• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
C34 ニッチだけど、社会インフラを支えるデータベース、HiRDB ~HiRDBを選ぶ人、選ばない人、その選択基準とは~ by Taichi Ishikawa
 

C34 ニッチだけど、社会インフラを支えるデータベース、HiRDB ~HiRDBを選ぶ人、選ばない人、その選択基準とは~ by Taichi Ishikawa

on

  • 5,815 views

 

Statistics

Views

Total Views
5,815
Views on SlideShare
5,632
Embed Views
183

Actions

Likes
12
Downloads
32
Comments
0

2 Embeds 183

https://twitter.com 182
http://s.deeeki.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel

C34 ニッチだけど、社会インフラを支えるデータベース、HiRDB ~HiRDBを選ぶ人、選ばない人、その選択基準とは~ by Taichi Ishikawa C34 ニッチだけど、社会インフラを支えるデータベース、HiRDB ~HiRDBを選ぶ人、選ばない人、その選択基準とは~ by Taichi Ishikawa Presentation Transcript

  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved.株式会社 日立製作所 情報・通信システム社ITプラットフォーム事業本部 開発統括本部ソフトウェア開発本部 DB設計部主任技師 石川 太一ニッチだけど、社会インフラを支えるデータベースHiRDBを選ぶ人、選ばない人その選択基準とは5月31日(金) Session4:16:00~16:45db tech showcase 2013 Osaka
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved.はじめにHiRDBが選ばれる理由。その選択基準やメリット、デメリットをご存知ですか?日本の社会インフラを支えてきたHiRDBの存在意義を改めて考えることで、今、そこにあるデータベースでは実現できない夢を、現実にします。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved.アジェンダ1.どのくらいニッチで、マイナーなのか2.脱いだら凄いんです3.凄いけど、使えなければ意味が無い
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved.1.どのくらいニッチで、マイナーなのか
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 4ひとことで言うと、何?
  • © Hitachi, Ltd. 2012. All rights reserved. 5HiRDBをひとことで言い表すと?宇宙戦艦ヤマトの、波動砲です
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 6波動砲?なにそれ?
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 7波動砲とは正式名称 : 次元波動爆縮放射機原理 : 波動エンジン内で発生した余剰次元を射線上に展開し、発生した超重力で形成されたマイクロブラックホールが放つホーキング輻射を利用した武器。効果 : どんな敵も、木端微塵。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 8ただし・・・。注意点があります。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 9艦内の全エネルギーを120%放出するため、発射直後しばらくは、何もできなくなります。場合によっては、船体が損傷してしまうこともある。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 10つまり・・・
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 11まるで、HiRDBなのです。どんなヤバイ、究極のミッションクリティカルなシステム案件も、一撃必殺で必ず受注できる。しかし、設計者の殆どが、その案件に注力するため、その間、他の案件に手も足も出ない。場合よっては常駐対応で、SEと共に血を流すことも・・・。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 12・・・。君の会社の内情なんて、どうでもいいよ。私たちユーザにとって、どんなDBなのさ。どうせ、ニッチで、マイナーなんでしょ?シェアはどのくらいなの?
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 13出展:ガートナー 2011/3http://biz.bcnranking.jp/map/database/国内RDBMSベンダー別マーケット・シェア'ソフトウェア売上総額(スクリーンをご覧くださいシェアは10%くらいです。デファクトのデータベースは、海外製品ですよね!
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 14じゃあ、10%の人たちは、なぜHiRDBを選ぶのか?
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 15日本の社会インフラに求められてきたのは?社会インフラ = 「安心」証券システム交通システムテレコム公共システム、病院流通システム証券取引件数約100万件/s携帯電話契約件数数1000万件 新幹線利用者数約100万人/dayデータの保護受注件数数10万件/day製造業24時間連続操業
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 16「安心」を提供する、「ITの責任」とは?「安心」=「ITの責任」証券システム交通システムテレコム公共システム、病院流通システム性能動き続ける 安全、迅速復旧使いやすい製造業長期保守強固なセキュリティ
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 17国産DBならではのサポート力が評価されています。□ 開発者直結で迅速に対応できる。□ 最長15年サポートできる。http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120613/402264/?ST=ittrend&mkjb&P=2DBは、ITシステムの根幹だからスクリーンをご覧ください特に「技術支援」の項目で高い評価を頂きました。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 18HiRDBは、迅速かつ長期間のサポートが求められる日本の公共、金融分野を支えています。公共29%金融17%通信12%産業5%流通4%採用分野 ※大阪証券取引所旧株式会社UFJ銀行肥後銀行千葉興業銀行など多数金融系日本テレビ放送網株式会社、読売テレビ放送株式会社などマスコミ系某テレコム株式会社など東急百貨店名鉄運輸株式会社など流通系東京大学 医科学研究所 ヒトゲノム解析センターなど公共・教育系鉄道情報システム株式会社'JRシステム(など交通・運輸系HiRDBの累計出荷約85,000サーバ通信系※※1994年~2012年3月(11年度末(までの累計出荷本数から算出
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 19業種 顧客名 適用システム HiRDB採用のポイント公共社会2005年愛知万博 様 入退場管理システム サポート'開発者が見える安心感(東大医科研 ヒトゲノム解析センター 様 遺伝子情報インターネット検索システム 性能'レスポンスが高速で満足(A市 様 公文書管理システム 信頼性、サポート'国内でのサポート(A庁 様 情報分析システム 24時間運用、サポートB庁 様 案件進捗管理システム サポート'国内でのサポート(、価格'ランニングコスト(A電力 様 配電管理システム 24時間運用、サポート鉄道会社A 様 チケット管理システム 性能'遠隔地連携(、信頼性'系切替えの速さ(、サポート金融千葉興業銀行 様 新営業店、印鑑システム 信頼性、サポート'身近なサポート体制(三菱東京UFJ銀行 様 新営業店システム 信頼性、サポート'純国産RDBならではのサポート(大阪証券取引所 様 証券売買システム 価格、性能A銀行 様 営業店システム パッケージの実績、サポート'長期サポート(カード管理会社A 様 信用情報、電子申請システム 価格、サポートA公庨 様 庶務事務、業務委託システム ポータルとの連携容易性、サポートA損害保険 様 代理店システム サポート、24時間運用、大規模対応B損害保険 様 DWHシステム 価格、サポート証券会社A 様 一般振替システム パッケージの実績、サポート通信通信会社A 様 顧客管理システム ホスト連携、サポート'国内でのサポート体制(通信会社B 様 フィルタリングシステム 価格、サポート'自製DBという安心感(産業流通新日本製鐵 様 操業オンラインシステム 24時間運用'再編成中も性能劣化ゼロ(ユーコープ事業連合 様 新基幹システム セキュリティの高さ、他社DBMSとのデータ連携容易性A製薬 様 販売受注管理システム サポート'親身なサポートと技術支援(A産業 様 受注・配送管理システム サポート'国内でのサポート体制(国産DBベンダにしかできない親身なサポートがITシステムの根幹を担うDBAに評価されています。※事例の詳細はこちら(顧客名が公開された事例のみ) : http://www.hitachi.co.jp/cgi-bin/soft/casestudy/search/casestudy.cgi?r_pno=10002&pno=10002※DBA:データベース管理者 (Database Administrator) の略
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 20そんなにサポートしてたら・・・、結構、高いんでしょ?
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 21高いです。HiRDBは、1コアで180万円します。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 22圧倒的に、高いです。ORACLE SEと比べると、10倍高くなる場合もある。CPU(ソケット)コアコアコアコアコアコアコアコアコアコアORACLE Standerd Editionソケット単位で課金するので、1,902,200円で済みます。HiRDB Serverコア単位で課金するので、18,000,000円のお支払いが必要です。出展: Oracleテクノロジー製品 日本国内価格表一覧http://www.oracle.com/jp/corporate/pricing/e-pl101005-101005a-n-176288-ja.pdf
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 23え・・・。そんな価格設定で、売れるの?CPU(ソケット)コアコアコアコアコアコアコアコアコアコアORACLE Standerd Editionソケット単位で課金するので、1,902,200円で済みます。HiRDB Serverコア単位で課金するので、18,000,000円のお支払いが必要です。出展: Oracleテクノロジー製品 日本国内価格表一覧http://www.oracle.com/jp/corporate/pricing/e-pl101005-101005a-n-176288-ja.pdf
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 24売れてます! なぜなら
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 25こんなこと、やってませんか?□3台以上のDBサーバで負荷を分散している。□可用性を確保するため、HAクラスタ構成にしている。□性能を高めるために、パーティション表を使っている。□格納効率を高めるために、データを圧縮して格納している。□セキュリティを高めるために、データを暗号化して格納している。DBサーバ共有ストレージ・・・DB格納領域1 DB格納領域2 DB格納領域3関東 関西 東北パーティショニング'分割表(
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 26そうなると、Entierprise版が必要ですよね。価格の差が、逆転します。CPU(ソケット)コアコアコアコアコアコアコアコアコアコアORACLE Entierprise Editionコア単位で課金するので、51,630,000円で済みます。HiRDB Serverコア単位で課金するので、18,000,000円のお支払いが必要です。出展: Oracleテクノロジー製品 日本国内価格表一覧http://www.oracle.com/jp/corporate/pricing/e-pl101005-101005a-n-176288-ja.pdf□3台以上のDBサーバで負荷を分散している。□可用性を確保するため、HAクラスタ構成にしている。□性能を高めるために、パーティション表を使っている。□格納効率を高めるために、データを圧縮して格納している。□セキュリティを高めるために、データを暗号化して格納している。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 27つまり、こういう要件をクリアしなければならないシステムでは、HiRDBが売れてます。□3台以上のDBサーバで負荷を分散している。□可用性を確保するため、HAクラスタ構成にしている。□性能を高めるために、パーティション表を使っている。□格納効率を高めるために、データを圧縮して格納している。□セキュリティを高めるために、データを暗号化して格納している。結構、ありますよね。とくに社会インフラを支えるシステムでは、必頇なんです。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 28でもさ・・・。ORACLE EEと比べたら、安かろう、悪かろう、なんじゃないの?どうせ機能が足りないんだろ?
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 29'○:代替可能、×:代替機能なし(大分類 ORACLE EEになる前提機能 HiRDBの対応機能 必要なHiRDBのオプション可用性Total Recall ○ 改ざん防止機能 なしActive Data Guard ○ リアルタイムSQLレプリケーション なしFlashback Table, Database and Transaction Query × 該当機能なし ー拡張性Real Application Clusters ○ 影響分散スタンバイレス型系切り替え HiRDB Advanced High AvailabilityIn-Memory Database Cache ○ バッチ高速化機能 HiRDB Accelerator Version 8セキュリティOracle Database Vault × 該当機能なし ーOracle Advanced Security ○ データベース暗号化機能 HiRDB Version 9 with Additional FunctionOracle Label Security × 該当機能なし ーSecure Application Roles × 該当機能なし ーVirtual Private Database × 該当機能なし ーファイングレイン監査 ○ セキュリティ監査機能 なし運用容易性 Real Application Testing ○ インナレプリカ機能 HiRDB staticizer OpetionDWHAdvanced Compression ○ 圧縮表 なしOLAP × 該当機能なし なしPartitioning ○ マトリクス分割機能 HiRDB Advanced High Availability(2次元の場合)Advanced Analytics × 該当機能なし ートランスポータブル・テーブルスペース × 該当機能なし ー情報ライフサイクル管理 × 該当機能なし ーサマリー管理- マテリアライズド・ビュー クエリーリライト ○ DataReplicator/DataExtractor ーコンテンツ管理 Spatial ○ 空間検索機能 HiRDB Spatial Search Plug-inORACLE EE機能一覧 : http://www.oracle.com/jp/products/database/expressedition/index.htmlほら、×ばっかりじゃないか!スクリーンをご覧ください
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 30×ばっかり?それが、何か?
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 31'○:代替可能、×:代替機能なし(大分類 ORACLE EEになる前提機能 HiRDBの対応機能 必要なHiRDBのオプション可用性Total Recall ○ 改ざん防止機能 なしActive Data Guard ○ リアルタイムSQLレプリケーション なしFlashback Table, Database and Transaction Query × 該当機能なし ー拡張性Real Application Clusters ○ 影響分散スタンバイレス型系切り替え HiRDB Advanced High AvailabilityIn-Memory Database Cache ○ バッチ高速化機能 HiRDB Accelerator Version 8セキュリティOracle Database Vault × 該当機能なし ーOracle Advanced Security ○ データベース暗号化機能 HiRDB Version 9 with Additional FunctionOracle Label Security × 該当機能なし ーSecure Application Roles × 該当機能なし ーVirtual Private Database × 該当機能なし ーファイングレイン監査 ○ セキュリティ監査機能 なし運用容易性 Real Application Testing ○ インナレプリカ機能 HiRDB staticizer OpetionDWHAdvanced Compression ○ 圧縮表 なしOLAP × 該当機能なし なしPartitioning ○ マトリクス分割機能 HiRDB Advanced High Availability(2次元の場合)Advanced Analytics × 該当機能なし ートランスポータブル・テーブルスペース × 該当機能なし ー情報ライフサイクル管理 × 該当機能なし ーサマリー管理- マテリアライズド・ビュー クエリーリライト ○ DataReplicator/DataExtractor ーコンテンツ管理 Spatial ○ 空間検索機能 HiRDB Spatial Search Plug-inORACLE EE機能一覧 : http://www.oracle.com/jp/products/database/expressedition/index.htmlどの機能を使っていますか?スクリーンをご覧くださいよく使われるのはこの4つのオプション。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 32つまり、HiRDBで、十分じゃないですか。□3台以上のDBサーバで負荷を分散できる。□可用性を確保するため、HAクラスタ構成にできる。□性能を高めるために、パーティション表を使える。□格納効率を高めるために、データを圧縮して格納できる。□セキュリティを高めるために、データを暗号化して格納できる。基幹システムなら、HiRDB迅速で、長期間サポートできるだけでなく、社会インフラを支える重要なシステムで、必頇な機能を選んで提供しています。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 33基幹システムならHiRDB?ORACLEを基幹システムでバリバリ使ってるんですけど・・・。HiRDBを選ぶ人は、どういう基準で選んだんだろうね?
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 34クルマに例えて考えるとわかりやすい。□軽自動車□トラック□ダンプあなたに必要なクルマは、どれですか?
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 35□軽自動車□トラック□ダンプそりゃ、軽自動車でしょ!つまり、安さ、手軽さを求めるなら、ORACLE SEで十分。買い物用途で、ダンプカーには乗りたくない。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 36□軽自動車□トラック□ダンプ長距離トラック。高いけど、機能が豊富で、OLAPなどの分析業務でも幅広く使えるのが、ORACLE EEですね。ドライバーの負担を軽減するために、エアコンや、ゴージャスなカーオーディオも、重要。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 37ダンプカーです。過酷な工事現場に特化し、動き続けることが最優先。基幹系に特化した、HiRDBと同じ。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved.2.脱いだら凄いんです
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 39で・・・。HiRDBの一番の特長は?
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 40社会インフラを支えるには、「大きく拡張できること」が、重要なんです。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 41サービスレベルを維持するためにShared Nothingアーキテクチャを採用並列数性能 性能向上APサーバDBサーバストレージ・・・・・・100並列構成での実績あり並列処理で性能向上パーティション'分割(表・完全独立で、サーバ間の共有リソースなし。・データ量の増大に対応して拡張しやすい。・ハードウェアの能力を最大限に引き出せる。・並列処理で処理時間を短縮できる。データベースを分割する
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 42分割したサーバの独立性を確保するためにAPサーバDBサーバストレージ・データの所在位置はFESで自動認識。・BESが受け持つデータを並列に処理。・BESの処理結果をFESが纏めて返却。パーティション'分割(表更新ログ*1 : SQL受付サーバ(Front End Server)FESBES*2 : DBアクセスサーバ(Back End Server)業務APは、データの所在を意識しないFES 1 FES 2BES 1 BES 2FES nBES m完全独立業務AP排他プールDBバッファDBアクセスに必要なリソースが独立し、競合が無い□DBをアクセスするBES(*2)が、分割されたデータを独立に処理する。□FES(*1)がSQLを振り分け、業務APにデータの所在を意識させない。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 43トランザクションの並列実行度を高められる・・・・・・パーティショニング'分割表(APサーバDBサーバストレージFES 1BES 1・・・・・・DB格納領域1 DB格納領域3 DB格納領域8トランBFES 3BES 3FES 8BES 8 高トラフィック時もスループットを確保表の分割単位に独立してDBをアクセストランA表の分割キーの例 関東 関西 その他関東集計業務関西集計業務その他集計業務□分割したデータ単位に、業務を独立して実行させることで、高トラフィック時にも、バッチ処理でも、スループットを確保できる。バッチ処理も、多重で並行に実行
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 44SQLの並列実行度を高められる・・・・・・パーティショニング'分割表(APサーバDBサーバストレージ関東・・・・・・関西 その他DB格納領域1 DB格納領域3 DB格納領域8SQLFES 1レスポンスタイムを向上SQLをBES単位の処理に分解し並列実行パイプライン並列検索、更新、ジョイン、ソート、グループ化、集合演算処理ジョイン、ソートなどの負荷の高い処理をFESが更に分解して順次処理。BES 1 BES 3 BES 8I/O並列、サーバ間並列分割した表を並列に検索・更新。表の分割キーの例全店舗集計業務□複数のサーバを跨ぐSQLは、表の分割単位に処理を分解することでBESでの並列実行度を高め、レスポンスタイムを向上できる。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 45パーティショニングが前提・・・。ちょっと扱いにくくない?
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 46でっかい社会インフラシステムを支えるなら、パーティショニングを使い倒すことが必頇です。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 47関東09支店番号~1999支店番号2000~2999支店番号3000~<9月><関東地区> <関西地区><その他地区>関東08<8月>関東07 <7月>DBAREA1 DBAREA2 DBAREA3DBAREA4 DBAREA5 DBAREA6DBAREA7 DBAREA8 DBAREA9日付と支店番号でDBを分割した例日付 地区 支店 支店番号 売上 ・・・2011-07-30 関東 東京 10012011-07-30 関西 大阪 20012011-07-30 九州 福岡 3010・・2011-08-30 関東 横浜 10102011-08-30 東北 仙台 40012011-08-30 関西 京都 2008・・2011-09-30 関東 東京 10012011-09-30 関西 神戸 2015・・支店売上管理表第1次元分割列第2次元分割列関東集計業務関西集計業務その他集計業務関西09関西08関西07他09他08他07時間軸での分割空間軸での分割一定期間保管BES 1 BES 2 BES 3□月単位に支店グループを2次元分割□独立したBESで並列に処理
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved.DBAREA1 DBAREA2 DBAREA3DBAREA4 DBAREA5 DBAREA6DBAREA7 DBAREA8 DBAREA948DB格納領域の簡単なローテーション運用支店番号~1999支店番号2000~2999支店番号3000~<関東地区> <関西地区><その他地区><9月><8月><7月><10月>月別ハッシュ分割<7月><10月>DB格納領域の削除・追加が大変ローテーション運用を容易にする『月別ハッシュ分割』の利用<9月><8月><7月>⇒<10月>関東09関東08関東07関西09関西08関西07他09他08他07関東10■従来の運用□DBの格納領域を、月次で簡単に再利用。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 49でもさ・・・。パーティションの設計も、運用も、すごく難しいじゃない。パーティション毎に容量が偏ったり、アクセス頻度が偏ったり。バリバリに設計し倒さないと使いこなせないのでは?
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 50ストレージも作ってる日立だから、大丈夫。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 51今や、ストレージ仮想化技術で対処できる時代DBAREA1 DBAREA2 DBAREA3ディスク追加支店番号~1999支店番号2000~2999支店番号3000~<関東地区> <関西地区><その他地区>見積もり、設計が大変・データ増加を予測した見積もり設計。・それに伴う拡張・運用設計の立案。・DBエリアのパンク回避のための余裕値設計。DBAREA1 DBAREA2 DBAREA3・仮想ディスクに最大サイズでDBエリアを確保でき、DB容量設計が容易。・DBエリアの自動拡張に伴い、オンデマンドでストレージを割り当てられる。・ストレージプール全体で枯渇監視でき、監視、拡張運用が容易。ストレージプールHDD仮想Vol(ディスク)予備予備監視、運用が大変・個々のDBエリアの監視。・ディスク追加によるDBエリア拡張。最大オンデマンドストレージプールを活用した資源共有により負担を軽減□DB格納領域の見積もり、運用がどれだけ必要? 大変?■従来の運用 ■ストレージ機能と連携したシン・プロビジョニングでの運用
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 52Shared Nothingの弱点は?上手くパーティションに分割できないマスタ系の表やインデックスが多いと、ボトルネックになるんでしょ?DBAREA10商品マスタパーティショニング'分割表(DB格納領域1 DB格納領域3 DB格納領域8関東 関西 その他日付 地区 支店 支店番号 売上 ・・・2011-07-30 関東 東京 10012011-07-30 関西 大阪 20012011-07-30 九州 福岡 3010・・2011-08-30 関東 横浜 10102011-08-30 東北 仙台 40012011-08-30 関西 京都 2008・・2011-09-30 関東 東京 10012011-09-30 関西 神戸 2015・・支店売上管理表第1次元分割列第2次元分割列こういうの、どうすりゃいい?あ・・・。頻繁にアクセスするのに、分割のしようがない。売上管理表は、上手く分割できたぞ!
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 53大丈夫。そういうのは、全てのサーバで共有できるんです。もはやShared Disk方式の良いとこ取りです。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 54マスタ表の効率的な共有アクセスAPサーバDBサーバストレージBES 1FES 1特定BESへのアクセス集中を回避できる全BESから参照できる『共用表』属性を利用・全BESから参照できる表属性。・各BESのバッファで独立して参照できる。・複数のBESから参照する場合でも、BES間での通信はおこなわない。BES 2FES 2BES 3FES 3DBAREA1 DBAREA2 DBAREA3DBAREA10商品マスタ関東 関西 他関東集計業務関西集計業務その他集計業務DBバッファ DBバッファ DBバッファ関東マスタ関西マスタその他マスタ共用表属性□マスタ系データの配置は?
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 55・共用表の更新要求を全BESに配布。・バッファヒットしない場合はストレージから読み込んでバッファを更新。・受け持ちBESだけがストレージ上のデータを更新。・更新ログは全BESで出力。更新APサーバDBサーバストレージBES 1 BES 2FES 2BES 3FES 3DBAREA1 DBAREA2 DBAREA3DBAREA10商品マスタ関東 関西 他関東集計業務関西集計業務その他集計業務DBバッファ DBバッファ DBバッファ関東マスタ関西マスタその他マスタ共用表属性受け持ちBESFES 1じゃあ、「共用表」を更新したら、どうする?DBサーバの独立性を確保する□更新要求をFESが受け、全BESに配布。バッファを更新。□受け持ちBESだけがストレージ上のデータを更新。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 56拡張性はわかった。でもさ・・・。可用性はどうなのさ。サーバ間で共有していないリソースがある限り、ORACLE RACみたいなAvtive-Active方式のクラスタは構成できないでしょ?
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 57大丈夫。Active-Active方式のクラスタを構成できます。それは「影響分散スタンバイレス系切替え」で実現します。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 58影響分散スタンバイレス系切り替えDBサーバ 11台目の障害発生時平常運用常時BES1BES単位で系切り替え(移動)⇒分散引継ぎDBサーバ 1 DBサーバ 3DBサーバ 2 DBサーバ 3DBサーバ 2BES2BES3BES4BES5BES6BES1BES2BES3BES4BES5BES6BES1 BES2DBサーバ2、DBサーバ3で処理を分散して引き継ぐ。サーバ間の負荷は平準化。DB及びシステムログ引継ぎ&継続使用障害業務AP 業務AP□BES単位で、稼動中のサーバに系切り替えして業務を継続。□あらかじめ複数のBESを配置し、複数の稼働中ノードに負荷を分散できる。□待機専用サーバマシンが不要なため、投資対効果が高い。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 59もし、2台目もダウンしたら?DBサーバ 11台目の障害発生時平常運用常時BES1BES単位で系切り替え(移動)⇒分散引継ぎDBサーバ 1 DBサーバ 3DBサーバ 2 DBサーバ 3DBサーバ 2BES2BES3BES4BES5BES6BES1BES2BES3BES4BES5BES6BES1 BES2DBサーバ2、DBサーバ3で処理を分散して引き継ぐ。サーバ間の負荷は平準化。DB及びシステムログ引継ぎ&継続使用障害業務AP 業務AP
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 60DBサーバ 1 DBサーバ 3DBサーバ 2BES1BES2BES3BES4BES5BES6BES1 BES2障害業務APDBサーバ 1 DBサーバ 3DBサーバ 2BES3BES4BES5BES6BES1 BES2障害業務APBES3BES4BES1DBサーバ2の障害発生時は、DBサーバ3で処理を引き継ぐ。影響分散スタンバイレス系切り替え□多点障害でも、第2、第3の稼動中のDBサーバに処理を引き継げる。さらに2台目の障害発生時1台目の障害発生時
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 61え、本当?でも、複雑だよね。大丈夫?障害が発生してから、負荷分散して業務を継続するまで、何分もかかっちゃったら話しにならないよ?どのくらいのスピードで、系切り替えできるの?
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 62わずか、数秒です。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 63特殊なハードウェアが必要なんじゃないの?
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 64いいえ。他社製サーバでもできます。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 65影響分散スタンバイレス系切り替え×「IT Transformation Center」で実機デモンストレーション公開中。詳細はこちら:http://h50146.www5.hp.com/products/servers/ittc/#02
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 66DBサーバ CPU利用率2号機 3号機1号機障害数秒オーダで系切り替えSuperdome 2×HiRDBでの強み□ 数秒オーダで系を切り替え可能□ 系切り替え中の全面ダウン期間ゼロ□ 系切り替え後の性能縮退なし□ 予備CPU分のライセンス負担なし予備CPU活性化 予備CPU活性化サーバダウン全面ダウン期間ゼロ性能縮退なしDBサーバ全体スループット追加ライセンス負担なし影響分散スタンバイレス系切り替え□HP Serviceguardとの組合せで、数秒オーダで系を切り替えられる。□系切り替えと同時にSuperdome 2のiCAP/GiCAPでCPU利用権を動的に移動できる。□余剰投資なしでオンデマンドにCPUを増強でき、性能縮退も防げます。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 67デモンストレーションでご確認ください。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 68つまり、基幹システムなら、HiRDB□3台以上のDBサーバで負荷を分散できる。□可用性を確保するため、HAクラスタ構成にできる。□性能を高めるために、パーティション表を使える。□格納効率を高めるために、データを圧縮して格納できる。□セキュリティを高めるために、データを暗号化して格納できる。迅速で、長期間サポートできるだけでなく、社会インフラを支える重要なシステムで、ご活用いただけます。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved.3.凄いけど、使えなければ意味が無い
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 70そうそう。うちにはHiRDBの経験者がいないんだよね。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 71でも、ORACLE経験者はたくさんいますよね?
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 72ORACLE経験者なら、3ステップでHiRDBを習得最短で半日。ORACLEとの違いのみを集中して理解できます。お客様の特定プロジェクトチームを対象に、先ずは使えるレベルまで理解できます。実機演習を交え、基礎から応用までを体系的にマスターできます。※ 2013年1月末時点出前出前定期無償有償有償■忙しいSEにおススメする、3つのステップ■HiRDBの技術者認定資格講座HiRDB認定技術者数3400名※ 受講後、認定資格試験を受験いただけます'無償(。HiRDB 認定資格 検索ダイジェスト・トレーニング講座'1~2日(ORACLE経験者向けスタートアップ講座HiRDB認定資格講座'全7コース(□HiRDBも、ORACLEと同じRDBMSです。□ORACLE経験者なら、HiRDBとの違いを理解するだけで素早く習得できます。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 73今、資格を取得すると、おトクらしい。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 74これなら今まで通りの操作性でHiRDBを使いこなせるね。認定資格取得で、SI Object Browserがもらえますキャンペーンやってます!'キャンペーン期間:~2013/9/30(2013年4月~2013年9月末までに、新規にHiRDBの認定資格を5名以上取得いただけたプロジェクトに、5本プレゼント。先着10プロジェクトまで!□ORACLEやMicrosoft SQL Serverなどのデータベース開発支援ツールとしてDB開発者から高い支持を得ている「SI Object Browser」が、HiRDBに対応。□使い慣れた操作性をそのままに、HiRDBでの開発、運用を行えます。HiRDB キャンペーン 検索
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 75最近、国産データベースが見直されてますね。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 76国産コーナー新設12年10月から新連載がスタート!□ 毎月、日立のデータベースの最新情報をお伝えします。DBOnline 日立のデータベース 検索日立の国産データベースシリーズが紹介されている「国産」タブが新設!日立の「Dr.SQL」登場!-土田正士さん日本データベース学会 副会長50年後には、データベースはなくなっている?!日立のデータベース開発基地に潜入開発者に突撃インタビュー© Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved.
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved.いかがでしたでしょうか?意外と知らなかったHiRDBの存在意義。メリットと、デメリット。システム要件次第では、選択肢の一つに、なるかもしれません。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 78今そこにあるデータベースでは、解決できない課題がある。電力、交通、都市、物流・・・。社会インフラを支えるITベンダだから作れる、個性豊かなデータベース。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 79全ては、お客様のスペシャルな夢を、現実に変えるために。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved. 80これからも日立は、お客様のスペシャルな夢を叶える選択肢をご提案し続けます。
  • © Hitachi, Ltd. 2013. All rights reserved.他社所有名称に対する表示83・ Androidは,Google Inc. の登録商標です。・ HP Serviceguardは,Hewlett-Packard Development Company, L.P.の商品名称です。・ HP-UXは,Hewlett-Packard Development Company, L.P.のオペレーティングシステムの名称です。・ MicrosoftおよびSQL Serverは,米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。・ iOS は,Apple Inc.のOS名称です。・ superdomeは,Hewlett-Packard Development Company, L.P.の商標です。・ Oracleは,Oracle Corporation 及びその子会社,関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。・ UNIXは,The Open Groupの米国ならびに他の国における登録商標です。・ その他記載の会社名,製品名は,それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。