発 + テストで、何回か頑張ってるといつか完成します。あとは、もらった画像をはめ込んで、UIの最終調整やユーザテストをして本当に完成です。
  65. 65. できたー!
  66. 66. ということで
  67. 67. まとめ
  68. 68. 由乃かわいい
  69. 69. 以上です。 僕と(守ってくれない)由乃の 開発秘話 いかがでしたか?
  70. 70. ご清聴ありがとうございました

×