OpenStack Summit Hong Kong 出張報告

758 views

Published on

OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
- OpenStack最新情報
- OpenStackユーザサーベイ
- OpenStack Summitキーノート講演
- OpenStack Summitユーザ事例

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
758
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
21
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

OpenStack Summit Hong Kong 出張報告

  1. 1. OpenStack Summit Hong Kong 出張報告 日本仮想化技術株式会社 VitrualTech.jp 玉置伸行
  2. 2. 日本仮想化技術株式会社 概要 • 社名:日本仮想化技術株式会社 • • • • • • • • • – 英語名:VirtualTech Japan Inc. – 略称:日本仮想化技術/VTJ ベンダーニュートラ 設立:2006年12月 ルな独立系仮想化技 資本金:2,000万円 術の 売上高:1億3,000万円(2013年7月期) 本社:東京都渋谷区渋谷1-8-1 エキスパート集団 取締役:宮原 徹(代表取締役社長兼CEO) 伊藤 宏通(取締役CTO) スタッフ:9名(うち、8名が仮想化技術専門エンジニアです) URL:http://VirtualTech.jp/ 仮想化技術に関する研究および開発 – – – – 仮想化技術に関する各種調査 仮想化技術に関連したソフトウェアの開発 仮想化技術を導入したシステムの構築 OpenStackの導入支援・新規機能開発 2
  3. 3. 仮想化環境構築をトータルサポート • 戦略立案 – 戦略立案 • コスト削減、社内標準化、将来プランのコンサルティ ング 設計 – 要求仕様の策定 設計 導入・移行 運用保守 – サーバ、ストレージからネットワークまでアプ リケーションまで考慮した設計最適化 – キャパシティプランニング(ベンチマーク) • 導入 – 仮想化ソリューションパッケージの提供 – 仮想化統合(P2V既存環境移行) • 運用保守 – エンジニア教育 – 技術サポートの提供 – OSSソースコードレベルサポート ベンダーニュートラルなワンストップ・サポートをご提供 3
  4. 4. OpenStackへの取り組み • お客様向けOpenStack評価環境の構築 • Baremetal OpenStackの開発 – 仮想環境と物理環境をOpenStackで一括管 理 – 単一のイメージで仮想マシンと物理マシン の双方を起動可能 – 2013年4月リリースのGrizzlyで本体にマー ジ • 某OpenStackクラウドサービス評価 4
  5. 5. 本日お話ししたいこと • • • • OpenStack最新情報 OpenStackユーザサーベイ OpenStack Summitキーノート講演 OpenStack Summitユーザ事例 5
  6. 6. OpenStack Summit Hong Kong • 期間:2013/11/5-11/8 • 場所:香港・アジアワールドエキスポ – 米国以外で初めての開催 • 参加者:3,000人 • 2つのセッション – デザインセッション • 次バージョンの方針・仕様を開発者がディスカッ ション – ジェネラルセッション 6 • 120を超えるセッション
  7. 7. 会場 7
  8. 8. OpenStackの最新情報 ここ半年のニュースをピックアップ • IBMが自社開発を止めOpenStackを採用 – HPやORACLEからもニュースが相次ぐ • Red HatがOpenStack製品を出荷開始 – Ubuntu、SUSEからも出荷 • 最新版“Havana”を10/18にリリース 8
  9. 9. OpenStackの最新情報 クラウドOS勢力図 IaaSマーケットのリーダー 仮想化マーケット のリーダー Amazon 商用導入実績の多い OSSクラウド基盤 VMware CloudStack クラウド界のLinux OpenStack IBM RackSpace VMware HP Intel Dell Red Hat Cisco NEC など 9 Citrix
  10. 10. OpenStackの最新情報 OSSで最も活発なプロジェクトの1つ に OpenStack Google検索件数 コントリビュータの数 注1 CloudStack 5,700,000 2,050,000 1,241人 165人 注1 米国エンジニア求職サイ ト での求人数 注2 +72(77%) 39,642回 6,843回 +18,956(91%) ソースコードの修正回数 +671(117%) +989(16%) 623件 120件 2013/10/21現在 注1:OSSプロジェクト検索サイトohloh.netで12ヶ月間の集計値 注2:米国エンジニア求人サイトengineerjobs.comで調査
  11. 11. 本日お話ししたいこと • • • • OpenStack最新情報 OpenStackユーザサーベイ OpenStack Summitキーノート講演 OpenStack Summitユーザ事例 11
  12. 12. OpenStackユーザサーベイ アンケート結果 • OpenStack Foundationがユーザサーベイ を実施 • 回答数:822件 – OpenStackの導入先:387件 詳細なレポートはこちらから入手できます。 OpenStack User Survey: Oct 2013 http://www.openstack.org/blog/2013/11/openstack-user-survey-october-2013/ 12
  13. 13. OpenStackユーザサーベイ OpenStack導入の目的 1位:Cost saving 2位:Operation efficiency 3位:Open technology 4位:Flexibility of underlying tech choice 5位:Ability to innovate & compute 13
  14. 14. OpenStackユーザサーベイ Host O/S, Hypervisor Host O/S Hypervisor Other 10% Other 18% RHEL 10% Cent 24% VMwa re ESX 8% Xen/X CP 12% Ubuntu 56% 14 KVM 62%
  15. 15. OpenStackユーザサーベイ Network, Storage Network Storage Other 20% Open vSwitc h 42% Cisco 10% LVM 31% Other 36% Linux bridge 28% NFS 16% 15 Ceph 17%
  16. 16. 本日お話ししたいこと • • • • OpenStack最新情報 OpenStackユーザサーベイ OpenStack Summitキーノート講演 OpenStack Summitユーザ事例 16
  17. 17. OpenStack Summit キーノート講演 • Red Hat社、HP社、IBM社、などの OpenStack Foundation のプラチナメンバー が講演 • Red Hat社:RHELとCloudFormsの紹介 インキュベーションプロジェクトのの 説明 • Canonical社:Ubuntuの紹介 Juju&MAAS: Deploymentツールの説明 Carrier Grade OpenStack 17
  18. 18. 参考:OpenStackのプロジェク ト 主要コンポーネント インキュベーション コンポーネント名 プロジェクト 名 コンポーネント名 プロジェクト 名 ① Compute Nova ⑩ Bare metal Ironic ② Object Storage Swift ⑪ Data processing Savanna ③ Block Storage Cinder ⑫ Database Service Trove ④ Image Service Glance ⑬ Queue service Marconi ⑤ Networking Neutron ⑭ Deployment TripleO ⑥ Identity Keystone ⑦ Dashboard Horizon ⑧ Metering/Monitoring Ceilometer ⑨ Orchestration Heat 18
  19. 19. 参考:Deploymentツール Provisioning Configuration Orchestration TrippleO (OpenStack on OpenStack) Ubuntu MAAS マニュアル インストー ル マシンの手配 O/Sのインストール など Ubuntu Juju Chef, Puppet, など ネットワーク設定や アプリケーション設定 など 19 仮想マシンやアプリケー ションなどの管理・運用 の自動化、など
  20. 20. OpenStack Summit キーノート講演 筆者の感想 • 2013年:商用ディストリビューションの提 供 主要コンポーネントの拡張 • 2014年:主要コンポーネントのさらなる拡 張 クラウド管理ツールの拡充 Deploymentツールなどのインキュ ベーションプロジェクトへの取り 20 組み
  21. 21. 本日お話ししたいこと • • • • OpenStack最新情報 OpenStackユーザサーベイ OpenStack Summitキーノート講演 OpenStack Summitユーザ事例 21
  22. 22. OpenStack Summit ユーザ事例 組織が直面した課題 課題解決の方向性 CERN(欧州 原子核研究 機関) • データセンターの新設 • GenovaとBudapestの2つのデータ センターの管理 • 2つのデータセンターをまたが るクラウド基盤を構築 • 20,000コアの計算機リソースを 管理、15,000サーバ300,000コア の管理を目標 Paypal • 1億3,700万ユーザ • 30万トランザクション/分のオン ライン決済サービス • 99.9999%の可用性 • 全てのレイヤーでSPOFを作らな い • ラックやデータセンターを越え てスケールすること • 1,000万件/月のスキャンデータ • データの消失は会社の信用問題 に直結する • 標準的なハードウェアを並べて 処理の高速化・並列処理を実施 • SPOFの排除 • TCOの削減($0.027GB/月)4箇 所のレプリカ、設備・人件費含 めた金額はパブリッククラウド よりも安い Concur 出張・経費 精算のクラ ウドサービ ス 22
  23. 23. 次のバージョンはIce House • 来年4月にリリース予定 23
  24. 24. 24

×