プレゼン研修会20121018

1,140 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,140
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
36
Actions
Shares
0
Downloads
10
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

プレゼン研修会20121018

  1. 1. 『プレゼンテーションスキルの必要性 とパワーポイントの効果的な活用』 2012年10月18日(木) 情報システム学科 河野義広
  2. 2. 自己紹介 名前:河野 義広(かわの よしひろ) 出身:茨城県行方市 所属:東京情報大学 情報システム学科  職位:助教(2011年4月着任)  2013年度より『システム開発コース』に配属予定 研究テーマ:ソーシャルメディアの社会的影響  ソーシャルメディア活用&パーソナルブランディング  各ソーシャルメディアを自ら使い込んで研究  学生のキャリアデザイン支援  Twitter:@yoshi_kawano  Facebook, LinkedIn, SlideShare, Google+にも注目 2 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  3. 3. 皆さんのことを教えてください 研修の参考として、皆さんのことを教えてください 教えて頂きたい項目  お名前  勤務されている高校  普段プレゼンされる機会はありますか?  お差し支えなければ、頻度や内容についてもお教えください  この研修ではどのようなことを知りたいですか? 3 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  4. 4. テーマとコンセプト テーマ  プレゼンテーションスキルの必要性  パワーポイントの効果的な活用 コンセプト  プレゼンテーションスキルは説得・説明の場面で役立つ ⇒伝えたいメッセージをしっかり伝えることが大事  パワーポイントはメッセージを伝えるためのツール  スライドの構成や伝え方が大切  アニメーションや効果は補助的に利用 4 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  5. 5. 0. 目次 1. エグゼクティブサマリ 2. プレゼンテーションにおける3S 3. プレゼンテーション作成演習 4. プレゼン発表会 5. プレゼン資料の公開 6. まとめ 5 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  6. 6. 1. エグゼクティブサマリ プレゼンテーションはなぜ必要か?  伝えたいメッセージがあるから  企画の提案、相手の説得、商品の説明、研究紹介など エグゼクティブサマリ  伝えたいメッセージをまとめた1枚のスライド  本当に時間がないときは、そのスライドだけ見せる  あとはそれを伝えやすくするための肉付け 6 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  7. 7. 2. プレゼンテーションにおける3S 2. プレゼンテーションにおける3S  2.1. シナリオ:話の構成  2.2. スライド:プレゼン資料  2.3. スピーチ:話し方 シナリオ スライド スピーチ 伝えたいメッセージ 7 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  8. 8. 2.1. シナリオ シナリオ(話の構成)で大切なこと  2.1.1. 結論・根拠・論拠を整理する  結論を最初に示す  根拠と論拠を示す  2.1.2. ナンバリングで示す  話の論点を3~4つにまとめる  適切な言葉に集約する  2.1.3. ツリー構造で理解を促す  ツリー構造でコンテンツを設計する  階層が深くなる毎に内容を具体化する  持ち時間によって説明箇所を変える※資料は同じ 8 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  9. 9. 2.1.1. 結論・根拠・論拠を整理する 結論を最初に示す  例:結論を最初に伝えると分かりやすくなる  ①Aさんは優秀だと思います。なぜなら、次の3つの根拠がありま す。  ②第1に、英語で日常会話ができます。  ③第2に、職場で最もパソコンを上手に使いこなしています。  ④第3に、交渉力も相対的に高いからです。 結論 1 2 3 4 根拠が3つ 9 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  10. 10. 2.1.1. 結論・根拠・論拠を整理する 根拠と論拠を示す  用語の整理  結論:事実やデータから導き出される考え  根拠:結論を裏付ける事実とデータ  論拠:結論と根拠を結び付ける考え方(常識、原理、定理など) 例  結論:彼はプレゼンテーションがうまい  根拠:彼はプレゼンテーションの試験で80点を取った  論拠:その試験で70点以上は、プレゼンテーションがうま いと言われている  『なぜそれが言えるの?』を示すには論拠が必要! 10 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  11. 11. 2.1.2. ナンバリングで示す ナンバリングとは?  論点に番号を明示して相手に伝えること  例:第1に~~、第2に~~。  3~4つにまとめる※それ以上だと聴衆が覚えきれない場合がある 考えてみましょう  次の情報から論点を作成してください 1. Aさんは、入社以来3年間で一度も遅刻をしたことがない 2. Aさんの机の上は、他の人に比べて整理されている 3. Aさんは、10分以上席を離れるときは必ず声を掛けてから行く  論点「Aさんは、真面目である」 11 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  12. 12. 2.1.3. ツリー構造で理解を促す(1) ツリー構造でコンテンツを設計する  1段目はコンセプトを設計する  2段目以降は3つ程度にまとめる  網羅的に設計する 3つ程度が目安! 料理○○を食べよう! コンセプト 手間が 安い 健康によい 掛からない 12 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  13. 13. 2.1.3. ツリー構造で理解を促す(2) 網羅的な設計のためにはMECEが重要  MECE(ダブルなくモレなく)で考える  ロジカルシンキング(論理的思考)の手法の1つ 階層が深くなる毎に内容を具体化する  時間によって話す階層を変える ○○料理 費やすもの 得られるもの 費用 手間 感覚 健康 13 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  14. 14. MECE MECE とは?  Mutually Exclusive and Collectively Exhaustiveの略  ダブリなくモレなくの意味 MECEの例  「人間」の切り口で分解する  ダブリ:コスト増、モレ:誤った結論の可能性 人間 老人 男 女 男 女 子供 子供 ○MECEになっている ×子供にダブリあり ×老人、子供のみはモレあり 14 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  15. 15. 演習時間(1) テーマ  所属する高校のPR、自分の活動など やること  テーマを決めてスライドを作ってみましょう  シナリオの部分を意識して構成を考える  結論・根拠・論拠を整理する  ツリー構造で聴衆の理解を促す  ナンバリングで示す 制限時間  演習時間:50分(途中休憩10分) 15 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  16. 16. 途中経過発表 どこまでできましたでしょうか?  途中経過を発表してください 何名かの方に発表をお願いします  発表時間:3分程度 16 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  17. 17. 2.2. スライド スライド(プレゼン資料)で大切なこと  2.2.1. 文字・図表に統一感を持たせる  文字の大きさ、フォントなどはスライドマスターで統一  文章と図表の位置関係を決めておく  2.2.2. 文章は簡潔に示す  体言止めの徹底化  「1文=1意味」を心掛ける  2.2.2. 文字修飾に自分ルールを作る  赤文字、青文字、波線、下線などの自分なりのルールを作る  赤:特に強調したいキーワード、青:参照する内容など 17 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  18. 18. 2.2.1. 文字・図表に統一感を持たせる 文字の大きさ、フォントはスライドマスターで統一  スライドマスターで設定できること  各レベルでのフォント、サイズ、色、スタイルなど  表紙スライドの配置、背景、フッタ情報  ホーム画面でのフォント変更はしない 文章と図表と位置関係を決めておく  聴衆にとって目線が上下するのは負担になる  位置関係を決めておくと伝わりやすい  例:文章は上部、図表は下部など 18 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  19. 19. スライドマスター 19 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  20. 20. 2.2.2. 文章は簡潔に示す 体言止めの徹底化  聴衆は長い文章を読まない  読んでいるだけのスライドでは聞く意味がない  ○○の□□となるように心掛ける 1文=1意味  ポイントが明確だと分かりやすい  1文を短くすることが大切 ⇒「1文=1意味」を心掛ける 20 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  21. 21. 2.2.3. 文字修飾に自分ルールを作る 自分ルールを作る意味  自分で話す際に要点を思い出すきっかけ  聴衆の理解の助けになる 自分ルールの例  自分が納得できる適度な数のルールを作る 文字修飾 意味 赤文字 強調したいキーワード 青文字 参照する内容(URL、文献など) 太文字 重要な事柄 下線 解決すべき課題 波線 提案する内容 21 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  22. 22. 演習時間(2) テーマ  所属する高校のPR、自分の活動など やること  スライドマスターで統一しましょう  文字修飾の自分ルールを作ってみましょう  自分ルールでスライドを見直してみましょう 制限時間  演習時間:30分  演習後の休憩:10分 22 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  23. 23. 2.3. スピーチ スピーチ(話し方)で大切なこと  2.3.1. 聴衆に向かって話すことを意識する  アイコンタクトを使う  原稿は読まない  2.3.2. 好感の持てる話し方  前を向いて話す  ゆっくりと明瞭に話す  あーとか言わない 23 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  24. 24. 2.3.1. 聴衆に向かって話すこと アイコンタクトを使う  1文を1人に対して話す  キーパーソン(積極的に聞く人)にアイコンタクト  ときにはアイコンタクトをしない 原稿は読まない  話す内容は「数字以外は暗記」、「画面は見ない」が理想  読み上げるだけの原稿なら、配布した方がよい  伝えたいのは、それ以外の“何か”があるはず! 24 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  25. 25. 2.3.2. 好感の持てる話し方 前を向いて話す  下を向いて話したのでは伝わらない  聴衆の方を見て話す ゆっくりと明瞭に話す  聞き取れないと意味が無い  350文字/分が通常のスピード あーとか言わない  余計な擬音はノイズになる  原因:「沈黙=間」が怖い ⇒あ行が出るようなら「沈黙」を活用する 25 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  26. 26. 3. プレゼンテーション作成演習 テーマ  所属する高校のPR、自分の活動など 最後の仕上げ、発表練習をしましょう 制限時間  演習時間:30分  演習後の休憩:10分  発表時間:3分程度、質疑:2分 26 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  27. 27. 4. プレゼン発表会 各自発表をお願いします  発表:3分程度、質疑2分 積極的な質疑をお願いします  他人の発表はよく聞き、課題を伝えてあげましょう  自分の発表にも活かしましょう 発表後に休憩10分 27 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  28. 28. 5. プレゼン資料の公開 プレゼン資料の価値  自分の『知識』『スキル』『ノウハウ』が詰まっている  どのような経験をしてきたか、何を知っているか  知識労働者にとっては履歴書のようなもの 自分の価値を高める  プレゼン資料でパーソナルブランディングにつなげる  『自分ブランド』を構築していくこと  自分の理想のイメージに近付ける活動、専門性のPR プレゼン資料の公開  SlideShareでプレゼン資料をインターネットに公開 28 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  29. 29. SlideShareの紹介 SlideShare  プレゼン資料の共有  Twitter、Facebook、LinkedIn、ブログに展開  閲覧・シェア数の確認⇒人気コンテンツの可視化 29 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  30. 30. ブログに貼り付けたSlideShare 30 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  31. 31. LikedInでのプロフィール掲載 31 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  32. 32. SlideShareのアクセス解析 32 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  33. 33. 6. まとめ テーマ  プレゼンテーションスキルの向上  パワーポイントの活用 実施内容  プレゼン研修  資料作成&発表会  SlideShareの紹介 33 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  34. 34. 参考文献 シンプル・プレゼンの技術  小宮清著  プレゼンテーションスキル 34 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  35. 35. おわり ご清聴ありがとうございました ご質問・コメント等ありましたらお願いします 東京情報大学 情報システム学科 先端システム研究室 河野義広 Twitter:@yoshi_kawano 35 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY

×