1.results&discussion

758 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
758
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
79
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

1.results&discussion

  1. 1. Results & Discussion II
  2. 2. スケジュール 9/4(火) 9/5(水) 9/6(木) 9/7(金) Results & Abstract &3限 導入 Method Discussion Title4限 Introduction Results Conclusion Revision5限 Introduction Discussion Conclusion まとめ
  3. 3. スケジュール 9/4(火) 9/5(水) 9/6(木) 9/7(金) Results & Abstract &3限 導入 Method Discussion Title4限 Introduction Results Conclusion Revision5限 Introduction Discussion Conclusion まとめ
  4. 4. Writing for Academic Purposes 英作田地文を卒業して英語論文を書く田地野 彰、ティム・スチュワート、デビッド・ダルスキー 編 ひつじ書房 京都大学で使われている英語教科 書 EGAPに関する研究とカリキュラム に基づく
  5. 5. Writing for Academic Purposes 英作田地文を卒業して英語論文を書く 田地野 彰、ティム・スチュワート、デビッド・ダルスキー 編 ひつじ書房• Part I Key Issues in Academic Writing Chapter 1 The Primary Features of Academic Writing Chapter 2 Understanding the Structure of Research Papers Chapter 3 Academic Vocabulary and Academic Writing Chapter 4 Critical Thinking and Reading Research Papers Chapter 5 Critical Reading : An Application of Critical Thinking Part II Writing an Academic Paper Chapter 6 Writing the Outline and the First Draft Chapter 7 Researching an Academic Paper Chapter 8 Writing the Abstract Chapter 9 Writing the Introduction Chapter 10 Writing the Body Section Chapter 11 Writing the Conclusion Chapter 12 Citing Sources and Writing the References Section Part III Academic Writing Classes at Kyoto University Chapter 13 Focusing on Structure: Comparison and Contrast Chapter 14 Peer Review: Editing an Academic Paper Chapter 15 Academic Writing in the Hybrid Classroom
  6. 6. Writing Academic English Alice Oshima, Ann Hogue レポート、エッセイの基礎を しっかり押さえるのに最適 パラグラフライティング エッセイライティング Rhetorical modes (比較、議論、説明) 文体
  7. 7. Academic writing for graduate students John Swales, Christine Feak 定義文、要約(レポート)、批評、 学術論文の書き方など 大学院で必要なライティングスキルについ て
  8. 8. 理系英語のライティング(理系たまごシリーズ3) 野口ジュディー監修・著/深山晶子・岡本真由美著 英語で学術論文を書くための解説 (日本語) ムーブ分析などに基づく
  9. 9. Results
  10. 10. Results(結果)とDiscussion(考察)の違いとは?
  11. 11. Results Discussion Describe Explain Depict InterpretDemonstrate Show
  12. 12. Results(1) Resultsのムーブを知る。(2) 時制とコロケーションに気を付ける。本時の目標
  13. 13. Resultsの構造 ムーブ 観点 分析の観点を示す 発見 調査から得た発見を示す 図表 図表を参照する 例示 発見の具体例を示す 対象 調査の対象をふり返る 予告 次に来る情報を予告するResults セクション
  14. 14. Resultsの構造 ムーブ 表現 観点 分析の観点を示す regarding, as for, 発見 調査から得た発見を示す was greater than, focused on, had fewer numbers of features…, as compared with, were not different 図表 図表を参照する (Table 1), as shown in Table 1, Table A summarizes ~ 例示 発見の具体例を示す were, for example, specifically 対象 調査の対象をふり返る during the study…~were included 予告 次に来る情報を予告する provide quotes to illustrate, In addition, Similarly, Meanwhile,Results セクション
  15. 15. Discussion
  16. 16. Discussion(1) Discussionのムーブを知る。(2) 解釈する。(Resultsで発見したことに関して意味付けをし、論 じる)(3) 位置づける。(先行研究との比較)本時の目標
  17. 17. Discussionの構造 ムーブ 結果 調査の結果をまとめる 解釈 先行研究をふり返る 先行研究と本研究との相違を指摘する 本研究で発見したことを論じる 限界 本研究の問題点を示す 本研究の問題点を検討するDiscussionセクション
  18. 18. Discussionの構造 ムーブ 表現 結果 調査の結果をまとめる In our study, X are focusing on Y 解釈 先行研究をふり返る found that, X was not associated with B, were preferred for, 先行研究と本研究との相 have identified few studies… that 違を指摘する provide evidence 本研究で発見したことを add to the literature by providing 論じる empirical evidence , submit that~, this result could be interpreted as~ 限界 本研究の問題点を示す our study has some limitations, the sample size was small, our findings may not apply to other types of presentations. 本研究の問題点を検討す However, allowed us to explore areas る without cueingDiscussionセクション
  19. 19. 明日までに• 自分の研究分野の論文のResultsと Discussion部をムーブ分析し、授業内 で取り上げた論文との相違点をまと めてくる。

×