App Inventorで 想いを形にスマホアプリ開発最速入門
自己紹介多田 丈晃(ただ たけあき)@ttakeaki所属:株式会社ビーブレイクシステムズ日本App Inventorユーザー会を立ち上げ
What is App Inventor ?誰でもAndroidアプリが作れるソフト   No Programming experience required
Demo
App Inventorのメリット 環境の用意が簡単 素早くできる バグが混入しにくい 学習コストが低い
App Inventorのデメリット 柔軟性がない ネットにつながる環境が必須 ウィジェット等、そもそも作れない物がある 問題が起きたとき細かい対処ができない
Google playで公開App InventorでAPKを作る →そのままでは公開できない「App To Market」でAPKを変換後は通常のAndroidアプリと同じ
App To Marketの使い方続きはWEBで!http://www.atmarkit.co.jp/fsmart/articles/appinventor06/01.html
マネタイズ売り切りタイプ月額課金タイプ広告収入タイプ別腹タイプ受託タイプ
売り切りタイプアプリのダウンロード時に課金するメンテナンスに手がかからない物に向いている
月額課金タイプアプリの利用期間で課金するフィーチャーフォンでおなじみGoogle playでも最近使えるようになった
広告収入タイプアプリ内に広告を表示して収益を上げるアプリの電池を食うので敬遠する人もいる売り切り、月額課金アプリの体験版で頻用App InventorではWebViewerで広告を表示
別腹タイプアプリでは直接課金しない関連するサービスに誘導他の有料サービスの利便性を上げるツール
受託タイプ他社が公開したいアプリを代行して作る旧来型のシステム開発と同じアプリのHITと収益は関係しない
App Inventorとマネタイズ 5つの課金方法に対応可能だが… 機能面でどうしても見劣りする App Inventorで受託は危険 →要望に応えきれない可能性がある
App Inventorの使い所プロトタイプ作成コンセプト調査用のアプリ画面ひな形として               今は無理
App Inventorの使い所非プログラマの人もモノ作りの入り口を知る良い機会になります。もし、将来プログラマを使う立場になるなら、プログラマの考え方を理解するきっかけになります。
質問App Inventorについてプログラマというお仕事についてその他ご自由に
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

App inventorで想いを形に

1,356 views

Published on

2012/4/25 早稲田大学ベンチャー起業家養成基礎講座

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,356
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • App inventorで想いを形に

    1. 1. App Inventorで 想いを形にスマホアプリ開発最速入門
    2. 2. 自己紹介多田 丈晃(ただ たけあき)@ttakeaki所属:株式会社ビーブレイクシステムズ日本App Inventorユーザー会を立ち上げ
    3. 3. What is App Inventor ?誰でもAndroidアプリが作れるソフト No Programming experience required
    4. 4. Demo
    5. 5. App Inventorのメリット 環境の用意が簡単 素早くできる バグが混入しにくい 学習コストが低い
    6. 6. App Inventorのデメリット 柔軟性がない ネットにつながる環境が必須 ウィジェット等、そもそも作れない物がある 問題が起きたとき細かい対処ができない
    7. 7. Google playで公開App InventorでAPKを作る →そのままでは公開できない「App To Market」でAPKを変換後は通常のAndroidアプリと同じ
    8. 8. App To Marketの使い方続きはWEBで!http://www.atmarkit.co.jp/fsmart/articles/appinventor06/01.html
    9. 9. マネタイズ売り切りタイプ月額課金タイプ広告収入タイプ別腹タイプ受託タイプ
    10. 10. 売り切りタイプアプリのダウンロード時に課金するメンテナンスに手がかからない物に向いている
    11. 11. 月額課金タイプアプリの利用期間で課金するフィーチャーフォンでおなじみGoogle playでも最近使えるようになった
    12. 12. 広告収入タイプアプリ内に広告を表示して収益を上げるアプリの電池を食うので敬遠する人もいる売り切り、月額課金アプリの体験版で頻用App InventorではWebViewerで広告を表示
    13. 13. 別腹タイプアプリでは直接課金しない関連するサービスに誘導他の有料サービスの利便性を上げるツール
    14. 14. 受託タイプ他社が公開したいアプリを代行して作る旧来型のシステム開発と同じアプリのHITと収益は関係しない
    15. 15. App Inventorとマネタイズ 5つの課金方法に対応可能だが… 機能面でどうしても見劣りする App Inventorで受託は危険 →要望に応えきれない可能性がある
    16. 16. App Inventorの使い所プロトタイプ作成コンセプト調査用のアプリ画面ひな形として 今は無理
    17. 17. App Inventorの使い所非プログラマの人もモノ作りの入り口を知る良い機会になります。もし、将来プログラマを使う立場になるなら、プログラマの考え方を理解するきっかけになります。
    18. 18. 質問App Inventorについてプログラマというお仕事についてその他ご自由に

    ×