チケット駆動開発におけるEVMの考え方               あきぴー@RxtStudy   (copyright2013 akipii@XPJUG関西)   1
出版しました    現在絶賛販売中!     (copyright2013 akipii@XPJUG関西)   2
Agenda Introduction   EVMとは Method   EVMの計測方法   Redmineによる実装方法 Result   EVMのパターン Discussion   運用上の注意点   EVMとTiDDは相性が良い    ...
Introduction      (copyright2013 akipii@XPJUG関西)   4
EVMが必要な背景プロジェクトの計上処理が工事進行基準になった 進捗度合で売上がすこしずつ決まる 最後にどんぶり勘定で売上補正できなくなった進捗度合による計上処理は運用が面倒 そもそも成果物の進捗・完了基準の定義があいまい PGから毎日の進捗デ...
EVMとは Earned Value Management   プロジェクトのスケジュール管理やコスト管理を「出来高   (Earned Value)」で把握する手法   PMBOKのコストマネジメント領域の技法の一つ EVMで成果物の完成度合...
(copyright2013 akipii@XPJUG関西)   7
よく分からないからRedmineで実際に 試してみましょう (copyright2013 akipii@XPJUG関西)   8
Method     (copyright2013 akipii@XPJUG関西)   9
EVMを計測する流れ                                             詳細化               チケット     詳細化               対応                    ...
EVMの3つの基本概念メトリクス   PV                AC                     EV英語名     Planned Value     Actual Cost            Earned Valu...
EVの計測方法  出来高の考え方は、WF型開発とアジャイル開発では、根本  的に異なるEVの観点EVの観点   EVの定義        EVの定義    計算の具体例                           効果と注意点     ...
[例] PV・AC・EVの考え方工数              PV=10 MD(MD)                                 AC=8 MD           予                          ...
Redmineによる実現方法          PV=          PV=チケットの予定工数          AC=          AC=チケットの実績工数の和          EV=     進捗率(%)            ...
コミットログで実績工数を記録         コミットログに実績工数を入力すれば、         コミットフックで自動的に記録される。             例:○○画面のエラー表示を修正                 refs #123...
Time Tracker Pluginで実績工数をストップウォッチ計測                   で実績工数をストップウォッチ計測            (1)チケットを表示して画面右上の「開始」をクリック            (2...
EVMで使われるメトリクスメトリクス 日本語名             公式                意味SPI    スケジュール効率指標      EV/PV             >1なら進捗が良いCPI    コスト効率指標  ...
EACの計算方法    EAC(完成時総コスト見積り)は3種類の計算方法があるNo 観点             公式                             考え方1   当初の計画通りに      AC+BAC-      ...
Redmine EVM plugin GitHubでEVMのRedmineプラグインが公開されてる   https://github.com/imaginary-cloud/redmine_evm 特徴   PV=チケットの予定工数、AC=チケ...
Result         (copyright2013 akipii@XPJUG関西)   20
EVMのパターン(今は黒字→遅延)PV≧EV>ACなら、開発効率は良いが進捗遅れ CPI>1なので、作業効率は良い SPI<1なので、進捗遅れ 例:経験者が頑張っているが、作業開始に要員を計画通りに 投入できていない         (copy...
EVMのパターン(遅延→赤字)AC>PV>EVで、コストオーバーで進捗も遅延 SPI、CPIももちろん悪い 例:要員は揃っているが、想定した作業効率よりも悪い        (copyright2013 akipii@XPJUG関西)   22
Discussion      (copyright2013 akipii@XPJUG関西)   23
運用の注意点工数入力、工数チェックの運用ルールを決める 入力した工数と作業した工数に矛盾がないかチェック 出来高と工数の概念を等価にする基準を明確化する詳細な集計処理はCSVを出力してPC上で実施 マネージャは元データを好きなように集計してくだ...
EVMとTiDDは相性が良いチケット=アクティビティと同一視できる チケットは成果物を作るための作業指示書と見なすチケットでコストや進捗率を収集可能 PV、AC、EVをチケットの属性でマッピング可能 実績工数や進捗率はチケット更新時に入力すれば...
参考文献「Redmineによるタスクマネジメント実践技法」8.1節「WBS/EVMによるITプロジェクトマネジメント」「プロジェクトマネジメント 知識体系ガイド」           (copyright2013 akipii@XPJUG関西)...
ご清聴 ありがとうございました (copyright2013 akipii@XPJUG関西)   27
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

第7回RxtStudy未発表資料「チケット駆動開発におけるEVMの考え方」

4,977

Published on

【公開】未発表資料「チケット駆動開発におけるEVMの考え方」 #RxtStudy: プログラマの思索 http://forza.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/evm-rxtstudy-d2.html

第7回RxTstudy : ATND http://atnd.org/events/36526

Published in: Technology
0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
4,977
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
10
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "第7回RxtStudy未発表資料「チケット駆動開発におけるEVMの考え方」"

  1. 1. チケット駆動開発におけるEVMの考え方 あきぴー@RxtStudy (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 1
  2. 2. 出版しました 現在絶賛販売中! (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 2
  3. 3. Agenda Introduction EVMとは Method EVMの計測方法 Redmineによる実装方法 Result EVMのパターン Discussion 運用上の注意点 EVMとTiDDは相性が良い (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 3
  4. 4. Introduction (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 4
  5. 5. EVMが必要な背景プロジェクトの計上処理が工事進行基準になった 進捗度合で売上がすこしずつ決まる 最後にどんぶり勘定で売上補正できなくなった進捗度合による計上処理は運用が面倒 そもそも成果物の進捗・完了基準の定義があいまい PGから毎日の進捗データの収集に手間がかかる PMは進捗データの集計からコスト計算が面倒 (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 5
  6. 6. EVMとは Earned Value Management プロジェクトのスケジュール管理やコスト管理を「出来高 (Earned Value)」で把握する手法 PMBOKのコストマネジメント領域の技法の一つ EVMで成果物の完成度合を明確化できる 出来高を成果物の完成度合と見なす ある時点の計画と実績のズレから、完成までの総コスト、 総時間を予測できる EVMの単位は金額 or 工数(人月) IT業界では、人月が多い (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 6
  7. 7. (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 7
  8. 8. よく分からないからRedmineで実際に 試してみましょう (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 8
  9. 9. Method (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 9
  10. 10. EVMを計測する流れ 詳細化 チケット 詳細化 対応 (タスクカード タスクカード) タスクカード チケットプロジェクト計画 アクティビティ チケット (タスクカード タスクカード) タスクカード (ストーリーカード ストーリーカード) ストーリーカード 実現 計測 集計 実績入力 等価 等価 集計 進捗表示 価値 出来高(¥) 出来高 出来高 出来高 (MD) (MD) TiDDでEVMを パーキング 実現する方法 ロットチャート (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 10
  11. 11. EVMの3つの基本概念メトリクス PV AC EV英語名 Planned Value Actual Cost Earned Value日本語名 計画値 実績値、実コスト 出来高意味 該当期間までに 該当期間までに 該当期間までの成果の実績 該当期間までの成果の実績 完了していると計 実際に投入した 値 画された作業の 実績値 予算RedmineにRedmineに チケットの予定工 チケットの実績工 ①WF型開発の場合、 WF型開発の場合、おける 数 数 チケットの進捗率(%)  PV * チケットの進捗率(%)実装方法 ②Agile開発の場合、 Agile開発の場合、 (1)未完了 未完了⇛  (1)未完了⇛ 0 (2)完了  (2)完了 ⇛ PV (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 11
  12. 12. EVの計測方法 出来高の考え方は、WF型開発とアジャイル開発では、根本 的に異なるEVの観点EVの観点 EVの定義 EVの定義 計算の具体例 効果と注意点 例:PV PV= (例:PV=10)WF型開発WF型開発 作業の進捗率 着手済=50% 着手済=50% ⇛ EV=5 ・進捗率をステータスで紐 で計測する レビュー前=80% レビュー前=80% ⇛ EV=8 づければ、工事進行基準 完了=100% 完了=100% ⇛ EV=10 にも使える。 ・レビュー未済の成果物に 本当の価値があるのか疑 問がある。アジャイル 顧客へ納品し 着手済 ⇛ EV=0 ・完了基準が明確開発 成果物で計 た成果物で計 レビュー前 ⇛ EV=0 ・成果物が完成するまで、 測する 完了 ⇛ EV=10 進捗が遅れているように 見える ⇛ EVの定義は、Doneの定義と本質的に同じ (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 12
  13. 13. [例] PV・AC・EVの考え方工数 PV=10 MD(MD) AC=8 MD 予 EV=6 MD 定 コ ス 出 ト 来 高 PV AC EV 10人日かかる作業のうち、既に8人日消費したが、6人日分 の成果物しかできていない 残り2人日で、4人日分かかる成果物を作らなくてはいけない (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 13
  14. 14. Redmineによる実現方法 PV= PV=チケットの予定工数 AC= AC=チケットの実績工数の和 EV= 進捗率(%) (%)  WF型開発の場合 型開発の場合) EV=PV * 進捗率(%) (WF型開発の場合) (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 14
  15. 15. コミットログで実績工数を記録 コミットログに実績工数を入力すれば、 コミットフックで自動的に記録される。 例:○○画面のエラー表示を修正 refs #123 @2h30m Redmine 1.1 新機能紹介: コミットメッセージによる作業時間の記録 | Redmine.JP Blog http://blog.redmine.jp/articles/new-feature-1_1/automatic-spent-time-logging/ (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 15
  16. 16. Time Tracker Pluginで実績工数をストップウォッチ計測 で実績工数をストップウォッチ計測 (1)チケットを表示して画面右上の「開始」をクリック (2)作業終了時に画面右上の「終了」をクリック (3)Redmine標準の作業時間の記録画面が表示され、開始 から終了までの時間がセットされる (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 16
  17. 17. EVMで使われるメトリクスメトリクス 日本語名 公式 意味SPI スケジュール効率指標 EV/PV >1なら進捗が良いCPI コスト効率指標 EV/AC >1なら効率が良いSV スケジュール差異 EV - PV >0なら進捗が良いCV コスト差異 EV - AC >0なら効率が良いBAC 完成時総予算 PVの総和 PVの総和 プロジェクト立上時の総予算。 ベースラインとして予実比較で使わ れる。EAC 完成時総コスト見積り 次ページ参照 測定時点までの進捗度合から推測 される総コスト。TCPI 残作業効率指標 (BAC-EV) / BAC- プロジェクト完了までにどれくらい (BAC- (BAC-AC) 効率良く働くべきかという指標。 TCPI=1.5なら、今の1.5倍働く必要 なら、今の1.5 TCPI=1.5なら、今の1.5倍働く必要 がある。 (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 17
  18. 18. EACの計算方法 EAC(完成時総コスト見積り)は3種類の計算方法があるNo 観点 公式 考え方1 当初の計画通りに AC+BAC- AC+BAC-EV 現在の開発ペースは プロジェクトが進む 当初の計画通り2 現在の開発速度で BAC/CPI 当初の計画よりも開発 プロジェクトが進む or ペースは落ちるはず (BAC- AC + (BAC-EV)/CPI3 (BAC- より厳密な開発速度で AC + (BAC-EV)/ (SPI コストオーバーでなく プロジェクトが進む * CPI) ても進捗は遅れている 場合、プロジェクトは 遅延している (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 18
  19. 19. Redmine EVM plugin GitHubでEVMのRedmineプラグインが公開されてる https://github.com/imaginary-cloud/redmine_evm 特徴 PV=チケットの予定工数、AC=チケットの実績工数、EV=PV*進捗率(%)で EVMを計算している SPI、CPIで進捗度合いが分かる EACなどの指標がないので、今後の想定コストが分からない EVの履歴を保持していない。プロジェクト完了時にPV=EVになってしまう。 (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 19
  20. 20. Result (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 20
  21. 21. EVMのパターン(今は黒字→遅延)PV≧EV>ACなら、開発効率は良いが進捗遅れ CPI>1なので、作業効率は良い SPI<1なので、進捗遅れ 例:経験者が頑張っているが、作業開始に要員を計画通りに 投入できていない (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 21
  22. 22. EVMのパターン(遅延→赤字)AC>PV>EVで、コストオーバーで進捗も遅延 SPI、CPIももちろん悪い 例:要員は揃っているが、想定した作業効率よりも悪い (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 22
  23. 23. Discussion (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 23
  24. 24. 運用の注意点工数入力、工数チェックの運用ルールを決める 入力した工数と作業した工数に矛盾がないかチェック 出来高と工数の概念を等価にする基準を明確化する詳細な集計処理はCSVを出力してPC上で実施 マネージャは元データを好きなように集計してください 但し、複雑なコスト管理はExcelだけでは限界「メトリクスの罠」に注意しましょう 工数や出来高で人の評価に使う、とか (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 24
  25. 25. EVMとTiDDは相性が良いチケット=アクティビティと同一視できる チケットは成果物を作るための作業指示書と見なすチケットでコストや進捗率を収集可能 PV、AC、EVをチケットの属性でマッピング可能 実績工数や進捗率はチケット更新時に入力すればいいチケット集計でEVMの各指標を計算可能 SPI、CPI、EAC etc.はチケットの集計処理に過ぎない リアルタイムに指標を取得できるので、リスク対策できる (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 25
  26. 26. 参考文献「Redmineによるタスクマネジメント実践技法」8.1節「WBS/EVMによるITプロジェクトマネジメント」「プロジェクトマネジメント 知識体系ガイド」 (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 26
  27. 27. ご清聴 ありがとうございました (copyright2013 akipii@XPJUG関西) 27

×