Your SlideShare is downloading. ×
0
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

OpenStack Summit Hong Kong 出張報告

500

Published on

OpenStack Summit Hong Kong 出張報告 …

OpenStack Summit Hong Kong 出張報告
- OpenStack最新情報
- OpenStackユーザサーベイ
- OpenStack Summitキーノート講演
- OpenStack Summitユーザ事例

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
500
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
19
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. OpenStack Summit Hong Kong 出張報告 日本仮想化技術株式会社 VitrualTech.jp 玉置伸行
  • 2. 日本仮想化技術株式会社 概要 • 社名:日本仮想化技術株式会社 • • • • • • • • • – 英語名:VirtualTech Japan Inc. – 略称:日本仮想化技術/VTJ ベンダーニュートラ 設立:2006年12月 ルな独立系仮想化技 資本金:2,000万円 術の 売上高:1億3,000万円(2013年7月期) 本社:東京都渋谷区渋谷1-8-1 エキスパート集団 取締役:宮原 徹(代表取締役社長兼CEO) 伊藤 宏通(取締役CTO) スタッフ:9名(うち、8名が仮想化技術専門エンジニアです) URL:http://VirtualTech.jp/ 仮想化技術に関する研究および開発 – – – – 仮想化技術に関する各種調査 仮想化技術に関連したソフトウェアの開発 仮想化技術を導入したシステムの構築 OpenStackの導入支援・新規機能開発 2
  • 3. 仮想化環境構築をトータルサポート • 戦略立案 – 戦略立案 • コスト削減、社内標準化、将来プランのコンサルティ ング 設計 – 要求仕様の策定 設計 導入・移行 運用保守 – サーバ、ストレージからネットワークまでアプ リケーションまで考慮した設計最適化 – キャパシティプランニング(ベンチマーク) • 導入 – 仮想化ソリューションパッケージの提供 – 仮想化統合(P2V既存環境移行) • 運用保守 – エンジニア教育 – 技術サポートの提供 – OSSソースコードレベルサポート ベンダーニュートラルなワンストップ・サポートをご提供 3
  • 4. OpenStackへの取り組み • お客様向けOpenStack評価環境の構築 • Baremetal OpenStackの開発 – 仮想環境と物理環境をOpenStackで一括管 理 – 単一のイメージで仮想マシンと物理マシン の双方を起動可能 – 2013年4月リリースのGrizzlyで本体にマー ジ • 某OpenStackクラウドサービス評価 4
  • 5. 本日お話ししたいこと • • • • OpenStack最新情報 OpenStackユーザサーベイ OpenStack Summitキーノート講演 OpenStack Summitユーザ事例 5
  • 6. OpenStack Summit Hong Kong • 期間:2013/11/5-11/8 • 場所:香港・アジアワールドエキスポ – 米国以外で初めての開催 • 参加者:3,000人 • 2つのセッション – デザインセッション • 次バージョンの方針・仕様を開発者がディスカッ ション – ジェネラルセッション 6 • 120を超えるセッション
  • 7. 会場 7
  • 8. OpenStackの最新情報 ここ半年のニュースをピックアップ • IBMが自社開発を止めOpenStackを採用 – HPやORACLEからもニュースが相次ぐ • Red HatがOpenStack製品を出荷開始 – Ubuntu、SUSEからも出荷 • 最新版“Havana”を10/18にリリース 8
  • 9. OpenStackの最新情報 クラウドOS勢力図 IaaSマーケットのリーダー 仮想化マーケット のリーダー Amazon 商用導入実績の多い OSSクラウド基盤 VMware CloudStack クラウド界のLinux OpenStack IBM RackSpace VMware HP Intel Dell Red Hat Cisco NEC など 9 Citrix
  • 10. OpenStackの最新情報 OSSで最も活発なプロジェクトの1つ に OpenStack Google検索件数 コントリビュータの数 注1 CloudStack 5,700,000 2,050,000 1,241人 165人 注1 米国エンジニア求職サイ ト での求人数 注2 +72(77%) 39,642回 6,843回 +18,956(91%) ソースコードの修正回数 +671(117%) +989(16%) 623件 120件 2013/10/21現在 注1:OSSプロジェクト検索サイトohloh.netで12ヶ月間の集計値 注2:米国エンジニア求人サイトengineerjobs.comで調査
  • 11. 本日お話ししたいこと • • • • OpenStack最新情報 OpenStackユーザサーベイ OpenStack Summitキーノート講演 OpenStack Summitユーザ事例 11
  • 12. OpenStackユーザサーベイ アンケート結果 • OpenStack Foundationがユーザサーベイ を実施 • 回答数:822件 – OpenStackの導入先:387件 詳細なレポートはこちらから入手できます。 OpenStack User Survey: Oct 2013 http://www.openstack.org/blog/2013/11/openstack-user-survey-october-2013/ 12
  • 13. OpenStackユーザサーベイ OpenStack導入の目的 1位:Cost saving 2位:Operation efficiency 3位:Open technology 4位:Flexibility of underlying tech choice 5位:Ability to innovate & compute 13
  • 14. OpenStackユーザサーベイ Host O/S, Hypervisor Host O/S Hypervisor Other 10% Other 18% RHEL 10% Cent 24% VMwa re ESX 8% Xen/X CP 12% Ubuntu 56% 14 KVM 62%
  • 15. OpenStackユーザサーベイ Network, Storage Network Storage Other 20% Open vSwitc h 42% Cisco 10% LVM 31% Other 36% Linux bridge 28% NFS 16% 15 Ceph 17%
  • 16. 本日お話ししたいこと • • • • OpenStack最新情報 OpenStackユーザサーベイ OpenStack Summitキーノート講演 OpenStack Summitユーザ事例 16
  • 17. OpenStack Summit キーノート講演 • Red Hat社、HP社、IBM社、などの OpenStack Foundation のプラチナメンバー が講演 • Red Hat社:RHELとCloudFormsの紹介 インキュベーションプロジェクトのの 説明 • Canonical社:Ubuntuの紹介 Juju&MAAS: Deploymentツールの説明 Carrier Grade OpenStack 17
  • 18. 参考:OpenStackのプロジェク ト 主要コンポーネント インキュベーション コンポーネント名 プロジェクト 名 コンポーネント名 プロジェクト 名 ① Compute Nova ⑩ Bare metal Ironic ② Object Storage Swift ⑪ Data processing Savanna ③ Block Storage Cinder ⑫ Database Service Trove ④ Image Service Glance ⑬ Queue service Marconi ⑤ Networking Neutron ⑭ Deployment TripleO ⑥ Identity Keystone ⑦ Dashboard Horizon ⑧ Metering/Monitoring Ceilometer ⑨ Orchestration Heat 18
  • 19. 参考:Deploymentツール Provisioning Configuration Orchestration TrippleO (OpenStack on OpenStack) Ubuntu MAAS マニュアル インストー ル マシンの手配 O/Sのインストール など Ubuntu Juju Chef, Puppet, など ネットワーク設定や アプリケーション設定 など 19 仮想マシンやアプリケー ションなどの管理・運用 の自動化、など
  • 20. OpenStack Summit キーノート講演 筆者の感想 • 2013年:商用ディストリビューションの提 供 主要コンポーネントの拡張 • 2014年:主要コンポーネントのさらなる拡 張 クラウド管理ツールの拡充 Deploymentツールなどのインキュ ベーションプロジェクトへの取り 20 組み
  • 21. 本日お話ししたいこと • • • • OpenStack最新情報 OpenStackユーザサーベイ OpenStack Summitキーノート講演 OpenStack Summitユーザ事例 21
  • 22. OpenStack Summit ユーザ事例 組織が直面した課題 課題解決の方向性 CERN(欧州 原子核研究 機関) • データセンターの新設 • GenovaとBudapestの2つのデータ センターの管理 • 2つのデータセンターをまたが るクラウド基盤を構築 • 20,000コアの計算機リソースを 管理、15,000サーバ300,000コア の管理を目標 Paypal • 1億3,700万ユーザ • 30万トランザクション/分のオン ライン決済サービス • 99.9999%の可用性 • 全てのレイヤーでSPOFを作らな い • ラックやデータセンターを越え てスケールすること • 1,000万件/月のスキャンデータ • データの消失は会社の信用問題 に直結する • 標準的なハードウェアを並べて 処理の高速化・並列処理を実施 • SPOFの排除 • TCOの削減($0.027GB/月)4箇 所のレプリカ、設備・人件費含 めた金額はパブリッククラウド よりも安い Concur 出張・経費 精算のクラ ウドサービ ス 22
  • 23. 次のバージョンはIce House • 来年4月にリリース予定 23
  • 24. 24

×