• Like
  • Save
0912 discussion
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

0912 discussion

on

  • 330 views

 

Statistics

Views

Total Views
330
Views on SlideShare
263
Embed Views
67

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

1 Embed 67

http://www.viz.media.kyoto-u.ac.jp 67

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    0912 discussion 0912 discussion Presentation Transcript

    • Discussion
    • Schedule 9/11(水) 9/12(木) 9/13(金) 3限 はじめに (+ Abstract) Results Conclusion & Title 4限 Introduction (+ Reference) Discussion Peer Review (2) 5限 Method Peer Review (1) まとめ (執筆 & 質問時 間)
    • Discussionとは…? どんな役割をもったセクションか?
    • Discussionとは…? 「研究の主要な結果が、自分の研究領域の中 でどのように位置づけられるかを論じ、自 分の研究と社会の繋がりを示すセクショ ン」 (野口他, 2007)
    • (重要)Discussionの基本構造 4つのMOVE 目的:本研究の目的や要点を振り返るMOVE 結果:本研究の結果を要約するMOVE 解釈:先行研究と比較し、結果に解釈を加える MOVE 限界:本研究の限界・問題点を示すMOVE
    • Discussionの基本構造 ムーブ 表現 どんな時に使うか? 目的 結果 解釈 限界 実際に論文で見てみよう。
    • Discussion分析(モデル論文 ) モデル論文を読んで、 1. 自分の論文で使えそうな表現を探そう。 例)Research on ~ has presented… 2. 抜き出した表現は、どんな時に使えそうか 考えてみよう。 例)先行研究の概観  個人で(約10-15分)→ペアで(約5-10分)
    • (補足)Discussionで使う表現例 +α MOVE 表現 目的 In this study, …was observed. We studied the effect of… The relationship between … and … has been examined in this study. 結果 In comparison with… Our evidence confirms that… 解釈 Consistent with previous studies of… Another reason may be that… This could be attributed to… This result could be interpreted as ~ 限界 Our study has some limitations. The sample size was small. Our findings may not apply to other types of… …remains questionable. Further studies are needed to analyze…
    • やっぱり… 論文執筆の近道:先輩から学ぶ!  昨年度の論文を見て、使える表現を抜き出そう。 http://www.viz.media.kyoto- u.ac.jp/sympo2013/doc/Proceedings_3.pdf (参考)  http://homepage1.nifty.com/kamegaya/ei_honbu.htm  将来的には、自分なりの表現集が作れるといいです ね
    • (再掲)In-text citation  剽窃(plagiarism)とは? = 他人の作品・学説などを自分のものとして発表する こと。 →必ず出典を明記すること。 例) Consistent with previous studies (Kato, 2013; Saeki, 1999), …
    • 英語論文作成 見通しをもとう。  自分の研究ではどう書くか考えてみよう。  見通しが立ったら、実際にDiscussionセクションを 英語で書いてみよう。
    • Peer Review: 2nd time Evaluation sheet に書かれた執筆上のポイントをも とに、同じグループ内のメンバーのライティングを 評価・コメントし、お互いのライティングの質を向 上させよう!  個人評価(約10-15分) → 評価シートを参照しながらの討議(約10 分)
    • 本日のまとめ 1. Results と Discussionの違い 2. Results 「観点→結果→図表」 の繰り返し 3. Discussion 目的→結果→解釈→限界 ◎最後に2つお願い 1. 現時点での論文をメール提出 (researchworlda@gmail.com, 件名は『0912京大花 子』 ) 2. 最終日の授業のためのアンケート回答